睡蓮を育てていますが鉢の水の中にベージュであぶらむしっぽい感じの丸くて直径1ミリぐらいの虫が大量にいて、すごい速さで走りまわっています(泳いでいるのではなく水中の鉢の表面を走っています)。

気持ち悪いのと、睡蓮の葉が出てきたとき水に浸っている茎や葉の裏にへばりついて樹液を吸っているようで花は咲きますが葉はあまり大きくならないうちに茶色くなってしまい、睡蓮にもいい影響を与えているとは思えません。水がなくては生きて行けないようで鉢の外や葉の表面にはいません。

水を替えても鉢を掃除しても効果ありませんでした。一度めだかを入れたときは多少減っていたようですがそれでもまだかなりいました。
この虫の正体と駆除法を知っている方教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>ベージュであぶらむしっぽい感じの丸くて直径1ミリぐらいの


ミジンコの仲間でも「カイミジンコ」っぽいですね。

メダカを飼っていたときに数は減ったけど全滅しなかったのならカイミジンコでしょう。普通のミジンコと違って殻に包まれているので普通のミジンコよりも強靭です。魚を飼っている水槽でも全滅しない事もよくあります。駆除方法は水を一旦抜いて乾燥させるのが一番手っ取り早いのですが・・・。

この回答への補足

カイミジンコの動きを動画で見てみましたが泳いだりふわふわっと動いているようで動きがちがうようです。うちのは泳ぐのではなくて鉢の内側の壁をすごい速さでくるくると走っています。形も二枚貝というよりは一枚貝を伏せたような形です。顕微鏡があれば詳しく見られるのでしょうが。。。でも普通のあぶらむしは水には弱いようなのでやはりあぶらむしではないようです。おそらく睡蓮の鉢の中にも繁殖してしまっているのでしょうがとりあえず水を抜いて鉢を乾燥させてみます。そのあとめだかを飼うとか。。。でも正体が分からないのがくやしいです

補足日時:2011/04/23 00:48
    • good
    • 2

1mmぐらいならミジンコだね。



ボウフラなら3mmぐらいある。今じきなら蛹になってる。
水面近くであまり動かず、振動などを与えると良く動く。
動き方は、ピコン!ピコン!って感じ

ミジンコは水中のさらに小さな藻類などを食べる生物。これがいれば、水がきれいに保てる。
田んぼなんかにも大発生するが問題は起こさない。
駆除しないほうがお勧め。
大きな遊園地でゴーカートが気ままに走り回る感じで泳ぐ。

ミジンコはめだかの好物。なので、田んぼではミジンコを餌にするめだかも大発生する。
まあ、最近はめだかの越冬できる場所が無くて全滅に近いようですが・・・

ミジンコの繁殖は非常に難しい。ちょっとした環境の変化で全滅する。
ミジンコがわんさかいるのは、鉢の中の環境がうまく安定している証拠でもあります。
    • good
    • 1

現物見ないと正確にはいえませんが



ミジンコ カブトエビ(珍しい) 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%96% …
    • good
    • 2

アメンボでしょう。


水の表面張力で水面に浮いていますので、洗剤など水の表面張力が無くなると浮く事が出来なくなっておぼれてしまいます。
成長しても、蚊などとは違って人に危害はありません。

アメンボ類 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1% …
    • good
    • 0

ボウフラ駆除方法載っていました。



火をつける前のタバコをほぐして少しパラパラと入れてやれば
葉の有毒物質が水に溶け出してすぐにボウフラは全滅します
簡単でイネにも害はありません

らしいです。

この回答への補足

ちがいますね。ボウフラもたまに見ますが細長いです。どうも調べてみたところあぶらむしの一種のようでやはり魚を飼うのが一番のようです。もう少し専門知識のある人の回答を期待していました。

補足日時:2011/04/20 14:02
    • good
    • 1

それボーフラ(蚊の幼虫)では?めだかか食料としたため数が減ったと思いますが。



上記なら駆除は水を無くすしか、少しの水でも繁殖 夏には蚊が大発生しますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さな虫がウヨウヨいるんですが?

この間質問したばかりなんですが・・また、見たことがない虫が水槽の中にウヨウヨいるのでお聞きします。水槽の中の流木に針先ほどの(粉のような)虫がいっぱい着いているんです。目を凝らして見てみると動いているのが分かり、中には赤っぽいのもいるんのです。(流木はかなり前から入っていて今までこんなことはありませんでした。)水槽の中にはコリドラス・カージナルテトラ・アカヒレ・クーリーローチー・オトシン・ネオンテトラ・グリーンネオンが入っています。このまま一緒に入れておいて影響はないでしようか?この虫のようなものの正体は何でしょうか?それと何予防薬があれば教えて下さい宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 回答に対する補足を見ましたので再度回答させていただきます。

 確信を持ってそれが何であるとは言い切れませんが、まずひとつ考えられるものに、ウオジラミがあります。これは別名をチョウとも言いますが、イカリムシなどと同じ甲殻類(カニなどの仲間)の一種です。水中を自由に泳ぎ回って、魚に接触すると寄生します。大きさは3mm~7mm、成長すると最大で9mmほどになると言われています。
 桃の実のような丸い形をしており、成虫の色は淡茶黄色で比較的簡単に発見できますが、幼虫は色が薄く透明に近いので見落としがちです。また、吸血した個体では赤っぽく見えることもあります。
 卵は水槽の壁などに産み付けられます。粘着性のあるゼラチン様物質でできており、メス1匹で100~500の卵を産むと言われています。
 幼虫は卵の中である程度発育して、成虫に近い形で孵化して、すぐに水中を遊泳し、魚体に寄生すると、脱皮を繰り返しながら成熟していきます。卵から成虫になるまでには約2カ月かかります。
 体の前部にある鋭い小さな鉤と吸盤で魚体にくっつき、その吸管で魚の体液や血液を吸います。その際に毒液を出して魚体に注入し、魚の神経を麻痺させると言われています。
 ウオジラミの繁殖の時期は初夏から秋にかけてですが、一般的には、汚れた水質の池などに多く発生するようです。
 症状としては、ウオジラミが寄生していても、1ヵ所にとどまることが少なく、体の表面を移動するため、その刺激で魚は水面を跳ねたり、体を石などに擦りつけたりしますので、日頃注意して見ていれば気付くはずです。
 また、たまにですが、ウオジラミが体表の1ヵ所に長くとどまって、吸血することがあります。
 このような時には、だいたいウオジラミの大きさに、円形の斑点状の充血が起こり、それを囲むように皮膚が厚ぼったくなってきます。そして小さな傷ができますので、そこから細菌感染症を起こし、傷口が広くなり、穴あき病なども起こしやすくなります。
 ウオジラミはそれほど大量に増殖する寄生虫ではありませんので、魚体に寄生しているウオジラミを発見したら、ピンセットなどで取り除くのがいちばん手っ取り早い方法です。

 念のためにウオジラミについてはお話しておきましたが、実はkodomoさんの回答補足を見る限り、ウオジラミではないと思っています。まず、流木にのみ1ヵ所にとどまっているという点で別のものであると考えられます。
 
 恐らくそれはNo.1のtadanokumaさんがおっしゃっているとおり、スネールの幼体だと思います。赤っぽく見える個体がいるのは、スネールの貝殻だと思います。もしかしたら、コリドラスはそのスネールを食べていたのかも知れません。スネールの幼体であれば恐らく柔らかくて良い餌にはなるでしょうから。もし、スネールであれば魚に対して特に害はありませんので、安心してください。あまりに気持ち悪いようでしたら、水槽を丸洗いしてしまうか、スネールを食べる魚(バディス・バディス、A.トーマシーなど)を水槽に投入するのが良い方法だと思います。
 それはほぼスネールに間違いないと思いますが、もしも違っていたらすみません。

 では、失礼いたします。

 回答に対する補足を見ましたので再度回答させていただきます。

 確信を持ってそれが何であるとは言い切れませんが、まずひとつ考えられるものに、ウオジラミがあります。これは別名をチョウとも言いますが、イカリムシなどと同じ甲殻類(カニなどの仲間)の一種です。水中を自由に泳ぎ回って、魚に接触すると寄生します。大きさは3mm~7mm、成長すると最大で9mmほどになると言われています。
 桃の実のような丸い形をしており、成虫の色は淡茶黄色で比較的簡単に発見できますが、幼虫は色が薄く透明に近...続きを読む

Qメダカのいるスイレン鉢の肥料は?

ベランダでメダカを飼い始めて2年目になります。
今までは、赤玉土にアナカリスのみを植えてメダカを飼っていましたが、新たに違うスイレン鉢に温帯スイレンを植えてそこでもメダカも飼おうと思っております。
今までの鉢では肥料は何も入れていなかったのですが、調べてみたところスイレンは肥料くいで、花を咲かせたかったら肥料を入れた方がいいとのこと。
メダカがいる場合は有機肥料がいいそうですが、有機肥料はすごく臭いとかで・・・マンションのベランダでの栽培なので心配です。
匂わない肥料で、同じ鉢でメダカを飼育しても問題のない肥料がありましたら教えて下さい。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

元肥えと追肥で発酵油かすをやっていますが、そばによっても臭くないです。メダカも問題なく増えています。
いま、きれいに咲いていますよ。

油かすは必ず発酵と書いてあるのを使ってください。

Q水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

保育園の夏祭りでメダカをすくってきて子供が飼っています。
水草といっしょに藻が入ってきたらしく、水温の上昇とともに大繁殖しています。
見た目が悪いのは我慢できるのですが、
頻繁に採って捨てないとメダカが絡まって死んでしまったり
泳ぐ所がなくてすみっこに群れてています。
水槽も砂も洗ってみたのですが、すぐに元通りです。
今年の夏祭りで金魚をすくって入れたい!と言っているので
それまでに何とかしたいのですが、良い方法はないでしょうか?
以前は、3割ほど水が減ったら水道水をそのまま入れると藻はきれいになっていたのですが
耐性ができたのか、へっちゃらです。
今では、金魚用にと入れたポンプにも繁殖しているので何とかしないと!!と思っております。
どなたか我が家のメダカを救ってください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

tetu758です。先程の貴方の補足に対して答えます。メダカにとって青水は最高の環境ですが、掃除屋のタニシ、石巻貝が役に立たないで、ミナミ系統のエビが死ぬ様でしたら、リセットが一番ですが、睡蓮鉢を購入して姫睡蓮等を検討されていらっしゃるのでしたら、その水を睡蓮鉢に移してメダカを育てればメダカは成長が良くなり、姫睡蓮や水生植物は水を浄化をしますので、素晴らしいビオができます。

 金魚を購入されるならば、メダカを睡蓮鉢に引越しが終了後に水槽を洗浄し、乾燥させます。この時に使用しているフィルターと活性炭は全て交換をしてさい。水槽の再起動をしてから数日は個体は入れないで、要観察をしてください。

Q蓮の葉にアブラムシ??

ベランダで育てている蓮の葉が最近茶色くなり枯れてきている様子でした。
良く見ると、アブラムシがたくさん付いていました。

先日ベランダのハーブでアブラムシが大発生して駆除を始めたところなのですが、まさか蓮の葉についてしまったのでしょうか?

因みに鉢の中でメダカを飼っています。
どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

ハスのアブラムシはあっという間に増え、株を枯らしてしまうことがあります。私はちょっとでもいたら水で吹き飛ばしています。どうしようもなく増えたら薬を使うしかありません。メダカは一時どこかに避難させておいて、オルトランを1つまみ入れてください。水中では分解が速いのでけして多く入れないでください。1か月くらいは効果があるのでその後メダカを戻してください。

Qビオトープ 生体入り 底砂の掃除は必要?不必要??

ビオトープを始めたばかりですが、底砂に中粒の砂を入れていてメダカ、シジミ、スネール、シュリンプなど生体を入れる予定です。

現在はスネール入れてバクテリア繁殖待ちの状態です。

そこで疑問なのですが、換水や底砂の掃除はやはり必要なのでしょうか?

換水や底砂の掃除が必要ない場合はなぜ必要ないのかを知りたいです!

アクアリウム水槽なのでは、底砂の掃除は定期的に必要だとおもうのですが、ビオトープに生体を入れている方はどのようにしているのでしょう??

ビオトープやアクアリウムの上級者の方、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

水槽内に溜まり続ける酸性物質「リターとスラッジ」の扱い次第でしょう。

スラッジの原因は、水槽へ投入し続ける有機物=餌。
餌の量を極限まで減らすか、コケなどを食べて餌なしで飼育できる水生生物(ヌマエビなど)の飼育。
これら、水生生物からの排泄物には窒素とリンが含まれています。
水生生物からの排泄物と硝酸塩を肥料成分として、抽水植物や沈水植物の育成。

植物の根、茎、葉は、やがて朽ちて、水槽の底でリターとなります。
リターに原生動物(ゾウリムシやツリガネムシなど)が繁殖すれば、それらを餌とするエビや小魚を養えることになります。

光をエネルギーの源として、植物と水生生物、原生動物、バクテリア類がバランスすれば、底砂清掃や水替えは必須ではありません。

植物の育成には、窒素、リン、カリウムの3つは必須要素です。
窒素とリンは、有機物を食べる水生生物(魚、エビ、貝)から供給されます。
しかし、カリウムだけは外から補給する必要があります。
水道水には微量のカリウムが含まれています。

植物が勢いよく生長し、水の吸い上げ量が多い場合、水槽水の自然蒸発量も手伝い、水槽水量は思いの外、ドンドン減少します。
当然ながら、減少した水道水の不足分を補給することになります。
この、補給水によりカリウムは供給されることになります。

掛け流しではない、水槽ビオトープの寿命について。
スラッジやリターは酸性物質です。
7年~10年程度で、、、
最後の最後は、水槽環境が酸性化し水槽内のバランスは崩壊します。
この時が、水槽ビオトープの寿命(再リセット期)となります。

水槽内に溜まり続ける酸性物質「リターとスラッジ」の扱い次第でしょう。

スラッジの原因は、水槽へ投入し続ける有機物=餌。
餌の量を極限まで減らすか、コケなどを食べて餌なしで飼育できる水生生物(ヌマエビなど)の飼育。
これら、水生生物からの排泄物には窒素とリンが含まれています。
水生生物からの排泄物と硝酸塩を肥料成分として、抽水植物や沈水植物の育成。

植物の根、茎、葉は、やがて朽ちて、水槽の底でリターとなります。
リターに原生動物(ゾウリムシやツリガネムシなど)が繁殖すれば、それ...続きを読む

Q睡蓮鉢ビオトープの藻の除去について

屋外で約直径45cm深さ30cmのプラスチック製睡蓮鉢の、写真の様な藻と、水草に付着して侵入したスネール?の駆除に苦戦しております。何か良い手段がありますでしょうか。鉢の状態は、睡蓮1鉢、水草(名前を忘れました。水面からアマゾンソードの様な葉が20cm、白い花が5月に咲いています)1株を入れ、肥料は与えず、メダカを入れて繁殖したり、冬を越せずに全滅したり、オタマジャクシ、ドジョウ、石巻貝などを入れたりと、3年ほど大きなメンテもせずにおります。夏場は11時から17時まで直射日光に晒され、測定していないのですが、水温かかなり上昇します。水の蒸発も激しく、水道水をジョウロでそのまま追加する様な状態です。基本的に子供が管理をする事にしており、雑な管理となりがちです。今回も、何か新しい生き物を投入して駆除する、とか直射日光を遮るヨシズを立て掛けるといった、出来るだけ子供が自ら対策した感を感じられる対策を探しております。なかなか共感頂けない様な、ずさんな飼育環境ではありますが、何かアドバイスを頂きたく、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

生き物には少し過酷な環境ですね。
あまり大きな容器ではないようですので、まずは急激な水温の変化を防ぐ対策をしましょう。
箱形の入れ物でしたら、発泡スチロールの板で囲むだけで断熱材の用を成すのですが、睡蓮鉢だと少し難しいでしょうか。
可能なら、上の部分を少し残して土中に埋めてしまうのも一つの方法です。
夏の直射日光に関しては、質問者様のおっしゃる通り、ヨシズ等を立て掛けてあげてください。
ヨシズの位置を調節して、直射日光が1時間ほど当たるようにすれば、それで十分です。
日照時間を少なくすれば、藻の発生は自然と収まります。
あとは月に1,2回の水替え(全体の1/3から半分程)をすれば、メダカを飼育するのに十分な環境だと思います。
ボウフラが湧く様でしたら、メダカの代わりにカダヤシにしても良いですよ。
スネールは、水草より藻をメインに食べてくれますので、そのままにしておくことをお勧めします。
見た目が気になるようでしたら、地道に手で取り除くか、完全に鉢をリセットして熱湯に晒すしか手がありません。

⋆飼育魚への餌のやり過ぎは要注意です。かえって藻が殖えてしまいます。

こんばんは。

生き物には少し過酷な環境ですね。
あまり大きな容器ではないようですので、まずは急激な水温の変化を防ぐ対策をしましょう。
箱形の入れ物でしたら、発泡スチロールの板で囲むだけで断熱材の用を成すのですが、睡蓮鉢だと少し難しいでしょうか。
可能なら、上の部分を少し残して土中に埋めてしまうのも一つの方法です。
夏の直射日光に関しては、質問者様のおっしゃる通り、ヨシズ等を立て掛けてあげてください。
ヨシズの位置を調節して、直射日光が1時間ほど当たるようにすれば、それで十分です...続きを読む

Qメダカの水槽に大量ボウフラが!!

みなさん、こんにちは。

一ヶ月ほど前から母が庭でメダカを九匹を飼っているのですが、今日掃除をしようと底にすいていた赤玉土を取り出して洗おうとしたところ、大量のボウフラが土の陰から出てきました~(泣)

買い始めて二週間ほどしてから、水の表面に蚊の抜け殻のような物が浮き出し、おかしいと思っていたのですが、水の中を見てもボウフラがいないのでどうしてだろうと思ってはいたのですが、こんなに沢山潜んでいるとは。

「メダカはボウフラを食べる」と言われて安心していたんですが、メダカの種類にも寄るのでしょうか?飼っているメダカの種類はたぶんヒメダカじゃないかと思います。小さなメダカです。

対処法をご存知の方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かにメダカはボウフラが大好物ですが、食べる量より発生する量の
ほうが多かったのでしょう。
しかも底の赤玉土の隅間に隠れる場所があるようなので、メダカから
逃れることができたと思います。

私なら、金魚を追加で1匹入れます。
金魚がボウフラを食べる量はメダカの比ではありませんので
あっというまにボウフラを食べつくしてしまいます。

あとは、ボウフラが隠れる場所が多いような状況なのでなるべく
水桶の中には何も入れないほうがいいですね。
いまのままでは、たとえボウフラを全て退治しても、すぐに
次のボウフラが沸いてきますので注意です。

Qメダカ全滅後のスイレン鉢の処理

お世話になっております。
スイレン鉢でメダカを飼っているのですが、なかなか上手く生かしてあげられません。

今年5月、ボウフラだらけになってしまったので、新たなメダカを5匹投入したのですが、少しずつ死んでいき、最後の1匹になってしまいました。
亡くなり方ですが、一匹は体がボロボロになって水面に浮かび、死亡。一匹は体はきれいだったのですが、底に沈んで白くなっていました。。スイレンが繁っていて底が見えにくいので、あとは不明です。

最後の一匹は、それからずっと生きていて、元気に泳ぎ回っていました。メスだったようで、なんどか卵もつけました。一匹だけなので、受精せずでした。

それから、スイレン鉢にお昼に直射日光が当たっているのに気がついて、心配になって日陰に持っていきました。リンゴの木の下で、木に虫がついていたようで、スイレンの葉っぱにたくさんの虫の糞が落ちていました。。汚くて良くないかなあ、と思ったのですが、ついそのままにしてしまいました。。

それから、それまでエサをまったくやっていなかったのに罪悪感をかんじ、エサをやり始めました。。メダカのエサというものが店になかったので、コイのエサを5,6粒、スプーンでつぶして2,3日おきにやりました。

水替えというものはほとんどしておりません。メダカを入れたとき、あまりにもボウフラがわいていたので、それを捨てるために水を替えました。。

そしたら今日、死亡して数日たっているようなメダカの可哀想な姿を発見しました・・・
つい数日前まですいすい泳いでいたのですが・・・

またボウフラがわいているので、はやめに新たなメダカを投入しないといけないのですが、自分の育て方のまずかった点、メダカを入れる前にしなければいけないことをお教えください。
ちなみに、現在スイレンの花が咲いています。

お世話になっております。
スイレン鉢でメダカを飼っているのですが、なかなか上手く生かしてあげられません。

今年5月、ボウフラだらけになってしまったので、新たなメダカを5匹投入したのですが、少しずつ死んでいき、最後の1匹になってしまいました。
亡くなり方ですが、一匹は体がボロボロになって水面に浮かび、死亡。一匹は体はきれいだったのですが、底に沈んで白くなっていました。。スイレンが繁っていて底が見えにくいので、あとは不明です。

最後の一匹は、それからずっと生きていて、元気に泳ぎ回っ...続きを読む

Aベストアンサー

メダカ全滅、との事ですが、・・・実は、私もペット店から買ってきたメダカが全滅したことがあります。
一般にメダカは、丈夫な魚で、結構、汚れた水でも生きていますし、水温も、水面に氷の張る温度でも、夏場、40度近い
水温でも、生きています。 ただ、ペット屋さんのメダカは、かわいがりすぎているのか、水質や水温に適応できないで
死んで行くようです。
私のお店で買ったメダカは、二度全滅したのですけど、二度目の時は、幸い、卵を残していたので、それがふ化して
今は、ほとんど死なず、一年以上生きています。  卵から生まれたメダカは、本当に丈夫です。
結論から言うと、お店のメダカは、ゆっくり時間をかけて、水質にならしていくしかないでしょう。

メダカ専用の餌は、ペット屋さんに普通に売っています。 ボウフラは、メダカが小さい時は、結構、増えてくるのですが、
親になると、メダカ自身が、ボウフラを食べるのでいなくなります。 ちなみに、生み付けた卵は、別の容器に入れて
ふ化させないと、メダカの親に食べられてしまいます。

Qめだかと金魚を同じ水槽で飼ったらダメですか?

以前からめだかを水槽に入れて飼っております。
水草も入れておりますし、空気も送ってます。お部屋に置いてあるので決まった時間に餌をあげたり水が濁れば取り替えるなどして、めだかは元気でした。

しかし、数日前子供が金魚すくいをしてきまして、3匹だったので同じ水槽に入れてしまいました。
ただし、水槽の真ん中にネットを張って魚どうしが喧嘩等しないように気を使ってました。
ところがだんだんとめだかの元気が無くなり、餌もあまり食べなくなったんです。そして今日めだかが数匹死んでました。
金魚に変わった様子は見られないのですが、網を張ってあったとしても同じ水ではめだかと金魚は飼えないのでしょうか?このままにしておくとめだかが全滅してしまうのではないか心配です。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境等で、ある程度飼育できる魚の数やサイズ
が決定します。一定の数を超えての飼育は著しく環境を悪化させることがあるため、
それが原因の可能性があります。このサイズの水槽なら何匹といった、絶対的な数
値はありませんが、下記URLを目安に考えてみてください。
参考URL http://www.koketaisaku.com/sakananokazu.html

次に寿命、めだかの寿命は一般的に二夏一冬といわれ、一年程度です。5年近く生
きる事もありますが、環境がよくても2~3年程度が普通ですので、去年生まれた
めだかであれば、寿命を全うしたと考えることも出来ます。

他にも、ネットを張ったとありますが、ネット付近に近づいためだかが、金魚につ
つかれた可能性も考えられますね。(すみません、勝手に柔らかいネットを想像し
てます)

私が思いつく原因はこれぐらいでしょうか・・・

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境...続きを読む

Qビオトープでの生き物に付いて 赤虫?

ビオトープでの生物に付いてなのですが

エビ用のネットに写真のような赤くて長い赤虫の様なものが数匹いました。

写真に写っている指は小指です

伸ばすと 5~6センチ以上になりそうです

ネットでも調べたのですが分からずじまい

どなたかご存知の方いませんか?

Aベストアンサー

再登場です。

受け売りですが^_^;。
糸ミミズ自体は悪さをするものではないが、
糸ミミズが発生する=エサになるものが水中に多い(汚れている)
という図式のようです。

が、先に書いたとおり糸ミミズ自体が水を悪化させるわけでなく
むしろ水中の浮遊物を食してくれる「善玉」なので、
水ミミズ自体は自然により近い共生物として扱い
水の汚れの根源を改善するべき、というコトらしいです。

たしかに、赤虫と違って成虫になってその辺に飛んで歩くわけでなし。
グッピーやメダカにとっては超ご馳走のようです。
リアル清流とかにいるわけですから、よりビオっぽいですよね。

ウチの池は緑水になってしまって・・・
日かげを作るっていっても、木を植えるほどの庭でないし^_^;。
何かで覆ってしまったら魚が見えないし。

綺麗な水辺って難しいです~


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報