ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

私は、エンジニアで正社員として働いていますが、
実際は客先への常駐(客先とは委任契約)となっています。
勤務時間については、基本的に常駐先に従うとなっています。
自社は、9:00~17:30(休憩12:00~13:00)、所定労働時間7.5Hですが、
客先は、8:30~17:30(休憩12:30~13:30)、所定労働時間8.0Hです。

自社では、8:30~9:00、17:30~18:00は休憩時間として無条件に控除されています。

現在、客先では、残業もあり、8:30~20:00まで勤務していますので
1日の勤務時間は10.5時間となるのですが、自社の勤怠では、上記の休憩時間を
引かれ1日9.5時間となるのです。
実際に取れない、休憩時間を控除されているのがどうも、納得いかないのですが
常駐先との勤務時間のずれがある場合仕方がないことなのでしょうか?

本来は、どういった勤務時間になるものなのか教えていただければと思います。
よろいしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

事業場外のみなし労働とは異なり労働時間の管理・計算が可能であれば、


時間外労働や休日労働についての割増賃金支給は通常通り必要となります。
イレギュラーな勤務は会社の指示で行なわれているものですから、
本来の労働条件と比べた上で労働者本人の不利益にならないよう取り扱うべきということです。
客先での休憩時間が増減することによって、「労働時間が増減するか否か」ということが問題で
労働時間が増えればその分賃金支給が必要ですし、
逆に減った場合には休日とに同様不利益にならないよう賃金控除を避けるべきといえます。
実態が把握でき
労働時間が増えるのなら実態に見合った賃金を支払うべきで
会社にとって都合のいい解釈をしているに過ぎないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認が遅くなり申し訳ありません。

丁寧に説明いただき、ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/02 08:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q客先常駐という勤務形態で悩んでいます。

 客先常駐という勤務形態で悩んでいます。
 私は、新卒・未経験でプログラマーとしてソフトウェア開発会社に入社して1年目の者です。
ソフトウェア開発会社といっても、ほとんどの社員が技術者派遣で客先に常駐しているというのが実態です。
なので、私も入社してすぐ客先に派遣され、今に至っています。
 悩みというのは、私の考え過ぎかもしれませんが、どうも客先で肩身が狭い気がして、毎日苦痛でたまりません。
全くのプログラム未経験でいきなり派遣されたので、自分がお荷物のような感じがしてとてもつらいです。
客先では、自社から派遣されている先輩に面倒を見てもらっていますが、もし、その先輩が他のプロジェクトや現場に
移ったらと思うと、とても不安です。また、普通の派遣会社から派遣されるのと違って、自社の面子などを考えなければ
いけないので、気を遣うことが多く疲れてしまいました。
せっかく正社員として働くのであれば、他人の会社ではなく自分の会社で働きたい思い、転職しようか
どうか悩んでいます。

こんな理由で、転職を希望するのっておかしいことでしょうか?
自社より客先で働くほうが気楽でいいという話を聞きますが、どうしてそう思われるのでしょうか?

なお、転職は他の業種も考えております。
まだこの業界1年目の私にアドバイス、意見を頂けたらと思います。よろしくお願いします。

 客先常駐という勤務形態で悩んでいます。
 私は、新卒・未経験でプログラマーとしてソフトウェア開発会社に入社して1年目の者です。
ソフトウェア開発会社といっても、ほとんどの社員が技術者派遣で客先に常駐しているというのが実態です。
なので、私も入社してすぐ客先に派遣され、今に至っています。
 悩みというのは、私の考え過ぎかもしれませんが、どうも客先で肩身が狭い気がして、毎日苦痛でたまりません。
全くのプログラム未経験でいきなり派遣されたので、自分がお荷物のような感じがしてとて...続きを読む

Aベストアンサー

40代男です。
自社業務と客先常駐の両方を経験しました。
私個人はやはり客先常駐は合わず、自社の業務の方が合っています。
(ただし、たまには出張とかで外に出たいとは思いますが。)

あなたの場合、悩みが2つあるような気がします。
すなわち、自社か常駐か、
プログラマとして生きるか、否か。
ただし、あなたの仕事ぶりが文面からはわかりません。
「客先で肩身が狭い気がして」
「自分がお荷物のような感じがして」
つまりあなたがそう思っているだけかもしれません。
顧客も先輩も何とも思っていないかもしれません。
まずは先輩にその辺のことは確認してみてください。
何も問題がなければ、そのまま続けたらいいでしょう。

次にプログラマとしてのスキルですが、先輩には何て言われていますか?
お前の作ったプログラムはミスが多い、とか指摘されていますか?
自分の作ったプログラムで顧客の業務に支障が出ていますか?

私なんて就職して最初の2,3年はわけもわからずに言われたことだけをやっていました。
別に入社1年めで結論を出す必要もないと思いますが。
もう少し、おおらかな気持ちで行ってはどうでしょうか?

もう1回言いますが、自分だけで思い込むのではなく、必ず周りの人に相談してみてください。

40代男です。
自社業務と客先常駐の両方を経験しました。
私個人はやはり客先常駐は合わず、自社の業務の方が合っています。
(ただし、たまには出張とかで外に出たいとは思いますが。)

あなたの場合、悩みが2つあるような気がします。
すなわち、自社か常駐か、
プログラマとして生きるか、否か。
ただし、あなたの仕事ぶりが文面からはわかりません。
「客先で肩身が狭い気がして」
「自分がお荷物のような感じがして」
つまりあなたがそう思っているだけかもしれません。
顧客も先輩も何とも思...続きを読む

Q出向先の勤務時間と自社の勤務時間が異なるときの残業の扱い

出向先によって勤務時間が
A社 9:00~17:30
B社 8:45~17:30
C社 8:30~17:15
と、それぞれ異なっています。

自社の勤務時間は8:30~17:30で、18:00以降が残業扱いになります。
(17:30~18:00は夜の休憩)
出向先の夜の休憩はまちまちです。

A社では、17:30以降が残業になりますが、自社では17:30~18:00は休憩時間ですし、
A社は自社よりも始業時間が30分遅いです。

自社が給料を支払うわけですが、残業時間を何時からとするのが正しいのでしょう。

また、休日も同様です。
ゴールデンウィークは、自社はカレンダーどおりですが、
出向先は9連休だったりします。
9連休中で自社が仕事日であれば有給休暇とするのが一般的なのでしょうか?

皆さんはどうされてますでしょうか?

Aベストアンサー

法律に詳しいものではありません。参考意見です。
会社を共同経営しております。当社の場合です。

当社の場合は、就業規則の 「配置転換及び出向」 の項目に、出向及び常駐期間は、労働時間・休憩時間・休日・特別休暇は出向・常駐先の規則に従うこととする事が明記されています。(実際には第何条・第何条・・・は出向、常駐先の規則に従うこととする。といった文章です)

当然残業を計算する時間も出向先の勤務時間を基本に計算します。
休日も出向先にあわせますが、自主的に精算等で出社してきてもそれは休日出勤にはなりません。

質問者様の会社も就業規則に明記されていないでしょうか。
当社の就業規則は外部の法律家の方に作成していただいたものですので、勤務時間等以外はほぼ雛形のようなものの通りなので、明記されていると思いますよ。常駐という言葉は当社がお願いして入れてもらったものなので、ないと思いますが。

Q常駐SEです。有休をとった場合、残業でまかなう?

常駐SEをしています。
私の勤める会社へは正社員として所属しておりますが、客先企業へ常駐する形となっております。
客先企業と、私の所属する会社とは派遣契約を結んでいます。

客先企業とは月間トータル時間が決まっていて、その時間によって金額のやりとりが行われています。

そこで質問なのですが、有給休暇をとった場合、仕事が忙しくなく残業をするほどでもないのに、残業をして月間トータル時間をまかなうよう私の所属する会社から言われますが、そういうものなのでしょか?

Aベストアンサー

そういうものではありません。

足りないと「怒られる」や「時間は消化しろ」という半ば強制的な
労働指示は労働基準法第5条の「強制労働の禁止」に抵触します。

会社として正当な理由があれば別ですが、有給などにより
実動が短くなったとしても労働で補てんする必要は全くありません。

売り上げが減るなどというのは正当な理由になりません。

Q業務委託契約の作業時間と労働基準法の法定時間の関係について

業務委託契約で長時間作業した場合に、労働基準法の法定労働時間の縛りがどう影響するのか解らず、質問させていただきます。

前提ですが、私は個人事業主でフリーのシステムエンジニアで、A社と業務委託契約を締結しております。
業務内容は社内システムの相談役としてノウハウの提供、運用支援・開発支援です。
1ヶ月のうち数日間常駐(前もって決めておく)という取り決めで、報酬は作業時間×単価です(最低5万円)。
作業諾否の自由があり指揮命令を受けないという状況なので偽装請負ではないと考えています。

相談内容は、
先日、A社で13:00~23:30まで作業しました。A社の就業規則では12:00~13:00と17:30~18:00までは休憩です。
作業途中17:00頃に、A社の方に「1時間休んでください」といわれましたが、就業規則では休憩は17:30~18:00の30分であり、作業の都合上30分が妥当と判断し30分のみ休憩を取りました。そしてこの日の作業時間は10時間として請求しました。

後日、A社の担当者から次のように言われました。
『休憩が30分になっていますが労働基準法で1日8時間以上勤務する場合は1時間の休憩を与えなければなりません。私としては貴方に休憩を1時間取るよう口頭でお願いしていたので休憩が30分と記載されると弊社が労働基準法違反となります。』

質問ですが、
上記のA社の言い分は正当なのでしょうか?。私はA社の雇われ社員でないので法定労働時間や必須休憩時間には縛られないと考えていました。
A社の担当者曰く「弊社が労働基準法違反になる」とのことだったのですが、これは本当でしょうか?

現在この件でA社ともめてる最中です。よろしくお願いいたします。

業務委託契約で長時間作業した場合に、労働基準法の法定労働時間の縛りがどう影響するのか解らず、質問させていただきます。

前提ですが、私は個人事業主でフリーのシステムエンジニアで、A社と業務委託契約を締結しております。
業務内容は社内システムの相談役としてノウハウの提供、運用支援・開発支援です。
1ヶ月のうち数日間常駐(前もって決めておく)という取り決めで、報酬は作業時間×単価です(最低5万円)。
作業諾否の自由があり指揮命令を受けないという状況なので偽装請負ではないと考えて...続きを読む

Aベストアンサー

>A社と業務委託契約を締結

>私は個人事業主

>作業諾否の自由があり指揮命令を受けない

これらのことから業務委託契約であろうと推測します。
業務委託契約を締結しているのに、実態は労働者と言うトラブルの相談が多いのですが、syssuzさんの場合は逆なんですね。

業務委託契約の内容を吟味する必要がありますが、業務委託契約ならば労働基準法上の勤務(労働)時間には拘束されないのですから、syssuzさんが言うように「法定労働時間や必須休憩時間には縛られない」筈です。どうもA社(の担当者)がsyssuzさんとの業務委託契約を勘違いしているようですね。また、syssuzさんがA社の雇われ社員(労働者)ではないと言うことも理解していない感じがします。

勿論A社が「syssuzさんの勤務(労働)時間を拘束する契約をしている」と主張するなら、業務委託契約とはいっても実態は労働者となり、全てが労働基準法上の保護(休憩時間のほか、割増賃金や年次有給休暇等)が得られることになりますので「全て請求できるのか?」と言ってみたらいかがでしょうか。

>A社と業務委託契約を締結

>私は個人事業主

>作業諾否の自由があり指揮命令を受けない

これらのことから業務委託契約であろうと推測します。
業務委託契約を締結しているのに、実態は労働者と言うトラブルの相談が多いのですが、syssuzさんの場合は逆なんですね。

業務委託契約の内容を吟味する必要がありますが、業務委託契約ならば労働基準法上の勤務(労働)時間には拘束されないのですから、syssuzさんが言うように「法定労働時間や必須休憩時間には縛られない」筈です。どうもA社(の担当者...続きを読む

Q委託契約の勤務時間・休暇規定について

法律で、委託契約では受託者の勤務時間、勤務場所、休暇などは委託者が指定できない、とされていますが、私が契約を締結しようとしている委託業者はそれらを契約書に盛り込んできました。(まだサインしていません)

委託業者にその意図を聞くと、委任しようとしている秘書業務は成果物の特定が困難、しかし契約書には成果物の明記が必須なので、勤務時間と規定内の休暇取得を成果物として表現している、とのことでした。

司法書士の知り合いに聞いたところ、委任契約は成果物を目的としない、一定期間何かをすることを委託するという意味で、時間や曜日を指定することは問題ない、しかし休暇の概念はない、と言われました。

委託業者は顧客から秘書業務を委託されており、私がその秘書業務を担当しています。作業場所や勤務時間を拘束されていないからと言って、好きな時にしか顧客の元に出向かない、なんていう気は毛頭ありません。毎日決まった時間に決まった場所に出向かないと、業務にも支障が出ますし。
休暇は業務に支障のない範囲で、要するに常識範囲内(顧客の許容範囲内)でと心得ています。

別の個人事業主が色んな事情を理由に数ヶ月ほど休んだことがあったので、おそらく委託業者はそれを避けるために今回規定を明記してきたのだと思うのですが、時間指定は許容できるが休暇日数の規定は契約書から外してほしい、と要望しても良いものなのでしょうか?

法律で、委託契約では受託者の勤務時間、勤務場所、休暇などは委託者が指定できない、とされていますが、私が契約を締結しようとしている委託業者はそれらを契約書に盛り込んできました。(まだサインしていません)

委託業者にその意図を聞くと、委任しようとしている秘書業務は成果物の特定が困難、しかし契約書には成果物の明記が必須なので、勤務時間と規定内の休暇取得を成果物として表現している、とのことでした。

司法書士の知り合いに聞いたところ、委任契約は成果物を目的としない、一定期間何かをす...続きを読む

Aベストアンサー

> 休暇日数の規定は契約書から外してほしい、と要望しても良いものなのでしょうか?

こんにちは。 あなたは委託契約について勉強され、良い質問をされています。

◎ あなたは委託契約のため、次の制限を受けています。

● 社員ではないため、健康保険や厚生年金は自分で入らなければならない。
● 労働基準法を始めとする労働関係法令が適用されないため、割増賃金の支払いはなく、年次有給休暇もない。 (これは決して休みを取れないという意味ではありません。)

◎ しかし、委託契約であり、次の権利が与えられています。

● 業務の遂行方法はあなたに任されており、指揮命令はされません。
● 契約している秘書業務以外を依頼されない。
● 業務遂行に合理的に必要とみなされる時間以外に、時間数や時間帯の拘束を受けない。
 
これだけの前提条件を確認し、本題に入ります。 

あなたに何かの用事や事情が出来て長期の休みを取る必要が生じた。 そういう事態を想定した業務委託契約を締結したい。 その際に休暇取得についてどういう取り決めをすれば良いか。 

業務委託契約上はあなたには年休などの休暇はありません。 しかしこれは一年365日、あなたは拘束されているという意味ではありません。 あなたは顧客と相談して、『いつからいつまで休みたい。』と申し出て先方と交渉すれば良いのです。 その際は当然、どう言う理由で、いつからいつまでと内容を相手に知らせることは必要でしょう。 

契約自由の原則というルールがあって、あなたは顧客と相談してあなたの自由を守ることが出来ます。 顧客と普段から良い関係を造り、信頼される。 そうすると先方もあなたを大切にしてくれます。 あなたがどうしてもこの用事で長く休まなければいけない。 そんな時には力になってもくれるのです。  要するに顧客と良い信頼関係を作ることです。 そうすればあなたの自由も次第に広くなって行くのです。 

『結論』
業務委託契約にあなた(委託者)が○○日(三日以上? この日数もあなたが決めれば良い。)の休暇を取る場合はその二週間前までに顧客の同意を取り付けること。 実際の契約文言は次の通りです。 また顧客の同意を得て長期の休暇を取る場合は委託業者にも連絡してください。 

『委託者が三日以上続けて休暇を取る場合は、休暇発生の二週間前までに顧客の同意を取り付けることとする。 その際は休暇発生の事由、休暇期間を述べて交渉する。』

> 休暇日数の規定は契約書から外してほしい、と要望しても良いものなのでしょうか?

こんにちは。 あなたは委託契約について勉強され、良い質問をされています。

◎ あなたは委託契約のため、次の制限を受けています。

● 社員ではないため、健康保険や厚生年金は自分で入らなければならない。
● 労働基準法を始めとする労働関係法令が適用されないため、割増賃金の支払いはなく、年次有給休暇もない。 (これは決して休みを取れないという意味ではありません。)

◎ しかし、委託契約であり、次の権利が...続きを読む

Q客先常駐のIT系会社に就職しようか悩んでいます。

私は大学四年です。
今年内定を頂き、来年の4月より、とあるIT系会社に就職することになりました。

IT系とはいえ、自社で開発はせず、客先常駐がメインなため、開発案件ごとに勤務先が変わったり、仕事内容が変わったりします。

仕事内容としましては制御系、組み込み系システム、通信系、業務系アプリケーション、スマートフォンアプリ、など様々です。

私自身、制御系、組み込み系システムに興味があり、就職活動をしていた結果この会社になりました。人事の方曰く、君のやりたい領域になるべくそった案件を選ぶが、必ず保証はできないとのことでした。

通信系、業務系アプリケーション、スマートフォンアプリなどが興味ないわけではありませんが、もし仮に案件ごとにいろんな仕事を任されると、私自身のキャリアを振り返った際、何がしたいのかよくわからないようになりそうで怖いです。『制御系、組み込み系システムに通じたエンジニアになる』というのが私自身の目標であるため、その点が心配です。

人事の方はそのような要望に答えるとおっしゃってますが、実際問題、この発言を信用していいのでしょうか?

内定先の会社は100名程度の会社です。あくまで受注先の要望あっての案件なので、近年だとスマホアプリの制作とかに派遣されそうで怖いです。


実際にこのような会社で働いたことがある方がおられましたらぜひ経験談を教えて頂きたいです。

もう一度就職活動をすべきという考え方もあるとは思いますが、まず、この会社でも自分のしたいこと(制御系、組み込み系システムに通じたエンジニアになる)が実現できるようであればこの会社に就職したいと考えております。


なお、私の周りで「プログラマー、客先常駐」という話だけでブラック企業やからやめたほうがいい、体を壊すというアドバイスをうけます。確かに私自身もその点は自覚しておりますが、それ以上に制御系、組み込み系システムに通じたエンジニアになりたいという思いがあるため、その点は何とかしようと思っております。無茶かもしれませんが、そのような回答(ブラック企業だからやめたほうがいい、体を壊す)は抜きでお願いします。



それではご回答よろしくお願いします。

私は大学四年です。
今年内定を頂き、来年の4月より、とあるIT系会社に就職することになりました。

IT系とはいえ、自社で開発はせず、客先常駐がメインなため、開発案件ごとに勤務先が変わったり、仕事内容が変わったりします。

仕事内容としましては制御系、組み込み系システム、通信系、業務系アプリケーション、スマートフォンアプリ、など様々です。

私自身、制御系、組み込み系システムに興味があり、就職活動をしていた結果この会社になりました。人事の方曰く、君のやりたい領域になるべくそった案件を...続きを読む

Aベストアンサー

 私個人としては、IT系と言う言葉は曖昧すぎて嫌いです。
 私の中では、IT系はネットを利用した自社サービスを展開している企業であり、あなたが記載されているのはソフト企業と分けてみております。
 業界10数年で、派遣型企業にも在籍していた事があります。
 この業界の構造はわかってますよね?。
 ソフト業界の多くは、下請であり、客先常駐型の企業が大半と言っても過言ではありません。自社に持ち帰って開発をしている企業でも客先常駐をしている部隊を持っている企業も普通にありますし、社員全員が客先常駐の企業もあります。
 
 あなたの場合は、後者の企業と存じます。所謂、請負とは名ばかりの協力会社という位置づけであり、実質派遣会社からの派遣さんと同じ就労環境です。
 会社にはまともな開発環境が無い企業がほとんどですし、誰が社員としているのかもわからないです。
 営業は、人売りです。受注先が決まらなければ、待機という事もあります。その間は自習と称するものであり、当然にプロジェクト経験がカウントされません。
 まして、企業がそういう経営姿勢ですので、SEにすらなれない人も多く、PGとしての作業も出来ない人も中にはいます。PMにはまずなれないと思ってください。
 
 今は、IT系企業が多く存在するようにもなり、元請けのメーカでは、エンジニアの囲い込みを図る為に、発注下請企業の選別も10年位前から始まっており、この手の常駐派遣型企業は衰退もしてきてます。
 就労先も業界としては、ホテル暮らしやウイークリー暮らしをさせられる事がありますが、派遣型の最たる事は、通勤距離が遠方の場合もあるという事です。また、途中で参加終了ということもありますので、ころころ場所が変わることがあります。
 営業が、送り込むエンジニアの経歴を嘘をついて客先に売り込む会社もあります。

 自分がやりたい分野に100%入れる確証は無いと思ってください。
 制御をやりたいなら、最初から制御を扱っている企業にはいれば済む事です。確かに、10数年前の一時期、制御系の経験者募集が非常に多かったです。その時は携帯電話ですね。でも、一段落した今、募集ないですよね?。確かに色々経験はできるでしょうが、扱われるだけの商売ですよ、客先派遣型は。しかも若いうちだけです、年取ったら単価の件で売り込みできません。
 
 業界自体がブラック扱いなので、客先派遣型だけがブラックとは言い切れませんし、残業もさほどなく、家からたまたま近い場所に何年もと言う人もおります。要は、どのようなプロジェクトに参加できるか?になり、受け取り方は人それぞれです。客先常駐でもメーカ直ならば、ありでしょうが、間に別会社が入るとなると、そのうち不満は出てくるかもしれません。

 確認しますが、制御系、組み込み系をしたいとの事ですが、詳細な分野は何ですか?。理系卒でないと採用してくれない企業も存在する分野です。ちなみに私は文系卒ですが、元々インフラ制御のエンジニアです。通信系もやりました。文系の場合、結構勉強量多くなります。

 私個人としては、IT系と言う言葉は曖昧すぎて嫌いです。
 私の中では、IT系はネットを利用した自社サービスを展開している企業であり、あなたが記載されているのはソフト企業と分けてみております。
 業界10数年で、派遣型企業にも在籍していた事があります。
 この業界の構造はわかってますよね?。
 ソフト業界の多くは、下請であり、客先常駐型の企業が大半と言っても過言ではありません。自社に持ち帰って開発をしている企業でも客先常駐をしている部隊を持っている企業も普通にありますし、社員...続きを読む

Q8時間を越えたときの休憩時間

8時間を越えて就労させる場合の休憩時間についてお教えください。

労働基準法では
労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、
8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を
与えなければならない。となっていると思います。
しかし「8時間」を越えて「少なくとも1時間」という事は
「1時間の休憩を与えれば」「8時間を超えて就労させても良い」と読めます。
以前勤めていた会社では定時が8時間で、間に1時間(50+10分)の休憩があり、
その後残業をする場合には 残業開始前に10分の休憩を取るようになっていました。
これって当たり前だと思っていましたが
今の会社にはそんな規則はなく、そのまま残業に突入
その後も何時間残業しようと休憩時間は有りません。
確かに上記の解釈で言えば
8時間を越えても(たとえ16時間になっても)
その後はまったく休憩を与えなくても良い ことになります。
これって何かの法には触れないのでしょうか?

Aベストアンサー

3です。

>1時間以上の休憩を挟んで8時間働いたあとの残業に
休憩時間は(あった方が良いのは当たり前ですが)なくても良い
ということでよろしいでしょうか。

ということよろしいです。
休憩時間に関しては、労働基準法違反ではないので、もし問題があるのなら、時間外労働のほうだと思いまして、3のような回答を出させていただきました。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 

Q残業中に休憩時間を設ける(無給)のは法的に問題ないのでしょうか?

今春、就職した社会人1年目の者です。
入社した会社の制度で気になることがあったので質問をさせて頂きました。
就業時間は9時~17時半でそれ以降は全額残業代が支給されるのですが、20時~20時半までは休憩時間として残業代が支給されません。
休憩時間だからといって休んでいる人は少数で、ほとんどの人は早く仕事を終わらせようという感じで休憩していないのが現状です。
1.上記のように何時~何時までは休憩時間とし、残業代を支給しないというのは法的に問題ないのでしょうか?
2.また、仮に問題ないとしても、休憩を取れる状況でない(または取らない人が多数)場合は、法的に問題になったりしないのでしょうか?

就職活動中、このような制度を設けている企業に出会ったことはなく(実際は結構あるのかもわかりませんが…)、入社後に説明され驚きました。甘いといわれるかもしれませんが、この制度に納得がいきません。ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 休憩時間は、労働時間が6時間を越え8時間までは45分、8時間以上である場合は60分以上の休憩を与えねばならず、さらには労働時間の途中に与えなければならないのです。

 例えば通常の労働時間が8時間である場合に休憩時間がお昼に45分与えられていたとします。残業は8時間をこえるので後15分を労働の途中に与える必要があるのです。

1 休憩時間は○○分以上与えることになっているので上記の通りであればまったく問題ありません。

2 休憩を取れる状況でないのは問題であります。休憩時間を与える側は休憩時間をとれるよう配慮しなければなりません。とらないのはその人の自由ということになります。

参考URL:http://www.venturejinji-senmon.com/roudoujouken_kyukei.html

Q派遣元と派遣先の休みが違う場合

派遣先の会社が休みで
雇われている会社が出勤日の場合、
派遣先で休みの場合、休むなら有給を使わないといけないと
いわれたんですが
会社の都合で休んでいるのに有給を使うのは普通ですか?

雇われた会社に出ればいいだけのことですが。

Aベストアンサー

大手派遣会社に在籍していた者です。
ご質問も件は、まったく普通ではありません。

まず、あなたは派遣元と雇用契約書(就業条件明示書)を交わしていますか? 交わしていれば、その内容を確認してください。
そこには就業場所や仕事の内容、就業日(休日)が記載されているはずです。
雇用主は派遣元ですが、あくまでも派遣先での業務に就くために雇用されているので、通常は就業日(休日)は派遣先に合わせるように記載します。休日が不定期の場合は「派遣先の就業カレンダーによる」という書き方をしている場合もあります。
そのように書いてあれば、派遣先が休日なら、あなたも普通に休日です。
そのように書いてなければ、あなたは逆に派遣先に出勤して仕事を行う権利があります。その日に派遣先企業内に入れない、もしくは自分の仕事ができる状況にない、ということであれば、それは会社都合の休みになります。有給を使うどころか、働かずして給与の60%分を休業補償として請求することができます。

派遣元に出勤しても意味はありません。契約書に記載されている就業場所とも違うし、仕事内容も違ってくるでしょうから。
また派遣は、派遣先の指揮命令者の指示に従って業務を行うことが大前提です。派遣先全体が休みなのに、あなただけが仕事することはありえません。(もともと会社の休日に対応すべき業務があり、派遣先の指揮命令者の指示に従って業務を行うのであれば別ですが)

まずは上記内容(回答には自信があります)を派遣元の担当者にご相談ください。それで納得できる回答が得られなければ、労働基準監督署に相談すれば雇用主(派遣元)との間を取り持ってくれる「調停」という制度を利用することも可能です。
ただし、そこまですると派遣元との関係が悪くなる可能性もあるので、まずは担当者とよく話し合うことでしょう。

大手派遣会社に在籍していた者です。
ご質問も件は、まったく普通ではありません。

まず、あなたは派遣元と雇用契約書(就業条件明示書)を交わしていますか? 交わしていれば、その内容を確認してください。
そこには就業場所や仕事の内容、就業日(休日)が記載されているはずです。
雇用主は派遣元ですが、あくまでも派遣先での業務に就くために雇用されているので、通常は就業日(休日)は派遣先に合わせるように記載します。休日が不定期の場合は「派遣先の就業カレンダーによる」という書き方をして...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング