一通り勉強を終えて、今6月の試験に備えて勉強しています。
しかし、伝票問題、決算整理問題、勘定の締め切りは理解出来ずに捨てているのですが、これだけ捨てていれば合格は無理でしょうか?

A 回答 (4件)

>これだけ捨てていれば合格は無理でしょうか?



断言しますが、今のままだと100%落ちます。

清算表、決算がらみは必ず出題され、
配点も高いうえに、問題の数字が連動しているので、
一つ間違えると、半分くらい間違えることになります。

逆に言えば、ここを100%どんな問題がきても
回答できるようにしておけば、合格の確率は
ぐっとあがります。

過去問を何も見ずに90点くらいとれるだけの
実力を身につければ、実際の試験でケアレスミスや
わからない問題がでてきたとしても、
他の部分で点数をカバーできるので
確実に合格できるようになります。

とりあえず、過去問を5題くらいやって
自分の実力がどの程度か確かめてみましょう。
平均して80点前後だと、落とすこともある。
70点前後だと五分五分くらいとみます。

6月の試験なら今から一からやっても
間に合うくらいなので、
確実に合格できるように、知識を磨き上げておくことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もう少し粘ってみます。

お礼日時:2011/04/12 16:57

他の方も答えていますがチョット厳しいでしょうね。


でもそれだけ理解出来ずに捨てて3級だけ取得しても意味がありませんから、
まだ試験まで時間はあります。理解できるように勉強して下さい。
コレクターの様に「資格を取る」ことが目的ならそれでも構いませんが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もう少し粘ってみます。

お礼日時:2011/04/12 16:57

>伝票問題、決算整理問題、勘定の締め切りは理解出来ずに



これは少々危ないですね。
運がよければぎりぎりセーフかもしれませんが、あくまで運がよければです。
これらが判っていないということは基礎ができていないということです。
従ってほかの問題でも引っかかる恐れが大です。

それのこれが理解できないと、実務でも役に立たないですね。

まだ3月近くあるのですから、もういちど基本を勉強しなおしたほうが良いですね。そして判らなかったら問題集を何度でも繰り返してやればよいのです。

何回かやるうちに問題を覚えてしまうと思いますが、実際の問題も同じようなパターンで出ることが多いので、本番でも役に立ちます。
試験はわかっていることと時間内に解けることの両方が必要です。パターンが判れば時間内にとける可能性は高くなります。

とにかく基礎を今からやり直しましょう。まだ十分間に合うタイミングです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やはりそうですよね。。。(汗)
何回やっても理解出来ずにいるので、もう少し粘ってみます。

お礼日時:2011/04/12 06:08

こんばんは、一意見書かせていただきます。



結果を言うと捨てるのはもったいない&危ないと思いますよ。
3級の場合ですと、20点・8点・32点・8点・32点?ぐらいだったと記憶していますが、理解していない場所を出されるとそこを捨てることになります。他の問題の出来にもよりますが合否に影響する事も・・・。

まだ時間はあるので、出されている3つのうちどれかでも理解されているほうが良いかと思われます。後は時間あれば、過去問や問題集にも挑戦してみてください。

ご参考までにどうぞ、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やっぱりそうですよね…(汗)
過去問はやっているのですが、試算表も精算表もまだまだです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 02:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記検定の勉強法を教えてください!

簿記検定の勉強法を教えてください!

私は中学生なのですが、
簿記検定を受けたいと思っています。
周りからは難しいよ~とか、
無謀だよとか言われました。
でも、そういう人を見返したくて、
もっと受けたいと思うようになりました。
(悔しくて;)

でも、勉強法がわからないんです。
誰か、受けたことのある人、教えてください!

学校の勉強は教科書と参考書などがあればできますが、
簿記の場合はどうなんでしょうか?
教科書みたいなものがあるんですかね?;

ちなみに、
2級か3級を受けようと思うのですが、
どうやって勉強したらいいですか?
0からはじめるので、何もわかりません;
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

断言します、「簿記は決して難しくありません。」
足し算、引き算、かけ算、割り算さえ出来れば、あとは簿記ならではのルールをしっかり覚えていけば、多少難しい言葉は入ってきますが、中学生でも十分取り組めます。
失敗しないためには最初に勉強する内容がとても重要です。始めにやるいろいろな表の意味やそれを作るための一連の流れが納得できるようになるまでやるのがコツです。そこができれば、あとは細かい部分の積み上げです。

0からだったら、簿記は積み上げの学問なので、3級から順に始めて下さい。2級との併願も出来ますが、3級でしっかり地固めしたら、2級や1級に上がっていくのも楽です。
そのための教科書と練習のための問題集やワークブック選びが必要です。幸い簿記3級の本はちょっと大きい本屋さんに行けば選ぶのに困るほどたくさん置いています。簿記関係の本で使いやすいところでは簿記の専門学校であるTAC・大原・DAI-X・ネットスクールなどが出しているものは比較的分かりやすいと有名ですので、そのあたりから選んでみるといいでしょう。自分で中身を見て理解できるものを選んで下さい。もし身近に簿記を知っている人がいれば、その人に選んでもらうのも方法です。
本以外で準備するものは電卓。電気屋や文房具店に行けば電卓もいろいろ置いていますが、必ず12ケタのものを使って下さい。(10ケタや8ケタは安いですが、計算で足りなくなるのでおすすめできません。)キーが打ちやすいもので、大きさは手全体が入るぐらいの大きさのものを使うといいでしょう。(お店では実務電卓とか書いていると思います。分からなければ、お店の人に「簿記で使いやすい電卓下さい」と言えば選んでもらえます。)

勉強は中身を理解しながら、とにかく練習中心。練習を積めば積むほど伸びていきます。

あと受験に関して注意することは、親兄弟の協力が必要になると思います。商工会議所の試験は6月・11月・2月にあり、だいたい2ヵ月くらい前に申し込み方法が発表されます。試験の申込はほとんどの場合、街の商工会議所の窓口でお金を添えて申し込むのですが、平日の日中しか開いていないので、中学生では学校の授業中なので自分では申し込みできないと思います。申込書類は本人が記入しないといけないので、申込書類を取りに行ってもらうのと、受験手続きしてくれるのに親兄弟の協力が必要です。受験料はおそらくお小遣いでまかなえる範囲でしょう。

簿記が理解できるようになると、会社やお店などのお金や財産の状況が分かるようになるので、とても面白いですよ。
ぜひがんばってください。

断言します、「簿記は決して難しくありません。」
足し算、引き算、かけ算、割り算さえ出来れば、あとは簿記ならではのルールをしっかり覚えていけば、多少難しい言葉は入ってきますが、中学生でも十分取り組めます。
失敗しないためには最初に勉強する内容がとても重要です。始めにやるいろいろな表の意味やそれを作るための一連の流れが納得できるようになるまでやるのがコツです。そこができれば、あとは細かい部分の積み上げです。

0からだったら、簿記は積み上げの学問なので、3級から順に始めて下さ...続きを読む

Q11月の日商簿記1級試験と税理士試験の「簿記論」

11月に日商簿記1級の試験を受けようと思うのですが、今から勉強を始めて間に合うでしょうか?
また、独学で可能でしょうか?

現在のレベルは、日商2級程度です。
勉強時間は1日3時間程度取れます。

また、来年夏には、税理士試験の「簿記論」にも
挑戦しようと思いますが、
11月の日商簿記1級をステップにするか、
日商1級はパスして、来年の税理士試験の勉強を始めるのが良いのか、どちらが良い選択でしょうか?
どちらも、難関資格であることはよく分かっていますが、あくまでも最終目標は、税理士試験です。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は9月から勉強を開始して、11月の一級の試験に合格しました。また、その勢いで翌年夏の簿記・財表にも合格しました。
2ヵ月半、一級合格を目指して、本当に死ぬ気で勉強したおかげで、簿記論の勉強は「違い」の部分を押さえるだけで、比較的楽でした。その分の時間を財表に費やせたので、2科目合格が実現したのだと思っています。

税理士試験の受験資格はあったのですが「急がば回れ!」で一級合格を目指しました。私は、集中力を継続できないタイプなので、短い期間で勝負を繰り返したのが、良かったようです。

一級は予備校の土・日コース(計16日間)に通いました。社会人でしたので、勉強は睡眠時間を削って作りました。昼休みもパンをかじりながら勉強し、2ヶ月半の間に予備校の問題集を10回まわしました。


不可能な話ではないと思います。
ただ、1日3時間では確率は低いでしょう。来年に目標を変えても、1日3時間の勉強で税理士試験に受かる人は少ないです。
もう少し時間を費やせば、確率はぐんぐん上がるのに…。

勉強時間をもっと増やして、
(1)遠くの目標でも、集中力を保ってコツコツと着実に勉強できるなら、来年の税理士試験を!
(2)私のように集中力に自信が無いなら、目標を細かく刻んで1級の試験を!
というのをお勧めします。

私は9月から勉強を開始して、11月の一級の試験に合格しました。また、その勢いで翌年夏の簿記・財表にも合格しました。
2ヵ月半、一級合格を目指して、本当に死ぬ気で勉強したおかげで、簿記論の勉強は「違い」の部分を押さえるだけで、比較的楽でした。その分の時間を財表に費やせたので、2科目合格が実現したのだと思っています。

税理士試験の受験資格はあったのですが「急がば回れ!」で一級合格を目指しました。私は、集中力を継続できないタイプなので、短い期間で勝負を繰り返したのが、良かった...続きを読む

Q日商簿記2級 効率の良い勉強法

6月の日商簿記2級の合格を目指しています。以前に試験申し込みをし、時間は結構費やし準備しておりましたが、効率のよい勉強法が分からず、結局合格にいたりませんでした。どの試験勉強もある程度反復練習が必要であることは十分理解していますが、仕事のため勉強時間は限られています。そこで経験者の方ご教授お願いできないでしょうか。勉強法またおすすめのテキストなどございましたら、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

昨年6月には65点で涙を飲み、11月に合格した者です。私も社会人で子供もいたため、平日昼間と週末は基本的に勉強できませんでした。

なので、通勤時間を使ってテキストを読み込み、トレーニングなどの基礎問題集はすっ飛ばして過去問を解き、過去問で傾向を掴んだ上で「試験対策勉強」に力を入れました。

具体的には、、、

商業簿記は、仕訳を集中的に覚えました。「サクッとうかる」シリーズと「ラストスパート模試」を使ったので、テキストの付録の仕訳コレクションや、ラスパカードなどの、持ち歩きに便利な仕訳チェックができる教材を重宝していました。これは、第1問対策です。

また、第2問の伝票・帳簿問題は2級独特の問題なので、これは過去問を集中的にこなして(毎日1問を5日連続、とか)解き方のコツを覚えるまでやりこみました。

工業簿記は、6月の最初の受験時はうる覚えの論点も多くて、不得意な論点が出ると全滅の恐れもあるような状態でしたので、11月の試験にあたってはテキストを全て丁寧に読み返しました。それが吉と出て、1回読んだだけではあまり頭に残らなかったことが2回目で随分と理解ができ、工業簿記はこうした正攻法でやりました。

工業簿記自体は、最初とっつきにくいですが、全体像が見えてくるとある地点から急に理解が深まりますので、粘り強く2回は繰り返しテキストを読み込むことだと思います。理解が進めば、もともと2級の工業簿記は覚える内容は多くないので、不得意分野から一気に得意分野になると思います。

私の場合は「結構、工業簿記が理解できるようになったかも。」と実感した時点で過去問を集中的に7年分(1日に過去問1-2問づつ)を解き、一気に得意分野にすることができました。


このようにしたことで、第1問(商業簿記仕訳)、第2問(伝票・帳簿)、第4問&第5問(工業簿記)はほぼ計算できるようになりました。
残る第3問は、総合問題なので満点を取ることも難しい代わりに0点を取ることもない、という類の問題でしたので、この時点で充分合格圏内ではありましたが、本支店会計などは過去問を繰り返し解いて覚えるようにしました。


限られた時間とは言え、仰るとおり反復は必要です。コツ、というほどのものではないですが、社会人で時間が無い人は、「テキスト→基礎レベル問題演習→過去問」というステップの代わりに、「テキスト→いきなり過去問(歯が立たなければテキストに戻る)」というやり方が効率的だと思います。

このやり方をすれば、準備不足の部分は多くとも試験日までに試験レベルの状態には仕上がるため、私のように1回目が不合格でも2回目の試験に備えて同じ勉強方法を継続すればかなりの確立で合格できると思います。

逆に、試験対策の前に基礎固めを万全にしようとすると、時間がないのでいつまで経っても実力が試験レベルにならないと思います。

昨年6月には65点で涙を飲み、11月に合格した者です。私も社会人で子供もいたため、平日昼間と週末は基本的に勉強できませんでした。

なので、通勤時間を使ってテキストを読み込み、トレーニングなどの基礎問題集はすっ飛ばして過去問を解き、過去問で傾向を掴んだ上で「試験対策勉強」に力を入れました。

具体的には、、、

商業簿記は、仕訳を集中的に覚えました。「サクッとうかる」シリーズと「ラストスパート模試」を使ったので、テキストの付録の仕訳コレクションや、ラスパカードなどの、持ち歩きに...続きを読む

Q日商簿記2級に合格できる勉強量は?

私は現在、工学系の大学院に通っているんですが、まったく簿記の内容について勉強したときがありません。
現在、基本情報技術者試験の勉強をしていて、10月の試験が終わってから勉強を始めて、2月の簿記検定を受験しようと思っています。
勉強時間は1日2時間程度しか取れないと思うのですが、これで簿記2級に合格できるでしょうか?
やはり無難に3級から受験していくのが無難なんでしょうか?
来年、就職活動を控えていて出来れば履歴書に書ける程度の資格にしたいのですが、2級と3級ではやはり印象も違ってくるものでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは!5年ほど前、商業高校に通っていた時に日商簿記2級を取りました!日商の2級と3級では試験の内容が倍以上難しいと勉強している時に思いました。授業では2級の勉強をほとんどしなかったので独学で勉強することが多かったですが2級は内容をきちんと理解して応用に対応していかなければならなかったのできちんと教えてくれる人が必要になってくると思います。

 確か商業簿記が80点分で工業簿記が20点分でたと思います。(今は変わっているかもしれません)そのうち80点以上で合格でした。その時によって簡単な問題の時もあればものすごく難しい時もあります!二ヶ月くらい勉強してみて3級が合格できそうなら2級の勉強をすればよいと思います。

*2級と3級を同じ日に受ける事ができたような気がするので可能なら2つを受験してみてはいかがでしょう?!勉強頑張って下さい^^

Q簿記1級の勉強法について

いつもお世話になっております
現在独学で簿記2級まで取得しました

1級を取得したいのですが、その勉強法に悩んでいます
簿記は何かというところから始まり、2級取得まで約1年かかりました
3級の理解が遅く、3級⇒2級は早かったのですが・・・

1級取得に向けて本当はTACか大原の専門学校に行きたいのですが
金銭的な面で厳しいのが現状です
今のところTAC出版の
「みるみるわかる !!論点別講義DVD 1級 商会 商品売買の基礎・棚卸資産」
関係の本で勉強しようかと思っているのですが
このDVDは独学でも理解するのにカバーできる内容でしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします
また勉強法などアドバイスいただけましたら嬉しく思います

Aベストアンサー

かなり以前ですが…、一級取得しました。

ちなみに、私の場合は学校(大栄)←知ってらっしゃいますか?に通ったので独学で出来るかどうかは、わかりません。
取得するのに、一年半かかりました。(理解力があまりないので、同じ講義を何回も繰り返し受講しました)ちなみに、働いていなかった為、勉強時間は朝から晩までです。試験に落ちるとかなりショックです。。

合格するためには、過去問は、100点とれるくらい何度も解かないと難しいかも知れません。
解答を覚えるという意味ではありません。
試験前には、TACの第~回をあてる直前予想(予想三回分)を解いていました。本試験形式。
これで、合格点ないと厳しいかも知れません。

本人の努力で合格できる試験だと思いますので、頑張って下さいね。

Q日商簿記3級、試験前日の勉強は?

あさっての日曜日、日商簿記3級を受験します。

過去問を繰り返しやっていますが、未だに70点(合格点)を越えません。(大体いつも54点~66点ぐらい)

試験前日の土曜日、最後に何をもう一度やっておいたら良いでしょうか?

最後にボーダーラインを超えるための勉強について、何か体験談を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今まで簿記の検定を何回か受けました。私も過去問を繰り返しやっていましたが、合格点に達したことは少なかったと思います。けれど2,3級一発合格でした。
 
 試験の前の日は、自分が苦手をしている分野(総勘定元帳への転記だったり、減価償却の問題だったり)の復習や、今までやった過去問の間違えた部分をもう一度解き、自分が理解しているか確かめていました。

あとは、過去問から、前回はこれが出たから、これはでないかなぁと予想をしていましたが…あまり意味がないと思います 笑

苦手な部分を確かめのつもりでやっておけば、大丈夫だと思います。できれば、自信になるし、できなくても確かめたことによってプラスになると思います。
私の場合、苦手なところを当日の朝、確かめのつもりでやったところ、同じような仕訳がでたことがあります。
それから、当日会場に入ってからは、過去問や問題集は見ない方がいいかもしれません。気持ちを落ち着かせることに集中したほうがいいと思います。

Q簿記初心者です。お勧めの勉強法とお勧めの本を教えてください。

私は簿記を学ぼうと思い、書店で2冊適当に本を買ってきましたがさっぱり分かりません。
1冊は過去の問題集。
1冊は「これならわかる簿記・経理」
まずは6月の初試験で簿記3級を目指したいのです。
適切な本と、勉強法を有識者の方、アドバイスして頂けませんでしょうか?
私は、ファンダメンタルズを読めるようになりたいのです。
宜しくおねがいいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。私は簿記に詳しいわけではないのですが参考になればと思い書き込みしています。
 私も最近簿記の勉強を始めたものです。まずは3級を取得したいと思いテキストと問題集を購入しました。と言ってもできるだけお金をかけたくなかったのでオークションで安く購入したDAI-Xのものと、過去問題集にTACのものを使用しています。
 私には比較的使いやすいですが、次回2級を受けるときには全てTAC出版のものに絞ろうと思います。独学者にはとても分かりやすいと評判のようです。
 そして、「さっぱり分からない」とおっしゃっていますが、私も最初は同じ気持ちでした。先日、宅建の資格に合格して、比較的容易に学習を進めて合格したので簿記の3級くらいは余裕だろうと思ったんです。しかし、あまりに意味が理解できずに勉強するのをやめようかと思いました。でも、テキストを一通り終えて完全に理解できないまま問題集をやり始めたところ、簿記ってなんて面白いんだろうと言うレベルにまでなってきました。この間、約2週間くらいです。
 なので何もあせることはないと思います。初めて聞く言葉や借方、貸方の記入の仕方はやり続けることで自然と理解できます。3級はテキストをよく読んで、問題集を解き、分からなかったらテキストに戻る、の繰り返しで突破できると思います。

 こんにちは。私は簿記に詳しいわけではないのですが参考になればと思い書き込みしています。
 私も最近簿記の勉強を始めたものです。まずは3級を取得したいと思いテキストと問題集を購入しました。と言ってもできるだけお金をかけたくなかったのでオークションで安く購入したDAI-Xのものと、過去問題集にTACのものを使用しています。
 私には比較的使いやすいですが、次回2級を受けるときには全てTAC出版のものに絞ろうと思います。独学者にはとても分かりやすいと評判のようです。
 そして、「...続きを読む

Q日商簿記2級の本支店会計がわかりません。2級合格者の皆様、よろしくお願いいたします。

本支店合併財務諸表を作成するとき、「支店の期首商品に内部利益が加算されているときは、その内部利益を差し引きます。そして、その内部利益は本店の繰越利益剰余金にも含まれているから、そこからも差し引きます。」

↑に関して、わからないことがあります。

Q1.そもそも、本店が支店に商品を送付するときに、なぜ、原価に利益を上乗せして送付するのでしょうか?「本店が支店に商品を送付する」という行為は、他者に商品を売ったわけではなく、本店・支店という立地の違いはあれ、自社内で商品が移動しただけなので原価のまま本店から支店に送付するのではないのでしょうか?

Q2.なぜ、本店の繰越利益剰余金にQ1.で上乗せした利益が含まれるのでしょうか?←これは、本店から支店に商品を送付したときに上乗せした利益を、本店が支店との間で生じた利益として繰越利益剰余金に含んで処理していると思うのですが、なぜ同じ会社なのに他者に売ったようなかんじになっているのでしょうか?

Q3.そもそも、なんで支店の期首商品に内部利益が残っているのでしょうか?前期末に本支店合併損益計算書で内部利益を差し引いているはずなのに、なんで次期首に控除されたはずの内部利益が含まれたまま繰り越されているのでしょうか?参考書には、「本支店合併損益計算書上は内部利益は控除されるけど、帳簿上は残っている」とあるのですが、これは、言い換えれば、『本支店合併損益計算書は外部用に内部利益を控除したもので、帳簿上は本支店間だけの内部用だから内部利益は維持されたまま本支店間の取引が続く』というふうに解釈してみたのですが、この考え方は正しいのでしょうか?

本支店合併財務諸表を作成するとき、「支店の期首商品に内部利益が加算されているときは、その内部利益を差し引きます。そして、その内部利益は本店の繰越利益剰余金にも含まれているから、そこからも差し引きます。」

↑に関して、わからないことがあります。

Q1.そもそも、本店が支店に商品を送付するときに、なぜ、原価に利益を上乗せして送付するのでしょうか?「本店が支店に商品を送付する」という行為は、他者に商品を売ったわけではなく、本店・支店という立地の違いはあれ、自社内で商品が移動した...続きを読む

Aベストアンサー

2級取得者です。

これは企業での活動形態や評価と密接な関係があります。
支店や各部門の活動力などを評価する場合、独立採算で仕事の評価をすることがあります。その場合「各部門でどれだけの利益(付加価値)を稼ぎ出し、部門内での支払をまかなえるか」ということが重要になってきます。

その場合、本店が仕入→支店が販売のために本店から仕入→お客さんへ販売という形態を取った場合、独立採算で本社が利益0だとどうなるでしょうか…?損益計算書を見れば分かりますが、給料とか雑多な費用は、売上から商品原価を引いた差額から捻出しているわけですから、本店単独では赤字、ということになります。本店もそれなりの付加価値を生み出していますし、また売上の貢献(利益)は支店が全て総取りというのもまたおかしな話です。従って、本店相当分の利益を上積みして、支店に送っているのです。

2や3については、利益の実現時点の問題です。
いくら社内で商品の移動があっても、会計原則では「会社として利益の発生が認識出来るのは社外に売り出してから」です。
そして本支店会計は、あくまで支店は支店単独で帳簿を付けて決算書を作成しているという前提です。そのため、決算の時点で支店在庫の商品には本店の利益相当分が支店の商品在庫評価額に乗っている状態です。支店の決算をそのまま本店に足してしまうと、まだ実現してないはずの利益が乗ってしまいます。それでは上の前提と矛盾してしまいます。その矛盾を解消するために、内部でのみで売り上げて、まだ外部に売り上げていない利益相当分は除外する必要があります。

簿記は帳簿の付け方や読み方がメインになってしまうのですが、実際の取引や企業活動の裏付けがあってこそ成り立つものです。余裕があれば、そのような取引に関わることも合わせて学んでいけば、簿記の活用の幅は広がります。

2級取得者です。

これは企業での活動形態や評価と密接な関係があります。
支店や各部門の活動力などを評価する場合、独立採算で仕事の評価をすることがあります。その場合「各部門でどれだけの利益(付加価値)を稼ぎ出し、部門内での支払をまかなえるか」ということが重要になってきます。

その場合、本店が仕入→支店が販売のために本店から仕入→お客さんへ販売という形態を取った場合、独立採算で本社が利益0だとどうなるでしょうか…?損益計算書を見れば分かりますが、給料とか雑多な費用は、売上から...続きを読む

Q「簿記2級」 2月受験に向けての勉強法について

はじめまして。
来年2月の簿記2級試験に向けて勉強をこれからはじめようとするものです。
1年以上前に3級は取得したのですが、長い間ブランクがあるので心配です。
基本的には独学を考えておりますが、効率のよい勉強法について伺いたいと思います。

○「テキストを読んでまずインプット」「ザッと流してひたすら練習問題」のどちらがオススメ?
○「商業簿記」「工業簿記」どちらが先?
○2級を学ぶうえで3級の復習は重要でしょうか?
○スクールの模擬試験やまとめ講義は効果的?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2月受験目指して2級勉強中なので参考にならないかもしれませんが。

某専門学校のDVD通信を受講しています。
選択した理由は、
通学の交通費や時間拘束が可能な状況ではない事と、私自身理解速度が遅いので授業についていく自信がなく自分のペースで質問が出来る方がよかった事、DVDは通学とほぼ同じ状況で勉強できると思ったからです。

年末までにテキストを終了して、年が明けたら問題集をこなしていこうと思っています。
ザッとテキストを流して問題をこなす事も考えたのですが(簿記は練習あるのみですし)、最低限内容を把握し理解しておかないと、問題を解くことすらテキスト見ながらとなってしまい、結局"問題に慣れる"事が出来ないと思ったからです。
ただ、私の場合、2級レベルの必要のない経理経験しかないので、ザッと流しただけでは問題は解けないと考えた部分もあります。

順当に「商簿」からしています。受講ガイダンスで、2級の商簿ができないと配点的に合格の可能性は低くなるとありました(工簿は基礎レベルで商簿が難しくなると解釈しました)。

3級の復習はせず(数年前に合格)2級に入っています。
多少経理をしていたので3級レベルは身についていると思っている事と、2級でも3級の復習部分がテキストにあったので。

余裕があったらまとめ講義や通学授業の聴講、模擬試験も受けようと思っています。

2級合格者ではないので、私個人の考え方で、確実とは言えませんが参考にならなかったらすみません。

2月受験目指して2級勉強中なので参考にならないかもしれませんが。

某専門学校のDVD通信を受講しています。
選択した理由は、
通学の交通費や時間拘束が可能な状況ではない事と、私自身理解速度が遅いので授業についていく自信がなく自分のペースで質問が出来る方がよかった事、DVDは通学とほぼ同じ状況で勉強できると思ったからです。

年末までにテキストを終了して、年が明けたら問題集をこなしていこうと思っています。
ザッとテキストを流して問題をこなす事も考えたのですが(簿記は練習あるのみで...続きを読む

Q日商簿記1級は工業簿記・原価計算から勉強したほうがいいのですか?

2009年6月の日商簿記1級合格を目指して、今から勉強を始めようかと考えています。独学ではなく、通信講座で勉強しようと、いろいろな資格学校の資料請求をしています。資料請求をして気になることがありました。TACと大原簿記では勉強方法が違っていました。 大原では今から、改定がない工業簿記・原価計算の勉強をして、10月から商業簿記・会計学の勉強となっています。TACでは、商業簿記・会計学から工業簿記・原価計算の順番で勉強するようになっています。 どちらの方から勉強を始めたほうがいいのですか?
改定は頻繁に行われるのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

TACや大原簿記の通信はやめておいたほうがいいでしょう。LECかクレアールがいいですよ。特にクレアールはいい。双方、公認会計士や大学教員が教えていますし、クレアールは受講生の全員合格を謳い、通信にもスタッフによる個別担任制を布いています。日商簿記1級はあくまで検定試験です。会計基準等が制定や改定されたからといって、ただちに試験に反映されるわけではありません。超難関国家試験とは違います。TACや大原簿記は営業アピールが上手いですから、振り回されないようにしなければいけません。この二校の場合は実際、学校へ行って体験講義してみればいいですよ。講義の中身以外の部分に両校の本質が現れています。又、通信は大原の場合別撮りです。ライブの講義ではなく、スタジオ収録ですが、クオリティが低いです。TACの場合は分りません。おそらくスタジオ収録なのではないでしょうか。知名度基準で選択すると、思わぬ後悔する事があります。先入観を捨て、冷静に、詳細にいろいろな学校を調べてみてください。後悔しない道が必ず見つかるはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報