父が亡くなり、いろいろとタンスの引き出しを整理していたら、
地元の信用金庫の「信用金庫出資証券」という紙が出てきました。
出資1口50円を2000口で、額面は10万円となっていました。

これはなんなのでしょうか?
配当金をいくらかもらっていたようで、通帳にその記載がありました。
しかし、もう亡くなっている祖父のものまで同じ証券がありました。

亡くなっている人の証券はもう無効で解約されているのでしょうか?
父のものも解約ということになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

信用金庫や信用組合、JA等である一定額以上の取引(主に融資)を行うと、出資することを要請されますが、その証券になります。


出資に伴い、毎期配当金が預金口座に振り込まれていると思いますので、確認してみて下さい。勝手に解約(売却)されるということはありません。
名義変更は比較的簡単ですが、売買は株式と違い簡単ではありません。
今の預金利率より配当性は良いと思いますので、継続して所有してもいいのかもしれません。
    • good
    • 3

出資証券は、銀行で言う自己資本(株式)じゃなかったかな?


これ、金庫で要確認ですね。
今現在も有効かどうかなのですが、これが有効なら名義変更できます。
手続きも簡素です。多少の時間は必要ですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問なのですが、ネット証券主要5社で投資情報が1番充実しているのは

質問なのですが、ネット証券主要5社で投資情報が1番充実しているのはどこの証券会社でしょうか?

ネット証券主要5社
イートレード証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券

Aベストアンサー

楽天、マネックス、カブドットコムに口座を持っています。

以下、ファンダメンタル情報に限って言えば、ですが、

四季報はどこの証券会社でも見られるのではないでしょうか。
楽天証券は、さらに東洋経済オンライン(四季報をつくっている東洋経済新報社の最新業績予想)がただで利用可能です。四季報の発売前に四季報の業績予想数字が見られますので、非常にお得です。
アナリスト・レポートでは、クイック・リサーチ・ネットが松井証券ではただで利用可能なはずです。楽天証券、マネックス証券は、月額数百円かかります。
あと、マネックス証券は、JPモルガンのリサーチ・レポートがただで読むことができますが、検索機能はないです。
イートレード証券については、利用していないのでよくわかりません。

口座管理手数料がとられるわけではないので、複数の証券会社に口座をつくることをおすすめします。

Q信用金庫の出資金についてお聞きしたいです

信用金庫の出資証券が結構な金額で家にあります。
年一度結構な配当をくれますが、元本は保証されないということと、すこしまとまったお金がいるので、お金に換えたいのです。
ネットで調べたところ、信用金庫の総会で承認されれば買取してもらえるように書いてあったので、うちに来る信用金庫の外交の人に聞いてみると、そんなことは、今までしたことがないので良くわからないといわれました。
実際のところはどうなんでしょうか、各信用金庫によって買い取ったりだめだったりするのでしょうか。

Aベストアンサー

私の場合、信用金庫と取引を始める時1万円を出資し、確か毎年5%の利息が
付いていたと思います。出資金は取引をやめる時に返還する、と説明を受けま
した。この超低金利時代に手放すなんてもったいないですね。直接の回答でな
くすみません。

Q証券情報サイトに対する、証券情報のOEM提供の方法・費用について

いつもお世話になってます。

取引先の大手証券会社の方より相談を受けています。

自社で株式情報のポータルサイトを運営しているのですが
それら株式情報をポータルサイト(Yahoo!ファイナンスなど)や
株式新聞、株式情報誌等に情報提供をしたいそうです。

その際の費用や手続きなど、アドバイスでもいいので
ご存知であれば教えて下さい。
(例えば、OEM提供の情報料などは、広告料と相殺して、原則無償提供とか??)

例えば、Yahoo!ファイナンスの場合、
─────────────────────────────
Yahoo!ファイナンスは東京証券取引所・大阪証券取引所・ジャスダック証券取引所・野村総合研究所・東洋経済新報社・モーニングスター(株)・ロイター・ジャパン(株)からの提供を受けています。
─────────────────────────────
このような表記がページの下にありますが、この中に入りたいイメージです。

もちろんYahooファイナンスほど大手でなくても結構です。(というか無理!?)

よろしくお願いします。

いつもお世話になってます。

取引先の大手証券会社の方より相談を受けています。

自社で株式情報のポータルサイトを運営しているのですが
それら株式情報をポータルサイト(Yahoo!ファイナンスなど)や
株式新聞、株式情報誌等に情報提供をしたいそうです。

その際の費用や手続きなど、アドバイスでもいいので
ご存知であれば教えて下さい。
(例えば、OEM提供の情報料などは、広告料と相殺して、原則無償提供とか??)

例えば、Yahoo!ファイナンスの場合、
─────────────────────────────
Yah...続きを読む

Aベストアンサー

回答が無いようですけど・・。
 質問の内容が良くわかりません。

 その証券会社が提供できる情報て何なんでしょう
 
  大手なら 優良顧客に先に見せるという
  格付け情報と分析が見られるなら見たいですね。
  
  他には 自社の手口情報を毎日更新してくれるとか
  自己売買部門が有れば その手口を
  情報公開してくれれば 大歓迎ですが。

 私が 見たい情報は 大手証券なら 以上2点ですね。
 
  ここで 聞くより直接営業した方が話は早いと思います。

Q信用金庫の窓口引き出しについて

妹は先月まで関西に住んでいました。
関東に引っ越してきてからすぐに病気で妹が入院してしまいました。
退院の見込みがまだ出ないためお金が足りず、妹の通帳から私がお金を引き出して欲しいと言われました。
通帳は入院する前に足りなかったら、ここから出してと渡されてました(足りなくなるとは思わず焦っています!)その時、妹はキャッシュカードが使えなくなってるからと通帳と印鑑をくれました。

が、
そもそも妹は結婚しているので私と氏名も住所も違う、それに通帳は関西の信用金庫。
関東の信用金庫で下ろせるのでしょうか?

それに、カードが使えなくなったままの状態で通帳と印鑑のみで下ろせるのでしょうか??

ちなみにもし身分証明書が必要な場合、コピーではダメなのでしょうか?(精神疾患で身分証明書は怖くて身の回りから離せないと言っているので)

と色々分からないので教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

提携信用金庫同士なら、記帳は出来るようですが、関西って提携信用金庫に名前があがっていないところも多いですので。(記帳さえ無理なような)
キャッシュカードがあるなら、ATMでも引き出しが出来るが、通帳となるとまだ引き出しは無理でしょう。

窓口で身分証明書が必用としない金額は20万円まで
20万円以上すると要求される場合がある。50万円以上となると、要求される(顔パスもあるけどね)
他人(籍が違うので)となると同意書が必用になります。 ただ、事前に金融機関と相談している方がよいでしょう

通帳がなくても他の金融機関から金を取り出す方法としては、
”代金取立”があります。手数料などは金融機関により異なります。他の名義人からの取立になると事前に金融機関に相談している方がよいでしょう。 (日本銀行を除く日本国内の金融機関なら出来ますので)

Q日本証券金融のホームページの情報が一番最新ですか?

日証金の貸し株残高を見たいのですが、
日本証券金融のホームページに出ているPDFの数字と
松井証券のネットストックトレーダーで見る銘柄個別情報の証金・信用残のところに
のっている数字が違います。

夜の20時を過ぎたらこの両者の数字は同じになるのではないのでしょうか?
いったいどちらが最新の情報なのでしょうか?

Aベストアンサー

松井証券が出している情報は3市場の合計ではないですか?

>>日本証券金融のホームページに出ているPDFの数字と
他に大証金などもあります。→ http://www.osf.co.jp/

大証金は日々の詳細な情報は公開していません。

Q亡くなった人名義の口座引き出し

少々不謹慎な質問ですが百歳近い母親が難しい状況です。

治療に関しては病院の皆さん必死に治療していただき感謝しております。
 お教えいただきたいのは『死亡すればその名義の口座は凍結されて一切払い戻しはできなくなる』と聞いております。万一の時小生が喪主にならざるを得ない状況ですが、僅かな年金暮らしのため葬儀費用、医療費の支払いなど多額の出費はできませんので母親名義の口座から引き落としたいのです。

質問ですが、本当に名義人が死亡すればいつから口座が凍結するのでしょうか。
また、この凍結する連絡はどのようなルートで各金融機関にいくのでしょうか。

 不躾な質問ですがよろしくお願いいたします。(生前予め現金化するというのは心情的にできません)

 

Aベストアンサー

はじめまして。
お気持ちよくわかります。

皆さん書かれているように、口座凍結するのは、銀行が知ったときですが、一般的に、新聞に「お悔やみ欄」がありますよね?
そこで載っていれば、凍結ですね。
地域密着系(信用金庫など)なら、お悔やみより前にしるときもありますが・・・

ちなみに、キャッシュカードは、ないのですか?
あれば、一日の引き出し限度額が決められていますが。

あとは、金融機関により、葬儀代は、その人の口座よりひきだしできるというところもありますし、葬儀会社の請求書の写しをいただき、送金するところによりOKのところもあります。

Q証券口座を開く際、配偶者情報も必要ですか?

家内がみずほ証券で口座を開こうとしたら、配偶者の勤務先・役職、家族に上場会社勤務の人がいるかどうかなどを聞かれました。
口座を開くのにこんな情報が必要なのでしょうか? なぜ必要なのかの説明はなく、手続き上必要だという態度でした。
本当は必要もないのに、無知につけこんで言わされてしまったのでしょうか?
また、NISA口座を開くのに住民票取得を代行するということで委任状を取られました。これは世帯全員の住民票を取るということなのでしょうか?
そういうことであれば、配偶者の生年月日、勤務先・役職まで把握されてしまいます。子供の勤務先や生年月日までもです。
みずほ証券の全ての支店でこういう取扱いなのでしょうか?
他の証券会社ではどうなのでしょう?
提出した書類をすべて返却してもらうと同時に、情報を抹消してもらおうと思うのですが、みずほ証券は受け付けるでしょうか?
受け付けてくれない場合、消費生活総合センターか、日本証券業協会証券苦情相談室か、金融サービス利用者相談室に相談しようと思っていますが妥当でしょうか?

Aベストアンサー

>口座を開くのにこんな情報が必要なのでしょうか?
インサイダー取引を防止するためです。

まともな証券会社(日本証券業協会に加盟している業者)では、「内部者」の登録を義務付けています。
どの範囲を内部者とするかは、証券会社ごとに微妙にことなりますが。配偶者・子供は、100%内部者に相当するでしょう。
インサイダー取引に該当しそうな株取引をしようとすると、確認・警告がくるはずです。

NISAで必要な住民票は世帯全員ではなくて本人分だけです。

Q銀行、信用金庫、信用組合、農協、...。これらの違いを教えて下さい

こんにちは。
金融機関として、メジャーな所から、「銀行」「信用金庫」「信用組合」「農協」「消費者金融」「日本郵政公社」等があると思います(他にもあったら教えて下さい)。

これらの違いはなんでしょう。特に、銀行と、信用組合・信用金庫の違いが気になります。教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>特に、銀行と、信用組合・信用金庫の違いが気になります。教えて下さい。

銀行は営利を目的とした株式会社の組織で、信用金庫は地域の経済
発展を目的として設立された共同組織(会員)の金融機関です。

また、営業エリアや取引先も自由で制限のない銀行(カバーできる
エリアが広範囲)に対して、信用金庫は法律によって営業エリアも
地域中心(支店が出せる地区が限定される)かつ顧客も限定され
ているため、そこが地域密着型のバンクと言われる所以では
ないでしょうか?

一方、信用組合は一定地域の中小企業や小規模な事業者、勤労者などが
資金を拠出して設立し、組織・運営されている「協同組織型の金融機関」
で、しかも中小企業等協同組合法という法律に基づいて運営されているため
業務も預金、融資、為替とこれに付随するものだけに限定されているようです。

Q情報提供でオススメの証券会社はどこでしょうか?

口座開設をして、
相場・企業情報提供でオススメの証券会社はどこでしょうか?

Aベストアンサー

回答がついてないようなので(^_^;

 どんな 情報が欲しいのか解らなければ 答えようが無いですね。
 
 サイトで一番情報量(ニュース等)が多いのはマネックス証券。
 個別で銘柄が上げられているのが
 ライブドアの メルマガ
  配信が当日の 前場始ってから来ますけど(^_^;

 市況は解説は 各証券会社からメルマガで大引け後に来ますが
 大体 同じ様な内容です。

 松井証券だけは 自社の個別銘柄の動向が来ますが
 ヤフーでも 有る程度見られます。

 誰でも勝てる情報は何処に有りません。
 その情報を どう 取引の判断材料にするかが重要です。
 

Q亡くなった父名義の定期積立口座について

亡くなった父名義の口座があり、事情があり今でも父名義のまま使っています。

その口座から同銀行の定期積立口座の方に毎月積立られてます。

この積立金は父が亡くなってから何年もたった時でも受け取ることは可能でしょうか?

父が亡くなってから自分が入金して積み立てられた分も含めて受け取れますよね?

何年後かにならないと名義変更ができないことが前提です。

わかる方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 何年後かにならないと名義変更ができないことが前提です。

一般に、他人の口座を別の人物の名義に変更することはしません。
相続が絡んでいなくとも、その方同士に血縁があったとしても、です。
こういった場合には、一旦、「解約」してから「新規」で口座を作ります。

そして、ご質問の条件では、相続が絡みますので、
よりいっそう名義変更はできません。

> 父が亡くなってから自分が入金して積み立てられた分も含めて受け取れますよね?

いいえ、実際は、貴方のお金を基にしていたとしても、
口座名義だけで考えれば、貴方はこの毎月の積み立てには何も絡んでいません。

全て、亡くなった方の名義上だけでお金が動いていますので、
実際は、貴方が積み立てたお金だとしても、やはり、これを含めて相続の対象になってしまいます。

> この積立金は父が亡くなってから何年もたった時でも受け取ることは可能でしょうか?

相続の対象になりますので、決められた相続の手続きを経て、
相続人がその積立金を受け取ることができます。
もちろん、相続税の対象に加わります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報