貸借対照表を作成したところ、資本金が借方に計上されてしまうのはなぜでしょうか

小さな会社の決算手続きをしている者です。

21年度は会計士にお願いしていたのですが
22年度は自分で行うことになりました。

入力がすべて終わり、決算書を出力したのですが
そこで分からないことが出てきてしまいました。

21年度では貸方に計上されていた資本金が
22年度では借方に計上されています。

ちなみに21年度は黒字決算でしたが、
22年度は
--------------------------------------
資産合計…2500万
負債合計…3000万
資本金……300万

繰越利益余剰金…-800万
純資産…-500万
--------------------------------------
と、赤字となっています。

経理初心者の為、
★資産合計2500万に資本金300万をたした金額から
負債合計3000万を引いた、
-200万が純資産になるのでは?と思ってしまっています。

資本金が去年度は貸方に計上されていたのに今年度は
借方に計上されているのはなぜなのか?
また、上記★の計算は間違っていますか?

ご存知の方、どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> 22年度は


> --------------------------------------
> 資産合計…2500万
> 負債合計…3000万
> 資本金……300万

> 繰越利益余剰金…-800万
> 純資産…-500万
> --------------------------------------
> と、赤字となっています。
このような場合、貸借を一致させる為に残高試算表レベルでは次のようになります。
(借  方)  [諸勘定名]  (貸  方)
2,500万   資産合計
         負債合計   3,000万
         資本金      300万
  800万  繰越利益剰余金

そして純資産は「資本金」+「繰越利益剰余金」なので、このような集約表示も可能です。
(借  方)  [諸勘定名]  (貸  方)
2,500万   資産合計
         負債合計   3,000万
  500万   純 資産

> 経理初心者の為、
> ★資産合計2500万に資本金300万をたした金額から
> 負債合計3000万を引いた、
> -200万が純資産になるのでは?と思ってしまっています。
貸借対照表は、次の等式となっております。
 総資産=総負債+純資産
ですので、式を変形すると
 純資産=総資産2,500万-総負債3,000万
 純資産=△500万
更に、上で書きましたが
 純資産=資本金300万+繰越利益剰余金△800万
 純資産=△500万

> 資本金が去年度は貸方に計上されていたのに今年度は
> 借方に計上されているのはなぜなのか?
資本金が借方に表示されているというのは信じがたく、使用しているソフトの問題なのか、それとも質問時点で見ている貸借対照表が「試算表」であり「決算報告書」では無いのか、原因は判りかねますが、決算報告書において『資本金』は貸方表示が本来の姿であり、借方表示は間違いです。
なお、初歩的なことを書けば『純資産がマイナスだから』です。

因みに、簿記のテキスト等で説明されている、決算準備から財務諸表(決算報告書)までに作る計算書類は
<決算準備1>
 合計試算表 ⇒ この段階で純資産が借方に表示される事は無い
     ↓
<決算準備2>
 残高試算表 又は 合計残高試算表
     ↓
<決算整理中>
 (8桁)精算表 ⇒ この段階で純資産が借方に表示される事はありえる。
     ↓
<決算確定>
 決算報告書 ⇒ 純資産が借方に表示されるのは望ましくない。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.6683155に画像を添付いたしました。
もしよろしければ再度アドバイスをいただければ幸いです。

お礼日時:2011/04/21 08:56

一度貸借対照表をプリントしてほしいのですが、そこでは資本金は右側の下に純資産の部に表示されていないでしょうか。




勘定科目としての資本金は常に貸方です。意図的に振り替えの仕訳をしない限りは借方になることはありません。

あなたの言っている資本金はこの純資産合計のことを言っているのではないでしょうか。当期はきな損失で債務超過のようですから、この場合の純資産合計は借方残高になります。
でも資本金そのものは科目として貸方にあるはずです。

この資本金という科目と純資産という集計値のことを一緒にしないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.6683155に画像を添付いたしました。
もしよろしければ再度アドバイスをいただければ幸いです。

お礼日時:2011/04/21 08:56

#1です。



>去年度の貸借対照表では資本金が貸方に計上されているのですが
これはなぜでしょうか・・・。

というより、資本金は貸方(貸借対照表の右側)に表示されるのが正しいのです。

決算公告と貸借対照表及び損益計算書並びに株主資本等変動計算書の例示
http://www.tabisland.ne.jp/kaikei/kakuron_18.htm

↑このうち「貸借対照表の例示」を見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.6683155に画像を添付いたしました。
もしよろしければ再度アドバイスをいただければ幸いです。

お礼日時:2011/04/21 08:56

会計の基礎ですが・・




貸借対照表では、常に次の等式が成立します。

資産合計=負債合計+純資産合計

純資産合計=資本金+繰越利益余剰金


ですから、

資産合計2500万から負債合計3000万を引いた残額△500万が純資産合計になります。
また、純資産合計△500万から資本金300万を引いた残額△800万が繰越利益余剰金になります。

なお、資本金が借方に表示されることななく、常に貸方に表示されます。

この回答への補足

ありがとうございます。
では今年度の計算は合っているということですね。
去年度の貸借対照表では資本金が貸方に計上されているのですが
これはなぜでしょうか・・・。

補足日時:2011/04/20 10:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.6683155に画像を添付いたしました。
もしよろしければ再度アドバイスをいただければ幸いです。

お礼日時:2011/04/21 08:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本金の減額(減資)について

資本金の減額(減資)について

利益剰余金の合計(=利益準備金や別途積立金や繰越利益剰余金の合計)
がマイナスでは無い場合、
欠損は無いといってよいのでしょうか?

欠損がない場合でも、
資本金の減額(減資)は出来るのでしょうか?


欠損が無く、
以下の2つ(不等号)の場合、減資可能というか、
関係ないでしょうか?
・利益剰余金の合計>資本金
・利益剰余金の合計<資本金

Aベストアンサー

>(利益剰余金合計はプラスであっても)
繰り越し利益剰余金がマイナスの場合は、そちらへ組み入れる事も可能なのですか?

利益剰余金合計はプラスということは、別途積立金とか配当平均積立金とかの残があるということでしょうね。

この場合はまず積立金を取り崩し、繰越利益を相殺します。それでも繰越欠損金が消えない場合は、まず普通は資本剰余金を取り崩し、次に減資という順序でしょう。これが無難な方法ですが、会社法では株主総会で決議すればいきなり減資もできますという話です。

Q貸借対照表で資本金が借方に計上されるのはなぜですか

貸借対照表を作成したところ、資本金が借方に計上されてしまうのはなぜでしょうか

小さな会社の決算手続きをしている者です。

21年度は会計士にお願いしていたのですが
22年度は自分で行うことになりました。

入力がすべて終わり、決算書を出力したのですが
そこで分からないことが出てきてしまいました。

21年度では貸方に計上されていた資本金が
22年度では借方に計上されています。

(添付画像をご覧ください)

資本金は基本的に貸方に計上されていないといけないと
思っていたのですが、なぜこうした出力がされてしまうのか
どうしてもわかりません・・・。

お分かりになる方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

小さくてわかりづらいですが、貸方計上されているように見えます。

もしかして、数字の内訳と集計のための欄を借方と貸方と見ていませんか?
報告式のため、借方貸方表記ではありませんね。
会計ソフトを利用していると思いますので、勘定式で印刷してみれば問題ないと思います。

私の会社では、貸借対照表は勘定式、損益計算書は報告式を利用しています。
申告などのためであれば、どちらの形をとっても問題ないと思いますので、わかりやすい形を使うことですね。また、税理士ではなく会計士?が作成したものと同じ形で印刷して比較される方が良いと思いますね。

Q株式会社の資本金の減資について

株式会社の資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

Aベストアンサー

>資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

<メリットの一例>
 ○欠損金の補填のために資本金を取り崩す場合
   減資をおこなうと、資本の欠損の填補によって余剰金の配当が可能となります
   (会社に対する新たな出資の誘因となり、資金調達がしやすくなります)
 ご質問のような、名目上の減資(無償減資)の場合は欠損金を補填する(赤字が
 見えなくなる)メリットが一番大きいと思われます。
 もしも欠損金が無いのであれば、特段のメリットは思いつきません。

このほかに、減資により資本金が1億円以下となると、交際費の一部が損金と
して認容されます。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/sy200430/200430l.htm

例 資本金1億円以下の会社が、400万円の交際費を使用した場合は、
    400万円×90%=360万円 が損金となります。
   税率を仮に40%とするならば、144万円税金が少なくなります。
   (資本金1億円以上の会社との比較)

>資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

<メリットの一例>
 ○欠損金の補填のために資本金を取り崩す場合
   減資をおこなうと、資本の欠損の填補によって余剰金の配当が可能となります
   (会社に対する新たな出資の誘因となり、資金調達がしやすくなります)
 ご質問のような、名目上の減資(無償減資)の場合は欠損金を補填する(赤字が
 見えなくなる)メリットが一番大きいと思われます。
 もしも欠損金が無いのであれば、特...続きを読む

Q連結貸借対照表と単独貸借対照表どっち?

貸借対照表でソニー、松下、シャープを比較したいんですが、
連結貸借対照表と単独貸借対照表どちらで比較すればいいですか?

Aベストアンサー

近年の比較なら、連結です。

Q資本金の無償減資の科目

現在の資本金1億2千万円から1億円に減資することを検討しています(外形標準課税が非課税になるように)。
仕訳ですが、例えば今回、2千万円を減資すると、借方は資本金ですが、貸方はどんな科目を使えばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

仕訳は次のとおりの資本取引となります。
(借方)
資本金 20,000,000

(貸方)
減資差益 20,000,000

この減資差益は純資産の資本剰余金として決算書に表示されます。

Q貸借対照表の「利益剰余金」が、前期も今季も赤字計上していますが、前期よ

貸借対照表の「利益剰余金」が、前期も今季も赤字計上していますが、前期より今期の数字はさらに悪くなっています(仮に500万円さらに悪化したものとします)。

一方、損益計算書の「当期純損失」もマイナスです。これは「利益剰余金」と同じ数字でなければなりませんでしょうか(500万円でなければならないのか)。それとも仮に純損失が300万円として、
数字が違ってもいいのでしょうか。

違う場合、なぜ差異が出てくるのでしょうか。

粉飾決算をしている可能性はあるのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

繰越剰余金と当期の損益との違いを再度考えてください。

貸借対照表の繰越利益剰余金は当期だけでなく設立以来の損益の累積から社外流出、配当や役員賞与を除いたものです。

一方貸借対照表状の当期利益や当期損失はあくまで当期1期限りの利益または損失です。
従って両者は一致しないのが当たり前です。

貸借対照表と貸借対照表の当期利益は当然一致するのですが、これと繰越利益は逆に滅多に同じにはなりません。


株主資本等変動計算書はこの剰余金の前期中の変動要因を項目別にあらわした表です。

利益剰余金の増減は、利益や損失以外に、配当、役員賞与、減資等でも発生します。

Q資本金3500万円の会社です。減資出来ますか?

資本金3500万円の会社です。1000万円の資本金に減資したいのですが
できるのでしょうか?
ちなみに、会社は少しの利益は出しています。
又、株主は理解しております。

Aベストアンサー

4月に商法が改正されています。今までより減資しやすくなっています。
最新の情報は司法書士が持っていますので1度ご相談に
なった方がよいでしょう。
減資には株主総会の決議だけでなく債権者にたいする催告、公告(官報で)が必要です。

Q貸借対照表の借方・貸方

今年から青色申告を行うため会計ソフトを購入しましたが、借方・貸方の意味がわからず、決算表の辻褄が合わなくなりました。科目内のデータ記入の際、借方・貸方のどちらに記帳するのか、明確な定義を教えて下さい。

Aベストアンサー

簿記の仕訳の原則です。

借り方          貸方
資産の増加        資産の減少
負債の減少         負債の増加
経費(損失)の発生     利益の発生
事業主貸し         事業主借り
   
このように、なります。
1例として、現金は資産ですから、増加(入金)したら借り方で、減少(出金)したら貸方になります。

資産は、現金・預金・売掛金・備品などの固定資産・車両などで、財産となるものです。

負債は、買掛金・未払金・支払手形・借入金などの借金です。

Qシャープ資本金大幅減資

シャープが資本金を、現在の約1200億円から1億円に減資するという。
シャープは経営不振に陥り経営再建中だが、”経営破綻倒産”したわけではない。
これだけの大幅な減資をすれば、株式の価値がなくなり株主は経営陣に対し、株主代表訴訟を起こすのではないのか?
なぜシャープは、これだけの大幅減資をするのだろうか?

Aベストアンサー

多くの損失を抱えている企業の資本金が、1218億円のままで良いのかと言う考えだと思います。
資本金を1億円に減資し、この資金を損失の穴埋めにあてて財務を強化する。これによりシャープは資本金1億円の中小企業となり、税金面で優遇を受けられるようにもなり、再建への第1歩にしたいのではないでしょうか。
99%の減資と言うと、99%の損をするように思われがちですが、帳簿上のことだけなので特に影響は無いとされています。100%の減資は問題ですが、それ以外の減資ならば特に問題は無いとされているのです。
確かに1株当たりの価値は何ら変わり有りません。しかしこれも帳簿上の事だけです。イメージが悪くなりますよね。普通は減資と増資がセットで行われることが多いので、減資をした後に増資を行うと、ここで初めて1株当たりの価値が下がります。
これを嫌う投資家がいても不思議ではありません。そうなれば売りに出るでしょうから、株価は下がると言うことになります。
反対にこの再建法を評価する投資家がいれば買うでしょうから、株価は上がっていくことになります。
どちらになるかは、週明けの市場が判断すると思います。

多くの損失を抱えている企業の資本金が、1218億円のままで良いのかと言う考えだと思います。
資本金を1億円に減資し、この資金を損失の穴埋めにあてて財務を強化する。これによりシャープは資本金1億円の中小企業となり、税金面で優遇を受けられるようにもなり、再建への第1歩にしたいのではないでしょうか。
99%の減資と言うと、99%の損をするように思われがちですが、帳簿上のことだけなので特に影響は無いとされています。100%の減資は問題ですが、それ以外の減資ならば特に問題は無いとさ...続きを読む

Q貸借対照表の貸方と借方

ものすごく初心者です。

貸借対照表の左側が借方、右側が貸方であると本で読んだのですが、借方には売掛金、貸方には買掛金が入っていました。売掛金って物は売ったけどまだ現金を回収していない項目のことですよね?だとしたらこれは貸しているほうになるような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

語源からいうと、相手が主語で、
債権(借方)=相手が自分から借りている
債務(貸方)=相手が自分に貸している
ということのようですが、#1の方がおっしゃっているように、コトバにとらわれないほうが理解しやすいと思います。


人気Q&Aランキング