ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

今、フリーターをやっているのですが月々の収入が10万円ほどで、国民年金の納めるのに収入の1/8を持っていかれるかたちになってしまうので、かなり厳しいです。
将来も貰える金額が少なそうなので納めるのを止めようと思うのですが、どのように手続きをすれば良いのでしょうか?
現在、銀行口座から引き落としています。

また、学生の期間もあったので今までに約30ヶ月分位を納めてきたのですが、この分は返還or老後に支払いなどあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

こんにちは。


使えるのであれば半額免除制度などの免除制度を使ってみては如何でしょうか。
国民年金は25年納めれば受給資格が得られます。免除期間も受給資格の計算には入ります。国民年金は1/3が国庫負担ですから、半額免除だと現在の1/2支払って、2/3がもらえる事になるので使える制度だと思います。
国民年金にも「こりゃいいや」と思える制度がありますよ。
付加保険料(月400円)を納めると、200円×納付月数が上乗せで支給されるというものです。年金の受給開始後は半分が返ってくるので、2年で払った額は回収でき、それ以降は利益と考える事ができます。(免除を使うと付加保険料は納められませんけど。)

参考URL:http://www.sia.go.jp/info/topics/nweek05.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そんなシステムがあるとは知りませんでした。
でも私の場合、更に400円は痛いので無理かな。

お礼日時:2003/10/10 01:21

20才から27歳までの間、免除申請をして、年金を全然納めていませんでした。



若い頃は、老人になったときのことなど全然予想もせず、よくあるうわさの、一生懸命払っても、私達が老人になるときは、払った分が戻ってこないと言う話を真に受けて、払うのがばかばかしいとまで思っていたからです。

そんな私も、去年、とても誠実な人との結婚が決まり、真剣に考えました。

(彼が今まで、一生懸命年金をかけてきて、老人になったとき、私が年金をかけてなかったせいで、受け取る金額が少なくなった時、生活がそのせいで苦しくなったら、私は彼に顔向けできない)と。

一生懸命、悩んだあげく、今まで払ってなかった年金を全部払って、お嫁に行こうと決心しました。

(ただでさえ、結婚は見えないお金がたくさんかかるのに、そのときの年金代はとても苦しかったです)

免除申請を受けていてもさかのぼって払える金額は10年前まででした。免除申請をしてない場合は2年しかさかのぼって払うことが出来ません。

結局私が、さかのぼって払ったのは5年分で80数万円でした。(利息も取られます)

でも、払っておいて、良かったです。老後のことも、安心とまで行かなくても、人並みの年金は老人になったときに、もらえる安心感がありますし、何より、払ってないことにより、配偶者に迷惑をかけることがないからです。

GINSEIHIさんも、今は苦しいかもしれません。でも、先でまとめて払う方が、もっと苦しいと思います。できれば、苦しくても、せっかく途中まで払っているのだから、続けていく方が、後々困らないとは思いますが、どうしても苦しい場合で、払いたくない場合でも、将来気が変わったり、収入が安定した時に、免除申請をしておくと、10年までさかのぼって支払えますので、必ず申請をしておきましょう。

この回答への補足

この場をかりて
皆さん回答ありがとうございました。
こんな質問をしては「何をバカな事を言っているんだ」と言われるのではと思いましたが、どなたも親切・丁寧にお答え頂き質問をして良かったです。
皆さんに回答して頂いた結果、止めるのは保留し減免の申請をする事にしました。

補足日時:2003/10/10 04:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
私には現在結婚を考える相手はいませんが、その事を念頭に入れると軽はずみには止めれませんね。
とりあえず、今回は止めるのを保留し減免申請をしようと思います。

お礼日時:2003/10/10 04:19

すいません。


ひとつ大事なことを言い忘れていました。

それは年金の趣旨ですが、昔は子供が親を養うというのが当たり前でした。

その時代には年金は必要なかったのです。でも裕福な親を持つと楽が出来て、貧しい親だと大変な思いをする。これだといつまでたっても裕福な家庭は未来永劫裕福で、貧しい家庭は未来永劫貧乏です。

それでは生まれてくる子供は運で、幸福になれるかどうかが決まってしまう。そんな不平等をなくすために、生まれてきた子供たちに出来る限り平等にチャンスを与えようというのが年金の目的のひとつです。

相続税や贈与税も同じ目的で存在しています。

つまりより平等な社会を作るためにはなくてはならないもののひとつともいえます。

色々批判にさらされている年金制度ですが、その基本的な目的は崇高な目標のためにあります。
そう考えると、年金の加入義務もちょっと誇らしいものだと思いませんか?
少なくとも腐った官僚に流れていく税金よりはずっといいものだと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、回答ありがとうございます。
確かに年金制度は必要不可欠なものだとも、どこに流れているかわからない税金よりも素晴らしい制度だとも思います。
ただ、もっと改善すべきだと思うのですが・・・。

お礼日時:2003/10/10 04:11

余りマスコミに踊らされないように・・・


年金の受給権を捨てるのは勇気が必要ですよ。
他の皆さんが言われるように,減額等の相談をした方がいいですね。

年金は老後への貯蓄,又は一定以上の生活保障?の保険と思ってください。 
※消費税を50%にしてでも一定以上は給付するはずです。
どの金融機関・生保等より高い利率ですし,貨幣価値の変動に対応できます。
現在の若年層が少ないと誤解するのは,単にに現在貰っている人の利率が高いのと比較するからです。
ただその世代は,それだけ次の世代への投資(出産&子育て)を実施しています。
出産&子育ても次の世代への投資ですし,投資しているから見返りもあると考えてください。

あと最近の社会情勢をどう考えますか?
今まで信じられないような犯行動機の事件も多いですよね?
それだけ日本の社会が自由を間違えて理解してきているのだと思います。
出産&子育ての選択も自由ですが,その選択に伴う少子化問題に対する責任(しわ寄せ)が年金等に来ているのだと理解してください。

先日の森(前首相)さんの少子化での問題発言も気になりますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
とりあえず、止めるのは保留して減免の申請をしたいと思います。
ここからは個人的な意見になってしまうのですが、何故少子化が起こったかを考えると個人の自由の所為ではなく、子供一人を育て上げるのには莫大なお金がかかるようになってしまった所為だと思います。
そんな環境では少子化が起こるのも当たり前ですし、このような国を作ってしまった事に根本的な問題がある気がします。

お礼日時:2003/10/10 04:02

こんにちは。



ウチの息子は高卒で(20歳になったばかり)、ほとんど日曜日だけ休みという肉体労働の職場で、通勤手当もボーナスもなく給料は手取り12万位(夏場は半分になる)です。それでも厚生年金と健康保険の個人負担1万5千円位は天引きで、あなたと負担額はそれほど変わりません。
そもそもなぜフリーターをやってるの?

>私たち若者に負担を与えるだけのシステム・・
>システムそのものが納得出来ないという・・
政治や不景気や世の中のせいにするのは簡単です。
確かに我々団塊の世代が一斉に受給開始となる約10年後のことを考えると、今のままでは確実にさらなる負担増、支給削減や開始年齢の再引き上げということもあり得ましょうが、その時がこないと分かりません。

我々の世代を生みだした親の世代から、少子化を招いた我々から下の世代、みんなで甘受しなければ、仕方がないこととは思いませんか?
どう制度や負担方法を変えても、みんなが満足する解決方法は無いでしょう。国家予算の配分を大幅に変えない限り、個人の負担を軽くしたり、また今以上年金の未納入が増えれば、税金が上がる(負担増なのは同じ)のは明らかです。

報道は、そうだそうだ!という声を意識して編集されていることもお忘れなく。役所の公式発表(例えば失業率なんかは、実質もっと高いはず)をそのまま報道していることもあり得ます。

免除申請もしたくないというのなら、また将来働けなくなったあなたが、年金を受けられず生活保護の申請をしても役所で冷たくあしらわれ、世の中を恨むことになってもいいのなら、お考えの通りに・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なぜフリーターをやっているのか聞かれましても、私にも色々ある訳で理由はこの場では言えません。
報道だけを鵜呑みにしている訳ではなく、それなりに勉強して今回の質問に到ったんですが・・・。
himekou43-eさんが仰る事はわかりますが、果たしてみんなで甘受しているかは疑問です。

お礼日時:2003/10/10 03:33

まず、もし今の年金制度に疑問を感じられているということあれば、うわっつらの報道ではなく、きちんと年金について勉強してみてください。



先日報道された話は国民年金部分ではなく主に厚生年金部分についての話です。
国民年金部分は厚生省案では半分を税金でまかないますので、本人の支払う保険料総額より受け取る金額が少なくなるということはないのです。

年金制度は複雑なのでご質問者のように誤解している人が多数います。
(少し計算してみればわかることなのですが、、、とはいえ制度に詳しくないと試算できませんよね)
ひとえにこれはマスコミの責任でもあると思います。いたずらに危機感をあおっているけど、その記事で多くの国民が勘違いをしていることに対して全く責任を取ろうとしていませんね。
現状の老齢世代と比べれば確かに厳しくなることは確かです。でも現在の老齢世代が支払った保険料の実に5倍以上の給付を受けているというとんでもない話と比較してですから。
それに障害・遺族年金という若いときにこそ必要な制度が含まれている点についてはまず触れられることはありません。ご質問者がそんなことは知らないというのは、もっともなことです。非常に私はこの国民をミスリードしている報道の仕方に疑問を感じていますね。
とはいえこれまできちんと収めてきたご質問者のことですから、沢山ある回答などを見て正しい判断が出来るかと思います。(はっきり言うと滞納するのは明らかにご質問者自身が損します)

一度マスコミで滞納したらどうなるのかという試算を公表してもらいたいものです。そうすればどういうことなのかがよくわかるんですが。

あ、なおご質問者の場合はかなり収入が少ないようですから、減免の申請を考えてください。これは加入しているわけですから全然OKです。

では。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちゃんと質問文章に書かなかった私が悪いのですが、学生時代に専門でなかったのですが年金制度について学びましたので知識はある程度はあると思います。
それでも疑問に感じたので今回の質問に到りました。
質問をする前から減免の申請の事を考えましたが、それでも悩む所があり納めるのを止めようと思ったのです。
とりあえず減免の申請をしてこようと思います。

お礼日時:2003/10/10 03:06

こんにちは。

#9の者です。
おかしな事ついでに、義務とされているのに4割の人が未納の実態が不思議です。制度不信の表れでしょう。(上でも色々考えているようですが)
あと、20歳になった時の加入手続きや、徴収に関する督促は自動的にされるのに対し、もらう時(受給)に関しては自分で申請しなければもらえない事も多いです。(自動的には来ないのです。)貰い忘れの無い様に気をつけましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、回答ありがとうございます。
徴収は催促するのに受給は申請とは国は僅かな受給忘れを期待しているのでしょうかね。

お礼日時:2003/10/10 02:53

全額、または半額免除制度を申請してみてはいかがでしょうか?



全額免除の場合、その期間の支給額は1/3、半額免除の場合は2/3となりますが(確かこの額だったはず・・・)、数年後に免除されていた分を収めれば全額支給対象とされますよ。

収入によって決まるらしいのですが、申請してみる価値はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
納めないと決める前に、とりあえず申請してみます。

お礼日時:2003/10/10 02:50

「将来貰える金額が少なそうなので払いたくない」というお気持ちは非常によく理解できます。

私もそう思います。

ですが、感情云々とは別に、法律で定められた義務である以上、やはり払わなくてはならないと思います。

このことに限らず、義務を果たさずして権利のみを主張することこそ「自分勝手」と言えるべき行為だと思います。最近の社会的な問題の基本にはそういった自分勝手さがあるような気がしてなりません。(別にGINSEIHIさんを批判しているのではありません。念の為)

但し、いくら義務とはいえ、月々10万円の収入から支払うのはやはり厳しいとは思います。(親元同居なら可能か?)減免措置というのがありますので、役所で手続を行われることをお薦めします。減免と言っても、半額になる程度だと思いますし、それによって将来支払われる楽が更に減額されることもあるかと思いますので、あくまでも個人のご判断で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分勝手と言われればそれまでですが、その義務を果たせば国の将来が良い方向に向かうかどうかと考えると"ヴ~ン"となってしまいます。(政治の詳しい事は余りわからないんですけど・・・)
とりあえず役所の方に行ってみようと思います。

お礼日時:2003/10/10 02:47

公的年金には老齢年金だけではなく、言わば障害特約、遺族特約があります。



保険料の滞納が続くと、スノーボードで脊髄損傷、全身不随の生活になっても1円も障害年金は支給されません。このことを考えると、保険料の納付は自分のためでもあります。

収入が少ない場合、保険料の免除という制度があります。免除を受けている期間は老齢年金は減額して計算されますが(追納可能)、障害年金を受給することはできます。

たしか所得に応じて半額免除と全額免除があったように思いますが、免除を受けるには申請が必要です。保険料を滞納するよりは免除申請をおこなってください。まずは役所の年金課などで相談することをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
確かに老齢年金以外の事を考えると納めるにこした事はないんでしょうけど。
とりあえず、役所の方に行って相談してこようと思います。

お礼日時:2003/10/10 02:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金の口座振替をやめたいのですが…

年金についてあまり理解が出来ていなく、わからないことだらけなので
どなたかご教授ください!!

1.昨年の下期分から国民年金を6ヵ月前納の口座振替にしているのですがそれをやめたいと考えています。
やめる時も申込の時と同様1~2ヵ月かかりますか?
今年の下期分が引き落とされるのが11月なので、それにはもう間に合わないでしょうか?

2.今年の分の納付案内書を探してみたのですが見当たりません。
口座振替にしていると届かないものなのでしょうか?
ただ単に自分が紛失しただけなのかもしれませんが…(^-^;)

3.今回国民年金の納付方法を変えようとしている理由なのですが、
もしかしたら近々就職し、厚生年金に入る可能性があるので
その際に国民年金をまとめて先払いしてしまっていると
何かと面倒だったりするのかな…?と思い、毎月納付に切り替えたいと考えています。
これってわざわざやる必要のないことでしょうか?

たくさんあって申し訳ないのですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

近く、厚生年金加入の可能性高いならば、半年前納は金額的にも結構まとまった額でありますので、返金はとにかく遅いので、御質問者さんのように思われるのも無理ないと思います。

通常、還付には2,3か月くらいの期間がかかります。還付還付の請求書に振込先など書いてその後振込で返金されます。
特に返金を急がれないならば、このままでも結局、割引はされなくなるが返金はあるので、待っておくのも方法ですが。

自分で厚生年金加入までの分払う方法
半年前納は10月末引き落としですので、今からの口座振替辞退は間に合わないかもしれません、(銀行に確認下さい)
それよりも、10月末日引き落とし口座に、半年分以下のお金しか入れておかないようにすれば、引き落としはされません。
その後は、通知され、10月分は11月末引き落とし、11月分は12月末引き落としになり、6か月の間、1月ずつの引き落としになります。ただし、割引はなし。
こうすれば、払いすぎになって還付してもらうといった手間は省けます。
そのまま、厚生年金加入にならない場合は来年4月はまた、半年前納で引き落としがかかります。

御本人の御都合のよい方法にされたらよろしいでしょう。

近く、厚生年金加入の可能性高いならば、半年前納は金額的にも結構まとまった額でありますので、返金はとにかく遅いので、御質問者さんのように思われるのも無理ないと思います。

通常、還付には2,3か月くらいの期間がかかります。還付還付の請求書に振込先など書いてその後振込で返金されます。
特に返金を急がれないならば、このままでも結局、割引はされなくなるが返金はあるので、待っておくのも方法ですが。

自分で厚生年金加入までの分払う方法
半年前納は10月末引き落としですので、今からの口...続きを読む

Q年金を払うのをやめたい

会社員です。
今年金を払っても、将来もらえないと思うので払いたくないのですが
給料から厚生年金が天引きされてしまいます。
こういう場合、どうすれば年金を払う事を止められるのでしょうか?
総務担当などに申し出ればやめてもらえるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

年金のない国に移住するかないでしょう。

Qずっと年金を払ってきていないのですが・・・

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったかは覚えていません。

簡単に言うと、「何がなんだかわからず、めんどくさくなってそのままにしてきた」状態です。


最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。


現在サラリーマンの方と6年くらい同棲をしています。一応結婚予定はあります。

サラリーマンと結婚した場合、専業主婦もしくは働いていたとして年間130万円以上稼がなければ、夫の扶養に入っていた場合、妻が年金を払っていなくても年金がもらえるというのはつい最近知りました。(ただし25年扶養もしくは払っていないともらえませんが)。

その場合、もらえる金額は過去の支払いなどに応じた金額になるのでしょうか?

それをあてにしてるわけではありません。

ただ今から年金をきちんと納めたとしても、納めた金額より少ない金額しか支給されないのなら、自分で貯金をしていったほうがいいのではないか・・・と現実問題として思ってしまいます。

結婚したとしても、相手に負担をかけないように考えると自分の場合、どうすることが1番ベストなのかを教えていただければと思います。

年金の係りの方に相談しても結局は「払った方がいい」的なことしかいわれません。


今までいい加減にやってきたことのツケが回ってきたんだとはわかっています。
でもなんとかしたいんです。
力を貸してください。よろしくお願いします。

真剣に質問しているので、冷やかし的な意見はご遠慮願います。

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったか...続きを読む

Aベストアンサー

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
自分で年金を10年払った。
その後結婚で扶養になり15年。
合計でですので25年、年額で50万円貰えます。

今33歳で、すぐに結婚して扶養になった場合(自分では年金は払ったことがない場合。
後、25年扶養になるか、あるいは、
扶養期間と、自分で払った期間の合計が25年以上必要です。
(扶養期間中に、別途自分で年金を払っても、2ヶ月分にはなりません、当たり前ですね)。

ちなみに扶養になっても、旦那さんの給料から天引きされる保険料は変りません。
それでいて、あなたは毎月保険料を払っているのと、同じ恩恵を受けられる。
サラリーマンの妻の特権です。

一見、奥さんのいない独身者、
また、夫婦でそれぞれで保険料を払っている自営業者から見ると、
不公平で昔、国会で問題になりましたが。


損得計算。
年金は元を取るのには約10年かかります。
65才から10年で75歳。
75歳以上生きる自信があるなら、
払ったほうが得です。
これは、自分で払う場合で、扶養なら自分で一銭も払わなくていいので、
大得でしょう。

最後に国民年金は65才まで払うことが出来ます。
強制で払うのは60才までですが、支払い期間が25年に達しない場合は、
65才まで払えます。

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
...続きを読む

Q25年間年金払いました。今からやめたいのですが

私は今まで25年以上国民年金を払いつづけました。そのため給付条件にはなっているのでこの際、現在の状況を考え年金の支払いをストップしようと思いますが具体的にどのような方法でやればよいのでしょうか。もらえる金額が減るのはやむをえないと思います。

Aベストアンサー

国民年金を辞める場合は、脱退などの制度は有りませんから、保険料を支払わなければ良いのです。

なお、未納分は納付期限から2年以内であれば、遡って納付することが出来ますから、継続したい場合は、社会保険事務所に連絡をして、納付書を発行してもらえば継続できます。

又、年金は、病気や怪我で後遺障害が残った場合に、その程度により、65才前でも障害年金が支給されますが、未納の期間があると支給されなくなります。

更に、国民年金は20歳以上の国民に加入義務があり、保険料の3分の1は国が負担していますから、民間の年金制度よりも有利となっています。

Q厚生年金加入時に、国民年金の脱退手続きは必要ですか?

国民年金に加入していて、厚生年金加入の会社に就業した場合、
国民年金の脱退手続きは必要でしょうか?
あるいは自動的に厚生年金に切り替わり、特別な手続きは必要無い
のでしょうか?

国民年金の支払いは銀行引き落としでは無いので、自分で支払いを
しなければ、支払い自体はストップできる状況です。

具体的には会社に就業後に、区役所等に出向いて国民年金脱退手続きを
する必要があるかどうかを教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

厚生年金、国民年金ともに、年金基礎番号で管理しています。
国民年金1号被保険者だった質問者さんが就職することで
厚生年金に加入すると、国民年金2号被保険者になります。

この場合、会社が社会保険事務所で手続きし、
住まいの市役所に対し手続きは必要ありません。
逆(退職)はあるようですが。

保険料も、月末を基準に、就職してる状態の月は
国民年金保険料を納める必要がありません。

なお、国保は就職の際に社保・国保両方の被保険者証をもって、
市役所に行って手続きすることになります。

Q国民年金保険料免除をやめる方法を教えて下さい

私はここ何年間か国民年金保険料を全額免除してもらっていました。

しかし、1カ月前から派遣社員として働き出し、その給料から保険料もろもろ引かれております。

先日、国民年金機構から

「引き続き全額免除を希望されているのなら、所得の申立書を書いて郵送してください」

と書かれた書類が届きました。

私としましては、派遣会社の方で年金や保険等にも加入しているので、

これからはしっかり年金を払っていきたいのです。

しかし、日本年金機構からの同じ書類が、先月も届いており、

全額免除を止めたい事を伝えたいのです。

ですが、平日は働いていますので、その旨を電話で問い合わせすることが出来ません。

HPを見てみたのですが、免除解除等についてどうすればいいのかどこに書いてあるのかも分からなくて・・・

派遣会社から年金も引かれてるということは、日本年金機構に連絡しなくても大丈夫なのでしょうか?

それとも、しっかり免除解除したいのですが。という事を告げる必要があるのでしょうか?

また、告げるとしたら電話が出来ない場合、解除等の書類は私の方で印刷などして日本年金機構に郵送できたりしないのでしょうか?

長くなりましたが、教えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。

私はここ何年間か国民年金保険料を全額免除してもらっていました。

しかし、1カ月前から派遣社員として働き出し、その給料から保険料もろもろ引かれております。

先日、国民年金機構から

「引き続き全額免除を希望されているのなら、所得の申立書を書いて郵送してください」

と書かれた書類が届きました。

私としましては、派遣会社の方で年金や保険等にも加入しているので、

これからはしっかり年金を払っていきたいのです。

しかし、日本年金機構からの同じ書類が、先月も届いており、

全額免除を止め...続きを読む

Aベストアンサー

就職のときに年金手帳を出して手続きしていれば、
厚生年金の加入(基礎年金は2号)になってますから、年金事務所のデータには保険料納付で反映されています。

(「消えた年金」の大半は、昔、いいかげんな会社が、年金手帳を持ってない就業者に「ないなら、あたらしく作ってもらうわ」と、引き継ぎをしなかったから、
転職や退職のたびに、どこにもつながらない年金が重なった結果です。)

いまどきは、基礎年金番号を確認しない会社はないと思われますので、大丈夫です。
(もし、過去にそういうことがあった場合は、今からでも年金事務所に手帳を持っていって整理してもらいましょう。)

タイムラグで、通知が送られることはあると思いますが、
もし、だぶって納付してしまっても、還付されます。 安心してください。

Q会社退職後14日以内に国民年金の加入しなかったら

会社退職後14日以内に国民年金加入手続きをとってくださいと、国民年金法にうたわれていますが、14日を越えて加入手続きをした場合、なにかペナルティはあるのでしょうか。
空白期間の年金額をまとめて支払う必要が絶対あるのかと、もし有るとしたら、それ以外に延滞金のようなものが発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

私も離職後、またそのうち就職するし面倒だし・・と思い半年位手続きをしないままだったことがあります。
しばらくすると社会保険事務所から納付書(国民年金保険料納付案内書)が送られてきました。
納付書は、未払いになっている月から、1ヶ月ごとになっていて、
それぞれ納付期限が書いてあります(確か翌月だったかな?)。
その期限から“2年以内”であれば、督促料や罰則もなく支払いできます。

支払いしないと、何度も何度も支払い通知が来ましたが、失業保険生活の身になかなか厳しいものがありました(TT)
その後就職し、やっと未納分の支払いを終えました。

払わない方も多いと聞きますが、なんだかモヤモヤして嫌でした。払い終えてスッキリです。
皆さん色々な事情はおありでしょうが・・・。

下記URL参考になさってください。

参考URL:http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/

Q年収が200万程度なのに健康保険で月3万3千円

説明不足ですいませんが、確定申告で年収が200万程度なのに健康保険で月3万3千円も引かれるのは何故なのでしょうか?

親の年収が200万程度で そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度になるはずなのに そこから月に3万もの国民健康保険料を引いていくなんて鬼畜ではないでしょうか。これでは低所得者が国民年金も払えないはずです。
それにまだ住民税と言う税金もかかります。

Aベストアンサー

>確定申告で年収が200万程度…

所得の区分
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
は何ですか。
少なくとも給与所得、すなわちサラリーマンではないのですね。

>月に3万もの国民健康保険料を…

年 12回払いで間違いないですか。
国保税は年 4回というところも多いですが、年額13~14万ではありませんか。

>そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度…

何でもかんでも十把一絡げにしてはいけません。
親が白色申告の事業所得者だとして、200万の「売上 = 収入」からその仕事に直接必要な仕入と経費を引いた数字が「粗利益 = 所得」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

国保税の算定基礎になる数字は、「所得」から市県民税の「基礎控除」33万円のみを引いた数字です。
配偶者控除や扶養控除、生保控除などは、国保税の算定には関係しません。

とにかく国保税の算定方法は、
1. 所得割・・・加入者全員の前年の「所得-33万」を元に計算
2. 資産割・・・加入者全員の固定資産税評価額を元に計算・・・ない自治体もある
3. 均等割・・・加入者 1人あたりいくら
4. 平等割・・・加入世帯 1軒あたりいくら

の 4つから算定されます。
しかもそれぞれの料率は自治体によって千差万別ですし、土地や建物をお持ちなのかどうか、家族の中で国保は何人いるのかなどによっても違ってきます。

いずれにしても、親が青色申告をすれば、最大 65万円の青色申告特別控除が受けられますので、国保税もかなり違ってくるはずです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>確定申告で年収が200万程度…

所得の区分
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
は何ですか。
少なくとも給与所得、すなわちサラリーマンではないのですね。

>月に3万もの国民健康保険料を…

年 12回払いで間違いないですか。
国保税は年 4回というところも多いですが、年額13~14万ではありませんか。

>そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度…

何でもかんでも十把一絡げにしてはいけません。
親が白色申告の事業所得者だとして...続きを読む

Q年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いについてです。
2010/03-2012/05の約二年間未納期間があります。
これから分割で一ヶ月ずつ支払いをしようか、もう少し楽になるまで待ってもらえるのか、はたまた給付金が多少減ることを覚悟すれば、支払わなくてもいいのか、迷っています。そこで 何点か教えてください。

まず私のこれまでの年金に対する認識ですが、基本的には納めるべきものだが、納めなくても給付金が多少減るだけ、二年以上経過したものについては催促もなし、後納も不可。そこで、過去の分まで支払うのは苦しいので給付金が多少減ることは諦めて今後は滞らないようにしようと思っていました。

先日過去十年分の未納金を納めることができる旨の案内が届きました。そこには二年以内の未納分は別途納めるようにといった文言がありました。つまりもし支払う場合、十年以内分の後納と並行して、二年以内の未納分を支払わなくてはならないということでしょうか。それとも、二年以内の未納分も併せて、過去の分から一ヶ月ずつ、納められるのでしょうか。

また時効というのは、催促もこなくなるということではないのですか。今回二年から十年に変更されたというのは、過去の未納金を納めることができるようになったと同時に、催促される期間も長くなったということですか?
年金というのは本来支払わなくてはならないものですよね?その割に、後納を希望されない方は手続きの必要はありませんと書かれているのは、まるで支払いが任意のような言い方ではないですか?

また二年経っても催促状が出されれば、催促の期間が延長されるといったことを聞くのですが、それは本当ですか?それなら催促は永久に続くということですか。また、利息もつくということですが、それは払うまで加算され続けるのでしょうか。差し押さえ等も二年以上経過してからでも行われるのでしょうか。
このまま催促され続け、利息も加算され続け、差し押さえも考えられるようであれば、苦しくても、分割で納めようか迷っています。

質問ばかりで分りづらいかと思いますがぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いについてです。
2010/03-2012/05の約二年間未納期間があります。
これから分割で一ヶ月ずつ支払いをしようか、もう少し楽になるまで待ってもらえるのか、はたまた給付金が多少減ることを覚悟すれば、支払わなくてもいいのか、迷っています。そこで 何点か教えてください。

まず私のこれまでの年金に対する認識ですが、基本的には納めるべきものだが、納めなくても給付金が多少減るだけ、二年以上経過したものについては催促もなし、後納も...続きを読む

Aベストアンサー

2年を経過していない分と、している分を分けて考える必要があります。

・2年を経過していない分は督促の対象になります。具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。

ここで言う一定の条件とは、具体的には本人及び連帯納付義務者(世帯主及び配偶者)の所得です。つまり相談者さん、もしくは連帯納付義務者の所得が一定額以上の場合、督促の対象となります。一定額がいくらかは、都度変わっているようです。
督促されれば時効が中断して、時効までの期間が督促時から2年間延びるので、時効成立前に督促を繰り返せば永遠に時効にならないことになり延滞金(年14.6%)もどんどん加算されていきます。但し実際にはそんなことになる前に、督促状ある納付期限まで納めなければ、その後ほどなくして強制執行(財産の差押)が行われます。

従って、保険料の納付は2年を経過していない分を優先してください。通常の納付用紙を使って金融機関とで納付することができます。



・2年が経過していて、かつ、督促が行われていない分については、時効によって、逆に保険料を納めることができませんが、平成27年9月までは特例的に10年以内であれば、後納制度によって保険料を納めることができます。
この制度を活用して保険料を納めるかどうかは完全に任意です。
保険料納付要件を満たすことができずに年金がもらえなくならないか心配な人や、年金額を増やしたい人は積極的にこの制度を利用すべきですが、そうでなければ気にしなくてもよいと思います。

2年を経過していない分と、している分を分けて考える必要があります。

・2年を経過していない分は督促の対象になります。具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。

ここで言う一定の条件とは、具体的には本人及び連帯納付義務者(世帯主及び配偶者)の所得です。つまり相談者さん、もしくは連帯納付義務者の所得が一定額以上の場合、督促の対象となります。一定額がいくらかは、都度変わっているようです...続きを読む

QDoCoMoの料金引き落とし日は何日?

タイトル通りなんですがドコモの携帯料金引き落とし日は何日なんでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

利用した月の翌月末日になります。
末日が土曜・日曜・祝日にあたる場合は、翌営業日の引き落としになります。

http://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_schedule/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング