はなんでしょうか?
違いを明確に教えていただけると有難いです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

本来は別物、現代では同じ意味に用いられる事が多い…


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3% …
キャッシュ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3% …
キャッシュメモリ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83% …
buffer、バッファー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83% …
buffer
RPGなどのゲーム(特に海外のネットゲーム)で保護魔法を使う職種
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E8%81%B7% …
聖職者
ネットゲームでのクレリック、プリーストの事。
    • good
    • 0

道具としてはCPUにとって同じ様ではないかと素人は思います。


人にとって現物とお金と、概念の中では同じではないですか?
取引の時間がずれているだけです。
それをPCの動きに対して言葉を引用していると思います。
    • good
    • 0

バッファ


 元々は、衝撃を吸収して和らげる緩衝器の意味。
 複数の機器を動作させる際にその同期を取ったり円滑に機能させるために
 データ格納するためのもの。
 例)プリンタバッファ(現在は死語でしょうか)

 ビジネスなどで「バッファを持っておく」という言い方をすることが
 ありますが、これは何かあった際に対応出来るよう余裕を持たせておく
 などの意味合いになるとおもいます。(納期や価格など)


キャッシュ
 元々は貯蔵庫の意味。
 PCなどでは、主に高速化のためにデータを置いておく場所を指すことが
 多いです。
 例)HDDやMOドライブのキャッシュ
 
 現在PCのデータ保存で最も多く利用されているのはHDDです。
 PCで最も高速な記憶装置はメモリですが、これは容量単価がHDDなどと
 比較して高価です。
 またPCのメインメモリは電源を落とすと記憶が失われます。
 全てのデータをメモリに記憶させることが不可能なため、
 データ保存にHDDを利用し、その読み出しを高速化するために、高速な
 メモリを置いて少しデータを蓄えておきます。
 これがキャッシュです。
 そうすることで、PCとHDDとのデータやり取りを少しでも速くする
 ことが出来ます。
 
 貯蔵庫を例に取ると、本来食料品はお店に買いに行くことになると
 思いますが、料理中に利用したい食材をその都度スーパーに買いに行く
 のは時間がかかりますよね。
 そこで、あらかじめ食料を買って家に置いておきますよね。
 そうすれば料理する時にすぐに使えますよね。
 でも、家にスーパー並みの品揃えで食料品をストックしておくことは
 ないと思うのです。
 だから、
  PC    =料理する人
  キャッシュ=貯蔵庫、食材を家に置いておく事
  HDD    =品揃え豊富な近所のスーパー
 ということで。
 この関係性でどうでしょうかね。分かりやすいと思うのですが。
 
    • good
    • 0

雰囲気的に、バッファは動作を安定させやすくするために設けるもので、どちらかと言えば通信系の部位に存在するもの~古くはシリアルポートで今ならLANやUSBのポート~みたいな感覚があります。

また安定化のために、送り側と受け側の速度差がない場所にも置かれる場合があります。キャッシュはこの点、送り側と受け側には明白な速度差が存在しますよね。メインメモリとCPUの間とかはこの典型でしょう。HDDもそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2011/04/27 22:49

同じようなものです 


が 明確な汎用的な定義はありませんから、その言葉を使用している者の個々の定義によります
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCPUのスペック比較

外付けのDVDドライブを買おうと思います。 対応パソコンのCPU:Intel PentiumIV 2.4GHz以上とあります。 自宅のパソコンは、Intel Core(TM)2 CPU U7600 @1.20GHz ですが、スペックを満たしているでしょうか。

Aベストアンサー

 Intel PentiumIV 2.4GHzとIntel Core(TM)2 CPU U7600 @1.20GHz の違いですが、クロックだけを見るとIntel Core(TM)2 CPU U7600 @1.20GHz が半分の性能しか無いように感じますが、CoreシリーズのCPUはクロックレートの計算方法が違い、PentiumIVとはキャッシュ容量の違いやパイプライン処理の違いを加えると2倍程度の性能差があるようです。

 従って、Intel Core(TM)2 CPU U7600 @1.20GHzでも、十分な性能があると判断して良いでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/Intel_Core_2

QL2キャッシュ(二次キャッシュ)の効果について、教えてください。

L2キャッシュ(二次キャッシュ)の効果について、教えてください。

Core2シリーズ限定でお願いします。
Core2Duo E8600には6MBもキャッシュが搭載されています。しかし、ベンチマークでは同クロックのPentium Dual-Core(キャッシュ2MB)や Celeron Dual-Core(キャッシュ1MB)と対して変わりません。
二次キャッシュには本当に効果があるのでしょうか?
また、キャッシュ1MB,2MB,6MBではどれほどの差があるのでしょうか?

それぞれの用途での差を教えてください。
・エンコード
・動画観覧(YouTubeやニコニコ)
・ネットサーフィン
・3Dゲーム(FPSなど)
・2Dゲーム(東方ProfectなどのSTGや、横スクロールアクションなど)

Aベストアンサー

一度CPUで実行した命令を蓄える場所です。
1次>2次>3次とアクセス速度が変わります。
用途での差と言うよりも実行されたプログラムの長さ、ヒット率(アルゴリズム)、容量が関係します。
また、処理にはキャッシュだけでなくCPUそのものの速度(クロック)も関係します。

CPUキャッシュは一度実行された命令がキャッシュ内で見つかればそこから実行しCPUで新たに実行しなおす時間を省きます。
CPUキャッシュのの検索、実行には専用にアルゴリズムが組まれ効率的に動作するようになっています。
同系列のCPUでキャッシュが違えばメモリの違い分差は出ますが実際の動作でCPUの速度が1Mのものが6Mの6分の1の速度になる事はありません。
また、CPUキャッシュは上位に行くほど値段が高くなります。
つまり積めば積むほどバカみたいに高くなります。
少ないキャッシュでより高いヒット率(アルゴリズム)があれば少なくても高い能力を発揮します。

因みに、エンコード処理ではCPUキャッシュよりも動作クロック(ソフトがマルチコア対応であればコア数)が速度の差の大きな要因になります。
逆に、ネットサーフィンやYouTubeの動画程度ではそれほど大きなCPU処理を必要としません。
2Dスクロール、3Dゲームでは影響するでしょう・・・
しかし、それもキャッシュのヒット率具合次第です。

結局、6MBあってもキャッシュがうまくヒットできなければ意味がありません。
逆に言えば、キャッシュのヒット率が低いから6MBもあるとも言えます。

因みに、AMDのCPU(同系列)で3次キャッシュのあるCPUと無いCPUでは最大?1コアぐらいの違いが出るそうです。
AMDはキャッシュの効率はintelよりも高いと言っていたと思います。

一度CPUで実行した命令を蓄える場所です。
1次>2次>3次とアクセス速度が変わります。
用途での差と言うよりも実行されたプログラムの長さ、ヒット率(アルゴリズム)、容量が関係します。
また、処理にはキャッシュだけでなくCPUそのものの速度(クロック)も関係します。

CPUキャッシュは一度実行された命令がキャッシュ内で見つかればそこから実行しCPUで新たに実行しなおす時間を省きます。
CPUキャッシュのの検索、実行には専用にアルゴリズムが組まれ効率的に動作するようになっています。
同系列のCPU...続きを読む

QPCゲームのCPUスペック比較

PentiumIII/1GHz以上必須のゲームをCeleron D(2.53GHz)でできるんでしょうか?ちなみにメモリは問題ありません。

Aベストアンサー

同クロックのPentiumとCeleronではPentiumの方が早いですが、絶対とは言い切れませんが、これだけクロックに差があるので、Celeronでも問題ないと思います。

QCPUのキャッシュ

CPUの1次2次キャッシュがありますがなぜこれは大容量化できないのでしょうか?
HDのキャッシュはサムスンあたりのDRAMがついています。8MB-64MBぐらいありますよね。
ちょうど同時期に発売される主流なDRAMチップ1つ分ぐらいのキャッシュサイズです。

CPUの内部キャッシュはコストがかかると昔から言われていますが
多コアになったりGPUと結合したりしている今、内部キャッシュはまだ大容量化できないのでしょうか?
2GB,4GBとかは言いませんが、1次キャッシュで64MBとか2次キャッシュで512MBとか。
それほどコストがかかってしまうのでしょうか?
今の技術であればダイサイズはあまり変わらない気がします。

CPU内部のメモリとは種類が違うってことは知っています。

Aベストアンサー

>種類が違うってことは知っています。
それでなんで同列に論じられるのかがわからないんですけど…

>HDのキャッシュはサムスンあたりのDRAM
これ、確かPC133くらいのSDRAMですよ、データ転送レートがようやく1Gbit/秒程度の。(16Bitアクセスのチップ(あるんだっけ?)ならチップ一つで2Gbit出ますけど、それが上限のはず)
HDDの速度もインタフェースの速度も(物理機構のせいで発生するギャップという意味で)そんなレベルじゃないからそれで十分。
#キャッシュにDDR SDRAMを使うのはSSDからのはず

CPU内部のキャッシュはCPUコアと等速、2GHzとか3GHzで回るRAMが必要。データ転送レートは前世代のi7におけるベンチ結果で150GByte/秒以上、HDDのキャッシュの理論値に比べてさえ1200倍を超える速度です。そんな性能ハングリーなメモリの実装コストは当然容量単価にして何十倍何百倍にもなるわけで。

また、あまりキャッシュを大きくしてもそのキャッシュを管理するコストが馬鹿になりません。256KBのキャッシュには256KB分の内容を管理する手間が、64MBのキャッシュには64MB分の内容を管理する手間がついて回ります。「これこれのコードをよこせ」とCPUから命令が来て、64MB分を探し回ったあげく「キャッシュされてませんでした」と回答するようじゃキャッシュが性能の足を引っ張るという結果に。
そりゃ256KBでキャッシュミスがあっても性能の足を引っ張るには違いありませんけど、256KB分を探す方が64MB分探すより速いですからその分ペナルティも少なくてすみます。
そもそも、64MB分もコードをキャッシュしなきゃならないような巨大プログラムはまだPC業界に現れていませんし、近い未来に主流になることもありえません。

ひとまとめにすると、わざわざ高いコストを払って性能の足を引っ張りかねない大容量キャッシュを積む意味なんて無いってことです。キャッシュの役割はあくまでメインメモリの遅さを隠蔽することが主であって、メインメモリを待つまでの間を持たせることができるだけの容量があればOKってことなんでしょう。

>種類が違うってことは知っています。
それでなんで同列に論じられるのかがわからないんですけど…

>HDのキャッシュはサムスンあたりのDRAM
これ、確かPC133くらいのSDRAMですよ、データ転送レートがようやく1Gbit/秒程度の。(16Bitアクセスのチップ(あるんだっけ?)ならチップ一つで2Gbit出ますけど、それが上限のはず)
HDDの速度もインタフェースの速度も(物理機構のせいで発生するギャップという意味で)そんなレベルじゃないからそれで十分。
#キャッシュにDDR SDRAMを使うのはSSDからのはず

CPU内部のキャッシ...続きを読む

QCPUのスペック

PCのゲームを買おうと思っているのですが、
今使ってるCPUのスペックが、推奨スペックより上回ってるか、下回ってるかわかりません><

今使ってるCPU:AMD Athlon XP 2600+ GHz
CPUの必要スペック:Pentium4 1.2Ghz以上
CPUの推奨スペック:Pentium4 1.5Ghz以上

このCPUスペックで大丈夫ですか?
教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

Pentium4は非常にクロック当たりの性能が低いです。
PentiumIIIの時代までIntel・AMD共にクロックとクロック当たりの性能をバランスよくあげていました。
それが、クロック当たりの性能が非常に低い代わりにクロックを引き上げやすい構造のPentium4をIntelが投入しました。
当時のユーザーはクロックの高さこそ性能の高さと勘違いしている人が非常に多く、性能では劣っていないがクロックがPentium4に比べ低い当時のAMDはの主力のAthlonは性能的に大幅に劣ると誤認された関係で、後継のAthlonXPからモデルナンバーを導入しました。
これがAMDのモデルナンバー導入の経緯です。
最初のPentium4であるPentium4 1.5GHzが発売されたときにAMDの最上位のAthlonが1.2GHzであったにもかかわらず、それに比べ性能で劣っていたことが露見し、ある程度以上知識のある人の中で騒ぎになったくらいです。
その後、Intelは急遽Pentium4はPentiumIIIよりクロック当たりの性能が20%低いという内容の発表をしたぐらいです。
AthlonXP 2600+の性能は必要スペックの2倍以上です。
推奨スペックと比べてもかなり余裕があります。

Pentium4は非常にクロック当たりの性能が低いです。
PentiumIIIの時代までIntel・AMD共にクロックとクロック当たりの性能をバランスよくあげていました。
それが、クロック当たりの性能が非常に低い代わりにクロックを引き上げやすい構造のPentium4をIntelが投入しました。
当時のユーザーはクロックの高さこそ性能の高さと勘違いしている人が非常に多く、性能では劣っていないがクロックがPentium4に比べ低い当時のAMDはの主力のAthlonは性能的に大幅に劣ると誤認された関係で、後継のAthlonXPからモデルナン...続きを読む

QCPUの1次キャッシュについて

新しくパソコンを購入しようと考えています。
仕様一覧などを見ると、CPUの1次キャッシュをいう箇所が
ありますが、この見方がよくわかりません。

例えば、以下が例です。
【12kμOps 実行トレース+8KBデータ(CPU内蔵)】
これは、何の数値を示しているのでしょうか。

Aベストアンサー

■キャッシュメモリとは
メモリは、種類によってアクセスできる速度が違います。
高速なメモリもあれば、低速なメモリもあり、
低速なメモリは安くて大容量、高速なメモリは高価で小容量という特徴があります。
キャッシュメモリは、アクセス元とそのメモリの間に、より小さくて高速なメモリ(キャッシュメモリ)を置き、よくアクセスするデータをその中に入れておき、なるべく高速メモリにアクセスすればよいようにし、低速メモリへのアクセス数を減らして、高速化を狙う技術です。
■1次キャッシュとは
CPUが最初にデータを読みに行くのが、高速でより容量の小さい
"1次キャッシュ"と呼ばれるキャッシュメモリです。そこになかった場合は、
低速でより容量の大きな"2次キャッシュ"と呼ばれるキャッシュメモリにアクセスをしにいきます。当然、1次キャッシュの方が高速です。一般に容量が大きい方が性能はよくなります。
■キャッシュの構成
1次キャッシュの中は、
・CPUがよく使う"命令"を保存し、高速化を狙う”命令キャッシュ” と、
・CPUがよく使う"データ"を保存し、高速化を狙う”データキャッシュ”
の2つが存在します。
■解釈
(1)"12kμOps実行トレース"
・"12k"とは、= 12,000 の数を表します。
・"μOps実行トレース"は、前項で説明した"命令キャッシュ”の一種のことを指しています。
Intel Pentium 4 などの場合、専用のマイクロ(μ)命令を使用するために、μ命令用のこの種類の命令キャッシュ(μOps実行トレースキャッシュ)を使います。
つまりは、「12,000語の命令を保存できる命令キャッシュを持っている」
という意味を表しています。
(2)"8KBデータ" について
・"8KBデータ" というのは、「1次キャッシュの中に
前項で説明した"データキャッシュ"が
8KBの容量だけある」という意味を表しています。

■キャッシュメモリとは
メモリは、種類によってアクセスできる速度が違います。
高速なメモリもあれば、低速なメモリもあり、
低速なメモリは安くて大容量、高速なメモリは高価で小容量という特徴があります。
キャッシュメモリは、アクセス元とそのメモリの間に、より小さくて高速なメモリ(キャッシュメモリ)を置き、よくアクセスするデータをその中に入れておき、なるべく高速メモリにアクセスすればよいようにし、低速メモリへのアクセス数を減らして、高速化を狙う技術です。
■1次キャッシュとは
CPU...続きを読む

QPCのスペックの比較をお願いします

当社でいわゆる電子黒板を導入する事になりました。
大きさは70インチで、制御用のPCには電子黒板の制御ソフトを導入します。PCとはDVI-Dで接続します。
業者からはCore i7の以下スペックのPCの提供を求められましたが、在庫PCのCore i5でも性能的に賄えればと考え、在庫PCのスペックを業者に問い合わせましたが、よくわからないとの事でした。
業者はi7-3520Mの"M"の意味がわからないうえ、HD Graphics 4000のグラフィックボードを別途積んでくださいとのこと…。
DVI-Dは本体内蔵で賄えますのでボードから出力はしないかと…。Core i7ならHD Graphics 4000も搭載といいますか内蔵といいますか…。

質問です。
1)以下に制御ソフトの動作環境とPCのスペックを記しますので、在庫PCでも賄えそうかご回答・提案願えますでしょうか。
2)純粋にPCを比較した場合、以下の2つのPC(i7-3520M・HD Graphics 4000と、Core i5-3470 3.20GHz・HD Graphics 2500)では、操作感、処理速度、外部出力の応答速度に違いはありますでしょうか。
ウェブでCPU比較表等でコア数やスコアは見ましたが、いまいちわかりませんでした。

■制御ソフト動作環境
CPU:Celeron 1.6GHzまたはAMD Sempron 1.6GHz以上
(Core 2 Duo 2.8GHzまたはAMD Athlon II X2 2.8GHz以上を推奨)
メモリー:2GB以上

■共通
システム:Windows 7 Professional(32bit)
メモリ:4GB
HD:余裕あり
ソフトウェア:電子黒板制御ソフトウェアを導入

■業者提示スペック
CPU:Core i7-3520M
グラフィックボード:HD Graphics 4000
(ノートか小型デスクトップですよね、これは…)

■在庫機スペック
機種:HP 6300 Pro SF
CPU:Core i5-3470 3.20GHz
チップセット:Q75 Expressチップセット
グラフィック:HD Graphics 2500
HPのディスプレイポートから付属アダプタでDVIに変換

当社でいわゆる電子黒板を導入する事になりました。
大きさは70インチで、制御用のPCには電子黒板の制御ソフトを導入します。PCとはDVI-Dで接続します。
業者からはCore i7の以下スペックのPCの提供を求められましたが、在庫PCのCore i5でも性能的に賄えればと考え、在庫PCのスペックを業者に問い合わせましたが、よくわからないとの事でした。
業者はi7-3520Mの"M"の意味がわからないうえ、HD Graphics 4000のグラフィックボードを別途積んでくださいとのこと…。
DVI-Dは本体内蔵で賄えますのでボードから出力は...続きを読む

Aベストアンサー

電子黒板の製品名が判らないとだれも答えられないと思うけど。

http://www.sharp.co.jp/lcd-display/corporate/lineup/l702b/
上記などは、1920X1080ピクセルで表示できればいい。
DVI-D接続には、別売品のインターフェース拡張ボード PN-ZB01が必要ってだけで、i7が必要な訳でない。
CPUなんかセレロンでOK.
http://www.sharp.co.jp/lcd-display/corporate/lineup/l702b/spec.html#hardware

どうも、業者に吹っかけられているような気がしますよ。
上のリンクなんか見せながら、
「本当にi7が必要なのだったら、i5でも使える他社製品にする。何故i7が必要か」
と業者に問い詰めればいかがでしょう?

納得の行く回答があれば購入すればいいし、納得できなければその業者を切るだけですね。

Qキャッシュメモリシステムの性能についてで質問です

今回はこの質問を見ていただいてありがとうございます。
今回私に以下のような問題が出されたのですが、私では全く解答することができなかったので質問させていただきました。
どうかお分かりになるかたは、回答お願いいたします。
ずうずうしいですが、可能であれば考え方なども書き込んでいただけると嬉しいです。


メモリサイズ:4KW
キャッシュメモリサイズ:256W
ブロックサイズ:16W
(1)ブロック内オフセットアドレスの語長は何bitか。
(2)ダイレクトマップ方式のとき、TAGメモリアクセスの「MOD演算サイズ」はいくつか。
(3)2Wayセットアソシアティブ方式のとき、TAGメモリアクセスの「MOD演算サイズ」はいくつか。
(4)フルアソシアティブ方式のとき、TAGメモリで行う「一致計算回数」はいくつか。

Aベストアンサー

Wですか、使いませんものねぇ、今は。ワードと呼び、2byte~4byteの値(処理系によって違う)を示します。ここではKW(キロワード)となっていますから2byte処理系で8bit×2×1024(2byte処理系)、8bit×4×1024(4byte処理系)の差が出ます。後は講義の際に先生が何byte処理系の話をしたかなので、自分にわかるのはここまで。普通は1w=16bitとしていたかなぁ、昔は!
ここに説明があるから呼んでおいてください。
http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/physics/classes/genphys/Hout2006/NK060620.pdf

QCPUの性能比較

CPU Intel Pentium4 3.40GHz のパソコンとeMachines EL1300-E2どちらが性能的に優秀でしょうか?

現在、自作のCPU Intel Pentium4 3.40GHz メモリ1GBのパソコンを使用しています。
最近、このパソコンが調子が悪くなり、安くて同程度のパソコンを探していたのですが、
偶然、安価な eMachines EL1300-E2をみつけました。
CPU AMD Athlon™ 64 2650e プロセッサー (1.60GHz, 512KB L2 キャッシュ, 1066MHz System Bus)
とありますが、CPUだけ比較してP4 3.4GHzとどちらの性能が上でしょうか?

PCの用途は、DVD鑑賞&製作、CDコピー、各Officeソフト、低スペックのオンラインゲームなどです。
現在のPCでは特に不満なく利用できています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあ単純性能で言えばPentium 4の勝ちですね。
ワットパフォーマンスでは大差で逆転(Pentium 4の熱設計上の消費電力値が89~103W、Athlon64 2650eが同15W。)、またPen4側が内蔵グラフィックならグラフィック性能でもEL1300の圧勝です。
総じて消費電力を抑えつつ大差のない使用感を持ってるんじゃないでしょうか。

#しかし1066MHzシステムバスって何だろ? FSBに当たるHyperTransportは1000MHzのDDRで2000MHz相当だし、メモリコントローラはDDR2-667のデュアルチャンネルだし…

まあ、せっかく買い換えるならもっと性能ギャップのあるものを…と言う提案には賛成。少なくともデュアルコアCPU搭載品を狙いましょうよ、世界が変わりますから。

Q2500kと2600kキャッシュ2MBの差は?

さんたです。
こんにちは。
自作を考えております。現在は、Core2DuoE7200OC3.0GHです。

PCWATCHやconecoレビューを拝見したら、すごく迷ってきました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20110103_417994.html

2600kを購入しようと思っておりましたが、2500kもいいじゃん?と思いました。違いは、L3キャッシュが8MBと6MBの違いとHD3000のクロックがちょっと違います。

通常使用
ネット、Dreamweaver,photoshop,たまに動画編集

をするのですが、そこまで差があるものでしょうか?
6千円ほど上乗せして、やはり2600Kに選択する余地はありますでしょうか?

OCを考えております。2600Kの方が伸びが良いのでしょうか(?もちろん自己責任です)
チップセットは、Z68を考えております。

どうぞ宜しくお願い致します。
失礼致します。

Aベストアンサー

キャッシュ容量の差で同一クロック・HTTOFF時に3%位2600kの方が速い感じですかね

OCの伸びはぶっちゃけ当りを引けるかどうかです
今の所この二つのCPUで耐性の有意差はなさそうですし、CPUを一つしか買えないのならどっちでも良いでしょう
当りが引けるまで御神籤をするのであれば2500kの方が安上がりになりますが・・・
自分は2600kを三回御神籤して5GHz空冷常用/OCCT・Prime24時間クリアできるのを引きました

6000円程度で悩むようであれば、2500kを購入して差額を大型のCPUクーラー代に充てるのがベターでしょうか

ご自身もおっしゃられている通り、OCは自己責任ですのでまぁ話半分と言う事で


人気Q&Aランキング

おすすめ情報