最近、独立し、デザイン事務所を立ち上げたのですが、経費についてよく分かりません。
例えば、直接その仕事に関係のない、いわゆる充電のための雑誌や本代なんかも経費として全額認められるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

青色申告の自由業者です。



充電のためのものは、おそらく経費として認められないでしょう。

ただ、現在請け負っている仕事に直接関係なくても、仕事をするために必要なものであれば、経費として認められると思います。たとえば、雑誌や広告、書籍のデザインを将来にでも仕事にするつもりなら、参考のために他の雑誌や書籍を見ておく必要はあるでしょう。

また、業界の動向など、仕事に必要な情報を得るための新聞や雑誌代は図書資料費になると思います。新聞などが、もし自家消費と兼用なら、業務に使用する割合だけしか経費にできません。

何が仕事に必要なのかを一番よく知っているのは、仕事をしている当人です。他人を説得できるだけの理由があるかどうかが、ポイントだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私たちの仕事は、常にアンテナを張っておかなければいけないと思っていますので、やはり専門書や雑誌などの資料は重要です。
その税務署の担当者によって、その意味合いが理解してもらえないという事もあって、経費として認められない可能性もあるということなのでしょうか・・・。
なんか、曖昧なんですねー。

お礼日時:2003/11/06 11:30

うちもデザイン事務所ですが、私(社長)が活字中毒なので、本代がすごく、税理士さんは資料費と一部福利厚生費として処理しているようです。


(本棚の本はスタッフみんなが読んでいます)
本来、直接的な資料以外、資料費として認められないと思いますが新聞は福利厚生費、デザイン系の雑誌は資料費に入っていました。

自分で、「これは違うかな」と判断したものは抜いていますので、全額経費にしているわけではありませんが、けっこうな金額です。

うちの場合、ということで、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/11/04 18:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に

確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に30万円と記入して、経費の欄は空白で提出しても良いでしょうか?(自分の中で雑収入と経費を相殺して、純粋な利益の部分だけを確定申告に書くような感じです)

Aベストアンサー

所得税法第百二十条第四項で、確定申告書には「その年において不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務を行う居住者が第一項の規定による申告書を提出する場合(当該申告書が青色申告書である場合を除く。)には、財務省令で定めるところにより、これらの所得に係るその年中の総収入金額及び必要経費の内容を記載した書類を当該申告書に添付しなければならない。」と規定しています。ですから、収入と経費を相殺してはいけないのです。

また青色申告の場合は、所得税法第百四十九条で損益計算書を添付しなければならないと規定しています。損益計算書を提出するのですから、むろん、収入と経費を相殺出来ないわけです。

ですから面倒でも収入40万円も経費10万円も両方書いてください。

Q在宅ワークで、仕事が受けられなければ全額返金すると言われたのですが

今回在宅ワークを行おうと思って、ホームページから無作為に2件ほど資料請求を行いました。2社とも最初に60~70万円ほどの資格取得教材と学習サポートのセットが必要とのことで、その資格を持っていても、再度期間中に取りなおして下さいとのことでした。
資格取得後は、必ず仕事を与え、希望しているにもかかわらず仕事が1回でも貰えない場合は、最初にかかった費用を全額返金するということでした。(その会社曰く、法律でそう定められているからとのことでした)
ここに社名を記載するのは、いけないことかもしれないので記載しませんが、
(1)実際に在宅勤務しているかた、これが妥当なことかどうか
(2)「法律で定められている」という説明は本当か
(3)その会社が、ちゃんとした会社かどうかを調べる方法
を教えてください。
とりあえず、自分では帝国データバンクなどで、その会社の業績などを調べることしか出来ないので、(3)について何か良い調べ方を教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

会社等は、悪徳サーチ
http://www.makani.to/akutoku/search/
でお調べ下さい。
しかし、資格商法はやばいです。「法律・・・」というのも嘘でしょう。
最初に、お金がいるのもやばいです。
大体、そのもとを取ろうと思うとどれだけかかるでしょうか?
殆んど、データ入力といっても、微々たるお金しか入らないものです。負債額が増すばかりでしょう。
よく考えて見れば分かるのですが、SOHOで有能な人は、沢山いますが、何故、そういう人を使わず、素人を養成して、間に合うか分からないのに、気長に待てる事自体、仕事が無い事じゃないでしょうか?
私も、引っかかって、泣き寝入りしている身ですから、申し上げる次第であります。

参考URL:http://www.makani.to/akutoku/search/

Q経費項目につきまして

確定申告の際の経費項目のついてお伺いさせて頂きたいのですが、
フリーのイラストレーターをしています。
気分転換も兼ねて、カフェなど、自宅以外の場所で仕事をした時の飲食代は何という経費に含まれるのでしょうか?

以前どこかのサイトで、執筆家が旅館にこもって仕事する際の経費と同じ、と読んだ事があるのですが。。。

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

お一人で仕事をしている場合の経費項目は、従業員を使用してる企業と同じ感覚で計上しますと、とんでもないしっぺ返しを食らいます。
収入を得る為の経費として、喫茶店で来客とコーヒーなら交際費で認められもしましょうが、一人で福利厚生費はふざけるなで、カットされるでしょう。年収の総額次第です。
『執筆家が旅館』と、貴方の場合は同一ではありませんから、飲食代を認められるケースは、限りなく0に近いです。
自腹になります。『事業主貸し』の項目です。

Q独立するには

どうしていいのか本当に分からないので教えていただきたいのですが、
これから、会社を立ち上げて仕事をしていきたいのですが、自分が、どんな仕事をしたいのか、ぜんぜん浮かんでこないのです。

そこで、どういったもので商売できたり、こんな会社を立ち上げたい、といったものが浮かんでこられるような、何か参考になるものはないでしょうか。また、どんな人に相談すればいいでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

じゃあなぜ会社を立ち上げるの、という突っ込みを入れたいところですが、まあ何か事情があるのでしょう。

自分に何が出来るのか、自分は何を持っているのか、自分が社会に役に立てることはあるか、自分が普段困っていることや不満に思っていることがあって、それを解決できないか、
などなど洗い出して、その中から自分の手持ち資金と能力とやってもいいなと思うことを判断して選べば良いのでは。
もちろん消極的な姿勢のままでは失敗するので、一度やると決めたら積極的に取り組まないとならないんですが。

お住まいの市町村によっては創業支援や独立支援セミナーなどを関係法人と連携してやっているところもあるので、相談してみてもよいでしょう。

Q請求書の請求明細項目に”その他経費”と言う名目での本体工事費にプラス請

請求書の請求明細項目に”その他経費”と言う名目での本体工事費にプラス請求するのは変ですか。
其れは費用であって相手方(支払い側)に経費(会計用語?)と言うのは如何なものか、アドバイスお願いします。カテ違いでしたらお許し下さい。

Aベストアンサー

その他経費、諸経費とか一般的です。問題ありません。
>相手方(支払い側)に経費(会計用語?)と言うのは如何なものか
それをいうなら工事費の費も同じですよね、むしろ工事に費はつけないほうが良いと思います。
こちらからすれば工事売上であり、相手からすれば工事費用です。
諸経費の場合は工事売上とは違って、こちらが施したものではなく、立替払い的要素が含まれておりますので、こちらにとっても、相手にとっても経費で良いのではないでしょうか

Q独立にあたって

現在、会社でHP作成の仕事をしています。
会社に不安があり、ついていけないと感じ始めています。
社内ではHPの仕事をしているのは私一人であり、引き継げるような人がいないので、今の仕事を引き継いだ形での独立を考え始めました。
どこかのサイトで、社内で作成したプログラムやデザインを持ち出すのは窃盗にあたると書いてあるのを見たのですが、会社に承諾を受ければ大丈夫なのでしょうか?金額を支払わなければならなかったりするのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

売掛金や特許などど同様に、著作権も会社の資産のひとつですので、会社が倒産した場合には、著作権も負債者のものになるかと思われます。

万が一、そういった可能性があるのであれば、著作権関係をグレイなまま、独立後にお勤めになっていた会社のリソースを再利用するのはひじょうにリスキーだと思います。
交渉相手がお勤めになっていた会社であれば、お互い知った仲ですのでテキトーにやっていても大ごとになることはないかも知れませんが、(倒産後に)銀行などが交渉相手になった場合には....ゾッとしますね。

以下、蛇足です。

前回回答でも書きました通り、身に付けた知識やアイデア、ノウハウなどはchrnutsさんのものですので、「会社に不安があり、ついていけないと感じ始めて」いるのでしたら、半年計画ぐらいで、

・今まで手がけていた会社のWebページを整理して、いつでも(誰かに)引き継げるようにする
・その間に自分が不足していると感じたテクニックや知識などを積極的に吸収するようにする
・独立してWebページの制作でやっていけるかどうか市場調査などをする

をなさってはいかがでしょうか。

ちなみに、今の世の中、「単純にWebページの制作ができます」というだけではなかなか多額の収入を得ることは難しいかと思います。

技術的には、
・JavaスクリプトやFLASHなどを活用したインタラクティブなWebページを作成できる
・バックヤードで稼働しているデータベースと連携させたWebページを作成できる
・検索エンジンで上位にランキングされるためのノウハウを持っている
・きわめてすぐれたグラフィックや写真を作成できる
といった能力が不可欠でしょうし、
また、どんなに技術的に優れていても、営業能力がないとお客さんはつきません。

頑張ってください!
 

売掛金や特許などど同様に、著作権も会社の資産のひとつですので、会社が倒産した場合には、著作権も負債者のものになるかと思われます。

万が一、そういった可能性があるのであれば、著作権関係をグレイなまま、独立後にお勤めになっていた会社のリソースを再利用するのはひじょうにリスキーだと思います。
交渉相手がお勤めになっていた会社であれば、お互い知った仲ですのでテキトーにやっていても大ごとになることはないかも知れませんが、(倒産後に)銀行などが交渉相手になった場合には....ゾッとしま...続きを読む

Q【確定申告について質問です】不動産所得用収支内訳書、経費の項目について

不動産所得の収支内訳書、経費について前回の質問でお聞きし忘れた事について、教えてください。

現在、所有しているマンションを賃貸に出しています。
管理を不動産会社に委託するシステムを利用しており、、月々の家賃の5%を「管理報酬金」として払っています。

1.その管理報酬金は収支内訳票の経費でどの項目に入るのでしょうか?
 
2.委託システムの登録料として初回に163,000円を支払っています。
 これはどの項目でしょうか?


それらしいのは、「給料賃金」の項目なのですが、私が払っているのは給料ではないし・・・。
「雑費」でしょうか?


ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「雑費」に全部入れて、財務署から電話が来たり証明書を求められたら、それに応えれば良いのでしょうか?

それしか方法は
ありません。

Q在宅で会社所属か独立か

現在アルバイトで説明書作りをしてます(DTP)。
月8万円くらいの収入です。
この仕事(収入も同額予定)を在宅ですることになったとき、会社所属を続ける(雇用)か独立という形をとるか、どのような勤務(?)形態をとるのがいいと思われますか?
会社はあなたの好きなようにしたらいいと言ってくれてますが、(周りにそういう方がいないので)全く検討がつきません。
メリットデメリットをあげて頂けるとわかりやすいです。
また、今後収入が増えたときの場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

会社所属か独立かのポイントはやはり年金や保険の問題だと思います
会社所属でアルバイトをしているとすれば名目上は社会保険だと思いますが確認してみないと何とも言えませんね
もしも現在国民年金ならば独立しても年金の問題は同じなので問題は少ないでしょう。
独立して収入が少ない場合、所得税が少ないので国民健康保険料も少ないです。
しかし国民年金の掛け金は変わりませんので注意が必要です。
仕事が少なくなるとアルバイトでも仕事を失う恐れがあるので、独立でもアルバイトでもリスクは変わらないのではないでしょうか?
しかし、独立している方が色々な客先を探す機会は増えます。
機会は増えますが、何の人脈もない方が客先を見つけるのは難しいのである程度準備してから独立しないと難しいです。
最近はSOHO系のコミュニティも増えているので、MLMや内職商法に気をつけて客先を探してみてください。

Q返金時の経費項目!?

先日イベントを行い、会計報告を作成しています。

しかしながら、一部参加者に入場料の返金が行われました。

その場合、収入欄にて対応するのでしょうか。
それとも、支出欄にて対応するのでしょうか。

入場時、一度入場料は受け取っております。
支出欄にて対応するように思いますが、経費項目が解りません。

前年度迄の経費項目としては、謝金、宿泊費、食費、雑役務費、旅費、印刷製本費、借料損料、通信運搬費、消耗品費、会議費、保険料、となっています。

どれにも該当しないように思い、調べてみましたが良く解りません。

どのように対応すべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1です。

>予定していた一部アトラクションが実施出来ず、会場エリアが縮小となりました。
>そのため、入場料として徴収していた金額を一部払い戻すコトとなりました。

となると、提供を予定していたサービスの一部がキャンセルされたのですから、入場料の返金については、やはり収入欄にて対応して収入をマイナスすべきでしょうね。

QWEB製作会社で独立

WEB製作会社で独立

こんにちは。
WEB製作会社で独立を考えているのですが、
最初はSOHO形式の1人でスタートしようと考えています。

「個人で独立、一人で運営」を成功なさっておられる方はいらっしゃいますか?

もしよろしければ、個人WEB製作会社としての必須の準備や、一人ならではの鉄則など、
運営に関するアドバイスをお願い致します。

他、苦労話や楽しい事など、関連する事であれば何でも結構です。

Aベストアンサー

私は個人で独立し法人化、現在も一人運営しているWEB制作に携わる者です。
仕事をもらうツテもなく、まったくの0からスタートしました。

成功しているとは思いませんが、来年10年になるのでそれなりに続いているのかなと思います。
その間で勉強したのは「安易に人を雇わない」「安易に事務所を借りない」です。

仕事が忙しくなれば人を雇いたくなるし、手狭になれば事務所が必要になります。
でもその仕事がずっと続くならいいのですが、そうでないならこの二つは十分考えたほうがいいです。
特に人を雇う場合、その人が給料以上の売り上げを稼ぎ出す力がないと共倒れになります。
事務所にしても毎月の固定費というのは結構圧し掛かってきます。
ある程度余裕が出来てからのほうがいいですよ。

また一人で仕事をする上で重要なのは「モチベーション」。
これの維持が本当に大変です。
でも常にピンと張った状態ではすぐにクタクタになりますので、メリハリをつけてモチベーションを維持しましょう。
それと横のつながりを大切に。
仕事を依頼する業者は仲間だと思って、下手に金額を叩かない。
お金はクライアントから貰うようにしましょう。

最初は大変だと思いますが、チラホラお客さんが付いたなと思った途端に急成長することもあります。
逆にいっぺんにお客さんが消えることもあります(お客さん自体が廃業する)。
その辺のリスクは計算して、これからぜひ頑張ってください。

私は個人で独立し法人化、現在も一人運営しているWEB制作に携わる者です。
仕事をもらうツテもなく、まったくの0からスタートしました。

成功しているとは思いませんが、来年10年になるのでそれなりに続いているのかなと思います。
その間で勉強したのは「安易に人を雇わない」「安易に事務所を借りない」です。

仕事が忙しくなれば人を雇いたくなるし、手狭になれば事務所が必要になります。
でもその仕事がずっと続くならいいのですが、そうでないならこの二つは十分考えたほうがいいです。
特に人を雇う場合...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報