保険の更新が近いので、見直しを考えています。生命保険はだいたい決まったのですが、医療保険とがん保険をどれにしようか思案中です。10社ほど比較して、医療保険をオリックス生命のキュア(先進医療つき)を60歳払い込みで一生涯。がん保険を同じくオリックス生命のビリーブ終身、にしようと絞りました。ビリーブには先進医療はつけません。(医療保険についているので)現在、40歳です。会社員です。いろいろな考え方があると思いますが、この保険はどうでしょうか?オリックス生命は健全な会社かどうかも含めて、アドバイスいただけると助かります。家族構成は、妻42歳こども5歳と3歳です。回答、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず保険会社の安全性については


第3者がどうこういうことは保険業法で禁止されておりますので
残念ながら申し上げることはできません。
保険会社の安全性を見る1つの指標として
“ソルベンシーマージン”というものが公表されておりますので、
そこで判断してください。

キュアとビリーブですが、
そもそも「入院したら1日いくら」という保険自体の価値が
今後何十年にもわたってあるのかどうかということを
考えなければいけません。

現在、日本の医療制度は急激な少子高齢化に伴い、
医療費抑制の観点から、短期入院・在宅療養にシフトしております。
診療報酬改革により1ヶ月を超える入院は、
病院があまり儲からない診療報酬体系になっております。
つまり病院は経営をしていく上で、入院はなるべく短くしてもらって
さっさと退院してもらおう、となるのはごく自然の流れです。
今後この方向性は間違いなく加速していくでしょうから、
一昔前のように「まあ2~3ヶ月ほどゆっくり入院してもらっていいですよ」なんて
ことはあまり考えられないと思うわけです。

そう考えると「入院の日数」に応じてしか保険金がもらえない医療保険に
60歳までで何百万円も掛け金を支払うことが果たして賢明なのかどうか、
ということになります。
さらに医療保険にはもらえる保険金に限度(入院日額×1入院限度日数)がありますから
いくら長い入院をしても掛けた保険料以上にもらえることはまずありません。

以上の点から、一生続く医療保険は自分にとって本当に価値のある買い物なのかを
十分に検討されたほうがいいと思います。

アドバイスとしましては、
医療保険・がん保険に掛けたつもりで同じお金を60歳まで貯金、
貯金ができる60歳までに入院したらその貯金は取り崩せないので
その間だけ医療保険(1入院日数の長いやつ)とがん保険(または特定疾病保険)。
で、60歳以降の入院の際にはその貯まった貯金を使う。
(健康保険の高額療養費を使えば現金200万円で約4年分の医療費が払える)
はなんて方法もありかと思われますが。
    • good
    • 1

生命保険専門のFPです。



「この保険はどうでしょうか?」と問われれば、
問題ありませんとしか、お答えのしようがありません。
保険は、金融庁の認可商品です。
つまり、国がまともな商品であると認めているのです。
となれば、後は、質問者様のニーズにあっているかどうか、
という問題なのです。
なので、質問者様のニーズが何か、それがわからなければ、
お答えできないご質問です。

雑誌などで、保険商品のベスト○とか言っていますが、
例えば、がんが完治した人が、新たな癌になったときに備えて、
がん保険に契約したいと思って、がん保険を探したとします。
そんなとき、ベスト○という雑誌が役に立つでしょうか?
ほとんどのがん保険は、一度、がんと診断された経験があると、
契約できないのですよ。
この人にとって、ベスト○とは、何の意味があるのでしょうか?
つまり、ニーズを満たす保険がベストであり、
ニーズは人によって異なるものなのです。
CUREやBelieveがどうなの?
というご質問を受けても、答えようがないのです。

一方、具体的なニーズがわかれば、答えようもあります。
高額療養費制度という制度の存在と内容をご理解されているとして……
医療保険で、各社の内容が大きく異なっているのは、
手術給付金です。
手術給付金は、
(1) 支払われない場合があっても良いが、支払われるならば、
高額の方が良い。
(2) 支払い金額は多少低くても、手術と名前が付けば、
支払われる方が良い。
どちらの考えに近いですか?

がん保険について言えば……
現在、がん患者は、
入院患者よりも、通院患者の方が多くいます。
例えば、副作用問題で有名になったイレッサは、
最初の1ヶ月は入院ですが、それ以後は、
外来で処方される飲み薬です。
一ヶ月の薬価はいくらかご存知ですか?
それに対して、どのような保障が欲しいと思われますか?

一ヶ月の薬価は約20万円。
3割負担として、約6万円の自己負担です。

例えば、乳がんで放射線治療が必要なったとします。
どれぐらいの期間を治療するのか、
また、入院か外来かご存知ですか?

放射線の治療期間は、4~6週。
週5日の外来治療です。
つまり、入院なしで、1ヶ月半ほど毎日、
通院するのが基本です。

上皮内新生物とは、どのような癌か、ご存知ですか?
その治療方法と、治療期間、費用はどの程度がご存知ですか?

上皮内新生物とは、転移も浸潤もないがんのことです。
つまり、切除すれば治療終了。
いまでは、内視鏡が発達しているので、開腹手術などはしません。
有名なのは、子宮頸がんゼロ期、大腸粘膜内がんで、
両方とも、日帰り入院~3日程度の入院でOKです。
治療費も10万円もあれば十分(高額療養費制度の対象)。

がん患者の3割は失業を経験する……
というデータをご存知ですか?
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?c …

がん患者には、早期発見できる人も多くいるので、
短期間の治療で終了する人も多くいます。
なので、3割の人が失業するということは、長期治療になれば、
多くの人が失業を経験するという恐ろしい数字です。
質問者様の会社は、病気治療による休職をどれだけの期間、
認めてもらえますか?

などを考えて、どのような医療保障、がん保障が必要だとお考えですか?
それがわかれば、どのような医療保険、がん保険がよいのか、
アドバイスも可能です。

つまり……
癌で、早期発見に失敗して、長期治療が必要となると、
失業の危険もある。
抗がん剤は、一ヶ月の薬だいが10万円単位もするので、
常識が通用しないほどバカ高い。
上皮内新生物という早期がんは、治療費も安い。
放射線治療は、1ヶ月ほど毎日、通院で治療する。
白内障でも、保険会社によって給付金の支払い内容が異なる。
扁桃腺手術をすれば、出る会社・出ない会社がある。
などなど、パンフレットを見ただけはわからないことが、
実は、とても重要なのです。

オリックスのCURE、Believeは、質問者様のニーズに
あっているでしょうか?

オリックス生命について言えば、
保険会社としては、まだまだ若くて、どうなるか分りませんが、
現時点においては、問題はないと思います。

最後に……
保険選びとは、担当者選び……と、言われています。
つまり、ご自身のニーズを聞き出してくれる、
そして、そのニーズにあった商品を紹介してくれる担当者を
探すことが、保険選びの王道なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/31 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨折してギブスをした場合の医療保険の取り扱いについて

足の甲を剥離骨折しました。4日目からギブスで固定しています。生命保険会社の医療保険に加入しているのですが、ギブスで固定した日からは通院であっても入院扱いとなると友人から聞きましたが本当でしょうか。また、県民共済も同様の扱いをしてもらえるのでしょうか?ご存知の方教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

入院してないのに入院日額が出たら売る方はもっと派手に宣伝して売れますね。

で、傷害保険の場合だとギブス固定で日常生活に支障がある場合は、通院しなくてもギブス固定期間中は通院日額を支払うという規定がある場合があったります。

御友人は、この辺りの情報を勘違いしてるんではないのですかね?

ちょっと捻挫したぐらいの人が「痛いか」らと毎日毎日通院して、1日1500円かける20日分ぐらいで30000円ほど貰えて、
ギブスをして「痛てえよ!」「歩けねえよ!」「動けねえよ!」という人が1ヶ月に3回だけの通院で4500円だったりするとあまりにも不公平ですからね。
一日が3000円だったりすると、更に倍で差が開きますからもー大変。

県民共済の場合は生命保険と傷害保険の約款を混ぜて商品を構成させていますから、不慮の事故で通院日額を払うというタイプの商品に加入しているなら、支払う可能性はありますが、これ県ごとに違ったりするので断言できません、あと免責期間が笑っちゃうほど長いので支払い対象期間になると大抵はギブスが取れちゃってたり。(支払う危険性が高い期間は保障しない。保険料が安い理由ですね。)

生命保険会社の医療保険に通院特約がついていても、所定期間の入院後の通院というしばりがあります。これはもともとが生命保険から派生した医療保険だからです。

損害保険会社の医療保険に通院特約がついている場合、入院の有無を問わず通院保障をする商品が主流ですから、これに加入していた場合はギブス固定中はおせんべいを食べながらテレビを見ているだけで通院日額が加算されていきます。これはもともとが傷害保険から派生した医療保険だからです。パンフレットでは解らない、不思議な違いが隠れていたりしますね、、、保険って。

入院してないのに入院日額が出たら売る方はもっと派手に宣伝して売れますね。

で、傷害保険の場合だとギブス固定で日常生活に支障がある場合は、通院しなくてもギブス固定期間中は通院日額を支払うという規定がある場合があったります。

御友人は、この辺りの情報を勘違いしてるんではないのですかね?

ちょっと捻挫したぐらいの人が「痛いか」らと毎日毎日通院して、1日1500円かける20日分ぐらいで30000円ほど貰えて、
ギブスをして「痛てえよ!」「歩けねえよ!」「動けねえよ!」という人が1ヶ月に3...続きを読む

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む

Qオリックス生命の評判は?

43歳の主婦です。
終身の医療保障を検討していて、いろいろと比較検討した結果、オリックス生命の終身医療保険がいいかな・・と思っていますが、保険会社も倒産する時代、
会社として安心度が気になります。
格付けをみると、1社はBBBをつけており、そこが
少し気になっていますが、どんなものでしょう?
ご意見をいただけますと、幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

格付けについてですが、No1の方が仰るように、参考程度の判断材料として、ご覧になられる方が良いのではないでしょうか。
確かに安心度としては気になるところですが例えば現在、格付けがAAAでも10年後、20年後にAAAであるとは限りません。
また、S&Pの格付けですがオリックス生命は、数ヶ月前にBBBからBBB+の安定的に格上げされました。

最近、生命保険は自己責任で加入する時代といわれてますが、例えば、入院日額10,000円が希望の場合ですが、オリックス生命の終身医療に入院日額5,000円で加入されて、mamehahaさんが安心だと思う保険会社に入院日額5,000円で加入する方法もリスクを分散させる意味において得策だと思います。小口で数社に分けて加入する方法をお勧めします。

Q3大疾病などは必要ですか?

生命保険の見直しをしています。30歳男性です。
終身保険 ソニー生命
収入保障保険 ソニー生命
ガン保険 チューリッヒ
医療保険 ソニー生命
にしようかなと思うのですが、迷っているのが医療保険の部分で、日額5,000円にしようと思っているのですが、もし心筋梗塞などになった場合は、カバーできませんよね?オックス生命のキュアが第2候補なのですが特約で3大疾病になったときは一時金で50万出るのですがキュアの方がいいのでしょうか?ガンの部分は分厚くしたほうがいいとよく目にしますが心筋梗塞などはどうなのか分からず、是非アドバイスいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

cyakuさん

>医療保険の部分で、日額5,000円にしようと思っているのですが、
>もし心筋梗塞などになった場合は、カバーできませんよね?

わざわざ申し上げるまでもないかもしれませんが、医療保険に加入していれば、治療のための入院であれば、骨折だろうが心筋梗塞だろうが入院日数に応じて給付金が支給されます。入院日数に応じてカバーされます。

三大疾病保険に加入すれば、三大疾病に罹った場合にどんなに軽度であろうと保険金が出るわけではありません。
保険会社が定める「所定の状態」になる必要があります。

どのような状態になったら保険金が給付されるか、よく営業員に確認してください。
この三大疾病保険の給付状況については、
「実際に生前給付を受けるための条件は大変厳しく非常に重度の状態に限られ、一度にまとまった入院給付金を受け取って治療費に充てるというより、死亡保険金を前倒しで受け取るというイメージの方が近いようです。http://www.hoken-clinic.com/oshiete/hokensyouhin/sandaishippei.html
というような意見や、
http://www.eonet.ne.jp/~fplanner/tokuyaku.htmという意見もあることをご考慮ください。

そもそも三大疾病に罹ったら、保険金に頼らなければならないほどお金がかかるのでしょうか??
仮にお金がかかるとした場合でも、今30歳でいらっしゃるcyakuさんが、三大疾病保険でもらえる、50万円や500万円くらいで一生涯の安心が得られる位であれば、年間にしたら、そもそも大したお金は掛からない、ということではないでしょうか。
仮に500万円もらって80歳まで(50年間)の安心が得られるとしたら、年間10万円あれば安心が得られてしまうということです。
もちろん、無いよりあったほうが良いに決まっていますが、たったそれだけの安心を得るために、一体いくら余分に保険料を払うことになるのでしょう。

所定の障害状態になった場合には、一生涯を通じてみれば、国からその額以上の障害者年金が支給されると思いますよ。

社会保障制度についてみてみましょう。

・高額療養費制度により、入院しても月額10万円程度の自己負担額で済む。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
・特定の難病にかかった場合には、自己負担額はさらに少額。
http://www.nanbyou.or.jp/what/nan_kenkyu_45.htm
・会社員であれば、病気などにより働けない状態となっても、最大1年半、給与のおおよそ6割が傷病手当金として支給される。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu07.htm
・傷病などにより心身に一定の障害が残った場合、その程度により、障害者年金が給付される。
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi03.htm
http://www.syougai.jp/nenkin/flow/flow001.html

このような社会保障制度が整備されています。

根拠に乏しい無用な不安を煽られて下手な保険に加入なさいませんよう。

もちろん、cyakuさんが三大疾病保険の給付条件を十分確認され、
給付条件、払い込む保険料総額、所定の状態になったときにもらえる保険金額、
これらのバランスを踏まえたうえで、三大疾病保険に加入されるというご判断をされたのであれば、私がとやかくいう話ではありません。

ただ、
「保険はシンプル イズ ベスト」と考えている者として、
「民間生保なんてどうせたいしたことをしてくれるわけではないのだから、民間生命保険で全てをカバーしようなんて思ってはいけない」と考えている者として、
老婆心ながら、二言三言申し上げさせていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/user.php3?u=774663

cyakuさん

>医療保険の部分で、日額5,000円にしようと思っているのですが、
>もし心筋梗塞などになった場合は、カバーできませんよね?

わざわざ申し上げるまでもないかもしれませんが、医療保険に加入していれば、治療のための入院であれば、骨折だろうが心筋梗塞だろうが入院日数に応じて給付金が支給されます。入院日数に応じてカバーされます。

三大疾病保険に加入すれば、三大疾病に罹った場合にどんなに軽度であろうと保険金が出るわけではありません。
保険会社が定める「所定の状態」になる必...続きを読む

Qガン保険 告知義務

先日の乳ガン健診で乳房石灰化の疑いありで要精密検査と出ました。現在38歳で昨年の健診では何も指摘されず今回の触診検査でも問題ないと言われました。
健診を受けた病院で聞くと、毎日100人に1人が同じ乳房石灰化で指摘され、そのうち1000人に5人だけが乳ガンだということで、その病院ではかなり厳しいラインで要検査と通知しており、30代のマンモグラフィではなおさら問題ないことが大半と言われました。
慌ててガン保険に入っておかなければと思っていますが要精密検査で全く問題がなくてもその旨を告知しなければなりませんか?問題がなければ、わざわざ言わなくても今後保険が必要となった時に支払われないということはありますか?
問題なくても精密検査の結果は告知書に添付する必要はありますか?
精密検査を受けたという事実で審査に通らないということはありますか?
わからないことがいっぱいで不安です。オリックス生命のビリーブに入ろうかと思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

告知の考え方についてはNo.1、No.2で回答されている内容に基本的に私も異論ありませんので、ビリーブの告知や引受の実務について回答させていただきます。

質問者の状況からしますと、現状でビリーブを契約することは無理です。
ビリーブは専用の告知書が用意されており、乳がん検診で異常の指摘をされた場合は内容に関わらず一切引受が出来ないことになっています。
ここでいう異常とは「要再検査・要精密検査・要治療」のことです。
ですから乳がん検診で要精密検査と出ている状況では契約できません。
ただし再検査、精密検査の結果異常がなく検査終了となった場合は告知に該当しませんので、その段階で契約できるということになります。
精密検査の結果を添付する必要はありませんが、もし告知義務違反をして契約したとしても、告知義務違反もしくは詐欺による無効で給付金(保険金)は支払われないと思われた方がいいでしょう。

全てではありませんが、がん保険は専用告知書を採用している会社が増え、ビリーブなどは特に内容がかなり簡素化されている分、告知に一つでも該当すると内容に関わらず一切契約を引き受けないということになっています。
告知書の内容をここで詳細にお伝えすることは出来ませんが、機密事項でもなんでもありませんからオリックス生命を取扱いしている代理店などに行って見せてもらうといいと思います。

告知の考え方についてはNo.1、No.2で回答されている内容に基本的に私も異論ありませんので、ビリーブの告知や引受の実務について回答させていただきます。

質問者の状況からしますと、現状でビリーブを契約することは無理です。
ビリーブは専用の告知書が用意されており、乳がん検診で異常の指摘をされた場合は内容に関わらず一切引受が出来ないことになっています。
ここでいう異常とは「要再検査・要精密検査・要治療」のことです。
ですから乳がん検診で要精密検査と出ている状況では契約できません。
ただし...続きを読む

Q保険は3つ入れば3社からおりる?

現在、チューリッヒ、ソニー損保、全労災に加入してます。
入院時1日、3社合計で11500円おりますが、入院すると、上記分おりるのでしょうか?
また、手術金や死亡保険も3社合計おりますか?
(ソニーは死亡保険がないので死亡保険のみ2社ですが)
もちろん保険料は3社分毎月払ってますが、自動車保険だと自賠責で賄えた場合は任意保険分が出なかったような気がするので、心配になりました。
幼稚な質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
>ソニー損保のsureですが、会社は損保会社です。
なので、入院日額や手術給付金は、他の2社から受け取った場合、ソニーのsureからは受け取れないのでしょうか?
最近は生損相互乗り入れ状態で
生保会社が損保を売り、損保会社が生保を売る、という時代になりましたので「ソニー損保」でもがん保険を売っているのでしょうね。

「生保」として売っている以上は重複して請求できるはずです。生保と損保の違いは「病気入院での給付」が
付加されているか否かです。

ソニー損保のホームページをちょっと探索してきましたが、ちゃんと「病気入院」として付いてますね。

関係ないけどホームページ見てて気付いた点があった
のでひとこと。
「入院特約」と「がん入院特約」とがあり
「入院特約」はがんを除く病気、となっているんですね。
国内生保はがんの場合「入院特約」と「がん入院特約」は重複して支払われますが(ひとつの保険の中から)
ソニー損保は「がんだったら『がん入院特約』からしか出ないよ」
と言ってますね。ここでの重複給付はなしという事のようです。(「シュア」では入院特約とがん入院特約は重複支払いしないと言う事)

だから月々の保険料も抑えられるわけです。

#3です。
>ソニー損保のsureですが、会社は損保会社です。
なので、入院日額や手術給付金は、他の2社から受け取った場合、ソニーのsureからは受け取れないのでしょうか?
最近は生損相互乗り入れ状態で
生保会社が損保を売り、損保会社が生保を売る、という時代になりましたので「ソニー損保」でもがん保険を売っているのでしょうね。

「生保」として売っている以上は重複して請求できるはずです。生保と損保の違いは「病気入院での給付」が
付加されているか否かです。

ソニー損保のホームページ...続きを読む

Q生命保険の告知で後悔してます

先日、生命保険に加入しました。健康状態の告知で
「3ヶ月以内に医者にかかったことがあるか」の問いに風邪でかかったと答えると、生保の営業の方は
「風邪は申告しないでいいですよ。」と言われ、「いいえ」に丸を付けました。
その他にも、「婦人病などの検査をしていても、その結果異常なければ申告しないでください」とも言われました。
その後、保険会社から保険証が送られてきて、その中に
「この告知で本当に間違いはないか?」のような紙が入っていました。
とてもうしろめたい気持ちになり、正直に記入しておけばよかったと後悔しています。
営業の方は自信満々で大丈夫と言うし‥
本当に大丈夫なのでしょうか?
もう一度、きちんと入りなおした方がいいですか?

Aベストアンサー

厳密には告知義務違反ですね例えば、風邪が原因で肺炎になって、それがこじれて大事になったら、保険金は出ない可能性があります。

でも、風邪でしたら申告しないのが実情です。しかし、市販薬服用程度で自然治癒した風邪ならともかく、医者にかかって治した風邪でしたら、申告しないのはどうかと・・・・としか言えません。

●婦人病などの検査をしていても、その結果異常なければ申告しないでください・・これはこの通りです。検査結果異状なし、でしたら、何の病気もかかってないです。

ご不安でしたら、保険会社によって、受付期間、手続き異なるかもしれませんが、善意の告知という方法があります。 契約成立後に被保険者の告知内容について追加告知を行うことです。
で、これをしたとしても、現在完治しているなら、何の不安もなく契約は継続できると思われます。加入し直す必要はありません。

(うーん、確かに実際、風邪とか水虫とか発熱とか、記入しなくても良いかな、と思う病気は多いです。営業の方の気持ちも分かります。でも、お医者さんにかかったなら告知書にはその旨きちんと書きましょう!)

厳密には告知義務違反ですね例えば、風邪が原因で肺炎になって、それがこじれて大事になったら、保険金は出ない可能性があります。

でも、風邪でしたら申告しないのが実情です。しかし、市販薬服用程度で自然治癒した風邪ならともかく、医者にかかって治した風邪でしたら、申告しないのはどうかと・・・・としか言えません。

●婦人病などの検査をしていても、その結果異常なければ申告しないでください・・これはこの通りです。検査結果異状なし、でしたら、何の病気もかかってないです。

ご不安でしたら...続きを読む

Q<がん保険>がんベストゴールドか、勇気のお守りか

先日こちらで質問をさせていただいたおかげで医療・死亡保険を決めることができました。
がん保険のみ悩み続け、まだ決めかねています。
どうぞ宜しくお願い致します。


富士生命 がんベストゴールド 28歳 男性
・診断給付金 100万
・初回診断一時金 300万
入院、手術、通院給付金などはありません。
※がんになったら以後の支払いは免除(上皮内がんでも)   3,210円/月(終身払い)

ひまわり生命 勇気のお守り 28歳 男性
・診断給付金 100万
・入院給付金 10,000円
・手術給付金 40・20・10倍
・通院給付金 10,000円                2,619円/月(終身払い)

がんベストゴールドは、(一括で受け取った給付金を計画的に治療に使用し続けていくのは難しいかもしれませんが)初回400万の給付金と以後の支払いが免除されることにとても魅力を感じます。
給付金のみでシンプルなので、これから先のがん治療方法が変化していっても対応できると思います。
しかし、再発や転移した場合は100万のみの給付金で入院、手術、通院保障は一切ないことが不安です。


勇気のお守りは、バランスがとれていて再発や転移した場合にはがんベストゴールドより受取総額が多くなることもあると思います。
通院給付金が年間120日までですが、次の年になるとまた120日になるので治療している限り半永久的にもらえると思います。
この点は(通院)これから先のがん治療方法が変化していっても対応できるとは思うのですが、
今後メスを使わない手術へと移行していった場合、手術給付金はあまり期待できない額になると思います。

<前者>初回診断給付金400万+支払い免除+今後のがん治療の変化に対応できるが再発を心配する
<後者>今後のがん治療方法の変化に対応していけるのか心配だが、とりあえず再発には備えられる

両者が間逆ですが、どちらにも魅力を感じ決めかねています。
皆様ならどちらをお選びになりますか?

平均寿命を考慮して、夫(28歳)は終身払い、私(27歳)は60歳払済で検討していますがいかがでしょうか?

なお、私の両者の考え方に間違いがあればご教授願います。

先日こちらで質問をさせていただいたおかげで医療・死亡保険を決めることができました。
がん保険のみ悩み続け、まだ決めかねています。
どうぞ宜しくお願い致します。


富士生命 がんベストゴールド 28歳 男性
・診断給付金 100万
・初回診断一時金 300万
入院、手術、通院給付金などはありません。
※がんになったら以後の支払いは免除(上皮内がんでも)   3,210円/月(終身払い)

ひまわり生命 勇気のお守り 28歳 男性
・診断給付金 100万
・入院給付金 10,000円
・手術給付金 40・20・10倍
・...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

結論から言えば、どちらも一長一短ですから、どちらを選んでも構いません。
むしろ、重要な事は、どちらの担当者が信頼できるか、ということです。
10年後、がんと診断されたとき……
セカンドオピニオンサービスなど、各種のサービスがあることを
記憶しているとは期待しない方が良いです。
となれば、それは、担当者から教えてもらう、思い出させてもらう
ということになります。
となれば、担当者の存在がとても重要だと言うことになります。

回答の中には、ちょっと誤解してるような表現もあるので、一言。
がんで入院が長くなる、通院が短く……
例えば、胃がんの平均は、26.8日、
白血病の平均は、52.1日……
という平均を論じても意味がありません。
胃がんや白血病で1年以上入院している人はいないのか?
人数は少ないですが、ゼロではありません。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
の70表を参照してください。
千人単位なので、「0」と書かれている部分は、50人以下だけど、
ゼロではない、という意味です。
つまり、徹底的に長くなるなら、入院給付金がある方が有利です。

>将来癌治療の飲み薬ができて入院、通院の必要がなくなるかもしれない
がんの飲み薬は、すでに、存在していますよ。
副作用で患者が次々に死亡して、裁判で有名になっている
肺がん治療薬の「イレッサ」は、錠剤ですよ。
飲み薬だから、副作用が少ない……というわけにはいきません。
なので、飲み薬でも、検査などの為に定期的な通院が必要です。

>ベストゴールドは2年以上癌治療が続いても2年目に給付金が出る
無条件ではありません。
「被保険者が前回のがん診断給付金支払事由該当日からその日を含めて2年以内にがん診断給付金の支払事由に新たに該当した後」
という条件付です。
つまり……
2年以内に、再発・転移をした場合で、2年目を過ぎて、
入院や通院をした場合には、「2年以内の再発・転移は支払わない」
という条項に関係なく、その日に確定診断されたと見なして、
支払いをします……ということです。
つまり、初回のがん治療がずっと続いている場合には、
支払いの対象にならない……ということです。
それは、どんな場合か……
手術をしたが、マーカー値が下がらないので、抗がん剤をやめられない
末期で、既に転移をしており、手術ができず、抗がん剤治療を続ける
などが考えられます。

アドバイス
診断給付金ならば、がんと診断されれば支払われるので、
この部分を高額にする
それぞれの治療に応じて、支払いを受けられるようにする
どちらが良いかというのは、がんになって、支払いを受けなければ、
わかりません。
つまり、死ぬときに、どっちが得だったかわかる……という話です。

>平均寿命を考慮して、夫(28歳)は終身払い、
私(27歳)は60歳払済で検討していますがいかがでしょうか?

払込免除を評価するならば、終身払いです。
60歳払込済ならば、それ以降にがんになっても、払込免除は
有名無実です。

ちなみに、私ならどうするか……
アフラックのDAYSか、東京海上あんしんのがん治療支援の
どちらかにします。
理由は、抗がん剤の治療給付金を重視するからです。
例えば、慢性白血病の治療薬グリベックは、画期的な薬ですが、
残念ながら、完治させる力はなく、飲み続けなければならないのです。
飲むのを止めると、悪化するから、やめられない。
一日の薬価が1万円。3割負担で3000円、30日で9万円。
高額療養費の対象になるので、月に4万円。
給付金が月に10万円で、60ヶ月が限度で600万円。
150ヶ月分=12。5年分になります。

何を重視するかで、選択がかわってくるのです。
そして、何を重視するかは、賭けみたいなものです。
人生が終わってみないと、勝ち負けはわかりません。
でも、がんになるのは、二人に一人ですから、
二人に一人は、がん保険を使うことがない……
という保険でもあります。
それでも、私は、検討をお勧めしますが……

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

結論から言えば、どちらも一長一短ですから、どちらを選んでも構いません。
むしろ、重要な事は、どちらの担当者が信頼できるか、ということです。
10年後、がんと診断されたとき……
セカンドオピニオンサービスなど、各種のサービスがあることを
記憶しているとは期待しない方が良いです。
となれば、それは、担当者から教えてもらう、思い出させてもらう
ということになります。
となれば、担当者の存在がとても重要だと言うことになります。

回答の中には、ちょっと誤解してるよう...続きを読む

Q告知義務を無視してしまうと、どうバレてしまうの?

こんにちは。
下の質問の続きです。
保険契約に告知義務があるので、正直に肝炎であることを告知しましたが、
告知せずに生保に加入することは可能ではあります。

もちろん告知義務違反となるのは分かりますが、
いつどんなときに発覚するのでしょうか?
保険金支払の時に過去のことまで、こと細かく調べ上げるのでしょうか?

バレないから契約したいとは思いませんが、
どうしてそんなことがわかるんだろうと思ったので
どなたかいろいろご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑い深くなり、契約する客よりも、身内の保険募集人を疑う様になりました。

確かに、生損保合体、外資の躍進、保険販売のコンサルティング化で、所謂昔ながらの生保外交で中々数字を挙げるのは難しく、コンプライアンスに抵触しても、保険を売ろうという輩が増えているのです。

macchan72さんにも、違う会社が「大丈夫です」と言うかもしれませんが、果たして本当に必要な時にその人はもう会社にいないでしょう。

現在、外資や国内生保の一部にもコンサルティング営業をしている部署がありますが、彼らは保険金を届けるところまで担当しますので、保険監査にも契約者に替って交渉、実際に一銭でも多くお金を取ってきます。ある意味で代理店よりも信頼ができます。

それから、告知義務違反を約款で2年といっていますが、この限りでは無いことが注釈や補足に必ず書いてあります。

現在は医療機関の「カルテ開示」が叫ばれ、一部法案化されようとしていますが、こうなると、保険会社は益々情報収集がやりやすくなります。
民間診療所なら「患者のプライバシーを開示できない」と、きっぱり断る事が殆どですが、中堅クラスから大病院になってくると、関係者は誰でもカルテを見ることができてしまいます。この点ね併せて考えなければいけない大きな問題だと思いませんか?

ちょっと論旨が外れてしまいましたが、要は保険会社は保険金はなるべく少なく払いたいと考えているという事を是非覚えておいてください。

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑...続きを読む

Q足指の骨折で傷害保険は通院実日数しかでないのは本当ですか?

右足の真ん中の指を骨折しました、通院期間は1ヶ月程度でした、東京海上火災へ傷害保険を申請しましたが、おりた金額は3回通院×3000円=9000円でした。10万円以下は診断書不要でしたので付けずに提出しました。友人から骨折は初診~完治期間日数の保険が降りると聞いていましたので、治療代にもならずがっかりし、保険会社へ確認しましたが、平常の業務又は平常の生活に著しい支障があると会社が認めたときは支払うと説明がありました。具体的には指のギブスでは不可、足首までのギブスでは適用とのことでした。しかし特約条項には部位に関し具体的な表記はありません。友人の開業外科医にも尋ねましたが、骨折は部位に関わらず支払われていると聞きました。長くなりましたが、保険会社の対応に納得がいきませんのでお詳しい方は教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは 
日々の業務で月60件の傷害保険金の請求を申請していますが
保険会社の回答で間違い有りません

今週も2件 手・足の指の骨折の方がいましたが
ギブス対象外と言うことで(指のみのギブスだった)、実通院日数のお支払いとなりました。3日 
肋骨を骨折した人も居ましたが、ベルト固定で(対象外)1日の通院
のお支払いです

★出る場合は、ギブスを足首までした場合ギブス期間は通院とみなし
ギブス期間プラス実通院日数は出ます

★余談として接骨院に長く通院した場合 7割か8割の支払いになります
★通院していないのに、通院とみなし支払いを要求できるのは
ギブスをしている場合です。添え木に関しましては、部位により判断します


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報