マンガでよめる痔のこと・薬のこと

父母の市町村民税の税額控除前所得割額が、136,700円以下であること

という条件のもとに医療費を払わなくて済んでいる世帯がありますが、これは母親が103万円以下の収入で夫の扶養に入っていても関係があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

市町村などでやっている、小児ないし乳幼児医療補助のことでしょうか?



この場合、父親と母親の市町村民税の税額控除前所得割額の「合計」が、
136,700円以下であることという意味になります。

母親が年収103万円以下でも、若干所得割が発生する場合があり、
その場合、父親と母親の合計でカウントします。
もっと年収が少なくて母親に所得割が発生しない場合、
父親の所得割だけで判断します。

ちなみに住宅ローン控除等の税額控除は適用する前の、
金額で判断します。
    • good
    • 1

>父母の市町村民税の税額控除前所得割額が、136,700円以下であることという条件のもとに医療費を払わなくて済んでいる世帯があります


え、本当ですか。
通常、ありえませんが…。
本来、医療費はだれも(生活保護世帯を除き)が自分で負担すべきものです。
あとは、市にそのような医療費助成制度があれば別ですが。
もし、そうだとしたら、医療費払わなくていい人いっぱいできますね。
なお、両親が障害者の場合はそんな助成制度があるかもしれません。

>これは母親が103万円以下の収入で夫の扶養に入っていても関係があるのでしょうか?
あるといえばあるでしょう。
要は、両親の住民税の所得割(税額控除前)の合計額が136700円以下なら、ということでしょうから。
両親の年収がそれぞれ200万円でも該当するでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税額控除前所得割額が136700円の場合の年収

小学生の医療費がタダになる地域に住んでいます。

父母の市町村民税の収入が

「税額控除前所得割額が136700円以下」
と書いてありますが年収でいうとどれくらいのことですか?

Aベストアンサー

税法では、給与収入の場合、「収入」から「給与所得控除」(収入金額によって違います)をひき、それを「給与所得」といいます。
市町村民税は、その「給与所得」から、「社会保険料控除」(健康保険料、厚生年金、雇用保険料など)「配偶者控除」「配偶者特別控除」「扶養控除」「生命保険料控除」「基礎控除」などの控除(所得控除といいます)を引き、残った額「課税所得」に税率6%をかけた額が、「税額控除前所得割額」です。

この控除額は、人によって違います。
扶養人数が多ければ、扶養控除額が大きくなりますし、生命保険料控除も保険料を多く払っている人の方が控除額が大きくなります。
社会保険料の額も多少違うかもしれません。
基礎控除だけは、だれでも33万円の控除額です。

収入が同じでも、控除額が大きければ、「課税所得」は少なくなり、税額は安くなります。
収入が少なくても、扶養家族が少なければ控除額が少なくなり、税額は多くなります。
源泉徴収票を見てください。
「所得控除の額の合計」が控除の合計額です。

ですので、「税額控除前所得割額が136700円以下」というだけで、そこから一概に収入がいくらかということはできません。
言えるのは、収入から、給与所得控除と所得控除(各種の控除)を引いた「課税所得」が2280000円未満(136700円を6%で割り戻した数字、税額は100円未満切り捨て)ということです。

たとえば、奥さんが「控除対象配偶者(年収が103万円以下で、いわゆる扶養になっている)」で、お子さんが2人で、生命保険を払っている場合で、逆算して大雑把に言えば大体年収は600万円前後でしょう。

税法では、給与収入の場合、「収入」から「給与所得控除」(収入金額によって違います)をひき、それを「給与所得」といいます。
市町村民税は、その「給与所得」から、「社会保険料控除」(健康保険料、厚生年金、雇用保険料など)「配偶者控除」「配偶者特別控除」「扶養控除」「生命保険料控除」「基礎控除」などの控除(所得控除といいます)を引き、残った額「課税所得」に税率6%をかけた額が、「税額控除前所得割額」です。

この控除額は、人によって違います。
扶養人数が多ければ、扶養控除額が大...続きを読む


人気Q&Aランキング