プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

8ヶ月まで7割母乳の混合で育てていました。
夏の暑い時期に水分補給を兼ねてミルクを多く与えていたら、
母乳の出が悪くなってしまい、今では9割方ミルクに頼っています。
一日一回、少し出ているかな?という時があります。

離乳の進みは悪く、少なめの2回食です。
離乳が進んでミルクの量が減ることを期待していたのですが、
これほど飲むなら、母乳をあげたい気持ちがあります。
もう2ヶ月程、ミルクにかなり頼っているので、やはり難しいでしょうか。

それならば、せめてわずかに出る一日一回の母乳を、
離乳完了まで(この調子だと1歳半くらいまで?)なんとか持たせることはできるでしょうか。
母乳をあげたいのは、どちらかというとスキンシップの意味合いからです。

ミルクは160mlを一日6回ほど飲んでいます。
生理は8ヶ月の時に再開してしまいました。

最近、一回の哺乳量が足りなさそうな様子なので、200mlほどにあげて、
回数を5回に減らそうかと考えていますが、ますます出なくなってしまうのではと心配です。

よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (5件)

私は生まれてからずっと完母で、このまま自然な卒乳をと考えていました。


たくさん出たのでミルクなんて考えも及ばず、1歳を過ぎても母乳を飲みたいだけ与えるつもりでいました。
しかし7ヶ月のときに突然娘が飲んでくれなくなり、仕方なく完全ミルクに。
それとほぼ同時に生理も再開しました。
母乳はみるみる出なくなり、母乳に再チャレンジも諦めました。


まず言っておきたいのは、ある程度子どもが育った後で母乳の量が減ることは自然なことだということです。
生理が再開する時期をこちらがコントロールできないように、
母乳が減り始める時期もこちらがコントロールすることはできません。
母乳の出が悪くなったのは本当に夏場のミルクのせいでしょうか?
私は違うと思いますし、仮にそうだったとしても罪悪感を感じることはないです。
赤ちゃんに母乳やミルク以外の水分は必要ないと言う専門家もいますし、
夏場は麦茶や白湯をと言う専門家もいます。
どちらが正しいなんて私達が判断できるわけがないんですから。


質問の趣旨とは逸れてしまうのですが、
母乳に対する執着を断ってみたらどうでしょうか?
赤ちゃんとお母さんとのスキンシップは、大切なものです。
けれどそれは母乳を介さないとできないわけではありません。
私は娘が母乳を飲んでくれなくなって初めて、
自分が母乳が出ることにあぐらをかいていたと気付きました。
母乳さえ与えていればスキンシップができていると勘違いしていたんです。
なので授乳以外のスキンシップがおざなりでした。
母乳をやめて、それに気がつくことができて良かったと私は思っています。
適当に母乳を与えていた頃よりも娘のことをよく見るようになりました。
母乳をやめてからの方が、娘との関係は良いです。


母乳が出なくなるのは、自然なことです。
寂しさはもちろんありますが、それを受け入れて次のステップに進むことも
また大事な事だと思います。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>母乳に対する執着を断ってみたらどうでしょうか?
最も的確なアドバイスかもしれません。
帝王切開で出産し分娩を経験出来なかった代わり、
母乳はどうしても諦めたくなくて、離乳完了まで自然な卒乳を、と考え
母乳へのこだわりは人並み以上なのです。

それなのに、こんなことになってしまい…、質問をした次第です。
周りのお母さん方は、完母でまだおっぱいをたくさんあげていて、うらやましくてしかたなかったです。

>私は違うと思いますし、仮にそうだったとしても罪悪感を感じることはないです。
そういっていただけて、気持ちがとても楽になりました。
これからは母乳以外のスキンシップを大切にしたいと思います!

お礼日時:2011/10/26 22:48

先に回答されている方々の意見を見ていて感じた事は一体何歳ぐらいの方が答えてらっしゃるのだろう?と言う事でした。

私達の時代は(もう今から○十年も前の事になりますが、)赤ちゃんの歯が生えてくる頃には母乳は徐々に減らしてだいたい1年位で完全に止めてしまうと言う事でした。母乳は半年ぐらい経つともう栄養はなくなってるようで、そのころから徐々に離乳食に移行して行くよう言われていました。
水分の補給と言う事で言えば、昔はお茶かお水しかなかったので母乳が手軽にあげられて良かったのかもしれませんが、今は赤ちゃん用のジュースもあるし、この時期なら果汁を薄めてあげてもいいと思います。何より固形物をだんだんにあげていかないと、大事な歯の成長や今後の食欲にも影響があるのではないでしょうか?
スキンシップのつもりならば、いつまでもおっぱいをあげるのではなく赤ちゃんの目を見て話しかけてあげるのがとてもいいスキンシップになると思います。にこにこしながらお話ししてあげて下さい。きっと赤ちゃんもじっとおかあさんの目を見て答えてくれるはずです。
良く携帯電話などを操作しながら、ただ赤ちゃんの乳母車を揺らしているだけのお母さんを見かけますが、全然赤ちゃんを見ていません。赤ちゃんは喋れなくても話しかけてあげるとじっと聞いています。そしていつか2~3歳になったころに溢れるように話し出すのです。
母乳は、もう生理も始まっているという事なのでいま以上出るようになる事は無理だと思うし、それが自然なことだと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね。母乳以外のスキンシップを大切にしたいと思います。

ちなみに、今の母乳指導では一歳前後の自然な卒乳を推奨しているようです。
半年経った母乳は栄養がないという説もありますしそれはミルクメーカーの戦略で実際は母乳で充分という
説も聞きます。完母のママで10ヶ月の今も母乳で育てている方をたくさん知ってます。
どちらがいいのかは私もわかりません。

離乳食をもう少しがんばってみようと思います。

お礼日時:2011/10/26 22:49

誰にアドバイスを受けたのでしょうか、とても間違った情報で、せっかくのおっぱいを、わざわざ出ない様にしてしまったのですね。


でも、母乳量は、努力次第では、回復可能です。

まず、夏の水分補給にミルクにした・・・とのことですが、これが間違いですね。母乳メインで、麦茶で補充していればよかったんです。
しかし、夏の間でも、潤沢にオッパイを出すには、ママが1日に3リットル以上の麦茶(できれば人肌くらいにあたたかいもの)をグビグビ飲まないと、母乳の製造はおっつかなかっただろうと思います。
また、夏の間、冷たいもの、甘いもの、揚げ物、スパイシーな物を食べていれば、乳腺が詰まり、オッパイは出なくなります。

ということで、母乳の量を増やすためには、
(1)汗ばむほどに、母親の体を温める(特に、足元、おなか、デコルテライン)
(2)食事以外に水分を3リットル飲む
(3)食事は純和食。根菜類と、味噌汁とご飯をたっぷり食べて、洋食、お菓子ケーキお餅は禁止
(4)とにかく頻回授乳
(5)腕のいい助産師さんに、オッパイマッサージをしてもらって、詰まっている乳腺を通してもらう

です。
秋は、体が冷えて、授乳中のお母さん達でも乳腺トラブルが増える時期です。
とにかく、体を外側からも内側からも冷やさないことです。
私は年子妊娠の疑惑があり、息子が8カ月くらいの時に2カ月、断乳しましたが、これで母乳がもどりましたので、大丈夫ですよ。

あと、ホルモンの話しが出ていますが、確かにホルモン値に変化があると、母乳の出や味に変化がありますが、それがすべてではありません。なぜなら、私は出産1ヶ月半で生理が来ましたが、完全母乳で、あふれるほどに母乳がでていました。頻回授乳することで、脳に別途刺激を与えることで、母乳は再開されます。

母乳は、子供の成長に合わせて、その成分を変化させると言います。
離乳食の頃の母乳には、食べたものの消化を助ける様な成分がたくさん含まれているんです。
だから、離乳食+母乳 で、いいんですよ。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

母乳を回復したとのこと、凄いですね!
貴重な体験談、参考になりました。

ただ、やはり私にはもう回復は無理なのかも知れません。
一日3食純和食を自分のために用意するなど、とても今の生活では出来そうにありませんので…

>誰にアドバイスを受けたのでしょうか、とても間違った情報で、
せっかくのおっぱいを、わざわざ出ない様にしてしまったのですね。

せっかくご回答いただきお言葉ですが、この一言は大変不愉快でした。
好き好んでわざわざおっぱいを出なくする母親がどこにいるのですか?

産後すぐに見知らぬ土地へ引っ越し、その地で震災にあい、
本当に母乳育児を続けられるのだろうか?、という状況で自分なりに頑張って、
母乳育児を続けてきました。
それを、わざわざ私が出なくした?悔しくて、悲しくて涙が出ました。
誰かに間違ったアドバイスを受けたわけではありません。
万全の体制で母乳育児ができる母親ばかりではないことをご理解ください。

>母乳メインで、麦茶で補充していればよかったんです。
そんなことはわかっています。でも息子は、麦茶も白湯も、飲んでくれなかったんですよ。
もちろん試行錯誤しました。今も飲んでくれません。
ちょうどあの猛暑の週、長時間の帰省と重なり息子は滝の汗。ミルクをあげれば一気飲み。
確かに間違っていたのでしょう、しかしその時の状況では仕方がなかったことです。
育児書くらい読んでますので、基本はわかっています。
育児が育児書のとおりにいかないのは、お分かりかと思います。

冒頭の一言を記述する必要がなぜあったのかわかりかねます。
生意気で申し訳ありませんが、ご回答の前に人を傷つける表現がないか確認していただきたいと思います。

お忙しい中の回答、ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/26 22:51

こんにちは。

二児の母です。

スキンシップの意味で母乳を与えたいのなら、
出が良い悪いにこだわる必要はなさそうに思うのですが、
やはりたくさん出てほしいでしょうか。
水分補給が目的なら、本来は水か薄めた麦茶等を与えるのが正しい方法です。

今から分泌量を伸ばすのは難しい、というかほとんど無理だと思います。
生理が再開したのは、母乳の出を良くするプロラクチンというホルモン値が下がったことによります。
このホルモンが減ってくると、たくさん吸わせても、乳腺の反応は鈍ります。
子供を産んでいない人が、たくさんお乳を吸わせても母乳が出ないのは、
プロラクチン値が低いからです。
お腹がすいたらミルク、甘えたい時はおっぱい、というように、
お子さんが目的別に飲み分けても良いと思います。
おっぱいを求めるのは甘えたいからですので、必ずしも出にこだわる必要はありません。

ミルクのことですが、やってみないと分からないですが、
1回の量を増やしたところで、1日の回数は減らないかもしれません。
あまり食べない子の場合、授乳回数を減らしても食べる量はなかなか増えません。
それよりも、今までどおりの回数は減らさないで、
むしろ気付かれない程度に1回の量を減らしていく方が、離乳食は進むように思います。
私の上の子は、本当に食べない子で、離乳食で毎日悩みました。
そこで私は「●回食」とこだわらずに、比較的機嫌が良さそうな時をみはからって、
1回3口程度の食事を、1日3~4回与えました。
お腹がすきすぎては「おっぱい~~!!」と泣き叫び食事どころではなく、
お腹が減らないと、当然食べない。結局どうやっても食べてくれずに苦肉の策でした。
でもその方法が娘に向いていたのか、量はあまり伸びないながらも、固さや形状は進みました。
もともと、おっぱいもチョコチョコ飲みだったので、チョコチョコ食べで良かったみたいです。
結果、1歳半を迎える前に、幼児食へ移行していきました。

今までどおりの方法で良いと思いますよ^^
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

回復は難しいかもしれませんね。参考になりました。
水分補給は、麦茶も白湯も飲んでくれず、やむをえずミルクを飲ませていました。
今でも飲んでくれません…どうしたら飲むようになるのか知りたいくらいです。

離乳食、同じ状況です!
空腹時ではぐずってたべず、ミルクの後では満腹で食べない。
ちょっと飲ませてミルクを取り上げれば怒り出して食べない…
機嫌の良い時を見計らうのが大変ですが、少しずつ食べるようになりました。
母乳のほうはほどほどにし、離乳食をがんばってみようと思います!

お礼日時:2011/10/26 22:53

吸わせないと母乳は出なくなりますよね。

私も息子を出産して母乳育児を理想としているので気持ちはわかります。

まずはありきたりですが‥とにかくリンパに沿ってマッサージをしてみてはどうですか?母乳の出やすい食べ物を多めに取ったり!

例えば餅なんて有名ですよね?私も食べてみましたが確かに量が増えた気がしましたね!後はひたすら子供に吸ってもらうしかないと思いますね‥。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

母乳育児は、やはり良いですよね。共感していただいて嬉しいです。
私はもう10ヶ月、回復は難しいのかも知れません…
でも次の子のときは、お餅、試してみますね!

お礼日時:2011/10/26 22:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

goo of things いまここ