出血性ショック時など輸血が必要な際に赤血球などを用いる場合や血漿を用いる場合、
また、細胞外液や内液などを用いる場合などがあると思いますが、これらはどのように使い分けられているものなのでしょうか?
どなたか詳しい方回答よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

そういうことは成書を読んだら書いてありますので、ご自身で勉強なさったほうがいいと思います。

    • good
    • 0
  • 出血性ショック<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

     出血性ショックとは、出血のために重要な内臓の有効な血流が維持できず、細胞機能が保てなくなる時の症候群です。一般的には血圧が低下しますが、実は血圧が低下する前に、その他の症状が先に現れていることが多いので、血圧が下がり始める前に出血性ショックの有無を判断し、迅速な処置や救急車要請、病院への搬送を行う必要があります。  血圧の測定以外に、出血性ショックの症状が出現する顔色、呼吸、脈拍、皮膚を観察す...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出血性ショック死の意味

出血性ショックにより亡くなったという事件記事をみましたが、「ショック」とは驚きで死ぬということなんですか?

Aベストアンサー

医学的には、ショックとは、出血等で体の中に循環する血液量が減って生命が危機になっている状態を言います。
必ず、身体の外に出血している訳でも無いです。内臓の出血は一見しただけではわからないし、アナフィラキシーショックのように出血が原因で無いショックもあります。

参考URL:http://www.city.sayama.saitama.jp/kakuka/shobo/bu/teate/32shock/shock.html

Q消化管出血によって血液検査値が減少するのは何ですか? 出血→ヘモグロビン、赤血球の値減少→貧血 と考

消化管出血によって血液検査値が減少するのは何ですか?
出血→ヘモグロビン、赤血球の値減少→貧血
と考えるのは間違いでしょうか?

Aベストアンサー

>血液検査値が減少する
は全く意味が判らない文章ですね。
消化管出血が続くと赤血球が失われ、その数が減少します。
検査の方法によってはヘモグロビン値の減少として表現されます。
どちらも同じことです。
>ヘモグロビン、赤血球の値減少→貧血
この通りの理解でいいと思います。

Q出血性ショック時などにおける輸血について

出血性ショック時など輸血が必要な際に赤血球などを用いる場合や血漿を用いる場合、
また、細胞外液や内液などを用いる場合などがあると思いますが、これらはどのように使い分けられているものなのでしょうか?
どなたか詳しい方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういうことは成書を読んだら書いてありますので、ご自身で勉強なさったほうがいいと思います。

Q赤血球と白血球が・・・

白血球が低値で L36

赤血球が高値で H534です


あまり心配はない結果だとは思うのですが

白血球が低くて赤血球が高いのは どんなことなんでしょうか?

あと

r-GTPがいつも高くて H59です(これもどんな具合でしょう?)

Aベストアンサー

白血球数が3600とのことですが、元々少なめの方もいますし
風邪などのウイルス性疾患に感染することによっても少なくなるみたいです。
でも、3000を切るくらい少なくなるようでしたら
白血球数減少症の可能性も考えられるのではないでしょうか。

あなたは、男性ですか?
赤血球数は男女で正常値が異なるので男性でしたら、
多い方はそのくらいあるのではないでしょうか。
でも、600万を超えるほど多いようでしたら
赤血球増加症も考えられるのではないでしょうか。

どちらも、一度の結果だけでなく
定期的に検査し、値をみていくのが良いのではないかと思います。
白血球が低値で、赤血球が高値なのがあなたの正常値かもしれませんし。

r-GTPは、お酒をよく飲む方は高いですよね。
病気としては、肝胆道系の異常が反映されるみたいです。

結果に不安でしたら、詳しく病院で
検査してみるのが良いのではないでしょうか。

Q検査入院で出血性ショック死が理解できない。

半年前に93歳の祖母が検査入院して、当日の夜にそのまま出血性ショック死でなくなりました。1週間くらい食事がほとんど取れていなかったので主治医に相談して大きな病院を紹介してもらってのことです。高齢ではあるものの、がんや疾病等の重篤な持病があったとも聞いておりません。少し認知症の傾向がある程度でADL系はほぼ自立のようでした。突然の出来事で同居している両親を含め祖母を知っている人はなぜってみんな言っていました。高齢でもあったので、当時そのまま病院の言うままに死を受け入れたようですが、自宅で看取れなかったことが両親を含め悔いが残るところです。このケースの場合、たまたま検査中に吐血しただけなのか。検査に問題はなかったのか。なぜこのようなことになるのか、今からでも病院に聞いたら当時のことを教えてくれるか。半年後の急に子でもない孫がしゃしゃりでて騒ぐこともおかしいので、ただ素人だと無知なため疑いたくないことも疑ってしまいがちなため、専門的にそういうこともあると分かればもやもやが取れるのですが、おしえてください。

Aベストアンサー

93才なら、そういうこともあり得ます。
昨日まで元気だったのに、今日いきなり死ぬとか。

レオナルドダビンチの高齢の友人も昨日まで元気だったのに、
いきなり死んで嘆き悲しみ、遺体を解剖してみたら、全身の血管が
もうボロボロだったそうです。(実話です)

おばあさまも、血管がもろくなっていたんでしょうね。

Q白血球と赤血球が少ないという診断

38歳の主人が健康診断の血液検査で白血球と赤血球が少ないと診断されました。
数値は白血球3000 赤血球401、ヘモグロビン14.6、ヘマトグリッド41.6です。
総合病院に行き診断の結果を見せたら、問診だけで3ヶ月後に再度検査をしてみましょう、とのことでした。血液像の検査などをすると思ったのですが、しませんでした。三ヶ月後まで放置しておいて大丈夫なのでしょうか?インターネットなどで調べてみたら急性白血病、がん、再生不良貧血などの病名があり、心配です。主人は基本的には健康ですが、少し疲れやすいようにも思います。

Aベストアンサー

白血球数については、急性白血病などで骨髄抑制がきて白血球数が下がったのであれば血小板も下がります。よって血小板数が正常ならば、この程度の白血球数ならば骨髄の病気はまずありません。

また、赤血球についてはヘモグロビンが十分あるので貧血とは言えませんし、骨髄や(赤血球をつくれというホルモン?をだす)腎臓の機能は正常です。
ただし、一個一個の赤血球の大きさ(MCV)が103.7と大きくなっています。MCVが大きくなる病態として一番多いのは飲酒です。これで貧血があったり飲酒されないのであればビタミンB12や葉酸欠乏も考える必要があります。

Qリンゲルマン効果について

リンゲルマン効果という言葉は存在しますか?

調べても微妙なので確実な答えをお願いします。

Aベストアンサー

存在しますよ。
リンゲルマン効果(Ringelmann effect)という用語。
社会的手抜き(social loafing)研究の嚆矢となった
Ringelmann, M.(1913)の綱引き実験に由来します。

たとえば同じ負荷のかかったロープを
8人で引かせた場合と1人で引かせた場合を比較すると,
前者の1人あたりの力は後者のおよそ半分になることが示されました。
この現象は Moede, W.(1927)による紹介で世に知られるようになり,
Ringelmann effect という呼称が定着したようです。

Q赤血球と白血球の数

運動後に赤血球数増加、白血球数減少が起こるのはどうしてですか?教えてください!

Aベストアンサー

運動といっても色々ありますから一概には言えないと思います。
赤血球数は増えることが多いと思いますが、発汗による血液濃縮状態がほとんどでしょう。
激しい運動では白血球数が増加することも多いと思います。

Qリンゲルは、犬の心臓病によくないのか。

うちの犬が、心臓病で、かなり危険な状態で、肝臓癌もあり、今、尿毒症と黄疸の値も出ています。
でも、穏やかな様子で、そんなに苦しんでいる様子はありません。
高栄養缶を少しずつ口に入れてあげると、飲み込みますので、あげています。水は自分で飲みますが、多分量は足りていないと思います。下痢も始まったので、リンゲル液を点滴したいのですが、獣医さんによって言うことが違って、こんがらがってしまいます。
リンゲルは、心臓に負担がかかるから処方できないと言われたり1日500mlの点滴じゃ、大型犬じゃ少ないくらいと言われたり・・・。前に獣医に、うちでやるようにと、点滴を買ってうちで何回かやっているので、やり方はわかるのでやりたいのですが、、根拠があって言っているとは思うのですが、獣医によってどうしてこんなに言うことが違うのでしょう。どっちを信じたら、うちの犬はよくなるのでしょうか。

Aベストアンサー

単なるリンゲル液ですよね、乳酸リンゲル液ではなく。
もしかすると質問者様が聞いたときにリンゲルと言ったのが獣医さんは乳酸リンゲルと捉えたかもしれません。
乳酸リンゲルであれば肝障害や腎障害のある動物にはあまりよくないというのは一致した意見かと思うのですが
それも犬においてどこまで実証されたのかわかりません。
心臓病の場合、ナトリウムが多い点滴液は避けた方がよいという意見もあります。
多さは、生理食塩水>リンゲル>乳酸あるいは酢酸リンゲルとなるので、その点をその獣医さんが問題と思われたのであればそれをどちらにとるかも意見が分かれるかと思います。点滴の量やその方法もどの病態を重視するかによると思います。
どの治療もメリット・デメリットはあり、メリットがデメリットを上回ればよしとされるものやデメリット自体の大きさを問題とするものもあるでしょう。
同じ犬という動物でも人以上に種類や体格・体質の違いが多く、そこで病態も全く同じではない、
さらに複合している病気も様々となるとどれを重視するか優先するかで方針が異なることもあるでしょう。
おそらくこれが絶対一番良いというのはないとと思いますし、それは人の医療でもあり得ると思いますし、医療以外の世界でも同じだと思います。
人の病気のことだって行った病院や読んだ本に書かれている医師によって違うこともたくさんあります。
そのあたりはそれが良い悪いという理由やなぜその治療を勧めるのかという獣医さんの話を聞いてみて、inotimoeteさんが納得したもの選ぶのがいいのではないでしょうかと私なら思います。
こういう状況の時は不安でいろいろと疑いもでてきちゃうこともありますが、
まずはinotimoeteさんが選んだ獣医さんを信頼してみてはいかがでしょうか。

専門家の方もみてらっしゃるようなので、現在有効が実証されていたり否定されていることがあるようでしたら訂正お願いします。

単なるリンゲル液ですよね、乳酸リンゲル液ではなく。
もしかすると質問者様が聞いたときにリンゲルと言ったのが獣医さんは乳酸リンゲルと捉えたかもしれません。
乳酸リンゲルであれば肝障害や腎障害のある動物にはあまりよくないというのは一致した意見かと思うのですが
それも犬においてどこまで実証されたのかわかりません。
心臓病の場合、ナトリウムが多い点滴液は避けた方がよいという意見もあります。
多さは、生理食塩水>リンゲル>乳酸あるいは酢酸リンゲルとなるので、その点をその獣医さんが問...続きを読む

Q起立性低血圧、赤血球とヘモグロビン量、不眠症は関連有り?

私の健康状態です。

血圧・・・わりと低血圧(正常範囲の最低ラインちょっと上くらい)さらに、起立性低血圧(普通状態の低血圧→立つと、それだけでさらに血圧が20下がる。すぐ立ちくらみがする)

血液中の赤血球の量・・・正常範囲の最低ラインくらい
赤血球中のヘモグロビンの量・・・正常範囲の最低ラインくらい

不眠症・・・気付くと寝ていることは多いが、夜は足が熱くて眠れない。運動したり、湯船に漬かった後も、足だけものすごく熱くて眠れない。

起立性低血圧は、立ったときに下半身にエネルギーが集中するといいます。寝ているときは関係ないのかもしれませんが、足が本当に熱いし、関係ありそうな気がします。これらは関係ありますか?

あと、運動してもすぐに気持ち悪くなるのですが、私が健康になるプランを考えてください!!何を食べて何をすればよいですか?ヘモグロビンとか一応は正常ですが、「血液中の」とつけると正常ではない気がします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

起立性低血圧→貧血を起こしやすくなります。

正確には貧血を起こすキッカケを起こしやすくなる、って事ですが。

貧血→起立性低血圧になりやすくなります。
血の量が少ないのですから当然ですね。

赤血球、ヘモグロビンが足りてない状態を貧血といいます。
このちゃんとした意味での「貧血」だといろんな病気、症状を起こしやすくなります。

運動すると吐き気→貧血や起立性低血圧でよく起ります。

足が熱い→運動不足で、血の巡りが悪い状態、あるいは座ったきりの仕事で足がうっ血してる状態が考えられます。

仕事中適度に立って歩く、体操をするなど、他に運動に体が慣れてない感じを受けますので、軽い運動(ウォーキング)を始めるのがよさそうな感じです。

なお、貧血の人のほとんどに栄養不良がある事が多いです。食事を見直してください。


人気Q&Aランキング