知り合いがプリウスに乗っていて、ディーラーでオイル交換をしています。
交換タイミングは1万キロだそうです。

普通ディラーでも、交換タイミングは5000キロぐらいだと思うのですが、プリウスなどのハイブリット車は
エンジンを使わず?モーターで動く?分、エンジンの使用・オイルの劣化が少なく、交換距離が1万キロでもOKということなのでしょうか?

ディーラーでオイル交換のタイミングが1万キロと聞いたのが初めてなので、上記の理由なのかと勝手に思っているしだいです


ご存じの方お教えください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>エンジンを使わず?モーターで動く?分、エンジンの使用・オイルの劣化が少なく、交換距離が1万キロでもOKということなのでしょうか?


 その通りです。モーターで走った分が多いほど、交換タイミングを伸ばすことができます。当方もプリウス(30型)に乗っていますが、オイルは7500kmもしくは半年ごとに、オイルフィルターは15000km換えて、フィルターを換える前にエンジン洗浄を必ずします。
私は100%化学合成油(0W-20)のオイルを使用しています。(エンジンのコンディションを良好に保つため)
ただし、同じハイブリッドでも、ホンダ系は「モーターアシスト」で、停車しているとき以外はエンジンが回っているため、通常のオイル交換となります。(オイルの種類にもよります。)
    • good
    • 7
この回答へのお礼

>オイルフィルターは15000km換えて、フィルターを換える前にエンジン洗浄を必ずします。

交換タイミングが長いのでいったん洗浄をするのでしょうか?

ホンダはプリウスとはちょっとちがうのですね
参考になりました

お礼日時:2011/10/24 21:01

No7さんです。


>3万とはかなりのオイル代節約ですね ハイブリットの利点の一つでしょうか?
3万と言ってもエンジンが回っているのは1万位なのでオイルの劣化は少ないのです。メーカが1.5万と言っているのは、種々の使い方を想定して距離を指定しているからです。HV(ハイブリッド)の特性が発揮されない走行環境で、普通のガソリン車と同じようにオイルが劣化する場合も想定すると1.5万になるのです。指定交換距離は、メーカが無用な混乱を防ぐ為、リッターカーも4600ccも1.5万に統一しているのです。ですから、指定が1.5万であっても、交換時期は走行環境に合わせ1万とか2万とか変えても良いのです。前回はプリウスのオイル交換を8000km(様子を見る為と無料だったので)でしましたが、次回は28000km(20000km走行後)でと、様子をみながら交換時期を延ばす予定です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ものすごく長い交換期間に思えますが ハイブリットの特性からすると妥当なのですね

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/24 20:58

>交換タイミングは1万キロだそうです


これがメーカ指定交換距離の意味なら聞き間違いと思われます。何年も前のトヨタ車でも15000kmが指定交換距離になっています。プリウスのエンジンフード裏にあるサービス情報を参考画像で確認してもらうとメーカ指定が解ります。

>普通ディラーでも、交換タイミングは5000キロ
特殊なものを除いて一般的な小型車で5000kmを指定しているメーカはないはずです。短くても10000kmになっています

>エンジンを使わず?モーターで動く?分、エンジンの使用・オイルの劣化が少なく
モータ走行が多いので冷却水温が上がらず、シビアコンディションとなるユーザもいると思いますが、この場合は、シビアの交換距離7500kmに達するまでに1年を経過してしまう例が殆どです。又、7500kmの走行でエンジンが回っているのは約2500~4000kmですので、実際にはオイル劣化は少ないです。普通の走行なら30000km交換でも何ら問題ないと思います。
「ハイブリット車はオイル交換タイミングが長」の回答画像7
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます


3万とはかなりのオイル代節約ですね

ハイブリットの利点の一つでしょうか?

お礼日時:2011/10/22 02:56

すべてご質問の通りです。



プリウス、サイ、CT、HSはまさしく仰る通りです。

他の車種は(インサイトなども含め)従来のガソリン車と同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます


この先 すべてハイブリット車になったら オイル業界も変わりますね

お礼日時:2011/10/22 02:54

国産車でも メーカー推奨交換は 1万kmみたいですねー


でも 10万km程度の耐久を 踏まえての 交換サイクルと 個人的に受け止めています。

HVや低燃費車は 0W-20と とても柔らかい水の様にさらさらなオイルなので
5千km毎交換が 良いと考えます。
夏場は、油膜が切れないか心配ですし 5千km以上は怖い感じです 自分には耐えられません
0W-20のオイルは 比較的 安価なので 交換もし易い(粘度を上げない様に添加剤が少ないのかな?)

長く ガタ付きの少ないエンジンを 維持したければ メーカー推奨より 早めのオイル交換が
普通の ガソリンエンジン車でも 良いです。 
6~7年で 乗り換える等の方では、気にせず 点検車検時の交換でも 良いと思いますが
大切に 思う方なら 5千kmを超えたら交換しておいた方が まず問題が起きずに済みます。

オイル交換サイクル 1万kmや 1.5万kmって ガタが出てきたら買い替えさす 販売戦略としか思えません 最近はまさに コストカットで 車の耐久性も落とされています エンジンが好調でも 各種電装部品(コストダウンがし易い)、ボディーや 足回りが 劣化とか 2昔前の車とは 出来栄え丈夫さも違います。 長持ちしてはいけないのでしょうね!!

メーカー交換推奨で 維持し どうなるか 実践し確かめるか
早めの交換で 3年後 5年後 同車が 並んだ際 アイドリングノイズで 差が出るか 試すもの
ご自身の知識として 先々有効に なるでしょう 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
藤田? 藤岡? というレースの整備士も同じ事を言っていたサイトを見つけました

できれば20万キロ乗りたいですよね

お礼日時:2011/10/22 02:53

普通のガソリン車でも1万から1.5万ですよ。



オイルが劣化する期間は変わりません。ガソリン車と同じ物を使っていますので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/22 02:52

エンジンオイルの交換時期は質問者様のように5000km~が多く聞きます。



交換時期は個々の環境や使用度合いにも大きく左右しますので○○kmと
言うのはあくまでも「目安」です。

通常、従来のエンジンでは交換後走行距離10,000から15,000kmもしくは交換後1年、
ターボエンジンやスーパーチャージャーエンジンは交換後走行距離5,000kmもしくは
交換後半年の交換が目安で、標準品質(メーカ推奨)のエンジンオイル使用時には
殆どの場合では、5,000Km~くらいを薦めています。

特に一般的に車検時やスタンドでは利益にも大きく繋がるので5000kmという
数字は実用的な数字よりも、むしろ販促・営業的な要素が強い数字です。


ハイブリット車は仕様や構造から言えば、エンジンの停止や再始動が繰り返されて
全体の回転数の問題よりも走行中オイルが絡む機会が従来の車よりも少ないので
高品質仕様のエンジンオイルが必要です。

また低燃費の実現と、仕様と構造、設計上の面から考えると、従来のエンジンオイル
を使っている車よりも、高品質で標準で添加剤配合などの高価なオイル使用が必然
になって、むしろ従来のエンジン搭載の車よりも短めの走行距離か早めの交換が
理想になります。

ハイブリット車のエンジンオイルは必ず、メーカ純正もしくは推奨、同等品のオイル
以外を使用することはできません。1万Kmのタイミングは従来の交換時期でいえば
従来の交換後走行距離10,000から15,000kmと同じですから、将来的にエンジンの
劣化程度はあまり良くない状態が予想できます。

常に動作や駆動する車と、停止が多いもしくは殆ど動かさない車とでは、
エンジンオイルの年度指数にも依りますが、常に部品を覆う状態がベストで
品質が良いオイル意外を使用して、車を動かさずにいるとオイル以前に
エンジンそのものを劣化させたり、傷めることになります。

ハイブリット車は操作が停止する機会が多いので、特殊な添加剤などを配合して
エンジンを守っていますが、その分だけ従来のオイルと同等かもしくは状況に
よってはオイルの劣化が早くなります。個人的には添加剤配合のオイルは
効能・効果は発揮できる反面、劣化が進むのが早いので早めの交換が良いと
考えます。

結論から言うと、エンジンの仕様などに関わらず「早めの交換」が理想なのです。

おそらく15000kmが限界に少し猶予ある程度である故に、10000kmでも正解。
ただし、将来的なエンジンの劣化や損傷、故障を考えると従来の5000km~を
目安の交換が無難と言うことになります。

現実に5000km毎目安の交換で20年以上未だに現役の車も所有して
最近ではたまにですが、エンジンに関しては何一つ不都合はありません。


ですのでハイブリット車はエンジンオイル交換のサイクルが長いということでは
決してありません。


※使用者の使用頻度にも拠りますが、ハイブリット車用のエンジンオイルは
  従来のオイルよりも高価なので、ある意味ではお客様の事を考えた優良な
  ディーラさんではないでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます

ハイブリットだからというわけではないのですね

了解しました

お礼日時:2011/10/22 02:51

>ディーラーでオイル交換のタイミングが1万キロと聞いたのが初めてなので、上記の理由なのかと勝手に思っているしだいです



残念ですが全く関係ありません。
既に10年近く前から、1年1万キロになっている車が出ています。

輸入車などでは、2万キロ、3万キロを交換サイクルにしている車もあります。

メーカーの指定交換サイクルは長くなっているのに、スタンドや自動車用品店は、それでは儲かりませんので、いまだに5千キロや3千キロでの交換を進めているんですよね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

かなり前からなんですね

私の周りで5000キロ以上での交換はめったにいなかったもので(忘れていた以外いなかった)
1万とのディーラーの返答にびっくりしました

お礼日時:2011/10/22 02:50

1万キロ交換の車はかなり前から存在してますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

5000キロでも真っ黒ですが メーカーではOKなのですね

メーカを信じるべきでしょうか

お礼日時:2011/10/22 02:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルと茹でたお湯を乳化することに関して

ペペロンチーニをよく作るのですが、仕上げでオリーブオイルとパスタを茹でたお湯を乳化させますよね?
一般にオリーブオイルは100℃以上に温度をあげるとその風味が失われるそうですが、一定以上の温度に上げないと乳化できませんよね?

少しずつ茹でたお湯を入れてかき混ぜることで乳化しやすくなるそうですが、温度もある程度高くないとうまい具合に乳化しないと思うのですが、どうすればよいでしょうか?

後、乳化させた後、オリーブオイルを少量垂らすのは何故ですか?

Aベストアンサー

よくパスタを作ります。乳化はおいしく作るポイントではありますが、そんなに神経を使う必要はないと思います。プロでも乳化させないでパスタを混ぜる人もいるぐらいですから(料理本にも乳化に言及していないものが多々あります)。

その上で申し上げますと、温度はあまり関係ないです。うまく乳化させるコツは、適度に混ぜ(攪拌)、振る(振動)こと。乳化の目的は、茹で汁とオイルを合わせて「ソースを作る」ことですから、簡単に言えば、十分に混ざり合えばいいわけです。正確に何度とということは気にせずに、茹で汁を加えたらスプーンでよく混ぜ、パスタを加えたら中火で熱しながら、フライパンを揺する。これでうまくいくと思います。茹で汁をあまり加えすぎると、水っぽくなってとろみがでませんから気をつけてください。

オリーブオイルを垂らすのは、香りづけです。中華で言う化粧油と一緒ですね。良質なオイルほど香りがたちますので、できればエクストラバージン・オイルを使いたいところです。

Qハイブリット車のオイル交換後の漏れチェック方法

オイル交換をした後で、オイル漏れのチェックをするとき
普通の車ですと、エンジンをかけて、3分ほどしてからチェックしますが
先日ハイブリット車のオイル交換をしてチェックをしようとしたところ、
エンジンがかからず、電気のモードになってしまいました。(エンジン音がしない)

アクセルを踏むと、エンジンがかかりましたが、それも5,6秒だけで、すぐに電気のモードになってしまいます。


ハイブリット車の場合、オイル交換後の漏れチェックはどのようにすればいいのでしょうか?
エンジンが回らず(エンジン音がしないが走行できる状態のモード)、電気モードになってしまうときは、少し走るしかないのでしょうか?

それとも 普通自動車のようにエンジン音がしていない状態でも、実はエンジンは動いているのでしょうか?
3分たてばチェックをしてさしつかえ無いのでしょうか?

お教えください。

Aベストアンサー

 >ハイブリット車の場合、オイル交換後の漏れチェックはどのようにすればいいのでしょうか?
  エンジンが回らず(エンジン音がしないが走行できる状態のモード)、電気モードになってしまうときは、少し走るしかないのでしょうか?

 エアコンをフルに設定すれば、エンジンかかるよ。

Qペペロンチーノのオイル乳化

先日、初めてペペロンチーノを作りました。
オリーブオイルにニンニクを入れ熱し、鷹の爪を入れ、オリーブオイルと同量位のパスタの茹で汁を入れました。
このやりかたで1回目、2回目はオイルがちゃんと乳化しましたが、3回目は乳化せず、4回目はオイルと茹で汁がバチバチと跳ね、フライパンにコンロの火が入る寸前でした。

作り方は全く変えていないつもりです。
何故うまく乳化しないのでしょうか?
コツがあれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

手際が良くなったんじゃないですか?

乳化させるには茹で汁を使います。
つまり、乳化には塩分の他に、パスタから溶け出たでんぷんが必要なんです。
手際が良くなると、パスタ投入からの時間が不十分になり、
するとでんぷんの濃度が薄く、単なる熱湯を使うのと大差なくなりますから、
乳化しにくかったり、必要以上にはねたりします。

それと、オイルの温度が高いかな・・・
焦げないことがわかってくると、火加減がほんのり強めになったり
加熱している時間が延びたりします。
これも慣れてくればこそ。
しかし、熱しすぎたオイルでは乳化のキメが粗くなるので
良い仕上がりではなくなります。
端的に言うと、乳化したとは言い難い状態です。

必要そうならフライパンの底を濡れ布巾でじゅっと冷まして、
それからちゃんと茹で汁になった茹で汁を使ってみてください。
きっとまたうまくいくと思いますよ。
そしてもっと慣れれば、茹で汁とオイルの見た目から
「あ、これ失敗しそう」って直感的にわかるようになります。
楽しんで続けてくださいね。

Qスバル車に乗っている人で、オイルはディーラーで交換していますか、どうしていますか?

前は13年間レガシーに乗っていて、今はインプレッサスポーツに乗っています。

スバルディーラーでは、お客様感謝デーや、定期点検時しかオイル交換が半額になりません。それで、前はレガシーで4,000km走行で交換しようと考えていましたが、早過ぎの3,500km程度で交換する事が度々でした。4,000km以上乗ってしまいそうな場合はスバルディーラ以外の場所でも交換しました。昔はたまに量販店でも交換していましたが、その場合は、スバル車は交換量が4.6ℓとかで多いので、4ℓ缶と1ℓ缶を買わねばならず無駄が多いのです。そこで近年はトヨペット店などをたまに利用していました。
近年オイルの性能が格段とアップして来た様。それで今は、5,000km以上乗ってから交換と考えています。すると感謝デーや点検時などに合わせて交換するのは結構無理で、前からたまに利用していたトヨペットのトヨタ純正オイルを入れることが多くなりそうです。オイルのみは\2,700位で割安。
乗って見て、スバル車にトヨタの純正オイルでもほとんど変わりない感じです。

スバルのスポーツタイプ(WRXなど)に乗る人は、スバルの一般のオイルよりもっとグレードも値段も高いオイルを入れる人も多いそうですが。
乗用のレガシーとかインプレッサスポーツその他とかに乗っている皆さんはどの様にしていますか?

前は13年間レガシーに乗っていて、今はインプレッサスポーツに乗っています。

スバルディーラーでは、お客様感謝デーや、定期点検時しかオイル交換が半額になりません。それで、前はレガシーで4,000km走行で交換しようと考えていましたが、早過ぎの3,500km程度で交換する事が度々でした。4,000km以上乗ってしまいそうな場合はスバルディーラ以外の場所でも交換しました。昔はたまに量販店でも交換していましたが、その場合は、スバル車は交換量が4.6ℓとかで多いので、4ℓ缶と1ℓ缶を買わねばならず無駄が多い...続きを読む

Aベストアンサー

BRZは、トヨタの管理下の元富士重工が作ったものです。
 FA型エンジンです 0Wから始まるオイルでは?

EJエンジンとは、だいぶ違うので オイルも違ってきます。EJエンジンは、0Wから始まるオイルは、油膜切れの恐れがあるので 必ず5Wから始まるオイル 5W-30か5W-40を使用します。
インプレッサースポーツは、FBエンジン? だとしたら 0W~のオイルでOK

BRZスバルディーラーは、当然スバル純正オイルメンテです。
トヨタディーラーで86の オイル交換はどうなんでしょうね 設計開発したスバルオイル使うべきですが 安く仕入れられる キャッスルオイルを使うんじゃないですか
利益優先企業ですから エンジンのメーカー保証は、メーカー指定オイル以外の使用は、保証対象外になるのですが 86の指定オイルが気になりますねー

キャッスルオイルでも日産オイルでも 直ぐに壊れません 走ります 違和感も解らないと思いますが
相性の良いオイルに換えた途端 アクセルが軽く感じ 前へ押し出されるトルク感も強くなるものです。エンジン寿命も違ってきます。

オイル交換を安く済ませたいのなら トヨタ車とかに乗った方が良かったのでは?
富士重エンジンは、ピストンボア径が大きく ビックボア&ショートストロークなので
オイル管理は、重要です。 まあ5万km位で買換えちゃうなら気にしなくても・・・
長く快調な状態と高燃費を維持するには、オイル交換サイクル(オイルによる耐久性による)と相性の良さがポイント 

富士重車は燃費が悪いと言う人は、 15W-50など無駄に固い 相性も悪いオイルを入れてるとか バランスや組み合わせも考えず セッティングもせず 社外改造部品を片っ端から取り付けてるバカ改造車

オイル漏れが早いと言う人は、パッキン攻撃性・浸透性が強いオイルを使えば滲み漏れは、起きます。
冷感始動直後から 高回転でぶん回し エンジンの温まり方が急激に偏った熱が加わり熱歪みで 漏れる。 
2分くらいの暖気をしてから 走り出し数分は、高回転使わず普通に走れば 熱歪は起きにくく 漏れない 乱暴な使い方が原因

BRZは、トヨタの管理下の元富士重工が作ったものです。
 FA型エンジンです 0Wから始まるオイルでは?

EJエンジンとは、だいぶ違うので オイルも違ってきます。EJエンジンは、0Wから始まるオイルは、油膜切れの恐れがあるので 必ず5Wから始まるオイル 5W-30か5W-40を使用します。
インプレッサースポーツは、FBエンジン? だとしたら 0W~のオイルでOK

BRZスバルディーラーは、当然スバル純正オイルメンテです。
トヨタディーラーで86の オイル交換はどうなんでしょ...続きを読む

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ 平成23年式 25000kmの中古に乗り始めて1年くらいです。
以前よりエンジンオイルは自分で交換しますが、この度フィラーキャップの内側に
乳化したオイルが結構付着していました。


お尋ねしたいのは「鉱物油と部分合成油などの違いで乳化しやすい、しにくいなどの違いが
あるかどうか」です。(鉱物油10W-30)を使用したいたサンバーでは同じ走行方法で
乳化したことは皆無だったので)現在は5W-30(モービルスーパー1000)

Aベストアンサー

こんにちは。
エンジンオイルの乳化は、エンジン内部(クランクケースやロッカーカバー内)の「結露」でしょうから、オイルの組成の違いには関係無いと考えます。
それも、「1年くらい」ということは、昨年(昨シーズン)は無くて、今年(今シーズン)初めてなのですよね。
同じ走行方法でも、FF車(ボンネットタイプ3気筒)とFR車(サンバーはキャブオーバーエンジンの4気筒ですよね)の違い、ギヤ比の違い(=常用エンジン回転数の違い)、今年の外気温(湿度)と昨年の外気温(湿度)の違いなどから、エンジンの温度上昇時間の差や最終のエンジン温度の差、エンジン冷却に掛かる時間の違い(キャブオーバーよりボンネット1枚のほうが冷えやすいでしょう)などが発生し乳化に至ったと考えます。
もう少し発生状況(環境)などを見極めてから、来シーズンは試しに鉱物油の5W-30を使ってみてはいかがでしょうかね。

Q最近のエンジンはオイル交換タイミングが長い?

24年製のラクティスですが  取説を見るとオイル交換タイミングが以前より長くなっています


12か月または15000キロ  エレメントは15000キロと 昔より5000キロ延びています

これはエンジンの性能向上やその他の理由によるのでしょうか?
なぜ 一昔前よりオイル交換の距離が長くなったのでしょうか?

オイルの質が上がったなどあるのでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

オイルの性能もさることながらエンジン関係の技術革新との
相乗効果だと思います。
ホンダ車を乗り続けていますが、いろいろなもののメンテナンス期間が
伸びていると思います。

本件については10年以上も前にも確か、ピストンリング(圧力?形状?)の
最適化やシリンダー(スリーブ)の処理が何とかで、メンテナンス期間が
伸びてますという説明があったと記憶しています。

http://www.honda.co.jp/auto-parts/oil_basic/
http://www.honda.co.jp/factbook/auto/CIVIC/200509/10.html
http://www.riken.co.jp/products/piston/index.html

オイルに限らず、ベアリングのフリクション低減、各種ブーツの長寿命化
点火プラグなんかも昔と違うようですね。
これらは華やかな宣伝にならないので最近はわからないことが多いです。

Qスパゲティをつくるときに使うオリーブオイル

オリーブオイルについておしえてください。スパゲティをつくるのに向いているオリーブオイルってありますか?オリーブオイルならなんでも大丈夫とか、こういう種類がいいよなどあれば教えて下さい。わたしはおもに、スパゲティか、サラダに使っているのですが、詳しくないので、スーパーでみかけたものをそのまま買って使っています。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エクストラバージンオイルだったらどれでも大丈夫dすよ。もちろん味の好みはあるでしょうが。

オリーブオイルの種類は

バージンオリーブオイル(酸度によってエクストラ・バージン[酸度は1.0%以下]、バージン、オーディナリー・バージンに分かれます)

精製オリーブオイル 癖などを取り除いた物です。

オリーブオイル  バージンオイルと精製オリーブオイルをブレンドした物です。

があります。

さっぱりと作りたかったら精製オリーブオイルがいいですね。

サラダなどでオリーブの風味を感じさせるのにはエクストラバージンオイルなんかがいいです。

どちらにせよ味には好みがあるのこ雨氷な物を見つけるまでいろいろ試すしかないです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/YMTI/kindofoliveoil.htm

Qアテンザのオイル交換をしようと思ってディーラーにオイルフィルタカップの

アテンザのオイル交換をしようと思ってディーラーにオイルフィルタカップの呼びけいも教えてもらい作業にとりかかったんですがカップが合いませんでした。これは何故でしょうか?ドレンプラグのサイズも合いませんでした。
車は2.3Lの平成14年スポーツタイプです。ドレンプラグは17mフィルタカップは呼びけい74mとディーラーに言われました。どうして違うのかわかる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

ドレンプラグは17ミリのメガネやボックスではずせるでしょうけど、
ズバリ!今ついてるフィルターエレメントはディーラー等で使う
純正品ではなく汎用品(72ミリ?)である可能性が極めて高いですね。
(あるいは逆に76ミリのものがついてる?? いやそれはなさそう)

ディーラーメカニックは常用する純正品のフィルターエレメント
のことしか頭にないので、そのサイズを前提とした「74ミリ」の
カップレンチサイズを語ったものと推定されます。

汎用エレメントの場合、口金のネジピッチは合致しているものの、
エレメント外径が微妙に「異サイズ」が存在します。
(数ミリの外径差程度なら問題なく使用できたりはします・・・)

「売り上げ至上主義の汎用品メーカー」ってのは、2ミリ程度
外径が小さくても「適合品」としてアピールしてそうだし。

おそらく今回は純正のカップレンチのほうが大きかった?のではないかと
推定しますし、エレメント外装には聞いたことないような「ブランド名」
が記載されているのではないかと思いますけど・・・いかが??

いなかのくるまやです。

ドレンプラグは17ミリのメガネやボックスではずせるでしょうけど、
ズバリ!今ついてるフィルターエレメントはディーラー等で使う
純正品ではなく汎用品(72ミリ?)である可能性が極めて高いですね。
(あるいは逆に76ミリのものがついてる?? いやそれはなさそう)

ディーラーメカニックは常用する純正品のフィルターエレメント
のことしか頭にないので、そのサイズを前提とした「74ミリ」の
カップレンチサイズを語ったものと推定されます。

汎用エレメントの場...続きを読む

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ でエンジンオイルの乳化についてですが
4ヶ月4000kmで交換した際には給油キャップの裏に乳化したものが結構付着していました。
以前に乗っていたH32Vでは一度も起きたことがありませんでした。

取扱説明書には白いものが付着しますが心配ありませんと記述があります。
念のために自分でエンジンオイルを交換しましたが、3日目にまた少量付着しています。
ディーラーなどで専用のオイルを使用してのフラッシングがあるようですが、それをしないで
このまま乗り続けてもいいものでしょうか?

片道6~8kmの走行が多くて購入直後の昨年の夏前後には見られなかった症状です。
冬場に結露したものがオイルに混ざるという現象だということは分かるのですが、他の軽自動車でもよくあるものなのでしょうか?
冷却水のリザーバータンクにはオイル混入などは無く、フィラーキャップもしっかりと締まっています。(レベルゲージには付着しない)
このような状態で十分な潤滑がされるものかどうか・・・

Aベストアンサー

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが、エンジン形式が異なりますので単純には比較出来ないとは考えます。
*H32Vは4気筒のたしかキャブレター車、H42Vは3気筒のインジェクション車、新車当時の排気ガス規制基準も異なっていると思われます。

現在は、フィラーキャップ裏側だけでレベルゲージに付着したオイルには乳化が見られないのでしたら、乳化の初期段階でオイル全体は白濁した訳ではないでしょうから、オイル交換やフラッシングまでは必要ないと考えます。
また、フラッシングやオイル交換をしても、同じ条件下(外気温や湿度によりますが・・)では、また発生してしまう可能性も大でしょう。

私の車のときの乳化、息子の車の乳化も、フィラーキャップに付着した程度でしたのでオイル交換などはせず、そのかわりに一週間に一度程度は乳化が見られなくなるまで、ちょっと長めの走行(仕事帰りに回り道やちょっとしたドライブ:15~20km程度)をして完全暖機(エンジン全体の温度を十分に上げて結露で発生した水分やオイル内の水分を完全に飛ばしてしまう)をしていました。
私はこれが一番効果的ではないかと考えています。(短距離走行繰り返し時のバッテリー消耗の充電にも効果的ですよね)

そういう具合で7~8年は使っていましたが、エンジンには何ら問題はなかったですね。
今も息子には、週一はちょっと長めに走行するように勧めています。
ちなみにオイル交換は約1万キロまたは年1度程度の間隔で実施していました。

こんな具合で良いと思うのですが・・・・ご参考になれば幸いです。

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが...続きを読む

Q20系プリウスのオイル交換頻度

はじめまして。

20系プリウスをお乗りの方に質問です。
オイル交換ってどのぐらいの頻度でやっていますでしょうか?
ボンネットを開けると、15000kmまたは12か月とあります。
私の場合、約5000kmで替えていますが、5000km程度だとオイルがほとんど汚れていません。(0W-20を使っています)他の車だと考えられないほどきれいです。また使えるのでは?と思ったりしますが、でも粘度の低下も気になるし・・・

皆さんはいかがですか?

Aベストアンサー

指定の期間で交換する場合は、必ずディーラーでしてください。粘度と成分が違うと条件が変わりますし、ディーラーでやっていて万一不具合が出たらディーラーやメーカーにクレームが言えます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング