新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

新築の介護施設を完成させてもらったばかりの者です。
半年ほどかけて設計士(意匠専門と自ら言われます)に相談し、入札した工務店さんに建築してもらいました。入札前の話し合いでは、施主としていろんなアイデアを出していましたが、肝心の設計図書に反映されておらず、施工業者はそれを元に建築しますので、工程会議では変更に次ぐ変更ばかりで、ほとほと疲れました。
幸い、工務店さんは旧知のなかで施主の意向を理解してもらい、設計士は「蚊帳の外」状態で建築は進みました。結局、設計図書と大きく異なる竣工図となりそうです。引渡し時に竣工図を要請していたところ、各下請けの詳細図を工務店さんがまとめて製本してくるとのこと。これじゃ、なんのために高額の設計、監理料を払っているのか、釈然としません。
いい加減な設計士に依頼した自分を責める毎日です。
常識的に竣工図は誰が書き、だれの責任で発行するものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

変更内容や施工状態の是非に関しては他の方の心配ももっともですが、ご質問の主旨ではないと思いますので置いておきます。




完成図(竣工図)は簡単に言えば、「完成建物に合わせた設計図書(の修正図)」で、施工図(下請けの詳細図がこれに当たります)の製本とは異なります。
もちろん、施工図の製本もあったほうが良いのに越したことはありません。

では、「誰が完成図(竣工図)を書くのか?」ということですが、それは設計図書に記されているはずです。
まず、設計図書に指定されている『使用する標準仕様書』を御確認ください。
大抵の標準仕様書では『完成図の作成』についての項目が記されているはずで、多くの場合、請負者(施工者)が作成し工事監理者に提出するようになっているかと思います。
それなので、そのように書かれていれば完成図の作成は施工者の請負契約業務の範囲内ということになります。

多くの場合、作成する(通常は修正する)図面の範囲は設計図書の「特記仕様書」に規定されているはずです。「配置・案内、概要、平・立・断面図、仕上表、その他」どこまでの図面を作成するかが記されているはずです。
このあたりは個別に指定しているはずなので、特記仕様書、標準仕様書の内容をお確かめになるのが賢明かと思います。

上記で、完成図が「工事監理者に提出」となっているのは、施工者が作成した完成図が実際の建物の内容と相違ないことを監理者が確認し(通常は施工者、監理者押印の上)発注者に納めるということを意味しています。

…というのが、ごく一般的な設計・工事監理業務、施工業務の区分ですがそのような区分も上記の仕様書に記されていますので、万が一、このあたりすら明確になっていない設計図書で契約をなさっていたりする場合は・・・
(契約書に完成図に関する内容の記述があれば、通常はそちらが優先されますが、そのような記載がされていることはまずないのではないかと想像します。)


>常識的に竣工図は誰が書き、だれの責任で発行するものでしょうか?
一般的には、施工者(請負者)の責任で作成し、監理者の責任で発行されていますが、先に記しましたように、それらは設計図書(及び仕様書)の記載に基づいてなされていることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細にご記入頂き、有難うございます。

設計図書を見ると、「特記仕様書1」(特記が1-5ページまであり、標準仕様書はありません)に、工事図面等の項目として、「書式は監督員の指示により工事図面3部、完成図面3部、製本して提出する」とあります。
ここでいう監督員とは設計士のことでしょうか?誰が誰に、どの範囲までといった具体的な記載はありません。ただ、皆さんが仰るように、多くの設計士は竣工図は書かない、と理解しました。

これまで、inonさんが仰るように「竣工図ですが、これをまとめるのは設計者の役割です。設計者は全体の流れを一番知っている存在でないといけません。施主の代理人ですからね。」と思っていました。特に、今回のように、無責任で無能な設計士であれば、反省の意味を含めて、施工業者にアタマを下げて詳細図を集め製本されるべき、と考えていましたので。

ほかの皆さんが心配されていた建築申請と実際の施工の乖離はありません。引き戸の変更1ヶ所、あとは浴槽の位置の変更くらいです。最大の問題は木工家具のデザインでした。入札前に設計士が提案したデザインがとても実用的ではないと話し、施主自らの提案を手書きにして図面化するように依頼していたにもかかわらず、設計図書にそのまま記載し、下請か工務店、木工製作所にもそのデザインを強要していたのです。最初は、設計士に遠慮して、その案を面と向かって否定する者はいなかったのですが、施主が代案、しかも実用可能な案を事前に相談していたことが分かり、設計士の立場がなくなりました。その後は、その設計士抜きに打合わせを行い、デザインを練り直し、製作・完成となりました。もちろん、事後承諾として、工務店から設計士に報告はしています。プライドを傷つけられ、不愉快な気持ちになったろうと思います。施主をサポートすべき設計士がエゴを通して、無能ぶりが露呈されたのですから、出入りの下請け業者からも失笑され、現場にもなかなか顔を出さなくなりました。

完成した施設は、素晴らしいアイデアが詰まっており、施主と旧知の地元工務店仲間が作ったマスターピースと思っています。先の完成図面は、誰に提出するとは記載してありませんので、工務店社長に連絡して3部とも施主預かりにしたいと思います。

一晩で、こんなに多くの方々の意見を伺うことができました。皆さん、ご投稿頂き、有難うございました。

お礼日時:2012/02/14 22:44

常識的かどうかわかりませんが、通常は施工業者さんがかきます。

竣工図の意味は、将来的なメンテナンス・増築・改修にしようされるために、必要になるため作成すると思います。現場管理を25年間専門にしていますが、かかなかったのは1回だけです。これは、設計事務所が無茶をいいはじめ(以前にやらないことになった内容を復活させ)、費用0でおしつけてきて会社の上層部が意義をとなえかかなくて良いという事になったためです。役所や大手設計事務所さんは、今でも金文字製本をいってきますが、これは重要な書類だからだという意味だと解釈しています。まず設計屋さんはかきません。
完成書類として通常は完成図製本と施工図製本(協力会社さんの作成したものも含む)を作成し施主に提出します。
完成図をしようする例は、過去に施工した建物の増築や改修工事を社内設計する場合に利用します。特に電気設備・機械設備は必ず必要になります。現在はCADでの作成なので、デ-タ-もわたしています。建築ではJWW というCADソフトで作成していることが多いと思います。機械やさんはAUTO CAD 電気・機械設備は専用CAD が多いようです。
    • good
    • 0

設計を生業にしています。


設計監理者を差し置いて、最初のプランを変更して大丈夫でしょうか、確認申請どおりに建物が建っているのだろうか?
どちらが悪いかは判断できませんが、確認申請書に設計監理者と銘打ってあれば、瑕疵があった場合、先ず責任は設計事務所に或いは施工者と設計者にいきます。
設計屋さんはそのあたり分かっているのだろうか疑問です。昨今非常に設計事務所の責任が重くなっています。

さて、竣工図ですが、これをまとめるのは設計者の役割です。設計者は全体の流れを一番知っている存在でないといけません。施主の代理人ですからね。
    • good
    • 1

いくつか、用語の思い違いがあるようなので、まとめておきます。



設計図(正しくは「設計図書) 建築士が書いた、最初の図面。普通は確認申請に使った図面のことになります。
施工図  現場の人が、設計図を元に、実際の工事での条件を加味して「こんな風に作ります」という意味で書く図面。工事の種類によっては作られないものもある。
竣工図  今後の増築等のために残す、最終的に採用された図面、あるいは最終的に工事中に出た変更を記入した図面。新たに1から書き直すことは普通ありません。

>幸い、工務店さんは旧知のなかで施主の意向を理解してもらい、設計士は「蚊帳の外」状態で建築は進みました。
どこが「幸い」なのでしょうか? 私には「不幸にして」としか思えません。せっかく
>半年ほどかけて設計士(意匠専門と自ら言われます)に相談し、
なのに、建築士が締め出しをくらっていては、「工務店の思うがまま」に工事が進むのは当然でしょう。
本来なら、手抜き工事などあった場合は、それを見つけなかった「工事監理」にも責任が及びますが、この状況では責任を問うことも難しいように思います。(裁判のことは専門外ですが)

なお、
>(意匠専門と自ら言われます)
は、新耐震規準(S56年の改正建築基準法)以降、構造設計が難しくなり、事実上、建築士は意匠設計と構造設計に専門分化された形になりました。施主との打ち合わせは、ほとんどの場合、意匠設計者が行います。
    • good
    • 3

設計をする立場の物ですが、私たちは設計図の中に「特記仕様書」なる物を作っています。

その中に工事中に提出する施工図や承認願等だけでなく瞬工事に竣工図面の冊数から、保証書などの提出書類まで詳しく書いています。

工事施工者は設計者から図面のデーターを借りるか購入して施工図もそれから作り、完成時には現場と同じ状態に書いた竣工図と、合わせて変更後の内訳明細書を作らせて追加増減の変更契約により工事費の生産をします。

介護施設で県等の補助金を頂いていれば、それらの提出も求められるはずです。

設計士なる正式資格はありませんが、建築士が設計をして監理をしますから、工事の変更の確認等場合によれば役所への変更申請等も含めて行う必要がありますし、監理者を入れずに変更や工事を進めてしまう工務店も出鱈目です。

勿論建築士がしっかりしていないからですが、済んでしまっては仕方がありません。
    • good
    • 1

施工図は現場サイドの監理者が描くのが普通かと思います。


戸建の住宅の場合は、設計士が工事監理者を兼務することが多いと思うので、
一緒になっちゃいますが。
介護施設は工事監理者が有資格者でなくてはいけないはずなので、
1級建築士の方が工事監理していると思います。
通常その方か、その方の指示のもと監理・施工サイドが描くと思います。
    • good
    • 1

大手ゼネコンOBです。


竣工図はゼネコンが書きます。
設計事務所は詳細の把握ができていませんから、ゼネコンが
専門工事業者を含めて取りまとめて提出します。
    • good
    • 2

。工務店さんは旧知のなかで施主の意向を理解してもらい、設計士は「蚊帳の外」状態で建築は進みました


であれば当然そうなりますよね。

工務店とかってにやった設計をはなれてしまったものに設計士は何を書けと。
決まった仕様変更を要求したのは誰ですか。
ふつう施主は監理を依頼している監理者に仕様変更を含め相談し対処を決めます。
そこを飛ばしてしまったのだから監理者がいみなくなっているのはとうぜんでしょう。
仕事の進め方がまずかったのだと思います。

そもそも竣工図は設計時の契約にはいっているのでしょうか?
普通入っていないと思います。
    • good
    • 0

竣工図なんて誰も書かない



竣工予想図は設計士さんや設計士さんが外部委託したデザイン屋さんやパース屋さんが描きます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q竣工図をくれないんです・・・

新築で家を建てました。
間取り図と、仕様書等はもらいましたが、
配管や配線、柱の位置等の、家の内部が分かるものが欲しいので、竣工図を欲しいと言うと、企業秘密もあるので渡せないと言われました。
一般的に、くれるものでは無いのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして、こんにちは。
私は某ハウスメーカーで働いている者です。
私の会社では施主様が望めば給排水図面・電気図面・構造材伏図はお渡ししています。ただ、質問にあります建築会社の企業秘密として図面を渡さない気持ちも分からなくもないです。

質問者様には不愉快な話かもしれませんが、No.1様の回答にもありますが、建築会社というものは、引渡し後のリフォーム・メンテナンスを引き続き請け負いたい物です。

もちろん、施主様にはリフォーム会社を選ぶ「選択の自由」はあります。
が、競合他社に対して情報を漏らしてしまうのは不利になってしまいますので、その予防措置として、図面を公開していないのだと思います。

私個人の私見では、図面を渡さない=悪質。にはならないのですが。(同業者という事で、同情できる部分があるんです)

あと、HMということですので、「もともと図面を作っていない」というのは有り得ないと思います。

QJWcadをPDFファイルに変換するにはどうしたらよいですか?

今、JWcadを使用しているのですが、PDFファイルに変換するのに手間がかかって困っています。
手順としてはこんな感じでやっております。JWcadにてDXFかjwcかに変換→ベクターワークスにてJPEGに→イラストレーターにてPDFに変換といった具合です。この場合ですと、レイヤー分けしている分が全て表示したままPDFに持っていく事となり、レイヤーを一つずつ取り出さないといけない感じです。かといって、DXFをそのままイラストレーターで開くと縮尺がおかしくなってしまいます。(前述も縮尺はおかしくなってしまいますが・・・)
他にはベクターワークスでEPSFファイルに変換後イラストレーターにという手順も行ってみたのですが、なぜか文字化けしますしレイヤーもごっちゃになってしまいます。
なにか良い方法はないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

PDFに変換するソフトを使ってはいかがでしょうか?フリーソフトでもいくつかあります。
私は市販のソフトですが「いきなりPDF」でJWcadの図面をPDF化してます。印刷時にプリンタの設定画面で「いきなりPDF」に設定するだけだから、いちいちデータ変換する手間も無く便利ですよ。

QDXF形式の図面をJw-cadで開くことができない

建築平面図をDXF形式でもらいました。
図面を作成するのにJw-cadを使っていますが、DXF形式で開くことができません。
以前は開くことができたのですが、今回頂いた平面図は表示させても小さな線が2本あるくらいです。どうしたらJw-CADで表示させることができますか?教えてください。

Aベストアンサー

>「線数」が「0」になっていました。
↑単純にファイルが壊れている可能性が有りますが
再送をお願いでき、先方のCADが
AutoCADならDXFのバージョンをR12にしてもらって下さい。
>建築平面図をDXF形式でもらいました。
Eメールで貰ったのでしょうか?
メールで添付ファイルで送って貰う時は、
フォルダーにファイルを入れてZIPなんかの圧縮フォルダーに
して貰うと、破損する確立が少なく成ります。

いま有る読み込めないDXFファイルを、メモ帳で開いて見て下さい。
DXFのバージョンとAutoCADで作成された物かが分かる場合が有ります。
http://www.farchi.jp/faqman/index.php?op=view&t=28
また、Autodesk社からAutoCADのファイルDWGやDXFを
見る事の出来るViewerが無償で提供されています。印刷も可能です。
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?id=9149770&siteID=1169823
DXFのバージョンと出力されたAutoCADのバージョンが分かります。
DXFをJWWで読み込んだ時、先方のAutoCADと見え方に違いが有りますので、
これで、確認が取れます。残念なのは、DXFのバージョンを変換出来ないのです。(DWGは出来ます)
このViewerで見る事が出来るのなら、JWWで読めないDXFのバージョン
ですので、フリーのDXF変換ソフトか先の回答で、ご紹介した
JacConvertで変換してから読み込むと良いでしょう。

>「線数」が「0」になっていました。
↑単純にファイルが壊れている可能性が有りますが
再送をお願いでき、先方のCADが
AutoCADならDXFのバージョンをR12にしてもらって下さい。
>建築平面図をDXF形式でもらいました。
Eメールで貰ったのでしょうか?
メールで添付ファイルで送って貰う時は、
フォルダーにファイルを入れてZIPなんかの圧縮フォルダーに
して貰うと、破損する確立が少なく成ります。

いま有る読み込めないDXFファイルを、メモ帳で開いて見て下さい。
DXFのバージョンとAutoCADで作成...続きを読む

Qjw-cadで線の太さを変えたい。

あらかじめ基本設定で基本的な線色、線幅を設定してあるのですが、
ちょっとここは太めの線で描きたいなと思う時に、太い線を簡単に描く方法はないでしょうか?

今までは基本設定でわざわざ線を新たに設定し直しておりました。

線属性のパネル(添付画像)を使ってもっと簡単に線の太さを変えることはできないでしょうか?
添付画像のように線幅を222のように設定しても太い線を掛けません。

やり方が分かる方がいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

済みません。
トンチンカンな答えをしてしまいました。

質問に貼り付けてあった線種選択ダイアログ画面の上にある、「SXF対応拡張線色・線種」にチェックを入れると、線属性という別画面に切り替わります。
そこで、好きな線色を選び、下の方の線幅(1/100mm単位):基本幅18の欄に数字を打ち込めば変化させる事が出来ます。
JWの通常の線幅設定とは異なる数値ですが、別のCADソフトとのやり取りは、こちらの方が元に近い形で受け渡せます。
その為、こちらでの設定に慣れていた方が、仕事には使えます。

Q建築図面、竣工図の読み方を教えてください。

どんな人でもでも分かるように、建物の竣工図(電気関係)の読み方の、説明方法を探しています。
図面の記号などの図面を見れば良い、初歩的な事ではなく、少しなら難しくても構いません。
大至急お願いします。

Aベストアンサー

>どんな人でも分かるように

よく聞くことで、耳障りはいいですが、この場合のどんな人でもとは 誰を想定していますか
例えば、私の社内で 誰にでもわかるように というと二つありまして、
1.社員ならだれでも (つまりは大人相手)
2.社員の内技術系の一通りの基礎のわかっている人 

今回の場合は1の大人ならだれでも に近いのかなと思って書いています。
電気の図面を見る場合、大人が知りたいのはどこから、どこへ電気が流れている と言うのがメインになると思います。

単線結線図などで
(1)太線ところが主回路なのでそこだけ見てもらう。
(2)グリグリがついているところはつながっている。
(3)途中の開閉器記号は何か気にしない。
(4)できれば開放している機器には×を記入する。
(5)図面が分かれているときには名前で追う(キュービクルで受電して、分電盤へ(ML-○) で、分電盤の中身が知りたいときはML-○の図面を見る)
(6)実際の機器の場所が知りたいときは(何て名前だったかな)建物平面図に電気機器が図示してあり、線でつながっている図面

こんな感じでどうですか

つまりは 「どんな人でも」と言っても、本当は誰に(子どもか大人か、知識レベルは?)何を説明したいのかを汲みとってみると答えが見えてくるかも知れません。

>どんな人でも分かるように

よく聞くことで、耳障りはいいですが、この場合のどんな人でもとは 誰を想定していますか
例えば、私の社内で 誰にでもわかるように というと二つありまして、
1.社員ならだれでも (つまりは大人相手)
2.社員の内技術系の一通りの基礎のわかっている人 

今回の場合は1の大人ならだれでも に近いのかなと思って書いています。
電気の図面を見る場合、大人が知りたいのはどこから、どこへ電気が流れている と言うのがメインになると思います。

単線結線図などで
(1)...続きを読む

Q施主が受け取る設計図面について

現在、ハウスメーカーで建設中(壁組み中)の者です。間取り図や基礎伏図、各部屋の状況がわかる断面図(絵)、電器配線の絵、耐力壁計算の図や敷地配置図などはもらっているのですが、詳細な設計図面はうけとっていません。根太、stud、梁、金具の配置などが書かれている実際の棟梁が見て建てていると思われる図面です。通常、これはもらえないものなのでしょうか?強く要求していいものでしょうか?建てた後でも内部構造がわかるので是非ともほしいと思っています。工法は普通の2X4です。

Aベストアンサー

No4の方の回答を見てびっくりしました。良くそれで納得されましたね。図面を渡さないというのは私は不正をしていますよと言っていると思われても仕方ないですよね。
それはさておいて、質問者さんがおっしゃっておられるのは構造図のことだと思います。勿論それがないと家が建たないので存在します。2×4なら基礎伏図、各階縦枠図、軸組図等七枚ぐらいかな(図面の構成で増減はあります)それらの図面を要求するのはあなたの当然の権利です。将来何かあった場合どうやってチェックしますか、壁の中の部分を。
と言うことで強くメーカーに要求してください。
ちなみに私の関わったメーカーは図面を全てそろえて施主に渡していましたよ。(私は図面を作成する側でした)

Q建具の枠見込について教えて下さい。

建具を選択する際ですが、内部建具、サッシともに枠見込によって枠を選択します。例えば、内部建具の場合、固定枠90、155、169などとありますが、訳も分からず壁厚を上回る寸法で枠見込を選択しています。どなたか意味が分かれば教えて下さい。すみません、建築の知識が乏しいので、噛み砕いて説明して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

1の方がお答のように壁の仕上げ面から枠の端(ちり寸法)をどの位とるかで内部建具の見込みを決定します。例えばLGSで45角のSTUDを使って12.5mmの石膏ボード両面仕上げの場合壁の厚さは45+12.5x2=70mmとなります。これに90mmの枠を取り付けると(90-70)/2=10mmがちり寸法となります。ちりは10~15mmくらいが普通ですからこれでOKです。このように、柱(あるいは間柱)+両側の壁の仕上げ厚に10x2~15x2を合計したものが枠の見込み寸法となります。

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

QJWCADの寸法表示を大きくしたい

JWCADで寸法表示の文字サイズを大きくしたいです。「寸法」>「設定」で表れる画面に「文字種類」という項目がありますが、これで文字種を選べるのだと理解しています。しかし文字種10(幅10、高さ10)でもまだまだ小さいのです。もっと大きくしたいのですがどうしたらよいでしょうか。

Aベストアンサー

 文字の大きさは任意に変えることができます。
 寸法文字に指定している文字種を基本設定で指定し、そこで「横」、「縦」、「間隔」、「色」を設定します。「横」~「間隔」の蘭に入力する数値はmm単位です。このとき、「既に作図されている文字のサイズも変更する」にチェックを入れると、作図済みの文字データで任意サイズではない文字については、変更した文字サイズとなります(変更していない文字種についてはそのまま)。

Q建築面積、延べ面積の計算方法について

建築面積、延べ面積の計算方法について教えてください。
住宅が四角形(2階)だと仮定して、

建築面積は 柱芯×柱芯+庇などの突起したものの投影面積

延べ床面積は 1階の柱芯×柱芯+2階の柱芯×柱芯
(庇などは含めない)

で宜しいのでしょうか?
柱芯と壁芯とでどちらを計算に使うのか解らない時もあるのですが、なにか定義ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されるとみなされるからです。
greensnakeさんの言われるように庇先端より2mを超える部分が床面積に計算されるのもその為です。
玄関ポーチや、ピロティー、ロフト等などにもそれぞれ床面積に算入するかどうかの基準があります。

駐車場(屋内)は延べ床面積には算入されますが、容積率の計算に1/5までは算入しなくてもよいという緩和をしてもらえます。

敷地に余裕があれば細かいことを考えなくて良いのですが、ぎりぎりの敷地ですと、確認申請時にいつも行政庁との攻防(相互の見解の主張)が起こります。まあそれは設計士の仕事ですが。

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されると...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング