肺がんの初期段階の自覚症状は無い場合もあると聞きましたが、脳に転移した場合は自覚症状がはっきり出てくるのでしょうか。以下2点教えてください。
(1)転移するとすぐに自覚症状が出る?
(2)その自覚症状は持続する?(一時的なめまい、吐き気とかではなく、日中頻繁にあるとか・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

検査 機器」に関するQ&A: 組立部品の検査機器

A 回答 (1件)

>肺がんの初期段階の自覚症状は無い場合もある



ない場合もある……ではなく、
初期の肺がんならば、自覚症状はありませんよ。
だから、がんは怖いのです。
自覚症状があれば、誰でも病院へ行って検査を受けます。
例えば、風邪で熱が下がらない、咳が止らないならば、
医師の診察を受けるでしょう。
初期のがんには、そのような症状がないのです。

>(1)転移するとすぐに自覚症状が出る?

いいえ。出ません。
だから、検査をしないと転移したことがわからないのです。

>(2)その自覚症状は持続する?

持続する、しないと単純には言えません。
持続するということは、かなりのダメージを受けているということです。
初期の段階では、持続するという感覚ではないでしょう。

転移するといっても、最初から1センチ、2センチの塊ができるわけではなく、
最初は細胞一つから始まるのです。
だから、転移したと言うこと自体、どんなに優秀な検査機器を使っても
検出できません。
それが、徐々に大きくなり、数ミリ~5ミリぐらいの大きさになってくると、
CTなどの検査機器で発見できるようになります。
さらに大きくなると、自覚症状も出てくる場合もあるでしょう。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2011/04/28 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q癌と脳萎縮について御存知の方、お願いします。

知人(60歳)が、5月初旬、子宮ガンの手術を受けました。
(全摘出です。転移はしておりません。)
普段アルコール摂取があった為麻酔を強めにされたそうです。
術後、意識が2日ほど回復しませんでした。
意識が戻り、しばらくしておかゆを食べれるようになったものの、体調が優れず、また点滴に戻りました。
その後、体調が日に日に悪化しているようで、体力が回復しません。
そんな時、頭痛を訴える為、CTスキャンで検査をすることとなりました。その結果、脳萎縮だと告げられましたが、患者の体力が戻らない以上、手術も出来ないとのことです。

これは麻酔による脳萎縮なのでしょうか?
常にアルコールを摂取していると脳萎縮になるということも調べました。アルコールによる脳萎縮なのでしょうか?
癌からの影響なのでしょうか?
術後の体調が優れないことも関係があるのでしょうか?
体力が回復すれば、手術できるとのことですが、治るのでしょうか?
年齢的に回復が遅いだけで、命に関わる事ではないのでしょうか?
また、後遺症(認知症)になる可能性もあるのでしょうか?

いくつも質問を重ね、申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

知人(60歳)が、5月初旬、子宮ガンの手術を受けました。
(全摘出です。転移はしておりません。)
普段アルコール摂取があった為麻酔を強めにされたそうです。
術後、意識が2日ほど回復しませんでした。
意識が戻り、しばらくしておかゆを食べれるようになったものの、体調が優れず、また点滴に戻りました。
その後、体調が日に日に悪化しているようで、体力が回復しません。
そんな時、頭痛を訴える為、CTスキャンで検査をすることとなりました。その結果、脳萎縮だと告げられましたが、患者の体力...続きを読む

Aベストアンサー

>これは麻酔による脳萎縮なのでしょうか?
>アルコールによる脳萎縮なのでしょうか?
>癌からの影響なのでしょうか?
普段の飲酒量によるかと思いますが、脳萎縮は飲酒と加齢によるものだと考えるのが妥当だと思います。麻酔や癌の影響はないと思います。

>術後の体調が優れないことも関係があるのでしょうか?
術後の意識が戻るのが遅かったのは麻酔の影響もあるかもしれませんが、体調の回復は関係ないと思います。

>体力が回復すれば、手術できるとのことですが、治るのでしょうか?
何の手術でしょうか?

>年齢的に回復が遅いだけで、命に関わる事ではないのでしょうか?
年齢だけでなく、いわゆる体力の要素もあると思います。

>また、後遺症(認知症)になる可能性もあるのでしょうか?
あると思います。何もしなくても認知症にはなる可能性がありますから。

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q歯と脳の関係 脳の萎縮 痴呆

歯の数が減ると咀嚼による脳への刺激が減り、脳が萎縮し、果ては痴呆になってしまうと聞きました。

無くなった、歯による刺激を、回復させる方法は無いのでしょうか?
また、失った刺激を他の刺激で補って脳の萎縮を防ぐ事は出来ないのでしょうか?

最近、歯が減って恐怖しております^^;

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

歯による直接的な刺激だけで痴呆になるわけではなく。一要因に過ぎません。
元雄直接的要因は、顎関節の近くには脳への血流を補う部分があり、物を咬むことによって脳への血流が助けられます。
物を良く咬むことは、脳の血流を増やすといわれています。


いずれも「+α」てきな要因であり、ないからといって基本的マイナス要因になるとは限りません。
また、歯を失う事がマイナスと言う要因より、「噛まない」事が影響するので、歯が全部あっても物を噛まない現代人には、そのほうが大きな影響があります。

歯を失ったなら、入れ歯やインプラントなどで歯を足せばいいだけです、この場合、この説に限って言えば顎骨に直接刺激が加わるいんおウランとの方が有効と言う事になるでしょう。
でも影響は「顎を動かす」方が大きいので、入れ歯でも、歯が無くても、顎を多く動かせば、歯を失った影響は軽減されるということになります。

あくまでも相対的な関係で、絶対的でないことを忘れないで下さい。

Q肺がん末期の痛み、呼吸の苦しみ、転移先の脳の痛み苦しみは、モルヒネでほ

肺がん末期の痛み、呼吸の苦しみ、転移先の脳の痛み苦しみは、モルヒネでほぼ緩和することができるのでしょうか。

Aベストアンサー

私は父を末期の肺がんで亡くしています。
あくまで私の父のケースですが・・

痛みという点でいえば、私の父の場合も最後はモルヒネを使用してました。特に痛さで苦しむということはありませんでした。最後のほうは薬の影響で寝た感じになりました。

ただ呼吸の苦しみはかなりあったみたいです。最後は寝たきりですが、タンがのどに溜まり、定期的に取り除いていました。
 
同じ末期がんでも人によって痛さや苦しみは変わってくると思いますので、担当医をしっかり相談して最善の治療をすることをお勧めします。

Q高齢で脳が萎縮しているって、どんな状態なんでしょうか?

高齢で脳が萎縮しているって、どんな状態なんでしょうか?
と、単純に言葉通り取ってもらっては困ります。(笑

Myじーさんの事で、てんかんの発作を起こし、左半分に少し麻痺。
脳のレントゲンも見せてもらいました。

萎縮は脳が縮む事というのは分かるのですが、そこから一歩進んで。
心理状態は、萎縮加減によるとは思うのですが、どんな心理状態なんでしょうか。
最近は、言語が少し怪しくなってきたものの、記憶や判断は衰えているはいるものの、正常だと思います。

いろいろな変な経験はあるけど、さすがに脳の萎縮は経験がなくって。^^;

Aベストアンサー

言語の中枢は脳にあります。
大脳皮質の前頭葉にブローカ領野があります。側頭葉にはウエルニッケ領野があります。これらは言語を司る中枢です。
右利きなら96%、左利きなら70%くらい、左側の脳(脳の左半球)にこれらの言語中枢があります。
脳が萎縮すると、これらの部分もその影響で能力が衰えるものと考えられます。
ブローカ中枢は、自分で言葉を話すことのできる能力の中枢。
ウエルニッケ中枢は、聴覚や視覚からの情報による言語理解の中枢。
これらが脳梗塞などでも障害を受けると、失語症という状態になります。
ちなみに、左半分に麻痺があられるのでしたら脳は右半球に障害があります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E8%AA%9E%E7%97%87

Q母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。 理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なの

母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。
理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なのに肺がん以外に何か異常があるとなると何が考えられるのだろうと余計に心配してしまいます。
母はこれまで乳がんやポリープが見つかったりしています。
骨に見つかったのかな?などと考えてしまうのですが…肺がん以外とはどういったことが考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

脊椎の側弯、心肥大、大動脈の石灰化、肺の古い炎症の後、胸膜肥厚。

 いろいろ考えられますよ。

Q脳萎縮に詳しい病院を知りませんか?

数年ほど前から乳が脳萎縮症になり、左半身にだんだん力が入らなくなりました。
現在掛かり付けの病院では「進行していない」との言われましたが、家族から見て進行しているように思えます。
どなたか関東近辺で脳萎縮に詳しい病院、あるいは先生をご存知ですか?

Aベストアンサー

以下のURLは、社団法人日本脳神経外科学会のサイトで、この中の、「一般の皆様へ」の中に、専門医のリストが公開されています。

参考URL:http://jns.umin.ac.jp/

Q 肺がんの骨への転移の初期だったら、治療可能だったでしようか。

 肺がんの骨への転移の初期だったら、治療可能だったでしようか。

 実父の肺がんが骨に転移し、激痛で救急病院で診てもらったところ
手の施しようがないと、医師より告げられました。

 同居しているわけではないので、いつごろからどの程度の痛みだった
かは判然としませんが、罹りつけの医師が背中の痛みを訴えた早い段階
で癌を発見してくれていればと思うと残念でなりません。実父は苦労人
で何事に大しても人並み外れて我慢強い人間なのが仇になってしまいま
した。

 肺がんで背中に痛みがでた時点で、すでにもう手遅れだったのでしよう
か。他の病院に行けと強く云うべきだったと自責の念にかられる今日この
ごろです。

 医療にお詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてくださらない
でしようか。

Aベストアンサー

骨転移の初期でもほぼ手遅れです
肺がかなり癌で侵されてから転移ですから

風邪をひいた感じでもないのに
咳や痰が生じたりしたときに、もしやと疑って治療すればかなり延命します
癌の中でも肺がんは再発しやすい臓器の1つです

次に、気管支粘膜を損傷するようになると、血痰や喀血
が見られるようになります
この時点で気管支にも転移の可能性もあります

処置の施しようの無い結果論ですが思い当たる節は
ございませんか

Q脳の萎縮、CTスキャンについて。

27歳女です。
ここ数年、物忘れや注意散漫がひどいです。
事故とまではいかなくても、車をこすってしまったり何度もあります。

以前、頭痛がひどくてCTスキャンで脳を調べたのですが、脳に異常はないと言われました。

昔、鬱になり毎日寝て過ごしていた時期などもありパニック障害などもあったため、ストレスで脳が萎縮したのでは?と心配してます。

CTスキャンの時に、物忘れなどについて脳の萎縮などを聞けばよかったのですが、聞きそびれてしまいました。
多少でも脳の萎縮があったら、医師は教えるものですか?
それとも、頭痛の原因ではないと判断し生活に支障をきたす程のことではなければ言わないものなのでしょか?

Aベストアンサー

CTスキャンで何か普通と違う所見が見つかれば、普通は指摘すると思います。

ご心配されているような萎縮があった場合は:

「この部分に少し萎縮がありますが、頭痛の原因ではないですし、日常生活に支障が出るレベルでもないので、特に気にすることではありません」

的な感じで。
ただ、最終的には医師の質(患者に親身かどうか)によると思いますので、「萎縮はあったけれど説明されなかった」ケースはゼロではないと思います。

ところで、「物忘れ」や「注意散漫」を引き起こす病気としては、脳の病気の他に、甲状腺関連疾患などの内分泌系の病気も考えられると思います。

まずは掛かり付けの内科を受診して、「物忘れや注意散漫などの症状や頭痛がひどいのだけれど、脳や甲状腺などの疾患の可能性はありますか?」と相談してみてください。

もし脳や甲状腺の病気が疑われる場合、それぞれの専門病院や総合病院に紹介状を書いて頂けると思います。

お大事になさってください。

Q腎がんによる肺への転移及び肺に水がたまるとは?

84才の父ですが、2年前に腎がんで右腎臓を摘出し、肺への転移も確認されて、週1回インターフェロンの注射をしておりました。先週になって、肺に水がたまっているとのことで1,500cc抜きましたが、今週もたまっているので
1,000cc抜いたそうです。年齢も年齢なので、かなりからだに負担がかかっているようですが、僅か1週間でこんなにもたまるものなのでしょうか?直接、先生に伺えば良いのでしょうが遠く離れて住んでおりますので、母はなかなか先生に伺えずにおります。

Aベストアンサー

がんというのは、無差別に体の組織を破壊しますからね。本来体のあちこちで
有効に使われるべき、水、蛋白、赤血球などが漏れてきて溜まるんでしょう。
状態によりますが、そのくらい溜まる人はいますよ。
でもためっぱなしにすると、肺を圧迫しますから抜かざるを得ないのでしょう。
本当は体に必要な物質だから捨てたくはないのですが、いかんともしがたいですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング