痔になりやすい生活習慣とは?

義父が先日、白内障の手術を受けたのですが前より見えづらくなったとのこと。そのことを医者に相談すると「1ヶ月ぐらい様子を見てくれ。ひょっとすると網膜の異常かも」との返事。手術して金取るだけ取っといてそれはないだろうと今怒っています。
もしこういった相談に乗ってくれる公共機関等があれば是非教えて欲しいのですが・・・。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「医療相談窓口 インデックス」
http://www.patient-rights.or.jp/qa6.html
(、「医療事故相談窓口」の概要や連絡先を教えてもらえますか。)
http://www.patient-rights.or.jp/case000.htm
(『苦情から学ぶ医療をめざして』コーナー)
http://www.skal.co.jp/medihot/frame_rink.html
(医療ミスへの対処)

ご参考まで。

参考URL:http://www4.airnet.ne.jp/abe/consult/
    • good
    • 3

私が利用したのは、医療ミスではありませんでしたが医療における苦情を、県の「医療整備課」という窓口で相談しました。

今回の場合はどこまで介入してくれるかは不明ですが、私の時には事実の確認(私の時はおそらく電話だと思いますが)をしてくれ、内容から弁護士会を紹介をしてくれました。
義父様の目が、医師の言うように1ヵ月後には見えてくることを祈ってます・・
    • good
    • 12

ご質問の場合が、医療ミスになるかどうかは判りませんが、医療ミスの場合、素人では、なかなか立ち向かうことが出来ません。



下記の処などに相談しましょう。
医療事故に関する相談窓口・参考リンク
http://www.cbc-nagoya.co.jp/tv/u-gatta/campaign/ …

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://www.shikaiin.com/tisiki/jiko.htm
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療ミスを報告する機関について教えて下さい

医療ミスを報告する機関について教えて下さい

先週甥っ子が、耳鼻咽喉科に行ったのですが
そこで鼻水を吸引してもらう際に、器具で粘膜を傷つけられ
鼻血が出てしまったので、脱脂綿を鼻に詰められました。

あまりにも奥に詰められ甥っ子が大泣きをしたので、
母親が止めに入ったのですが、
そのすぐあとに鼻をみたら、脱脂綿がなくなっていたので
医者に「奥に入ってしまったんではないですか!?」
と尋ねたところ、「そんなはずはない」と言われたそうです。

母親もてっきり、結局入れなかったと思っていたのですが、
ところが、今日になって、甥っ子がくしゃみをしたところ
鼻の奥から脱脂綿が出てきました。

甥っ子はまだ小さく、話もできないので、
違和感等はもちろん伝える事もできず、
一週間近くも、脱脂綿が鼻に入っていたのです。

医療ミスと言うまではいかないのかもしれませんが、
粘膜を傷つけられた上に、このような処置をされて納得がいかないので
休み明けに病院へ抗議の電話をするつもりですが、
公的機関にも、報告と相談(鼻の中が炎症を起こしていないか不安なのでその後の対処法)を
しようと思っています。

購入した商品等についてのクレームや報告は消費者センター等だと思うのですが、
医療機関についてはわからないので、どこに連絡をすればよいのか
どなたかご存知の方、どうか教えて頂けませんでしょうか?

よろしくお願い致します・・・m(_゛_)m

医療ミスを報告する機関について教えて下さい

先週甥っ子が、耳鼻咽喉科に行ったのですが
そこで鼻水を吸引してもらう際に、器具で粘膜を傷つけられ
鼻血が出てしまったので、脱脂綿を鼻に詰められました。

あまりにも奥に詰められ甥っ子が大泣きをしたので、
母親が止めに入ったのですが、
そのすぐあとに鼻をみたら、脱脂綿がなくなっていたので
医者に「奥に入ってしまったんではないですか!?」
と尋ねたところ、「そんなはずはない」と言われたそうです。

母親もてっきり、結局入れなかったと思っていた...続きを読む

Aベストアンサー

医療安全支援センターでは、国民の皆様の医療に関する心配や相談をおうかがいしています。
http://www.anzen-shien.jp/center/index.html

お住まいの地域の医療安全支援センターに相談して下さい。

Q誤診を訴える事は可能なのでしょうか?

先日、彼があまりにお腹に激痛が走ると言い、かなり痛がるので
近くの医者で診てもらったところ、何も検査をせずに”ノロウイルス”と診断されました。

絶対にノロウイルスだと言い切られ、
『まぁ治ると思うけれど次の朝にまだ症状が改善しないようであれば、ここへ行って下さい』
と近くの医者を紹介されました。
翌朝、治らなかったので紹介された病院へ行った所、
急性腸炎だと診断され薬を出されました。
しかし全く改善せず、顔を歪めていたため
その夜、彼は救急車で救急病院へ搬送されました。

そこで、検査等をして診断された結果、
急性虫垂炎と限局性腹膜炎を引き起こしている事がわかり
翌日、腹腔鏡による手術を行う予定でしたが、
結局、虫垂に穴が開いていて膿が腸に広がってしまって、
お腹を切り開いての手術となりました。
そして、白血球の数(?)と痛がり方からも中程度~重症と言われました。

彼は現在も入院中ですが、
最初の医者の適当な診察に怒っていて、
もっと早く本当の病名が分かれば、お腹を切ることはなかったと言っています。
噂によると、その医者に誤診だと直接抗議すると、
カルテを破棄されてしまうらしいのです。
彼は誤診を訴えたいと言ってているのですが、それは可能なのでしょうか?

先日、彼があまりにお腹に激痛が走ると言い、かなり痛がるので
近くの医者で診てもらったところ、何も検査をせずに”ノロウイルス”と診断されました。

絶対にノロウイルスだと言い切られ、
『まぁ治ると思うけれど次の朝にまだ症状が改善しないようであれば、ここへ行って下さい』
と近くの医者を紹介されました。
翌朝、治らなかったので紹介された病院へ行った所、
急性腸炎だと診断され薬を出されました。
しかし全く改善せず、顔を歪めていたため
その夜、彼は救急車で救急病院へ搬送されました。

...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、

まず最初に誤診をした病院にまだ文句を言いに行かないでください。
弁護士に相談してから行動を起こさないとNo.1さんのおっしゃるような
証拠隠滅もありえますし、会話内容によっては弁護士さんが交渉しづらくなり、
彼氏が不利な状態になることもあります。

まず、早急にお願いする弁護士さんを探してください。
私も訴訟経験者(労働系・和解でお金をもらったので事実上の勝訴)ですが、
いい弁護士さんを選ぶコツとして、私は下記の3点を挙げます。

・相談時にマイナス(敗訴)の場合のリスクも説明ができる
 (相談者の相手に突っ込まれそうなポイントも冷静に把握しているためと
  慎重に事を進めてもらうため)

・相手方(この場合だと病院)の弁護を請け負ったことのある方か、
 訴えるジャンル(今回は医療系)の経験豊富な方。
 (相手の言い分がわかるので反論を考えやすいため)

弁護士さんにはいろんなタイプの方がいらっしゃいます
某有名TV番組でも、1つのことに関して弁護士さんたちの解釈が分かれてしまってますよね。
数名の方にお会いして、慎重に事を進めてくれそうな方にお願いすることをお勧めします。
お勧めできないタイプの先生を具体的にお話しますと、
つい大風呂敷を広げる方です。
「大丈夫、絶対勝て勝てますよ」と調子の言い事を言うタイプです。
物事に絶対はありませんから・・・
耳障りがいいのでつい頼みたくなってしまいますが、
このタイプの方は、いい加減な仕事をされる可能性が高いです。

私は有料相談で3人の弁護士さんにお会いして、上の3つにすべて当てはまった方に
お願いしました(お願いした先生は、某社の顧問弁護士も受けておられました)

またこういうサイトもありますので、参考になれば幸いです
(私が実際に相談していないことをご了解くださいませ)

医療事故センター
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/

くれぐれも、訴えを起こす=勝訴 とは限りませんので、
慎重にめんどくさがらずに事を進めてくださいね。
(裁判は自分たちで証拠を集める必要があるし、何かと費用もかかるため、
 気がめいってきますが、どうか途中で投げないでくださいね)

あとカルテですが、証拠隠滅を防ぐために弁護士にカルテの差し押さえを
行ってもらう必要があります。
(これをスムーズに行うためにも病院に訴訟を感づかれないようにしてくださいね)
差し押さえの費用は20万以上かかると聞いています、
この辺は弁護士さんからも説明してもらえるはずです。

お住まいの地域がわからないので、下に日本弁護士連合会のリンクを貼っておきます。
http://www.nichibenren.or.jp/
法律相談はお住まいの都道府県の弁護士会が実施していますので、
検索エンジンを使って検索してくださいね。

はじめまして、

まず最初に誤診をした病院にまだ文句を言いに行かないでください。
弁護士に相談してから行動を起こさないとNo.1さんのおっしゃるような
証拠隠滅もありえますし、会話内容によっては弁護士さんが交渉しづらくなり、
彼氏が不利な状態になることもあります。

まず、早急にお願いする弁護士さんを探してください。
私も訴訟経験者(労働系・和解でお金をもらったので事実上の勝訴)ですが、
いい弁護士さんを選ぶコツとして、私は下記の3点を挙げます。

・相談時にマイナス(敗訴)の...続きを読む

Q医者の誤診とその責任

医師法を読んだことがありますが、
説くに誤診時の責任については書いて無かったです。
医者は誤診をした時はどのような根拠に基づいてどのような形で責任をとるのですか?
詳しい方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

誤診の程度により異なるでしょうが、ご質問では、誤診の結果生命に危険が及ぶ可能性があるか、または死亡したしまった場合と想定して考えてみます。

誤診を明らかにするには、まず当該医師の書いたカルテ内容を入手し、その時の患者さんの状態を正確に把握していたか否かが、まずは争点となるでしょう。

そのカルテ内容を第三者の専門家が当該医師に質問しながら、いかなる点で誤診が生じたのか、を明確にしていくと思います。詳細は個々によって異なるので触れませんが、恐らくは上記の方法を裁判所等で行い、最終決定は裁判官がするものと考えます。

次に責任の取り方ですが、これも個々で異なるでしょう。例えば、手術中に大動脈を誤って切り、失血死したような場合は、業務上過失致死に相当するのではないでしょうか?しかし、それを証明するのは困難なことです。何故なら動脈瘤や心臓の手術では、手術自体が相当な危険性を孕んでいるから。

ただ、きっちりと診断材料(画像写真等)があるのにも関わらず、それを読み落としたような場合は、その医師の実力とも相関しますが、恐らくは民事裁判になるのではないでしょうか?また、必要な検査せずに重篤な状態に陥った場合も、民事?でしょうか。

なかなか難しいですね。

誤診の程度により異なるでしょうが、ご質問では、誤診の結果生命に危険が及ぶ可能性があるか、または死亡したしまった場合と想定して考えてみます。

誤診を明らかにするには、まず当該医師の書いたカルテ内容を入手し、その時の患者さんの状態を正確に把握していたか否かが、まずは争点となるでしょう。

そのカルテ内容を第三者の専門家が当該医師に質問しながら、いかなる点で誤診が生じたのか、を明確にしていくと思います。詳細は個々によって異なるので触れませんが、恐らくは上記の方法を裁判所等で行...続きを読む

Q医療ミス どう対処したら良いでしょう? 助けてください。

先月 義理の母が息苦しさを感じ町医者に行ったら、不整脈があり総合病院に救急搬送され、心臓ペースメーカーを埋め込む手術をしました、手術前の説明では1~1.5時間位でそれ程難しい手術では無く入院も2~3日程度ですとの説明でした、ところが当日は3時間以上の手術時間でした、説明とは違ったので心配しましたが、その日は手術が終わりホットしていました、翌日いきなり連絡があり、今から2度目の手術を行うとの連絡です、訳も解らずその日は過ぎあとで理由を聞こうと思っていました、ところが翌日も突然の連絡で3度目の手術を行うとの事です、最初の説明とは違い、納得が行かず手術が終わった後、執刀医に問いただしました所、専門用語で話してきたので、一般人がわかるように説明を求めると、上手く端子が設定できなかった様で2回目までは新米医師の執刀、3回目は部長先生が執刀した様です、同じ所を3回切開して縫い直した様です、医師ははっきりと失敗しました、と発言、話の内容は録音してあります、10日程入院の後 退院その後手術の請求書が来たので
部長先生に電話で聞きました、医者は失敗しても何の謝罪も無く、何のペナルティーも無いのですか?
すると「いきなり、これ以上問い質すなら、弁護士を経て話してください、失敗はしたが、フォローしているので何の問題も無い、失敗に対して何の責任も取らない」と切り捨てる様でタカビシャな回答でした、その言葉に、どうしても納得が行かず医療費は払ってません、請求詳細は手術1回分と入院期間のもろもろ請求です、母にはペースメーカーが入っているのでどうしても病院で受診しなければなりません、本来ならもっと短期間の入院期間のはずです、病院側は医療費の支払いを求めてきます、色々ネットで調べましたが医療ミスの民事訴訟の勝率は非常に低く、時間とお金が必要なため、一般的には泣き寝入りが多いようです、それを知っていて医者は吐き捨てる様言葉を言ったのだと思うと非常に腹が立って、気持ちがおさまりません、3回も同じ手術をして失敗した事に対して損害賠償を請求出来ないでしょうか? 2週間後に受診します、個人なので専門知識も時間もお金もありません、病院側は組織で対応しますので、力の差は目に見えています、公正な機関「報道機関等」を中に入れ病院側と話が出来たら良いのですが、この様な医療ミスで泣き寝入りしている方は表に出ないが数多く居るはずです、良策をお願いします。

先月 義理の母が息苦しさを感じ町医者に行ったら、不整脈があり総合病院に救急搬送され、心臓ペースメーカーを埋め込む手術をしました、手術前の説明では1~1.5時間位でそれ程難しい手術では無く入院も2~3日程度ですとの説明でした、ところが当日は3時間以上の手術時間でした、説明とは違ったので心配しましたが、その日は手術が終わりホットしていました、翌日いきなり連絡があり、今から2度目の手術を行うとの連絡です、訳も解らずその日は過ぎあとで理由を聞こうと思っていました、ところが翌日も突然の連...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ポイントは、医師あるいは病院に過失があったかどうか、です。

多くの人は誤解していますが、予想される結果が得られなかったからといって、過失があったということにはなりません。

しかも、人間の身体は機械ではありませんので、予想できない結果はしばしば起こります。

過失があった、というためには、やるべきことをやらなかった、あるいは、やってはならないことをやった、のいずれかを証明する必要があります。
医療行為の全過程において、適切なことをやっていたとしても、予期できない結果になることは、しばしば生じます。
それは、処置の「失敗」ではあっても、「過失」とは言えません。

医療行為の経過中に、不適切な行為を行っていて、その過失のために、患者に損失が生じている場合には、顧問弁護士の助言もあり、通常病院はただちに謝罪、保障へとすすんでいきます。
そういう流れに行っていないということは、病院はこの件に関し、過失は無かった、と判断している可能性が高そうな気がします。

「医療ミスの民事訴訟の勝率は非常に低く」という点に関し、補足しておくと、トラブル発生直後から、病院は訴訟の勝敗に関して予想しています。
また、訴訟に関連する、費用・手間とも熟知しています。
ですから、病院敗訴となるような訴訟であれば、訴訟を継続しようとはせず、速やかに和解交渉から、病院による補償を中心とした示談をすすめます。

実際に訴訟を継続するケースに関しては、病院は自分達に過失は無かったと判断しており、またその証明も可能と考えている場合が多いようです。

以上のことを考えれば、実際のペースメーカー埋め込みに直接関連する医療についての、病院の過失を証明し、病院に謝罪・補償を求めるのは極めて困難な気がします。

ただ、このケースに関して、ちょっと気になるのは、あなたへの説明の甘さです。
確かに、ペースメーカー埋め込みは比較的安全・簡単な手技ですが、事故が皆無というわけではありません。

http://www.jcc.gr.jp/ippan/ic/data/tuh-001.pdf

上に、ペースメーカー埋め込み術に関する説明文書の一例を示します。

この文書では、起こり得る合併症として、
(1) 気胸、(2) 感染、(3) 出血・血腫、(4) 心臓穿孔、(5) 血栓症、(6) 心室細動、心停止、(7) リードの移動、(8) 造影剤アレルギーによるショックや腎機能障害、(9)心機能低下、(10) 放射線被曝による皮膚炎、(11)リード損傷
のようなものが挙げられています。
さらに、このようなことが生じた場合の再手術の可能性などが書かれています。

ここから見れば、あなたの義理のお母さんに生じたことは、予測された合併症の範囲ということになります。
この文書を本人あるいは正当な代理人に説明し、渡した上で、ペースメーカー埋め込み術の同意書に署名されたとすれば、説明文書に記載のある合併症が生じたことに不服を言うのは筋が通らないという理屈になります。

しかし、そのことを同意者に説明していなかったとすれば、説明義務違反であり、それは過失と言って良いでしょう。

当たり前ですが、そんな話は聞いていない、とあなたが主張しても意味はありません。

ペースメーカー埋め込み術を行う前に、説明同意文書に、署名しているはずですので、まずはそこになんと書いてあるかが問題です。

まず、ポイントは、医師あるいは病院に過失があったかどうか、です。

多くの人は誤解していますが、予想される結果が得られなかったからといって、過失があったということにはなりません。

しかも、人間の身体は機械ではありませんので、予想できない結果はしばしば起こります。

過失があった、というためには、やるべきことをやらなかった、あるいは、やってはならないことをやった、のいずれかを証明する必要があります。
医療行為の全過程において、適切なことをやっていたとしても、予期できない結果になる...続きを読む

Q医療ミス(手術ミス)で請求しておいたほうが良いもの。

手術ミスにより、補償金が支払われることになりましたが、相談できる機関(神戸在なので、神戸市の公共機関が好ましいのですが)をご存じでしたら、教えてください。補償金の額もそうですが、その他に何を病院側に請求できるのか分かりません。私としては「医療ミスとして、しかるべきところへの報告(つまり院内でうやむやにしない)」「この後の治療費は無償にて行う」と、請求したいのですが。。。今後、担当医や再手術をした医師がいなくなった場合などに、「こうゆう請求もしていたら良かった」と思うことがないようにしたいのです。

”しこり”の摘出手術で首あたりの神経を切断され、腕があげにくくなりました。マヒのように感覚がにぶい箇所もあります。病院側は手術ミスを認め、手術金額の返金、再手術(神経をつなぐ)、その後の治療費は無償となりましたが、腕のあがりにくさ、感覚のにぶさが残るため、補償金での解決となりました。

Aベストアンサー

神経走行の個体差を執刀医が判らなかったことによる後遺障害かと思いましたが…すごく強引なDr.に手術されてしまったのですね。重度過失による傷害ですね。「腕がピクピク動くのですが大丈夫でしょうか?」という問いを受けた時点から 医師には手術ミスの予見可能性が生じていた訳です。

麻酔に関しては、わざと意識を残しながらおこなう手法もありますし、本件後遺障害とも無関係ですので、全身麻酔でなかったことは気になさらなくて良いと思います。

「神経損傷の可能性を伝えられていなかった」のではなく「麻痺の可能性は伝えられていた」訳ですよね。その時の医師の「治りますよ」という回答に関しては、「患者さんを勇気付けるための言葉だ」と言われればそれ以上言及出来ません。(医療も患者との契約関係を明確化する方向に進んでいますので、いずれこの辺りも変わっていくでしょうけれど。)

とりあえず病院側で既にその非を認めており、話合いも進んでいらっしゃるようですので、後は補償金額が貴方の納得できる金額になるかどうかという点が問題になるのだと思います。
病院との話合いだけでは納得いく額の提示が無理なようでしたら、執刀医個人に対して請求をかける事も可能です。そこらへんは弁護士等に相談なさると宜しいと存じます。

最後に、腕が挙上し難い件についてです。その動作をおこなう或る筋肉が現在全く動かない場合は、その動かなくなってしまっている筋運動の改善は難しいです。でも、少しでも力が入るようでしたら、神経―筋促通の機能訓練(普通の筋トレのイメージとは違います)を行なうと改善がみられる場合が多いです。
徒手筋力検査や筋電図検査等を既に受けておられるか存じますので、どの筋肉に繋がっている神経の損傷だったのかは病院側で判っていると思います。もし可能性があれば諦めずに少しづつでも良くなるようにリハビリ頑張ってください!応援しております。

神経走行の個体差を執刀医が判らなかったことによる後遺障害かと思いましたが…すごく強引なDr.に手術されてしまったのですね。重度過失による傷害ですね。「腕がピクピク動くのですが大丈夫でしょうか?」という問いを受けた時点から 医師には手術ミスの予見可能性が生じていた訳です。

麻酔に関しては、わざと意識を残しながらおこなう手法もありますし、本件後遺障害とも無関係ですので、全身麻酔でなかったことは気になさらなくて良いと思います。

「神経損傷の可能性を伝えられていなかった」のではな...続きを読む

Q医者へのクレームはどこにすればよいですか?

先日、父の治療である病院に行きました。担当医はその病院の院長でした。
父は肺がんと転移性脳腫瘍をわずらっており、今回ガンマナイフによる治療をするため、その病院へ移ったわけです。私と母が院長の話を聴いているいるとき、院長が不意に、「なんだ、お前のその態度は?」と私に言ってきたのです。
確かに私は、腕をくんで、MRIの写真とにらめっこしていたわけですが
続けて、「こんな失礼な家族がいる患者の治療はしない!」とMRIの写真を下にたたきつけ、隣の部屋に行ってしまったのです。

甘利にも急な失礼な物言いだったので、私も頭にきて怒鳴ろうとしましたが、隣で母が「ごめんなさい、ごめんなさい。治療をしてください。」と懇願しているのです。これを見た私は、怒鳴りきれず、逆に、院長のところへいって、土下座して、「御願いします。」と言ったのですが、その私に対して、「ふざけるな!帰れ!」といって、私の頭をつかみ、後ろへ押し倒したのです。

それでも、他の病院には治療する装置が少なく、刻一刻と増えていく脳腫瘍ですから、私たちも選べないので、ひたすら謝るしかありません。

このような態度をとる医師、ことさら個人経営ではない病院の院長ですから、本人に直接言うしかないのでしょうか?他にクレームをいえる適切な場所はありませんでしょうか?

先日、父の治療である病院に行きました。担当医はその病院の院長でした。
父は肺がんと転移性脳腫瘍をわずらっており、今回ガンマナイフによる治療をするため、その病院へ移ったわけです。私と母が院長の話を聴いているいるとき、院長が不意に、「なんだ、お前のその態度は?」と私に言ってきたのです。
確かに私は、腕をくんで、MRIの写真とにらめっこしていたわけですが
続けて、「こんな失礼な家族がいる患者の治療はしない!」とMRIの写真を下にたたきつけ、隣の部屋に行ってしまったのです。

甘...続きを読む

Aベストアンサー

医師法第19条:診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
明白に本条違反です。貴方の態度は全く関係有りません。
まして、土下座などする必要は有りません。
土下座などするからこんな医者は却って不遜になるわけです。
(但し、この法律には罰則規定がない)
個人経営でなければ、経営母体の責任者宛に損害賠償、及びこの医者の罷免(解雇)を求めるべきです。
恐らくガンマナイフに関する能力は一流、人間としては最低の医者のようです。
弁護士を立てて損害賠償を求めるのが一番で、この医者の将来の為にも成ります。
貴方が暴力を振るわれた様ですので、刑事告訴も可能です。
うやむやにしないで欲しいものです。
なお、お父上が人質のような状態ですが、お父上の病気が解決した後でも、上記の損害賠償や刑事告訴も可能です。
いっぱい証拠を集めて置くのも良いでしょう。

Q病院へのクレームはどこに言ったらいいのか?

昨日、メンタルクリニックへ行ってきました。
以前から上から目線で患者の伝えようとしたことについては、一切耳を傾けず何か言うと「俺の診断に文句あるのか!!!!薬飲んで予約の日にまたこい」と言わんばかりの態度をとり、顔にものすごく出ます。

昨日も診断してもらってて、診断書を書いてもらいたいと言うと「生活保護をもらってて診断書なんか書く人はいない!!」とか言ってバインダーを机に叩きつけてました。

いい加減に腹が立ってきて仕方ありません。
個人病院で院長なので直接クレームを言うと、殺傷事件にまでなりそうで怖いです。


どこかにクレームをいうところはありませんか?
とにかく、上から指導してもらいたいです。

Aベストアンサー

メンタルクリニックと言うと殆どは精神科の医者がやってると思うが、この医者がそうかどうかは解らないが、結構どちらが患者か解らないような精神科の医者が居るものだ。
人間同士相性の問題もあるし、一方的にこの医者が悪いかどうかは判断しがたい。
ただ、上からの指導と言うと難しい。
何故ならこの医者自体がこの組織では1番上の人だから。
医師会に言ったって、せいぜい「こんなクレームがありましたよ」と件の医師に伝える位。
役場や市、県に言ったって、不正請求など法令の違反がなければ何らの指導はしません。
一番良いのは医者を変えることでしょう。
いやな医者を選ばないのが患者の一番の権利。
皆がこの医者を選ばなければ、倒産するはずです。
倒産せずにやっているのなら、それなりに患者の信用を得ている事に他ならないが。

Q医療過誤が起き、示談の話し合いを持ちます。アドバイスを!

30代後半です。医療過誤が起きました。

今年春、眼科で、片眼の白内障手術をしました。
1点焦点の眼内レンズ挿入のため、手術をしないほうが近視のため
手元に焦点が合うように
希望し、医師に伝えました。
しかし、術後に眼帯をはずしたところ、遠くに焦点が合っており、
視力は1.2でした。よって、両眼の焦点の位置がまったく違い
不同視の常態で、頭痛が続き、生活もままならない状態になりました。

執刀医に、言ったところ、「そのくらいは誤差だ。あと5年もすれば老眼になって、左右がちょうど良くなってくるからそれでいいんだ。」と言いました。
このままでは、目も開けていられない状態なので
眼内レンズ入れ替えの再手術を希望したところ
「また手術をすれば、目がダメになるかもしれないんだよ。
うちでは、そんなこと一回もしてないし、みんなよく見えるって喜ぶんだよ」とまったく応じませんでした。

仕方なく、弁護士に相談しようとカルテのコピーを先日請求したところ、話し合いで解決したいと、執刀医ではなく、その母親から連絡がありました。

これから、話し合いに向けて、準備をしますが、
そのような話し合い手順やアドバイスをいただきたく思っています。
よろしくお願いいたします。

30代後半です。医療過誤が起きました。

今年春、眼科で、片眼の白内障手術をしました。
1点焦点の眼内レンズ挿入のため、手術をしないほうが近視のため
手元に焦点が合うように
希望し、医師に伝えました。
しかし、術後に眼帯をはずしたところ、遠くに焦点が合っており、
視力は1.2でした。よって、両眼の焦点の位置がまったく違い
不同視の常態で、頭痛が続き、生活もままならない状態になりました。

執刀医に、言ったところ、「そのくらいは誤差だ。あと5年もすれば老眼になって、左右がちょうど良...続きを読む

Aベストアンサー

話し合いのときに、録音できる物を用意しておくと良いと思います。

「録音させていただきます」といって机上にレコーダーを置いて(わざと見せて)話し合いに臨むのもも一つですし、何も言わずに隠し撮りするのも一つです。
私なら前者で、相手に緊張感を与えるほうを選ぶかも。

目のほう、どうぞお大事にしてください。

Q医師の診断ミスの場合、診察代は返金されますか?

医師の知識や診察力の不足で、既存ながら非常に珍しい病気だったと気付かず、間違った処方というか治療を患者にした時、後からその時の診察代は返金されますでしょうか?

また、新型のインフルエンザ等、前例のない病気に対して、従来の何かと医師が混同した場合はどうなるのでしょうか?法律や医学に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

食事を注文したら、予想していた味と違っていても代金を支払いますね

次回も注文するかどうかはご自由です



診療の費用は成功報酬ではありません

たとえば特別な病気がない方でも診療を申し込めば診察を行います
診察以外には何も行うべき行為が無くても診察料が必要です

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む


人気Q&Aランキング