マンガでよめる痔のこと・薬のこと

私は、滋賀県在住の国立高専卒の会社員(製造業技術者)です。

高専を卒業して今年で入社5年目の26歳。某大手製造業にて技術者をしておりますが、かねてから教師になりたいという夢があり、そろそろ一歩踏み出したいなと思っています。

私は、現役で社会人野球のクラブチームで野球をしています。そして、兼任マネージャーとして運営と、滋賀県野球連盟の理事も勤めています。また、元プロ選手の野球塾を手伝っていて、帰っては野球指導の専門誌を読むほどです。つまり、野球バカです。そのため、やはり部活動では野球を指導していきたい。できれば、甲子園を目指したいということもあり、高校教師が希望です。もちろん、指導はサービス承知です。

また工業系の学校を出ており、会社でも技術者であったり製造現場で働いていた経験や、学んだ事を後世に伝えて行きたいと言うこともあり、実業系の高校に行きたいのが本望です。

そして、私自身、小・中・高とイジメを受けて学校生活を送っていたため、イジメ問題にも非常に関心があります。私と同じ思いをした子がいたなら全力で心のケアと、歯止めをかけたい気持ちはあります。弟も中学時代にイジメられていて、そのときの担当教師の態度等に凄く不満を持った事もあり、私自らテコ入れをしていきたい気持ちはあります。(そういった意味では、まだ心が発展途上の小学校・中学校の方がいいのかもしれませんが・・・)。

一つ問題があります。実は既婚者です。妻は勤めていますが手取りが安く。子供はいませんが早く欲しいところです。ただ、自分が教師を望む場合、高専卒であるため大学を経る必要があります。もちろん、教員免許等はないので、そこで取らないといけないです。しかし、取るためには教育実習等の課程を出なければなりません。通信課程で取れるというのは知っているので、教育実習までは仕事を続けていこうと思いますが、教育実習時には、会社を辞めるのか?それとも、キープできるのかといったところが気になります。そんなことは会社によってまちまちなのは承知ですが、皆様はどうされたのかなっと思うところです(できるなら、1ヶ月間の休職を申し出て実習に行きたい気持ちはあります。)最悪退職した場合は、どこかにバイトか派遣で出て、生活費を稼ぐしかないかなとは思っていますが・・・。

夢を叶える為に努力していくほうがいいのか?現実を見たほうがいいのか?私と同じ経験をされた方のアドバイスを待っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大前提として、



「通信制大学で、工業の教員免許は取得出来ない」

という事があります。

「通信制大学で取得出来る教員免許一覧」
http://jpware.ho/auctionInfo.php?id=f97677682

「理科」ですと、「明星大学(東京)」でのみ取得可能ですが、「実験」が必須なので、東京都日野市(本部)の校舎まで通い、「実験」の授業を受けなければなりません。

それ以外でも、通信制大学には「スクーリング(面接授業)」が必須です。これを受講せずに卒業出来たり、教員免許が取得出来たりはあり得ません。

スクーリングは一講座に付き5日間~一週間で行われます。
実施期間は、大学にもよりますが、夏期実施が一般的です。後は冬期・春期・秋期・土日にも実施する所があります。

複数講座の受講が必要ですが、社会人は通常ひと夏に4週間も休めません。

ですから、一期間に1~3講座ずつ受講する等の為に、社会人の通信制大学卒業には平均6~8年掛かるのです。「通信制大学を4年間で卒業」は、通学制と同じく「学業に専念出来る人」だけでしょう。


さて、通学制大学の二部(夜間部)にある工学部でなら、「高校の工業」の教員免許が取得出来ます。

高等専門学校卒業で社会人ですと、一般入試の他に社会人特別選抜や編入学試験を受けられる可能性があります。

しかし、「教員免許取得」が目標ですので「2年次或いは3年次編入」でも教員免許は取得可能かどうかは大学側に確認すべきでしょう。又、「3年次に編入して、残り2年で教員免許取得」というもの厳しいかと思います。この辺りも、大学側に質問してみてください。

そして、「工業」の教員免許の場合、「教育実習」の代わりに「教科に関する科目」の単位で代替え出来る様です(要するに、「教育実習に行く代わりに、大学での授業・実習の単位を同数取る事で、教員免許が取得出来る」という事)。これだと、「2~3週間、実習の為に仕事を休む」必要はありません。

http://www008.upp.so-net.ne.jp/ZAHBOH/license/te …

つまり、通学出来る範囲(当然、滋賀県以外の他府県を含む)にある大学の工学部二部(夜間部)を受験するのが、「工業の教員免許取得」の最も確実性の高い道なのです。


そして、無事教員免許が取得出来ても、教員採用試験に合格しなければなりません。

どんなに倍率が低くても、一回で合格するとは限りません。複数回受験して漸く合格、という人は珍しくありません。

そもそも、「工業」の採用が毎年あるとは限りません。

「何度でも、年齢制限で受験できなくなるまで、受験してでも『工業の先生』を目指す」

そういう覚悟を持つ必要があります。

「既婚者」である事は、教員になる事の妨げにはならないでしょう。

貴方と奥さんがしっかりと「現実的に」話し合い(学費、生活費、実家の協力を得られるか、今後の生活設計等)をして、奥さんが貴方の計画を後押しして、支えてくれる意志があるのなら、それで問題無い筈です。

上記の通り、「夜間部」「複数回の採用試験受験の覚悟」から、貴方自身の仕事は辞めるべきではないでしょう。寧ろ、「教員採用試験に合格後、採用連絡(赴任地通知)が来るまで」辞めてはいけないでしょう。

「働きながら、学ぶ」事は、相当大変です。しかし、だからこそ、挑戦する価値があり、成し遂げた時の意味は大きいのです。


一つ気掛かりなのは、イジメに関して「自らテコ入れをしていきたい」という考えです。

「イジメ」は、「イジメの加害者」を徹底的に批判し、糾弾し、放校すれば解決するものではありません。又、「イジメの被害者」を庇うだけで良いものでもありません。


貴方や貴方の弟が「被害者」だった時、「加害者にしてやりたかった事・言ってやりたかった事」があると思います。

しかし、「教師」という「教育者」の立場で、それをそのまましたり言ったりするのは筋違いです。

被害者に対しても加害者に対しても、そして全く無関係な生徒にも、あくまでも「教え導く」というスタンスで接しなければなりません。

どうしても、「胸をスッとさせたい」「加害者に思い知らせてやりたい」のなら、民事でも刑事でも、被害者が加害者を訴える事になります。個人的にはそれでも良いと思いますが、「加害者を訴える事を薦める」だけが「教育者の務め」では無い筈です。


そして、「生徒による、教師に対するイジメ」も存在します。

何気ない教師の言動を「言葉の暴力」として訴える生徒・父兄も存在します。


貴方の考えている「テコ入れ」が、具体的にどんな事なのかは分かりません。

しかし、それが「恨みを晴らす」といった感じの事だったり、世間で知られているイジメ対策・対処法の実施だったりでは、余り感心しません。あくまでも、「目の前の生徒に向き合って、その場その時その生徒に合わせた教育的対応」をすべきだからです。

「心のケア」に関しては、スクールカウンセラーの配置等が進んでいると思います。
「心のケア」とは、「一方的に同情し、相手を悪者にする」事ではありません。
(当然、「君にも悪い所がある」という事でもありません)

ADHDやLD、アスペルガー等の障害を抱える生徒が起こす問題行動がイジメのきっかけになる事もあります。

精神疾患があると、本当に「被害妄想」が起こり、「自分はイジメられている」と思い込む生徒もいます。

他人にイジメられたから、別の他人をイジメて、精神のバランスを取っている生徒もいます。

貧困或いは裕福さから、価値観が歪みイジメをする生徒もいます。

こういった事例の時の「テコ入れ」は、どう考えているのですか。

「現場の教師」に出来る事は限られています。医学・法・心理・社会等、各分野の専門家に助力を乞う事も大切です。


最後に、余談ですが、「夜回り先生」こと水谷氏は、貴方も御存じですよね。

「学校の先生」を辞めてああいった活動(日本中で講演し、日本中の子供達のメールを受け付けて、相談に乗っている)をしている彼よりも、「現場に踏み止まり、授業も教え、部活も指導し、就職指導や進路指導もして、目の前の生徒に向き合って、付き合って、直接言葉を交わし、しかし中々結果を出せず、苦悶しながら日々を送る、学校の先生」の方が、私は偉いと思います。
    • good
    • 0

滋賀県の教員採用試験は、たしか年齢制限が高校の場合35才くらいだったかな?と思います。

また、滋賀県は教師の採用に経験を重視しているところがあり近年30才過ぎた方の合格者も結構おられます。貴方のような経験者は絶対現場にほしい存在だと思います。子供達にも夢と希望を与えます。最近は、不況の影響で進学を諦めたり授業料が収められなく退学を余儀なくされてる子供も少なくありません。色んなことあると思いますが、教員になるのが貴方の夢なら是非実現させてほしいと思います。ただし、給料は安い。今、教師の評価制度が導入され思うように自由な創造的な指導ができない窮屈な場面も多々あります。つねに、チームを言われますからやってみようがありませんが…頑張ってほしい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
この回答は非常に私にとって励みになりました。その上で、なかなか難しい問題もありますよね。
頑張っていこうと思います

お礼日時:2011/09/24 16:30

貴方と同じ経験をされた人はいないのでは?。



9割がた、わかっているようなので、あとは、ご自分で決断するしかないのでは。

未来は誰にも分かりません、貴方が造ることだと思います。

会社は、最悪休職を認めてもらえるなら、お願いするのが良いでしょう、数ヶ月のことですから。

その代わり、その間は無休で、保険代は全額、自分で出す、と言えば、上役としては、ノートは

いいずらいのでは、とは思いますけど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高専から教員になれる?

中学三年生の者です。

わたしは将来、中・高どちらかの理科の教師になりたいと思っています。
そこで質問なのですが、高専に行っても教師になることはできますか?
そのあと大学に編入して教員免許はとれますか?
やはり2年じゃ取れませんか?

Aベストアンサー

高専から大学の3年次に編入して2年間で教員免許を取得するのは無理だと思います。

高専の教育はあなたが認識しているとおり専門性の高い教育です。
なぜなら高専の教育目的は
「深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成すること」
だからです。
ですから高専は企業への技術者供給源としての役割を果たしてきたのです。
しかし,近年大学3年へ編入する学生が増えているのが現実です。

しかしながら高専の元々の目的が「研究者」や「教育者」を育成することではありません。
即戦力としての高い能力を持つ技術者を育成することが教育の目的なのです。

あなたの目的はなんですか?
理科の先生になること?専門的なことを学びたい?
どちらの方がより強い希望なのでしょう。


私が中学の教員になって新採の時に一番最初に感じたことは
「教師という職業は何でも屋なんだな」ということです。
学級の運営,生徒指導,部活の指導,
その他学級通信をだしたり,健康診断票を記入したり・・
教科指導以外の仕事がたくさんあります。

教科の指導だけに専念出来ればどんなに楽でしょう。
その教科の指導も当たり前ですが生徒にこの1時間で何を教えるかをきちんと持ち,
1時間の授業の組み立てをしっかり考え臨みます。

自分がどんなに教科に関する知識を持っていてもだめなのです。
子供と関わっていく上で大切なことは教科の知識だけではありません。
指導法,心理学,法規,教育学,その他多岐にわたります。
それらを学ぶのが教職課程です。

それらは大学1年次からスケジュールを立てて修得しなければなりません。
そして規定の単位を修得すると初めて教育実習をする資格がもらえます。
教育実習は中学なら中学,高校なら高校のどこかの学校にお願いして受けてもらいます。
今日お願いしますと言って,来週からどうぞというわけにはいきません。
1年近く前にお願いするのではないでしょうか。
4年次の始まりまでに教育実習以外の単位を修得する,または見込めるというのが最低条件です。
高専から編入して1年間で教職科目の単位が全て取れるということはまずありません。
しかも教職以外の単位も取りながらです。
またその他,教職科目には介護実習というものもあります。

いったいあなたは何を学びに大学に編入をするのですか?
高専で学んだことをもっと深めるために編入するのではないのですか。
教員免許を取るために編入したら,高専での5年間はあなたにとって何になるのでしょう?
せっかく学んだ専門的なことをいかしていると言えるのでしょうか?
教員になりたいのなら教員になるために適したルートがあります。

高専のレベルが低いとかあなたの頭が悪いとかというそんな次元の話ではありません。
高専の学習の目的が教員養成ではないので,カリキュラムが違う,という話なのです。

進路について担任の先生や両親ともう一度話し合ってみたら如何ですか?
また,この時期高専でも説明会を行っているところもあります。
本格的には9月~かなとも思います。
志望の高専に直接行って,担当の人に質問してみましょう。
自分の人生です。後悔しないようにしっかり自分で調べてください。

高専から大学の3年次に編入して2年間で教員免許を取得するのは無理だと思います。

高専の教育はあなたが認識しているとおり専門性の高い教育です。
なぜなら高専の教育目的は
「深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成すること」
だからです。
ですから高専は企業への技術者供給源としての役割を果たしてきたのです。
しかし,近年大学3年へ編入する学生が増えているのが現実です。

しかしながら高専の元々の目的が「研究者」や「教育者」を育成することではありません。
即戦力としての高い能力を...続きを読む

Q高専卒の社会人です。工業高校の先生になりたいのですが。

こんにちわス。

高専電気科卒の社会人なのですが、実は工業高校の電気工学の先生になりいのですが、どうしたらよいでしょうか?高専卒では工業高校で教える資格は得られないのでしょうか?また通信工学でもその資格は得られるでしょうか?
あと教員免許についてよくわかんないのですが、高校で教えるときにはどういった免許が必要なのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足です。
通信制大学で取れる高校の教職免許は、必ず教科が決まっています。例えば、法政大学法学部だと、高校なら地理歴史・公民以外は取れません。

逆に、工業科の教職免許が取れる大学であれば、どこに編入しても構いません。もちろん、2部・夜間主コースでも問題ありません。

どういうことかと申しますと、教職の単位は、「教職に関する科目」「教科に関する科目」と分かれていまして、教職に関する科目では「工業科教育法」(4単位)を必ず修得しなければなりません。教科に関する科目では、普通の工業系統に属する科目のほか、「職業指導概論」(4単位)が必修になります(地理歴史科、英語科、国語科などにはこの科目はありません)。
工業科の教職免許をとろうとした場合、免許の申請は所属大学で行いますので、所属大学に工業科の免許が取得できることが、教職免許を取る必要条件になるわけです。
なお、高専の4・5年次に取得した科目は、「教科に関する科目」として最大20単位まで認定されることがあります。また、この他に「憲法」「体育実技」「情報科学(情報処理)」「語学科目」(それぞれ2単位以上)が必修になります。

何かありましたら、また補足を下さい。

補足です。
通信制大学で取れる高校の教職免許は、必ず教科が決まっています。例えば、法政大学法学部だと、高校なら地理歴史・公民以外は取れません。

逆に、工業科の教職免許が取れる大学であれば、どこに編入しても構いません。もちろん、2部・夜間主コースでも問題ありません。

どういうことかと申しますと、教職の単位は、「教職に関する科目」「教科に関する科目」と分かれていまして、教職に関する科目では「工業科教育法」(4単位)を必ず修得しなければなりません。教科に関する科目では、普通...続きを読む

Q高専卒で就職したけれど転職・派遣を考えています

はじめて相談させていただきます。

私は高専を卒業して学校推薦ではなく、
当時アルバイトをしていた店を運営していたかなり小規模な食品会社に就職し、
そこで2年半品質保証として働いております。

学校推薦で就職活動もしていたのですが、
私の所属していた研究室の先生がいる先生間の派閥と、
私によくしてくれていた先生がいる派閥の争い的なものがあって
面接の前日に研究室の先生から「お前みたいないつも笑ってるやつはどこの会社もいらない」
と言われて、面接のときに「なぜ今の研究室に入ったのか」を聞かれた時に
前日の発言がものすごくショックで、「なんでこの研究室に入ったんだろう」と思い号泣してしまいました。(この会社とはご縁がありませんでした)
それ以降も、研究室の先生の発言を私が過剰に意識しすぎてしまって、
学校推薦で面接の日取りとかわかるとなんか言われるんじゃないかと考えてしまって
そんなところにアルバイト先から「うちの会社人を募集しているよ」と聞いて
そのまま今の会社に応募して内定を頂きました。

せっかく高専を出たのに学校推薦を使わなくて
ものすごく損をしていると言われたのですが
自分では納得をして入社しているので就活に後悔はありませんでした。

しかし、零細企業ゆえに人が少なく、入社してから仕事に関しては大体の説明を受けて
後は一人で頑張って状態でした。
入社したばかりでよくわからない仕事を、取引先の人の発言や助言をもとに
以前この仕事をしていた人(私が入社した時には退社済み)が残していった資料を見ながら
2年半現在の仕事を続けてまいりました。
あと半年で3年となり、私の中では3年以上になると会社の戦力として
一人前の仕事をしていかないといけないと思っております。

ここで、私の中で「このままでよいのか」という気持ちが生まれました。
私はこの2年半、コミュニケーション能力はものすごく培われたのではと思うのですが
肝心の品質保証の仕事としては自分のやりかたで自分だけの考え方でやってきてしまっています。
同じ仕事内容でも他の人がどのように順序を踏んで仕事をしていくのかを知らないし、
最初から全て一人でやりなさい状態で、上司も先輩もいない状態でした。
唯一私の上司に当たるのは社長になるのですが、相談をしても
「親会社の○○にきいて」と自分ではわかりませんよ、という印象です。

自分のやり方しか知らなくて、この仕事の進め方がこの会社にとって正しいことなのか
何か商品事故が起こった時、対策としてこの方法でいいのか、など
自分のやり方と考えしか知らないのでとにかく自信がありません。
このまま3年目をこの会社で迎えても、たとえ10年勤務したとしても
自分しか知らないままでは何が正しいのかわからなくてずっと悩み続ける気がします。

そのため、もう少し社員の多い会社でほかの人がどのような仕事をしているのか参考にしながら
自分の仕事のやり方を見つけたいと考え、
高専卒で第二新卒として転職できないかどうか人材派遣サービスに
複数社登録してみたのですが、「現状ではご紹介できる案件はありません」との答えでした。

そこで、派遣という働き方を考えてみることにしたのですが
私の中では「派遣」は「特定の分野でのエキスパート」といった形で
たとえば微生物検査とかHPLCなどの機器を用いた測定を他社で長年やっていて
スキルのある方がそのスキルを活かすための働き方だと考えております。

そこに自分で未熟者だと自覚のあるものが派遣として働いて
経験を積みたいというのは、企業側に対して失礼となるでしょうか。


長文になってしまい申し訳ありません。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

はじめて相談させていただきます。

私は高専を卒業して学校推薦ではなく、
当時アルバイトをしていた店を運営していたかなり小規模な食品会社に就職し、
そこで2年半品質保証として働いております。

学校推薦で就職活動もしていたのですが、
私の所属していた研究室の先生がいる先生間の派閥と、
私によくしてくれていた先生がいる派閥の争い的なものがあって
面接の前日に研究室の先生から「お前みたいないつも笑ってるやつはどこの会社もいらない」
と言われて、面接のときに「なぜ今の研究室に入ったのか」を...続きを読む

Aベストアンサー

悩まれていることはわかります。共感する人も多いかもしれません。

職場で、他のところがもっといいのじゃないかと思うことは誰でもあります。

ただ、現在のところをやめて他に移る場合、

・やめるということで現在感じている不満はなくなる

のはたしかですが

・転職した新しいところが望ましい状態であり、すべてが片付く

ということは全く保証されていません。

特に気になるのは、自分を教えてくれるかということです。

輩社員が意識して後輩を指導してくれるというのは、望むことは自由ですが、誰も保証しませんし、してもらってもあなたが満足できる保証はありません。

実はバブル崩壊ということが発生したときに、そのときの若手が企業からがさっといなくなってしまい、すぐ年下の次世代を指導できるのがいなくなっている年代があります。

それは現在でいうと40台の年齢です。
ドミノの途中がとぎれてしまったというようなかんじでしょうか。

だからいまの30台のひとたちは自分が指導されないで次の世代の面倒をみなければならないので大変なのです。

ところで品質管理です。

実は私は品質に関してのプロですが、これは自分で勉強することができます。断定します。むつかしくありません。
自分の考えでやっていてはあぶない。もし「がんばろう」みたいなコトバが思い浮かぶようなら相当まずい。

もちろん本を読んでもいいのですが、無料の講習会がひらかれています。
品質規格のISO9001を取得したい会社の人が受講するのですが、興味を持っている他の人が受講することも禁止していません。

こういうものを受講するだけで、一応品質の有識者だということになります。
品質の能力というのはちょっとした知識と品質の原理原則を理解しているかどうかということですべてなのです。

たとえば次のようなところをみてみてください。

http://www.jicqa.co.jp/

もしあなたが独学でこういうものの勉強をされたら、いまおられる会社の中で他の誰もが立場を交代できない重要な存在になるはずです。
会社も喜びますし評価を受ける充実感であなたの人生がものすごく豊かになります。

仮にそれでも誰も理解してくれないような会社なのであれば、そこで転職されたら有利です。
だって品質の有識者として新会社の面接をうけるのですから。

人間関係の相性の問題で退職したいということであれば話は違いますが、そうでないのであれば、こういうことを考えて見るのもいいのではないでしょうか。

参考URL:http://www.jicqa.co.jp/

悩まれていることはわかります。共感する人も多いかもしれません。

職場で、他のところがもっといいのじゃないかと思うことは誰でもあります。

ただ、現在のところをやめて他に移る場合、

・やめるということで現在感じている不満はなくなる

のはたしかですが

・転職した新しいところが望ましい状態であり、すべてが片付く

ということは全く保証されていません。

特に気になるのは、自分を教えてくれるかということです。

輩社員が意識して後輩を指導してくれるというのは、望むことは自由ですが、誰も...続きを読む

Q工業高校の教師になるには

現在工業高校(建築)に通っている者です。
今学んでいるとこを人に教える仕事を将来したいと思っています。

工業高校の教育免許を取るには四年以上大学に通わなきゃ取れないのでしょうか?
専門学校、短大、通信ではとれないのでしょうか。

周りに聞くのにまだ勇気がなくて質問しました。
もしありましたら場所なども教えていただけたら嬉しいです、お願いします。

Aベストアンサー

地方国立大工学部の教員です。

まず、教員になるためには、教員免許取得 だけでなく、教員採用試験合格 という高い関門があることを理解してください。
教員採用試験は、教員免許取得よりも、はるかに はるかに はるかに難関です。

質問者様の場合、高校の、国語や英語・数学等、普通科でも開講されている教科ではなく、建築という工業の専門科目を狙うのですよね。とすると、教員の採用人数もかなり少なくなるはずです。

実は、私の教え子の中にも工業の専門科目の教員免許を取得し、現在、工業高校で教員をしている者がいます。彼も、採用試験合格までは数年かかっています(それまでは、非常勤の講師でつないでいました)。

もちろん、工業高校だけではありません。普通校も、小中学校も、教員採用試験はやはり難関です。私は、部活の顧問を通じて教育学部の学生諸君ともつきあいがありますが、教師への王道である国立大教育学部卒の学生でも、教員採用試験に一発合格するのはごく少数で、多くは、やはり、非常勤の講師を務めながら、2年目・3年目の採用試験合格を狙っています。

この種の質問に対しては、単に教員免許取得だけを考えた回答が多いのですが、採用試験も見据えた作戦が必要です。要は、免許を取るだけなら、免許が取得できる4年制大学のどこでも良いのですが、学力的には、教員採用試験を突破出来るだけの学力(=国立大教育学部卒の学生に勝てるだけの学力)が必要、ということになります。
採用試験突破を目指し、今のうちから十分に勉強して置いてください。

地方国立大工学部の教員です。

まず、教員になるためには、教員免許取得 だけでなく、教員採用試験合格 という高い関門があることを理解してください。
教員採用試験は、教員免許取得よりも、はるかに はるかに はるかに難関です。

質問者様の場合、高校の、国語や英語・数学等、普通科でも開講されている教科ではなく、建築という工業の専門科目を狙うのですよね。とすると、教員の採用人数もかなり少なくなるはずです。

実は、私の教え子の中にも工業の専門科目の教員免許を取得し、現在、工業高校で教員...続きを読む

Q銀行口座番号は何桁でしょうか??

銀行口座番号の振込み先が4桁のところに振込む必要があるのですが、
普通銀行口座番号って7桁ですよね。合ってるのでしょうか??

銀行口座番号って口座の種類(たとえば外貨口座や当座預金など)
によって変わるのでしょうか?

ご存知の方ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

現状、銀行などの金融機関の口座番号は新規で作った場合7桁となります。ちょっと前に作った口座ですと2桁~6桁なんていう場合もあります。その場合は、口座番号の前に「0」をつけてあげてください。

また口座番号は預金種別によって判断できるようになっています。多くの金融機関で当座預金は8から始まる7桁、などというようになっています。

参考まで。

Q大学院修士課程での教員免許取得について

 私は現在社会人で、今年の春から国立大学の大学院修士課程への入学が決まっているものです。学士は4年制の私立大学で4年前に卒業しました。今回の質問なのですが、大学院で2年間研究をしながら理科の教職免許(1種、中学か高校)を取ることは可能なのかということです。学部のときは教職に関する単位はまったくとっていませんでしたので、調べてみたところ教科、教職合わせて59単位ほどを2年間でとることになるので厳しいところです。可能性としては、1.学部のときにとった単位を教科に関する単位に振り替えるただし、学部の大学とこれから入学する大学院の大学は別 2.振り替え単位+大学院の間に教科に関する残りの単位だけでもとって大学院終了後通信教育で教職に関する教科をとることを考えています。しかし、通信教育では教育実習の単位はとれるのでしょうか・・・?などなど様々な問題があるので、教職に詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

修士課程での教員免許の取得方法ですが、

>1.学部のときにとった単位を教科に関する単位に振り替えるただし学部の大学とこれから入学する大学院の大学は別

 教員免許状を授与するのはお住まいの都道府県の教育委員会です。大学はあくまで学生に代わって免許状申請の手続きをするだけです。
 ご出身の私立大学で、教員免許状申請用の単位取得証明書を発行してもらい、お住まいの都道府県の教育委員会で単位指導を受けてください。不足する単位を大学院で取得できれば、個人で教育委員会に申請して、教員免許を取得することができます。
 既に教員免許取得に使える単位がある場合、大学を通して免許を取ろうとすると、その大学の単位に振り替えてしまうため、使える単位が認定してもらえなかったり、単位数が減らされたりして、効率的ではありません。とにかく、一度教育委員会に相談してみられることをお勧めします。

>2.振り替え単位+大学院の間に教科に関する残りの単位だけでもとって大学院終了後通信教育で教職に関する教科をとることを考えています。しかし、通信教育では教育実習の単位はとれるのでしょうか

 通信教育でも教育実習は履修できますが、中高理科免許取得課程を設置している通信制大学はありません。また、大学院に籍を置いたまま、通信制大学の教育実習が履修可能な課程に入学することもできません(二重学籍になるため。また、院での研究との両立という観点でも非常に困難だと思われます)もし大学院終了後に通信で教員免許を取得しようとすれば、次のようにするしかないと考えられます。

1.大学院在学中に、理科免許状取得に関わる「教科に関する科目」24単位をすべて取得しておく。

2.修了後、通信制大学で教員免許法第5条別表1を根拠に同校種他教科の免許を取得(例:中学理科の場合、中学英語など)ここで最低2年はかかると思われます。

3.免許状取得と同時に、2で取得した免許を根拠に、教員免許法第6条別表4を根拠に理科免許を取得

 通信教育でも中高の免許を取得できますが、よほど取得済み単位が多くない限り、2年かかります。また、教育実習は前年度申請となっている自治体も多く、その場合、履修済み単位が多くても2年かかることになります。たとえ3年かかっても、修士課程で理科免許を取得されたほうが、結局近道になるのではないかと思います。

こんばんは。

修士課程での教員免許の取得方法ですが、

>1.学部のときにとった単位を教科に関する単位に振り替えるただし学部の大学とこれから入学する大学院の大学は別

 教員免許状を授与するのはお住まいの都道府県の教育委員会です。大学はあくまで学生に代わって免許状申請の手続きをするだけです。
 ご出身の私立大学で、教員免許状申請用の単位取得証明書を発行してもらい、お住まいの都道府県の教育委員会で単位指導を受けてください。不足する単位を大学院で取得できれば、個人で教育委員...続きを読む

Q工業高等専門学校の授業の高度さ、進学について

毎度お世話になります。

先日、ニュースで高専が報道されていて、高専に「生徒が所属する研究室」が有ることを初めて知りました。
その後、調べていて解ったのですが、2年生の段階でフーリエ変換を習うとの事です。
普通科の学校では2年生の段階では初等関数の微分積分が精々だと思います。
学校にも依ると思いますが、高専というところは大学の工学部以上に高度の数学を習うのでしょうか(修士課程以上は除く)。
高専から大学院への進学は可能でしょうか。

ご存じの方、ご教授願います。

Aベストアンサー

自分は高専卒ですが、分かる限りで回答させていただきます。
普通科の学校がどういう勉強するのか分かりませんが、高専では数学の授業を特に重要視しています。
学科によって違いはありますが、高専の学科では数学を必要とする学科が多いからです。
自分の行ってた高専と近所にある学校の必修数学について比較してみました。

高専の1年生:基礎数学I(4単位)基礎数学II(3単位)電気数学基礎(1単位)の合計8単位
高校の1年生:数学I(3単位)数学A(2単位)の合計5単位

高専の2年生:代数幾何学(3単位)微分積分学(3単位)の合計6単位
高校の2年生:数学II(4単位)数学Bor数学演習の選択(2単位)の合計6単位

高専の3年生:解析学(4単位)確率統計学(2単位)の合計6単位
高校の3年生:文系は0、理系は数学III(3単位)数学B(2単位)数学C(2単位)の合計7単位

おまけ
高専の4年生:解析学II(2単位)線形代数(2単位)の合計4単位
高専の5年生:数学の授業は0

高専の場合は高校3年間で習う数学を細かく分け、専門に特に必要な微分積分を低学年のうちに教え、
そうでない内容は後回し(ちょっと言い方が悪いけど・・・)にしてるような気がします。

微分積分学というように1年間微分積分をみっちりやるというのが専門らしいですね。

>高専というところは大学の工学部以上に高度の数学を習うのでしょうか

自分は高専卒業後就職したのでわかりませんが、高専と同程度だと思います。
高専卒業後大学に編入した場合、高専で履修した科目については免除となり、履修してない教科を大学で履修することになると思います。
つまり、高専以上の数学を大学で勉強することはあっても、大学以上の数学を高専で勉強することはないと思います。

>修士課程に進学も出来ると言うことは、資格が取れる(らしい)高専の方が
就職には有利ですね。
大学に編入した友人の話によると、高専の方が実習が多いと言ってました。(編入1年後のことですが)

会社によっては、能力が同じなら大卒と高専卒の人が来た場合、高専卒のほうを好む所もあるようです。
なぜなら高専は大学と違い、
1・毎日同じ登校時間が決まってる
(今日は授業が午後からだから朝寝坊できるというのがない)
2・高専の方が実戦的なことを多くやっている
3・高専の方が給料が安い
というのを聞いたことがあります。

先ほどの編入した友人の話によると、大学3年生にもなって簡単な回路も組めない人がいたと言ってました。

自分は高専卒ですが、分かる限りで回答させていただきます。
普通科の学校がどういう勉強するのか分かりませんが、高専では数学の授業を特に重要視しています。
学科によって違いはありますが、高専の学科では数学を必要とする学科が多いからです。
自分の行ってた高専と近所にある学校の必修数学について比較してみました。

高専の1年生:基礎数学I(4単位)基礎数学II(3単位)電気数学基礎(1単位)の合計8単位
高校の1年生:数学I(3単位)数学A(2単位)の合計5単位

高専の2年生:代数...続きを読む

Q小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いたざしてみたのですが、こども大好きだし結構向いているのではないかと思います。逆に自分自身、中高と部活動をやってなかったので、中高教員になって顧問になって指導したい!という気持ちも特にありません。今年で23歳になることもあり、大学編入卒業後、一度で採用試験に合格したとしても25歳。通信制の卒業は通学生よりもはるかに難しいと聞きます。とにかく早く教壇に立ちたい気持ちと、生活を安定させたい気持ちを優先すれば、小学校教員を目指すべきなのかなと思っております。しかし、もしそれでも小学校採用試験に受からなくて、その道を諦めてしまった場合、地歴などの専門科目を持っていれば塾講師などで道が開けますが、小学校の免許(教育学部)では他の道が見つからないんじゃないかと不安です。そんなこんなで、小学校教員、中学校教員、高校教員どれを目指せばいいか迷っています、というか悩んでます。いずれにせよ、人にわかりやすくものを教えることや、面倒を見ることが大好きで、一分一秒でも早く教壇に立ちたいです。アドバイス等ありましたら、よろしくお願いいたします。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いた...続きを読む

Aベストアンサー

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
休んだり、忙しいときには仕事をしたりと時間を自由に使えるところが多いかと思います。
また、放課後も部活等がないため、会議さえ終わればあとは教材研究なり
自分の仕事なりに使えることも結構うれしいです。

対してデメリットは、
1、保護者・地域・他の教員との連携が不可欠
→理解のある親御さんばかりならいいのですが、理不尽なことを要求される親御さんも
結構おられます。中学校や高校と比べ、小学校は保護者との関係にも気を使わなくては
学級経営がうまくいかないというのはきつい点だと思います。

2、すべての教科を見る
→先の回答者様もおっしゃっていましたが、小学校だと全教科の教材研究が必要です。
すべての教科が得意です、というのならいいのですが、
音楽など(私の場合)、一部苦手とするような教科の授業準備をするのは
割としんどいですね・・。

中学校のメリットとしては、
1、好きな教科を教えられる
→好きな教科を何年も教えられるのですから、教材研究にも楽しく向かえますし、
授業のモチベーションも高いです。

2、子どもの人生に関われる
→小学校では「躾」という観点から、「指導」するということが多くなってしまいますが、
中学校の場合は、指導に加えて、「相談される」「一緒に考える」といったことが
多くなるかと思います。相手も大人になりかけの人達なので、
一緒に笑ったり泣いたりということはかけがえのない時間となるのではないでしょうか。

中学校のデメリットとしては、
1、時間がない
→若手の教員ならば、ほぼ部活を持たされるかと思います。そうなると、放課後の部活や
土日の部活は顧問として見なくてはなりません。週の休みは1日というのがほぼ1年続きます。
また、夕方から夜にかけて、どこどこで暴力行為があって警察署まで来てほしい、
といった生徒指導に関することがちょくちょく入るようです。
日中、授業が入っていなくて自分の仕事をする時間にも、問題のある生徒を見たり
脱走した生徒を探したりすることがよくあるようです。
そのため、学校ではなくてもできる仕事は、家に持ち帰ってやるはめになることもあるようです。

まだまだメリットデメリットはあるかと思いますが、
採用されてからはこのような感じかと思います。

塾での採用は教員免許の有無とは関係のないところも多くありますし、
採用された後のことをお考えの上でどの免許を取得されるかお決めになったら
いいのではないかなと思います。

質問者様はとっても熱意のあるいい先生だと思います。学校現場でお待ちしております。

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
...続きを読む

Q地方上級公務員の電気職の仕事内容について

地方上級公務員(市役所)の電気職に興味があるのですが、
募集要項などを見ても簡単にしか書いておらず、
具体的にどのような業務を行うかがよくわかりません。

一般的な市役所の電気職はどのような業務を行うのでしょうか。
また、大学では主に電気工学を学んでいるのですが、
それを具体的にどのような業務で活かせるのでしょうか。

現職の方、もしくはご存知のいましたら、
回答の程、宜しくお願いたします。

Aベストアンサー

忘れてた。
その市が特定行政庁(限定でなく特庁)であれば、建築指導担当部局への配置もあります。
電気だけでなく機械設備一式の担当です。
主な仕事は、昇降機の確認申請のチェック、昇降機含む設備の定期報告の対応あたり。
やはり設備全般をまかせられます。
建築だと専任ですが、電気技師では審査と指導の二股ですね。
電気だけしか知らない、では通らないので、研修で設備全般の知識を叩き込まれます。
設備一級建築士と対等に渡り合えなければなりません。
全般的には民間よりハードです。
公務員は給与も下がりぎみ、福利厚生もダウンが確実。
今時は人事考課で良好な勤務成績だと昇給が早いですが、給与の原資は変わらないので限られたパイを職員で奪い合う形です。
どんなに仕事をこなしても報われることはありません。
昇格したいなら、仕事ができるより人望を持たれること。
「アイツに頼むと上手くいく。」
と思わせる。
自分は無能でも、部下がこなした実績を横取りすればいいだけ。
この辺も民間より顕著ですね。
懲戒処分を受けない限り失職はありませんが、公務員なら楽で安定を期待すると、1000%裏切られます。
国や県と違って市役所はジモティの集団だから、民間よりもイジメやパワハラは横行しているし。

ネガ情報は余計でしたね。
熟慮を。

忘れてた。
その市が特定行政庁(限定でなく特庁)であれば、建築指導担当部局への配置もあります。
電気だけでなく機械設備一式の担当です。
主な仕事は、昇降機の確認申請のチェック、昇降機含む設備の定期報告の対応あたり。
やはり設備全般をまかせられます。
建築だと専任ですが、電気技師では審査と指導の二股ですね。
電気だけしか知らない、では通らないので、研修で設備全般の知識を叩き込まれます。
設備一級建築士と対等に渡り合えなければなりません。
全般的には民間よりハードです。
公務員...続きを読む


人気Q&Aランキング