(1)銀行や郵便局の預金/貯金の利息にかかる税金(国税/地方税)については、申告すれば還付される例があるそうですが
その条件/申告方法を教えて下さい。

又、(2)社内の財形貯蓄(証券会社委託にて公社債投資信託型のもの)を解約した際に徴収される源泉徴収分は同様に申告すれば還付されるのでしょうか?

以上、当方恥ずかし乍ら確定申告や控除申請等この分野について無知な為、アドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

利息は源泉分離課税といい、あなたが銀行等から利息(手取り)を受け取った段階で、納税が終わるのが普通ですけれども???



還付された例をご存知ですか。
宜しければ、お教えください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1310.HTM

この回答への補足

古い話ですみません。税額控除の申請というのはそれに当たりませんか?

補足日時:2001/07/27 00:29
    • good
    • 0

2ktさんが回答されている通り、


(1)預貯金の利息や、(2)公社債投資信託による所得、
にかかる所得税は、
源泉徴収された段階で全て完了し、
原則、還付されません。

昭和63年3月31日以前のものや、
海外への投資にかかわるものなら、
還付される可能性もありますが。

あと、0801さんが法人である場合は、
話が全く変わってきますが、
文章を読む限り、そうではないですよね。

私の知る限り、還付は無理だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長期公社債投信で住宅財形は安全でしょうか。

 バブル時に、長期公社債投信で住宅財形を始めた者です。最近、MMFなどが元本割れしたり、長期公社債投信の制度が変わり安定性が以前に比べて落ちたなどの報道があり、不安に思っています。
 バブル時は、利率が良かったことと、貯蓄性より投資性を重視したこと、元本割れをするリスクを考えなかったことで、長期公社債投信を選びました。4年程前に、非課税枠を超え、現在、積み立てを休止しています。
 将来、家を買いたいと思っており、つみたてくんで40万円11回コースを終わっており、一般財形が200万ほどあります。
 このふたつで、公庫からの融資は十分だとしましたら、不安を感じている長期公社債投信は解約して、より安全な貯蓄商品に預け変えるべきでしょうか。

Aベストアンサー

状況が変わりました。
ニュース等でご存知だと思いますが、米国電力会社エンロンの社債が債務不履行になる可能性が高く、同社債を組み込まれた投資信託の元本割れの可能性があります。

早急に当該投資信託の保有明細を入手し、然るべき措置を講じることをお勧めいたします。日米ともに社債の倒産が増えそうですから、信用リスクは増大しているとご認識ください。

至急、ご検討ください

Q確定申告で医療費控除と主婦のパートの源泉徴収税の還付の両方を申告すると医療費控除で戻る額が変わりますか?

今年は主婦である私が60万円ほどのパート収入を得て、所得税が2880円引かれました。(源泉徴収表もあります)
確定申告をすると税金で引かれた全額が戻るとパート仲間に聞きました。

毎年、医療費控除の申告をして還付金を受けてきました。今年も医療費がかさみ確定申告をしますが、
今回、パートの所得税の還付を合わせてすること、主人の収入と私のパート収入が加算され医療費の還付金額が減るのかどうかが気になります。
2880円の私の所得税を還付するために、医療費の還付金額が減るのであれば…夫の収入での医療費控除のみ行い、私の所得税の還付申告はしない方が賢明なのかなぁ、と迷っています。

確定申告のシステムも良くわからないので、その点についてご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

税金の計算は、個人個人で行います。

質問者さんが、源泉徴収された所得税を還付してもらうのに、確定申告したからって、ご主人の収入に質問者さんのパート収入が加算されるわけじゃありません。
それぞれ申告しても、奥の方では合算されるって事も、ありません。

結論として、質問者さんが還付申告したところで、ご主人の収入や医療費控除の申告には何も影響しません。ご主人の医療費控除の申告をするために、質問者さんが還付申告を遠慮する必要性はありません。
(ただし、ご主人の、配偶者控除・配偶者特別控除の部分は間違えずに申告してくださいね)

Q国税還付金について教えて下さい

先日、主人の国税還付金振込み通知書が送付されてきました。

主人は実家の会社に勤めているので、手続きも経理担当の主人の母に書類を渡して代行してもらっています。
書類は住宅ローンの残高表、生命保険の証明書、火災地震保険の証明書
だったと思います。

子供が生まれてここ数年3年ほど、還付金が23~24万程あったのですが、今回は15万と、結構すくないのね・・という感じです。
あてにしていたので余計ガックリ。

これまでと、所得がすごく変わったというわけではないので
どうしてこんなに差がでたかな?と思っています。
多少お給料額が減ったことと、私の所得が昨年24万ほど
あった、主人が保険に入った、という事くらいしかかわったことはないのですが、これで10万近く還付金が違うものなのでしょうか?

主人の母には直接聞きにくいので、どなたか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

住宅ローン以外の可能性としては定率減税ではないでしょうか。
昨年度までは20%を一律引いていましたが、H18年度は10%、19年度からは0になります。
私はこれで損した気分になりましたが、19年度からは更に損するわけですね。

Q17年度の還付申告と今年の申告

私は主人、主人のご両親と同居の被扶養者、派遣社員です。
去年の2月妊娠中毒になり入院し、自然分娩で出産致しました。その時の費用は中毒症で入院とあり、子供も低出生乳児として入院し全部で29万程かかりました。その時主人の家族に一緒に医療費控除しようとしたら
「既に医療費が10万超えてるから申告はしてもしなくても変わらない」
と言われそれを鵜呑みにして申告いたしませんでした。後で実兄に聞いたところそんな事はない、申告すればよかったのに。と言われ初めて申告しなくてはいけないことに気づいたのですが既に申告時期が終わっていた為時期を逃してしまいました。なので出産費用の申告はもう出来ないと諦めていたとき、こちらで還付申告という言葉を知り、申告できるのではないかと思い質問させて頂きました。
あと、今月の終わりに中絶を致します。只今3ヶ月末になり、胎児に異常がありやむ終えず中絶を致します。そこで、医者には胎児の異常で中絶は出来ないから経済的な理由でしますよ、と言われています。費用は10万くらいだそうですが、これは今年の申告に医療費控除として申告できるのでしょうか?
素人で知識がない為わかりづらいかと思います。

あと、一応派遣会社でも年末調整はありましたので、今年の分は生保を添付して提出致しました。
宜しくお願い致します。

私は主人、主人のご両親と同居の被扶養者、派遣社員です。
去年の2月妊娠中毒になり入院し、自然分娩で出産致しました。その時の費用は中毒症で入院とあり、子供も低出生乳児として入院し全部で29万程かかりました。その時主人の家族に一緒に医療費控除しようとしたら
「既に医療費が10万超えてるから申告はしてもしなくても変わらない」
と言われそれを鵜呑みにして申告いたしませんでした。後で実兄に聞いたところそんな事はない、申告すればよかったのに。と言われ初めて申告しなくてはいけないことに気づい...続きを読む

Aベストアンサー

還付申告は5年さかのぼってできますが、この質問は状況が違うようです。
「既に医療費が10万超えてるから申告はしてもしなくても変わらない」
ここをよく調べないと、何とも言えません。この言葉の裏に、すでに申告する分で税金がすべて還付されるという状況であれば、医療費を増やしても何も変わりません。そういう状況なら、この言い方は正しいです。払った税金が還付の限度です。
それから、仮にそうでなく医療費を追加したい場合、一度確定申告しているので、修正申告になると思います。
事情を調べて、税務署に相談して下さい。

今年の医療費は、年明けに還付申告できます。

Q源泉徴収税の還付金

このような初歩的な質問で申し訳ありません。

昨年以降の源泉徴収税の還付金額を知りたいのですが、
どこに聞けば教えてくれるでしょうか。

※因みに私は会社員で、昨年、会社にて源泉徴収の手続きをしてもらったのですが、
会社の経営が厳しかったため、未だ会社からそのお金が支払われていないのです。

Aベストアンサー

前の質問も拝見させて頂きました。

源泉徴収票も給料明細ももらっていないのですね。
給料明細が1年分あれば、ちょっと勉強すれば自分で計算することも可能なんですが。

多分税務署に問い合わせることになると思います。

それと、5・6月頃に住民税が天引きならば、住民税に関する役所の発行した資料が会社からもらえると思うのですが、これと各種控除(保険・住宅・医療など)の金額がわかれば、ある程度逆算できたと思います。

源泉徴収票は年内に転職する場合は絶対必要なので、退社した場合は絶対もらってください。

あまりにもひどい会社のようなので、労働監督基準局などにも相談に行った方がよいと思います。

頑張ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報