法人(有限会社)経営者です。会社の運転資金が必要なのですが、資本金の増資という形を取らずに、自分から会社への融資という形にしたいと思っています。
これにはどういった手続きを取ればよいのでしょうか。(公正証書にて自分から自分への契約書?を作ったりするのでしょうか。また税金関係などへの対策等はあるんでしょうか)
とりあえず返済期間と利息を決めればよいのかな・・・
どなたかよろしくご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご自分が経営されていても、法人(有限会社)は他人です。

金銭貸借は、例えば金融機関から借りた時の場合と同様の形態をとればよいと思います。(返済金額、返済期間、借入利率等々) 
 また、利息等も付けたほうがよいと思います。この場合、法人については、借入れ利息の支払い、個人(自分)には、受取利息として、所得税(雑所得)が課税されますので忘れないように。(確定申告をする必要があります。)
    • good
    • 0

特に法的な手続きは必要有りません。



個人の資金を会社に貸し付けて、会社は「借入金」として受け入れればよいのです。
仕訳は 現金 ****  借入金 **** 
と、なります。

念のために、簡単な契約書を作成して、金利と返済方法を決めておけば良いでしょう。
返済方法は、期限を決めて一括でも、月払いでも、年払いでもかまいません。
金利を支払わないと、個人が会社に贈与したことと見なされますから、利率は銀行金利程度に決めておき、年に一回は、支払います。

この回答への補足

参考になりました。金利を決めることがが大事ということですね。

補足日時:2001/05/01 08:46
    • good
    • 0

lacoffeeさん、こんにちは。



lacoffeeが経営者って事は取締役の1人って事ですよね?
だとすると、有限会社法の30条により、会社と取締役であるlacoffeeさんとの間で利益が相反することになりますから、社員総会の承認が必要になります。
社員総会の承認が得られれば可能でしょう。
民法108条(自己契約・双方代理)に反しますが、この場合適用されません。
ただ、あまりキレイな形では無いですね。
税制面については判りません。

この回答への補足

とりあえず問題はないということですか。了解しました。

補足日時:2001/05/01 08:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「自分へのご褒美」ということば

「自分へのご褒美」とよく女性を中心に言いますが、なぜわざわざ「自分へのご褒美」なんて言うのですか?
「いちいち言わないでだまって好きなもの買ってろ!」って言いたくなります。
自分がガンバっているのを人に認めてもらいたいんでしょうか?
買う理由を確認したいのでしょうか?

「ご褒美」は人からもらうものだし、たいした仕事もしてない人ほど自分にご褒美ばっかりあげている気がします。

なぜ人は「自分へのご褒美」というのですか?

個人的には自分自身に甘い人なんだ、、と思ってしまうのですがどうでしょう?

Aベストアンサー

それは人それぞれだと思います。
人から得る評価もあれば個人的な評価もあるでしょう。
自分で目標を設定した事って無いですか。
「1時間勉強したらテレビを見よう」だって見方を変えたら「自分へのご褒美」じゃないですか。
甘いかどうかは。貯金が必要な時に貯金が減っていっているなら話は別ですが、別に禁欲する事が良い意味での厳しさという事ではないと思います。
解脱を目指しているわけでもないし。

Q増資について(株主割当増資と第三者割当増資)

増資について質問があります。

近々増資をしよう、という計画が当社にあります。
そこで増資について調べていたのですが、株主割当増資というものと、
第三者割当増資というものの違いがあまりよくわかりませんでした。

■意味としては、既存の株主に引き受けてもらうか、第三者に引き受けてもらうか、
という意味合いとして捉えておりますが、あっていますでしょうか?

■実際の手続き(登記等)について、この両者を分ける意味ってあるのでしょうか?

■実際に当社が行うとして、例として200万ほど増資しようと思った場合、
・既に株主である社長が100万円出資(株主割当増資だと思ってます)
・新たに役員を増やす計画があり、その役員に100万円出資してもらう
(第三者割当増資だと思ってます)
という風にしたいと思っておりますが、これは1回の株主総会や
変更登記等の手続きで済むものでしょうか?

実際に、株主割当と第三者割当それぞれについての解説等は
調べていてよく見かけたのですが、それをMIX?して手続きする等、
実際のことはあまりよくわかりませんでした。

まだ計画段階で、実際にやるとなったら担当税理士や法務局等に聞きながら
手続きを進めると思いますが、予備知識として両者の違いなどを知っておきたいと
思いましたので、回答のほど、よろしくお願いいたします。

増資について質問があります。

近々増資をしよう、という計画が当社にあります。
そこで増資について調べていたのですが、株主割当増資というものと、
第三者割当増資というものの違いがあまりよくわかりませんでした。

■意味としては、既存の株主に引き受けてもらうか、第三者に引き受けてもらうか、
という意味合いとして捉えておりますが、あっていますでしょうか?

■実際の手続き(登記等)について、この両者を分ける意味ってあるのでしょうか?

■実際に当社が行うとして、例として200万ほ...続きを読む

Aベストアンサー

株主が、1名でその人が出資するのでしたら、株主割り当てでも可能。

同じ株主総会で、別々に決議することも可能。
第三者割り当で一つの決議で増資ことも可能です。

第三者は、株主含むこともできます。

現在の会社の資産状況により、株価との関係で、贈与税が発生します。
1株資産100万円の会社が(発行価格ではありません)、 50万円で募集すれば 約50万円の贈与となる。

Q自分にご褒美、してますか?

先日、糖尿病の隔月の受診を済ませ、検査結果は極めて良好でした。
ちょっと、体重は減らし過ぎのようで、主治医からは少し増やしても良いと(?)。
加えて、嬉しい事に、月に1~2度なら、食事制限を緩める日を設けても良いとの事でした。
そこで、頑張った自分に(プチ)ご褒美、という事で、およそ3年ぶりくらい?にコーラを頂く事にしました。
ただ、緩み過ぎはいけませんので、ささやかにミニ缶、160㎖ ですが(苦笑)。

皆様は、自身にご褒美をしていますか?または、どのようなご褒美でしたか?
ちょっとしたご褒美でも、豪勢?なご褒美でも、コッソリと、でも構いません。
お気軽に、回答をお寄せください。(但し、シモ系回答はご遠慮願います。)
それでは、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

訳あって、貧乏生活中。

節約生活のご褒美として、月末に余った小銭で、チョコレートと鯛焼きを買います。

夫(糖尿病+浪費家)への嫌がらせ効果で、美味しさ倍増です!。

証拠隠滅には、細心の注意を払います(笑)。

Q普通預金利息と貸越利息どっちが高いか悩んでいます。今月普通預金利息がつ

普通預金利息と貸越利息どっちが高いか悩んでいます。今月普通預金利息がつく銀行が多いと思いますが貸越利息(自分の定期預金から借りて普通預金がマイナスになっている)を取られるより他の銀行の普通預金を崩して貸越へ埋める方がお得でしょうか?調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。ご伝授頂けると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。
 借り越しをするためには担保が必要であり、借り越し可能額は担保額の○○%と取引約款に書いてあります[預金通帳の裏面とかに概要が書いてある]。更に、○○預金が担保となっていれば、○○預金の利率+0.25%程度が借り越し利率と書いてあると思います。
そうではなく、「カードローン貸し」みたいになっていたら、住宅ローンの金利より高く設定されていますから、1日の借入利息は幾らになる事やら。とおもったら、定期預金担保でしたね。脱線してしまいました。

つまり、担保扱いになっている定期預金の利率と借り越し利率のイメージは
 定期の利率0.4% ⇒借り越し利率は0.65%
 定期の利率1.0% ⇒借り越し利率は1.25%
このような感じになります。

定期預金の利率が普通預金の利率より低いなんて事は、通常はありえません。
一時的な借り越しであっても、他の口座に借り越しを解消できるだけの普通預金残高があるのであれば、直ぐに資金移動してください。

尚、普通預金の利息計算は、省略した書き方をすると、毎日、次の計算を行なった結果の総計となります。
 本日の残高×その日適用されている普通預金の利率÷365

> 調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。
 借り越しをするためには担保が必要であり、借り越し可能額は担保額の○○%と取引約款に書いてあります[預金通帳の裏面とかに概要が書いてある]。更に、○○預金が担保となっていれば、○○預金の利率+0.25%程度が借り越し利率と書いてあると思います。
そうではなく、「カードローン貸し」みたいになっていたら、住宅ローンの金利より高く設定されていますから、1日の借入利息は幾らになる事やら。とおもったら、定期預金担保でしたね。脱線してし...続きを読む

Q自分ががんばった、もしくは落ち込んだときのご褒美、ショックを癒すために

自分ががんばった、もしくは落ち込んだときのご褒美、ショックを癒すために
どういうことをやっていますか?また何を自分にプレゼントしますか?

またよく美味しいものをご褒美にするとよくききますが
ご褒美じゃなくても買おうと思えば買えるのであまりありがたみを
感じることができないのですが、ありがたみを増やすコツ見たいのがあれば
おしえてください

Aベストアンサー

こんにちは。

買おうと思えば買えるけど買わない・・・ということはすぐに必要ないものということですよね?
それを後先考えずに欲しいから買っちゃおう・・・=普段我慢している物欲を解放するということではないでしょうか?

例えば私の場合。

今日は頑張ったから何かご褒美ほしいな。→普段は太るから食べないようにしてる、大好きな豚骨ラーメン食べちゃおうかな?
といった感じでしょうか?

ありがたみってよりはストレス解消に近いですけどね。

自分の中で普段我慢していることをしてみてはいかがですか?

Q公正証書の効力について教えてください。

公正証書の効力について教えてください。
取引先から支払い延期の要請があり、公正証書を交わしました。
公正証書の内容は取引先が後日回収予定だった大企業の手形を裏書して、当社に支払うというものでした。
しかし期日になって、再度支払い延期の要請があり、数日後に話合いをすることにしました。
ところが話合いの前に突然弁護士より、取引先が自己破産の手続きを開始するとの通知が届きました。
大企業の手形が回収できたのか不明です。
悪く考えれば大企業の手形を割り引きして資金化したり、グループ会社などに支払ってしまったかもしれません。
もし大企業から手形を回収済みの場合、公正証書をもとに、手形を取り返すことは不可能でしょうか?
法律に詳しい方 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文章を読む限りだと主さんの望み通りにはいかない感じがします。
公正証書の内容は手形を裏書譲渡ということでしょうが、
なぜそのときに手形の裏書譲渡をもらわなかったのか?ということと、
期日(支払い期日?裏書手形の譲渡日?)に支払い延期=公正証書と違う内容の申込みがあり、
主さんはそれに応じている(数日後に話し合うという形で)。
この時点で、公正証書での契約は破棄したも同然だし。

それに相手が破産しちゃったら主さん以外の債権者も押し寄せ、
みんなで残った資産を分割するしかない。
抵当権とかは登記することで公示されているので優先権が認められてるけど、
公正証書の約束だと、第三者(他の債権者)に対して自分に優先権があるといえない。

ので手形をもって優先的に支払いを求めるのは難しいんんじゃないかと思います。

Q自分へのご褒美ってどんな物がありますか?

1000円以下なら スイーツなど 食べ物が中心ですが

そこで質問です

(1)自分へのご褒美で 1000円-3000円以下は 食べ物以外で何がありますか?
(2)自分へのご褒美で 3000円-10000円は食べ物以外で何がありますか?

Aベストアンサー

初めまして。

>(1)自分へのご褒美で 1000円-3000円以下は 食べ物以外で何がありますか?


『てもみん』
でしょうか。



>(2)自分へのご褒美で 3000円-10000円は食べ物以外で何がありますか?


『足裏マッサージ』
辺りでしょうかw。


(^.^)

Q資本金増資の意味

資本金増資の意味
会社を設立しています。設立当時は消費税等の関係もあり資本金を1000万未満で設立をしました。
3年以上立つので消費税の意味合いでの資本金を1000万以下にするメリットはなくなりました。
今の所、銀行や国金等の金融機関での借入金はありませんし、今後も発生するとは思えません。
ある程度は利益も出ているので、増資をしても資金としてはあります。
そのような場合で増資をするメリットとしては何があるでしょうか?
会社として利益を残すのであれば現金等として残して行けばいいような気がします。

Aベストアンサー

利益をそのままで自己資本に残すか、資本金に振り替えかは、色々な観点があります。

まず社会的には資本金の大きい方が信用は大であるということはいえます。たとえば大企業の得意先の与信限度額の設定などに資本金の大小が条件となる場合があります。
また債権者から見ると、利益剰余金は配当によって何時減少するかわかりませんが、資本金はその恐れはないので、それだけ安心です。
また、借入金よりも負債として企業の負担が少ないので、その点でも信用が高くなります。
従って、積極的に事業の拡大を図る企業では、それに応じて増資していくことはよくあります。

一方日本では中小企業は各種の税制上や政策的な優遇策があり、これは資本金でその資格が決まることが多く、例えば1億円以上の資本金の会社はこれらの優遇を受けられないことが普通です。

また、利益の資本金への振替は、利益の配当とみなされて源泉税が係ります。個人も会社も1円も資金が動かないのに課税されるのは納得できないでしょう。

従って、会社の今後の安定性と外部的信用を確保して、成長を図るのならば増資はよいでしょう。
一方そのような積極的な目的がないのならば、上記の課税問題もあり、あえてそうする必要もないでしょう。

なお増資の課税関係は下記のサイトに説明があります。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeikin3/zkn3_3_4.htm

利益をそのままで自己資本に残すか、資本金に振り替えかは、色々な観点があります。

まず社会的には資本金の大きい方が信用は大であるということはいえます。たとえば大企業の得意先の与信限度額の設定などに資本金の大小が条件となる場合があります。
また債権者から見ると、利益剰余金は配当によって何時減少するかわかりませんが、資本金はその恐れはないので、それだけ安心です。
また、借入金よりも負債として企業の負担が少ないので、その点でも信用が高くなります。
従って、積極的に事業の拡大を図る企業...続きを読む

Q自分へのご褒美

こんにちは。

今自分へのご褒美を買うとしたら、何を買いますか?

私は、スキンケアやバスグッズか、ちょっとお高めの下着(可愛くて綺麗なブラ)が欲しいなと思っています。

よろしければ教えて下さい。
ただ、『自分へのご褒美』という言葉に嫌悪感を抱く人もいるようですので、そういう人はスルーして下さい。

Aベストアンサー

クルージング旅行!
誰も一緒に行ってくれない旅でしたが、最高に楽しかったです◎
何回でも自分にご褒美してあげたいです(^^)

Qなぜ資本金増資のための融資はダメなのでしょうか?

はじめまして。
表題の件について、よく理解できていません・・・

なぜ資本金増資のための融資は断わられるのでしょうか?
今回、人員増員のための事務所移転を考えていますが、これも同じ方向性で断られたりするでしょうか?


どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>なぜ資本金増資のための融資は断わられるのでしょうか?

それは融資(貸付)ではなくて、出資と実質的に同じことになるからです。

たとえば、増資をするために社長個人が銀行から借入れをしたとします。
銀行は社長個人に融資(貸付)をしたわけですが、しかしそのお金は社長が出資している会社の資本金になっているわけですから、実質的には社長は銀行に出資させているようなものです。

これでは、いつまでたっても会社から社長へお金が返ってきません。(資本金だから当然。)
ということは、銀行もいつまでたっても社長からお金を返してもらえません。

銀行が融資をする以上、将来確実にお金が社長のところに入金され、そのお金で社長が銀行に返済をできる予定でなければならないのです。

なお、上記の「社長」の部分は「親会社」あるいは「子会社」と読み替えても同じ事です。

ちなみに、銀行に、融資ではなくて増資に応じてくれ(株主になってくれ)と依頼しても、中小企業の場合、まず100%断られます。
上場会社の優良なところであれば増資に応じてくれることもあるかもしれませんが。


>人員増員のための事務所移転を考えていますが、これも同じ方向性で断られたりするでしょうか?

借入金返済の具体的なアテがないと断られます。
それは口頭(口約束)ではなくて、具体的な数字で示す必要があります。
過去の決算書、当期の月次試算表、将来の資金繰計画表といったものをそろえて、これくらいの借り入れなら充分返済可能ですよと示すことができれば銀行から融資してもらえる可能性が高いと思います。

>なぜ資本金増資のための融資は断わられるのでしょうか?

それは融資(貸付)ではなくて、出資と実質的に同じことになるからです。

たとえば、増資をするために社長個人が銀行から借入れをしたとします。
銀行は社長個人に融資(貸付)をしたわけですが、しかしそのお金は社長が出資している会社の資本金になっているわけですから、実質的には社長は銀行に出資させているようなものです。

これでは、いつまでたっても会社から社長へお金が返ってきません。(資本金だから当然。)
ということは、銀行も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報