パーキンソン症候群に詳しい方、知恵を貸してください。パーキンソン症候群と現在診断されている者です。(パーキンソン病専門医によっての診断です)約20年抗精神病薬を服用していて震えやこわばりが治まらなくて病院を受診しました。9割がたパーキンソン症候群だと診断されていますが、抗精神病薬を最小量使用して1カ月経つのですが震えやこわばりが治まりません。よくつまづきます。(現在ルーラン4mg/日)精神科医にはこれ以上減薬できませんと言われています。アキネトンを使用していますが良くなりません。精神症状は悪くなる一方です。このような状態で処方出来る薬はあるでしょうか?それともパーキンソン病が疑われるのでしょうか?40代、男性です。教えていただきたいと思います

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

矛盾していると思います。



>パーキンソン症候群と現在診断されている者です。(パーキンソン病専門医によっての診断です)

なのに、

>それともパーキンソン病が疑われるのでしょうか?

パーキンソン病は精神神経科の守備範囲ではなく「神経内科」での治療が必要です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪性症候群?(デパス・マイスリー・ドグマチール服用

ここ数日、手足の脱力感が酷いです。握力が半分くらいになった感じで足もしびれます。
不眠や胃炎で二ヶ月くらいデパスを服用して、突然マイスリーに変えました。
またドグマチールも出されていたので数回飲みましたが、副作用の話を聞き怖くなりやめました。

マイスリーも怖いのですが、どうしても眠れず毎日10mg飲んでいます。
悪性症候群は高熱の発熱もあるらしいのですが、それはありません。

その時点で悪性症候群ではないのでしょうか?
だんだん進行していくものでしょうか。

症状
・異常な手足の脱力感
・まぶたの重い感じ
・眩しい・かすみ
・吐き気
・デパス二ヶ月以上・マイスリー一週間・ドグマチール数回(デパスドグマチール突然服用停止)

突然体が動かなくなり放置していたら死にますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪性症候群、って私的には懐かしくなってしまった元救急医療も体験したナースです。

デパス・マイスリーで悪性症候群に至る人っているのかな?っていうくらい、現在では高齢者も内服するポピュラーな眠剤です。
私はマイスリーは効果はゼロに等しいくらい、筋金入りの不眠症です。
デパスは毎日2~3mgをもう何年かな?飲んでます。
ドグマチールとか古い薬だなあ・・・とか思ってしまうくらい、最近では流行らないですね。

悪性症候群は、本当の(今は「うつ病」って診断が簡単に通る時代です・・・・)精神疾患の方で、それこそマイスリー・デパス・ドグマチールなんてそういう方にとっては飛んできたコバエを掴むようなレベルなんで、多分知識があるが故の被害妄想です。

今の心療内科は恐ろしい程、薬を出します。
昨夜だったかな?夜勤で会話していた相棒に、最近私が眠りが浅い(一応眠剤は飲んでいるんですが)と言う話をしたら、その相棒がサインバルタは止めたがいいよ~って言うので、何で?って聞いたら、自分の兄が飲んでたけど、抜ける(内服を中止する)のにえらく大変だったから飲まなきゃ良かった、って言ってるよ、という会話でした。

鬱になったらみんな簡単に心療内科に行け、とかネットで書き込みするけど、元来心療内科って心の病でいろんな症状が出る方の治療をする為に出来た、まだ比較的新しい医療なんですよね。
私がナースになった頃に注目された医療ですが、今は落ち込んで鬱状態になっているだけなのに、鬱病って診断されて、いっぱい薬を処方されて、その薬が止められなくて、そのまた副作用を抑える為に更に新たな薬が処方され・・・・って悪循環。
ヒロポンの時代と同じ気がします。(私が生まれる前ですが)
疲労がポンと良くなる、といううたい文句で発売されたようですが、要するに今は覚醒剤みたいな分類になってます。

薬に頼らなければいいのですが、私は薬が無いと本当に眠気が来ない(まる2日眠れない)というのを体験しているだけに、そういうのを考えてイライラするより、穏やかに眠りたいという理由で薬に頼ってます。

話が飛躍してしまってスイマセン。
悪性症候群は精神科入院(通院)の患者レベルに懸念され、それもそう多い症例では無いので、そんなに心配する必要は無いかと思われます。

手足の脱力感。
こうやってネット出来るでしょ。立って歩けるでしょ。
日常生活に何か問題がありますか?
お箸が持てないからご飯が食べられない、というのなら問題でしょうけど、多分私的には大丈夫だと思います。

悪性症候群、って私的には懐かしくなってしまった元救急医療も体験したナースです。

デパス・マイスリーで悪性症候群に至る人っているのかな?っていうくらい、現在では高齢者も内服するポピュラーな眠剤です。
私はマイスリーは効果はゼロに等しいくらい、筋金入りの不眠症です。
デパスは毎日2~3mgをもう何年かな?飲んでます。
ドグマチールとか古い薬だなあ・・・とか思ってしまうくらい、最近では流行らないですね。

悪性症候群は、本当の(今は「うつ病」って診断が簡単に通る時代です・・・・)精神疾患...続きを読む

Qトゥレット症候群 音の方です いい病院ありますか?

無意識にのどで えっえっと連呼してしまいます。小学6年から25歳のいままでです。いい加減になおしたいのですが どこかにいい病院ってありますか 千葉県印西市在住なので 関東圏内
東京もOKでお願いします またそれをなおすのにおすすめの薬とか方法もあったら教えてください
新しくうまれかわりたいです

Aベストアンサー

女性ですか?

家の息子は11歳から21歳の今迄トゥレットです。
音だけじゃなくて、運動の方もあります。現在はメインが音ですけど。すごく大きな声で吠えてますよ。

小児科の専門医(下記参照)に19歳迄、診てもらっていましたが、紹介により、東大病院に月に1回通っています。金叶先生ですが、予約がかなり取りにくいです。
待合室では、誰かの音を聞く事もあります。

ブログで知り合った人と、会ったりもしています。
もちろん、トゥレット協会もあり、シンポジウムなども開催されています。行った事はないですけど。

薬は結構色々飲んでますよ。
今は、セレネース、テグレドール、リボトリール、他にもいろいろ。
ただ、眠くなるので、要注意です。

新宿の東京医科大学の星加先生が、専門医です。予約制かどうかわかりませんが、金叶先生よりは、診察してもらいやすいと思います。
一度、病院に聞いてみて下さい。

Q錐体外路障害や悪性症候群などに関して

これらの副作用は、ドパミン受容体を遮断する抗精神病薬などによって引き起こされるみたいですが、具体的にはどのような症状が生じ、どのような悪影響があるものなのでしょうか?

また、パーキンソン病治療薬では、ドパミン受容体を刺激するような薬物ではなく、抗コリン薬によって錐体外路障害を改善できるみたいなのですが、これはなぜなのでしょうか?

わかる方いましたら、どちらひとつでもいいので、教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

薬剤性パーキンソ二ズムはパーキンソン病と同じような症状が全て出たりその一部が出たりします。ご存知のようにパーキンソン病はアクセル役のドーパミンとブレーキ役のアセチルコリンのバランスが悪くなることが引き金になりますが、脳内のドーパミン不足が起こると相対的にアセチルコリンが過剰になってきます。抗コリン剤にはこの過剰になったアセチルコリンを抑制してドーパミンとのバランスを整えようとする働きがあります。特に振戦や無動に有効とされます。

Qアスペルガー症候群の方は輸送手段に興味を持つってほんとですか?

アスペルガー症候群の方は輸送手段に興味を持つってほんとですか?

最近アスペルガー症候群っていう名前をネットやメディアで耳にします。

アスペルガーの人は特定のもの、例えば鉄道など輸送手段に異常なほど
興味を示すという記事を読んだこともあります。

たしかに鉄道が好きな人って一方的に鉄道の話をしたり、
最近では「撮り鉄」の人が立ち入り禁止の場所に入ったり、
なんか異様な格好で
一般の大人から見たら理解に苦しい行動をとる人の割合が
多い気がします。

私も鉄道には興味がありますが、
異常なほど興味を示すってほどでもないですし社会生活も普通にしていると思います。
また鉄道以外の趣味ももっています。

でも「鉄道での旅行」が好きな私にとって
鉄道好き=アスペルガー症候群っていう記事をネットで見ると
なんか考えさせられたり悩んだりもします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私の主人はアスペルガーです。
本当のところ、間違いではない箇所があります。
それは、ひとつの事に異状にこだわります。そのこだわりの部分が主人が出てきたら近寄りがたい思いになるくらいですよ。きっと鉄道が好きな方がアスペだったと言う事だと思いますよ。そのこだわりの箇所はアスペ方には共通で対称は十人十色で違います。

Q検査入院だったはずが、悪性症候群から肺炎、危篤状態に(長文です)

親友のおじいちゃん(85歳)のことで相談させてください。

ある日、おじいちゃんがお腹が痛くなり、近くの病院へ行ったのですが、念のため大きい病院で検査したほうがいいといわれました。
次の日、大きな病院へ行くと、予約している人もいて、1日で検査を終わらせることが出来ないので、何度も往復するのが面倒だったら入院してもいいですよ、と言われ、その日一日だけ泊まることにしました。

次の日の朝、おじいちゃんは「子供を捜しに行かないかんのじゃ。」とわけの分からないことを言って騒ぎ出したらしく、気持ちを落ち着かせる薬を飲まされました。(それまでボケの症状は出たことないそうです。)
その後、その日のうちに熱が出て、入院が長引き、いつの間にか肺炎まで起こし、一時は危篤状態にまでなりました。

先生からは、薬の副作用による悪性症候群によって発熱した、と説明を受けたそうですが、家族は疑問を感じてます。
もともと詳しく検査をしたら、と言われた箇所は検査の結果、まったく問題がなかったそうで、気軽に自分で自転車に乗って病院へ行ったのに、いつのまにか死にかけてしまってる、なぜ?

その家は、おじいちゃん・おばあちゃん・お母さんの3人暮らしで、車で1時間ぐらいかかるところに親友(女)が一人暮らしをしています。
小さい頃からお父さんのいなかった親友にとっては、父親代わりでもあるのです。
離れて暮らしているだけに心配していて、私もなんと親友に言ってあげたらいいのか分かりません。

年齢的なことを考えれば、仕方ない事態なのかもしれませんが、こういうことってよくあることなのでしょうか?
また私は親友のために何が出来るのでしょう。
アドバイスをお願いします。

親友のおじいちゃん(85歳)のことで相談させてください。

ある日、おじいちゃんがお腹が痛くなり、近くの病院へ行ったのですが、念のため大きい病院で検査したほうがいいといわれました。
次の日、大きな病院へ行くと、予約している人もいて、1日で検査を終わらせることが出来ないので、何度も往復するのが面倒だったら入院してもいいですよ、と言われ、その日一日だけ泊まることにしました。

次の日の朝、おじいちゃんは「子供を捜しに行かないかんのじゃ。」とわけの分からないことを言って騒ぎ出した...続きを読む

Aベストアンサー

>悪性症候群から肺炎、危篤状態

私の父と同じですね。

まず、検査入院でも1日違う環境に寝泊りすると、環境の違いがわからず混乱してボケのきっかけになる事はよく言われています。

悪性症候群は神経系の薬を飲み続けて、何かの拍子で飲むのをやめた場合、または逆に神経系の薬を飲みだした場合どちらでも発症します。

私の父はパーキンソン病で15年神経系の薬を飲んでいましたが、風邪を引いてひどく咳き込み飲み込めなくなたので薬を止めて、気管支炎で入院して3日目に悪性症候群になりました。

嚥下(飲み込む)事が難しい状態で、食事すると老人の場合、嚥下性誤飲肺炎になるそうで(発症率80%ぐらいだったかな)体力が低下しているので合併症を起こして、どーにもならなくなります。

>よくあることなのでしょうか
頻繁にある事ではない様ですが、まったくない事ではないようです。
悪性症候群の発症率は0.5%程度だったかな。


悪性症候群になった場合、回復する率はかなり低いといわれました。
私の父は医者が驚愕するぐらい心臓が強く、毎週あと2日しか持たないと呼び出されましたが、入院後約3ヶ月後亡くなりました。
通常は1ヶ月持たないそうです。

症状は筋肉が溶け出す>血中にたんぱく質が解けて腎臓に負担がかかる>急性腎不全になる  です。


尿を採集していると思いますが、尿の出が止まった翌日(腎機能停止状態)に逝きました。

>何が出来るのでしょう
冷たい言い方ですが、この病気に関しては何も無いと思いますよ。
医者も悪性症候群に関しては対症療法しかないと言ってました。

その親友が頻繁に実家に帰る必要があると思いますが、そのバックアップをしてあげる事ぐらいでしょうか。

>悪性症候群から肺炎、危篤状態

私の父と同じですね。

まず、検査入院でも1日違う環境に寝泊りすると、環境の違いがわからず混乱してボケのきっかけになる事はよく言われています。

悪性症候群は神経系の薬を飲み続けて、何かの拍子で飲むのをやめた場合、または逆に神経系の薬を飲みだした場合どちらでも発症します。

私の父はパーキンソン病で15年神経系の薬を飲んでいましたが、風邪を引いてひどく咳き込み飲み込めなくなたので薬を止めて、気管支炎で入院して3日目に悪性症候群になりました...続きを読む

Qアスペルガー症候群の疑いをかけられていて本が読めないのですが

アスペルガー症候群の疑いをかけられていて本が読めないのですが
こういう症状は快方に向かったりするのでしょうか。
勉強ができなくて困っています。
二次症状のうつ症状だと思っているのですが
先生には音読を勧められました。
「脳の側頭葉と小脳が疲れている」から本が読めないのだと
表現されました。
高校の時の初期は本が読めて勉強もできたのですが
だんだん集中力が無くなってきたのですが
「自我が目覚めてきたから、そのストレスで起こった二次障害だ」
と言われました。なんだか身に覚えがありました。
春ウコンなどを処方されていて、気のせいかもしれませんが
それらを飲むと頭がシャキッとする気がします。
普通の抗鬱剤、向精神薬も飲んでいます。

とにかく、今は歩くのもしんどいくらいだるい時間帯があったり
授業に集中できなかったり
本が読めなかったり、本が読めない事で必然的に
勉強もできなかったりして、とても院を卒業できる気がしません。
最近は、大学病院に行って、本当に発達障害のアスペか
どうか診断してもらおうかと思ってます。

と、情報をダラダラ書いてしまいましたが、
僕が今聞きたいのは

だるさや集中力の無さを解消したり
本を読んだり勉強したりする為に
良い薬やサプリメント、そして訓練方法は
無いでしょうか、という事です。

本が読めるようになりたいです。
よろしくお願いします。

アスペルガー症候群の疑いをかけられていて本が読めないのですが
こういう症状は快方に向かったりするのでしょうか。
勉強ができなくて困っています。
二次症状のうつ症状だと思っているのですが
先生には音読を勧められました。
「脳の側頭葉と小脳が疲れている」から本が読めないのだと
表現されました。
高校の時の初期は本が読めて勉強もできたのですが
だんだん集中力が無くなってきたのですが
「自我が目覚めてきたから、そのストレスで起こった二次障害だ」
と言われました。なんだか身に覚えがありました...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に発達障害が有るかどうかを先に診断してもらうこと、そして発達障害がある場合はm二次障害の状況を診察していただき、適切な投与をしてもらうことが大切です。

発達障害は特に薬の必要が無いので、二次障害がある場合に限り投与してもらうといいですね。
二次障害が安定した時から、発達障害のサポートをレクチャーしてもらうといいです。
ただし、個々の特性があるのでその部分がなんなのかを医師に診断してもらう事です。
医師はサポートが上手に出来ないので、発達障害のサポート経験者にサポートをして頂くといいですね。
病院で情報を持っているとは思いますが、もしない場合は、発達障害者支援センターでお聞きになるか、お住まいの役所・障害福祉課に問い合せるといいですね。

現状は、二次障害用の薬による影響があるので、発達障害の診断後に医師と相談してください。
サプリメントなどはあくまでも栄養補給であり、直接的な効果は期待できないでしょう。
発達障害・自閉症などに改善できる医療研究も進んでいますが、今のところ「特効薬」はありません。
先日、金沢大学の発表による、発達障害の改善方法が公になりましたが、目を合わせて話せない場合の改善があったようですが、想像やズレなどの脳機能の改善までには至っておりません。

参考URL:http://kodomokokoro.w3.kanazawa-u.ac.jp/

基本的に発達障害が有るかどうかを先に診断してもらうこと、そして発達障害がある場合はm二次障害の状況を診察していただき、適切な投与をしてもらうことが大切です。

発達障害は特に薬の必要が無いので、二次障害がある場合に限り投与してもらうといいですね。
二次障害が安定した時から、発達障害のサポートをレクチャーしてもらうといいです。
ただし、個々の特性があるのでその部分がなんなのかを医師に診断してもらう事です。
医師はサポートが上手に出来ないので、発達障害のサポート経験者にサポートをし...続きを読む

Qパーキンソン病の鍼灸治療について

パーキンソン病の鍼灸治療について
母親がパーキンソン病で、発症から10年近く経過しているのですが、大阪市、大阪府、その近辺でパーキンソン病治療において評判の良い鍼灸院を教えてほしいです。

もし思い当たらなければ、パーキンソン病を得意とする鍼灸院によらずとも構いません。
ただし、パーキンソン病を得意としていないことを明記してほしいです。
大阪府内でパーキンソン病を得意としている鍼灸院がほどんとなく、藁にもすがる想いです。
(パーキンソン病の実績があるか等鍼灸院に直接問い合わせをしたいと思います)
どんどん情報をください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>パーキンソン病に鍼灸があまり役に立たない、ということはちらほら聞いたことがあります。私としましても、あまり鍼灸治療の効果を信じているわけではありません。

これは誤解です。先の回答に書いたように、完治を求めている人の言葉だったり、少ない治療回数での感想か、術者の腕ですね。基本的に鍼灸はパーキンソンは得意分野です。


>ですが針灸治療によって身体の動きがよくなる、薬の効き目が長くなる、便秘が解消される等の効果があれば、外に出かける意欲もわき、運動できる時間も長くなり

薬の効き目は期待しないで下さい。その他はそのとおりの効果はあります。


>鍼灸というのは聞いたところによると、行う人により程度の差があり、治す気がない・下手な人が行うと症状が悪化すること、また得意部門・不得意部門にわかれていることを聞きました。

鍼でパーキンソンが悪化するようなことは絶対にありません。鍼は刺激が強すぎると、翌日に痛みやだるさが出ることがあります。逆に言えばこれがなければ効果が薄いのですが、出すぎるのが困るわけです。刺激量の決定は個人差が非常大きく、細い鍼ですごく良く効く人もいれば、太い鍼でもいまいちという人もいます。患者さんの反応を見極めて刺激量を決定をする必要があります。この刺激量を間違え、翌日にだるくて起きられない、様なことが起こってパーキンソンが悪化した、と勘違いしたのでしょう。これは鍼の刺激が過剰に出た例であり、パーキンソンが悪化したわけではありません。


>鍼灸院のサイトは当然のごとく自分たちの都合の良いように書き連ねるでしょう。参考にできません。
しかし付近でパーキンソン病に特化して口コミを探すことは症例から言って困難だと思われます。
そこで口コミ評判の一環としてこのOKWaveを使わせていただこうと思ったのです。
できれば具体的な鍼灸院名があればありがたいです。

私は毎日OKWaveを利用していますが、地域限定の口コミ情報はほとんど回答が得られていません。また業者が宣伝目的で回答つけることも良くあります。(削除される質問も多いので) 不特定多数のコミュニティサイトでの情報提供はほとんど信じられないと思います。病院やショートステイでパーキンソンの方がいますよね?そこから情報を得た方が確実だと思いますよ。


>そこでしっかりした専門的な回答
もしよろしければ、専門的な回答とは例えばものか教えていただけませんでしょうか。
別のサイトで、中国古典医書でパーキンソン病はどんな考え方をしているのかを見ましたが、それが回答でき、治療法・治療回数等を教えてもらえれば良いところだと判断して構いませんでしょうか?

鍼灸の治療法は大きく分けて三種類あります。西洋医学的に基づいた方法、東洋医学に基づいた方法、中医学的に基づいた方法、です。個人的な考えでいえば、西洋医学か中医学の方がいいと思います。ただ中医学に傾倒しすぎているのも問題あるかもしれません。といいますのは、パーキンソンの治療の基本は病院です。病院の考え方とあまりにもかけ離れていると、病院を否定しかねません。これは西洋医学的術者もそうですが、病院治療を否定する施術者はやめましょう。

専門的な回答はパーキンソンで言えば、基本症状、お薬、リハビリなど理論的に説明できないとダメだと思います。いま患者さん生活状況・病状を聞き、パーキンソンの症状と照らし合わせて考え、具体的な治療方針を立て、近々の目標、さらには中長期的な展望など明確に出来る人が望ましいと思います。もちろんパーキンソン以外の医学知識が出てくる場面もあるでしょう。

鍼治療の方法は基本に、パーキンソンだから特別なことはしません。治療の目的は運動器の改善や便秘の軽減です。これは肩コリ、腰痛の患者さんに行う方法と基本的に同じです。ですから、地元である程度はやっている治療院はいいと思います。しかし治療院の規模や、保険の関係で流行っているように見えるだけかもしれません。腕が良くても個人でやっているお店なら、どんなに多くても患者さんは日に10人程度です。鍼は直接手をかけるため、完全予約制が多いです。ですから見た目で流行っていないように見えることが多いです。


すいません。長くなってしまい的を得てない部分があるかもしれません。
他に何かあれば補足してください。

No.1です。補足ありがとうございます。


>パーキンソン病に鍼灸があまり役に立たない、ということはちらほら聞いたことがあります。私としましても、あまり鍼灸治療の効果を信じているわけではありません。

これは誤解です。先の回答に書いたように、完治を求めている人の言葉だったり、少ない治療回数での感想か、術者の腕ですね。基本的に鍼灸はパーキンソンは得意分野です。


>ですが針灸治療によって身体の動きがよくなる、薬の効き目が長くなる、便秘が解消される等の効果があれば、外に出かける意欲も...続きを読む

Q来月にハワイに行くことになりました。初めての海外旅行で年齢が60歳なのでエコノミー症候群が心配です。

来月にハワイに行くことになりました。初めての海外旅行で年齢が60歳なのでエコノミー症候群が心配です。行く前の対策と行った後の対策を教えてください。病院に行くとしたら何科に行けば良いのか教えてください。

Aベストアンサー

機内ではリラックスした服装で水分をしっかりとり、時々足首を前後に動かしたり、トイレ以外にも時々席を立って客室の一番後ろにある出入口ドア付近の少し広くなったところで体をほぐす運動をしたりされれば心配にはおよびません。
歩き回る際も、靴を脱いで厚手の靴下で過ごすというのも方法です。

Googleなどで「エコノミークラス症候群 対策」といったキーワードで検索されると説明ページがたくさんみつかります。
航空会社のWebサイトにも同様の説明があったりもします。例えばJALだと以下です。

https://www.jal.co.jp/health/flying/

参考まで。

Qパーキンソン病の薬と治療について教えてください

今年75歳になる母がパーキンソン病の初期との診断を受けました。最初は椎間板ヘルニアによる下肢症状にて整形外科を受診しておりましたが、徐々に状態が悪化し、上肢(右半身全体)にも症状が波及するようになり、神経内科へ移り、上記と診断されました。
下記のような症状があります。
・姿勢保持・反射・歩行障害(小刻み、すり足歩行、方向転換困難、突進歩行、腕振りの消失、よろめく等)

・自律神経障害(強度の便秘、血圧低下・変動)

・右半身の症状(手足の不自由、攣り、脱力、歯磨き・書字等細かい作業困難)

・その他(全身倦怠感、物忘れ、眠気、意欲、食欲の低下、食欲不振、体重減少、軽い嚥下障害、味覚嗅覚障害)

これらの症状から、パーキンソン病の初期であろうとの診断にて、メネシッド(1日2回、1回半錠)を1週間試験服用した結果、血圧の急激な低下、抑うつ状態、全身脱力、眠気の持続等、強い症状が現れ、体調不良にて現在は休薬しております。

医師からは薬の服用はもう少し経ってからでも良いと言われておりますが、症状の進行状態により薬の服用は近々開始しなくてはと考えております。薬の服用にあたり、治療薬を調べてみましたら副作用の多さ、怖さに愕然としました。母は医師からも薬に過敏であるため副作用が出やすく、薬併せが非常に難しい体質だと言われており、高血圧、糖尿病等の持病もありますので慎重に検討したく思っております。

私なりにいろいろ調べてはみましたが、パーキンソン病は難しい疾患で薬に対する知識も少なく、わからないことや不安に感じていることも多々ありますので、お詳しい方やご経験者の方がおられましたら、以下の質問についてのアドバイスをいただけますと大変有難く存じます。

質問
(1)パーキンソン病治療薬は重大な副作用として、心臓弁膜症や悪性症候群等の報告があると知りました。私が調べた結果、麦角系の薬にその副作用が多いとのことでしたが、では非麦角系の薬(薬名・ドプス、ビ・シフロール、レキップ等)でしたら安心して服用できるのでしょうか?

(2)治療薬には様々な分類・種類があるようですが、一番緩やかに作用し、重大な副作用(心臓弁膜症)を起こしにくく、比較的安全に服用できる初期患者に適した薬(薬名)は、どのようなものがあるでしょうか? 前回メネシッドにて副作用が出現し、中止せざるを得なくかったため、次回は少し弱めのシンメトレル?の服用を試みるかもしれないのですが、この薬は抗ウイルス薬という特殊な分類なので、副作用に関してどのような症状があるのか知りたく存じます。

(3)パーキンソン病患者は、心臓弁膜症や右心不全等、最終的には心臓(心筋)の異常をきたしてしまうようですが、副作用を懸念して薬を服用せずに過ごした場合、全身の筋肉のみならず、内部(心筋)にもやはり異常が出てくるのでしょうか? 薬を服用してもしなくても何かしら心臓(心筋)への悪影響があるように思えてしまい、このことが母も私も一番の不安であり、この疑問を解決せずには、次のステップとしての治療薬の服用開始にどうしても踏み切れません。正しい知識がないために不安ばかりが募っておりますので、心臓(心筋)への影響について詳しく教えていただきますと嬉しく存じます。

(4)パーキンソン病治療薬の効果は10年ほどしか持続しないと聞きました。したがって服用開始時期も慎重になってしまい、早めに服用して進行を遅らせるほうが良いのか、それとも症状がある程度強く出現するまで家庭内リハビリを頑張って服用開始を遅らせるほうが良いのかを悩んでおります。薬の服用開始の判断は、もちろん本人がせざるを得ないと思いますが、目安として症状が片側(半身)のみの間に早くから服用すべきか、それとも両側へ移行する等、症状が明確になってからでも良いのかの判断できずにおります。症状の進行を食い止めたい思いは強いのですが、薬の副作用の不安が消えず躊躇しています。

以上4項目に関しまして、アドバイスを頂けますと嬉しく存じます。勉強させて頂き、今後の参考にさせて頂きたく存じますのでよろしくお願いいたします。

今年75歳になる母がパーキンソン病の初期との診断を受けました。最初は椎間板ヘルニアによる下肢症状にて整形外科を受診しておりましたが、徐々に状態が悪化し、上肢(右半身全体)にも症状が波及するようになり、神経内科へ移り、上記と診断されました。
下記のような症状があります。
・姿勢保持・反射・歩行障害(小刻み、すり足歩行、方向転換困難、突進歩行、腕振りの消失、よろめく等)

・自律神経障害(強度の便秘、血圧低下・変動)

・右半身の症状(手足の不自由、攣り、脱力、歯磨き・書字等細かい作...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
回答が無いようなので。

文面を見た所、はじめての薬で、
副作用が強く出てしまったため、
かなり、不安になっていらっしゃると思います。

パーキンソン病は、難病指定されていますし、
文面にあるとおり、多彩な症状があり、
治療薬も、それなりに専門的技量が必要とされます。

決して少ない病気では無いのですが、
病名の割には、患者さんが多い訳でも無いので、
心配であれば、神経内科の さらに専門医に、
診てもらった方が、経験も豊富で、
安心して治療に取り組めると思います。
診断から、上記質問の回答まで、
ほぼ適確に、答えが貰えると思います。

専門医(認定医)は、
 http://www.neurology-jp.org/
より、調べることが出来ます。

医師向けではありますが、
リンクをたどれば、治療ガイドラインなど、
詳細な情報もあります。

直接的回答になっておりませんが、
少しでも参考になれば幸いです。

Qアスペルガー症候群の就労について。

26歳男性です。昨年イギリスに留学中、人間関係がうまくいかず鬱状態になってしまい、ホストマザーに「もしかしたら」と言われ、診察を受けてみたところアスペルガー症候群と診断されました。
 診断された時はショックと共にほっとした気持ちもありました。「ああ、今まで自分がどうしてもできなかった事や上手くいかなかった事は自分の能力や人格が原因ではなかったのだ」と。

 たとえば、感覚の過敏。学生の頃はどうしても満員電車に乗れませんでした。騒音と圧迫感がどうしても我慢できず、途中で下車することもしばしばありました。また、蛍光灯の光を浴びると気分が悪くなるので、両親に「白熱灯に替えてくれ!頭が変になりそうだ!!」と何度も掛け合いましたが、理解されずわがままな人間と誤解され続けていました。
 また中学の頃は、クラスでは授業中におかしな発言をして笑いをとる反面、放課後や休み時間は一人で過ごすのが好きでした。人間関係では一対一で文学や音楽など興味があることをみっちりと誰かと話すことを好み、グループ行動というものができませんでした。バンドを組んだ時も練習はきちんとするのですが、その後にカフェやレストランに行って他のメンバーが雑談を楽しむのが理解できず、それが苦痛でバンドを辞めてしまったり。大学では友人関係が築けずにドロップアウトして、バーテンダーになり、バーテンダーをしていた時は言われたことをこなすだけだったので順調だったのですが、その後店長を任されてからは店の集計、スタッフのトレーニング、イベントの計画、ホールとキッチンのスタッフへの臨機応変の指示などやることが多く混乱してしまい、精神的にぼろぼろになってしまいました。大学に戻ってからは友達ができず図書館と精神科に通う日々。就職活動にも身が入らず2年遅れて大学を卒業した後は、ゼネコン関連の警備員。それでもまだ人生を諦めきれない!と一念発起して、自分の居場所を探しに渡英してみましたが、希望は見つからず日本へもどってきました。

 私の能力は極端です。初対面やクラスの中ならば人を驚かせ、楽しませることができますが、プライベートでは人間関係の衝突が絶えず、また一対一の付き合いしか楽しめません。興味のある話題ならば何時間でも喋れますが、パーティーや会社の面接や相性の合わない人と何を喋っていいかわからなくなります。文学や音楽、映画については百科事典のような知識を持っていますが、ごく一般的な常識が抜けていて周囲から驚かれることがあります。英文でもネイティブの人に素晴らしいと言われるような文章を紡ぐ事が出来ますが、話すと噛み合ず文章とコミュニケーション能力のギャップに驚かれます。
 
 これから職を探すのですが、書くこと、読む事、音楽、映画に特化した職業に就けたらと考えています。しかし人間関係が不安です。イギリスではなるべく自分がアスペルガーだとカミングアウトすることにしていました。周りも理解してくれましたし、イギリスではアスペルガー症候群と言えば、会社や学校側が対応してくれますが、日本はまだまだ理解が得られにくいというのが私の印象です。面接に赴く際、履歴書に自身のプロフィールを記入する際にはアスペルガー症候群とイギリスで診断されたこと、複数の指示を出されると混乱すること、口で指示されても理解できないことがままあることなど向こうの医者に診断されたウィークポイントを正直に述べた方が良いでしょうか?

また、私が興味のある分野で、アスペルガー症候群に向いた職業というものはどんなものがあるでしょうか?

 これから日本でもアスペルガーを取り扱う団体や医院と関わって、アドバイスを仰ぐ、自分で策を考え、行動に移し自分の人生を切り開いて行こうと思いますが、この場でも何かしらの意見が得られるのならば、とても貴重です。

宜しくお願いします。

26歳男性です。昨年イギリスに留学中、人間関係がうまくいかず鬱状態になってしまい、ホストマザーに「もしかしたら」と言われ、診察を受けてみたところアスペルガー症候群と診断されました。
 診断された時はショックと共にほっとした気持ちもありました。「ああ、今まで自分がどうしてもできなかった事や上手くいかなかった事は自分の能力や人格が原因ではなかったのだ」と。

 たとえば、感覚の過敏。学生の頃はどうしても満員電車に乗れませんでした。騒音と圧迫感がどうしても我慢できず、途中で下車する...続きを読む

Aベストアンサー

音楽や映画関連のライターはどうでしょう。
家でできますし、読み書きも活かせます。
英語の情報も得られるので、向いているのではないでしょうか。

結構募集がありますので、出版社にサンプルを送ってみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報