ハンビラム法典についてなんですが、なぜ目と骨にこだわっているのでしょうか?
目と骨以外だったら傷つけても、法律上問題は無いのでしょうか?
分かる方がいましたら、よろしくおねがいします(_ _)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下の方が書いておられるように、正しくは


「ハンムラビ」法典ですよ。

別に目と骨にこだわってなどはいませんよ。
たとえば、「もしある者が強盗を働いて捕らえられたならば、死刑に処せられるであろう」というように、暴行罪以外の犯罪に関する規定もあります。一般にハンムラビ法典の報復主義を判りやすく代表的に表現するために「目には目を歯には歯を」という文言(もんごん)が引用されるだけです。あなたはそれがハンムラビ法典の全てだと誤解してしまったのではないでしょうか?
 さらに、ハンムラビ法典は、このような刑法つまり犯罪とそれに対する刑罰に関する法律、だけではなく、民法、商法、訴訟法に相当する規定もあるのです。
 たとえば、「もし、家の崩壊のために財産が破壊されたならば、建築者はその財産が何であっても元通りにせよ。建築者の建て方が頑丈でないために家が崩壊したのならば、建築者は自分の費用でその家を再建せよ」などは民法の規定です。民法、商法とは何か?についてはサーチエンジンで調べてみてください。
    • good
    • 0

ハンムラビ法典の完全な日本語訳はどこかにあるのでしょうが、お目にかかったことがありません。


英語訳も何パターンかあり、どれが本当に原文に忠実なのかがわかりません。
その上での回答となりますことをご理解ください。

ハンムラビ(ハンムラピ)法典は有名な目には目、歯には歯、のほかに盗みを働けば手等の色々な刑罰がたくさんかかれています。
特に目と骨のみにこだわったものであるという印象は受けませんでした。
ご質問の目と骨以外なら‥というのは誤りで、同等の個所に対する同等の刑を与えるというのが原則となります。
ただし、この法典は同一身分同士の事件・事故に対する刑法であり、身分の高いものが低いものに対して行った場合は不問にされたり、逆に奴隷が主人に軽い反抗を企てても処刑するといった不平等法であったことは確かですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

正しくはハンムラビ法典だと思います。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメソポタミア文明

こんにちは。もしご存知でしたらよろしくお願いします。
メソポタミア文明の物、特に粘土板の写真集とかがあれば
ほしいと思っています。存在するのでしょうか?
もし、よろしければ、教えてください。

Aベストアンサー

>メソポタミア文明の物、特に粘土板の写真集とかがあれば
ほしいと思っています。存在するのでしょうか?

粘土板に限らず、メソポタミア文明に関する事物が、多数の写真と記述によってコンパクトにまとめられているのが、創元社の「知の再発見」双書シリーズの43「メソポタミア文明」と、62「バビロニア」です。写真が多く見やすく、写真を見ているだけでも楽しめます。
また、メソポタミアに限らずオリエントの文物は帝国主義時代中心に欧米人により発掘され、現在欧米の博物館に収蔵されているものが多くあります。イギリスの大英博物館、パリのルーブル博物館、ベルリンのベルガモン博物館等です。大英博物館にはアッシリアのレリーフやハムラビ法典を刻んだ石碑、ウルのスタンダード(軍旗)など貴重な遺物がごく普通の状態で展示されており、あまり関心がもたれていないようでした。ルーブルも同じで、欧米人の関心が現在では薄いように思ったことがあります。これらの博物館のメソポタミアやオリエントの遺物については各博物館に関する図録集などにも載っています。
大英博物館に関しては日本放送出版協会から「大英博物館 全六巻」の内の第1巻「メソポタミア・文明の誕生」がまとまっています。今は絶版ですから、大きな図書館見つけられると思います。ほとんどの図書館がネットで所蔵本を検索可能ですので、検索してから行かれるとよいと思います。
また、ルーブル関係では世田谷美術館が「メソポタミア文明展 図録」を販売しています。
ともかく、身近に手に入るのは創元社の「知の再発見」双書ですので、見られることをお勧めします。

創元社「知の再発見」双書HP
http://www.sogensha.co.jp/book_series_sai/index.html
ウィキペディアの「知の再発見」双書のページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%80%8C%E7%9F%A5%E3%81%AE%E5%86%8D%E7%99%BA%E8%A6%8B%E3%80%8D%E5%8F%8C%E6%9B%B8

以上、参考まで。

>メソポタミア文明の物、特に粘土板の写真集とかがあれば
ほしいと思っています。存在するのでしょうか?

粘土板に限らず、メソポタミア文明に関する事物が、多数の写真と記述によってコンパクトにまとめられているのが、創元社の「知の再発見」双書シリーズの43「メソポタミア文明」と、62「バビロニア」です。写真が多く見やすく、写真を見ているだけでも楽しめます。
また、メソポタミアに限らずオリエントの文物は帝国主義時代中心に欧米人により発掘され、現在欧米の博物館に収蔵されているものが...続きを読む

Q相続の法律的解釈をお願いします_(_ _)_

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2961152.html
実はこちらで相談した件の、法律的解釈をお願いしたいのです。
父に話したところ、一般的なものなら仕方ないと言っておりました。
それで私も離壇料について調べたところ、値段は色々です。20万という話もネットにありましたし、50万というのも。
うちのように200万という方も。
私たちは代々相続されてきましたがこの契約書のないお墓も相続の対象になるのでしょうか。
夫の家は都の霊園で「信じられない」「200万がそんなに高くないって…」「宗教法人だから税金なんてないもんだろ?」と言ってます。
契約書もないから払わないでいいんじゃないか?とも言います。
離壇料を払う義務があるのか?ということも含め教えてください。
正直うちには長男の結婚で寄付…もう15年前の話ですし、聞けるような関係でもないです。
納得できないことばかりですが事を荒立てたくないために払うようなものです。
皆さんなら払いますか?一般的な感覚も教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
法律上お墓というのは相続財産にはあたりません。
では誰が相続するのかというと、「しきたり(慣習)によって祖先の
祭祀(法事や供養など)を主宰すべき者が承継する」となっています。
今の法律は昔あった家督相続という制度を廃止したので、お墓や仏壇は
どうなるのか?という問題に対処するために、こういう決まりを作った
みたいですね。また、相続人全員がお墓を継ぎたくないとか、しきたり
がない場合は、家庭裁判所が継ぐ人を決めることになっています。
離壇料については、たぶん慣習に従うというのが法律的解釈では
ないでしょうか。

私はお寺やお墓については、あまり詳しくないので考えの一つとしてですが、
田舎のお寺と檀家の関係というのは、今の私達にはちょっと想像できな
いような繋がりがあると思います。
昔は、何かあるとお寺の和尚さんに相談し意見を仰ぐとか、檀家の人達
も信仰心が強かったので、仏に仕える人を尊敬もしていたと思います。
だから寄付の値段が高くても、お寺に納めるのだからと納得していたのではないでしょうか。
私も地方の田舎の出身ですので本家や家族はそちらにいますし、
当然お墓も地元にあるので、もしお墓を引越すということになれば、
地元に残る本家や家族に相談してみると思います。
どうせ自分と寺との関係は終わるのだから、離壇料が高いともめても
いいですが、本家や家族はずっとそこに住むのですから。
確かに200万は高いと思いますが、代々先祖の供養をずっとして
もらったお寺ですから、感謝の気持ちも踏まえた上で、
支払える額を提示して他の檀家の人に仲介してもらっては
いかがでしょうか。

こんにちは。
法律上お墓というのは相続財産にはあたりません。
では誰が相続するのかというと、「しきたり(慣習)によって祖先の
祭祀(法事や供養など)を主宰すべき者が承継する」となっています。
今の法律は昔あった家督相続という制度を廃止したので、お墓や仏壇は
どうなるのか?という問題に対処するために、こういう決まりを作った
みたいですね。また、相続人全員がお墓を継ぎたくないとか、しきたり
がない場合は、家庭裁判所が継ぐ人を決めることになっています。
離壇料については、たぶん...続きを読む

Qメソポタミア文明

メソポタミア文明が、“文明のゆりかご”と言われるのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

Cradle of civilization を “文明のゆりかご”と翻訳したのは、文学的なのかもしれません。 cradleは、発祥地、揺り籠、起源など訳語があるようです。 言い出した人は、単に発祥地と云っただけなのでしょう。nurtured or shelteredも、守り育てられたという意味です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Cradle_of_civilization
The figurative use of cradle in the sense of "the place or region in which anything is nurtured or sheltered in its earlier stage" is traced by the OED to Spenser (1590). Rollin's Ancient History (1734) has "Egypt that served at first as the cradle of the holy nation."
16世紀でも、18世紀でも、考古学などは今のようにはなっていないです。シュメールの発掘も19世紀です。 それ以前で、学会のようなところで、文字文明があったと思われていたのは、エジプトなのではないでしょうか。
なにが文明の発祥かというのは難しいのかもしれません。ネアンデルタールでも石器は使っていたし、絵画や土器などの使用まで遡るのか、ということになるでしょうが、文字を使い、暦を使い、社会組織として安定した支配構造を持っていたというようなことが確認されて文明のゆりかごと言えるのではないでしょうか。 部族的呪術的遺跡だけでは云わないでしょう。
メソポタミアは古い文明で、人類文明の最も古い地域の一つと云えるのでしょう。しかし、シュメールが古かろうが、もっと古い時期にエジプトで文明が見つかろうが、他の地域で見つかろうが、もはや“文明のゆりかご”とは云わないのではないでしょうか。
世界四大文明発祥の地というのも、もはや古くさい言い方になっているそうです。
“文明のゆりかご”=エジプト文明についての16~18世紀までの言い方。20世紀でも、メソポタミアやエジプトを総称して“文明のゆりかご”と文学的に称した人もいるということではないでしょうか。

Cradle of civilization を “文明のゆりかご”と翻訳したのは、文学的なのかもしれません。 cradleは、発祥地、揺り籠、起源など訳語があるようです。 言い出した人は、単に発祥地と云っただけなのでしょう。nurtured or shelteredも、守り育てられたという意味です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Cradle_of_civilization
The figurative use of cradle in the sense of "the place or region in which anything is nurtured or sheltered in its earlier stage" is traced by the OED to Spenser (1590). Rol...続きを読む

Q「目には目を」のハンムラビ法典的刑罰の執行について

女性失明事件の加害者に「目には目を」の刑執行へ イラン

テヘラン(CNN) イランの裁判所で、女性の顔に酸をかけて失明させたとして有罪となった加害者が、イスラム法の「目には目を、歯には歯を」の原則に従い、同じ方法で失明させる刑罰を受けることが確定した。女性の弁護士によれば、数週間以内に執行される見通しだ。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200902200004.html

上記はCNNニュースからの引用です。2chでは「日本も犯罪についてはイスラム法を取り入れるべき」やら「非常に分かりやすくていい法律」など圧倒的多数の人々がこの刑を支持していますが、このような「目には目を」の刑罰は本当に犯罪抑止力があるのでしょうか?

参照(2ch):ttp://alfalfa.livedoor.biz/archives/51434376.html

私個人の意見としては、このような刑罰は(たとえ犯罪者に対してでも)残虐極まりないものだと感じますし、犯罪抑止的な観点から見てもあまり意味のあるものとは思えません。

女性失明事件の加害者に「目には目を」の刑執行へ イラン

テヘラン(CNN) イランの裁判所で、女性の顔に酸をかけて失明させたとして有罪となった加害者が、イスラム法の「目には目を、歯には歯を」の原則に従い、同じ方法で失明させる刑罰を受けることが確定した。女性の弁護士によれば、数週間以内に執行される見通しだ。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200902200004.html

上記はCNNニュースからの引用です。2chでは「日本も犯罪についてはイスラム法を取り入れるべき」やら「非常に分かりやすく...続きを読む

Aベストアンサー

憲法第36条で、残虐刑が禁止されていますので、ハムラビ法典の導入など現実的にできません。

また、国際人権規約、拷問禁止条約でも残虐刑が禁止されていますので、日本が導入するには、憲法改正、条約脱退が必要となり、国際的非難も必至となるでしょう。

Q今度はメソポタミア文明…。

今度はメソポタミア文明。
誰か教えてください!(良いHPを)

Aベストアンサー

こんなのはどうでしょうか

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~k-hina/ori-2.htm

Qよろしくおねがいします。

よろしくおねがいします。
私は夫と子供一人の3人生活です。
私達の今住んでいる家は父の相続で私の名義になっています(土地もです)
最近夫がカードを使って支払いに苦しんでいるのをしりました。
しばらくは私も働いて頑張っていましたが。今度主人の会社の縮小で基本給が半分になり
私も子供が小さいので帰ってくるまでのパートで収入がガタンと減り四苦八苦しています。
毎晩主人は反省しているので助けてきましたがもう限界となってきました。
それで、債務整理というのがあると姉に聞きましたが夫だけでできるでしょうか
私と12年間の結婚生活ですが私の資産を必要とされる事はないでしょうか
家だけは父が残してくれた物どうしても離したくありません。
私にはカードなどの借金は一切ありません。私の資産に主人が債務整理した時及んできませんでしょうか
主人の借金は主人だけで済ます事はできますでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご主人の借金は、奥さんが返済する必要はありません。それぞれ別の財産です。債務整理=破産です。
自分で手続きすればほとんど費用はかかりません。しかし弁護士や司法書士にお願いすると、着手金10~30万円。借入1社につき5万円程度の費用がかかります。4社から借入しているのなら30~50万円程の費用がかかります。
以上より、借入残額が300万円以下の場合、デメリットの方が大きく任意整理すべきではないでしょう。

Qメソポタミア文明とエジプト文明と古代ギリシアの関係

メソポタミアとエジプトの文明は、制度・宗教などでは大きな違いはありますが、相互の交流はあったようです。
インターネットなどでは、「エジプトはメソポタミアから多大な影響を受けた」などと書かれていますが、具体的にどのような影響なのかがわかりません。逆に「メソポタミアはエジプトの影響を受けていた」というようなことは見当たりませんでした。
質問:
(1)エジプトはメソポタミアから一体どのような影響なのでしょうか?
(2)文明としてメソポタミアの方がエジプトより進んでいたということでしょうか(例えば、政治などの制度や文字・暦などの創造で)。

もう一つ、
(3)古代ギリシアはエジプト、メソポタミア文明にどの程度影響を受けたのでしょうか?

Aベストアンサー

>)エジプトはメソポタミアから一体どのような影響なのでしょうか

パッと思いつくのは、鉄器文化です。
ただ鉄器を一番初めに使用したとされるのは、ヒッタイトですから、メソポタミアとは少し場所的に違いますが。

>文明としてメソポタミアの方がエジプトより進んでいたということでしょうか

そうではないと思います。
エジプト・メソポタミア・ヒッタイトの各文化圏は、シリアで重なっています。
シリアを通してお互いの文化が交流されたのだと思います。
ただ、軍事的に後に現れたアッシリアに全て併合されてしまいますから、軍事的には、歩兵主体のエジプト軍は、戦車主体のアッシリアにかなわなかったのでしょう。
同じ事は、歩兵主体のバビロニア(メソポタミア)にも言えます。

Qこんにちは。よろしくおねがいします。

こんにちは。よろしくおねがいします。
先日フレッツ光の加入キャンペーンで申し込みました。プロバイダではなく代理店での申込みです。
他の代理店と競合となり、あまりにたくさんの特典をつけてもらったので、不安になりメールでの内容確認を依頼したところ、特典の内容・規約等をメールで送ってきました。
質問ですが、特典の送付などでトラブルがあったときに、このメールは法的な証拠となるのでしょうか?
お分かりになる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

「法的な証拠」、裁判になった時有効な契約と認められるか?ということであればたぶん認められるでしょう。しかし、相手が約束を破るような状況になった際に、裁判以外の手段で権利回復ができるか?とか裁判に勝てば必ず権利回復ができるか?という趣旨の質問であれば、わかりませんという回答になると思います。

トラブルが怖ければ、法律より信用を重視すべきです。ネットで見ず知らずの代理店選ぶよりは近くの店の方が逃げ隠れできないだけ信用性があるといえます。

Qなぜ、中国文明の甲骨文字だけが、漢字に変身し、現代まで使われることができた、のでしょうか?

4大古代文明に、文字が発明されました。
<エジプト文明には象形文字、メソポタミア文明にはくさび形文字、インダス文明にはインダス文字(未解読)、中国文明には甲骨文字(漢字のもと)がありました。>
これらの文明の中で、中国文明だけは、当時使われていた甲骨文字が進化し、漢字に変身し、現代まで使われています。他の3文明では、せっかく発明された文字が消滅してしまいました。
なぜ、中国文明の甲骨文字だけが、現代まで活躍することができた、のでしょうか?

Aベストアンサー

漢民族の数が多く、競合する文明も多数派の漢民族の文明に合わせたところがある。
たとえば金には女真文字という文字はあったが、王朝が変わるとすぐに廃れてしまった。

インダス文明は広まる前に滅んでしまった。

くさび形文字は2500年の歴史があり、しぶとく生き残ったともいえる。
実際、様々な言語の表記に使われていた。
しかし、紀元前5~6世紀頃に、セム系のアラム文字との覇権争いに破れてしまった。

なお、アラム文字は紀元前8世紀頃に、フェニキア文字から派生したもので、アラム語の表記に用いられた。
アラム語はアッシリア、新バビロニア、ペルシア帝国の公用語であり、ペルシア帝国が滅んだ後も、ヘブライ文字、シリア文字、などに、形を少しずつ変えながら、生き残っている。
フェニキア文字は紀元前2000年以前には書かれていたと推定されるので、その子孫であるアラム文字は、歴史の長さで決して漢字には負けていない。

最後の象形文字というかエジプト文字は少し複雑。
確かにエジプト語が広まらず、エジプト文字もコプト文字に伝わってくらいで、たいしたことは無い。
しかし、一説によると、原シナイ文字を介してセム系の文字に伝わるという。
もしこの仮説が正しければ、ギリシア文字やラテン文字、インドの文字にも関係することになる。
つまり、遺伝子は少し残っている可能性があるのだ。

漢民族の数が多く、競合する文明も多数派の漢民族の文明に合わせたところがある。
たとえば金には女真文字という文字はあったが、王朝が変わるとすぐに廃れてしまった。

インダス文明は広まる前に滅んでしまった。

くさび形文字は2500年の歴史があり、しぶとく生き残ったともいえる。
実際、様々な言語の表記に使われていた。
しかし、紀元前5~6世紀頃に、セム系のアラム文字との覇権争いに破れてしまった。

なお、アラム文字は紀元前8世紀頃に、フェニキア文字から派生したもので、アラム語の表記に用いら...続きを読む

Q「火葬場での拾骨」 は、法律で定められている?

「火葬場での拾骨」 は、「しなければならない」 と法律で定められているのでしょうか?

もしあるようでしたら、その条文?を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

火葬場での拾骨を法律で定められている法律はないと思います。
単なる世間一般の慣習でしょう。
事実、骨壷には、全遺骨の一部しか入りませんし、どれだけ拾骨しようと勝手で残りは火葬場が処理しますから。


人気Q&Aランキング