paired-pulse facilitationがどういう概念で、そこから何がわかるかが知りたいです。
神経細胞に短い時間間隔で二回刺激を与えて、得られた反応のことで短時間の神経可塑性の有無がわかるらしいのですが、具体的な実験方法がわかりません。どんな刺激をどう与えるのか、刺激を与えるのはシナプス前ニューロンなのか後ニューロンなのか、測定するのはどの細胞の反応なのか、測定部位は細胞外なのか細胞内なのか、得られた測定結果から何がいえるのか・・・わからないことだらけでとても困っています。

A 回答 (1件)

典型的には以下のように行います。


シナプス前細胞を刺激(細胞外、細胞内何れも可、しかし細胞内刺激の方が単一細胞の興奮である保証があるためよりよい)
記録は細胞内記録か、細胞外で集合電位記録。これも細胞内記録の方がずっとよい
ここで、閾値下の刺激を2発与えます。刺激間隔は数10msからせいぜい2~300ms。
このとき、一発目の反応と2発目の反応の大きさを比較します。これをpaired pulse ratio(PPR)といいます。そして2発目が大きくなった時をpaired-pulse facilitation(PPF)と呼びます。小さくなったときはpaired pulse deppression(PPD)と言います。
その解釈ですが、未だに論争があり、メカニズムははっきりしてないのですが、PPFはシナプス前細胞からの伝達物質放出確率が低いとき、PPDは放出確率が高い時(何れも相対的)と考えられています。また、この類推からPPRが下がるとき、(典型的にはPPFからPPDへ変わっていくときですが、必ずしもfacilitationからdepressionになら無くてもfacilitation, deppressionの程度が変わればよい)は放出確率が高くなった、つまりシナプスの伝達効率がよくなったと解釈します。
逆にPPRが上がっていくときはシナプス伝達効率が悪くなった、と考えられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明解な回答ありがとうございます。
イメージとしては、一発目の刺激で前シナプスが蓄えている伝達物質がどれだけ放出されるか(放出確率)について言っているわけですね。

お礼日時:2001/04/25 23:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシナプスの可塑性について

生理学、医学についてお詳しい方、教えてください。
シナプスの可塑性とは、シナプス前ニューロンを繰り返し刺激して、その神経終末が高頻度で興奮するようにすると、その後にシナプス伝達の効率が上昇し、シナプス伝達の効率が上昇し、シナプス後ニューロンに起こるEPSPの振れ幅が長時間増大する現象として説明されているかと思います。

ここで、教えていただきたいんですが、どのようなメカニズムでシナプス伝達の効率が上昇するのでしょうか?
そして、なぜ、EPSPの振れ幅が長時間増大するのでしょうか?

すいませんが、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これについては、簡潔にご説明する自信がありませんので、詳しいサイトを 下記に貼らせて頂きます。

「どのようなメカニズムでシナプス伝達の効率が上昇するのでしょうか?」 については、まず 下記引用1 (特に 5段落目) をご覧頂くと、良いように思います。

「なぜ、EPSPの振れ幅が長時間増大するのでしょうか?」 については、EPSPが高頻度に生じることによる加重の結果 なのではないでしょうか (下記引用2 〔「長期増強のメカニズム」〕、引用3)。もし、ご質問の題意を取り違えておりましたら、ごめんなさい。m(_ _)m

1) LTPの基礎知識 (“海馬”を究める)
http://gaya.jp/research/LTP.htm

2) 長期増強 (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%9C%9F%E5%A2%97%E5%BC%B7#.E9.95.B7.E6.9C.9F.E5.A2.97.E5.BC.B7.E3.81.AE.E3.83.A1.E3.82.AB.E3.83.8B.E3.82.BA.E3.83.A0

3) シナプス後電位の時間的・空間的加重 (中枢神経系の機能総論 用語集)
http://shutoku.fc2web.com/special_subjects/3rd_grade/D7/lecture/general_remarks_of_CNS_function.html

今回引用のサイトは、全てよそさまのサイトです。ありがとうございます。m(_ _)m

これについては、簡潔にご説明する自信がありませんので、詳しいサイトを 下記に貼らせて頂きます。

「どのようなメカニズムでシナプス伝達の効率が上昇するのでしょうか?」 については、まず 下記引用1 (特に 5段落目) をご覧頂くと、良いように思います。

「なぜ、EPSPの振れ幅が長時間増大するのでしょうか?」 については、EPSPが高頻度に生じることによる加重の結果 なのではないでしょうか (下記引用2 〔「長期増強のメカニズム」〕、引用3)。もし、ご質問の題意を取り違えておりましたら、ご...続きを読む

Qシナプスにおける可塑性における学習

シナプスにおける可塑性における学習という事は、
多く必要な時にはシナプスが増えたり、逆の場合は減ったりして、神経伝達に誤差が生じたりする事を言うのでしょうか?
学習というのはどういう事なのでしょうか?
無視してシナプスの可塑性で考えてもいいのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

MiJunさんの紹介のURLは古くてリンク切れの物もありますので,下記URLが参考になりますでしょうか。簡単にいえる代物ではなさそうですが…

◎シナプス可塑性と学習の関係の現状が載っています。
http://ethol.zool.kyoto-u.ac.jp/coe/event/lab_sinkeiseibutu.html
◎長期増強(long-term potentiation)はシナプス可塑性が原因
http://www5.airnet.ne.jp/gaya/no5.htm
◎発達脳におけるシナプス可塑性と成熟脳におけるシナプス可塑性
http://web.kanazawa-u.ac.jp/~med05/kenkyu.html

参考URL:http://web.kanazawa-u.ac.jp/~med05/kenkyu.html

Qニューロンと神経の違いについて

授業で神経系の勉強をしているのですが、ニューロンと神経の違いがイマイチよく分かりません。とても、初歩的な質問で恐縮なのですが、どなたか教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。
「神経系=Nervous」
「神経細胞=Neuron」
と区別すれば良いと思います。
神経細胞はひとつの細胞であり、神経系はそれが連結されたものです。

「中枢神経系:CNS(セントラル・ナーバス・システム)」
「自律神経系:ANS(オートマニック・ナーバス・システム)」
など、こちらは神経伝達の系統や役割を示します。
これに対しまして、神経細胞ではその細胞単位の性質や機能が無数に異なります。
「単極性ニューロン」
「セロトニン投射ニューロン」
「NMDA受容ニューロン」
あと、「おばあちゃんニューロン」や「黄色いフォルックスワーゲン・ニューロン」なんてのもあります。

Q"浮遊細胞"の細胞増殖率を、なるべく簡単に測定したいのですが、

"浮遊細胞"の細胞増殖率を、なるべく簡単に測定したいのですが、

どのような方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

特別な設備が無いなら、一定時間ごとにサンプリングして
血球計算盤でカウントするのが一番簡単だと思いますよ。

Qニューロン・細胞 培養について

次の文の意味ってどういう意味か分かりますか?

「レンチウイルスベクターをHEK細胞にトランスフェクトし、ニューロン培養した。」
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんのこっちゃわかりません。

日本語がおかしいと思います。

多分、

「HEK細胞にトランスフェクトして得られたレンチウイルスベクターをニューロンに感染させ、培養した」

だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報