法律に準じるような省庁の通知などの強制力について詳しく知りたいです。

法律を補完するものとして、政令や省令が「~法施行令」や「~法施行規則」という名称であることは承知しています。

法律の条文中にも委任に関する記述があるので根拠も明快でわかるのですが、他にも薬食発******号というような通知(?)とか告示、公示、訓令、事務連絡など、文書の名前や種類の名前がたくさんあって、よくわかりません。
語の定義や優先順位、法的拘束力の有無などについて知りたいです。

まったくの素人ですので、一覧できる解説ページなどがあればご教示下さい。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんなところはどうでしょう。




省令・告示・通達などの違いについて:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/788774.html
告示と公示と公告と通達の違い:http://www.lawdata.org/files/kokujikouji.html
規程、告示、訓令、要綱、要領とは:http://crs-shitsumu-faq.blogspot.com/2010/04/blo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございました。
特に二番目のページがためになりました。

まだすっきりとしたわけではないですが、なんとなくわかってきた気がしています。

質問文に挙げた通知などは、省庁によって扱いが違っていたり、拘束力もはっきりせず、とてもわかりにくいですね。

お礼日時:2011/04/21 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【電気の力率や電力にインピーダンスやリアクタンスが関係しないのはエネルギー単位だからです?】 エネル

【電気の力率や電力にインピーダンスやリアクタンスが関係しないのはエネルギー単位だからです?】

エネルギー単位だから関係がない???

エネルギー単位???

どういうことですか???

簡単に分かりやすく説明してください。



電気の力率や電力にインピーダンスやリアクタンスが関係しないのは、エネルギー単位だからです

Aベストアンサー

エネルギー単位とは、有効なエネルギーを視点にしている場合だと思います。
無効エネルギーを考えるとき、リアクタンス分を考慮しなければなりません。
貴方の疑問に答えるならば、
有効エネルギーにリアクタンス分は関与しない、と言うことでしょうか。
逆に言えば、これが有効エネルギーの定義です。

Q「コンテンツの創造,保護及び活用の促進に関する法律」の所管省庁を知りたいのですが。

あちこち検索してみるのですが,なかなかたどり着けません。条文は簡単に出てくるのですが・・・。併せて,法令の所管省庁を調べるコツがありましたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

元々議員立法に近い法律ですし、所轄官庁はないんじゃないですか?(全ての法律について、所轄官庁が定められているわけではありません)

あえて言えば、内閣の知的財産戦略本部だと思いますが。

Q衝撃力(撃力)の単位について

一端をピンで固定した棒を倒した時の最大衝撃力(ピーク衝撃力)を計算したいのですが、自分で調べてみたら短い時間にかかる衝撃力(撃力)は力積から求める事がわかりました。

ですが衝撃力の単位がわからず困っています。
力なのでNであったり、力積のN・sであったり、Gであったり・・・

Gというのは重力加速度9.8m/s^2を1Gと定義したものですよね?
つまりただの加速度ですよね?

衝撃力(撃力)の単位は何故バラバラなのでしょうか?
どれが正しい単位なのでしょうか?
またN→GやG→Nの変換はどのように計算すればよろしいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 衝撃力という言葉は自分で定義して使うべきでしょうね。物理学では特に合意された単語ではありません。つまり、説明抜きに言っても通じません。

 撃力は物理学でよく使われます。基本的には力積(一番単純には「力×時間」)です。これは、運動量の差と等しい。

 しかし、その物理学的現象にかかる時間(緩和時間とも呼ばれます)が短すぎるので(トートロジーですが、だから撃力と呼ばれている)、撃力の前後の運動量の差から力積を計算で推定します。

 それでも撃力の過程を考察するなら、その定義に立ち返り、力と時間だということになります。力の積分になりますが、力が一定とすれば、単純に経過時間を掛ければいいわけです。

 基本となる式は、ニュートン力学の基本式F=maです。これが力。N(ニュートン)は基本単位を複数使って作られる組立単位で、よく使われるMKS単位系で言えば、kg・m/s^2の基本単位を持ちます。重さの単位でもあり、1kg重≒9.8Nです(重力の強さは地球の場所ごとで異なるので、厳密に=にできない)。

 力が一定であれば、それに秒での時間を掛ければいいことになります。力が一定でなければ、力を時間で定積分することになります。

 そのいう理解を前提として、たとえば衝撃力という言葉を定義して使えばいいわけです。逆に言えば、あらかじめ定義を示さないで「衝撃力は」と言ってしまうと、通じません。
 よく「パンチ力1トンの破壊力」などと言ったりしますが、物理学的には意味不明です。これは作用する面積も示していないし、1000万分の1秒なら、蚊が刺したほうが破壊力あるんじゃないでしょうか。

 あ、そうか。書いていて思い出しました。もし力が「単位面積当たり表示」なら、作用する面積も必要ですね。釘や針が容易に硬いものを貫通できるのは、とがっているからです。

 以前、レコードがあったころ(今でも好事家は持っていますが)、「針先には3トンの力が掛かっています」なんて説明をしていたようです。1cm^3あたりだったか、1m^3あたりだったか忘れましたが。

 その撃力が働いている間の力でもいいし(たとえばN:ニュートン)、運動エネルギー=仕事でもいいし(たとえばJ:ジュール)、仕事率(たとえばW:ワット)でもいいし、加速度でもわけです。もちろん撃力そのままに、力積(N・s)でもOKです。

>またN→GやG→Nの変換はどのように計算すればよろしいでしょうか?

 F=maという基本式から、単位に気を付けて計算すればいいです。

 衝撃力という言葉は自分で定義して使うべきでしょうね。物理学では特に合意された単語ではありません。つまり、説明抜きに言っても通じません。

 撃力は物理学でよく使われます。基本的には力積(一番単純には「力×時間」)です。これは、運動量の差と等しい。

 しかし、その物理学的現象にかかる時間(緩和時間とも呼ばれます)が短すぎるので(トートロジーですが、だから撃力と呼ばれている)、撃力の前後の運動量の差から力積を計算で推定します。

 それでも撃力の過程を考察するなら、その定義に立ち...続きを読む

Q労働関係の法律に詳しい方へ 強制力について

業務に関わること=業務命令で、それは強制だと
言うことは当然のことなので理解できます。、

例えば、それ以外、社内の飲み会だったり業務とは
関係の無いものだったら、その強制力はどうなる
のでしょうか。

もちろん、お客さんが絡んでくるものは参加してますし、
予定が無ければ社内の時でも参加はする用にしていますが、
用事があって断ろうとすると、必ず
「これは強制だから」と言われます。
これは根拠のない話ですよね?

実は、明日から社員旅行なのですが、体調不良で
キャンセルしました。来週いろいろいろいろ
言われそうなので何かいい切り抜け方があったら
アドバイスください。

Aベストアンサー

えと、まずは根拠に関してですが…

従業員を雇用する場合、労働基準法第15条及び労働基準施行規則第5条によって、労働契約の期間、賃金、労働時間等について明示しなければならないことになっております。が、その規定する項目に「職場での飲み会参加」などに関するものはないです。なので、会社は法的に職場での飲み会参加について契約を求める必要はありません。

しかしながら、労働契約に際して法的に求められていない事項について契約・明示することを禁止しておりませんので、職場での飲み会について云々することの当否は別としてあり得るかもしれません。が、本来、労働契約は労働者と使用者が労働の提供と使用について約束するものですから、労働時間外の職場での飲み会は労働契約上、会社が労働者に対する指揮命令権はないと考えられますので参加の強制は出来ないと思います。

会社での飲み会などは、職場の和を図る目的で行われる性格のものでしょうから、参加しない人に対する批判、参加強要等の問題が発生するケースがありますので、職場の管理者また会社幹部は十分に注意する必要がありますよね…

社員旅行不参加に対するアドバイスは…
ともかく、体調不良だったんだ!という意思を貫くしかないですかね。少し時間が経てば…それまでは、具合が悪くて参加できなかった旨を、繰り返していくしかないですかね。

えと、まずは根拠に関してですが…

従業員を雇用する場合、労働基準法第15条及び労働基準施行規則第5条によって、労働契約の期間、賃金、労働時間等について明示しなければならないことになっております。が、その規定する項目に「職場での飲み会参加」などに関するものはないです。なので、会社は法的に職場での飲み会参加について契約を求める必要はありません。

しかしながら、労働契約に際して法的に求められていない事項について契約・明示することを禁止しておりませんので、職場での飲み会について...続きを読む

Q遠心力(単位がxg)を圧力(Pa)に変換したい

遠心力を表すのによく使われている単位(xg)をわかりやすい圧力の単位(Pa)に換算できません。
おねがいします。教えてください。
ばかな質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

物理学でいう遠心力は「力」で単位は[N]です。f=ma の式の f に相当しますが、mは物によって変わるので、装置の性能を示すのであれば、mを除いて加速度aでもって遠心力の大きさを表わすほうが便利なので、装置の遠心力は便宜上加速度で表すようです。
物理学でいう加速度の単位はNO1様が書かれている通り[m/ss]ですが、遠心力を加速度で表すときには[xg]という単位がよく使われています。[xg]は重力の加速度(9.8[m/ss])の何倍という意味を表しています。例えば、100[xg]といえば980[m/ss]のことです。宇宙ロケットが飛び出す時の加速度何[G]というのと同じだと思います。
質問者は、圧力[Pa]に変換したいと書かれていますが、加速度をそのまま圧力に変換することは当然のことながら出来ません。具体的な条件(物質の形状とか比重とか)が与えられて初めてその条件下における力や圧力が計算できます。

Q法律でいう誤認性とは? また省庁の指導の実効性ってどこまであるの?

表示や広告において、省庁から誤認性があるから改訂するように支持を受けています。
論理的にはきちんと誤認性がないことを説明できるのですが、なにせ主観の問題であり、行政担当官が誤認性があるとしてしまったらどうにもなりません。
「誤認性」「暗示」についての明確な線引きがあれば教えてください。
また、明らかな法違反が実証できなければ強制指導はできないと思うのですが、省庁担当官の指導とはどの程度の実効性がでてきてしまうのでしょうか。誤認性や暗示という納得いかない主観の範囲で指導されるのであれば、職権乱用につながらないのでしょうか?

Aベストアンサー

「誤認性」といわれても、どのような法律に違反していると指摘されているのか、それが、行政指導なのか、それとも何らかの法律上の処分なのか、ご質問内容からは、わかりませんので、具体的には回答できません。

法令に基づかない、単なる助言(いわゆる「行政指導」)であれば、それ自体、なんら強制力を持つものではありませんので、ご質問者が、合法だと確信するのであれば、無視してかまいません。

行政指導ではなく、何らかの法令の条文に基づく命令・処分(命令に従わなければ、営業停止などの行政処分や、刑事罰などがあるもの)であれば、それに対して不服であれば、行政訴訟としての取消し訴訟を起こすことになります。

Q両面テープ 引きはがし粘着力単位

強力な両面テープを探しています。
Netで調べたら下記のような単位で粘着力が表示されていましたが、単位の基準がわかりません。
具体的にはどのくらいの粘着力なのでしょうか?

180°引きはがし粘着力[N/20mm] 12.0

貼り付けたいのは 発砲ウレタンとFRPです。
お勧めのテープがありましたらあわせて紹介いただけると助かります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

■ 粘着力の単位について
引き剥がし粘着力は、
「一定幅のテープをステンレス等に貼付け、○°の角度で一定速度(通常300mm/分)で剥がすときにかかる力」となっています。

単位の基準は
N(ニュートン) = 重量(kg) × 9.8(重力加速度)
20mm:テープ幅
です。つまり12N/20mmとなると、20mm幅のテープを長手方向に180度(折り返して)剥がすときに約1.2kgの重量が必要となります。

一般的には、
構造接合テープ 15N/20mm 程度
強粘着両面テープ 10N/20mm 程度
ポストイット 1N/20mm 程度
など

ただし、貼付面の材質・凹凸、剥がす速度、温度、など条件によってかなり数値は変わります。

■ 発泡ウレタンとFRPの貼り合せ
おそらく一般の発泡ウレタンですと、発泡倍率が高く気泡があるため、粘着力が高いものよりも粘着剤層の
厚さが厚めのものがいいと思います。

(おすすめ)
粘着力 7N/20mm以上
粘着層厚さ 60μm前後(発泡ウレタン側)
※ 市販では凹凸面用両面テープなどがお薦めです。

■ 粘着力の単位について
引き剥がし粘着力は、
「一定幅のテープをステンレス等に貼付け、○°の角度で一定速度(通常300mm/分)で剥がすときにかかる力」となっています。

単位の基準は
N(ニュートン) = 重量(kg) × 9.8(重力加速度)
20mm:テープ幅
です。つまり12N/20mmとなると、20mm幅のテープを長手方向に180度(折り返して)剥がすときに約1.2kgの重量が必要となります。

一般的には、
構造接合テープ 15N/20mm 程度
強粘着両面テープ 10N/20mm 程度
ポストイット 1N/20mm 程度
...続きを読む

Q民事訴訟の証人として出頭するように通知が来ました。

今日、裁判所から証人として○月○日○時に印鑑等を持って出頭?するよう通知が来ました。
民事訴訟の内容は、私が元代表をしていたA社の前社長BがA社に退職金を払えというものです。

ことの顛末は、Bが会社のお金を使い込んだり、監査妨害をしたりで、裁判所から代表取締役を解任されたことから始まります。
株主総会で退職金の支払いを拒否され、裁判に訴えたというものです。

Bは、現在、A社の現社長と結託し、A社の経理で月150万円にて従業員として在籍しています。
株主構成は、Aが50パーセント、反A側が50パーセントとなっていますので、現代表Cを解任することもできず、今日を迎えています。

そこで教えてください。
1、現A社代表Cとつるんで退職金を支払えという決定を引き出そうとしているBを訴訟詐欺で訴えることができるか。
2、A社とBがつるんでいることを、元社員さんと現社員さんの数名が協力をして証明してくれるそうです。なんらかの形で裁判所にこのことを伝える方法はないでしょうか。

わかりにくくてすいません。
なお、私は、20パーセントの株主です。

Aベストアンサー

>1、現A社代表Cとつるんで退職金を支払えという決定を引き出そうとしているBを訴訟詐欺で訴えることができるか。
交渉ですよね?なにが問題なのでしょうか?
背任などの証拠があるなら提出してください

Q域の広さや経済力を示す単位であった石(こく)とは?

昔、地域の広さや経済力を示す単位であった石(こく)は キログラムに換算すると何キロでしょう?

Aベストアンサー

石(こく)は重量の単位ではなく、容積の単位です。一升の100倍・一斗の10倍です。米一石は約150kgです。

Q強制履行には、直接強制、代替執行、間接強制の3つがあるそうですが、41

強制履行には、直接強制、代替執行、間接強制の3つがあるそうですが、414条の条文上には間接強制はないのでしょうか?

Aベストアンサー

債務者に対して直接に強制執行できるなら、間接的にする必要はないからです。
例えば、「建物を取り壊せ」と云う強制執行ならば、債務者が自発的に取り壊さなければ、裁判所の指定した者が取り壊すことができます。
それが代替執行です。
その点、金銭の支払いを求める債権や物の引渡を求める債権は債務者に対して直接に執行することができます。これが直接執行です。
なお、間接執行とは、子を親に引き渡す債務の履行をしない場合等は、「引き渡すまで毎日○○万円支払え」と云うようなことを云います。
執行官が、子を強引に連れ戻したとしても、駈けって帰れば執行したことにならないです。
ですから、金銭の支払いに変えて間接的に履行さすと云うわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング