親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

タイトルの通り、LINE IN端子とAUX端子の違いがわかりません。

自分はウォークマンをケーブル経由で繋げるコンポを探していまして
どちらの端子が適切なのかわからないです。

LINE IN端子もAUX端子も、どちらも機能は同じですよね?


詳しい方、回答お待ちしてます。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

オーディオの場合はAUX、パソコンの場合はLINE INと表示されている場合が多いと思います。

機能的には同じです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お陰様で不安が1つ解消されました。

また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2011/12/11 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘッドホン出力とライン出力の違いについて

ヘッドホン出力とライン出力の違いがわかりません。
それとインピーダンスというものもよくわかりません。

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワーアンプ
 ↓ 実際に耳で聞くための信号
 ↓ 好きなように音量を調整する。
4.スピーカー
 ↓ 音を出す装置
 ↓ 基本的にスピーカー出力とヘッドホン出力は同じですが、
 ↓ インピーダンスが違います。
5.耳で聞く

インピーダンスは抵抗です。
プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。

大きな音(信号)の装置と小さな音の装置をつなぐには、その信号の強さを調整しないと音が流れなかったり、逆に流れすぎることがあって、最悪は壊れます。

例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。
インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。

本当に大まかです。
ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。
ライン出力にヘッドホンをつなぐと、上記の3.のパワーアンプが無い状態と同じです。

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワー...続きを読む

Qオーディオ基礎■LINE INとMIC INの違い、LINE OUTとPHONE OUTの違い、抵抗入りケーブル

こんばんは。

・LINE INとMIC IN(マイク入力)とAUX IN等の違い
・LINE OUTとPHONE OUT(ヘッドホン出力)等の違い
はなんでしょうか?

用途が違うのはわかっているのですが、
その用途に合わせるためになんらかの性質を変えているんだと思いますが
何がどう異なるのでしょうか?

ただ単にインピーダンスが異なるためにレベルが異なるだけなのでしょか?
(LINE系がレベルが大きく、MIC/PHONEが小さいetc.)

また、抵抗入りのケーブルとそうでないものはどの様な性質の違いでどう使い分けるのでしょうか?

また、レベルとヴォリュームはほぼ同一のものと捉えていいのでしょうか?
レベルとは電圧のことなのでしょうか?

基礎からしっかりと理解すれば応用が利くと思うので教えていただけないでしょうか?
入門的なホームページでもあればそれでもまったく大歓迎です。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>LINE INとMIC IN(マイク入力)とAUX IN等の違い
入力レベル(感度)が違います。入力インピーダンスもマイク入力の方が低いようです。LINE INとAUX INの違いは知りません。


>LINE OUTとPHONE OUT(ヘッドホン出力)等の違い
1. レベルが可変かどうか
2. 出力インピーダンス
3. アンプのドライブ能力
が違います。

1はまあ当たり前です。2についてはライン出力が数kΩ程度、ヘッドホン出力が0~10Ω程度です。受け側のインピーダンスはラインが数10kΩ程度、ヘッドホンが16~64Ω程度なので、ライン出力の方が普通は送り側でのレベルが高いのにヘッドホンで聴くと音が小さくなります(分圧回路ができる)。またヘッドホンの方が重い負荷(=入力インピーダンスが低い)なので、3のように比較的大きい電流を流すことのできるアンプが必要になります。
なおテレビやミニコンポ、ラジカセのように専用のヘッドホンアンプを使わないでスピーカー出力と兼用している場合がありますが、この場合は100Ω程度の出力インピーダンスにして受け側でのレベルを落としています(これも分圧回路の原理)。


>単にインピーダンスが異なるためにレベルが異なるだけなのでしょうか
ライン出力とヘッドホン出力の場合は普通その通りと思います(この場合受け側でのレベル)。ライン入力とマイク入力の場合はそうではなくて、マイク入力にアンプを設けて増幅しているためです。


>抵抗入りのケーブルとそうでないものはどの様な性質の違いでどう使い分けるのでしょうか
抵抗入りはレベルを落としたいときに使います。


>レベルとヴォリュームはほぼ同一のものと捉えていいのでしょうか
信号の場合レベル、ヘッドホン出力のように音として聞く場合ボリュームというような気がします。


>レベルとは電圧のことなのでしょうか
その通りと思います。


分かりにくいかもしれません、すみません。自分もここらへんは分かりにくかったですが電気の基礎を知ってからは一応理解できるようになりました(分かりにくかった理由は理論分かっていないで用語使う人が時たまいるせいだったんじゃ、と思っています、失礼)。基本はオームの法則「電圧=電流×抵抗」です。高校の物理の教科書なんかにも電気回路の基礎はあると思うので勉強してみてください。抵抗の直列つなぎでの分圧回路なんかが重要です。また「インピーダンス」と「抵抗」は同じ意味じゃありませんが、この場合抵抗と考えていいです(ここらへんも混乱するところ)。

>LINE INとMIC IN(マイク入力)とAUX IN等の違い
入力レベル(感度)が違います。入力インピーダンスもマイク入力の方が低いようです。LINE INとAUX INの違いは知りません。


>LINE OUTとPHONE OUT(ヘッドホン出力)等の違い
1. レベルが可変かどうか
2. 出力インピーダンス
3. アンプのドライブ能力
が違います。

1はまあ当たり前です。2についてはライン出力が数kΩ程度、ヘッドホン出力が0~10Ω程度です。受け側のインピーダンスはラインが数10kΩ程度、ヘッドホンが16~64Ω程度なので、ライン出力...続きを読む

QラインインとAUXの違い

こんにちは。

当方以下のサウンドカードを使用しております。
http://jp.creative.com/products/product.asp?category=1&subcategory=208&product=14183&nav=2
仕様をご覧になられるとわかりますが、

・FlexiJack(アナログライン入力/アナログマイク入力/デジタル I/O)
・AUX入力

上記のように書かれております。
ライン入力とマイク入力とAUX入力のそれぞれの違いがわかりません。

ライン入力でマイクを使用しても音声が小さいことや、
マイク入力で外部機器の音源を入力すると、ノイズが入ったりレベルが高いとハウリングが起こる程度しかわかりません。
マイク入力にはブースト機能がついてました。

ライン入力とAUX入力の違いについてご説明お願い致します。

Aベストアンサー

言い方の違いだけみたいです
詳しくは参考 URL をご覧ください

参考URL:http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_digital/w006708.htm

QLine in端子とMIC端子はどう違うの?

不思議に思ったのですが、
ほとんどのPCにはLine in端子とMIC端子がついています。

どちらも入力端子ですが、どう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

入力レベルが違います。
LINE=カセットデッキ・チューナーなどから出て来る音声信号に対応。

MIC=マイクから出て来る微弱な音声信号をLINEレベルまで引き上げるMICアンプが入っています。

イメージ

LINE===LINE入力>LINEレベル>内部音声ボード


MIC====MIC入力>MICアンプ(増幅)>LINEレベル>内部音声ボード

LINE入力にMICをつなぐとレベルが低すぎて音がノイズに埋もれてしまう。

MIC入力にLINE機器を接続するとレベルが大きすぎるので音が割れる歪む>MICアンプに入りさらに歪む。

QAUX端子って?

以下の質問はAUX端子の実物を見たことがないので勝手な想像だけで質問させていただいています。
カーステの説明書を見ていたらAUX端子というものが付いていて、ipodの音楽が再生できるらしいことがわかりました。さらに読むと、AUX端子にはステレオミニプラグを挿せ、と書いてあったのですが、ステレオミニプラグというのは3,5mmのipodのイヤフォンとかに挿して使うやつですよね??今まで端子の名前が違えばS端子とかD端子とかいうように、どういう風に信号が出入力されているかとかいう前に明らかにコネクタが違っているもんだと思っていたのですが、イヤフォンの端子もAUX端子なのか、それともコネクタの形は一緒だけど端子が違うっていうことなのでしょうか?
またさらに疑問なのは別のカーステではAUX端子にRCA端子を接続するというタイプのものもあるらしいのです。RCA端子と言えばテレビとゲーム機を接続するときのアレですよね?そこでAUX端子というのはステレオミニプラグがさせるコネクタを持っているもんだと思い込んだ私はさらに混乱しました。そもそも端子とコネクタの違いがわかりません・・

以下の質問はAUX端子の実物を見たことがないので勝手な想像だけで質問させていただいています。
カーステの説明書を見ていたらAUX端子というものが付いていて、ipodの音楽が再生できるらしいことがわかりました。さらに読むと、AUX端子にはステレオミニプラグを挿せ、と書いてあったのですが、ステレオミニプラグというのは3,5mmのipodのイヤフォンとかに挿して使うやつですよね??今まで端子の名前が違えばS端子とかD端子とかいうように、どういう風に信号が出入力されているかとかいう前に明らかにコネクタが...続きを読む

Aベストアンサー

形状から来る呼び名と使用目的から来る呼び名を混同されていらっしゃるようです。

・ステレオミニプラグ
・RCA端子
・S端子
・D端子
・F端子
・BNC端子
これらは形状の違いによる分類で、形を見ればわかる分け方です。
(端子とコネクタは日本語と英語の違いだけです。)

・ビデオ入出力
・オーディオ入出力
・アンテナ入力
・RGB入力
・Y/C入出力
・AUX入力(補助入力)
これらは使用目的(内部でどんな回路につながるか)によってつけられる名称で、どんな形状のコネクタを使うかは機器によってさまざまです。

たとえば一般的にビデオ入出力はRCAの黄色に着色されたものを使いますが、小さく作らなければならないポータブル機器ではミニジャックを採用し、ミニとRCAの変換アダプタを用意したりします。

したがって、コネクタの形が同じでも扱う信号は違う場合がありますので、説明書で良く確認するとか、そのコネクタの表示(VIDEOとかAUDIOとかAUXとか)をよく見て接続しましょう。

Qライン入力端子とマイク入力端子の違い

ラジオのヘッドホン出力と、
パソコンのライン入力をつないで、
ラジオの音を、MP3として、
録音したいのですが、
僕のパソコンは、マイク入力端子しかついていないらしく、
実際に録音してみると、聞けないことはないけど、
ノイズだらけで、聞きづらかったです。

そこで、
マイク入力を使って、
外部からの音を、できるだけいい音で、
パソコンに取り込む方法を教えてください。
(できるだけ、お金のかからない方法で…)

あるいは、USB接続の機器が必要なのでしょうか??

Aベストアンサー

マイク入力=0.6mV程度
ライン入力=320mV程度
信号レベルが500倍違います。

そこへ、ヘッドフォンの電力をいくら絞っても信号がでかすぎるから
ひずむんです。

ヘッドフォン出力からマイク端子に入力したいなら
大きすぎる信号レベルを落とすために抵抗入りケーブル(でかい信号を減衰させる)を使わないといけません。

たとえば両方がステレオのミニプラグなら
エレコムのDH-MMT30を使えばOK!
http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_1045_144_504/38471162.html

Qマイク端子とイヤホン端子、ライン端子の違いを解説してください

そもそもなぜマイク端子とイヤホン端子、ライン端子に別々に端子を区別しているのかわかりません。これらの端子の違いを解説していただけませんか?

Aベストアンサー

区別している理由は、信号レベルおよびインピーダンスが異なるからです。

なお、もう1件の質問に対する回答が、こちらの回答とも重なりますから、参照してください。以下では、そちらで書いていないラインレベルについてだけ補足します。

http://okwave.jp/qa3817593.html

最終的に音を出すのはイヤホンないしスピーカーですが、前者は10数オームないし100オーム程度、後者4~8オーム程度が一般的です。したがって、32オームのヘッドホンに1Vを印可すると、オームの法則により、31mAの電流が要求されます。通常、イヤホンは、100dB/mW程度の能率をもつので、聴覚に障害が残るほどの音量が出ます(ヘッドホンの場合はともかく、イヤホンの耐入力は10mW程度なので、そもそも1Vもかけると音割れしますが)。4オームのスピーカーの場合、2Vを印可すると、0.5Aの電流が要求されます。一般的なスピーカーは、85~90dB/W/m程度の能率をもちますから、一般家庭では十分な音量が出ます。

これに対し、ラインレベルの入力レベルは0.7V~2V程度の間です(ということは、とうぜん、ライン出力にはこれと同じ電圧がかかっているということです)。

したがって、スピーカーやイヤホンに接続する場合、ラインレベルの信号は十分な電圧を持っていることが分かります。つまり、あとは電流さえ増幅してやれば問題ありません。逆にいえば、「電流だけ増幅すれば実用に耐えるレベルの信号」がラインレベルの信号です。

これに対して、マイクの出力は数ミリボルトですから、電圧自体を100倍程度に増幅してやらないとスピーカーからは音が出ません。電流は、10万倍以上増幅する必要があります。そのために、マイク入力という特別な信号レベルの入力があります。

以上のような理由から、ラインレベル入出力、イヤホン出力(スピーカー出力)、マイク入力は、インピーダンスも信号レベルも違い、わざわざ分けてあるということになります。

区別している理由は、信号レベルおよびインピーダンスが異なるからです。

なお、もう1件の質問に対する回答が、こちらの回答とも重なりますから、参照してください。以下では、そちらで書いていないラインレベルについてだけ補足します。

http://okwave.jp/qa3817593.html

最終的に音を出すのはイヤホンないしスピーカーですが、前者は10数オームないし100オーム程度、後者4~8オーム程度が一般的です。したがって、32オームのヘッドホンに1Vを印可すると、オームの法則により、31mAの電流が要求されます...続きを読む

Qミニコンポのピンプラグ入力端子?(LINEIN)とは?

ミニコンポでTVの音声を楽しみたいのですが、手持ちのSONYコンポには、外部入力端子がありません。コンポの前面にLINEIN?という
入力端子っぽい?ものが付いておりますが、これは、通常の赤白の
外部入力端子と同じものと考えてよろしいのでしょうか?通常の
赤白の音声入力端子とどういった違いがあるのでしょうか?また、
音声ケーブルはどういったものを購入すればよいのか、また購入する時の
注意点などありますか?

Aベストアンサー

通常は、映像用の黄色、右赤、左白、といったように、3つのプラグが普通ですが、最近では1本で全てを兼ねるものや、1本で音声のステレオを録音出来るものなどさざまなピンタイプがあります。
ご質問の「LINEIN」は入力端子だと思われます。
1本なのか、2本なのかご質問では不明ですが、もし1本なら、1本で赤、白端子を兼ねるものだと思われます。
家電店の端子コーナーで該当のものを探してみて下さい。

Q普通のスピーカーでPCに繋ぐことは可能ですか?

どう考えても、PCスピーカーよりもコンポスピーカーやサラウンドスピーカの方が音が良いですよね!?

そこで問題なのがPC接続部の端子!

なんとか、普通のスピーカーコードに細工をしてPCに繋ぐ方法はないのでしょうか?

おしえてください、お願い致します。

Aベストアンサー

お持ちのPCのサウンドボードの出力端子の仕様を調べてください。
もしもLINE出力とSP出力との2つの端子を持っているか、或は切り替えられるようになっていれば、普通のスピーカーをSP出力に接続できます。
電気店でPCの端子に、お持ちのスピーカの端子を接続できるケーブルが入手できるはずです。たぶんPCの方は、3.5mmのミニプラグではないかと思いますが。
接続ケーブルは、各種出回っていますよ。
ただサウンドボードのアンプは、出力が小さいので、あまり大きなスピーカーでは、効率が低く大音量は出ないでしょう。

SP出力が無い場合、またはスピーカーを良い音質で鳴らすには、相応しいアンプに接続するのが最も良いと思います。
そのスピーカーがコンポのスピーカーなら、それが相応しいアンプです。
コンポのLINE入力端子とサウンドボードのLINE出力端子をつなげばよいでしょう。
この場合もサウンドボードの端子とアンプの端子に合うケーブルが入手できるでしょう。

音には、拘る方ですか。何を聞きますか。もしも内臓CD-ROMドライブで音楽CDをお聞きになるのでしたら、別の原因(パソコンの内部は、アナログにとっては、ノイズだらけ)で良い音を出すのは、かなりの対策が必要になります。

お持ちのPCのサウンドボードの出力端子の仕様を調べてください。
もしもLINE出力とSP出力との2つの端子を持っているか、或は切り替えられるようになっていれば、普通のスピーカーをSP出力に接続できます。
電気店でPCの端子に、お持ちのスピーカの端子を接続できるケーブルが入手できるはずです。たぶんPCの方は、3.5mmのミニプラグではないかと思いますが。
接続ケーブルは、各種出回っていますよ。
ただサウンドボードのアンプは、出力が小さいので、あまり大きなスピーカーでは、効率...続きを読む

Qオーディオの接続コードで,抵抗入りのと,そうでないのがありますが,違い

オーディオの接続コードで,抵抗入りのと,そうでないのがありますが,違いって何でしょうか。

Victorのピンプラグ×2とステレオミニプラグの端子の接続コードですが。

抵抗入りだと,音が小さくなったりするのでしょうか。

Aベストアンサー

LINE-OUT<>LINE-INで接続するような場合は”抵抗無し”
ヘッドフォン出力<>LINE-IN/マイク端子の場合は、”抵抗有り”

ヘッドフォン出力の場合、アンプで信号が増幅されてますので、抵抗を入れないと信号レベルが高すぎて音割れする可能性が高いからです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング