痔になりやすい生活習慣とは?

現在大学4年の者です。

卒業後の進路も決まり、あとは卒論だけ、周りは追い込みの時期に入っています。
しかし、私は現在、卒論が全くまとまっていません。

私の通う大学は卒論が必修ではなく、単位さえ取れていれば卒業は出来ます。
しかし、ほとんどの学生が卒論を書くことになります。
単位卒業をする学生はほんの一部です。

私が卒論が書けない理由は主に2つあります。

まず、私の研究分野がフィールド系であり、季節性があったこと。

特に集中して調査をしなかればならなかった夏から秋にかけて、私はまだ就活真っ最中であり、ほとんど調査が出来ませんでした。そのため、まともなデータが周りの友人に比べ、全く取れていないのが現状です。周囲は「そうしたデータの中から言えることを言えばいい」と励ましてくれます。しかし、私はそれがどうしても出来ません。こんな中途半端なデータで作る卒論ならば、やらない方がマシだと思ってしまいます。

2つ目は、中途半端な卒論に費やす時間がもったいないと思っていることです。

今月中には卒論をまとめあげなければなりません。それに費やさなければならない時間と労力は大きいものになると思います。しかし、どれだけ時間をかけても、私のデータと能力を考えると、満足のいくものに仕上がらないのは目に見えています。それならば、潔く卒論をやめ、残りの学生生活をより満喫しながら、将来の就職に役立つような知識を学んだほうが有意義であるように思えてなりません。

このような思いを抱くのは、怠慢なのでしょうか?
教授にもお世話になっているので、非常に心苦しいし、そして何より悔しい思いもあります。

現在非常に悩んでいます。
ご意見いただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

(季節性のある)フィールド系なら厳しいですね。

たとえば植物が相手なら,枯れたり休眠しているときには調査が成立しないでしょうから。室内実験系なら突貫工事の追い上げができますけども・・・。卒論の単位をとらないと要卒単位が不足するわけでもなさそうなので,やめたらどうですか。

ぼくの指導学生なら,うちは必修なので,張り倒してでも書かせます(データが少なければレビュー論文に近いものになるでしょうね)。たとえ不満足なできばえでも,期限までに一定の形のあるものをでっちあげる経験は,貴重なものだと思います。この考え方に共鳴できるなら,書きなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。仰るとおり、対象は植物でした。時間的な制約と自分自身のスキル不足の中で集めたデータを前に、ここにきてまとめることが虚しくなってしまいました。ただ、確かに貴重な経験ではあるかもしれないですね。もう少し考えたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/04 14:10

 私が行った大学は卒論は必修でしたから、不合格の場合は卒業できません。


 私の場合、その年に卒業できなければ中退する条件で通っていましたから、卒論を落とすことは許されませんでした。
 なかなか出口が見えませんでしたし、指導教授からは「この程度の研究では卒論として認められない」と厳しく指導されました。
 提出期日が近付き完全に追い詰められた状況で、苦しみながらまとめた経験は大変貴重で、社会に出てからも『あの状況であれだけの事ができたのだから』と思える事は困難に立ち向かう力となりました。

 途中で諦めて後悔しないなら、それも良いと思いますが、追い詰められた状況で頑張るという経験も貴重です。社会人としては許されない失敗でも学生は許される事があります。失敗も経験ですから、やるだけの事をやってみた方が良いと私は思います。
 結果は確かに重要ですが、経過が無駄とは思いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。最近は「このままやっても無駄だ」という頭しかありませんでしたが、この経験から得られるものはゼロではないですよね。ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/05 11:20

 たかが学部の卒論、それも必修ではないならばそこまで肩肘を張る必要はないとはお考えになりませんか?。

大学側の教員も学生の卒論などに期待ははしていません。学生に求めることは「研究テーマ」に即して「どの様に材料集めをして」「どの様に吟味して」「どの様にまとめるか」が実際にどの程度まで習得できているかを見る程度です。
 今質問者様が対峙しているのは「自分の本当の実力レベル」です。つまり「卒論すらまとめることのできない程度の実力」しか大学生活のなかで習得できなかったのであり、その姿に愕然として立ちすくんでいるにすぎません。この意味で最初に始めることは「ありのままの姿」を受け入れることから始めるしかないと考えられます。その上で、現在手持ちの材料を「どの様に分析するか」によってまた違う視座も見えてくるのではありませんか?。
 少なくとも僕には今の質問者様はプライドの塊であり、その上に胡座をかいた怠慢としか感じられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。仰るとおりですね…。私は「卒論すらまとめることのできない程度の実力」を受け入れることが出来ず、逃げているのでしょうね。このプライドは社会に出てから邪魔になりそうです。それを打破するためにも、卒論は必要なのかもしれないですね。ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/04 17:11

> まず、私の研究分野がフィールド系であり、季節性があったこと。



つまり、テーマの選定ミスです。
論文なんてのは、素人に書ける物ではないのです。ご心配なく。
特に、それでも書けるテーマにするところだって難しいんです。
できもしないテーマを選んで良いなら簡単なんです。不死の実現とかね。

> 教授にもお世話になっている

そんな細々としたことを、大学の大教授様にお世話になっている時点でもうおかしいのです。
そんな状態で、まともな物は書けません。
意味があるとすれば、書けないなりに書いてみて、書けないということを知ることでしょう。
小さくはないと思いますよ。
学生生活を満喫するか他の勉強をするかはお任せしますが。

念押ししておきます。
論文というのは、プロである大学の教員等々が、毎日研究活動をして、それで書ける物です。
プロ野球選手が毎日練習をしてそれで出せる結果、というのと変わりありません。
素人が片手間に書けるなら、プロの彼らなら毎日数報ずつ書いてしまうでしょう。
あなたは素人も素人、ド素人。しかもおそらくまともなトレーニングすら受けていません。
それでプロと同じようなことができる方がおかしいです。
己を知ること。それが卒論かもしれません。

そもそも、書いた方がマシな物なら立派な研究成果です。
4月から毎日朝から晩まで研究していたのならともかく、そうでないのにそんな成果が出せるわけがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かに、自分自身がどれだけ素人なのかはとても良く分かりました。書けないことを知れたことは意味のあることかもしれないですね。

お礼日時:2012/01/04 16:58

「怠慢」というよりも、プライドが高いんじゃないかな。


修羅場を知らない新社会人は会社をすぐ辞める、というので有名で、今じゃ会社の採用も、受験勉強を経験したか、追い込まれた状況で何かを成し遂げた経験があるか、を割と重視しているようです。

このあと、会社に入っても似たような状況はいくらでも出てくると思いますが、その時の練習のために、真剣に取り組んでみることをオススメします。
与えられた条件で、最良のものが、自分の納得のいかないモノでも、作れるかは、重要な経験だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かにプライドが高いのかもしれません。「こんなはずじゃなかった」と頭のどこかで考えてますし…。無駄な経験ではないですよね。もう少し考えます。ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/04 16:04

学部レベルの卒業論文で、満足のいく内容で纏められる人など、そう多くないでしょう。


既に学会発表して受賞した程度の論文を書いたことがあるというのなら、話は別ですが。

失礼な表現になってしまいますが、質問者さまが理由として挙げられている2つの理由は、
社会人からみたら、考えられない発想です。
そのままの考え方で就職されても、社会人として不適格と、いずれ会社側は判断するでしょう。

なぜなら、仕事のほとんどは、顧客からの依頼であったり、上長の命令です。
自分のやりたいことを優先してやるものではないからです。
無理難題であっても、相手が満足するまで、何度でもやり直して100点にする必要があります。
また、その仕事の成果についても、自分で判断するのではなく、他人から評価されるものです。

>研究分野がフィールド系で、季節性があったこと。
まともでない中途半端なデータしか取れなかったのが、就職活動があった状況を含めて、
現在の質問者さまの力量です。
また、実際問題として、4月から卒業研究をやっていたとしても、翌年になっても
中途半端なデータしか取れないという人はいくらでもいます。
それでも、卒業論文を作るのです。

>中途半端な卒論に費やす時間がもったいない
満足のいくものに仕上がるというのは、どういう状態であれば満足されるのでしょうか。
上記で「卒業論文のテーマがフィールド系~」
のためできない、とも書かれておりますが、
学部であれば、研究テーマは指導教授から与えられたものですよね。
質問者さま自身が自ら研究テーマの選定のできない段階で、
満足がいくまで仕上がらないからやらない。というのは、どういう発想なのでしょうか。

まだ、卒業論文を書くには一人立ちできない状態だからこそ、指導教授がいて、
テーマも決めてもらって、論文の内容自体も、できる範囲でベストを尽くすように。
と、質問者さまは甘えさせてもらえていることに気が付きませんでしょうか。

<潔く卒論をやめ、残りの学生生活を満喫、将来の就職に役立つ知識を学ぶほうが有意義
意味不明です。
仕事に納期のない仕事はありません。
「期日までに卒業論文の提出を諦める、物事に取り組む姿勢を改善するため」
だけでも、卒業論文に取り組む意義は大きいことでしょう。

やろうとして、中途半端なところまでしかできなかったというのなら、フォローのしようが
ありますが、始めからやらないというのは論外です。
知識やスキル以前の問題かと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。仰るとおりです。いろいろと言い訳に過ぎませんね。指導教授には今まで本当に甘えさせてもらいました。出来る範囲でと励まされてきました。その中で自分なりにやってきたつもりでしたが、それが苦しくて虚しくなってしまいました。完全に逃げですね。

お礼日時:2012/01/04 13:55

良かったじゃないですか、卒論が必修じゃなくて。



必修じゃないのなら書かなきゃいいだけの話でしょ?
ぶっちゃけ、今から書き出したってマトモな卒論が書けるとは思えないし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/04 13:39

>将来の就職に役立つような知識を学んだほうが有意義であるように思えてなりません。



ならば自分の持っているデータである程度の(ごまかしでない)資料(卒論)を作ることが有意義な学び方でしょう。
卒論ならば失敗してもこの卒論が卒業単位に必要でないですし、首にもなりませんからね。
データの乏しい場合の資料作りに十分役立つことでしょう。
そしてこの卒論に関してきちんと教授から評価、批評を聞ければさらに良い勉強になるでしょう。

「卒論」を「会議資料」にかえると

特に集中して調査をしなかればならなかった夏から秋にかけて、
私は他の仕事の真っ最中であり、ほとんど調査が出来ませんでした。
そのため、まともなデータが周りの友人に比べ、全く取れていないのが現状です。
周囲は「そうしたデータの中から言えることを言えばいい」と励ましてくれます。
しかし、私はそれがどうしても出来ません。こんな中途半端なデータで作る会議資料ならば、やらない方がマシだと思ってしまいます。

今月中には会議資料をまとめあげなければなりません。
それに費やさなければならない時間と労力は大きいものになると思います。
しかし、どれだけ時間をかけても、私のデータと能力を考えると、
満足のいくものに仕上がらないのは目に見えています。
それならば、潔く会議資料を作るのをやめ、残りの生活をより満喫しながら、
次の就職に役立つような知識を学んだほうが有意義であるように思えてなりません。

あなたがどういった職に就くかは分かりません。
でもこうなるのは目に見えてきそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。データの少ない中から資料を作る練習だと思うと少し卒論の見方が変わってきました。

お礼日時:2012/01/04 13:39

1か0か、というデジタル思考というか、


完璧主義は危険です。

全ての物事に「自分で完璧」と思えるものは無く
「完璧」と思えるまで修行するなら
数限りない困難と失敗を乗り越えなければなりません。

完璧に出来ないから(逃げ)、とか
他にやるべき有意義なことがあるから(逃げ)、
潔くやめる(カッコ良さそうに言ってるけど要するにできない言い訳)
なんて、ほとんど逃げ口上です。

「できる」を証明するためにはやってみせなければなりません。
卒論ができなかったんではなくてやらなかったんだと
言い訳したいのかもしれませんが、世間はそう見ません。
卒論くらいできて当たり前。できなかった奴はできない奴と
そう見られても悔しくないならいいんですが。

就職すれば時間が無くても形にしないといけないことなんて
日常茶飯事ですので、そういう1か0かという思考を
改めないと、この先大変ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やっぱり「逃げ」ですよね。完璧主義、というより、周囲の友人と比べてしまうところがあるのだと思います。劣等感の方が強くて、それで逃げているのだと思います。改めないといけないですね。

お礼日時:2012/01/04 13:37

 会社では考えられない思考だ。

会社では(80点=単位取得)ではリストラで、すべて100点でないとダメだから。悔しいなどという考えも、言われても仕方がないというのが、これからの世界だと思っておこう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/04 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒論できずに留年って・・・

現在、卒論作成真っ最中の4回生です。
この前、指導教員から「このままじゃ内容が全くダメだから、再提出になる。やり直せ。運が悪ければ留年だ。」と言われました。
卒論以外の単位は取れています。卒論が出来ずに留年することってあるのでしょうか?ちなみに、同じゼミで過去に卒論が原因で留年した人はいないと思います。

Aベストアンサー

よっぽど、卒論がひどい場合(剽窃が発覚した場合など)を除いて、必ず卒業できます。私のゼミの教授も提出する前までは「卒論がきちんと書けていなければ、留年もあり得る」などと厳しいことを言っていましたが、それはあくまで学生にきちんとした卒論を書かせ、期限までに提出させるためのパフォーマンスです。私もあまり卒論の出来が良くないと自分では思っており、卒業できるか心配していたのですが、口頭試問の時に教授から「卒業できる」と言われ安心しました。就職も決まっている場合、まず、卒業させてもらえるでしょう。

Q卒論が出来ない→卒業危うし??

毎回お世話になってます。
大学の卒論についてなのですが、10月が終わろうかという今の時期になってもまだ卒論が全然出来ていないというか、ゼミの教授に何回もやり直しをさせられて全然先に進めない(中身に入れない)状態です。このままでは単位は足りているし、内定も決まっているのに卒論が出来ずに留年になってしまいそうです。実際に卒論が出来ずに留年になった方って居られますか?またどこの大学でも卒論はこんなにやり直しばかりさせられるのでしょうか?焦燥感と疲労でうんざりです。千里の道も一歩からってまだ半歩も進めていないし・・・。だんだん教授が憎くなってきました。何かアドバイス等ありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お疲れ様です。
理系の方か文系の方かわからないのですが、文系だったらだいたい年内、理系だと1-2月の提出ですよね(実験という言葉が出てきていないので文系の方でしょうか…?)。
まず結論から言ってしまうと、よほど厳しい大学でない限り、卒論を提出できないなんてことはありません。
卒論を提出できなくて留年なんて学生を研究室から出してしまうと、先生自身がいろいろと面倒だからです。
そんな先輩いないんですよね。だったら大丈夫ですよ!
文系の場合、私の知っている人で最悪な例では、12月提出で、11月頃になって「そろそろ卒論でも書くか…」と、まるで授業のレポートかのようにして終わった人です。もちろん春からきちんと準備してた人もいますけどね。
理系の場合は言わずもがななのですが、大概は3年の頃から多少なりとも手をつけているもので、10-11月はそろそろデータをまとめて書き始める…といった頃でしょう。
ちなみに理系の私は、もう数え切れないほどリテイクされました。
思い出したくもないです(苦笑)
提出1週間前まで実験をしつつ卒論を書いていたので、文章のリテイクなんてそれこそ10月くらいから提出の数時間前まで何百回されたでしょうか…。まあ周囲にも似たような仲間が結構いましたけどね。
『教授が憎くなってきました』…よくわかります(笑)
だけど大体は自分の論文がダメなせいなので、文句言えないんですよね(^^;)
教授も良いものにしたいので何度も「書き直せ」と言うのだと思いますよ(教授が変な人で、そう言いまくってるんじゃないことを祈りますが…)。

期限が決まっているのに先行きが見えなくて焦りますよね。
本当に終わらないんじゃないか…って。
でも大丈夫、絶対出せます。学生の提出に教員の先行きもかかってますから(笑)
これだけやっているのだから、きっと良い論文になりますよ。頑張ってください!

お疲れ様です。
理系の方か文系の方かわからないのですが、文系だったらだいたい年内、理系だと1-2月の提出ですよね(実験という言葉が出てきていないので文系の方でしょうか…?)。
まず結論から言ってしまうと、よほど厳しい大学でない限り、卒論を提出できないなんてことはありません。
卒論を提出できなくて留年なんて学生を研究室から出してしまうと、先生自身がいろいろと面倒だからです。
そんな先輩いないんですよね。だったら大丈夫ですよ!
文系の場合、私の知っている人で最悪な例では、12月提出...続きを読む

Q卒論を出したけれど

某私立大学4年の者です。
卒業論文を提出したものの、
あまりのクオリティの低さに、不合格が心配です。
締め切りギリギリに書き上げたため、
殆ど見直しもせずに出すことになってしまいました。
まさに「適当」な論文になってしまいました。

実際、卒論の内容があまりにも稚拙で、
卒業ができなかった方いらっしゃいますか?
また、そのような人を知っていますか?

Aベストアンサー

 基本的に落ちません。内容がどんなにひどくても、短くても、あほでもバカでもルールさえ守っていればできるだけ卒業させるのが学部です(それは数値にひびくからです)。

 ルール違反とは何か。

(1)決められた文字、ページ、形式を守っていない(これはある程度、ゆるしてくれるとは思います)

(2)すべてがパクリである(これは発見した場合、教育者として認知できないということもあります)

(3)参考文献を記していない(冊数はたとえ3冊だろうが、慣用にみられる)

 以上はひっかかる恐れがあります。

Q未だに卒論の準備してないのはヤバイですか?(4回生です)

僕は就職活動を終えた4回生ですが、
卒論に関して全く準備していません。

何について研究しようかも迷ってるぐらいです。
やり方すらしりません。

これってヤバイですか?
みなさんはこの時期はどうでしたか?

これは僕の癖かもしれませんが、就職活動も3月くらい
から履歴書書き始めたり、大学受験も試験日の1ヶ月くらい前からしかしませんでした。

Aベストアンサー

とりあえず、就職内定、おめでとうございます。
後は卒業することに専念できますね。

文系の方のようですね。
私は理系出身なので、事情は違うと思いますが、気がついたことを、ちょっとだけ言わせて下さい。

実験の必要な理系でさえ、本格的に卒論の研究が始まるのが今頃になってしまう人は、たくさんいると思います。
就職希望者は内定をもらうまでは、就職活動の合間に大学に出てくるというのが実態だと思います。

また、大学院進学希望者の多い所では、院試が終わった今頃になって、ようやく実験が本格的に始まるという人が多いと思います。それまでは院試の受験勉強に専念することが黙認されているというのが実態のようです。

ですから、まだ絶望的ということはありません。
今あせりを感じ始めたということは、とても良いことだと思います。

>ゼミでも卒論指導はまったくなく雑談のみで終わります。
>教授も「なんでも出せばいいと言ってました」

そうだとすると、かなり甘い先生のようですね。
でも、一応、真面目にやろうとしているという態度は見せておいた方が良いと思います。

まずその先生のゼミの卒業生の卒論(大学院があれば、修論も)を調べてみて下さい。
大学の図書館か、その先生の研究室にあるはずです。
いくつか読んでみれば、テーマの選び方とか、論文の書き方とか、何となくつかめると思います。
まず、コレをやってみて下さい。「こんなふうに書けばいいんだ!」とイメージがつかめます。これだけでも、かなり気持が楽になりますよ。

先輩の卒論の最後の方を見ると、やり残した仕事が何なのか、つまりどんなことが今後の課題として残っているかが書いてあるはずです。それを参考にして、自分のテーマを2~3、候補を選びます。

それからゼミの先生の所に行って下さい。
「就職活動に追われていて、卒論の研究はなんにもしていません。もう遅いかもしれませんが、これからできるかぎりのことはしたいので、よろしくお願いします。先輩方の卒論は読ませていただきました。こんなテーマをやってみたいのですが、いかがでしょうか。」
ともちかけます。

たぶんその先生は、winerさんが真面目に卒論に取り組もうとしていることに好感をもち、アドバイスをして下さると思います。

卒論の書き方についても質問されていたので、ついでにこちらに書いちゃいます。
イントロ(序章)は背景説明ですから、先輩の卒論や文献に書かれていることを借用して、自分のテーマについて問題提起します。これは今すぐでもできますね。(ぶっちゃければ、CUT & PASTEみたいなものです。)「・・・以上のような成果を踏まえ、さらに・・・について明らかにすることを目的として本研究を行なった。」という言葉でイントロを締めくくります。

その後に自分の研究の内容を書きます。
この辺については、専門によって書き方があるので、先輩の論文を参考にして下さい。

実際に書く順序に関係なく、思いついた所から、どんどんパソコンに打ち込んでおきます。後で切り貼りして、どうでも修正できるのも、パソコンのありがたいところです。
少しずつでも形になったものができてくると、気持が軽くなります。

引用しそうな文献を整理しておきます。引用文献の入力もけっこう面倒です。時間があるときにやっておきましょう。

最後に謝辞を書きます。指導教授への謝辞を最初に書きます。後は適当でいいです。

まぁ、こんなところで、いかがでしょうか。
とりあえず、開始することはできますよね。
また何か疑問があったら、質問して下さい。

気が重い仕事は、腰をあげるまでが、一番大変なんです。
始めてしまえば、後は勢いで何とか。。。

がんばって下さいね☆

とりあえず、就職内定、おめでとうございます。
後は卒業することに専念できますね。

文系の方のようですね。
私は理系出身なので、事情は違うと思いますが、気がついたことを、ちょっとだけ言わせて下さい。

実験の必要な理系でさえ、本格的に卒論の研究が始まるのが今頃になってしまう人は、たくさんいると思います。
就職希望者は内定をもらうまでは、就職活動の合間に大学に出てくるというのが実態だと思います。

また、大学院進学希望者の多い所では、院試が終わった今頃になって、ようやく実験...続きを読む

Q卒論のテーマが決められない・・

 最近(去年から)、卒論のことで頭がいっぱいで、周りのことを考えられません。
昔から人と接する時は、反射的に笑顔になるのですが、友達・彼氏に会っても空元気で、

「卒論進んでる?」「さっさと適当に書いちゃえばいいんだよ」とか、
「卒論でお前は、いったい何がやりたいんだ?」など、

卒論の話題を聞かれると、意識しても笑えなくなり、気を落としてしまい、
周りに気を遣わせてしまいます。

それと、些細なことでも傷ついてしまいます。

父に電話で、「卒論はどうだ?」と聞かれて、「2ヶ月考えて、新しく決めたテーマも、先生と話し合って、変えないといけなくなった」と伝えて、「え?何、じゃあまた振り出し?」と言われただけで、涙が出てきてしまいます。

母は、私の弱気な発言に嫌気がさしていて、留年してからは、聞いてもくれません。

去年は、教育実習、介護体験、就活、卒論などで、精神的に参っていて、卒論が進まない不安・焦りで不眠、過眠、無気力、そしてまた焦りの繰り返しで、咳払いがとまらず、普段はおとなしめの性格なのに、大声で怒ったり泣いたりと、おかしな状態でした。

そんな状態だったので、卒論が完成できるか不安で、「後期休学したい」と言ったのですが、親や教務課の人からは「逃げない方がいい」と反対され、卒論を続けましたが、テーマもあやふやで決められず、今年の3月に、留年してしまいました。

留年してから、テーマを変えてやり直すことに決め、また図書館に頻繁に通って、「論文とは?」という基本的なところから勉強し直しました。
先生から、学術論文をたくさん読め、と言われ、今まで50本くらいは読んだのですが、それなのにテーマが決められません。


前、よく知らない教務課の人に、

「そんな性格だから、卒論のテーマも決められないんだ。」
「やっても、出せないのが一番最悪だよ。」

と言われ、
去年、4ヶ月毎日のように図書館に通って必死でやろうとしていたのに、何も知らない人に、簡単にそう言われて、悔しくて泣いてしまい、過呼吸になりました。

しかし、最近は、こんなにもテーマが決められなくて、教務課の人に言われたように、自分はダメな性格なんだ・・・と落ち込んでしまいます。

親に授業料を払ってもらっているので、やらなければ!!と思うのですが、やらなければ!!と思うと、余計自分が何をやりたいのかが見えないです。。。

前期の卒論提出まで、3ヶ月を切っているのに、テーマが決らず、絶望的です。
うちのゼミでは、調査をしなければならないので、半ば、前期卒業を諦めてしまっています・・・

何が言いたいのか、わからない長文文章になってしまいましたが、

どうしたらいいのかわかりません・・・・何かアドバイスをお願いします!!(>_<)

 最近(去年から)、卒論のことで頭がいっぱいで、周りのことを考えられません。
昔から人と接する時は、反射的に笑顔になるのですが、友達・彼氏に会っても空元気で、

「卒論進んでる?」「さっさと適当に書いちゃえばいいんだよ」とか、
「卒論でお前は、いったい何がやりたいんだ?」など、

卒論の話題を聞かれると、意識しても笑えなくなり、気を落としてしまい、
周りに気を遣わせてしまいます。

それと、些細なことでも傷ついてしまいます。

父に電話で、「卒論はどうだ?」と聞かれて、「...続きを読む

Aベストアンサー

 教務課の人が何を言おうと、研究する苦労はまじめに研究しようとする人にしかわからないと思います。ご両親がその辺を理解できないのも、ある意味仕方ない面があるのかもしれません。

 とはいえ、何とか気持ちが楽になるアドバイスを、と考えさせていただきました。(調査という言葉から、文系の研究室をイメージしています)

○テーマ(というか「問い」)が、よい論文かどうか決める要素の7~8割を占めるので、そこで苦労しても不思議はない

○まじめに書こうとしすぎる人ほど書くのが難しくなる
 卒業さえできればよいとか、なるべく手抜きをして書こうとする人ほどあっさり論文を書いてしまったりします(質はともかく)。逆に、自分のやりたいことと完璧にマッチする、すばらしい水準のものを書こうとすると、それだけでプレッシャーだと思いますよ。
 自分に要求する水準を、少し下げてはいかがでしょうか。ひとまず制限ある時間と資源を使って、書けるものを書く、というふうに。あなたは大変まじめそうな方なので、そう思ってもいい加減な論文にはならないでしょう。

○テーマを選択する基準
 大きく分けると、(1)自分の興味関心が持てそうな分野から探す、(2)学問分野の流れのなかで、論点になっている部分から探す、ということでしょうか。これは自分に合いそうな方法を選ばれたらよいでしょう。

○卒論に求められる水準、許容範囲を把握する
 これは研究室によってかなり異なり、ひどいところでは2冊の本を混ぜながら写すだけで通ったりするので、先輩のものなどを見てみてください。
 ただ、基本的に卒論はほとんどの場合お蔵入りして日の目をみません。周りの人がいかに誇らしげに話を振ってきたところで、広い目で見れば所詮その程度です。あまり気にされないように。

 最後に、何をやるにしても体が資本ですから、健康に十分注意して作業してください。前期に卒業するメリットが絶大でなければ、多少余裕をもてる後期卒業でもいいのではないでしょうか。半年分の授業料くらい、働けばすぐに返せますよ。

 教務課の人が何を言おうと、研究する苦労はまじめに研究しようとする人にしかわからないと思います。ご両親がその辺を理解できないのも、ある意味仕方ない面があるのかもしれません。

 とはいえ、何とか気持ちが楽になるアドバイスを、と考えさせていただきました。(調査という言葉から、文系の研究室をイメージしています)

○テーマ(というか「問い」)が、よい論文かどうか決める要素の7~8割を占めるので、そこで苦労しても不思議はない

○まじめに書こうとしすぎる人ほど書くのが難しくなる
...続きを読む

Q卒論で鬱になってしまいました

現在大学4年生です。卒論を書いています。

まちづくりに関しての卒論を書いており、
対象地を自分の地元に設定していました。
自分は建築学科で研究室は歴史的建築物保存などをやっています。
当初、自分もその線で卒論を進める予定でしたが、
地元にはそういったものはなく、テーマを変えて研究することになりました。

地元に帰ってはアンケートを取るなどしていました。
地元の人はとても優しく、親切にしていただき、
アンケートも順調にとることができました。
それはよかったのですが、そのとき卒論を地元に提出すること約束してしまったのです。

そして今アンケートをもとに卒論を書いているのですが、
もともと私のアンケートの質問が下手だったせいもあり、
うまくまとめることができないでいます。

卒論提出まであと2週間ですが
うまく書けないプレッシャーと
卒論を地元に提出しなくてはいけないプレッシャーで
押しつぶされそうになっています。

やらなきゃいけないと思ってパソコンに向かうのですが、書く気になれず、
不安で最近は眠ることもできません。

もう限界です。
なにが質問なのかもわかりませんが
自分ではどうしようもなくなってしまいここに書いてしまいました。

現在大学4年生です。卒論を書いています。

まちづくりに関しての卒論を書いており、
対象地を自分の地元に設定していました。
自分は建築学科で研究室は歴史的建築物保存などをやっています。
当初、自分もその線で卒論を進める予定でしたが、
地元にはそういったものはなく、テーマを変えて研究することになりました。

地元に帰ってはアンケートを取るなどしていました。
地元の人はとても優しく、親切にしていただき、
アンケートも順調にとることができました。
それはよかったのですが、そのとき...続きを読む

Aベストアンサー

プレッシャーに押しつぶされそうになり、涙ちょちょぎらせ、しょんべんチビそうになりながら書くのが卒論というものです。そうやって書くということに卒論の意味があるのです。(修論もそうだけどね。)あとから見れば、2~3日あれば書けたように思えるのも卒論です。2週間もあれば充分です。自分をどのくらい信じられるかが試されているのです。まずはハッタリで書き、辻褄は後で合わせれば良いのです。頑張って下さい。良い卒論になりそうですね。

Q提供した卒業論文の内容が非常にまずく、毎日、内定あるのに卒業できないん

提供した卒業論文の内容が非常にまずく、毎日、内定あるのに卒業できないんじゃないかと不安で吐き気がします。

何をやっても楽しくない、何を食べても美味しくないで辛いです。

自分はダメ人間で、もう消えたいとも思います。
この気持ちをどう持っていったらいいかわかりません。少し楽になりたいです。

Aベストアンサー

お気持ち分かります!
私は女性なのですが、いつまでたっても卒論の準備が整わず、ギリギリに追い込まれてから何とか仕上げたのですが、我ながら痛々しい内容になりました。
その後発表会なども胃の痛くなるような時間でしたが、何とか無事に卒業できました。(もう十年も昔の話です)
企業などに提出する成績表?って未開封できますよね?
私はそれを開けたことはないし、未だに卒論の点数を知りません。
怖くて知りたくもないし、卒業できたからよしとしました。
でも、すでに結婚して子供もいる今でも夢を見ます。
まだ準備すら始めていなくて、周りに取り残されるような夢。悪夢です。
こんなことを書いて、さらに気分を害されたらすみません。
こんな私の最低のものでも、一応通過できたと言いたかったのです。
そうそう落第とか付けないと思うのです。
生涯にかかわることですから、教授も甘くせざるを得ないですよ。
安心して、卒業できたらお仕事張り切ってくださいね。
卒論の分を取り返すつもりで頑張れば、逆にいい結果を出せますよ。
お疲れ様でした。幸運をお祈りしています。

お気持ち分かります!
私は女性なのですが、いつまでたっても卒論の準備が整わず、ギリギリに追い込まれてから何とか仕上げたのですが、我ながら痛々しい内容になりました。
その後発表会なども胃の痛くなるような時間でしたが、何とか無事に卒業できました。(もう十年も昔の話です)
企業などに提出する成績表?って未開封できますよね?
私はそれを開けたことはないし、未だに卒論の点数を知りません。
怖くて知りたくもないし、卒業できたからよしとしました。
でも、すでに結婚して子供もいる今でも夢...続きを読む

Q結果が出せない卒業研究の事で

 現在応用化学系の4年生で1ヶ月半後に卒研発表を控えています。進路も他大学の院に決まっています。
 今悩んでいるのは卒業研究のことなんですが、この時期になっても研究で良い結果が出せません。結果がまったくないわけではありませんが、今のままの結果では発表や論文作成は厳しいと思っています。担当の先生とも話し合いをしているのですが、良い方向に進みません。
 他大学の院に行くので、今のままの結果を残して研究室を去るのは心苦しいです。また最近では、こんなことで修士に進んで良いのだろうか、自分は研究するのに向いていなく院に進む資格が無いんじゃないか、と毎日のように思っています。
 そこで、理系の大学をでた方でこの時期に結果が出ていなく苦労した人っているのでしょうか?もしいましたら卒研発表・論文作成をどのように乗り切ったか教えてもらえないでしょうか。それと、こんな私は院に進まないほうが良いのか教えてください。回答お願いします。

Aベストアンサー

研究はいい結果を出すのが目的ではありません。
いい結果が出なければ出ないなりに研究成果になります。
そもそもいい結果が出ないという時点で、やる前から結果に合わせて
研究を構成しようと考えている証拠です。
これは根本的に間違った考えだと思います。
研究の目的、実験方法、実験結果、考察、課題・・・をまとめて一つの
論文にするのが研究です。
論文の評価は、必ずしもいい結果ではありません。

Q卒論提出せずに卒業してしまいました

私は現在社会人一年目です。
実は、大学4年の時に、卒論を提出せずに卒業してしまったことが心に引っ掛かっています。
私が出た科は卒論を提出します。
しかも、私が出た研究室では、大学の締め切り一週間前に教授が用意した和紙の表紙に紐で綴り、それを大学に提出するのですが、それを提出せずに卒業してしまいました。
そもそも何故提出しない事態になってしまったかというと、
大学3年の時に卒業した研究室に入ったのですが、他の学生から、私が他分野のこと(具体的には書道)が得意であると聞いた教授が、4年時から偶然、その大学に勤務することになった書道の教授に卒論の指導をしてもらうよう勧めてくださったのです。
私は書道の教授に挨拶に行きました。
でも、私が出た大学にはそれまで書道の研究室がなく、また、その書道の教授も、大学教授一年目で、書道の分野でどう論文を書くのか、私は分かりませんでした。
さらに、「進路が決まったら来て下さい」という言葉に甘えてしまい、就活に専念しましたが、9月まで内定はもらえませんでした。
10月に、大学でとった教員免許を活かして東京の学校法人に進路が決まり、そこから卒論のために本を読みはじめたのですが、どう論文を書いたら良いかいっこうに分かりません。
そのまま12月まで時が流れてしまいました。
どうにか研究室の先輩の論文を参考にして書いたものを、書道の教授に見せたら、
「引用ばかりでページを稼いでいる。中味がない」
とだけ言われ、とうとう研究室での綴じ込みの日になってしまい、私は気持ちからか、熱を出して、集まりを休んでしまいました。
その後、研究室の教授に、
「最後まで書いて差し替えたい」
と申し出たのですが、書道の教授からはアドバイスをもらえず、どう書いていいかわからないまま、卒業式を迎えてしまいました。
私は研究室の教授に申し訳ないと思いながら、社会人として働き始め、途中の論文をアパートに持ってきました。
今更提出しても遅いと思いますが、ちゃんと書いて提出したいと思ったからです。
しかし実際に仕事を始めると、朝7時から夜22時まで働いて、夜は眠ってしまい、週末はストレスで胃が痛む日々で、手を付けられませんでした。
また、大学にどれだけ質問できる環境があったのか思い知りました。
この悩みを打ち明けられる人もいないので、何かしらコメントをいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

私は現在社会人一年目です。
実は、大学4年の時に、卒論を提出せずに卒業してしまったことが心に引っ掛かっています。
私が出た科は卒論を提出します。
しかも、私が出た研究室では、大学の締め切り一週間前に教授が用意した和紙の表紙に紐で綴り、それを大学に提出するのですが、それを提出せずに卒業してしまいました。
そもそも何故提出しない事態になってしまったかというと、
大学3年の時に卒業した研究室に入ったのですが、他の学生から、私が他分野のこと(具体的には書道)が得意であると聞いた教授...続きを読む

Aベストアンサー

No.4の補筆です。

>すでに単位がついているなら,いまさら提出しても意味はないです。

卒論未提出で単位不足の状況では,教授会での「卒業認定」を通りません。だから,まちがいなく卒論の成績はついています。

前述のように,指導教員が卒論の成績をごまかしていれば,あなたが「私は卒論を提出していない」と事務部に申し出ると,その教員に迷惑をかける結果になります。まずは成績証明書を確認してください。

単位がついていても書き直さないとあなたの気が済まないなら,書き直した原稿と,おわびの手紙と,菓子折を大学気付の教員宛に送ればいいと思います。

Q大学4年で、卒論が完成せず留年

私は現在、地方国公立大学の教育学部に在籍している大学4年生です。
卒業後の進路として、他大学の大学院への進学が決定していたのですが、
卒業論文がもはや完成させることができそうにもなく、留年しそうです。
なんとか卒論発表はしたのですが、先生方からの評価は最悪のようで、発表した30名ほどの中で「最低のレベル」、だったそうです。
卒論のテーマは大学4年の4月には決まったのですが、その後、テーマのレベルの高さ、やりたい事とのずれ、自分ひとりしかいない研究室、ということもあって、見る見るうちにやる気がなくなってしまいました。
夏の大学院試験は、なんとか拾ってもらうようなレベルで合格したのですが、もはや大学院に行く気力はなく、就職活動に切り替える気力もありませんでした。研究室にも積極的に行くことはなくなり、鬱のようになり、家でゲームばかりしていました。
そんなこんなで、卒論発表の一週間前になり焦りだして急いでまとめたので、「最低のレベル」の発表になりました。
担当教員からは、「卒論のレベルに到達していない。今まで何をやっていたのか。卒業させてあげることはできない」と、言われました。
論文の提出期限まで後2週間弱なので、今からでもなんとかなる、と思い
一生懸命やりはじめたのですが、担当教員の言葉で、もはや心が折れそうです。
もし留年になり、ひとりぼっちで今の研究室にもう一年いなければならない事を考えると気が狂いそうです。将来の夢や目標もなくなってしまいました。何かアドバイスを頂けないでしょうか。

私は現在、地方国公立大学の教育学部に在籍している大学4年生です。
卒業後の進路として、他大学の大学院への進学が決定していたのですが、
卒業論文がもはや完成させることができそうにもなく、留年しそうです。
なんとか卒論発表はしたのですが、先生方からの評価は最悪のようで、発表した30名ほどの中で「最低のレベル」、だったそうです。
卒論のテーマは大学4年の4月には決まったのですが、その後、テーマのレベルの高さ、やりたい事とのずれ、自分ひとりしかいない研究室、ということもあって、見る見る...続きを読む

Aベストアンサー

様々な事に挑戦しましょう。そして、失敗しましょう。恐らく失敗をしようとして失敗をする人は、あまりいません。
しかし、経験がない事に挑戦すると初めは誰でも失敗します。

背負っている物が少ないうちにする失敗は、その後の財産になります。成功よりも失敗からの方が多くを学べます。
また、成功よりも失敗の方が理由を分析しやすい傾向があると思われます。
(成功の分析結果は単なる勘違いである場合もあるかも知れません)

ただし、人生を台無しにしてしまうような取り返しのつかない失敗は
やめましょう。失敗し過ぎない程度に多くの失敗を重ねましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング