システムメンテナンスのお知らせ

スパイを拷問する本当の目的は、本当の情報を暴露させることではなく、嘘を白状させることだと小説で読みました。
(たしか24 Season 7の小説版だったと思います。)

私がネットで調べた拷問については、主に苦痛を与えるためや刑罰の拷問であり、何かの目的があっての拷問はあまり見かけませんでした。
「本当のことを喋らせるために使う拷問として一番有力なもの」と言ったらどういうものがあるでしょうか。

拷問といったら歴史かなーと思い、このジャンルで質問させて頂きます。

gooドクター

A 回答 (7件)

マックラで広くない部屋に放り込みます(ベッド。

そしてトイレか、そのためのバケツはあり)。ドアの下には小さい扉(外からしか開かない)があって、食事は不定期な時間に与えます。もちろん、囚人からなにを聞かれても答えません。

2週間でなんでも吐くそうです。「あの部屋にまた行きたいか?」と脅せばいいのです。

最前線とかで急ぎなにかを吐かせたい場合の方法ですが、

椅子に固定して、頭になにかかぶせる(目隠しでもいい)
質問をして、その後30秒後ごとにカラダのどこかに激痛を伴うこと(なにかを刺す等々)を行う。この時、同じ場所をやらないのがコツ。

刺される間の30秒、という時間の恐怖(次はどこをやられるか)に耐えられなくなって、たいがい吐くそうです。

拷問は白状させるだけではなく、見せしめの意味もあります。旧い絶対王権の時代に、あの人なら拷問されないような高貴な貴族を拷問すると、「あの人でも拷問されるのか」という見せしめになるからです。
ついでに、このことをウワサにして流します。貴族の横暴に困っている庶民は大喜びです。
    • good
    • 0

 ご質問の趣旨からは多少逸れてしまうかも知れませんが,取調べ段階で拷問が行われるのは,客観的真実を白状させるためではなく,取調官にとって都合の良い事実を白状させるためのものです。

昔の刑事司法では,被告人の自白がないと処罰できないと定めていたところが多かったため,拷問して無理矢理にでも自分の罪を「自白」させ,処罰を正当化する必要があったのです。
 被疑者に「自白」させるための拷問にどのようなものがあったかは,あまりに多すぎてここには書ききれません。相手を死に至らしめない程度の拷問は,大体この目的で使われていたものと推測されます。
    • good
    • 0

囚人のジレンマ


を検索してみてください
真実を吐かせるてっとり早い方法です

真実を喋らすのに拷問は不要です
仲間割れや精神的に追い詰めるが大事です
    • good
    • 0

>「本当のことを喋らせるために使う拷問として一番有力なもの」と言ったらどういうものがあるでしょうか。



中国公安部。
1.秘密施設に拘束。(外部との接触を一切絶つ)
2.全裸にし「たばこの火」を押しつける。
3.殴る蹴るの暴行。
4.全裸姿の写真をインターネットでばら撒く。
5.生き埋め。
(中国の人権活動家・反体制派作家の余傑氏が、ワシントンの記者会見で体験談を述べた)

韓国情報部(保安観察法?)。
1.電気椅子の拷問。
2.殴る蹴るの暴行。
3.「チュリ」という朝鮮半島伝統(李氏朝鮮独特)の拷問。
(1)椅子に座らせて。
(2)足を縛り。
(3)足の間に棒をいれ。
(4)てこの原理で、骨を折る方向に力を加える。
(5)骨が折れたり、脱臼を起こす。
※韓国では現在、この拷問(チュリ)は「韓国を併合した日本が考案した拷問」として、独立以降大々的に世界中に反日宣伝に利用中。

北朝鮮。
韓国の拷問に、独自の技術・理論を加えて暴行。最後は、公開処刑。

アメリカ・ロシア・イスラエルは、有名なので省略。
「嘘を白状させるためでなく、本当のことを喋」の回答画像4
    • good
    • 0

ご質問の趣旨から逸れると思いますが、


「本当のこと」や「本音」を言わせたければ、有効なのは拷問や脅迫などよりも、誘導尋問でしょう。

「問うに落ちずに語るに落ちる」という言葉があるくらいですから。
    • good
    • 0

 今やっていないと信じたいのですが、昔の警察は被疑者に自白させる為に、拘留可能時間(警察で48時間・検察で24時間の最大72時間)を可能な限り目一杯使って、自白しなければ寝させないと言うのをやっていたとか…。


 (実行する為に、弁護士の接見すらのらりくらりと受け流してたとか…。)

 後たまに、スパイ物で出てくる自白剤も、耐え難い苦痛を与える事を目的で自白させる物と、対象者の思考能力を低下させる事で、誘導尋問に引っかかりやすくさせる物が有ります。
 
 思考能力を低下させる身近な物だとお酒が近い効果がありますね。
 酩酊状態で思わず口走った事(正常な状態なら考えても口にしないような事)で後に、素面になった後、激しく後悔するのは、酒好きなら一度はやった事があるとは思いますが、思考能力を低下させる自白剤というのはその機能特化版みたいなものです。
 (まあ白状しなくとも血圧や鼓動や発汗などの症状を嘘発見器が検知させ易くする…。)

 最後に

>「本当のことを喋らせるために使う拷問として一番有力なもの」

 古今東西で一番有効な物は、その対象者の一番大切な人を殺傷陵辱するぞと脅す or 実行する事かと…。
 自分に対しての痛みはどれだけでも我慢できても、大切な人が苦しむ様を平然と見ていられる人は滅多にいませんから…。
    • good
    • 0

CIAにも入りたくて質問してるのかな?おてやわやかに。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング