「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

固定資産税は木造の場合 7000円/m2×1.4パーセント?が年間の支払い目安と聞いたことがありますが、
柱の太さでも、変わってくると聞きました。
実際のところ 3.5寸と4寸柱ではどの程度変わってくるのでしょうか?
また、地域によって評価額が違うとのことですが、評価基準だけでも全国一律にして一覧表にしてHPに掲載したりすれば分かりやすいのですが、どうしてしないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1さんの回答のとおりでしょう。



ちなみに、先日、都税事務所の方たちが、自宅の固定資産税算定のためにこられました。
柱の太さなんて、見積書に書かれていたとしても、現物確認なんてできませんが、価格が凄く高そうな柱部材が書かれていたら変わるかもしれませんね。

彼らはチェック表にいろいろ記入されていましたが、直接聞かれたのは、

・太陽光発電の設備があるか?
・床暖棒の設備はあるか?
・工法は?
・屋根は?
・インターフォンの画面はカラーか?録画機能はあるか?

以上のような項目です。中を見ているときは、お風呂の広さ、各部屋の内装の仕上げをチェックされていました。

私の自宅は、普通の仕上げですし、太陽光、エコキュート、IHなど話題の設備は皆無なので、まあ普通(低い?)の評価になったようです。彼らが帰ったあとで妻は、「うちは(大工さんのこだわりで)見えないところに金がかかっているのよ!」と言っていましたね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
あまり気にしなくて良さそうですね。

お礼日時:2011/08/03 16:15

>柱の太さでも、変わってくると聞きました。



変わらないでしょ。どうやって確認するの?年間何十円か何百円かをその柱の太さで税金変えるの?


>HPに掲載したりすれば分かりやすいのですが、どうしてしないのでしょうか?

基準はアバウトに作られているはずだから、それの網目をぬって税を逃れようとするから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造住宅メーカーの柱の太さを教えて下さい。

これから家を建てようと計画をしています。主人も私も木造がいいと考えていますが(ツーバイフォーではなく、在来工法の方がより理想)同じ木造といってもいろいろ異なると思いますし、柱の太さなども違うと思います。工法については各社のホームページ等に概略が説明されていますが、柱の太さについてはどんなに調べてもよくわかりません。そこで各社の柱の太さを既に建てられたなどでご存知の方、教えていただけませんか?
今候補にあげているメーカーは
・住友林業
・一条工務店
・積水ハウス
・東日本ハウス
です。ちなみに二世帯なので3階建てを希望しています。

Aベストアンサー

設計事務所を主宰する者です、ご質問の趣旨とは少し離れるかもしれませんが参考にしてください。
ハウスメーカー77社/個別診断という本が出版されているようです。下記アドレスに掲載されています。
http://www.kj-web.or.jp/sinkan/hausu.htm
納得の出来るお家を希望でしたら、客観的な立場で、何でも相談できる、よい設計者をパートナーに選んで話を進めたほうがよいと思います。設計事務所は敷居が高いと思われがちですが、そうでもありません。
設計事務所を理解するのに
http://www.aurora.dti.ne.jp/~yoneto/Whjimusyo.html
を参考にしてください。
また多くの設計者に出会えるサイトを下記に紹介いたします。
設計を依頼されたお客様にいつも読んで頂いている本があります。
大変お勧めです。
それでも建てたい家(新潮文庫)著者:宮脇檀

参考URL:http://www.aims-system.co.jp/patio/service.html

Q3.5寸の柱、4寸の柱

家の建て替えを考えています。

頼もうと思っている工務店では、柱の太さを3.5寸のもので行う方針なのですが、友人に、少し太くして、4寸の方がいいらしい、という話を聞きました。

工務店側にそれをいうと、多少の金額upで4寸にすることもできるが、
実質、それほど変わるものでもなく、やらなくてもよいと思う、との意見でした。

第三者の詳しい方にも意見を聞きたいのですが、どちらがよいものなんでしょうか。

Aベストアンサー

105角の柱でも120角の柱でも信頼できる施工会社がOKしているなら、問題ないと思いますが、120角の柱の方が強いのも確かです。
余裕があるなら120角の柱をお奨めします。
柱が120角になれば土台も120角になりますし、基礎もその分巾が大きくなります。

Q木造軸組工法 柱の太さについて

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
管柱                    =105ミリ角
筋交い                   =45ミリ×90ミリ
---------------------------------
となっていました。
通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが
105ミリ角の通し柱も使用しているようです。
120ミリ×105ミリって言うのもありました。
このサイズをみて、2階建の木造住宅の仕様として、
どんなもんなんでしょうか?こんなもんなんでしょうか?
危険なものでしょうか??
よろしくお願いします。

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
...続きを読む

Aベストアンサー

地方にもよりますが、東京近辺なら在来工法としては上の中くらいは評価できると思いますが。。。

管柱でも100ミリ角が一本も無いというのはないというのはご立派ですが、不満足とすれば関西以西の方でしょうか?

多分、通し柱を全部120ミリ角にしても、耐用年限が100年から130年に延びるということだと思いますが一般に都会では

設備面が先に古くなるので、耐用年限までは考えない傾向があります。

西欧のように設備やサッシュを取り替えながら、何百年も使うとすれば全部150~240ミリ角くらいの柱がいるかと思います。

Q「3寸半角の柱」と「4寸角の柱」について

お世話になってます。
素朴な疑問です。
木造軸組工法で建てた家で「3寸半角の柱」と「4寸角の柱」があったとします。
それぞれが同じ素材だった場合、当然「4寸角」の方が太くて丈夫で・・・って言う
イメージが素人感覚で思うのですが、具体的に何がどれだけ違いとなって出てくるのでしょう?
強度か、耐久性か、耐震性か・・・。
大工さん曰く、べらぼうに太い柱は逆に地震とかで折れやすくなると言ってたので気になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下の#2の方や#3の方の回答で充分と思いますが、ちょっとだけ付け加えます。

まず、3.5寸角(105mm)の材木の断面積は12.25平方寸であるのに対して4寸角(120mm)の断面積は16平方寸です。つまり、4寸角の方が3.5寸角に対しておよそ1.3倍の面積を持ち、それだけ強さ(強度も耐久性も耐震性も)に差があります。これが5寸角(150mm)であれば3.5寸の2倍以上の断面積となります。これに対して材木の値段は当然ながら太い方が高いわけです。

また、太い方が折れやすいということについてですが、昔のお城の天守閣などの柱を見たことがありますか?当然に1尺以上ですね。それは例外としても、ちょっと古い農家などは柱が5寸角などというのはザラにあります。それにもし太い柱が折れやすいというなら、#3の方のおっしゃるように本格木造注文住宅で5寸角を使うのはおかしいと思いませんか?わざわざ、折れやすい弱い家を造るのでしょうか。

では何故、今の建築で3.5寸角が一般的であるかというと、それは単にギリギリの強度のものを使って、安く家を建てるためです。同じ値段で請け負っているなら材料が安い方が、それを建てる大工の儲けが大きくなります。もちろん、材料費の上乗せがあるなら文句は言わないでしょうが、同じ値段なら原価の安いものを使おうとするのは当然のことです。

ちなみに手元のやや古い資料(1997年)ですと、檜で無節(最上級です)の長さ6mの柱1本の値段は、3.5寸角で68800円、4寸角で89900円となっております。格が落ちて1等の材木ですと、3.5寸角15200円、4寸角19900円となっていて、断面積にほぼ比例しています。

結論として言えば、5寸角ぐらいまでなら太い方が丈夫である可能性が高く、柱の太さは家全体のバランスと材料費の値段との折り合いで決まるということでしょうか。

下の#2の方や#3の方の回答で充分と思いますが、ちょっとだけ付け加えます。

まず、3.5寸角(105mm)の材木の断面積は12.25平方寸であるのに対して4寸角(120mm)の断面積は16平方寸です。つまり、4寸角の方が3.5寸角に対しておよそ1.3倍の面積を持ち、それだけ強さ(強度も耐久性も耐震性も)に差があります。これが5寸角(150mm)であれば3.5寸の2倍以上の断面積となります。これに対して材木の値段は当然ながら太い方が高いわけです。

また、太い方が折れやすいということにつ...続きを読む

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Q新築、見積もりオーバーでで削ったものは?

自宅を新築するのに、打ち合わせの最中です。
そろそろ最終の見積もりが出そうなのですが、明らかに予算オーバーしていそうな気配です。
でも、ここまでくると、何を削っていいのやら・・・と悩んでいます。

そこで、注文で家を建てた皆様、聞かせてください。
皆さんが、予算オーバーで、最後にあきらめたものは何ですか?
そこをあきらめて、家が完成した後、やっぱり少々高くてもつければ良かったなあ・・・と後悔しませんでしたか?
そこをあきらめて、いくらぐらい見積もりの金額を減らしましたか?

わかる範囲で、気軽に教えてくれたらうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハウスメーカーさんで外注設計をやっている者です。
仕事柄、直接お客様とプランの打ち合わせを行っていくうちにいろいろつけたくなるのもわかります。
気がつくと「え!!!」と思うような金額が出てから
あれこれ削っていくのも大変なのもよくわかります。

まず「ここはどうしても譲れないもの」を順位を付けて整理してみてください。

細かいものを説明していくと・・・

(1)大きく金額が調整できるもの
 オプションになるようなもの(特にハウスメーカーさんで多い)
 浴室やキッチンのグレードなどを
 上げたことによる追加金額は結構なものです。
 ただこれを削って後で後悔する方も多いので
 譲れないものの上位にあるのであれば
 やめておいたほうがいいと思います。
 (建てた後での後悔がずっと続きますから)

(2)後付ができるもの
 エアコンやカーテンなど住んでから後で
 取付可能なものも結構金額がいくものです。
 自分の足で探せは安いものはあります。
 これらのものは入居したときに
 付いていると気持ちがいいものですが
 ハウスメーカーさんや工務店さん経由だと
 どうしても利益を上乗せせざる負えませんので
 この辺から削っていくお客様は多いです。

(3)オーダーものを抑える
 造りつけの家具や造作工事等のものです。
 耐震的な面で最近、お客様のご要望が多いんですが
 材料や大工さんの手間などがかかってきます。
 案外、通販などの家具のほうが安かった
 ってケースも多いです。
 この辺は迷うところですが妥協できるのであれば
 安く抑えられると思います。


やってほしくないのは・・・
「本体の金額や材料等を下げること」
友人の家はこれをしてしまったことで
最後の最後まで建築した工務店さんといろいろ
もめてました。
本体を値引きするということは
材料のランクも下げなければならないし
やはり手抜き工事になりやすいです。
これだけはしないほうがいいです。絶対に!

 

ハウスメーカーさんで外注設計をやっている者です。
仕事柄、直接お客様とプランの打ち合わせを行っていくうちにいろいろつけたくなるのもわかります。
気がつくと「え!!!」と思うような金額が出てから
あれこれ削っていくのも大変なのもよくわかります。

まず「ここはどうしても譲れないもの」を順位を付けて整理してみてください。

細かいものを説明していくと・・・

(1)大きく金額が調整できるもの
 オプションになるようなもの(特にハウスメーカーさんで多い)
 浴室やキッチンのグレード...続きを読む

Q窓の多い家の長所と短所

 窓が多いと風通しが良いという長所がありますけど、他に長所、または短所はありますか?
 日本の一戸建てで窓には網戸とカーテンが付いているという想定でお願いします。

Aベストアンサー

窓が多いメリットは通風と採光と開放感ですが、どこに窓をつけるかによってメリットにならない可能性もあります。
風通しでは窓の多さよりも、窓の位置関係が大切です。
採光は南側に窓がある場合は、庇があれば夏は直射日光が入らず冬には入るので、日本の家は南に大きな窓を持ってくるケースが多いですよね。
西側では、西日は死に日とも言われるようにたとえ庇があっても夏にも日差しが入り温度上昇が心配です。代わりに冬の晴れている日は日が入って暖かいです。

窓が多すぎる場合のデメリット・・・。
・カーテン代がかかる。
・窓拭きが大変。網戸の張替えや掃除も大変。
・防犯面で劣る。
・外出時に窓が閉まっているかのチェックが大変。
・壁に比べて遮音性や断熱性にかける。
・人通りが多い場所の窓は外が気になる。
・隣家の窓とかち合う可能性が高まる。
・壁が少なくなるので家具の配置に困る。
・壁が少なくなるので耐震性が心配。

Q予算を500万オーバー、削る所を教えてください

家族6人(子ども2人、夫、妻、義父、義母)で延べ床面積58坪の家です。完全同居プランですので、水周りも1つずつ玄関も1つです。

初めての見積り額が予算(3500万)をオーバーしていて約500万円分カットしなければなりません。どこからカットしていいのか迷っています。

ほぼ総2階の長方形(玄関部分のみ飛び出ています)の切り妻屋根です。海からは遠いですが、風の強い地域で塩害の恐れがあるためカラーステンレスの屋根をガルバにすることはできません。

とりあえず面積の大きいものから削るのがいいかと思い、外壁で80万くらいカットできそうですが、残り400万ほどどこで削ったらいいのか?水周りの質を落とすことを思いついているくらいです。

設計士からは蓄熱式の暖房を辞めて、高気密を辞めればそれに付随してかなりの金額が落とせると提案されています。
しかしながら、ランニングコストが上がるのは嫌です。
素人ながら、金利が上昇しても家計が持ちこたえるだけの金額を予算設定したので予算以上の金額を出すつもりはなく、どんなに設備面で削っても無理なら坪数を削るつもりです。でも完全同居なのでできればこれ以上義父母との距離感が狭まるのは耐え難いのでなんとか材料等で落としたいので、落としても支障がなさそうなものを教えていただけたらありがたいです。見積書を実際にお見せしているわけではないのでお答えしづらい面もあると思いますが、よろしくお願いいたします。

家族6人(子ども2人、夫、妻、義父、義母)で延べ床面積58坪の家です。完全同居プランですので、水周りも1つずつ玄関も1つです。

初めての見積り額が予算(3500万)をオーバーしていて約500万円分カットしなければなりません。どこからカットしていいのか迷っています。

ほぼ総2階の長方形(玄関部分のみ飛び出ています)の切り妻屋根です。海からは遠いですが、風の強い地域で塩害の恐れがあるためカラーステンレスの屋根をガルバにすることはできません。

とりあえず面積の大きいものか...続きを読む

Aベストアンサー

4000万円→3500万円の減額は、さほど難しいこととは思いません。
建築家は何をしているのでしょうか???

以下、他の回答者と重複する部分があるかもしれませんが、列記します。
・カラーステン屋根仕様変更(コロニアル等)。ステンは「錆びにくい」だけで、錆びないわけではありません。塩害を心配されるのであれば、避けた方がよろしいでしょう。
・フローリング変更。同等品で、より安く入れられる他社製品を施工者に提案してもらいましょう。実際にサンプルを見てから決められてはいかがかと思います。
・ビニルクロス変更。サンゲツSPシリーズなどの廉価版から選ばれてはいかがでしょうか? 種類は豊富にあります。
・耐震壁を合板でつくっているようであれば、筋交いに変更してもらいましょう。最近合板の価格が上がっていますので。外壁の通気胴縁内側が合板でなくなれば、遮湿フィルムも不要になります(関東以西)。
・基礎が布基礎になっている場合には、べた基礎に変更するとお金が落ちる場合があります。
・畳の部屋はありますか?縁なし畳は高いので、縁ありに変更すると減額になります。
・巾木が木製であれば、樹脂製に変更すると減額になります。
・給湯器を、工務店さんの得意なメーカーに変更すると1万円程度の減額になります。
・竣工写真代や工事看板代が計上されていませんか? んなもんなくても建物は建ちますので、外してしまいましょう。
・珪藻土をやめると、壁下地の仕様も変わります。その減額をお忘れなく。
・見積もり項目に重複がないかを丁寧にチェックしてみてください。基礎コンクリート工事と左官工事両方に基礎のモルタル補修が入っていたり、土工事と外構工事両方に鋤取りが入っていたり、見積項目に重複がある場合も少なくありません。

本当は、相見積もりをとって、数量や単価を突き合わせてみるといいのですが。他社と比べて突出して数量が多い場合や単価が高い場合には、充分ネゴが可能です。

私の経験では、大きな減額をいくつか探すのではなく、細かい減額をたくさんかき集め、地道に積み上げていくほうが、結果として大きな金額を減らすことができます。このやり方であれば仕様や坪数をほとんど変えずに、1割超は楽に減額できます。また、工事費=税+工務店の経費+直接工事費という構成になっています。直接工事費を減らしたら、工務店の経費も同じ比率で減額できますので忘れないようにしましょう。消費税も同様です。

4000万円→3500万円の減額は、さほど難しいこととは思いません。
建築家は何をしているのでしょうか???

以下、他の回答者と重複する部分があるかもしれませんが、列記します。
・カラーステン屋根仕様変更(コロニアル等)。ステンは「錆びにくい」だけで、錆びないわけではありません。塩害を心配されるのであれば、避けた方がよろしいでしょう。
・フローリング変更。同等品で、より安く入れられる他社製品を施工者に提案してもらいましょう。実際にサンプルを見てから決められてはいかがかと思います。...続きを読む

Qヒノキをあまり使用せずに値段は一気に下がる?

ヒノキを多く使用する住宅メーカーで、総ヒノキにすると家の値段も半端じゃないと思うのですが、一部のみヒノキを使うとか全く使用しないと言うことを仮定して、

(1)総ヒノキを使用して住宅を建てる場合と全くヒノキを使わない家の場合だと値段的にはどのくらいの差があるものでしょうか?住宅メーカーにも当然左右されると思いますが、ヒノキでも一般の木材でもどっちでも使って家を建てますよっていうメーカーということを仮定して教えてください。大まかで結構です。

(2)総ヒノキじゃなく、6畳の和室のみヒノキのみを使って家を建てる場合、総ヒノキに比べて建築予算でどのくらい差があるんでしょうか?200万円程度の差くらいでしょうか?

(3)一般的に2500~3000万円程度の家を買う場合、値引きはありますか?
上記値段は家のみの値段で、土地が仮に60坪4000万円の土地を買うことを仮定し、土地の値引きは無しとします。

Aベストアンサー

1.ヒノキといっても使う場所によって節の有る無し(価格が違う)の違いが有ります。
加えて、建物の大きさ、形状も大壁、真壁など、柱の露出条件等も想定できないとどのくらい差が出るか書くことは出来ないでしょう。

2.一般住宅(どのレベルが一般かはあくまで個人差あり)40坪レベルで材木だけで600万円も有ればそこそこです。
200万円という事は1/3に相当するので、樹種が変わった程度でそれだけの差額は出ません。使う化粧材の条件にもよりますが30~80万程度でしょう。

3.そもそも価格も仕様も決まっていないものに「値引き出来ますか」の質問がナンセンスです。
元の掲示額に対して施主が意見すればそこそこ値引きされるのは1000万円の家でも1億円の家でも同じ事です。

関して補足しますと、構造材材木は一般的に使われる樹種はヒノキ、杉、米松、国産松、ヒバ、集成木などですが、価格が大幅に変わるものは有りません。
下地材(壁、天井内に隠れる)では2割以上差は出ないですし、どの樹種でも化粧材よりはるかに安いです。
化粧材(貴方が3.で書かれた和室の露出柱など)の場合でもヒノキの無節が高いという認識かと思われますが、実は杉とヒノキの場合高価な無節材は杉(秋田杉)で、無節ヒノキの3割以上高いものです。

とはいっても、ヒノキ無節を使うこと自体は化粧柱を使わない行為からすれば、その部分(柱が見える)だけで材料単価は2~3倍見ておく必要があるでしょう。
ということで、化粧柱が多いほど材木単価は上がります。
和室でなくても建物内の真壁部は柱が露出することになるので、その柱の本数が多ければ多いほど材木の価格が増し、オール大壁&既製品窓枠(柱がまったく露出しない)で材木代400万円の家も、オール真壁なら600~800万円になります。

1.ヒノキといっても使う場所によって節の有る無し(価格が違う)の違いが有ります。
加えて、建物の大きさ、形状も大壁、真壁など、柱の露出条件等も想定できないとどのくらい差が出るか書くことは出来ないでしょう。

2.一般住宅(どのレベルが一般かはあくまで個人差あり)40坪レベルで材木だけで600万円も有ればそこそこです。
200万円という事は1/3に相当するので、樹種が変わった程度でそれだけの差額は出ません。使う化粧材の条件にもよりますが30~80万程度でしょう。

3.そもそも価格も仕様も決まっ...続きを読む

Q固定資産税の高い物件

今年、家を建てる事になりました。
固定資産税の算出方法にはいろいろある事は知っていますが、では、具体的にどのような物件が高い評価をされるのでしょうか。
知り合いに聞いたのは、吹き抜けがある家は高い、と聞きました。
他にはどのような条件があるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

固定資産税は、土地と家屋の各々の評価額に課せられるものです。今回のご質問は、家屋分についてのご質問と思われますが、家屋についての固定資産税の算定方法は、いろいろではありません。基本的には、総務省令で定められた方法により、家屋の評価額を算定し、これに税率(一般的には上限税率1.4%を採用)を乗じたものとなっています。
総務省令で定められた「再建築費評点基準表」は、購入価格による差をなくし、公正な評価を行うことを目的にしたもので、先の回答にあるような「たまほーむ・・・」の評価は考えられません。
自分自身、家の建築時にこの基準表により、税金の試算を行いましたが、さほど難しいものではありませんでした。
評価は、壁や屋根等の材質やその規模によって定められた単価に面積を乗じて積み上げていくものとなっており、照明器具などの建築設備を含めて、細部にわたり評価するものでした。
自分がその際に、勉強になったことを紹介させていただきますと、家屋の減価償却は、m2当りの評価額が低いほど早く、10年間、20年間のトータル支払い税額が少なくてすむということです。ダウンライトを使用したり、間接照明にしたりと、照明器具にこだわった家を建設しようと思っていたのですが、これにより全体評価額が上がり、床面積あたりの評価額もあがったことで、その際の試算で30年間で10万円の差が出たので、最終的には照明器具の数を減らしました。
ご質問にあります「吹き抜け」につきましては、床材が減る分、評価は低くなりますが、壁面積は変わらないですし、先のとおり、m2あたりの評価を算定してみないと、はっきりとした回答は得られないと思います。「具体的にはどのような物件が・・・」に対しましては、標準に比べて、コンセントやスイッチや照明器具等が多い、風呂が大きい、キッチン流しが大きい、床暖房がある、屋根材一体型太陽光発電がある、等など、贅沢な物件になるほど高くなります。やはり、一度基準書を見られることをお勧めします。

参考URL:http://park15.wakwak.com/~sola

固定資産税は、土地と家屋の各々の評価額に課せられるものです。今回のご質問は、家屋分についてのご質問と思われますが、家屋についての固定資産税の算定方法は、いろいろではありません。基本的には、総務省令で定められた方法により、家屋の評価額を算定し、これに税率(一般的には上限税率1.4%を採用)を乗じたものとなっています。
総務省令で定められた「再建築費評点基準表」は、購入価格による差をなくし、公正な評価を行うことを目的にしたもので、先の回答にあるような「たまほーむ・・・」の評価は考え...続きを読む


人気Q&Aランキング