昔ボロボロの家に十人家族でくらしてました。近所のおじさんがサツマイモをくれたり
雨漏りを治したり又税金が滞納して 差し押さえの時等 相談にのってくれ近所の人をよくたすけておりました。今思えばその人は共産党支持者だったとおもいます。今から六十年前のはなしです
共産党は貧乏人の味方だと教わりました。 しかし現代では昔のような生活をしている家庭は少ないとおもいます。逆に共産党は赤だ怖いと思われるのは 党名が悪いイメージを与えているのではないのでしょうか。一層 党名をを変えてみたらどうなのでしょか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

社会主義、共産主義が独裁と貧困しか


産まない、てのは世界中で実証され
皆それを知っていますから、党名を
変えたぐらいではダメでしょう。

今だって、共産党は全員一致ですよ。
異論反論は許されません。
ここら辺りが、自民党と異なる
所です。
自民党は薄汚いですが、共産党は
怖いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りかとおもいます、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/14 14:03

小さい野党点でいる限りは、いい党である面もあるのではないでしょうかね。



しかし、万一、共産党が、政権でも取ろうなら、話は違ってきます。共産主義は、一党独裁を標榜していますから、完全な、人間によるコントロールされた社会、警察国家を目指してしまうからです。

つまり、分かり易く言えば、共産党員は、神であり、民衆は、りんごという知恵のみを食べる前のアダムやイブとなります。すべては、共産党が決定し、完全な情報統制を行い、反発する者は刑務所に送られます。

所詮、人間には欲望がありますから、神になり切ることなど不可能、神ではなく、悪魔となってしまいます。

一方、現在の日本ですが、表面上の自由はあれど、結局、政財官学、そしてマスコミ、すべてが、国民の税金を食い物としており、大手マスコミなどによる情報操作、情報の隠蔽などが横行しています。また、選挙も、お金(供託金)で制限していますから、一党独裁ではありませんが、多党独裁となっています。日本の既存の政党、政治家が、政治利権・政治権力を独占し、日本を支配してしまっています。

一歩間違えれば、日本も、色の違う共産党国とも言えるかも知れず、あながち、共産党を批判できないという、苦しい現状ではあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます、どの党がじぶんにふさわしいのか考えてみます。

お礼日時:2011/04/14 13:57

共産党がジリ貧になっている原因は多く考えられますが、端的に言えば、「日本人が豊かになったから」 と考えて良いと思います。



彼らの根本的思想には、大企業 = 労働者が受ける利益を独占 = 悪、株主 = 資本家=悪、労働者 = 社会的弱者 = 善 という図式があります。

彼らが事あるごとに 「大企業にもっと課税を!」 と主張するのはそのためです。

一見合理的と感じる部分があるかも知れませんが、これは100年前あるいは戦前までの日本社会の話です。 野麦峠や蟹工船の時代ですね。

今、そんな事を主張するのは時代錯誤も甚だしいと受け止められるだけです。 そのため誰も共産党の主張に耳を貸さないわけです。

20世紀の時代、世界に多くの共産党政府が誕生しましたが、どの国も貧困にあえぐ時代に革命が起きています。 早い話、貧困 = 共産主義が受け入れやすいと考えて良いでしょう。

今の日本はその逆の状態です。

また本質的には、日本で共産革命を起こすのが最終目標にしていますので、アメリカ = 悪、(市場経済導入以前の) 中国 = 善 という考え方をしているようですが、これも説得力が欠けているわけです。

あと党名を変えてはどうか? という事ですが、何年も前からその提案が共産党に対してなされていますが、それはやはり共産主義政党の看板を降ろすという事になり、とても抵抗があるようです。

仮にドイツのように 「緑の党」 などという抽象的な党名にしたところで、共産主義的活動を続ける限り党勢が伸びる事はあり得ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。これから少し勉強いたします。

お礼日時:2011/04/14 14:00

共産主義を目指している党を裕福な国民が指示しないと思います。


党名を変えても方針を変えなければ意味が無いのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それもそうですね、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/14 11:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彼女創価学会三世。彼元創価学会員共産党員。

彼女創価学会婦人部。
彼共産党党員。

彼女安保法案賛成。
彼安保法案反対。

彼女憲法九条範囲内。
彼憲法九条違反。

彼女『聖教新聞』。
彼『赤旗』。

彼女『法華教』。
彼『曽洞宗』。

彼女、池田大作名誉会長。
山口那津男党代表。
大田明宏先生。

彼、志位和夫委員長。
市田忠義先生。
小池晃先生。

彼女集団的自衛権当然賛成。
彼集団的自衛権反対。

創価学会会員さん。公明党党員さん。
共産党党員さん。
どちらの党に関係ないお方。
シールズさん。
学生さん。
学識あるお方。

この二人の関係成り立つでしょうか?
しょうもない質問で申し訳ありません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

成り立つかどうかは、二人がどこまで賢いか、でしょう。

人はそれぞれ違います。
当然、宗教や思想、信条が異なることはあるでしょう。

それを理解しつつ付き合うことができるかどうかです。

議論することがあったとしても、それによって相手の人格否定に繋がらなければ良いのです。

その問題についてのみの議論に終始すれば良いのです。
相手を説得しようとか屈服させようなどと考えると最悪です。

上手に議論すれば、より深く相手を理解できるんですけどね。

Q【政治・日本共産党】日本共産党は今も「天皇制打倒」を謳っているのでしょうか?日本共産党の志位和夫

【政治・日本共産党】日本共産党は今も「天皇制打倒」を謳っているのでしょうか?

日本共産党の志位和夫さんも天皇制打倒派なのですか?

Aベストアンサー

200億円の資金欲しさに、共産党が出来たのでしょう。機関紙だけでいく金額じゃ無いですからね。お金の動物何処かへぶつけるには、格好の団体ですね。中国的誘導でぶつける占領政策ですかね。その為、中真を無くし完全誘導状態に持って行きたい占領意識がわかります。

Q日本共産党が理想とする祖国防衛とは?

先日のNHK特集で憲法問題が論議されていました。

その中で少し気になったのが、日本共産党の小池晃議員の相変わらずの非武装中立論でした。

「憲法第9条は1項、2項とも堅持、自衛隊は解散」 というものです。

この主張は共産党と社会党が昔から強く主張していたのものですが、これはある質問に対する回答から逃げていたと思います。

それは 「自衛隊を解散した後、もし外国勢力から武力による侵略を日本国が受けた場合、どうやって自国民の生命、財産を守るつもりか?」 という質問です。

以前、「朝まで生テレビ」 で共産党の穀田慶二議員が登場した時に、司会の田原総一郎氏が同じ質問をぶつけた時があるのですが、穀田氏のコメントは 「侵略の可能性とおっしゃるが、それでは今、一体のどこの国にそのような可能性があるのか、言って下さい」 と切り返していました。

その後は例によって各人が勝手に発言したため、あとの発言が聞こえなかったのですが、共産党の考え方はこの発言に象徴されているように感じました。

すなわち、日本とアメリカだけが軍隊を解散すれば一挙にアジア、ひいては世界平和に直結する。  ましてや、他国が日本を侵略するなんて絶対にあり得ない話であって、自衛隊は時期をおいて最終的には解散すべきである、という事ですね。

隣国が攻めてくるとか、具体的な可能性があるとか関係なく、祖国防衛のための実力組織を維持するのは国家としての当然の義務であるとか、あるいは一度自衛隊を解散してしまうと、再度編成を組むには数年から10年以上かかるとか聞いているので、質問させて頂きます。

もし共産党が政権与党 (あり得ないとの反論はお許し下さい) となって自衛隊を解散した後、もし隣国から何らかの武力による圧力を受けた場合は、政府としてどういう手段を取って、日本国民の生命と財産の保全を維持するのか、お教え下さい。

先日のNHK特集で憲法問題が論議されていました。

その中で少し気になったのが、日本共産党の小池晃議員の相変わらずの非武装中立論でした。

「憲法第9条は1項、2項とも堅持、自衛隊は解散」 というものです。

この主張は共産党と社会党が昔から強く主張していたのものですが、これはある質問に対する回答から逃げていたと思います。

それは 「自衛隊を解散した後、もし外国勢力から武力による侵略を日本国が受けた場合、どうやって自国民の生命、財産を守るつもりか?」 という質問です。

...続きを読む

Aベストアンサー

 あくまでも私見ですが、まずは「非武装」というのは与党への攻撃のための手段であって、目的ではないでしょう。あるいは前述のように、自由主義・立憲君主制である「日本国」政府が武装することに反対するのであって、「人民」が武装することには反対しないでしょう。当然、その人民の代表とは共産党です(笑)

 また「質問 平和憲法」http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1185676
に対する私の回答No.7を参照していただけるとよろしですが、「アメリカ合衆国憲法」にも戦争放棄は謳われていますね。

「(前略)また、現実に侵略を受けた場合、あるいは猶予しがたい急迫の危険がある場合でない限り、戦争行為をしてはならない」

 どうも憲法で戦争放棄が掲げられているのはさほど珍しいことではないようです。ただここでいう戦争は侵略であって、当然に自衛は含まれません。ですから日本国憲法をことさら「平和憲法」と持ち上げるのもおかしな話ですね。もっとも、「日本国」に意図のある集団や国は、自衛戦争も放棄してもらいたいでしょうね。
 
 あとマルクス経済学者の森嶋通夫氏に、通称「白旗赤旗論」というのがありました。もしソ連が攻めてきたら白旗を出し、そして赤旗を掲げれば日本は助かるという考えだそうです。なんのための「非武装」であるかが、よく理解できますね。

あと参考までに

『民間防衛』(スイス政府<原書房編集部訳>・原書房)より
「『不意を打たれぬようにしよう』
 外国の宣伝の力 国民をして戦うことをあきらめさせれば、その抵抗を打ち破ることができる(略)このことは、巧妙な宣伝の結果、可能となるのである。
 敗北主義-それは猫なで声で最も崇高な感情に訴える。-諸民族の間の協力、世界平和への献身、愛のある秩序の確立、相互扶勤 戦争、破壌、殺戮の恐怖…。そしてその結論は、時代おくれの軍事防衛は放棄しよう、ということになる。新聞は、崇高な人道的感情によって勇気づけられた記事を書き立てる。学校は、諸民族との間の友惰の重んずぺきことを教える。教会は、福音書の慈愛を説く。この宣伝は、最も尊ぶべき心の動きをも利用して、最も陰険な意図のために役立たせる
 このような敵の欺踊行為をあばく必要がある」

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562036672/249-9115244-2664354

 あくまでも私見ですが、まずは「非武装」というのは与党への攻撃のための手段であって、目的ではないでしょう。あるいは前述のように、自由主義・立憲君主制である「日本国」政府が武装することに反対するのであって、「人民」が武装することには反対しないでしょう。当然、その人民の代表とは共産党です(笑)

 また「質問 平和憲法」http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1185676
に対する私の回答No.7を参照していただけるとよろしですが、「アメリカ合衆国憲法」にも戦争放棄は謳われていますね...続きを読む

Q【政治】日本共産党と中国の共産党は仲が良いんでしょうか?もし日本共産党が日本の与党になれば、中国

【政治】日本共産党と中国の共産党は仲が良いんでしょうか?

もし日本共産党が日本の与党になれば、中国と友好的に対話が出来るようになるのですか?

Aベストアンサー

戦後約20年間は仲良し。
 中国で文革が始まった頃から30年間位は犬猿の仲。
 今から20年位前に関係修復。
 仮に日本共産党が与党になったとしても対話はするかも知れないが、互いにズケズケ言うので友好的に対話できるかは疑問。

Q同じ「共産党」でも仲が悪い?

皆様、お世話になります。

日本共産党と中国共産党、ロシア共産党、朝鮮労働党はおなじ「共産党」ですが仲が悪いと聞きましたが、それはなぜでしょうか?

また、中国共産党とロシア(ソ連)共産党は昔から仲がいいですか?

どなたか分かる人がいましたら、(わかりやすく)教えてほしいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>日本共産党と中国共産党、ロシア共産党、朝鮮労働党はおなじ「共産党」ですが仲が悪いと聞きましたが、それはなぜでしょうか?

日本共産党は戦前からある政治団体で、戦前、特に軍国主義的政府により非合法化されてからは中国共産党、ロシア共産とは大の仲良しでした。ところが敗戦になってマッカーサー連合軍総司令官が共産党を合法化してから事情が一変したようです。

党内が中国派、ソ連派みたいな派閥ができて論争や対立が生じたものです。それに武力闘争で日本を共産主義化するのが良いのか、平和的手段、つまりストライキとか国会選挙で多数投票獲得で日本を共産主義化するのが良いのか党内で大論争が起きて収拾がつかなくなったのです。

先日亡くなった宮本書記長は、まず武力闘争主義から党を決別させる方法として中国共産党、ソ連共産党と対立する政策を取り、北朝鮮労働党と仲良くする政策を開始しました。これで中国、ソ連は怒って、仲が悪くなったようです。

中国共産党とソ連共産党も仲が非常に悪かったことを忘れてはなりません。そうすると日本共産党内の中国派とソ連派も犬猿の仲に当然なりますから、これでは共産主義という統一の旗印で日本の共産主義化はできなくなるのは誰の目にも明らかですから、宮本書記長は党内の多数派になり得たのです。

日本共産党、左派社会党と朝鮮労働党は仲が良かったはずです。これが日本人拉致問題の遠因になっていたと私は考えています。

日本共産党、左派社会党(土井たか子氏は最後の左派社会党精神を守り抜いていて、現在の社民党に引き継がれています。)はずっと「拉致問題は無い。でっちあげ」という立場でしたが、キム・ジョンウィルが拉致を認めたため、面子丸つぶれになり、それ以来北朝鮮と仲が悪くなっなって交流が途絶えています。

共産主義は資本主義に対立するものであると定式化したのはマルクスですが、共産主義は土地や資本の名義を労働者に書き換えたに過ぎず、土地や資本を管理する労働者が生まれました。土地や資本を管理する労働者が「共産党員」と呼ばれたわけですが、この「共産党員」は結局資本家よりもっとひどい搾取行為を始めて貴族的生活、セレブな生活をするので(中国の場合は汚職という不法行為が今でも止まらないようです)、農民が働かなくなり、深刻な食糧危機に陥って、経済が壊滅し、ついに崩壊するに至りました。

ソ連の末期は、食料品店から食料品が無くなる大問題が大規模に発生しました。私の知り合いのベルギー人は商談でモスクワを訪問し、取引先の家に招待されたそうですが、豪華でかつ食べきれない程のご馳走の接待をうけて、「ありえない」とあきれていました。

質問者さんは共産党の歴史に関心があるみたいですが、共産主義国家が地球上から無くなるのは時間の問題でしょう。ローマ帝国が崩壊したのは1700年前(?)位でしょうが、共産主義国家が崩壊する最終段階という歴史上の大事件の中に我々は生きているわけです。

私は自由主義者、市場経済主義者で、こういう目で共産党を見ています。当然共産主義の専門家ではありません。よって上に書いたことは厳密性に欠き、また厳密に述べる紙面もないので、おおきな流れ、考える上での参考に留め、歴史的事実等はきちんと文献等で当たって確認しておいてください。

>日本共産党と中国共産党、ロシア共産党、朝鮮労働党はおなじ「共産党」ですが仲が悪いと聞きましたが、それはなぜでしょうか?

日本共産党は戦前からある政治団体で、戦前、特に軍国主義的政府により非合法化されてからは中国共産党、ロシア共産とは大の仲良しでした。ところが敗戦になってマッカーサー連合軍総司令官が共産党を合法化してから事情が一変したようです。

党内が中国派、ソ連派みたいな派閥ができて論争や対立が生じたものです。それに武力闘争で日本を共産主義化するのが良いのか、平和的...続きを読む

Q民主党と自由党と保守党と社民党と共産党VS自民党の外交政策の違いとは?

 自民党の外交政策(とよべるかわからないですが)は、いろんなところで論じられるのでわかってきましたが,民主党や自由党などの自民党以外の外交政策というのは、自民党とはちがうものなのでしょうか?ちがうとしたら、どの点がちがうのでしょう?
 例えば,対中国・対韓国にたいする戦争責任の問いへの回答、集団的自衛権に関する対アメリカとの関係などはどうなっているのでしょうか?
 特に,党首の考え方を知りたいので,過去の発言に関するものでもいいのでおしえてください。

Aベストアンサー

外国の方々との生易しくない(!)ディスカッションの準備にに私のような素人の情報提供を参考にしていただくのは畏れ多くて逃げ出したい気分です。

補足頂いたなかでの御質問内容については信頼できる活字となった資料が手許にありませんので少なからず私の主観が含まれてしまいます。13toraさんの賢明な御判断による取捨選択を期待するばかりです。重ねて告白しなければなりませんが、各党の集団的自衛権の捉え方についてはあまり関心を持っておりませんでした。私が付け焼刃の見識不足である事を御承知置きください。

各党とも、集団的自衛権の行使が憲法解釈上認められない、という点では異論がないようです。御指摘の通り、自民、自由、民主の各党は国際問題において日本が果たすべき役割や期待は大きいと考えており、自国の防衛だけに専念していられる立場ではないという点では一致しているようです。しかしながら、与党側の公明党が否定的である為に小泉首相でさえ避けて通れぬものとは明言できない状況で、民主党などは党内で意見が割れており鳩山代表も立場上何も言及できないでいます。しかしながら、小沢党首や扇党首を含めて実務を意識しているこれらの人々は憲法を改正してでも国際社会での責任を果たす為に必要な事と考えているように思えます。国際問題に対して真剣に具体策を考える立場を採る人は国民受けする理想論などを語ってはいられない、という本音のように感じています。

同様に、戦争責任の問題については、外野でヤジ将軍のあいだは好き放題に発言できますが政権与党となって関連諸問題を意識した時にはかなりのトーンダウンが余儀無くされるのではないかと思っています。社会党連合政権の折にも村山首相はほとんど何も出来ませんでした。日韓共同宣言で過去の国策の誤りを認めたにも拘わらず日韓関係の問題が解消していないのは実務が伴わなかった為だと思っています。アメリカとの同盟関係が厳然として存在している中で対中国、対韓国の態度が意のままにならない事情もあるでしょう。そもそも事実上のアメリカとの軍事同盟そのものがかの国にとっての脅威なのでしょうから、対米関係と切り離して態度を決める事は不可能です。
自国のアイデンティティーを主張すべき、とする政党は、政権を握った時に対米関係で苦慮する事は明らかでしょう。その一点においては正当な主張であってもバランス感覚を欠いていては現実味がありません。戦争責任問題の解決は政党が変わる事よりも、時代のタイミングでなされるものだと思います。自民政権でも革新政権でも大差ないと思います。

最後に、外務省はお役所ですから、政府方針で決まった事を忠実に遂行して頂きたいものです。あまり自己主張してもらっては困ります。はは。

後半、完全に私見になってしまいました。ちょうど参議院選挙期間で新聞にはいろんな意見が載ってます。この回答もそんな様々な意見の一つとして御参考になれば幸いです。

長々と駄文で失礼しました。

外国の方々との生易しくない(!)ディスカッションの準備にに私のような素人の情報提供を参考にしていただくのは畏れ多くて逃げ出したい気分です。

補足頂いたなかでの御質問内容については信頼できる活字となった資料が手許にありませんので少なからず私の主観が含まれてしまいます。13toraさんの賢明な御判断による取捨選択を期待するばかりです。重ねて告白しなければなりませんが、各党の集団的自衛権の捉え方についてはあまり関心を持っておりませんでした。私が付け焼刃の見識不足である事を御承知置き...続きを読む

Q★理想の共産党象とは?

日本共産党への公開質問状です・・・

中国共産党を始めとして、北朝鮮・ロシアなど、共産党の現状は惨憺たるものでありますが、日本共産党として、理想的な共産党のあるべき姿を教えて下さい・・・・・・・・・・・・

1.本当に理想的な共産主義などありうるのでしょうか?
2.それは単なる、夢物語だけではありませんか?
3.人間に欲望がある限り、理想的な共産党像はありえないのでは?・・・・・・・・・・・・
4.中国のように、共産党と解放軍という暴力集団が一体化するのでは?・・・・・・・・・・・・・
5.中国のように、共産党が独裁化し、厳しい、言論統制を引くのでは?・・・・・・・・・・
6、中国のように、共産党が権益の保全のみに固執するのでは?・・・・・・・・・・・・・・

Aベストアンサー

つまり、共産主義者のみなさんが、不都合な現実に対して、
「あれは本当の共産主義ではない」とかいう逃げ道を展開することについては、
「私はバカでーす」と自己紹介しているようなものだと
思えばいいのではないでしょうか。



そもそも共産主義という概念は自由放任主義(共産主義者の言うところの「資本主義」)の
「実行上の不備」に対しての批判として登場したわけです。
まず自由放任主義は「人間はお互いの利益を考えて行動するので、規制や税をかければ
その行動を疎外する」と考えます。これ自体は正しいことではあったのですが、
一方で、自由主義の理念を理解していない人が少なからず存在するため、
いわゆる「格差」や「実体の無い取引」が生まれて、公正な取引を疎外してしまうことがある。

どんな理論でも、やはり、実際にやってみると不具合が出てきます。
それは理念に賛同しない人間の行動があり、理念への誤解があり、原因は様々でしょう。



現代の我々自由主義国家においては、こうした問題点に対しては
原則の理念を重視しつつ、国家や社会が解釈を行い、常に是正を行っています。
つまり、あらゆる場合において妄信的に原則を適用し、思考を停止するのではなく、
問題に対処するという意思を持ち続けるのです。
一方で、理念に賛同しない人間であっても利得を得られる形であれば、
結果として賛同者と同じ行動を誘発できる。
こうした是正までを含めて、初めて"制度の設計"と呼びうるものが完成するのです。



一方共産主義者はどうでしょうか。
これも実行上、やはり問題が明らかになっています。質問者さんが挙げられた
独裁化・権益の集中・先軍政治などはその顕著な傾向と言えるでしょう。

そしてそれが理念から外れていようがいまいが、共産主義にとって
それは現実に起こりうる問題であり、是正すべき問題であるはずなのです。
その問題が、根本理念を原因としたものではないのか。そういったあたりまえの
チェックを行う慎重さすら持ち合わせていない。

にもかかわらず、原則に外れていることを理由として、問題の解決を放棄するのであれば
それはもはや理想などとは呼べず、空想に過ぎません。


そもそも理念から外れた実行上の不具合への「対案」として提示した主義が、
自身の実行上の不具合に対してなんら対処しないのは、
単に彼らが制度を設計しようとしているのではなく空想にふけっているだけ、
と解釈するのが妥当ではないでしょうか。
彼らはすべて「空想的社会主義者」であるのです。


よって彼らが求める理想像、それは「制度の実行上不都合をもたらさない人民」です。
自由主義に反対するが故に、理念に賛同しない、異なる考えを持った人間を
制度の設計に含めることができないのです。
制度が人民のためのものであるという前提を、もはや彼らは忘却してしまっているのです。

つまり、共産主義者のみなさんが、不都合な現実に対して、
「あれは本当の共産主義ではない」とかいう逃げ道を展開することについては、
「私はバカでーす」と自己紹介しているようなものだと
思えばいいのではないでしょうか。



そもそも共産主義という概念は自由放任主義(共産主義者の言うところの「資本主義」)の
「実行上の不備」に対しての批判として登場したわけです。
まず自由放任主義は「人間はお互いの利益を考えて行動するので、規制や税をかければ
その行動を疎外する」と考えます。これ自体は正...続きを読む

Q日本共産党と中国共産党の関係について

MSN相談箱で色々調べても解決しなさそうなので、質問します。
ズバリ、「日本共産党」と「中国共産党」の間に歴史など何かつながりがあるのでしょうか。


中国が最近言い張っている「沖縄は中国のもの」という主張と
2013年参議院選で日本共産党が沖縄選挙区だけ立候補者を立てていない事に
何らかの関連性があるのではと感じています。

共産党の主張も充分納得出来るのですが、
日本共産党が政権を握って、
現在の中国共産党のような、他国を軽蔑するような国になっては困ります。
(単なる国の風土の影響?)


中立的な観点での回答をお願いします。
(どこかの政党に「偏り過ぎた」意見を長々と語る事は避けて頂きたいです)

Aベストアンサー

まず成立の歴史から。
どちらも大元は第一次大戦前のコミンテルンというソビエトの組織の
海外機関として生まれた組織です。
その目的は、ソビエト(ロシア)国外での共産主義者の
武力革命(テロ)を促すものでした。

ただ、ロシア国内でスターリンが実験を握ると、
前政権で行われていた世界同時革命(テロ)支援を否定し、
コミンテルンを廃止へと追い込みました。
(もちろん理由は健全なものではなく、単純に権力闘争なのですが。)

困ったのが各国でテロを行っていた共産主義者たちです。
支援を失った彼らは、それぞれが独自の路線を歩み始めます。
それが現在の「中国共産党」であったり、「日本共産党」であったりします。





では彼らは現在もテロ集団か、というとそういうわけではありません。

成立の過程で「コミンテルン」を潰された恨みがありますから、
多くはロシアの共産主義を批判していますし、その分裂する性質から
親ロシアの派閥もありました。当然、親中国派の党もできましたし、
日本赤軍のようにテロ路線を堅持した集団も居るわけです。

とはいえ社会は変化していきます。
日本の共産主義は「あさま山荘事件」に代表されるテロ失敗を
分裂の過程で繰り返し、理論的にも政治的にも自滅し、
テロ路線を捨てることを公言しました。
この失敗の経験が、彼らを現在の平和路線に向かわせているわけです。


中国側も「貧しく全員死ぬ」社会は誤りであるとして、市場経済「改革開放」をはじめました。
中国・日本以外でも共産主義政権下での自国民虐殺事件が次々に明るみとなり、
テロリズムを基本理念とした「共産主義」の誤りが明らかになっていく過程で、
その国に合わせた「共産主義」が始まっていったわけです。
(面白いことに、それでも彼らは「われこそが真の共産主義」と例外なく宣言しているのですが)






では本題の2つの党の関係について。

中国でもやはり「コミンテルン」を潰したロシアを批判する勢力は強く、
1969年には中国・ソビエト間で戦争も起きました。
同時期に、「いっしょにロシアの共産党を批判しよーぜ」という呼びかけがあり、
「日本共産党」と「中国共産党」の交流が始まっています。

ただこの時は、中国の毛沢東に「日本の連中は事なかれ主義でまわりくどくて
何を言ってるかわからん」ということを言われて、お互い怒って喧嘩別れしたので、
長らく交流はありませんでした。

その後の双方の機関紙を読むと、1990年代後半までは下品に口汚く罵りあってるので
影響力どころかもはや敵同士といった風体ではあったわけです。
(お互いごめんなさい、と仲直りしたのは1998年になってからなのです。)

結論としては現在は同じ看板でも思想的に結構違いますし、
どちらが上とか下ではなく、勉強会はしているようですがそんなに影響力も
お互いに無いようですよ。
結局のところ、政治思想は国・文化圏によって、大きく変質していくわけです。




というわけで私は、質問者さんが懸念するような「共産党の中国化」は起こらないと思います。
そもそも、本家ロシアでそうであったように、共産主義という思想を
社会で実行しようとすると、団結はおこらず、集団の中でも外でも
より少数を疎外するか、破壊活動に回帰するか、派閥闘争と粛清・虐殺を繰り返していきます。

(これは哲学的思想と彼らの作る制度の大元の欠陥によるものなので、
残念ながら不可避的に起こるのです。)

つまり、彼らは集団化すれば自滅する仕組みを内包しており、
もし合一化すればお互いを蝕むでしょう。
現在の政党名「共産」はもはや「のれん分け前の看板」でしかない、
と考えていいんじゃないでしょうか。

まず成立の歴史から。
どちらも大元は第一次大戦前のコミンテルンというソビエトの組織の
海外機関として生まれた組織です。
その目的は、ソビエト(ロシア)国外での共産主義者の
武力革命(テロ)を促すものでした。

ただ、ロシア国内でスターリンが実験を握ると、
前政権で行われていた世界同時革命(テロ)支援を否定し、
コミンテルンを廃止へと追い込みました。
(もちろん理由は健全なものではなく、単純に権力闘争なのですが。)

困ったのが各国でテロを行っていた共産主義者たちです。
支援を失った彼...続きを読む

Q★共産党は廃絶できませんか?

中国共産党の悪例のごとく、共産党は人類を破滅に導きます・・・

共産党は必ず、言論の自由をあくまで、かたくなに拒否します・・・・・・・・

日本共産党も政権を取った暁には必ずや、厳しい言論統制を敷きます・・・・・・・・・・・・

日本共産党はそろそろ、解体すべき時期ではありませんか?・・・・・・・・・

教えてネット、真実を・・・・・・・・・

Aベストアンサー

”中国共産党の悪例のごとく、共産党は人類を破滅に導きます”
     ↑
人類が破滅するかまでは判りませんが、共産主義が
ダメな思想である、ということは実証されたと言って
良いと思います。

”共産党は必ず、言論の自由をあくまで、かたくなに拒否します”
     ↑
それは間違いありません。
共産党は価値の相対性を認めません。
共産主義思想以外は悪い思想だ、ということになりますから
共産主義を讃える思想以外は、否定します。
日本共産党もこの例外では無いでしょう。
なぜなら、彼らはいつも全員一致で物事を決定します。
つまり、異論反論は許さない、ということです。

”日本共産党はそろそろ、解体すべき時期ではありませんか”
     ↑
共産党もそうですが、社民党と公明党も解体させて
欲しいです。
彼らの存在が、日本の為になるとはどうしても思えません。

Q日本共産党と中国共産党の政策の共通点、相違点

日本共産党 と 中国共産党 の政策、主義主張の共通点、相違点を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Q、日本共産党と中国共産党の共通点、相違点とは?
A、それは、めっちゃはっきりしていますよ。

共通点:名前。
相違点:自由と民主主義に対する見方・考え方。

差異1、複数政党制などの議会制民主主義の擁護。
差異2、国定哲学の否定。
差異3、個人の私有財産の保障。

国民・国家の上に党を置いているのが中国共産党。それを否定しているのが日本共産党。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%A8%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AE%E5%AE%A3%E8%A8%80

>このなか(自由と民主主義の宣言)で、
>複数政党制などの議会制民主主義の擁護、
>三権分立、
>国定哲学の否定、
>信教の自由、
>市場経済の活用、
>個人の私有財産の保障などを将来にわたって擁護・発展することを宣言した。
(「自由と民主主義の宣言」wikipedia)

いずれも、香港の学生達が今希求しているものであり、あの天安門事件の犠牲者が求めたもの。そして、誰もが大事だと思っているもの。この相違点は極めて大きいと思いますよ。

Q、日本共産党と中国共産党の共通点、相違点とは?
A、それは、めっちゃはっきりしていますよ。

共通点:名前。
相違点:自由と民主主義に対する見方・考え方。

差異1、複数政党制などの議会制民主主義の擁護。
差異2、国定哲学の否定。
差異3、個人の私有財産の保障。

国民・国家の上に党を置いているのが中国共産党。それを否定しているのが日本共産党。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%A8%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AE%E5%AE%A3%E8%A8%80

>このなか(自由と...続きを読む


人気Q&Aランキング