築32年の木造2階建て住宅にて、ベランダの鉄柱の根元部分に錆が発生、約2cmにわたり錆穴が貫通してしまいました。

このようになった現在、

(1)どのような改修・補強方法が考えられるでしょうか。
(2)改修それともベランダの新調となるでしようか。
(3)工事を頼む場合、木造家屋の建築をしている一般的な工務店とリフォーム専門の業者とどっちが良いでしょうか。

同様の経験をお持ちの方、建築に精通されている方など、お知恵を拝借できたら幸いです。

「ベランダの鉄柱根元に錆穴貫通、対処方法を」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

鉄骨屋さん直に依頼して下さい


建築工事は多種業者が入るの整理調整役の工務店が必要なのです
多くのリフォーム会社は営業受注専門が多く実務は他社に投げます
中間に色々入る度に経費が嵩む(下請け→孫請)ので直がよいのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々とご回答下さいましてありがとうございます。
早速、鉄骨屋を探して見ます。
添付写真から、質問(2)についてもご判断を頂けると幸いです。

お礼日時:2011/04/27 11:08

補足します、但し鉄骨屋の技量と信義に頼る事になる


発注者も単に安くしたいと工賃値切ると高い工事費工事を提案される
補修改善工事は工事量の多寡ではなく職人の気持ちを大切にする処から
鉄骨の性質は木に似て、継ぎ接ぎ補足が出来る点にあります
総取替えではなく、補う考えで幾つかの方法があります、良い職人を見つけて下さい
近ければ職人に聞いて見るのだが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご提言ありがとうございます。

日頃、「高額ても、長く使えるものを買う」という事と「人の気持ちを大切にする」をモットーにしており、この度のaterier21様のご提言に共感を覚えます。

昨日から神奈川県・県央の鉄骨屋のリストを作り始めました。
それを基に、やってくれそうな会社を探す予定にしておりますが、個人を相手にしてくれるかどうか・・・・。

お礼日時:2011/04/28 10:02

あ、角柱でしたね。



ならば、ベニヤ板や厚紙で型枠作ってあげてもいいでしょうね。

とにかく、DIYで可能です。
    • good
    • 0

他の面の強度がまだあるとして・・・



まず、あらかたの錆をワイヤーブラシなどで落として、錆止め塗料を塗る。

パイプ柱の直径より5cm以上くらい大きいボイド管(サランラップやトイレットペーパーの芯みたいなもの)を、高さ10cmぐらいに切って、それを縦に2分割する。(ボイド管でないものを使う場合は、内側にクラフトテープなどを張っておく)

それを柱を中心にして配置し、はさんでテープなどで固定し、中にインスタントセメントを流し込む。

固まったら、管をはずし、気になるなら色を塗る。

まあ、ある程度の強度は戻りますし、錆の進行もある程度止められます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いろいろな方法があることがわかりました。
業者を探し、現場を見て頂き、業者の意見を拝聴して決めたいと思っております。
方法が決まった後に、この質問を締め切らせて頂くつもりでおります。

お礼日時:2011/04/28 09:39

私なら…現状100角のパイプが立っているのだと思います。


足元のみ300角程度になっても支障が無ければ…


足元をアングルで四方補強
パイプ側は溶接
コンクリ側はオールアンカー打ち込み

そして補強部分を覆うようにモルタルで根巻き

おそらく一番作業効率が良く安つくと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いろいろな方法があることがわかりました。
業者を探し、現場を見て頂き、業者の意見を拝聴して決めたいと思っております。
方法が決まった後に、この質問を締め切らせて頂くつもりでおります。

お礼日時:2011/04/28 09:40

作業としては


1.ベランダの角パイプの周りのコンクリートを斫る(はつる)
2.角パイプを交換する。(各部の切断、溶接)
3.錆止め塗装
4.仕上げ塗装
5.斫り取った部分のコンクリート(或いはモルタル)充填
6.コンクリート表面の仕上げ

鉄骨屋さん(製作金物屋さんでも)に相談して
斫りと塗装、モルタル仕上げまで手配できるか確認して
できるのならそこ1社でできますが
そうでなければ工務店、リフォーム業者を頼んだ方が
工程の調整や手配がスムーズでしょう。
建築工事は分業なので
自分でそれぞれの職種に頼めばそれぞれの業者に1日分の手間を払わなければ
ならなくなります。
少なくても金物屋さんと塗装工、左官工は必要でしょう。
これらの業者は道具を持ってきての作業なので
それなりの単価になります。
角パイプを切断してH鋼などで下駄を履かせてもできるでしょうが
接合の強度が確保できるかは溶接長と腕次第なので
姑息な修復としないで柱を交換してしまった方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
作業内容のご説明が具体的で助かります。
ご回答の内容を予備知識にして、請け負ってくれる業者を探したいと思います。

締め切りは、一段落してからとさせていただきます。
それまでは、幅広く回答を求めさせていただきます。

お礼日時:2011/04/27 14:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄製の支柱の腐食~修理~補強

駐車場の屋根を支えている4本の支柱の1本の下部に錆を発見したため鉄製のブラシで塗装を剝がしてみたところ穴が空いていました。腐食と思われます。削れる範囲は今のところ直径が1センチにも満たないものなので、補強をしようと思いますが、どんな方法が良いでしょうか? 取り敢えずパテで埋めて、乾いたら塗装を再塗装をしようと思いますが、他にもっと良い方法が有るでしょうか? 中は空洞なので、穴の位置辺りまで空いた穴からセメントを流し込んだら、支柱の補強と内部の補給にも成るかと考えも有りますが、素人考えでしょうか? 流し込んだ後、強固に固まり、尚且つ腐食の進行を止める様な材質の材料が有ればお教え下さい。

有識者のお知恵拝借。

Aベストアンサー

錆の原因となる、酸素と水、特に水の出所がきになります。
まず、周囲にブラシをかけて塗装の浮きがあると完全に剥がすこと。
セメント自体にも防錆効果はありますが、鉄が出ている境目などは水が溜まりやすく長期の防錆効果は期待できませんので、亜鉛末塗料などの錆止め処理をします。
 その後、通常のセメントでよいので、穴の中に流しこんでも良いでしょう。地下からの水蒸気の侵入を防ぐためです。内部は水が流れないのでセメントの防錆効果で十分でしょう。
 その後必要ならパテ補修をして塗装します。コンクリート部分から10cm程度は亜鉛末塗料を塗ったほうが良いでしょう。(塗装の上からでも良い)
 最後に仕上げ・・

 亜鉛末塗料はスプレー(ジンクスプレー https://www.google.com/images?hl=ja&q=%83W%83%93%83N%83X%83v%83%8C%81%5B )もあります。下塗り用と明記してあるものを使用すること。

Q錆びた鉄製ベランダの補修に関するアドバイスを

突き出しベランダ(2間×半間)の鉄製帯とベランダのプラ板を支えている10数本の鉄製Cチャンが錆びています。特にCチャンの数本には穴が空くくらいの錆び。
無謀にも、このベランダの補修を考えております。

プラ板を外し、錆び落しパーツを取り付けたグラインダと電気ドリル、サンドペーパーなどを動員して錆を落とし、穴の空いたCチャンには同じサイズのCチャンを並べ添えて補強しようと思っています。もちろん錆び止めとペイントを念入りに塗って。落としきれない所の赤錆びには、赤錆を黒錆びに変えるスプレーを吹き付ければいいかなと・・・。ホームセンターに行って必要なパーツや塗料などの下見をしています。錆止め入りのペイントもあるようで、結構便利ですね。

実は、かつて(数年前)このベランダを補修しようとプラ板を外しかけたのですが、ネジが錆びているため外しきれず中断。最近そのようなネジの外し方を知ったために再度の挑戦をもくろんでおります。

イメージは完璧なのですが、なんせ素人。予め準備していた方がいい機材、パーツ、方法などアドバイスいただければありがたいです。

突き出しベランダ(2間×半間)の鉄製帯とベランダのプラ板を支えている10数本の鉄製Cチャンが錆びています。特にCチャンの数本には穴が空くくらいの錆び。
無謀にも、このベランダの補修を考えております。

プラ板を外し、錆び落しパーツを取り付けたグラインダと電気ドリル、サンドペーパーなどを動員して錆を落とし、穴の空いたCチャンには同じサイズのCチャンを並べ添えて補強しようと思っています。もちろん錆び止めとペイントを念入りに塗って。落としきれない所の赤錆びには、赤錆を黒錆びに変えるスプ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

道具は何となく有るようですね、
錆び落としの時電動工具を使用されると思いますが
念のため保護メガネの使用をお勧めします。

>それから、分かっているかと思いますが、外せる物は全て外し1階(地上)で作業して下さい。
ネジが錆びているため外しきれず中断。最近そのようなネジの外し方を知ったために再度の挑戦をもくろんでおります
どのように外すか書いていませんが、ねじ頭を鉄鋼キリで
削り取るのが早く安上がりです。

ワイヤーブラシ使用の時は溶接用の厚手の皮手が刺さることなく安心です。

ご自分で色々調べてやる気満々見たいですので天気に良い日に挑戦してください。

最後に誰もが『安く上げたい』と考えると思いますが
ホームセンター以外にも今回必要な道具や材料が有ります
『100円ショップ ダイソー』を参考程度見られてはと思います。

当方がダイソーで揃える場合リスト
(1)ワイヤーブラシ (手持ち)
(2)ワイヤーブラシ (時電動工具用)
(3)保護メガネ 
(4)各種ねじ
(5)色塗り用の筆・刷毛
(6)その他使えそうな物

*所詮100円ですが以外にお進めです。

こんにちは。

道具は何となく有るようですね、
錆び落としの時電動工具を使用されると思いますが
念のため保護メガネの使用をお勧めします。

>それから、分かっているかと思いますが、外せる物は全て外し1階(地上)で作業して下さい。
ネジが錆びているため外しきれず中断。最近そのようなネジの外し方を知ったために再度の挑戦をもくろんでおります
どのように外すか書いていませんが、ねじ頭を鉄鋼キリで
削り取るのが早く安上がりです。

ワイヤーブラシ使用の時は溶接用の厚手の皮手が刺さるこ...続きを読む

Q鉄骨柱の腐食補強対策

小屋のH鋼の柱がFL~+10cm位がサビて(FLはコンクリート土間)一部穴があいてしまいました。柱はFLにアンカー止をしています。屋根はありますが、壁はなく、雨水が土間に侵入します。このH鋼を補強する良い方法はありませんか?例えば、H鋼の周囲10cm位で高さ20cm位モルタルを巻く。・・・サビが膨張しモルタルが割れる?とかモルタルとH鋼との接着不良の発生は問題ないでしょうか?
また、モルタルの割れ防止に何か良い方法がありますか?

Aベストアンサー

風雨だけで穴があくまで? 潮風が当たっているのではありませんか。
基本的に鋼材の厚みが2割以上も薄くなっていたら、溶接による補強は必須です。
アンカーは使えるのか、埋め殺しになっても良いのかご判断ください。
(そのままコンクリートを巻いて補強にしたい場合はプロの施工解釈が要ります)

本来、コンクリート・モルタルは一体施工でないとその境目から経年変化で割れてきます。
また、ひびが入っただけでも中の鉄骨・鉄筋に腐食が進むこともありますが、今回はそこまで
考えなくてもよいでしょう。

モルタルの剥がれ防止にはベース側の面を荒らしておく。
場合によりアンカー的な物を打ち増し、立ち上がり上部への鉄筋の代わりにします。

H鋼の周囲にモルタルだけで10CM以上巻くのは考えものです。
(一般に5CM以上の厚みがあれば、コンクリート=砂利入りにすべきです)

モルタルの割れ防止には餅焼きの網程度のものを一緒に中に入れておく手もありますが、
どちらかというと、ひび割れ後の脱落防止程度の効果しか期待できません。

とにかく配慮してほしいことは、
・型枠を外す時に無理な力を与えないように。(冬間のことでもあり10日後くらい経って外す)
・鉄骨に当たる部分(埋まる所)は、塗料は塗りません。
・モルタルのセメント量は多い目にする。

風雨だけで穴があくまで? 潮風が当たっているのではありませんか。
基本的に鋼材の厚みが2割以上も薄くなっていたら、溶接による補強は必須です。
アンカーは使えるのか、埋め殺しになっても良いのかご判断ください。
(そのままコンクリートを巻いて補強にしたい場合はプロの施工解釈が要ります)

本来、コンクリート・モルタルは一体施工でないとその境目から経年変化で割れてきます。
また、ひびが入っただけでも中の鉄骨・鉄筋に腐食が進むこともありますが、今回はそこまで
考えなくてもよいでしょう。

...続きを読む

Q錆の上から塗れる塗料の使用のコツと効果を教えてください。

錆の上から塗れる塗料の使用のコツと効果を教えてください。・・・グラインダとかで錆を出来るだけとったほうがいいか??膨れているところだけでいいか??500平米ほどありますので・・・・

Aベストアンサー

色で誤魔化すだけであれば、おすすめします。
1年保証の意味はそこにあります。
1年過ぎる頃に間違いなく、塗膜が膨れてきてそのうちにもっと大きくなったサビが現れます。
長持ちさせるのであれば、徹底的にサビはグラインダーで落として錆止め材をていねいに塗り込んで完全にサビをシャットアウトして上塗りを塗るべきです。

お商売でしたら、誰もそこまでしません。
サビが消えれば 仕事がなくなりますから・・・。

一日1平方メートル仕上げても2年で完璧になりますよ。

Qパテ埋め

屋外の鉄製の非常階段に親指大の穴が複数あります。先日素人工事でケレンで磨いたところ、
穴が開いてしまいました。何とか復旧できそうなのですが、穴埋め後ペンキ塗装をするつもりですが、パテ・塗装の材料・方法をおしえてください。知り合いが言うには溶剤入りのペンキといいますが、
意味がよくわかりません。ほっておくとひどくなりそうで非常に心配しております。

Aベストアンサー

床板にせよ手摺支柱にせよ、ケレン程度で穴が開いてしまうのは相当に腐食が進んで「危険」な状態と思うのですが・・・
パテに強度などというものを期待してはいけません。
親指大の大きさの穴なあらば、普通はバックアップ材でパテ材料を保持してやらなければ単純に埋めることはできないと思います。
床板の穴をパテ埋めしてもヒールの先であっさり抜けてしまうと思います。

もし私の想像どおり腐食によるものでしたら、本格的な補修の他に選択肢はほとんど無いでしょうね。
応急的に考えられるのは
床板の場合、上、または下面からあて板を溶接し補修します。
上面に当て板する場合は縞板の目をグラインダーで平らに削ってからあて板します。
あて板が出っ張るのがいやなら、下面からあて板し、上面に残った穴はエポキシパテで誤魔化します。
角パイプ支柱などは、コの字かL型に曲げ加工したあて板でパイプの破損部をカバーしてしまうか、適当なところまで切り取ってしまい、新しい材料に挿げ替えるかです。

その外にFRPで積層して補修するのも良いかもしれません。
いずれにしろアマチュアレベルのDIYで手を出せるレベルのものではなさそうですが・・・

塗装は通常のケレン、錆止め、上塗りでいいでしょう。
「溶剤入り」の「入り」って部分がわかりませんが、水性でなく溶剤(シンナー)を使うペイントを言っているのだと思いますよ。やはり水性ペイントより耐候性が高いものが多いですから。
現場で旧塗膜を全部剥がしてしまうことはおそらくできないでしょうから、強溶剤のものは避けた方が無難です。
上塗りのペイントには品種によりそれぞれ特徴とか性能差がありますが、それより錆止めが重要に思います。腐食により穴があく状態では普通に金物屋さんやホームセンターにある一般錆止め(JisK5621または同等)ではあまり錆止め効果を期待できないですね。
平米数にもよりますが5623とか場合によってはタールエポとかで塗装屋さんにお願いしても良いかもしれません。

床板にせよ手摺支柱にせよ、ケレン程度で穴が開いてしまうのは相当に腐食が進んで「危険」な状態と思うのですが・・・
パテに強度などというものを期待してはいけません。
親指大の大きさの穴なあらば、普通はバックアップ材でパテ材料を保持してやらなければ単純に埋めることはできないと思います。
床板の穴をパテ埋めしてもヒールの先であっさり抜けてしまうと思います。

もし私の想像どおり腐食によるものでしたら、本格的な補修の他に選択肢はほとんど無いでしょうね。
応急的に考えられるのは
床板の場合、...続きを読む

Qコンクリート割れの補修方法について

 初めて質問します。素人なので、よくわからないため教えて下さい。
家の玄関先がコンクリートでやってあるのですが、所々割れてえぐれたりしていて、歩くときにへこみに足をとられて転びそうになります。
 コンクリートは、あとから付け足して盛り直しても、くっつかなくて、またすぐ取れてしまうと聞いたことがあります。
 コンクリートを全部はがして塗り直す予算がないので、素人が日曜大工程度で補修できる方法はありますか。
 くぼみに埋める物はコンクリートでなく、別の素材でもいいです。
何か方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ご質問のような場合ですと、大きくはつって範囲が大きいところは差筋などを使うなどしてコンクリートかモルタルを流し込んで補修するのが基本です。
モルタルの方が接着強度があり、樹脂を混入させた接着性の良い樹脂モルタルというものもあります。(その分高い)
安価に済ませるのでしたら、モルタルに混入させる樹脂も売られています。

施工時には必ず事前に既存のコンクリートをよく水でぬらして行います。(でないとコンクリートに水がすわれるので、きちんと硬化せず、剥離します。

はつらなければならない面積が広く大変であれば、ホームセンターからハンマードリル等を借りてください。

多分それが一番安価だと思います。

Q塗装された鉄骨にコンクリート

H鋼で出来てるガレージの柱に錆対策でコンクリートを打とうと思います。

現在鉄骨は塗装された状態なんですがコンクリート打設前に塗料を全部はがした方が良いのでしょうか?ちなみに塗料はホームセンターなどに売ってる普通のペンキです。


また、鉄骨は最長13cmくらいのH鋼で打設後のイメージとしては太さ30cm高さ2mくらいの柱にする予定なんですがH鋼だけでなく異型鉄骨なども入れた方がよいのでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄骨の錆び防止のために被覆としてコンクリートを
巻こうと考えておられるようですね。
できることなら、バーナーなどで、鉄骨強度に
影響を与えない程度にあぶって、その後に、ケレンして
塗装を除去するのが最適ですね。

コンクリートは強アルカリですので鉄の酸化を防ぎます。
そのためには鉄の表面を出してやるのが最適です。

コンクリートで巻く部分と、巻かない部分との境目は
コンクリート打設前に、シール用の1-~15ミリ程度の
ウレタン目地材などを鉄骨に貼り付けておいて、シール空間を作り、
コンクリート打設後にウレタンシール程度をしておくことです。

また、コンクリートで巻く部分には、鉄筋で縦に4本、
横方向は20センチ間隔程度で骨組みを作っておいた方が
強度が出ます。
鉄筋はD10程度で十分です。

ガレージとのことなので、コンクリートの車側の角には
コーナーガードなどのクッション材を打ち込んでおかれれば
より最適と思います。

Q鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどち

鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどちらでしょうか?

Aベストアンサー

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であり、錆止めと言う下塗りが一番重要なのですよ、錆止めが悪ければ、錆で塗膜が浮いてきたり、錆止めごと剥がれたりします。
ウレタンとシリコンは上塗り塗装と言うのですが、どんなに高価な上塗り塗装でも下塗りの錆止めが剥がれては意味がありませんよね。
錆止めの状態や屋外や屋内の様に環境にも左右されるので目安でしかありませんが、ウレタン系で8年~10年・シリコン系で12年~15年の一般的に耐久力があるとされてます。

用途にもよると思いますが、フッ素系はあまり使いませんね。高額ですが高品質なのは確かです。

下塗りにはエポキシ系で良いかと思います。

硬化方法による耐久性の違い
一般的な1液自然乾燥硬化塗料 < 硬化剤を混入し化学反応にて硬化する 2液硬化形塗料 < 空気中の湿気に反応する1液反応硬化形塗料

ウレタン樹脂塗料でも2液硬化形で強溶剤タイプなら水性シリコン樹脂より強く溶剤別で 一番 耐久性低い水性塗料でもシリコン樹脂で 反応硬化形ですと12年から15年の耐久性が有りますので2液強溶剤形ウレタン樹脂より強いのです、現在一番人気のあるシリコン樹脂塗料でも水性・弱溶剤・強溶剤・自然乾燥・応硬化乾燥・2液硬化・など沢山のタイプが有り 耐久性や価格も違うのですシリコンでも ウレタンより 劣る場合も 又その逆も 有ります。

ここからは参考に
ステップ1 ケレン
 剥がれかかっている旧塗膜や錆を落とす作業のこと、または、既存塗膜が活膜(新しい塗膜)の場合は密着を強くするための目荒らしをケレンといい、鉄部塗装全般において最も重要な工程といえます。

ステップ2 錆止め
 鉄部における下塗りの工程です。
  錆止め塗料には
・一般錆止め塗料(ホームセンターなどで入手可能)
・鉛丹錆止め塗料(鉛中毒の危険性あり)
・シアナミド鉛錆止め塗料(建築現場で多く使用)
・エポキシ樹脂錆止め塗料(一液、二液)

エポシキ系をお勧めします。

ステップ3 中塗り
 錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため上塗り塗料を塗ります。上塗り塗料は通常2回塗ることによってその効果を発揮することができるので、上塗り1回目の工程を中塗りともいいます。

ステップ4 上塗り
 中塗りと同様の塗料を塗って仕上がりとなります。言い替えますと、上塗り材を2回塗ることによって、初めて適正な塗膜厚が確保され、その塗料の耐久性を十分に発揮されることとなります。

っと基本的な常識的なプロの工程作業です。

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であ...続きを読む

Q土中に建てる鋼材アングルの耐用は

屋外に支柱として「鋼材アングル」を立てる予定です。土の中に埋め込むため腐食が気になります。と言ってステンレスでは高すぎるので鋼材で考えています。素人考えですが土中部分に腐食を遅らせる塗料や、ビニールカバーなどないのでしょうか?何かよき方法があればお教えください。雨風が当たる屋外ですがそのまま埋め込みで建てるとして耐用年数は一般的にどの程度なのでしょうか?
(30ミリ×30ミリ、厚さ3.2ミリの一般的な市販品です)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

設備工事の監督をしています。
結論から申し上げるとお考えの方法では止めたほうが良いと思います。
亜鉛メッキ品でもそのまま埋めれば5~10年でボロボロでしょう。

支柱と言う事で2m以上と思いますが、打ち込むのでしょうか?
穴を掘るとしてもつなぎが必要ですよね。でしたら埋め込む部分だけでも
耐久性のある物を使いましょう。

私なら羽子板付き束石(コンクリート製)に角パイプを使うと思います。
この羽子板も簡単なメッキですからさらにローバル等でさび止め塗装し
角パイプを貫通ボルトで固定します。

土中での一般的な鉄の腐食防止法はコンクリート巻き、厚み40mm以上ですが
今回はうまくゆくとは思えません。(鉄筋コンクリートの鉄筋は錆びないです)
他は配管工事でよく使われた防食テープ、今は外面被覆管が主流です。
http://www.nitto.co.jp/product/datasheet/const/index.html

仕事上の興味もあり検索してみたらすごい製品もあるのですが、
施工法、入手方法も個人では難しそうでしたので紹介は致しません。
今回紹介した物はホームセンター、配管材料店で入手可能と思います。

設備工事の監督をしています。
結論から申し上げるとお考えの方法では止めたほうが良いと思います。
亜鉛メッキ品でもそのまま埋めれば5~10年でボロボロでしょう。

支柱と言う事で2m以上と思いますが、打ち込むのでしょうか?
穴を掘るとしてもつなぎが必要ですよね。でしたら埋め込む部分だけでも
耐久性のある物を使いましょう。

私なら羽子板付き束石(コンクリート製)に角パイプを使うと思います。
この羽子板も簡単なメッキですからさらにローバル等でさび止め塗装し
角パイプを貫通ボルトで固定します...続きを読む

Q看板の柱(金属)の修繕方法を、教えてください。

看板の金属(金属)が、添付の写真の様に根元から切れて外れてしまいました。
良い修繕方法をご存知の方がいらっしゃったら、
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

私が行った フェンスの場合。
先に、埋まっているパイプのサビなどのゴミを掃除機などで取り除きます。
その穴に ある程度の間隔を開けて異形鉄筋を差し込んでモルタルを流し込みある程度硬化を待ちます。


異形鉄筋は2-30cm地上部に出しておきます。
異形鉄筋が動かないことを確認して 看板のバイブを差し込んで
そのバイブの上部キャップを外して、そこからモルタルを流し込みます。

細長い棒を用意して、モルタルを入れながら そのバイブに差し込んで何度も突付いてしっかり詰め込みます。
先の地中の穴にも同じ事をして下さい。

細長い棒が差し込むことが出来ない場合には、バイブの外からゴムハンマー等で叩きます、振動でモルタルに隙間が出来ない様にします。

地上部のバイブの異形鉄筋が隠れるまでモルタルを流し込みます。
硬化するまで バイブの傾きに注意が必要です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報