痔になりやすい生活習慣とは?

お客様が使用している設備の予備として用意していた部品が必要なくなってしまい、
会社の倉庫に入れることになりました。

会社で資産管理をしている部署から「除却処理が必要だから必要な手続きをしてほしい」と
連絡があったのですが「除却処理」という意味が分からず困っています。

ネットで調べてみたのですが、「損失額(除却損)=帳簿価額-評価額(処分見込み価額)」が
成立するなどさまざまな処理が必要なようです。

しかし会計の知識がなくそもそも倉庫に入れるだけなのになぜ
会計処理が必要なのかもわかりません。

なぜ会計処理が必要なのかも含め、除却処理についてどなたか教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「除却処理が必要だから必要な手続きをしてほしい」という言い方が少々不適正のように思います。


通常「除却」というのは不要となった固定資産の処分をする場合の言い方です。その固定資産を会社の帳簿から除いて、実際に廃棄する手続きです。

ご質問の例では、この部品は棚卸資産だと思います。勘定科目では商品か製品です。

この場合の不要資産の処理は、廃棄と言うのが普通でしょう。

用語の使い方はともかく、その部品がもう会社にとっては何の役にも立たなくなったのですよね。それでもその部品をそのまま保管することは、それを廃棄することに比べて会社の財務健全性を損なうことになります。
ひとつは、貸借対照表の資産に将来まったく利益を生じない資産が乗ることになります。これは資産の過大表示です。
次にこれを損失計上すればその損失分税金が減るわけですが、これを処理しないと本来不要の税金が資金として社外流出することになります。

倉庫に入れたというのは多分そ以外外に適当な置き場がないからでしょう。
廃棄処理をしたら、直ちにそれをスクラップとして社外に売却か産業廃棄物の処理をして、実際に会社からないものにしないといけません。 それまでの一時的な保管場所ですね。
    • good
    • 1

使用できるものでも除却してしまえという判断がされる理由


1 倉庫の保管料を考えると、いらない
2 次に使えるというが、いつになるかわからない
3 除却することで、除却損がでるため利益圧縮できる
4 その他

経営判断として「未だ使えるものだけど、倉庫の場所をとってかなわん。倉庫代もタダではない。必要になったら又用意すればよい」というのがあるかもしれません。
    • good
    • 2

 簡単に言いますと、「除却」とは「捨て去る」ことです。



 例えば、その部品が100万円の価値があるとしますよ。で、質問者さんの会社の今年の利益が100万円だったとします。

 すると、(会社の税率はほぼ50%なので)50万円くらい税金を取られます。

 ところが、質問者さんが部品を除却(実際は、1円の備忘価格をつけて保管場所を移すだけなんでしょうけど)すると、財産が100万円減ります(損失)ので、利益が100万円なら、差し引きゼロ。今年は無税となります。

 そうやって税金を減らしてくれ、という指示なのでしょう。

 我が社の場合、細かい会計処理は税理士事務所の担当者がやりますので確信はありませんが、除却したという説明を書いて帳簿に閉じておく一方、資産記録からその品物を削除するだけだろうと思います。

 まだ捨てはしないけど、もう絶対に使えません的な場合は、存在はしているので「存在している」ということを覚えておくために、資産記録の価格を1円くらい(備忘価格)に訂正して載せておく場合もあるようです。

 上記の例では、99万9999円の損失が生じたことになります。1円の利益ですが、課税はナシですね。

 質問者さんの場合は、備忘価格方式にするのかな。


 しかし、まあ余談ですが、私の会社経営上の経験では、そんなに簡単に除却は認められないと思いますよ。

 どんなふうにすると除却を認められたかというと、建物なら取り壊して更地にした場合(念のため、取り壊し前後の写真を撮ってあります)、設備なら撤去して関係業者の引き取り証明書・廃棄証明などを受けた場合などです。厳しいですよ。

 質問者さんの場合は、その部品は他に転用・転売できそうなんだけどなぁと素人考えですが思ってしまいます。世の中でその部品を使うお客様用設備は日本に1台しかないのでしょうか?

 ほかにも同じ設備を使っている会社があれば、そこに売れる可能性はありますよねぇ。税務署員もそう考えれば、除却を認めないと思います。
    • good
    • 0

なぜ、倉庫にいれるだけで除却処理が必要なのか・・・


それは「必要がなくなったから」です。

つまり「必要な物を倉庫にいれる」なら、保管場所を変えただけですが
「必要がない」=処分する必要がある=処分価格が現在の価値
と考えれます。

必要が無いものは、その会社にとって不要品ですから処分価格に
引き直すことが、
その会社の資産価額を正確に簿価に反映させることができるのです。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

一点教えていただきたいのですが、今後使う可能性があっても
除却する必要があるのでしょうか。

部品が壊れているわけではなく、将来的に使いたいため倉庫に入れます。
倉庫に入れた後、保管します。

今後使う可能性がゼロのものは、倉庫にいれずに処分します。

※会社で使っているパソコンが故障してしまった時も除却処理をしたと
  聞きましたが、故障したパソコンであれば「必要のないもの」として
  除却すると理解できますが、今回の場合だと腑に落ちません。

よろしければ、お答えいただけないでしょうか。


知識不足で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2011/09/05 02:43
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q廃棄証明書

棚卸資産、固定資産などを廃棄する際に廃棄証明書が必要というのを聞いたのですが、これは
(1) 必ず必要なものですか?
(2) 何のために必要なのですか?
(3) もらわないとどういう影響が出てきますか?

Aベストアンサー

1.記録による証明で代替えする方法もあります。あったら第三者により証明されるというだけです。
2.悪質な業者がいるからです。
3.自身で記録と写真を撮っていれば、業者の証明がなくても以外と税務調査の時には、問題ないと思いますよ。
業者からの処分費の見積もり書なども、廃棄証明書が必要だと言ったら高くなるのであれば、その見積もりも残しておくのが良いでしょう。

産業廃棄物について、不法投棄や闇処分で違法に処理する業者がいます。廃棄証明を出してくれる正規の方法で処分するのが、一番だとは思います。当初の回答とは少し話が違いますけれどね。
廃棄物の処理に関する法律をきっちりと守るのであれば、廃棄証明書は必要と結論されるとは思います。

Q減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

意味は、備忘価額だと思っていたのですが、あってますでしょうか?
また、『取扱』ですが、1円はいつ償却するのでしょうか?
除売却や廃棄時のみなのでしょうか?

おぼろげな記憶で申し訳ないのですが、
以前、小額減価償却資産の年割りの時
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
>  また、取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

最終年度では、差額で1円も償却したような記憶があります。
この規定と、減価償却では、1円の最終的な取扱が違うのでしょうか??

すこし混同しております。。
お詳しい方に、背景なども合わせて教えて頂けると非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計上(貸借対照表上)も税務上も償却性資産の残存価額 1円は、企業内にその資産が存在している限り、償却しません。
すなわち、備忘価額です。
除却や廃棄のように資産が存在しなくなったときに、オフバランスします。


一方、税務上の少額減価償却資産の一括償却資産の損金算入の規定では、残存価額 1円を残さず、全額を3年で償却します。


これは、3年後に必ず除却されるという仮定があるのでしょう。

過年度に一括償却を選択している場合には、その後の事業年度にも継続して一括償却の計算が実施されます。
このとき、3年を経過する前に譲渡もしくは除却等をし、資産が企業から存在しなくなった場合でも、一括償却計算を続けます。

ここに、一括償却を選択した段階で、3年で必ず除却することを仮定しており、必ず除却するという仮定の下での計算であるのだから、備忘価額は残さないのでしょう。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q償却資産 部分除却について

使わなくなった、機械装置の一部分のみを売却することになりました。
この機械は一式で資産計上されており、売却した部分の取得価格は不明です。残りの部分の今後は未定です。売却する一部分の除却価格をどのように算出したらよいでしょうか

Aベストアンサー

こんにちは。

会計上も税務上も、とにかく何らかの客観的な根拠に基づいて算定することが重要ですので、
購入時の明細がないとなると、業者から見積を取るしかないでしょう。

(1)同じ(ような)機械を今購入したらいくらか
(2)そのうち除却しようとする部分がいくらか
を把握して、

(2)/(1)の比率で当該資産の簿価から除却する訳です。
(1)が1千万円、(2)が2百万円なら20%ですから、
当該資産の帳簿価額の総額の20%を除却します。

ただ、普通は購入時の明細は保管しておくものですので、
もう一度よく探しみてはどうでしょうか。

Q製品在庫から部品取り等の製品への振替計上は?

小さいながら電化商品の製造・販売をしている会社です。
約5年前の製品在庫が2台(合わせて20万円位)残っています。
当社で作ったものではなく仕入商品です。
需要が無く、この先おそらく販売は無いと営業部長が言っています。

そこで、修理部門が部品取り用で欲しいと意見があり会社も了解しました。
この商品の修理も最近出始めていて、修理部品も仕入先から購入しているので
それだったら部品取り用で頂きたいみたいです。
部品取り用で分解をするので(直ではないが)製品価値は
なくなります。

どのような計上をするのでしょうか?

以前、製品を倒してしまい、処分したときは「製品廃棄損」で
計上しました。 今回は廃棄はしません。部品取りに使います。

「雑損失」か「その他特別損失」で計上してもいいのでしょうか?

それとも一旦、備品の固定資産に計上して、除却損にするのでしょうか?

Aベストアンサー

部品取り用の半製品を修理用の部品在庫とするか簿外品とするかで処理が変わると思います。
 正しいのは部品在庫とする事でしょうが、部品を修理に使ったときの費用処理が難しいのと帳簿上の在庫管理が難しくなります。そのため、普通は廃却したことにして簿外で持つと言うのが一般的な気がします。
 簿外なら、「製品廃棄損」でいいでしょう。
 部品在庫に振り返るなら、振替処理をすることになります。
 

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q機械を除却したときの仕訳を教えてください。

機械を除却して、スクラップは鉄くずとして、40万円で業者に売りました。
機械を除却するのに80万円かかり、業者に支払ました。
機械の簿価は、100万円です。
この一連の取引の仕訳を教えてください。
消費税は原則課税です。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1の回答者です。

1.減価償却資産を廃棄処分・使用を廃止することを「固定資産の除却」といいます。この場合、その時点の帳簿価額がそのまま除却損となります。ただ、機械等のスクラップ等の部分に価値があり、売却が見込める場合はその価値を「貯蔵品」として計上し、その差額を「固定資産除却損」に計上します。なお、貯蔵品については下記のサイトにも説明がありますが、「包装材料、消耗品等で未使用貯蔵中のもの、除却固定資産の廃材等で処分価値ある物」とあり、今回の機械のスクラップの処分価値も含まれます。

http://www.lan2.jp/jisyo/journal.asp?aid=1250

また、何か仕訳の事例があればと除却の仕訳のあるサイトを探したら下記がありましたので参考にしてください。事例は一番下にあります。「機械装置(取得価額2,500,000円、期首減価償却累計額2,250,000円、定率法償却率0.125耐用年数経過済)を当期末に除却した。尚、廃材価額は100,000円であり、取り壊し代50,000円は未払である。」

http://www.jah.ne.jp/~maechan/boki14.htm

2.売却はその名の通り、「機械そのもの」を売却することをいい、その際にでてくる勘定は「固定資産売却損」「固定資産売却益」になります。

#3のratio07さんのご指摘のケースは「機械そのもの」を売却した場合の考え方であり、今回のケースは機械は「除却」した後、「スクラップ」を買い取ってもらったケースですので認識が違うと思います。

3.なお、消費税に関しては、#3の方が仰るとおり、コンピュータに正しい入力をすれば自動計算しますので問題ないです。

以上の認識に基づいて回答をさせて頂きましたが、どの部分が誤っているのか、ratio07さん、ご指摘、ご指導をお願い致します。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~maechan/boki14.htm

#1の回答者です。

1.減価償却資産を廃棄処分・使用を廃止することを「固定資産の除却」といいます。この場合、その時点の帳簿価額がそのまま除却損となります。ただ、機械等のスクラップ等の部分に価値があり、売却が見込める場合はその価値を「貯蔵品」として計上し、その差額を「固定資産除却損」に計上します。なお、貯蔵品については下記のサイトにも説明がありますが、「包装材料、消耗品等で未使用貯蔵中のもの、除却固定資産の廃材等で処分価値ある物」とあり、今回の機械のスクラップの処分価値も含ま...続きを読む

Q固定資産の移設工事代について

固定資産の移設の処理について、教えてください。

工場を移転するので、ある製造機械を移設しました。

旧工場での ラインの解体工事  200万
固定資産の運送費  100万
新工場でのライン設置工事(配管等を含む) 300万

この機械自体には改良を加えておらず、機能はUpしておりません。

移設にかかった工事代として、1つの固定資産にしてよいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その機械の移設が「集中生産のための移設」であるかどうかにより判断が分かれます。

単なる工場移転に伴う移設であれば、修繕費等の費用処理ができます。
生産効率を上げる目的(集中生産のため)の移設のときは資本的支出として固定資産とします。

ご質問の内容では上記のどちらに該当するのか判断できませんので両方を併記します。

また、下記のサイトが参考になると思います。
http://amano-z.com/hj/jitumukouza/Ce.htm#4
http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeichosa/zchs_104.htm

Q不用部品廃棄処理のためのリンギ申請について

私は文具関係の生産工場に勤めております。製品の一部が規格変更や廃番になったために不用になった部品等を今期中に処理することになりました。通常ならば産廃業者に依頼、引き取りをしてもらい完了するのですが、処理金額がかなりあるため、本社に対して処理するためのリンギ申請をして承認を頂かなければなりません。本サイトやビジネス書を購入して調べてみましたが、そういったリンギの作例的な物がみつけられませんでした。どなたかご存じでしたら教えていただけませんでしょうか。 または参考になるようなものでもかまいません。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

稟議…上のものに伺いを立てることというのは、大丈夫ですよね。

稟議申請は、社内で決まった様式があれば、それを使うことになると思います。
(承認印が多数捺されたりすることが多いので、決まった様式があるのが一般的です)

もし、なければ任意で作ることになるのではないでしょうか。
いずれにしても文面は、こんな感じでいかがでしょうか。

(例)
------------------
稟議書

下記の件につきまして、稟議を申請したく、ここに上申いたします。

件名   生産製品の規格変更・廃番製品による、減損処理の産業廃棄物処理費用
起案者  「氏名」

このたび、当工場で生産しております製品「~」の一部が規格変更又は廃番となり、
産業廃棄物として今期中に処理することを検討しております。

しかしながら、廃棄対象の製品の(容量)が多いために、別紙の費用を要する見積り
となったため、当工場の決裁では処理することができません。

そのため、当該産業廃棄物を処理すべく費用につきまして承認をいただきたく、
別紙見積書を添えて、稟議を申請致します。


人気Q&Aランキング