現在、放射性物質や放射線の被害は子供や孫やその子供に影響があるかもしれないから、重大な問題だとされています。
 私は農家で昭和40年代(小学生の時)に田んぼの消毒のためにまだなんの規制のない農薬を体中にあびていましたがまだ生きています。
なんだか生きて行くためにはいろいろなリスクと向き合っていかなければいけないのに放射性物質や放射線だけが突出したリスクになっている感じです。
 
そもそもこんなに長期にわたって安全な食べ物や製品がこの世の中に存在するのでしょうか?


 

 
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

放射線(正確にいえば放射性物質の内部被曝)も農薬もたばこもリスクとしてはまったく関係ないことはなく、似ています。


一般人の曝露レベルで問題になるのはいずれもがんのリスクが一番高いからです。日本人の最大の死因はがんで国民の1/3が癌で死にます。放射線は線量に応じてDNAを切断するため、特定の細胞のDNAに傷がついてがんが生じたり、生殖細胞のDNAに傷が入ると次世代に異常が遺伝するリスクが生じます。一方、DNA修復機能も働くので曝露が弱ければ修復されたり、だめな細胞は死滅するので、正常な機能が維持されます。

放射能はリスクの中でも人的に多大な被害が過去にあったと言う点で、重要なリスクであることが証明されていることが大事です。原爆や水爆実験、スリーマイルやチェルノブイリの原発事故で、白血病や甲状腺がんなどが大規模に生じたり、胎児期の曝露で流産や奇形が生じることが動物実験だけでなくヒトで証明されているから怖いのです。

農薬の汚染は70年代に最もひどく、最も大事なのは塩素系農薬に混入しているダイオキシン類の発がんのリスクが問題視されていますが、焼却炉や工業製品から排出されるPCBダイオキシン類もその後禁止されたので、環境や食品の汚染レベルは現在は激減しています。おそらく、胎児や子供の時代を70年代に過ごした現在の中年世代ががんになったり、生活習慣病のリスクが上がる可能性があるでしょう。まだこれから影響が出続けるのであと20年ぐらい後には、リスクの重大性は医学的にはっきりするのではないでしょうか。
環境や食品レベルの濃度の化学物質でがんを引き起こすことが人体で証明されているのは喫煙とアスベストぐらいではないでしょうか。ダイオキシンなど発がん性の化学物質はやはりDNAに結合して遺伝的な異常をもたらします。環境ホルモンは一時期大騒ぎしましたが、重要でないことが証明されたので、現在では重要視されていません。

ラジウムからできる放射性ラドンは温泉やコンクリートから出ています。ウラン鉱山がある岡山県には天然の放射能が高い地域があります。温泉地帯やコンクリートの家屋に住んでいるとそうでない人と比べると生涯の被曝は数倍違ってきます。ラドンは気体なので肺がんのリスクがありますが、喫煙とアスベストのリスクの方がはるかに高いと考えられています。

低レベルの化学物質や放射性物質は単に有害なDNA損傷作用をもつのではなく、修復作用を誘導し、生体防御作用を高めることも知られています。東洋人は白人に比べて、がんが少ないことから、発酵食品やシーフード、野菜などの食べ物のある種の成分が有害物質のリスクを軽減することも予想されていますがまだ動物実験の段階で、人の健康との関連性は十分証明されていません。日本人の多くはこんぶからたっぷりヨウ素を摂取しているので、放射性ヨウ素の影響は調べてもわかないでしょう。白人と東洋人では皮膚がんのリスクは違っていて、遺伝的な特徴も関係しています。
一般人の日本人は生涯に受ける最も強い放射線は人間ドックで行うX線CTによる胃がん検診ですが、これもがんのリスクを上げる可能性が議論されています。生殖細胞のDNA損傷による次世代影響のリスクを考えて、子供を産まなくなる40才以上の人が検査の対象になっています。

政府が汚染された食品を食べたり、そこで生活することは直ちに影響はなく安全、といっているのは、急性の影響は考えなくても良い、長期の影響はがんや奇形が激増するほどではなく、安全かどうか判断できないぐらいの弱い影響しか、今の科学ではわからないということだと思います。おそらく数十年後に本当の影響がわかるのでしょう。汚染地帯に住む人の健康をちゃんと調べてもらいたいと思います。壮大な人体実験だと思います。良い食事と健康な生活を心がけて耐えぬくことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/06 10:22

農薬の場合、極論すれば核爆弾でもそうですが、それを浴びるのは「一瞬」ですよね。


でも、福島第一原発の場合はまだ収まっていないのですから「浴び続けている」のです。

農薬が波一発だと思えば、福島第一は津波です。どっちが恐ろしいかは今回の大震災でよく御存じのことでしょう。どちらにせよ収束しなければ到底「安全宣言」はできないということになります。

あと蛇足ですが、農薬が規制されるきっかけになったのは、横浜大学の女性教授が海の汚染の調査をしたことによるものです。海の汚染を調べていたら、「農家が使っている農薬が原因」にたどり着いたんですって。そのときの農林省の圧力って、ものすごかったらしいですよ。
    • good
    • 0

見えないから危機感になっているというコメントをTVで


聞きましたが、見えないからではなく、わからないから
でしょう・・・
短時間に大量の放射線を浴びると即死、もしくは異常
をきたすなど、証明されいることもありますが、多くは
因果関係が証明されてないってことを知らずに放射線
を浴びたら、必ずガン?になると感受した人が多いから
だと思いますね。

わからないことに対して自分が警戒するのは、いんだ
けど、周りに煽りなさんな!と言いたい・・・
    • good
    • 0

1.政府(政)・東電(財)・保安院(官)の癒着による過失事故(故意に近い)によって負わされた、理不尽なリスクであること。



2.致命的となる、想定外、がありえる事。(ガン、出産異常、奇形児、神経異常など)

3.政府が規制値を緩め、金さえ払えば、予め予防できると分かっているにも関わらず、国民にリスクを負わせることを選んだこと。金で解決できれば安いもの。ただの一人でも原発病となれば、当人にとっては、金では解決できない、取り返しのつかないこと。しかも因果関係不明により、政府は将来に渡って一切責任をとらないだろうこと。

原発病になった立場、と、ならなかった立場では、まったく考え方が違うでしょうね。

日本の政治家は死神です。
    • good
    • 0

だから… ww


そんなズボラな生活送ってたら、放射性物質に対して全くの不感症になっちゃってるじゃないすか。
農薬を体中に浴びるのは身体に良くない。その良くない事をやって健康に被害が出ているのに、まだ死んでないとか思ってて。。

そういうのを○○… と言ったりもする。

んで、そういう農薬にずさんな農家の生産する農産物を危険視する風潮が出てきて、なので無農薬野菜とかが高額で取引されるようになる。


■1■
農薬の付いてない農産物は、農薬の付いている農産物より、高く取引される。と言うか、流通しやすい。

■2■
放射能の付いてない農産物は、放射能の付いている農産物より、高く取引される。と言うか、そうでないと流通ルートに乗りにくい。

1と2は同じ原理。
だが、「農薬」は生産者が付けたり付けなかったり、濃度込みで工夫が出来るが、今の状況下では「放射能」を付けたり付けなかったり調節できないでしょ。
だから放射能は怖い。商品価値が低下する。
周りで放射能が検出されると、放射能の付いてない農産物まで風評被害になる。
怖いじゃないですか。壊滅的でしょ。

放射能… それ、取ってから売れよな。
どうだ、できるか? できねーだろ!
生産物、みんな農協まかせだとそんなにズボラになっちまうのかな。

消費者は、「農薬」も嫌がる。「放射能」も嫌がる。
放射能だけを嫌がってるわけじゃないよ。
    • good
    • 0

放射能の他にも危険な物質はあるし、そもそも安全な食べ物は存在しない。


報道によって刺激された放射能への過剰なパニックは現実的ではありません。
放射能は五感で感じ取ることのできない物質であり、原子力は非常に専門的なものです。
伝える過程で誤魔化しが容易な分野の一つかもしれません。
報道は人々に重要な事実のすべてを記事にしていると思っている人はどれだけいるのでしょうか。
    • good
    • 0

農薬の問題と、放射性物質や放射線を比較するのは


無理があります。

放射性物質や放射線についてよく調べてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qわさび漬けは、発酵食品ですか?

健康に良いという事で、発酵食品が流行っています。
わさび漬けが好きなのですが、これも発酵食品ですか?
もし、発酵食品なら、日にちが経つにつれて、発酵が進むのでしょうか?

Aベストアンサー

>わさび漬けが好きなのですが、これも発酵食品ですか?

わさび漬けは、刻んだわさびの根や茎を塩漬けしてから熟成した酒粕に漬け込んだものです。
酒粕は清酒(日本酒)の絞りかすです。清酒に限らず、酒類はアルコール発酵によってできた飲料です。
わさび自体がアルコール発酵するわけではないと思いますが、塩漬けの段階で乳酸発酵はしているかもしれません。

>日にちが経つにつれて、発酵が進むのでしょうか?

わさび漬けや奈良漬けなどの漬け床にする酒粕は、年月をかけて熟成させたものです。
http://www.nozakura.com/process.htm
https://www.naraduke.co.jp/process/manufacture.html

酵母が活きていて周囲に糖質があれば醗酵する可能性はありますが、新たなアルコールができるほどの条件はないと思います。

発酵食品でも火入れ(加熱)するなどで酵母を失活させれば、それ以上は発酵しません。日にちが経てば変質や腐敗はするでしょう。
清酒やワインなどの醸造酒は一般に火入れをして酵母を失活させます。火入れをしない酒もあります。
醤油は一般に火入れをします。生醤油(なましょうゆ)は火入れをしていませんが、ミクロレベルのフィルターで酵母を取り除いているので酵母による変質はありません。味噌は一般に火入れをしないので、酵母による変質が進みます。

>わさび漬けが好きなのですが、これも発酵食品ですか?

わさび漬けは、刻んだわさびの根や茎を塩漬けしてから熟成した酒粕に漬け込んだものです。
酒粕は清酒(日本酒)の絞りかすです。清酒に限らず、酒類はアルコール発酵によってできた飲料です。
わさび自体がアルコール発酵するわけではないと思いますが、塩漬けの段階で乳酸発酵はしているかもしれません。

>日にちが経つにつれて、発酵が進むのでしょうか?

わさび漬けや奈良漬けなどの漬け床にする酒粕は、年月をかけて熟成させたものです。
http://w...続きを読む

Q土壌の中の有害化学物質は、盛り土をすれば本当に安全か? 福島原発事故の除染作業は、水で放射性物質をま

土壌の中の有害化学物質は、盛り土をすれば本当に安全か?
福島原発事故の除染作業は、水で放射性物質をまるで風で埃を飛ばすのと同じことをやってた。
こんな誰にでも分かる様な、デタラメな事ばっかやってる。
化学者は何故声を上げ無いんでしょうか?
真実を言うと、国から科学予算が貰えなくなるからですか?

Aベストアンサー

他に有効な手立てがない。国に楯突けばその後の自分の立場が悪くなる。どうせ他人が棲む土地だからどうでもいいし、今まで原発予算でいい思いをしていたのだから仕方がない。国民だって、報道しなければ直ぐに忘れるし、適当に時間を過ごしていれば放射線は少なくなっていくのだから適当でいい。そう考えても不思議ではないし、誰もそんなこと気にしていません。そこに近寄らなければいいだけで、原発問題はもう風化しています。

Q酒の粕は発酵食品ですか?

発酵食品を摂るように心がけています。酒の粕は発酵食品ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
一応、それでいいと思います。
成分も米麹ですし。

Q食品や飲料水の放射性物質、規制値緩和へ

放射性物質:食品や飲料水、規制値緩和へ 食品安全委
食品や飲料水に含まれる放射性物質について、内閣府の食品安全委員会は25日、
暫定規制値の根拠となっている 健康への安全性の許容範囲を広げる方針を固めた。
これを受け、厚生労働省は現在より緩やかな規制値を策定する見通し。
暫定規制値は厚労省が17日に急きょ策定。
原子力安全委員会の「飲食物摂取制限に
関する指標」を用い、水や食品から1年間に摂取するヨウ素を50ミリシーベルト以下、
セシウムを5ミリシーベルト以下としている。

http://mainichi.jp/select/science/news/20110326k0000m040133000c.html

政府は今回の原発事故で
放射能汚染が汚染が予想より広く深く広がってくんで
規制値を下げるらしいけど規制ってそんなんでいいのかな?
何のための規制なんだろ?
なんかおかしくね?

Aベストアンサー

>要望書では「2千ベクレルの野菜30品目を20グラムずつ1年間食べ続けた場合、CTスキャン1回分(6・9ミリシーベルト)の放射線量にも満たない」として基準値の改訂を求めている

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000658-san-pol

線量だけで言えばそうかも知れませんが、CTと放射性物質を体に入れる事を同じように扱って良いのですかね?

甲状腺がんが増えた時、誰が責任を取るのかも明確にして欲しいですね。

風評被害も飛んでも無い事だが、出荷し売る為なら何でもありなら、さらに風評被害が拡大すると思わないんですかね、このニュースを見て、ますます購入する事が危険と思いましたね、まあ我が家では昔から淡路産に拘って購入してますけどね。

どうもスッキリしないな、、、今一番大事な事は原発を抑え、放射性物質が撒き散る事を止める事が最重要であって、農作物に関しては時期尚早だと思いますね。
魚の問題も出てくるでしょうからね。


国民をバカにしているよね、根拠もなく大丈夫だと言う平和ボケ日本一般人と同じ。
過剰は駄目だが、今の時期、何も信用出来ない以上、ご自身・家族の健康を守る為には過剰程度がちょうど良いと思う。

数十年経過してからしか症状でないんだから、今大丈夫と言われバクバク食べて、、、数十年後、、、だったら、、、人生の取り返しつかね~よ。
信じるものは救われない。

まずは原発を封じ込めてからの議論と思うんだけどね、今じゃ無いと思う。
こう言う事が国民の不安・風評被害に拍車をかけると思うね。

>要望書では「2千ベクレルの野菜30品目を20グラムずつ1年間食べ続けた場合、CTスキャン1回分(6・9ミリシーベルト)の放射線量にも満たない」として基準値の改訂を求めている

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000658-san-pol

線量だけで言えばそうかも知れませんが、CTと放射性物質を体に入れる事を同じように扱って良いのですかね?

甲状腺がんが増えた時、誰が責任を取るのかも明確にして欲しいですね。

風評被害も飛んでも無い事だが、出荷し売る為なら何でもありなら、さらに風...続きを読む

Q発酵食品のサプリメントについて

発酵食品が体にいいことは分かっているのですが、自分はどうも発酵食品が苦手です。

最近は発酵食品としてサプリメントのようなものもあるようですが、
あれって具体的にはどのような効果を及ぼすのですか?
本当に効くのですか?

詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

父がパパイアの発酵食品、
「カリカセラピPS-501」というものを食べています。

抗がん剤治療と併用して食べていたのですが、
冬でも暑がるくらいに体温が増し、
食欲が挙がりましたよ。
便通も良くなり、顔色もバラ色ですね。
精神的にもよい影響を及ぼしているのか、
「毎日食べるご飯が美味しい」と言うようになりました。

参考になれば幸いです。

Q水道水の放射性物質、乳幼児や妊婦の場合は?

国の原子力安全委員会が定めた放射性ヨウ素131に対する暫定基準300ベクレルですが、
実はこれは震災後引きあげた数値であり、WHOだと10ベクレルが基準値だと知りました。
これが事実だとすると、放射性セシウム137の200ベクレルも当然引きあげ後の数値ですよね。
セシウムも同様に10ベクレルがWHOの基準値だと聞きましたが、これは本当でしょうか?

また、乳幼児や妊婦(胎児)は放射能を甲状腺に吸収しやすいとも聞きました。
そのため100ベクレルが乳児に飲ませてもいい限度(あくまで300を基準とすると、ですが)だとか。
そうなると、10ベクレル未満が安全とするWHOの基準も、
乳幼児や妊婦の場合は1/3の数値までと考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

同種の質問があったので調べたのですが、確かにWHOの
基準は質問者さんが言われる通りみたいですね。
そして、現在の暫定基準はICRPの勧告(2007か2008)を
元に決定した様子です。


ちょっと詳細に。
WHOは基本として「その数値を一生涯摂取し続けた量」として
計算しています。
これに対して現在使われている国際放射線防護委員会
(ICRP)系統は「その数値を1年間摂取し続けた量」として
決定しているようです。

これは考え方(立場)の違いですね。
・WHOは「国によっては一生涯採り続ける可能性も
 否定出来ないでしょ?」という全世界的立場
・ICRPは「私どもは原子力を利用する国を見ています。
 そんな国でこの数値が出るって事は原子力関係の
 事故でしかあり得ないですよね? ならば事故を1年
 も放置することはあり得ないですよね?」という立場

ですので、現在の数値でも問題は無いですよ。

なお、WHOの数字はチェルノブイリの子供への影響を調査
して出した数字ですから、幼児向けの規制値になっています。


ここでちと蛇足ですが、閲覧等される方向けに。
不安をあおるような情報、例えば「放射能を持った水は
全く取らない方が良い」云々、これは信じないようにお願い
します。

国内外の「責任を持って結論を出す機関」、例えば(財)原子力
安全研究協会でも、各大学でも、医学関係でも、現状の水を
乳幼児が摂取しても問題ないと発表しています。
WHOも、汚染範囲が当初予想(30km圏)より広いことは深刻
であるが、食品汚染が深刻であるとは発表していませんし。

むしろ、ペットボトルが過剰に東京で消費されると、現在
本当に必要な「断水している、しかも給水車が入れない」
状態の被災地で、冗談抜きに人が死ぬことにも繋がります。

「危ない」と言っているのは、責任を追及されない民間団体
か、個人的発言をしている学者のごく一部か、匿名掲示板
くらいのものですから、どうか冷静に。


蛇足ですが、責任を持った期間が発表している内容から。

Q:放射性物質はドンドン濃縮する?
A:ある一定以上濃縮しません。
 物理的半減期(通常半減期という場合はこれ。核分裂で
 物質濃度が半分になる期間のこと)だけでなく、人間には
 生物学的半減期(尿・便として体外に排出される期間
 ヨウ素なら約120日、セシウムなら100日程度)がありま
 すから、100倍とか120倍までしか濃縮されません。

Q:日本の基準は緩いか?
A:「一生涯採り続ける」とした場合は緩いです。
 しかし1年という期間で考えると相当厳しいです。

Q:チェルノブイリで小児がんが出たけど?
A:チェルノブイリの場合は、ソビエト当局が事故を認め
 なかったため、住民は知らずのうちに相当高濃度の
 放射性物質を含む牛乳等を乳児に与え続けました。
 (数年にわたり。)
 そのために甲状腺ガンしたと言われています。
 (IAEAの疫学的調査結果 2006)
 それを受けて制定されたのがWHOやICRPの基準です。

同種の質問があったので調べたのですが、確かにWHOの
基準は質問者さんが言われる通りみたいですね。
そして、現在の暫定基準はICRPの勧告(2007か2008)を
元に決定した様子です。


ちょっと詳細に。
WHOは基本として「その数値を一生涯摂取し続けた量」として
計算しています。
これに対して現在使われている国際放射線防護委員会
(ICRP)系統は「その数値を1年間摂取し続けた量」として
決定しているようです。

これは考え方(立場)の違いですね。
・WHOは「国によっては一生涯採り続ける可能性も...続きを読む

Q発酵食品について

発酵食品が体に良いと聞いたので毎日食べるようにしようと思ってるのですが、発酵食品は加熱して食べたら有効菌は死滅してしまうのでしょうか?
例えばキムチ鍋や沸騰させた甘酒など。
栄養素と加熱調理について教えて欲しいです。

Aベストアンサー

ちょっと勘違いされているように思えます。発酵食品というのは、酵素を作用させて加工した食品という意味なのです。その発酵食品の一部には、有効な菌が持っている消化酵素の働きで糖質やタンパク質を分解するものもありますが、それはあくまで一部に過ぎません。例えば、イカの塩辛も発酵食品なのですが、それはイカの肝臓に元々含まれている消化酵素を利用しているのであって、何の細菌が関係しているわけではありません。一般に発酵食品は、酵素が糖質やタンパク質を分解した成果物を目的としているのであって、酵素を持っている細菌や酵素自体が目的だというわけではありません。細菌の役割は酵素を作ったことだけで終わっているのであって、細菌自体に意味があるのではありません。ただし例外もあって、乳酸菌や納豆菌はそれ自体が人体に有用だとして有用菌とか呼ばれています。

ここまでの話を整理すると発酵食品には、細菌、酵素、酵素の成果物の3要素があることになりますが、細菌は必ず伴うわけではないし、すべての細菌が有用とは限らないということになります。

つまり発酵食品と大雑把にくくっては話が進まない。個々の食品ごとに、検討する必要があります。

たとえばカマンベールチーズも発酵食品ですが、カマンベールチーズは細菌ではなくて白カビの酵素を作用させることでチーズを熟成させる食品ですが、白カビそのものが有用だというわけではないのです。

例えばキムチ鍋はどうか。当然ながら調理の過程で、乳酸菌は死滅してしまいます。しかしそもそも乳酸菌は生きたまま摂取したところで大半は胃酸によって死んでしまう。また乳酸菌は死んでも人体に有用だとされているのです。だからキムチはあえてキムチ鍋にして食べる意味はないかも知れませんが、キムチ鍋にしては意味がないというほどのこともないわけです。

甘酒には発酵食品である甘酒と発酵食品でない甘酒の二種類存在します。米こうじと米を原料とする甘酒が前者で、酒粕を原料とするのが後者です。ここでは前者にしぼって議論しますが米麹は有用でも有害でもどちらでもないので、生きてようと死んでようとどちらでも問題ありません。それを気にする意味がない。

発酵食品に共通する価値は、でんぷん、タンパク質、脂質といった分子量の大きな物質を口に入れる前に酵素の作用で、より小さな物質に分解することにあります。たとえばでんぷんを分解すればアルコールやブドウ糖などの分子量の小さい物質が生成されます。タンパク質を分解すればアミノ酸になります。人体は分子量の大きな物質を取り込むことができないので、胃や腸などの消化器官によって分解するわけです。発酵食品は口に入れる前から予め分解されているから、人体にとっては手間が省けて、余計なエネルギーを消費しないで済むわけです。事前に発酵させることで、消化にかかる負担を軽減できることが大きな意味なのです。またブドウ糖は甘味、アミノ酸の一部のグルタミン酸は旨味成分ですから、美味しく食べることができます。この2つが発酵食品の大きな目的なのです。さらに一部の発酵食品には、細菌や酵素も人体にとって有用だという意味があります。

例えばナットウキナーゼは納豆だけに含まれる酵素ですが、血栓溶解作用によって脳梗塞を予防するといわれています。酵素は加熱すると失効してしまうので納豆に限れば、加熱しないで食べることは有効です。

ついでにいえば、酵素もタンパク質の一種です。だからナットウキナーゼを摂取したところで、どちらにしても消化されてしまいます。しかしナットウキナーゼは人体の消化機能によって分解されつつも、その機能を失わないのです。タンパク質は、複数のペプチドから構成され、ペプチドは複数のアミノ酸から構成されています。ナットウキナーゼの持つ血栓溶解作用は、ペプチドが持つと考えられています。

タンパク質は非常に分子量が大きくて、人体は多くの酵素の役割分担と流れ作業によって何段階にもわたってアミノ酸にまで分解しています。だからタンパク質を消化する為には膨大なエネルギーが消費されます。一般に大豆や肉類が消化に良くない、表現を変えれば腹持ちが良いというのは、そういったことなのです。それが発酵によって少しでも分解されていれば体に優しいといえるわけです。

話はちょっと変わりますが、私たちは発酵食品に限らず、日常の食事で意識するか意識しないにかかわらず、有用菌も有害菌も摂取しています。例えば、牛乳が加熱殺菌されていることは一般に知られていると思うのですが、それでも細菌の数は0になるわけではない。私たちは意識していなくても細菌やカビが生成した毒も一緒に食べています。それを人体の解毒作用で、処理しきれない場合に食中毒といった具体的な症状にあらわれるだけなのです。解毒能力には個人差があるので、同じものを食べても食中毒で死ぬ人もいれば、なんともない人もいます。加熱したところで100万の細菌が全て死滅して0になるわけではありません。それは発酵食品でも同じことです。ごく僅かでも生き残り、条件が整えば、細菌は繁殖するのです。

とりあえず、このへんでいいですかね。

ちょっと勘違いされているように思えます。発酵食品というのは、酵素を作用させて加工した食品という意味なのです。その発酵食品の一部には、有効な菌が持っている消化酵素の働きで糖質やタンパク質を分解するものもありますが、それはあくまで一部に過ぎません。例えば、イカの塩辛も発酵食品なのですが、それはイカの肝臓に元々含まれている消化酵素を利用しているのであって、何の細菌が関係しているわけではありません。一般に発酵食品は、酵素が糖質やタンパク質を分解した成果物を目的としているのであって...続きを読む

Q子供の甲状腺から放射線検出 2

 検査結果を来週、保護者に連絡するようですが、学会で発表するまで隠蔽していたという事でしょか。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110813/k10014892751000.html

Aベストアンサー

まず、私も関東地方のホットスポットになった地域に居住、そしてあの突然の停電に怒りを感じたものです。
ここでもそのことを自分が書いたり、他の方が同様のことを書くと、「あなたは自分勝手だ」とか、「電気を使った罰だ」のようなことまで書く人がいて、それは違うでしょ!と余計に腹立たしい思いをしました。
あの停電は「計画」じゃなく、単なる「突然の嫌がらせ」でしたよね?
私にはそう感じましたし、近所の人々もそう言っています。経験した人でないとわからないのかもしれませんが、本当にもう日本はだめだと思いました。

さて、福島市の小学校で先生をしている友人は、怒りを飛び越えてもう諦めています。
「私たちは国に見殺しにされているようなものだ。こんな国に住んでいて悲しい。」と。
その小学校では、場所によっては4μシーベルトの線量が計測されているそうで、彼女が住んでいる地域はそれよりさらに高く、ホットスポット中のまさにホットスポットで、避難地域にある場所よりも高い値なのだそうです。
そこで彼女は自分の子供を育て、職場では多くの子供を教育し、いつも放射能におびえる生活にもうやっていかれない、と。全てを放り出して逃げ出したい気分だそうです。

私は貼り付けてくださったニュースは初めて知りました。大きく取り上げられていたのでしょうか?
私は放射線関連のニュースは夫とともに結構敏感にチェックしていたつもりですが、知りませんでした。
「隠ぺいされていない」とおっしゃられている方もいますが、私には「隠ぺいに近い報道のされ方をしていた」としか受け止められませんし、このことだけでなく、この原発事故が起こった時から、私はずっとそう感じていました。

身内が海外に住んでいますが、そこにいる日本人の人たちがみなこのように言っています。
「関東にいる友人に、原発事故の起きた直後、『危ないからこっちにきな!』と電話をしても、『日本では大丈夫だっていっているよ。』と言って、話にならなかった。」
私もその時は日本にいましたが、海外の身内から何度も「今すぐに逃げてこい」とメールをもらいました。
でもその時NHKなどでは、「非常に危険な事態」のような報道はされていませんでした。「日本は報道規制さしているんじゃないか。」とまで言ってきました。
海外のテレビでは「メルトダウン」一色だったそうです。日本では津波の被害の方がニュースになっていました。まるで第二次世界大戦のときのようだと母は言います。

「隠ぺい体質」が「恥の文化」ともいわれている日本の文化なのだろうか?
先祖代々私は「日本人として」生きてきましたが、福島の友人が言うように、「国に裏切られた」思いが募るばかりです。
「日本人として」ではなく、今後は常に「一個人として」生きていこうと考えています。

まず、私も関東地方のホットスポットになった地域に居住、そしてあの突然の停電に怒りを感じたものです。
ここでもそのことを自分が書いたり、他の方が同様のことを書くと、「あなたは自分勝手だ」とか、「電気を使った罰だ」のようなことまで書く人がいて、それは違うでしょ!と余計に腹立たしい思いをしました。
あの停電は「計画」じゃなく、単なる「突然の嫌がらせ」でしたよね?
私にはそう感じましたし、近所の人々もそう言っています。経験した人でないとわからないのかもしれませんが、本当にもう日本はだ...続きを読む

Q乳酸発酵食品

乳酸発酵食品にはどんなものがありますか??
バターは乳酸発酵食品なんですか??

Aベストアンサー

バターは発酵させていません。分離させただけです。
別に『発酵バター』というものがあります。

ヨーグルト・チーズは発酵させてあります。

参考URL:http://www.yotsuba.co.jp/magazine/hurusato/kitami04.html

Q葉タバコに放射性物質

JTが葉タバコ1キログラムあたり500Bqから100Bqに厳格化したと言う報道がありました。
そもそも何故葉タバコに放射性物質が検出されたのでしょうか。
それとも全ての植物の葉に放射性物質が溜まるのでしょうか?

Aベストアンサー

葉たばこであろうとほうれん草であろうと植物には皆放射性物質が含まれています。

原発事故や原爆実験が行われる遙か以前から地表には自然物質である Radon や Radium などの放射性物質が含まれていますので、植物はそれを吸収して放射能を持つようになります。

動物はこれらの植物を食べますので動物にも放射能が取り込まれます・・・勿論、人間も。

そのため、どんな食物であろうと必ず放射能が含まれているわけで、煙草にかぎったことではありません。

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food/servlet/food_in

上記 Page では食物にはどんな放射性物質がそれほど含まれているかを知ることができます。

なお、煙草はもはや国内で栽培されているものが殆どありませんから野菜のように放射性物質許容量を増やさなくても問題なく、むしろ減らしても良いくらいですので、減らしたのでしょうね。

「煙草は癌の元!放射能一杯!」などと虐めら続けてきたのですから「煙草は野菜よりも放射能が少ないのですよ!」と言いたくもなるでしょう(笑)。

葉たばこであろうとほうれん草であろうと植物には皆放射性物質が含まれています。

原発事故や原爆実験が行われる遙か以前から地表には自然物質である Radon や Radium などの放射性物質が含まれていますので、植物はそれを吸収して放射能を持つようになります。

動物はこれらの植物を食べますので動物にも放射能が取り込まれます・・・勿論、人間も。

そのため、どんな食物であろうと必ず放射能が含まれているわけで、煙草にかぎったことではありません。

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food/servlet/fo...続きを読む


人気Q&Aランキング