12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

築30年になろうとする外廊下のマンションに住んでいますが、玄関戸を交換したく考えています。
業者に相談した所、建築時に甲種防火戸として許可を得ている物件であること、甲種防火戸は平成12年以降は特定防火設備として扱われると説明がありました。
甲種防火戸として認定されている玄関戸はまだ存在しており、安価の交換可能であるが、特定防火設備となると、枠の交換工事から必要となり高額になるとのことです。
平成23年の時点で特定防火設備の認定でなく、甲種防火戸で認定されている玄関戸への交換を行った場合問題があるでしょうか。
どなたか見解を教えていただきたくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「甲種防火戸」にしても「特定防火設備」にしてもその認定はしょせん「ドアだけ」でされるものではありません。

なぜならそれらの防火性能とは結局「扉(ドア)とドア枠および蝶番など金物」のトータルの性能としての評価だからです。
したがって「甲種防火戸」として認定されているドアなら実質的には現状の「特定防火設備」と全く同じ性能であり、交換してもOKと考えます。(用語が変わっただけだと。)
建築指導課などに相談すると名称が違うだけで許可しないとか頭の固い担当者にいじめられたりヤブヘビでしょうから、特段許可を得るまでもなく交換されて問題ないと思います。
参考に↓
http://kotobank.jp/word/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%98 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
業者側は建築指導課の対応も意識して、万全を期すのであれば枠ごと全体の工事という発言をしたということと理解しました。

お礼日時:2011/07/03 08:14

マンションの各戸の扉の交換は一戸だけでは出来ません。

理事会で承認を得て、全戸の交換となりますが、
その問題はクリアしているのでしょうか。
クリアしているとして、マンションの扉の交換は一般的にはカバー工法を用いる場合が多いです。築30年であれば既に枠も劣化しているところが多いです。既存枠の上にかぶせるように新しい枠を取り付けます。
この方法が一番安いし、工事期間も短く済みます。(玄関扉を開けておくことは出来ませんから)
築30年なら枠ごと交換をお奨めします。
(実は家のマンションも去年、修繕積立金で全戸の扉を交換しました。開け閉めも含め、外見も良くなり良い感じになりましたよ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご指摘のようにカバー工法の提案も受けています。
全戸の扉も交換するかどうかは、まだ長期修繕計画の検討が立ち上がりの状態です。
ご指摘のように一戸だけでの交換については、問題があるかどうか確認してみます。

お礼日時:2011/07/03 16:16

甲種防火戸と特定防火設備 違いはあるのですかね? メーカー関係の認定番号ですかね。


SD 枠1.6以上の厚み鉄板  周囲モルタ詰め  になっていると思います。ドア交換はメ-カ-製品を使用するのですか?
ドアのラッチ部分の高さや形状が現在付いている形状や高さにあいますか? あわなければ加工しなおすのですか?
その辺業者さん把握していますか? 通常ドア枠をつけてから扉を調整して吊りこみしてます。既存ドア枠で新ドアあいますか?昔役所工事で枠をそのままにしてドアを新ものに交換したことがありましたが、手間がかかりました。枠固定  溶接でされています。溶接がきれないわけなので補正ができません。今回の地震でもマンション関係の外廊下壁にクラックがはいり数mmでもおされてもラッチがかからなくなったものもあります。溶接 切断しないとなおされないといわれ、手直しています。
簡単に考えられずたかがドア、されどドアです。たぶん業者さんというのは、建設会社だと思いますが、実際業者さんに依頼すると、ビル用サッシなのでサッシメ-カ-がきていろいろ検討するとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
甲種防火戸の認定を受けている戸であるということで、認定番号の問題と思います。
形状や高さなどは水平も含めて調査済みですが、震災前ですので再度確認します。

お礼日時:2011/07/03 16:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防火戸の基本について教えて

約40戸が入居するマンションに住んでいますが、建物全体が老朽化しており、本来は管理組合で修繕すべき玄関ドアを、古くて我慢できない人は各自の負担で取替できることになっています。

そこで業者から見積をとったのですが、2種類の見積をもらいました。
1つはトステムの「クルージュ」という商品名で、もう1つは、業者が安く製作するバージョンです。業者製作の物はアルミ製となっています。

そこでふと疑問に思ったのですが、アルミ製でも防火戸になるのでしょうか?
クルージュは、カタログを見ると、ステンレス製の板を表面に使っており、「防火設備」という文言も入っているので、どうやら防火戸のようです。

そもそも、法律的に、マンションの玄関ドアには防火戸が義務づけられているのでしょうか?ネットで検索すると、「甲種防火戸」とか「乙種防火戸」とか出てきますが、どんな建物にどんな構造のドアが必要なのか基本的なことがわからず困っています。
ご教示お願いします。

Aベストアンサー

現在は、甲種防火戸は特定防火設備、乙種防火戸は防火設備という呼び名に置き換えられています。
マンションの場合、11階以上の部分で床面積200m2をこえる場合、
特定防火設備で区画しなければなりません。
(耐火建築物であることを前提としています)
そこまでの広さがなければ、防火設備での区画で大丈夫ではないかと思われます。
ですが、さまざまな規定もあるため、専門家(1級建築士など)に検討してもらうか、既設の扉の種別を調べる(既存不適格になる場合もあり、充分ではないですが)などした方がいいと思います。

Q分譲マンションの玄関ドア交換について

16年になる分譲マンションに住んでいます。
最近玄関ドアの中骨が破損し、ドアが変形し、閉まりにくい状態です。
小学生1年生の息子は閉めることができません。

管理会社に問い合わせたところ最近までドアの在庫があったのですが、今はもうないとのことです。

何とか修理もしくは交換する事はできないでしょうか?

管理会社の総会で取り上げてもらうことはわかってますが、ほとんどの住戸が異常ないので
総会では通らないと思います。

Aベストアンサー

他の回答にもありますが、玄関ドアやサッシなどって難しいんですよね。
内側は専有部分で外側は共有部分という解釈が多いようです。

したがって、再塗装などであれば、「外側の塗装は組合負担で内側は区分所有者負担」が原則のようです。

ご質問のような修理の場合には、よほどしっかりとした管理組合や管理会社じゃないと、その費用負担割合も決まっていないのが実情でしょう。

どのような玄関ドアなのかわかりませんが、スチール製のドアであれば修理できないことはありません。
鉄工所などに持ち込んで、溶断して中を修理してまた溶接して、最後に塗装すれば完了です。
が、多分新品の何倍も費用がかかるでしょうし、特注して従来とほぼ同型のドアを作っても同様でしょう。

今までの玄関ドアの修理・交換は区分所有者負担だったとすれば、費用の負担割合はそれに従うとしても、
管理組合としても今後他の住居でも交換が必要になった場合にどうするかは決めなくてはならないでしょう。

総会にはかっても、「どうしましょう?」からスタートしてもなかなか結論は出ないでしょう。
管理会社や理事会と事前に打ち合わせて、決議が可能な議案を総会に提出してもらうしかないでしょう。

例えば、
管理組合規約の改正として、
「玄関ドアやサッシなど共有部分と専有部分にまたがる部分の修理に関しては、費用は区分所有者の負担を原則とする。また、交換が必要でかつ従来と同じ部品の入手が困難である場合には、事前に理事会の承認を得て、できるかぎり従来に似ている部品を使用することを可能とする。」
などという一文を追加するような議案でしょうか?

他の回答にもありますが、玄関ドアやサッシなどって難しいんですよね。
内側は専有部分で外側は共有部分という解釈が多いようです。

したがって、再塗装などであれば、「外側の塗装は組合負担で内側は区分所有者負担」が原則のようです。

ご質問のような修理の場合には、よほどしっかりとした管理組合や管理会社じゃないと、その費用負担割合も決まっていないのが実情でしょう。

どのような玄関ドアなのかわかりませんが、スチール製のドアであれば修理できないことはありません。
鉄工所などに持ち込んで、溶...続きを読む

Qドアーの向こうの相手に知らせる

建築基準法上 異種用途区画に指定された防火ドアーがあります。
防犯上セキュリティも保たれており常時開放することも出来ません。
また通用口として頻繁に使用されています。

外から帰ってきて鍵穴に鍵を入れて開錠入館するわけですが、中からドアーを開けて外に出ようとする人と鉢合わせになって外の人が怪我をしています。

防火扉の制限
1・外開き
2・耐熱鉄板製(もしくは製造の過程からのガラス透視窓での申請、受理されての施行物)
3・開放できない環境(セキュリティ)
4・等など

現在 ノックによる相手への告知だけが頼りです。

センサーライト
センサーチャイム
監視カメラのモニター画面の設置
防火扉の付け替え(ガラス入り)

お金のかからない方法で、こんなのどう?
DIY自慢の各位に良いアイデアがないものかご相談です。

当方マンションの管理員です

お願いします。

Aベストアンサー

異種用途区画の出入り口ですから甲種防火戸でよいとわけですよね。

サッシュメーカーは個別に認定を取っている製品があるはずですから、サッシュメーカーに相談されて耐熱ガラススリット付の防火扉に取り替えられたらよいと思います。

既に、竣工済みの物件の改修で且つ防火認定を取れている製品を使用していれば消防の査察でもなんら問題ないはずですが・・・。

一番手っ取り早いと思いますがいかがでしょう。

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q「飲食店」と「料理店」の定義

建築基準法上、「飲食店」と「料理店」はどう違うのでしょうか。
飲食店は、都市計画地域内のほぼ全域(工業専用地域と第1種低層住居専用地域以外)に新築可能ですが、
料理店は住居地域か近隣商業地域でしか建てられないですよね。
たぶん、実務ではみなさん「飲食店」として申請するんでしょうが、建築基準法では明確な定義があるんでしょうか。

Aベストアンサー

一応宅建主任者ですので「専門家」と言うことで^^;

飲食店…大衆食堂、ファミリーレストラン、喫茶店等
料理店…居酒屋、料亭、キャバレー等

です

Qオフィスビルにおける双方向避難路確保

オフィスビルにおける双方向避難路確保と聞きましたが、
その定義とは何によるものなのでしょうか?

お伺い致したく宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

補足への回答です。
重複距離の規定数値は、構造及び内装の種類、室の種別にも依りますので
一概にお答えすることは困難です。

例として 14階以下で無窓居室(有効採光面積が室床面積の1/20以下の居室)
でない、主用途に用いる居室の場合、重複距離は25mとなります。
内装材の不燃化や、避難上有効なバルコニー設置などで緩和が受けられる場合が
あります。

これ以上詳細なことにつきましては、当該建物の明確な資料がない限り
はっきりとお答えすることができませんので、ご容赦願います。

Q建物の庇について

庇の建築面積算定はわかりますが、床面積には含まれるのでしょうか?(1階、2階どちらに算定でしょうか?)

Aベストアンサー

1階の庇の場合,#1さんの指摘の通り,通常は床面積に含まれませんが,自転車置き場などの室内的用途(生活上又は部品の格納の目的で雨露をしのぐ用途)のある場合は,建築面積と同じ計算方法で,庇の先端から1mを超える部分を1階の床面積に算入します。例えば,1本柱の傘のような建物の場合,周囲の先端から1mを差し引いて床面積とする,と言うことです。

2階以上の場合で,その階のテラスなどに突き出ている庇の場合は,用途に関係なく,先端から2mを超える部分をその階の床面積に算入します。2m以上の庇が有れば,十分に室内的用途に使えるという判断です。即ち,2m以上突き出ている場合で,両側に壁等がない場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-2mx両側2箇所)を床面積として算入します。片側に壁がある場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-片側2m)で,両側に壁等が有る場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅)になります。

Q契約電流を30Aから40Aに変更するのにかかる工事費用は?

契約電流を30Aから40Aに変更するのにかかる工事費用
についての質問です。

我が家は分電盤で3つの分岐回路に屋内配線されて
ます。ちなみに単相二線式100Vで200Vではありません。

問題はそれぞれの分岐回路に3台のエアコン(100V式)
があり、夏場に3台同時稼働させると決まって緑のブ
レーカーのスイッチが切れて家中が真っ暗になります
。パソコン使用時に切れると非常に困ります。

原因は30アンペア契約ですから3台のエアコンだけで
も使用電力が3,000Wを超えてる為と考えており当然の
事と思ってます。

そこで契約電流の30Aを40Aへ変更検討中です。

毎月支払う基本料金は30Aから40Aに変更すると260円
増えるのは覚悟なのですが、30Aから40Aに変更するの
に屋内の配線工事(3つから4つへの分岐回路変更)
をする必要があるのでしょうか?

いずれにせよどのくらい工事費用がかかるか一番
知りたい点です。噂によると30Aから40Aへの契約
変更になると約10万円位の費用がかかると聞いた
事があるのです。
以前、親から聞くと20Aから30Aに契約変更した時は
そんなに費用はかからなかったらしいのですが、
30Aから40Aへの変更になると工事が大変なので以前
より多額の費用がかかると言っております。
真相をお答え下さい。

契約電流を30Aから40Aに変更するのにかかる工事費用
についての質問です。

我が家は分電盤で3つの分岐回路に屋内配線されて
ます。ちなみに単相二線式100Vで200Vではありません。

問題はそれぞれの分岐回路に3台のエアコン(100V式)
があり、夏場に3台同時稼働させると決まって緑のブ
レーカーのスイッチが切れて家中が真っ暗になります
。パソコン使用時に切れると非常に困ります。

原因は30アンペア契約ですから3台のエアコンだけで
も使用電力が3,000Wを超えてる為と考えており当然の
事と...続きを読む

Aベストアンサー

現在は「単相二線式100Vで200Vではありません」とのことで、ある程度専門用語もお分かりになるのかと思います。

電気の供給方式には、単相 2線式と単相 3線式とがあります。20A以下は単相 2線式、40A以上は単相 3線式です。30Aはどちらでもよく、親御さんが「20Aから30Aに契約変更した時はそんなに費用はかからなかった」と言っておられるのはそのためです。

単相 3線式にするためには、電柱から建物までの引き込み線から直してこなければなりませんが、引き込み線は電力会社のもので、これは月々の基本料金のうちで張り替えてくれます。

引き込み線との接続点からメーターを通り、メーターから分電盤までの配線は、お客様の財産ですから、お客様の費用で張り替えなければなりません。

また、分電盤も単相3線式に取り替えなければなりません。

さらに、現在 3回路でエアコンが 3台とのことですが、エアコンは独立した回路にします。最低 6回路ぐらい必要ですが、将来の増設も考慮して、8~10回路の分電盤を備えておくとよいでしょう。

ここまでの費用ですが、建物の構造や大きさによって変わってきます。ここで具体的な金額は申し上げられませんが、10万円という数字は、当たらずとも遠からずとは言えるでしょう。

現在は「単相二線式100Vで200Vではありません」とのことで、ある程度専門用語もお分かりになるのかと思います。

電気の供給方式には、単相 2線式と単相 3線式とがあります。20A以下は単相 2線式、40A以上は単相 3線式です。30Aはどちらでもよく、親御さんが「20Aから30Aに契約変更した時はそんなに費用はかからなかった」と言っておられるのはそのためです。

単相 3線式にするためには、電柱から建物までの引き込み線から直してこなければなりませんが、引き込み線は電力会社のもので、これは月々の基本料金...続きを読む

Q品質保証の業務内容について

現在、転職活動をしているのですが、
半導体のLSI(画像処理音声通信用LSI、地上デジタル放送向けLSI)を
開発しているメーカーにシステム機器開発エンジニアと
して応募したところ、
「品質保証での職種はどうでしょうか?」というような回答がありました。

品質保証という職種はあまりピンとこないのですが、具体的にはどのような仕事内容
なのでしょうか?半導体関連で品質保証の業務を行っている方おられましたら
教えて頂けないでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

半導体の素材メーカーで品質保証をしていたものです。

仕事の内容としては
・出荷先で発見された不良品のクレーム対応
・出荷する製品の検査証(保証書)の作成、照合
・社内での品質管理(製品の抜取検査等)
・ISOの帳票管理、審査対応
です。

上記の中で一番メインはクレーム対応で不良品の連絡があると、状況を聞いて社内で原因の究明、対策を話し合い、
顧客にそれを報告するという流れです。
他にも生産量や歩留まりを上げるために製造部門が不良品を無理矢理出荷しないようにチェックしたり、製品の品質に関するバラツキを管理するなどもしておりました。

これは私が勤めていた会社のことですので、他の会社はまた少し違った位置付けの会社もあるかもしれません。参考までに。

Q消防法による定員について

 私の会社は自治体より公共施設の管理を受託しており、私はこの施設の管理所に勤務しております。
 この施設の中には一般に貸出している集会所があり、27畳の広間と4畳の給湯室が1部屋づつある古い木造平屋建で、4名掛けの座卓10台と40名分の座布団が備え付けてあります。
 ここの定員は「消防法により40名まで」と規則で決めており、貸出の申込み時に渡す資料の中にも注意事項として記載されています。
靴の数などから定員オーバーを発見するたびに注意して定員を守ってもらいますが、中には「具体的な根拠を示せ!」と絡んでくる利用者もおり、夜間警備の会社からも定員オーバーについて困っていると報告が来ています。
 そこで自治体の担当者に根拠を教えて欲しいとお願いしたところ、「消防法に基づいて計算すると89名まで入れるが積極的には認めないでください。」と意味不明な回答が来ました。
 私は法律関係は苦手で条文を見せられてもよく分からないので、解説いただけないでしょうか?また、40名を超える利用を指導できずに人や物に被害が出た場合、管理責任を問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

集会施設ですので、施行令別表第一の一項ロ二該当します。
消防法施行規則第一条の三で収容人数が決められます。

この場合は、座席が固定で無い場合は、下記の二・ロの該当して、一人当たり0.5平米で計算されます。
27畳なので、約44.55平米割る0.5、で最大収容人員は89人になります。

しかし、常時座卓を使用するものとして、これを下記二・イの固定座席と見做すと、10卓で各4人合計40人分の座席数が収容人員になります。

現在の収容人数は、座席を固定と見做した人数で表示されていますが、実際は稼動式の座卓・座布団ですの実質的には89人にしても、直ぐには法令違反とは言い難くなります。
ただし、消防への届け出は40人になっているので、手続き上の問題がでますし、消防として「89人までは入れて欲しくない」と言うのが本音でしょう。


消防法施行規則第一条の三
算定方法では

次に掲げる数を合算して算定する。
一 従業者の数
二 客席の部分ごとに次のイからハまでによつて算定した数の合計数
イ 固定式のいす席を設ける部分については、当該部分にあるいす席の数に対応する数。この場合において、長いす式のいす席にあつては、当該いす席の正面幅を〇・四メートルで除して得た数(一未満のはしたの数は切り捨てるものとする。)とする。
ロ 立見席を設ける部分については、当該部分の床面積を〇・二平方メートルで除して得た数
ハ その他の部分については、当該部分の床面積を〇・五平方メートルで除して得た数

集会施設ですので、施行令別表第一の一項ロ二該当します。
消防法施行規則第一条の三で収容人数が決められます。

この場合は、座席が固定で無い場合は、下記の二・ロの該当して、一人当たり0.5平米で計算されます。
27畳なので、約44.55平米割る0.5、で最大収容人員は89人になります。

しかし、常時座卓を使用するものとして、これを下記二・イの固定座席と見做すと、10卓で各4人合計40人分の座席数が収容人員になります。

現在の収容人数は、座席を固定と見做した人数で表示されていま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報