最新閲覧日:

新しくマイホームを購入する時、ローンを組む際に年利と年率のどちらかでローン
を組むことができるとききました。そもそも年利と年率の意味がわからなく、教えて頂けないでしょうか?

A 回答 (3件)

 「年利」と「年率」の区別は始めて、聞いたのですが、「名称利率」と「実質利率」との違いに対応するのでしたら説明できます。

普通、年3.6%の金利で融資するといいますが、これは月利0.3%を単に12倍して年利表示にしたものがほとんどです。しかし、年3.6%ということは、100万円借りれば、年36000円の利息がつくことを普通意味します。ところが、月利0.3%では月単位の複利計算になりますので、1年後には 36599円の利息になります。このように月利表示を12倍して年利表示にする利率を「名称利率」といい、1年後に36000円(月利に換算すれば約月利0.295%)になるのを「実質利率」と呼んで区別しています。この「年利」と「年率」の対応が、「名称利率」と「実質利率」に呼応するものでしたら理解できます。
    • good
    • 0

質問の意図がいまひとつわかりませんが、住宅ローンを組む際に○○と●●のどちらか…ということで言えば、「変動金利か固定金利型」「元金均等か元利均等」「公的融資か民間融資」と、こんなもんでしょう。


年利と年率は同じことで、今はこの金利を返済期間に対して、どう適用するかという点で、様々な商品が出てきており、金融機関によっても金利優遇や保証料等で差別化が進んでますので、ご自分のライフスタイルにあわせて商品を選ぶことが出来ます。
よろしければ、再度確認のうえ、補足していただければと思います。
    • good
    • 0

年利と年率は同じはずですが、銀行での話でしょうか。


何かの聞き違いか、相手の説明が間違っていると思います。
もう一度確認されたらよろしいと思います。

なお、年利とは年間の利率です。
例えば、100万円借りて、年利5%だと、利息が
1,000,000×5÷100=50,000円になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ