『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最近マラソン前は油物を控えるものだと初めて知りました。
これまでマラソン大会前日は毎年とんかつで当日は酷い痛みで必死に走ってました!! その事を親に訴えると「以前テレビで学生時代高橋尚子は勝つ=とんかつと願掛けで食べてたから真似した。だからとんかつが悪いわけじゃない!せっかく作ったのにケチをつけるなんて!」と、怒鳴られました。
私が間違ってるでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔(4-50年前)は験を担いで「敵に勝つ」にかけ、テキにカツといって、前日の夕食にはトップ選手でもステーキととんかつを食べていました。

これはスポーツの神話時代の事実です。ただ、さすがに、こんなことやってたのは30年前が限度でしょ、運動栄養学が発展するにつれてなくなりました。今でも、遣っていたとはちょっとびっくり。

基本は既に出ているように、数日前から消化吸収のよい炭水化物主体の食事に切り替えます。脂質は消化器に負担が掛かる(消化器だってエネルギーを消費します)ので出来るだけ控えるようにしてください。当日の食事も同様で2-3時間前に消化の良い者を摂取します。なお、カーボローディングは簡単にできるわけではなく、消化器と肝臓などがそれに対応できていなければ負担になるだけですから、前日にパスタをガバガバ食うのはやめておいた方が良いです。
    • good
    • 1

マラソンに限らず、試合の前日や当日は揚げ物やステーキ類は控えたほうがいいということは定説です。


通常、スタミナをつけるには糖質が必要ですが、
揚げ物には脂質とタンパク質が豊富に含まれているため消化に時間がかかり、人によっては胃腸に負担をかけ、スタミナダウンの原因になります。
親の世代では、それが正しいということだっただろうし、高橋選手がしていたら、そう思っても仕方がないかもしれませんね。
確かにあなたが怒りたくなる気持ちは分かります。でもきっと親もあなたのためを思って一生懸命考えてやったことだから、素直には認めたくないのではないでしょうか。
その点は感謝してもいいことだと思います。
「気を使ってくれてありがとう」とだけ言って、話を終わらせた方がいいかもしれませんね。
    • good
    • 0

>以前テレビで学生時代高橋尚子は勝つ=とんかつと願掛けで食べてたから


この話は初めて聞きました。

確実にわかっていることは、実業団に入ってからの高橋選手はカーボローディングの
実践者です。カーボローディングとは食事を消化しやすい炭水化物中心にすることです。
タンパク質は代謝するとアンモニアが発生するので、運動機能を阻害します。
しあkし、アスリートはキン肉を付けるためにタンパク質の摂取は不可避です。
ですから、試合の数日前から炭水化物を中心とした食事に切り替えるのです。

とんかつたタンパク質だけでなく、消化しにくい油分も多く、マラソンにはかなり
ハンデになるでしょう。じゃりん子チエがゲタでマラソン大会に出るのと同じでアス。
彼女はそれでも2位になりましたが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陸上選手の食生活(高校2年生)

現在、陸上部に所属している高2の男子です。
いままで、特に気にせず食事を摂っていたのですが、最近気になりはじめました。

自分は中距離(1500m)を主にやっています。
日々のトレーニングはもちろんですが、食生活から見直してタイムを向上させたいです。
現在は朝食(ご飯1杯+納豆のみ)、昼食(弁当)、夕食+たまに軽食(菓子など)、夜食(インスタント)という感じです。栄養やカロリーなど特に気にしてません。
やはり1日3食が理想なのでしょうか?

例えば、お菓子は陸上選手によくないですか?
でも、時々スナック菓子のような美味しいものが欲しくなります。
体に良さそう?な菓子(イメージ的にカロリーメイト等)ってどうなんですか?

食生活についてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

高校生の時期は、適当な食生活でもそれなりにどうにかなってしまうのですが、それでも改善の余地は多いです。

基本的には、常に炭水化物(ご飯・パン・パスタ)、タンパク質(肉、魚、豆類、乳製品)、ビタミン・ミネラル(野菜・海藻類)のバランスを取った食事にしましょう。

具体的にいくと

朝はご飯+納豆だけですから全体的に栄養不足(特にビタミン・ミネラル)。最低でも味噌汁、海苔、卵、野菜のおひたしやサラダ、あるいは野菜ジュースをつけましょう。

10時ごろに1回目の間食。小さなおにぎりや果物を1個程度

お昼はご飯とおかずのバランスが取れたお弁当を腹八分目に。

3時ごろに1回目の間食。内容はおにぎりや果物に牛乳を加えます。

練習後は牛乳や果汁100%ジュースで栄養補給。

夕食も栄養バランスが取れたものにして腹八分目。

夕食後に練習(あるいは勉強)するなら、夜食。内容は間食のときと同じで牛乳や果物を中心にする。

こういった感じが理想になります。食べる回数は多いですが、1回の食事で満腹になるまでは食べないのがポイントです。

また、練習の前後に必要なエネルギーである炭水化物(おにぎり・果物・ジュースなど)とタンパク質(牛乳)を十分摂取することで、体を追い込む&素早い疲労回復を狙います。なお、しっかり運動するなら、タンパク質が多めに必要になるので、牛乳の代用としてプロテインを使うと効果的です。

それから人間は、スナック菓子のように油っこいもの、甘いもの、口当たりのいいものを食べるとストレス解消になります。
また体が疲労したり、勉強などで脳を使って糖質が不足した状態になると、強烈な食欲がわいたり、甘いものが欲しくなってイライラしたりします。ですので、完全に止めろとは言いません。

とはいえ、あくまでも趣味や健康レベルでスポーツをしている人ならともかく、レギュラーになりたいとか、大会で入賞などを狙おうというならある程度自分をコントロールすることも必要です。

なお、カロリーメイトは、パッケージを見れば分かりますが、脂質が非常に多い食品なのでオススメしません。そうでなくてもそうした食品に頼ると肝心な栄養素が摂れなくなることがままあります。

オススメの間食としては、脂質が少ない果物やおにぎりのほかに、あんぱん、ジャムパン、センベイ、和菓子(饅頭、ヨウカン、どら焼き)などです。
これらに牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を組み合わせて、ほどほどに摂るのがいいでしょう。

チョコやポテトチップスなどのスナック菓子は週1~2回にとどめましょう。また、夜食についても同様で、カップ麺などよりは上記のようなものをごく軽くつまむ程度にすべきです。

いずれにしても「食べたいだけ食べる」というやり方でなく、「必要な分を必要なだけ食べる」という意識を持つようにして。食べ過ぎに注意するようにしてください。

高校生の時期は、適当な食生活でもそれなりにどうにかなってしまうのですが、それでも改善の余地は多いです。

基本的には、常に炭水化物(ご飯・パン・パスタ)、タンパク質(肉、魚、豆類、乳製品)、ビタミン・ミネラル(野菜・海藻類)のバランスを取った食事にしましょう。

具体的にいくと

朝はご飯+納豆だけですから全体的に栄養不足(特にビタミン・ミネラル)。最低でも味噌汁、海苔、卵、野菜のおひたしやサラダ、あるいは野菜ジュースをつけましょう。

10時ごろに1回目の間食。小さなおに...続きを読む


人気Q&Aランキング