出産前後の痔にはご注意!

哲学科が有名な大学はどこでしょう?

31歳働いていません。
いつも「自分てなに?」とかそういう難しい疑問に頭を悩まして体調悪くしています。
で哲学を勉強しようと思いました。
周りにはそういうこと考える人一人もいなくて…

できれば聴講生がいいのですけど…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 「私って何?」「生きる意味とは?」等々、観想的な場を大学の哲学科に求めるとしたら、違和感をもつことになるかも知れません。


 分析哲学を例にとると、言語論理の習得や応用哲学(例えば医療倫理学など)などかなりプラグマチックな論理思考のトレーニングの場でもあるので、思った以上にエネルギーがいるかもしれません。
 また、学者によって研究する哲学の方向性が大きく異なりますので、先ずは巷間の哲学書(解説書)である程度現代哲学に対する見晴らしを得てから、この先生から学んでみたいというものを多少なりとももって大学を選ぶのは如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさにそのとおりですね。
最近本を読んで思いました。
ありがとうございます

お礼日時:2004/05/14 10:31

有名な大学は必ずしも自分に合うとは限らないんで


まずは本屋や図書館で哲学入門の書を探して読み
気に入った著者が大学で教えてたら
聴講生になることを考えた方がいいですよ。

有名な大学の哲学科は
「君はナニナニも読んでいないの?!」とか
「ヘーゲルのうんとかかんとかどう思う?」と
ロクに理解してないくせにエラソーに言ったりするやつ、
多いですよ(やなやつら)。

あと、大学で勉強する哲学ってのは
思想の流れ、思想の中身をしつこいほど分解していくのが
メインで
教授がこう思うから、こう思え!みたいなとこもあります。

おすすめ本
ゴンデル:ソフィーの世界
岩波ジュニア新書:ヨーロッパ思想入門
ちくま新書:フーコー入門
(ちくま新書はいろんな哲学者の入門書があり
一番読みやすく、理解しやすかったのが上書。)
     
おすすめ映画
ウィトゲンシュタイン(デレク・ジャーマン監督)
哲学者ウィトゲンシュタインの一生を描いてます。

あと、NHK教育でたまーに
哲学者や哲学そのものにスポットライトを当てた
海外番組が流されます。
(ずーっと前、プラトンの「国家」を特集した番組があり
ガッコで教わったもんとは比べ物にならないくらい
面白くて、大学もこんな授業だったら
いいのになあと思いました(笑))
    • good
    • 0

こんにちは。


哲学科出身者ではないのですが、哲学の授業はいくつか履修しました。

もしかしたら、質問者さんの問題意識に答えてくれるような講義がどこかにあるかもしれない。
だったらごめんなさい。
でも、たぶん、ほとんどの学校でやっている哲学の授業は、哲学史です。

なんでか、っていうと、いろんなこと、普通に考えてると、ほんとに考えがあっちやこっちに行っちゃうでしょ?

自分、って何だろう、ってことでも、考え始めると、キリがなくなる。
キリがなくなって、わけわからなくなるのを避けるには、どうしたらいいか。

交通整理です。
まず、道路を整え、信号や横断歩道を設置し、入ってくる車を制限する。一方で交通法規みたいなルールを作る。
哲学がやろうとしているのも、こういうことなんです。

自分、ってなんだろう、と考える、「自分」(哲学では、「主体」なんて言ったりします)をまず、きちんと定める。
主体、というのはどのように位置づけられるのか。ギリシャ時代には……、なんていう話から始まって、ものすごく細かな定義づけを延々とやったりします。

そんなことに意味があるのか、というと、交通整理のためには、どうしても必要なんですね。交通法規がまだるこしい書き方になっているのと一緒です。Aさんが使う「自分」とBさんが使う「自分」って、ちょっとずつ意味が違うはず。それがみんな共通で使う交通法規になっていては、まずいでしょ?

だから、いきおい、そんな「主体」だの、「主観」だの、「客観」だのの言葉をめぐって、延々とやっている、ということになるんです。

それが質問者さんのいまの感覚に、応えてくれるものかなぁ、という疑問があるんですね。
むしろ文学とか、そんなもののほうがいいんじゃないかなぁ……。
ごめんなさい、雑にこんなこと言っちゃいけませんね。

だけど、勉強なさるのは、ほんとうにいいことだと思います。
私は、勉強するというのは、自分が自由になることだと思ってます。いろんな思いこみや、間違った考え方から自分を解放してやることだと。

まぁ一人でやるっていうのも、しんどい話だから、まずは市民大学講座みたいなところに単発で参加されてみてはいかがでしょう。
参考URLに横浜のを貼っておきます。こんな感じで、あっちこっちの地域や大学でやっているはずです。
「市民大学講座」で検索してみてください。

http://www.city.yokohama.jp/me/gakusyu/college/

ちなみに聴講生というのは、大学によって違いがあるのかもしれないけれど、普通は、その大学の出身者以外の場合、資格試験みたいなのがあります。通年が単位で、入学金・授業料が必要です。

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/me/gakusyu/college/
    • good
    • 1

 西田幾多郎を筆頭に「哲学なら京大(京都大学)」というイメージがありますね。

以下のサイトから各学部・学科の概要が掴めます。哲学そのものは大学院文学研究科にありますが、人間・環境学研究科の共生人間学専攻が、hana14さんの関心にうまく応えてくれるもののように思います。

参考URL:http://www.adm.kyoto-u.ac.jp/nyusi/H16/
    • good
    • 1

哲学科で有名な大学と言われて、ぱっと思いついたのは東京女子大です。

あとは日大。インド哲学なら東洋大学。
聴講できるか否かは不明です。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学科に進学したことをとても後悔している

私は、現在、大学で哲学を専攻しています。
大学の哲学科に入学する前は、哲学が好きだったのですが、
大学の哲学科に在籍する内に、日本における哲学に対するネガティブなイメージに押しつぶされ、自分が哲学科の学生であることに強いコンプレックスを感じるようになり、哲学に対する意欲を失ってしまいました。また、大学の哲学科のカリキュラムも(一応、世間的には一流大学と評価されています)ひたすら語学の学習ばかりをやらされ、
肝心の哲学の授業は、教授がぼそぼそと聞き取りづらい声で、
話すのを聞かされるだけで、こんなことなら、法学部にでも行って、
趣味で哲学書を読んでいた方が、よっぽどマシだったのではないか
と今になって気づきました。

そして、哲学科であると言うと、周囲に奇異な目で見られることが頻繁にあり、(たとえば、文学部で英文学を専攻しているというのと、哲学を専攻しているというのでは、明らかに相手の反応が異なる。)
それが原因で、元々内向的だった性格が更に内向的になり、
情緒不安定な状態になっています。

哲学専攻の同級生は、哲学研究者を志望するとても勉強熱心な優等生タイプと、哲学は単位を取るのに必要なだけ手際よく勉強し、一流企業への就活にエネルギーを費やすタイプに二極化しています。しかし、
自分はそのどちらでもなく、いたずらに無為な日々を送っています。

このまま大学を卒業して、「哲学科卒という十字架」を一生背負って生きていくことに底知れぬ不安を感じます。このまま文学部哲学科を卒業するべきなのか、疑問を感じています。中退や編入も真剣に考慮し、某旧帝大の経済学部の編入試験に合格したのですが、なぜか、入学辞退してしまいました。

現在、自分は4年生で卒業間際ですが(就活はしなかったので、
内定は得られず、卒業後の進路は未定です)
自分が今選択に悩んでいるのは、
一このまま哲学科を卒業する
二今からでも、哲学科卒という経歴を回避するために卒業せずに、
他大学他学部への編入を再び目指す、あるいは中退してしまう
という選択をどうするべきかということです。

勿論、以上のような悩みは神経症・強迫症的な悩みであり、
自分の精神的未熟さや弱さが基底にあることは自覚しています。
また、大学で哲学を専攻すると決定したのは、自分自身であり、
誰に強制されたわけでもありません。

それゆえ、自分の悩みが嘲笑とともに、黙殺されるのも覚悟しています。だが、自分にとっては、非常に深刻な問題で、日々、過去の進路選択への激しい後悔と、将来に対する不安に、押し潰されそうなのです。

自分自身で色々考えていても、思考が堂々巡りをして、
突破口を見出せない状態が続いております。
そこで、皆様から、多角的な視点からのアドバイスを頂ければ、
幸いです。何卒、よろしくお願い致します。

私は、現在、大学で哲学を専攻しています。
大学の哲学科に入学する前は、哲学が好きだったのですが、
大学の哲学科に在籍する内に、日本における哲学に対するネガティブなイメージに押しつぶされ、自分が哲学科の学生であることに強いコンプレックスを感じるようになり、哲学に対する意欲を失ってしまいました。また、大学の哲学科のカリキュラムも(一応、世間的には一流大学と評価されています)ひたすら語学の学習ばかりをやらされ、
肝心の哲学の授業は、教授がぼそぼそと聞き取りづらい声で、
話すの...続きを読む

Aベストアンサー

どのような「ネガティブなイメージ」でしょうか。
アカデミックな場面でもたれているイメージと、
世間一般でもたれているイメージでは、ちがうような気がします。

世間一般のほうですが、就活で困るというのは深刻です。
が、哲学科でも、学部卒のことなら、それほど気にしなくてもよいのでは。
修士や博士卒なら、偏見の目で見られても仕方ありませんが、
それは哲学科だけに限られることではないでしょう。
学部卒でそこまで偏見の目で見るのは明らかにおかしいので、
運の悪い面接官に当たったくらいに思うしかないと思います。
できれば、偏見の目で見られているからこそ、発奮していい就職をしてやるぞ、
と思いきることができればよいのですが。
哲学科の友人がそうでした。

日常生活であれば、てきとうに切り返す方法を身につけるしかありません。
そういう場面での偏見は、抑圧ど同時に促進になったりもするので、
かえってそういった偏見を生かしてうまくキャラづけするか、
うまくそういう話題にはまらないように言動を調整していけばよいと思います。
仲のいい友達からそう思われているのであれば、
コミュニケーション上の振りだと考えていけばよいのでは。
そこまでするような相手でなければ、話すことを避けるか、
無視すればよいと思います。
無視できないのであれば、それは、耳に飛びこんできた自分への評価を、
すべて自分のなかに位置づけていかないと、
と強迫的に思っているのかもしれません。
ときには、評価を無視することも大事だ、
と意識して自分に言い聞かせるようにしないと、切りがありません。
自分にたいする肯定的な評価、否定的な評価のどちらについても、
正当として受けいれなければならないもの、
不当として拒否し、正さねばならないものに加えて、
正当だろうが不当だろうがどうでもいいものがあります。
その辺りを選別していければ、だいぶ気が楽になるのではないでしょうか。

カリキュラムについて。
哲学の本を読むと、その語学力に舌を巻きます。
日本語で読んでさえ複雑な論理で書かれていて難しいのに、
それを英語だけでなく、フランス語やドイツ語で学んでいるわけで。
専門家になれば、ただ正確に読めればよいというわけではなく、
限られた時間で正確に読み解くことが求められるのでは。
語学の学習があるというのは、
本来なら個人で訓練してもおかしくないところを、
わざわざ教員がつく上に単位が出るのだから、むしろ贅沢な話では。
……という感じで、各授業に意味を見出せばよいと思います。
この語学の講義では、これを目標にする、のように。
予習も、ただ読むのではなく、短時間で読みきれるように練習するなど。
そうでないと、語学が多いのは辛いかもしれません。

ただ哲学書を読むだけなら、ほかの学部でもできると思いますし、
がんばれば今年出た現在の哲学者の論文を読むこともできます。
しかし、その論文の生の評価、いまの雰囲気といったものを知るには、
やはり哲学科に在籍しないと無理なのではないかと思ったりもします。
部外者として哲学をかじっていたほうが楽しいのは当たり前で、
研究者になるための訓練としては面倒なことのほうが多いだろうと思います。
加えて、教員にやる気がなかったりすると、
学生のほうも面倒なことをやる気さえ起きないかもしれません。
ただやはり、質問者さんについては、部外者ではなく哲学科で学ぶメリットに
まったく目を向けていないところが気になりました。
哲学科に在籍していなければ、もっと後悔しているかもしれません
(どちらのほうが後悔することになるかはわかりませんが)。

いずれにしても、後悔先に立たずということで、
まずいまの自分の立場を肯定するところから始めてみては。
メリットを最大化し、デメリットを最小化する方向に努力するしかありません。

どのような「ネガティブなイメージ」でしょうか。
アカデミックな場面でもたれているイメージと、
世間一般でもたれているイメージでは、ちがうような気がします。

世間一般のほうですが、就活で困るというのは深刻です。
が、哲学科でも、学部卒のことなら、それほど気にしなくてもよいのでは。
修士や博士卒なら、偏見の目で見られても仕方ありませんが、
それは哲学科だけに限られることではないでしょう。
学部卒でそこまで偏見の目で見るのは明らかにおかしいので、
運の悪い面接官に当たったくら...続きを読む

Q哲学科で勉強することって???

高校を卒業したら大学に進学しようと思っている高校2年生です☆☆
どの学部に進学しようか迷っているときに、哲学科がある大学があることを知りました。
哲学に興味があったので、そういう学科で勉強したらおもしろいんじゃないかなって思ったんです。
でも、哲学科という学科があるということを知っているだけで、どういうことを勉強しているのかを全く知りません。
そこで!!哲学科に通う学生さん、もしくは哲学科で何を勉強するのかを知っている人はぜひ教えてください!!!!
自分でも大学のパンフなどで調べたのですが、より詳しい情報とかもお願いします!!

Aベストアンサー

おはようございます。
私は哲学科を卒業した者です。
皆さんが言われているとうりです。
大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。
つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、
学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。とくに3・4年ではそれが顕著になってきます。
教授たち自信、自分が研究している分野があって、その分野に強いわけですから、その分野のことを講義してきます。
もちろん人によりけりで、一般的なことを話す講師もいれば、専門的なことを
話す講師もいます。

ですので私が大学に進学するときには、自分の学びたい教授のいる大学に進むものがいました。

一口に哲学といっても意味合いが広すぎます。
それは古代ギリシアの自然哲学者たちが「なぜ」と考えること自信を学問とし、
その考えることを「知を愛する」ことである「philosophy」と名づけました。
その思考することである学問から、数学や音楽、天文学などが生まれ、哲学は
「万学の女王」と呼ばれています。

しかし、現在、哲学も細分化され、皆さんの言われている分野が主な研究対象となっています。
形而上学や、科学哲学といっても、一般の人には全然ぴんと来ないでしょう。
ここでそれを語ろうとすると、はっきり言ってきりがありません。
哲学とは定義づけすることの難しい学問ですから、その領域もとても広いのです。
また幾多の哲学者もさまざまな謎を出し、疑問に答え、論理を導き出しています。
その考えを知るだけで、途方もない時間が必要です。

抽象的なことばっかり言っていますが、これが「哲学とは何か」に対する答えだと思ってください。
しかし、あまり漠然とした答えでは何の参考ともなりませんので、さわりを少しだけ。


この世になぜものが存在するのか、そしてそのことを人間はなぜ認識するのか、どうやって認識しているのか。
また、目に見えないもの(神・真理・無限・絶対・永遠)は存在するのか。
有と無の関係。世界はどういう原理で作られているのか。 
そして、人はなぜ生まれてきたのか、どうやって生きていくべきなのか。


と、大雑把ではありますが、こういうことを考える学問です。
以上のものは主に古代哲学からの疑問ですが、現代では、
論理学や科学、数学なども絡み、さらに難解です!
その論文などは日本語で書かれていても、とても日本語とは思えません。
はっきり言って、実際学ばないとわからないと思います。
明確な答えが出ない物事を、真剣に思考するという、恐ろしい学問です。

1・2年の一般教育では、主に「哲学史」「哲学者の考え」を聞くこととなるでしょう。
そして、3・4年で、専門的な事を学び、自分の納得のいく答えを探すこととなります。


ただ、卒業したら社会の中、実生活では、正直役に立ちません。
ですので、#2さんの言われるとうり、変な人が多いのが特徴です。
もちろん普通の人もいますが、他の学科と比べてやっぱり・・・

よく哲学は「ごみの山」だと言われます。
ぜんぜん役に立つものはないのですが、その中に、ひょっとすると、
すごい宝があるのかもしれないと・・・

あなたは、哲学に興味がある時点で、かなり変わった人です。
ぜひ、そのまま哲学科へと進み、その生き方、考え方に磨きをかけてください!

まだ言いたいことは山ほどあるのですが、きりがありませんので、これくらいで。


最後に、哲学がいかに現実離れしているかの実例としてよく引き合いに出される
哲学の開祖タレスの2つの逸話で〆たいと思います。

「あるときタレスは天体観測のため空を見つめて歩き、熱中のあまり前方の井戸に気づかず落ちてしまった。この事件について、足元のこともわからないのに天のことばかり知りたがるのは滑稽だとトラキア人の女奴隷に笑われた。」

                        プラトン 『テアイトス』

「タレスが貧乏であったことから、世人が哲学などは生活に何の役にも立たないと
非難したところ、彼はその天文学の知識からその年のオリーブの豊作を察知し、
早いうちにミレトス中の搾油機を安く借り集め、時期が来て人々が必要としたとき
高く貸して大もうけした。」

                       アリストテレス  『政治学』  

おはようございます。
私は哲学科を卒業した者です。
皆さんが言われているとうりです。
大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。
つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、
学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。とくに3・4年ではそれが顕著になってきます。
教授たち自信、自分が研究している分野があって、その分野に強いわけですから、その分野のことを講義してきます。
もちろん人によりけりで、一般的なことを話す講師もいれ...続きを読む

Q東京の私立の哲学科といえば

東京の私立で哲学を学びたいんですが、どこの大学がいいんでしょうか?やはり東洋でしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。
禅だけに限らず、仏教全般については哲学科の東洋哲学専修で扱っています。禅の盛んな、修験道に端を発する密教系仏教を専門にしている先生も何人かいます。ただ、あくまで学問として宗教や思想を学習するのであって、自分自身が禅を行うというものではない点にご注意ください。そっちになると、大正大学や立正大学などの仏教系学部のある大学になると思います。
ちなみに西洋哲学のほうは、早稲田に限らないことだと思いますが、よく「第二の独文」と呼ばれるほど、ドイツ語の原書をたくさん読まされますので、第二外国語がドイツ語でない人間は非常に苦労するようです。

Q個人的に哲学を学ぶにはどうしたらよいか

 哲学とか心理学に興味があるので、その手の本は沢山持っていますが、学び方が良く分かりません。大学で学ぶ人間はどのように学んでいるんでしょうか?普通は何からはじめればよいのでしょうか?

 知人が哲学の大学(通信制)に7年行っているので、話しを聞いたら"最初から学ばないと今の哲学が分からない"と言われました。哲学が発展してきた歴史をすべて頭の中に網羅していけということでしょうか?
 2チャンネルなどの哲学の掲示板に行っても、わけのわかない論争を繰り広げられていて…哲学書を読んだことの自慢みたいのが飛び交っていますが、たとえば私の質問を見てくれた、哲学者(?)の貴方は、哲学の書をやっぱり沢山読んでいるんですか?

 私は文章を書くのが好きなので、哲学的な考え方ができれば創作に役に立ちそうだなと思って、哲学を意識しておりますが、これまでの哲学を振り返っていたら、仕事も手につかなくなり、寿命が来てしまいそうです。
 また、生半可な知識だと訓話にもならず、似非哲学になってしまいます。哲学が何も見えないんですけど、何をしたらいいと思いますか?アドバイスをお願いします。

 哲学とか心理学に興味があるので、その手の本は沢山持っていますが、学び方が良く分かりません。大学で学ぶ人間はどのように学んでいるんでしょうか?普通は何からはじめればよいのでしょうか?

 知人が哲学の大学(通信制)に7年行っているので、話しを聞いたら"最初から学ばないと今の哲学が分からない"と言われました。哲学が発展してきた歴史をすべて頭の中に網羅していけということでしょうか?
 2チャンネルなどの哲学の掲示板に行っても、わけのわかない論争を繰り広げられていて…哲学書を読んだこと...続きを読む

Aベストアンサー

大学で哲学を学ぶ人間は
先哲の思考の跡を辿りながら自己の思考を鍛えるわけですが,
当然のことながら哲学書は原著で読みます。
アリストテレスを読むなら古代ギリシア語,
ナーガセーナならパーリ語,フッサールならドイツ語です。
しかも,ひとくちに原著と言っても
版による違いや編集者による違いがあったり,
ときには偽書なんてものもあるので,
テキスト・クリティーク(文献批判)と呼ばれる手続きを踏むことが要求されます。

一方,大学で心理学を学ぶ人間は
実験,観察,調査,面接といった実証的研究法を叩き込まれます。
データ解析のために統計学や情報処理の知識も必須です。
心理学は実証科学として哲学から分離独立した学問ですので当然のことです。
思弁的論考だけの卒論では卒業させてもらえません。

哲学や心理学で飯を喰おうというのであれば
上記のようなトレーニングが要求されますが,
そうでないのなら
まずは哲学史や心理学史の流れを頭に入れることから始められてはいかがでしょう。
独学者にありがちな独善的な思い込みに陥らないためにも,
学問の歴史的全体を俯瞰して
大まかな見取り図を頭の中に描いておくことは大切だと思います。

手ごろなものとして,こんな本はどうですか。

池田晶子(著)
『考える人―口伝西洋哲学史』 中公文庫

木田元(著)
『反哲学史』 講談社学術文庫

大学で哲学を学ぶ人間は
先哲の思考の跡を辿りながら自己の思考を鍛えるわけですが,
当然のことながら哲学書は原著で読みます。
アリストテレスを読むなら古代ギリシア語,
ナーガセーナならパーリ語,フッサールならドイツ語です。
しかも,ひとくちに原著と言っても
版による違いや編集者による違いがあったり,
ときには偽書なんてものもあるので,
テキスト・クリティーク(文献批判)と呼ばれる手続きを踏むことが要求されます。

一方,大学で心理学を学ぶ人間は
実験,観察,調査,面接といっ...続きを読む

Q宗教学を深く学べる大学

質問場所を間違えてしまったので改めてこちらに書かせていただきます。
20歳の男です。20歳にもなって、大学受験を考えています。
私は生まれてから宗教の下で育てられました。それが、今の自分を苦しめています。その現状を打破するには自分自身が宗教というもの自体を理解しないとダメだと思うようになりました。
1つの宗教を学ぶついうよりは、たくさんの宗教の歴史を分け隔てなく学びたいと思っています。宗教が何故誕生したのか?いつからあったのか?宗教は人間と共に生まれたのか?また人間が理想のために作ったものなのか?それぞれの宗教が人間にそれぞれどのような善悪をもたらしてきたか?も知りたいと思っています。
これらを詳しく学びたいと思うのですが、どのような学校があってどの学校が環境がいいのかわかりません。
もしよろしければ、関東圏内または東海圏内で宗教学を学ぶのにいい大学があれば教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

>たくさんの宗教の歴史を分け隔てなく学びたいと思っています。

こうなると、私立大学では多少難しいことが多いと思います。
なぜなら、私立大学で開設している宗教関係の学科や、教えている宗教関係の学問は
その私立大学の設立母体が関係する宗教になってしまうからです。
(設立母体が宗教関係の団体の場合)

なので「分け隔てなく学ぶ」となると国立大学になるのでしょうが、となると関東圏内では
東京大学、ということになってしまいます(あのホリエモンも東大の宗教学科でした)。

これだけでは選択肢がなさすぎますので、やはり私立大学も加えますと、宗教学は
人文科学系統になりますので、大学の文学部で学べるところがあると思います。
主要なところだと、早稲田大学の第二文学部には思想・宗教系の専修があります。

早稲田のように、設立母体が宗教とかかわってない私立大学もあるので、そうした大学の
文学部とか社会学部とかを探してみられるといいかと思います。

Q東京で心理学を学ぶのに良い大学を教えて下さい。ただし、東大や早慶・上智

東京で心理学を学ぶのに良い大学を教えて下さい。ただし、東大や早慶・上智といったところは、難易度が高すぎて入学できません。いわゆるMARCHクラス以下の大学で、お奨めの大学をお願い致します。

Aベストアンサー

東京の私立大学で心理学教室の歴史が古く,
研究者や心理職公務員など
心理学界に多くの人材を送り出してきたのは,
日本,立教,慶應義塾,早稲田といった大学です。
法政の心理学教室は日大に次いで古いのですが,
残念な歴史をたどり,近年,再出発を図っています。

■法政大学心理学科
 http://okwave.jp/qa/q3905011.html

上智,学習院,青山学院,明治学院,
中央,専修,駒澤,文教,明星,立正,帝京...
といった大学も心理学教育に実績がありますが,
学界における勢力という点では
歴史の古い先の大学群に敵いません。

心理学専攻生の過半数は
法学部生や経済学部生などと同じ文系枠で一般企業に就職するわけで,
就職状況が偏差値を反映した大学評価に左右されることは否めません。
しかし,こと心理学の専門職となると,
学界における勢力というものも無視できません。
人材の厚さ,人脈の広さが武器になるというところでしょうか。

東京大学以外の国公立大学としては,
東京学芸大学,首都大学東京があります。
一橋は社会心理学限定です。
横浜国立,千葉など,東京周辺の地方?国立大も
選択肢に入れていいでしょう。

女性ならこのほかに
お茶の水,日本女子,東京女子,聖心,白百合など,
女子大学という選択肢があるのですが。

なお,先にリンクを張った質問は
高2に上がる前の春休みに親御さんから出されたものだったため,
受験校を絞り込むにはまだ早いというような回答をしています。
一方,高3のこの時期にこの質問というのは若干出遅れ感があります。
早いところ情報を収集して受験校の絞り込みに入りましょう。

東京の私立大学で心理学教室の歴史が古く,
研究者や心理職公務員など
心理学界に多くの人材を送り出してきたのは,
日本,立教,慶應義塾,早稲田といった大学です。
法政の心理学教室は日大に次いで古いのですが,
残念な歴史をたどり,近年,再出発を図っています。

■法政大学心理学科
 http://okwave.jp/qa/q3905011.html

上智,学習院,青山学院,明治学院,
中央,専修,駒澤,文教,明星,立正,帝京...
といった大学も心理学教育に実績がありますが,
学界における勢力という点では
歴史の古い先の...続きを読む

Q会社員が東洋哲学の勉強が出来る大学または学校

こんにちは。
東洋哲学(論語などの中国哲学)に興味があり、
体系的に学んで見たいと思っています。

会社員なのですが、会社に行きながら学べる大学の講座
や学校をご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
月~金の19時以降か土日が勉強に当てられる時間です。
この時間帯で無理なく勉強できる大学の講座などは
ありますでしょうか。
(体系的に中国哲学を学べさえすれば単位や資格等は要りません。)

聴講制度のある大学で学ぼうかと思ったのですが、
東洋哲学 聴講
で検索しても思うような結果が出ませんでした・・・。

よろしければアドバイスいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

東洋大学 文学部 哲学科インド哲学科第2部
早稲田大学 文化構想学部 アジア日本文化論プログラム
立正大学 仏教学部 仏教学科、文学部 哲学科
大正大学 人間学部 仏教学科

思いついたところだけですが
東京圏で夜間はこんなところでしょうか。
授業は18時くらいからが多いと思いますが
成績や単位にこだわらないのであれば
講座により、教師により、柔軟に対応してもらえるでしょう。

Q哲学・倫理学を専攻可能な通信制大学はありますか?

当方22歳の社会人(高卒)です。

仕事をする上で必要な知識を体系的にちゃんとした形で深めたいと思い、哲学か倫理学を通信制大学で学びたいと考えています。

しかし、調べてみたのですが哲学が専攻可能な通信制大学は慶應義塾大学と日本大学のみで、倫理学にいたってはゼロでした。

他にも通信制で専攻可能な大学をご存知の方がいらっしゃれば教えて頂けないかと思います。

Aベストアンサー

補足に対して追記させて頂きます。

(1)西洋文化における哲学史
⇒ギリシャなど哲学の萌芽からキリスト教の発展、イスラム教の流入、科学技術と思想などでしょうか。
 ニーチェとかハイデガーとか、特に学びたい人物がいるわけでなければ、この辺は大学で追究せずとも、読書で補えるかも知れません。

ただし、

(2)二者択一の環境下において人はどのような価値判断を行い行動するのか?
 ⇒これを学ばれるのでしたら、最適なのはギリシャ系列かと思われます。(デカルト以前という意味で)
 プラトンの『国家』はお読みになりましたでしょうか。善悪の二者択一ならキリスト教も必要ですが、そうでない二者択一(生か死か、統治者か国民か、など必ずしも答えのない二者の比較の場合は)ソクラテスあたりを専攻なさるとよいように思われます。

(3)なぜそのような価値が当人の中で発生したのか?
(幼少の経験?本人の資質?、等)
 ⇒児童心理学、教育学など、人間の成長に関わる分野ですので、精神医学・心理学基礎の本などをお読みになると、なぜ価値基準の比較や判断を質問者様ご自身が目指しておられるのか、明るくなるかと存じます。(すでに明るいのでしたら蛇足です)
 たとえばジュディス・L・ハーマン女史の『心的外傷と回復』などで、あえて傷ついた精神を学ぶことにより健全な精神の志向を見いだすこともありえます。これに関しては専攻というより、多読をおすすめしたいところです。

「すぐに日常生活にて応用可能な哲学・倫理学を主に学びたい」とのことでしたので、大学以外の側面からお答えしてみました。
ご参考にならずすみません。

補足に対して追記させて頂きます。

(1)西洋文化における哲学史
⇒ギリシャなど哲学の萌芽からキリスト教の発展、イスラム教の流入、科学技術と思想などでしょうか。
 ニーチェとかハイデガーとか、特に学びたい人物がいるわけでなければ、この辺は大学で追究せずとも、読書で補えるかも知れません。

ただし、

(2)二者択一の環境下において人はどのような価値判断を行い行動するのか?
 ⇒これを学ばれるのでしたら、最適なのはギリシャ系列かと思われます。(デカルト以前という意味で)
 プラトン...続きを読む

Q東洋大学ってどうですか

 センター利用で東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科が合格濃厚の判定が出ました。センター利用は進学したい学部学科優先で選び大学自体の評価とか環境はあまり考えずに出願しました。センターでこんな成績が取れるとは思ってもいなかったため、一般入試の結果次第では入学することになる可能性も出てきました。
 さてそこで今になって学校、塾その他いろんな方々に東洋大学の事を聞いてもみんな「よく分からないなぁ???」という返事です。地元東海地方からも関東のほかの大学より進学者が少ないようで生の声も聞くことが出来ません。
東洋大学ってどんな学校ですか、規模としては大きいのに、なんかすごく影が薄い気がしますが。なんでも結構ですのでお聞かせください。また武蔵大学メディア社会も同じような評価が出ました、皆さんもし進学するとすればどちらを選びますか、武蔵については大学案内などで調べてから出願はしましたが・・・いざとなると頭の中は真っ白です。
まだ合格が確定したわけでもないですし、また一般入試でそれ以上の結果が出れば良いのですが。よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

 私は東洋大学を卒業しました。
偏差値だけ見れば年度により変わっているので分かりませんが、
イコール大学の評価にはならないと思います。
私の時には廻りを見ても、先のかたの回答通りには
合否が出ませんでした。
 就職に関しては私立では早稲田、慶應は大企業に入るチャンスは
多く、他の私立は皆同じ程度かなと思います。
私も一応一部上場企業の管理職にはなれましたから。
 入社してしまえば卒業大学はあまり関係がありません。
仕事が出来る出来ないが大学の偏差値とは同じにならないのと
同様、会社からの評価は個人個人の力量に対してです。
 東洋大学を卒業して良かったのは卒業生が多く、学校の先生、
一般の企業でも先輩後輩がいて親しい関係が作れたことです。
後、箱根駅伝、大学野球等で卒業した後でも後輩の活躍を
楽しみに出来ます。
 大学の校風は良い言い方をすると学生の自由が
尊重されているので、大学4年間一生懸命勉強する人もいれば、
趣味、興味のある分野に没頭する人と両極端の感じです。
しかし、東洋大学のなかでも社会学部は文学部とともに
看板学部なので一生懸命勉強する人の割合が多いと思います。
いずれにしても私の東洋大学での学生生活は楽しいものでしたし、
卒業して良かったと思っています。
自分自身を信じて全力を尽くすよう頑張ってください。
受験で良い結果が出るよう祈ります。

 私は東洋大学を卒業しました。
偏差値だけ見れば年度により変わっているので分かりませんが、
イコール大学の評価にはならないと思います。
私の時には廻りを見ても、先のかたの回答通りには
合否が出ませんでした。
 就職に関しては私立では早稲田、慶應は大企業に入るチャンスは
多く、他の私立は皆同じ程度かなと思います。
私も一応一部上場企業の管理職にはなれましたから。
 入社してしまえば卒業大学はあまり関係がありません。
仕事が出来る出来ないが大学の偏差値とは同じにならないのと
...続きを読む

Q心理学に強い大学は?

現在受験生です。
大学で特に学びたいと思う学問がなかったのですが、私自身心身症を患った事もあって、心理学に興味が出てきました。そしてぜひ心理学を学べる・心理学に強い大学で学びたいと切望し始めました。
そこで、心理学に強い大学を教えていただけないでしょうか。
又、心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類があり、慶応の心理や早稲田の一文の心理は実験心理学、早稲田の人間科学の心理は臨床心理学だという事を耳にしました。それぞれどう違うのでしょうか?
ちなみに私は臨床心理士などの資格には興味が無く、就職先は旅行業を志望しています。こういう私はどちらの心理学に行くべきでしょうか。

Aベストアンサー

まず最初に申し上げますが,
「心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類がある」なんてのは「俗説」です。
これは臨床医学を学ぶうえで解剖学や生理学の知識が必須であるのと同様に,
まともな臨床心理学を学ぶうえで実験心理学の知識は必須です。

たとえば早稲田の人間科学部は
このような実験心理学を基礎とする臨床研究に強いということであって,
ユングやらフロイトやらを想像して入学すると痛い目に遭います。
また早稲田の一文や教育,慶應の文は大学院こそ臨床心理士指定校になっていませんが,
公務員として臨床分野で活躍している卒業生はたくさんいます。
学部レベルで基礎的な心理学をきちんと学んでいれば大学院や実務の中で臨床について学ぶことは可能だということです。

教養科目で学ぶ心理学と専攻として学ぶ心理学はまったくレベルが異なります。
また先に名前の挙がっている山王教育研究所は学問として心理学を学ぶ場所ではありません(もと電話番が断言!)。
ついでに心理学を学んだからといって人の心が読めたり心身症が治ったりする心配はありませんし,
旅行業に直接役立つ懸念もありません。
仕事で調査やデータ解析をする際に心理学研究法の知識が役立ってしまうことはあるかもしれませんが。

とまあ,皮肉めかして書きましたが,
心理学を学ぶことが実利に結びつくと期待するなと言いたいだけです。
人の営みあるところに心理学の研究テーマは転がっており,旅行も例外ではありません。
社会心理学や産業心理学の中に旅行や観光と関連する研究はあります。たとえば,

 佐々木土師二(著)
 『旅行者行動の心理学』  関西大学出版部
 
 宮原英種,宮原和子(著)
 『観光心理学を愉しむ―観光行動のしくみを解明する ツーリズム・サイコロジー』  ナカニシヤ出版

記憶研究の発展形としての「個人の人生の記録」の研究なんていうのも関係がありそうですね。
 http://mediasv.media.osaka-cu.ac.jp/~harumi/research/index.shtml

最後に御質問への答え。
研究者や臨床家として心理学界に輩出してきた人材の厚みを「強い」と考えるなら,
東大,京大をはじめとする旧帝国大学,筑波大,広島大といった旧高等師範,
そして早稲田,慶應義塾,立教,日本,上智,関西学院,同志社といった歴史ある私大ということになるでしょう。
これらの大学は一般の就職に関しても悪くはなく,
気が変わって心理学を極めたくなった場合でも選択の幅は広くなります。
また心理学部を擁する中京,立正,明治学院といった大学は
スタッフが多く学びの選択肢が多いという点で「強い」と言っていいかもしれません。

まず最初に申し上げますが,
「心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類がある」なんてのは「俗説」です。
これは臨床医学を学ぶうえで解剖学や生理学の知識が必須であるのと同様に,
まともな臨床心理学を学ぶうえで実験心理学の知識は必須です。

たとえば早稲田の人間科学部は
このような実験心理学を基礎とする臨床研究に強いということであって,
ユングやらフロイトやらを想像して入学すると痛い目に遭います。
また早稲田の一文や教育,慶應の文は大学院こそ臨床心理士指定校になっていませ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング