VB.net でページ数を求めたいです。

データがあるカウントに達したら改行します。このカウントを例えばで15とします。
データの総件数は分かります。総件数は1以上の数値です。
この際にページ数を求めたいです。

(例)
データ総件数 1 =>ページ数1
データ総件数 15 =>ページ数1
データ総件数 16 =>ページ数2
データ総件数 30 =>ページ数2
データ総件数 50 =>ページ数4


よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

No.3です。



ごめんなさい、そのままでは15の倍数で終わる際は1ページ多くなります。
余を求めて0だった場合はページ数は-1しないといけないです。

この回答への補足

返事が遅くなってしまいました。
記載の方法で対応させて頂きました。
みなさま、御回答どうもありがとうございました。

補足日時:2011/05/02 10:21
    • good
    • 0

この質問ってVB.NETの質問らしいが、計算問題でよいのか。


特殊なVB.NETの知識が要るのか。こんな計算が出来ないで、難しいVB.NETなど使えるのかな。
エクセルででも、計算をやってみれば。その後VB.NETに移しては。
A列   B列
111
151
162
302
504
453
464
443
B列の式は =INT((A1-1)/15)+1
    • good
    • 0

(データ総件数-1)/15+1

    • good
    • 0

ページ数=改行コード数+1



或いは 

ページ数=データ総数を15で割った商+1(データ総数 \ 15 + 1)

で求められます。
    • good
    • 0

Select Case を使えばよいのでは?

    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部首:音読み・訓読みとは別の作り方で考案された名称

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮名と関係がある

冖 → わかんむり
宀 → うかんむり
殳 → るまた
禾 → のぎ
釆 → のごめ

2)形と関係がある

丨 → ぼう、たてぼう
亅 → はねぼう;かぎ

3)仮名とも形とも関係がある

丿 → の;はらいぼう

4)他の部首の名称が影響を与えた

冫 → にすい
頁 → おおがい

5)他の部首の名称が影響を与え、区別するためにも作られた

酉 → ひよみのとり
隹 → ふるとり

上記のものはいつ・どこで・誰によって考案されたでしょうか。また、どんな過程によって・どの時点でその名称が定着したでしょうか。詳しい方、是非、教えて下さい。

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮...続きを読む

Aベストアンサー

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が作られ、篇が構成され、篇目すなわち部首であったから、篇とは部首全部について適合しうる語であった。また「片」の字も用いたのであって部は篇と同意で、したがって部首字が篇(また片、偏とも書かれた)とも呼ばれた。」
「日常的に多く見る漢字の偏旁冠脚の場合は通俗的なものを必要としたので、ほぼ一般に弘通した名があったが、部首字すべてに通俗の呼び名が行われたものとは認めがたい。部首名のまとまった資料は『運歩色葉集』、キリシタン版『落葉集』(小玉篇)、江戸時代に入っては、『節用集』末書などに付録されたものがある……」


  『新撰字鏡』(しんせんじきょう)昌住撰、900年成立。漢字を160の部にわけ、漢字で発音と意義を示すが、和訓も少なくない。最古の漢和辞典といわれる。
  『運歩色葉集』(うんぽいろはしゅう)16世紀半ばの成立。「色葉集」(語を頭音に従ってイロハ分けしただけの国語辞典)の一つ。
  『落葉集』(らくようしゅう)日本イエズス会のコレジヨで、1598年成立。「落葉集」(漢語の最初の漢字の音でイロハ分けした漢語字典120頁)・「色葉字集」(和語を頭音でイロハ分けした国語字典44頁)・「小玉篇」(漢字を140の部首で分けた漢字字典34頁)の三部構成。

『節用集』末書の二つを参看しました。

『(増廣字便)倭節用集悉改袋(やまとせつようしうしつかいふくろ)』1776 「篇冠構尽(へんかふりかまへつくし)」 135部首 
『大全早引節用集』天保年間 1840頃 「編冠構字尽(へんかむりかまへじつくし)」 98部首

近代の漢和辞典

榮田猛猪『(縮約)大字典』1920(大11) 「部首名称」 137部首
諸橋轍次『大漢和辞典』1955~60(昭30-35)では部首字(とその異体字)に読みを「国訓」として入れたものがあります。その数およそ110

 「部首のよみ」を全部そろえるようになったのは、ごく近年になってからのことのようです。

               1955     1920   1840       1776     1598
力    ちから     ちから    ちから   ちから      ──     ちから
      ──     ちからづくり ──    ──      ちからつくり
瓦    かわら      ──    ──    ──      かはら    かはら
臼    うす       ──    ──    ──       うす 
鼓    つづみ     
十    ジュウ      
寸    スン       ──    ──     ──      すんつくり   すん
臣    シン       
龍    リュウ       
比    ヒ         
     ならびひ      
     くらべる      
用    ヨウ        
     もちいる     
走    そうにょう   そうねう   そうねう    さうねう    そうにう    そうにう
     はしる       
辛    シン       
     からい      
門    モン       
     もんがまえ    ──    もんがまへ
     かどがまえ  かどがまへ  かどがまへ  かどがまへ   かどかまへ  かどがまひ
冖   わかんむり   わかんむり  わかんむり  へきかぶり   ひらかふり  ひらかむり
宀   うかんむり うかんむり   うかんむり  うかぶり     うかふり   うかむり
殳   るまた るまた     るまた    るまた    つはものつくり  るまた
    ──        ほこづくり
禾   のぎ のぎ      
    ──        のぎへん    のぎへん  のぎへん    のぎへん  のぎへん
釆   のごめ のごめへん   のごめへん  
丨   ぼう      
     たてぼう     ──     ──    てつちう 
亅    はねぼう    
     かぎ      
丿   の         ──      ──     へつへん
     はらいぼう  
冫   にすい にすゐ     にすゐ    にすい    にすい    にすい
頁   おおがい おほがひ   ──     ──      おほがひ
酉   ひよみのとり  ひよみのとり  ひよみのとり ひよみのとり ひよみ   ひよみのとり
     とりへん     とりへん    とりへん
隹   ふるとり ふるとり     ふるとり    ふるとり    ふるとり  ふるとり

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が...続きを読む

QVB.NET(ASP.NET)でページAからページBに新しいWindowで飛んだ後ページBにページAのDataGrid情報をもっていく方法

VB.NET(ASP.NET)のWebアプリケーションを
VB.NET2003で開発しているのですが
ページAに表示しているDataGridを新しいWindowで表示したページBのDataGridに表示させたいんです。
Session情報に入れようと思いましたが入らない・・
どうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

お世話になります。

各画面で全く同じものを表示するのなら、
ユーザコントロールか、Web カスタムコントロールにしてしまうのが効率がよいと思います。
それで、その上で DataSource に使っている
DataSet やら DataTable やらを Session で渡すとか。

> Session情報に入れようと思いましたが入らない・・
これは具体的にどうして入らないのでしょうか。

Q音読みと訓読み

私はもう少しで漢検を受けるのですが、音読みと訓読みがいまいちわかりません。学校では「音っぽい読み方をするのが音読み」と習ったのですが、全然わかりません。何か音読みと訓読みの違いを教えてください。

Aベストアンサー

カタカナで書きたくなるのが音読み
ひらがなで書きたくなるのが訓読み

意味を表すのが訓読み、表さないのが音読み

日本語っぽいのが訓読み、中国語っぽいのが音読み

Qカスタムコントロール作ってます(VB.NET)。VB.Net にVB.6のActiveX作成時にあったプロパティページ作成ができないようですが

タイトルどうりです。VBNETのカスタムコントロールでデザインモードにおけるフォームつまりプロパティページやビジュアルにプロパティボックスから設定できるようにしたいのですが、どうしたらできるでしょうか?VB6ではできたのですが、(Activexコントロール)。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常のプロパティと同じように、プロパティ ウィンドウに項目を表示して設定できるようにする必要があります。
具体的には、
1. カスタム コントロールのクラスに外部公開する Property プロシージャを作成して、内部で値を保存できるようにする。
2. そのプロパティの宣言部分で、プロパティ ウィンドウに表示するように指示する属性値を設定する。

こんな感じです。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/winexp/winexp02/winexp02_01.html

Q「猫」は音読みはないのでしょうか?

「犬」は音読みで、「ケン」と読みますが
「猫」は音読みはないのでしょうか?

Aベストアンサー

「びょう」です。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/187633/m0u/%E7%8C%AB/

QVB.NETのSelectionListのList数はどうやって求めるのでしょうか?

VB.NETのSelectionListのListの数はどうやって求めるのでしょうか?
教えてくださいーー><

Aベストアンサー

.Items.Count
でいいんじゃないでしょうか

Qあなたの名前は、音読み?訓読み?それとも重箱読み?

あなたのお名前は、音読みですか、訓読みですか、或いは重箱読みですか?

私(男性)は漢字一文字の名前で、音読みです。
因みに訓読みにすると、女性風になります。

Aベストアンサー

50代のオバちゃんです。

音読みと一つしか読みが無い漢字の二文字です。

初めて会った人にちゃんと読まれた事一度も無いです。

最近は少し聞く名前になってきました。

しかし同じ漢字の人には会った事ないです。

初めの漢字一文字は男性の名前にたまに見かけます。

なのでよく男性に間違われてダイレクトメールがきたりします。

Qホームページ作成でCGI、VBスクリプト、VB.NETなどがありますが、長所短所はどんなところなのでしょうか?

すいません、タイトルどおりなのですが、ホームページ作成でCGI、VBスクリプト、VB.NETなどがありますが、長所短所はどんなところなのでしょうか?
自分自身VB,VB.netは多少わかるのですが、CGI(Perl)が主流ぽいですし、どれでつくればいいのか悩んでおります。

Aベストアンサー

「ホームページ作成」という部分ですが、まず基本はHTMLであって、そこに動的な要素を加えたいときに、おっしゃっているような技術を使います。

で、おそらく勘違いされているかと思うのですが、CGI、VBScript、VB.Netは、同じ位置に並んでいるものではなく、それぞれ指すカテゴリが少し違います。なので比較対照にはならないように思います。

まずVBScriptは、JavaScriptなどと同じ「クライアントサイドスクリプト」のひとつで、ブラウザが読み取って実行するプログラムです。当然、ブラウザに完全依存するので、どう動くのか、動くのか動かないのか、などは見る側によって様々です。

「クライアントサイドスクリプト」がブラウザ上で動くのに対して、サーバー上で動くプログラムが「サーバーサイドスクリプト」です。検索エンジンやブログや掲示板やアクセスカウンターなどなどなど。
そのスクリプトを動かす「環境」のひとつが CGI です。他にもASPやモジュールとして動かす方法があります。
で、そのスクリプトを書く言語の種類に、perlやPHPやrubyなどがあります。よくperlはCGIでPHPはモジュール(したがってPHPのほうが速い)と勘違いしている人がいるので注意。

VB.Netは微妙にこれらとは別の範疇を指しますが、ASPなどで言語にVBを使う、などというときに使います。もともとWebだけに特化したものではありません。言語+開発環境を指すもので、WindowsアプリやWebアプリを作ることができる、というものです。

以上のように、それぞれ異なるもので比較対照にはならないように思います。
たとえばVBScriptとJavaScriptを比べるとか、CGIとmodを比べるなら解るのですが。

ちなみに、サーバーサイドスクリプトの主流の言語は、PHPかperlだと思います。様々な応用がきくという意味ではperl、初心者でも覚えやすいのはPHP、というところでしょうか。
前述したように、PHPのほうが速いと勘違いされがちですが、perlもPHPも、実行形態がCGIかモジュールなのかで速さが違うだけです。

「ホームページ作成」という部分ですが、まず基本はHTMLであって、そこに動的な要素を加えたいときに、おっしゃっているような技術を使います。

で、おそらく勘違いされているかと思うのですが、CGI、VBScript、VB.Netは、同じ位置に並んでいるものではなく、それぞれ指すカテゴリが少し違います。なので比較対照にはならないように思います。

まずVBScriptは、JavaScriptなどと同じ「クライアントサイドスクリプト」のひとつで、ブラウザが読み取って実行するプログラムです。当然、ブラウザに完全依存する...続きを読む

Q「菊」 の 読み「きく」 は何故音読み?

中学校の時から今までずっと疑問に思っていたことです。

菊 を 辞書で調べると 音読みとして キク と書いてあります。読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、キクが音読みだと言われても腑に落ちません。中国語でも 菊は ju2 じゅー でキクと全然にていません。他の一文字の植物名は調べた範囲ですべて訓読みです。

なぜ音読みなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。私からも少し補足します。

>読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、
これは「そういうものが比較的多い」というだけのことです。
本来の音読み・訓読みの定義は,「中国での読み方が日本風になまったもの」が音読み,「中国での読み方以前に日本に存在していた固有の語彙(やまとことば)を,漢字にあてはめたもの」が訓読みですよね。
しかし,小学校の国語科などでこのような説明をしても,子どもたちは中国語の読み方は知りませんので(まして音読みの基礎になった中古音など知るはずもない),実際に,例えば「山」の音読みと訓読みは何か,と考える際には役に立ちません。
そこで,一種の便法として,「さん」だと意味がよく分からないが,「やま」だと分かる,というような教え方をするわけでしょう。
したがって,そこには「菊」のように,おのずと例外が生じます。

「門」など,音読みの「もん」は1年生でも分かるでしょうが,訓読みの「かど」は通じない子が多いのではないでしょうか。「かどで」なんて言葉を知っている1年生は少ないでしょう。かどと言われると,「角」だと思う子が多そうです。

さらに,中国語の読みも,地域により,また時代により,変化しています。
確かに今の北京音では,「菊」は「チウ」のような発音ですが,古い発音を比較的よく残している広東語(ホンコンなど)や,朝鮮語(韓国語)の発音では,kuk(クク)となり,日本語のキクに近いものがありますね。

もう1つ2つ,例をあげますと,「民」は北京語,広東語,朝鮮語,日本語いずれも「ミン」でよく似ていますが,「学」は北京語xue(シュエ)に対して,広東語hok,朝鮮語hak,日本語gakuです。
つまり,今の北京語は,日本語の漢字の音読みの元になった発音からはかなり変化しているので,一見(一聴?)して似ていないように思えても,きちんと音韻の変化などを調べると,やっぱり音読みだったという場合があるということです。

というわけで,
>なぜ音読みなのでしょうか。
という質問に対しては,「中国での音が日本風になまったものだから」と回答することになります。

「音読みには比較的○○なものが多い」のは確かだとしても,「全て」というわけではありませんので,逆にして「○○な読みは音読みだ」と決めつけることはできません。

こんにちは。私からも少し補足します。

>読みだけで意味が通じるものは 訓読みだと思っていたので、
これは「そういうものが比較的多い」というだけのことです。
本来の音読み・訓読みの定義は,「中国での読み方が日本風になまったもの」が音読み,「中国での読み方以前に日本に存在していた固有の語彙(やまとことば)を,漢字にあてはめたもの」が訓読みですよね。
しかし,小学校の国語科などでこのような説明をしても,子どもたちは中国語の読み方は知りませんので(まして音読みの基礎になった中古音...続きを読む

QVB6.0をインストールしている環境でVB.NetをインストールしてもVB6.0は動かせるでしょうか?

初心者的な質問ですみません。
VB6.0をインストールしている環境でVB.NetをインストールしてもVB6.0は動かせるでしょうか?
それともVB6.0をアンインストールしなければVB.Netはインストールできないのでしょうか。

Aベストアンサー

.NETとVB6は同一のパソコン内で分割(お互い干渉せずに)して使うことができます。.NETの説明書にも記載がありますよ。

私としてはVB6を使っていて.NETに変更するとだいぶ違った操作性になるためHDDに余裕があるのであればVB6は残しておいた方がいいと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報