ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

枕草子の「宮に初めて参りたるころ」の直訳が知りたいです!

範囲は
「宮に初めて参りたるころ~雪、いとをかし。」
までです。

わかる方いましたら、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 第百八十四段をご覧下さい。


 http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/maku21.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

参考にします(^O^)

お礼日時:2011/04/15 15:34

自分で勉強しなさい。

(怒)

中宮様の御所に初めてご奉公に上った頃には、何かにつけて恥ずかしい事が数知れずあり、涙を零してしまいそうゆえ、昼間は参上せず、何時も夜に参上し、三尺の御几帳の後ろに控えていると、中宮様は絵などを取り出して見せてくださる。
でも、私は碌に手を差し出すことも出来ないくらいどうしようもない気持ちでいた。

中宮様は「この絵は、ああですよ、こうですよ、それが・・、あれが・・」などとおっしゃいます。

高坏(食器を載せる台)を逆さにした上に(高杯を逆様に置いて利用した)お灯しした御燈火が明るく、髪の毛の筋などもかえって昼よりはっきり見えているので恥ずかしいけれど、恥ずかしさをじっと堪えて見るなどする。

今は酷く冷える時期なので、差し出された中宮様のお手が袖口から僅かに見えるのが、(袖の中に手を引っ込めているから)とても艶やかで薄紅梅色で、この上も無く素晴らしい。

そのような華やかな宮中を知らない里人である私の心には、こんな素晴らしい御方もこの世にはいらっしゃるのだと目が覚める程の思いがして、じっとお見つめ申し上げる。(中宮様を)
 
明け方になると早く退出しようと自然に気が急いてくる。

中宮様は「葛城の神(*)のように夜にしか姿を見せないそなたでも、もう暫くはいいでしょう」などとおっしゃるが、何とかして斜めからでも私の顔を見られず済ませたいと思い、そのまま体を伏せている為、まだ御格子もお上げしていない。(夜が明けたのに)

女官たちが参上して来て、外から「御格子をお上げくださいませ」と言うのを聞き、女房(奥向きの用事をする女官)が内から上げようとすると、中宮様が「いけません」とおっしゃり、女房は笑いながら退出して行きました。

中宮様は色々何かと私にお尋ねになり、お話なさったりする内に、時間が経ったので、「もう退出したいでしょう、それでは早く下がりなさい。でも、夜は早くいらっしゃい」とおっしゃる。
 
中宮様の御前を座ったまま遜る様に下がるとすぐに格子模様の戸が上げられ、見ると外では雪が降っていた。

登花殿(中宮定子が居た)の前の御庭には立蔀(格子の裏に板を張って目隠しした物)が近くにあるので狭い。しかし、その雪景色はとても趣がある。
 
* 葛城の神:奈良県にある葛城坐一言主神社の祭神で、一言主(恵比須神とする場合もある)と同一視される神。
役小角が鬼神達に命じて、葛城山から吉野の金峯山への久米路(峡谷)に石橋を掛けさせようとしたけれど、葛城の神は自ら容貌の醜いことを恥じて、夜間だけ出て働いたので、工事は完成しなかったと言われる。
それを基にして、恋や物事の成就しない場合や醜い顔を恥じたりする場合に引用される。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません…。
個人的に教科書の文章の現代語訳の練習を始めて、自分が訳したものを確認したかったので質問しました。

「葛城の神」がよくわからなかったので、説明していただき助かりました。

ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/15 18:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング