今日映画「ラストサムライ」を観てふと疑問に思ったのですが、たぶんモデルとなった西南戦争時代の武士の戦闘服?ってどういうものだったのでしょう?
映画では戦国時代のような鎧兜を身につけて闘っていましたが、これはフィクションだと理解しています。
それとも本当に当時でも鎧兜を身にまとい戦っていたのでしょうか。
私の記憶では戊辰戦争の頃にはすでに鉄砲・洋装だったと思います。

※映画にケチをつけているわけではありません。
映画はフィクションですのであれはあれでいいのですが、単純な疑問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは



アノ設定された時代(mole_mole さんの指摘している西南戦争時代頃)は、西洋よりの戦術、戦闘方式は日本に紹介され、熱心に学び教育した藩もあります。それらの藩は、やはり洋装が主で、火縄銃も西洋式に改装された銃を用いました。

一方、心得ある武士階級の人々は、戦国時代と同様の鎧兜を身に付けてもいました。
戦国時代同様の鎧兜は実戦に使用する実具として「働きの甲冑」と呼びますが、江戸の泰平期にはほとんど需要が無く、江戸期には、先祖の武功を称える伝来をつけた虚飾の多い飾って見栄えの良い鎧兜を主に作っています。
これは「飾り甲冑」とよび、現在の5月人形のような物です。当時の工芸の芸術品でも有ります。

で、幕末期に、にわかに世の中が騒がしくなると鎧兜の必要性が出てきましたが、残念ながら、虚飾の多い江戸期の鎧兜は実戦にはあまり向いていないので、戦国期から残っている物(先祖伝来とは少しニュアンスが違います。)を修理したり、勿論、働きの甲冑の先祖からの伝来品があれば、其れを着用して、戦に望みました。

ですから、アノ映画での鎧兜を着用しての戦闘シーンは、フィクションではないでしょう。むしろ、虚飾の少ない「働きの甲冑」を使用している事など、史実をよく分析していると思います。

余談ですが、幕末期の武士には鎧兜着用の心得の無い人も多く、袖を左右逆に付け着用法を間違っている武士の姿が写された写真が、現在に伝わっています。

少しでも参考になけば、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
大変お詳しい様子で参考になりました。
そういえば先日のドラマ「龍馬がゆく」でも、長州の来島又兵衛の一群が鎧兜で戦闘していました。
確かに、この映画はハリウッド作成の日本物にしては時代背景・日本の様子などが比較的正確に表現されていたと思います。

お礼日時:2004/01/04 18:53

西南ノ役での薩軍の服装について


「天変の椅子(日露戦争と児玉源太郎)」
 古川薫著 文春文庫より引用します。

◆幹部(将校?)の服装
・近衛・鎮台に奉職していたころの制服(軍服)
・警視庁の警部・巡査の制服
・海軍将校の正装
・詰襟、背広の平服
・燕尾服に山高帽(村田新八)

◆その他
・将校は、上衣の上から白木綿の兵児帯を締め、腰に一刀、真紅の隊旗を持ち、ズボンに脚絆、草鞋をはいている。
・一般兵士は陸軍や巡査の制服もあれば、筒袖・股引という姿もまじっていた。
 (”姿は一見珍妙”との描写あり)

小説ですので、100%正確かどうかはわかりません。(小説自体は大変良い内容でした)
薩軍に和装の者が多かったイメージはありますが、はたして甲冑を身に着けた者が戦闘に参加したかどうか。

幕府が倒れる以前の第二次長州征伐では、英国から輸入したミニェー銃を装備した長州軍が幕府軍を破りました。
戦国時代の甲冑では、最新式の洋式小銃の小銃弾を防ぐことができないことは、西南戦争の時代にはすでに明確になっていました。
従って、西南戦争の戦場に甲冑を着込んだ兵が参加していた可能性は低いと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
様様なご意見があり参考になります。
私も小説で読んだものは洋装だったと思っていたのですが、そうでない場合もあるようですね。
でも幕末ならいざ知らず、明治に入ってから10年もたっているあの時代に鎧兜は無いんじゃないかと思いました。

お礼日時:2004/01/04 18:56

私が以前に読んだ小説でも同じでしたよ(どの小説だったかは失念してしまいました)。

旧来の武士階級は昔ながら(先祖伝来)の鎧兜に身を固め、民兵中心で西洋の指導を受けた側は洋装でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
>旧来の武士階級は昔ながら(先祖伝来)の鎧兜に身を固め、民兵中心で西洋の指導を受けた側は洋装でした。

あながちフィクションでも無かったのですね。
参考になります。

お礼日時:2004/01/04 18:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戊辰戦争と西南戦争の違い

戊辰戦争と西南戦争の違い
って何でしたっけ‥??
どっちも 旧幕府vs新政府
でしたか‥?
西南戦争は西郷さんが指揮してて‥、
もうよく分かりません(; ;)

この2つの戦争って
どんな理由で起きたのですか?
しょうもない質問でスミマセン↓

Aベストアンサー

戊辰戦争

旧幕府を、薩長他勤皇諸藩の官軍(明治新政府)が妥当した戦い
薩摩藩士・西郷隆盛は、官軍東征大総督府下参謀として
官軍を指揮、幕府を降伏させた。

西南戦争

西郷は、陸軍大将・参議など歴任するも征韓論で破れ、
鹿児島に引退し、私立学校経営に余生を送った。
ところが明治10年、鹿児島の士族が反政府暴動を
起こし、西郷を擁立し東京をめざした。
しかし、近代兵器を駆使した徴兵制の帝国陸軍に、
西郷の指揮する旧武士団は壊滅、城山に切腹した。

Q戊辰戦争

今度、会津に行くので戊辰戦争について学んでいます。

鳥羽伏見の戦いで幕府が勝てた可能性はあったのでしょうか?
長岡藩(会津より石高が半分以下?)がなぜあんなに抵抗できたのでしょう。河合なんとかという人のおかげですか?
会津の武器は旧式だったのですか?
庄内藩は勝っていたということを聞いたことがありますが本当ですか?

たくさん質問があってすいません…

Aベストアンサー

>鳥羽伏見の戦いで幕府が勝てた可能性はあったのでしょうか?
兵力的には、この時点では勝利の可能性がありました。
一番の敗因は錦旗を西軍が手にしたことだと思います。
錦旗が立つということは、西軍は皇軍と認められたことであり、それに歯向かうことは帝(天子)に歯向かうことになります。
天子に歯向かえば楠木正成の例ではないですが、何百年に渡り逆賊として歴史に名を残すこととなり、これを恐れいくつかの藩は寝返り、会津藩でさえも躊躇せざるえを得ないこととなりました。
大樹も逆賊として名を残すことを恐れ、交戦派(都守備の要)だった会津藩主・桑名藩主を引き連れ江戸に帰還し、東軍総崩れとなりました。

>長岡藩(会津より石高が半分以下?)がなぜあんなに抵抗できたのでしょう。河合なんとかという人のおかげですか?
河井継之助によるものが一番と強いと思います。
当時世界でも最新鋭だったガトリング砲(マシンガンの様な連射砲)を採用し、西軍に大きな被害をもたらしました。

>会津の武器は旧式だったのですか?
西軍に比べると旧式です。
鳥羽伏見で西軍が用いていたミニエー銃を、鳥羽伏見後に東軍も採用し、会津藩でも採用しましたが東軍は更に最新のスナイドル銃やスペンサー銃を用いました。
銃は武士が持つものではないという、当時の考え方の影響が強いと思います。
東軍は下級武士や農民層も多く、銃火器の使用に拘りがありませんでしたが、会津藩の上級武士が指揮しており、銃火器よりも武士であれば刀や槍をと言う考えが強かったのです。
降伏前日の戦でも、鶴ヶ島城には2000丁以上(だったはず)の銃が残ったまま、白兵戦を挑み多くが討ち死にしています。

>庄内藩は勝っていたということを聞いたことがありますが本当ですか?
事実です。と言うよりも大きく負けることなく降伏しています。
スナイドル銃を西軍同様に備えたことも何度も買った大きな要因だと思います。

会津いいですね。
私も昨年は行けなかったので、今年こそ!

>鳥羽伏見の戦いで幕府が勝てた可能性はあったのでしょうか?
兵力的には、この時点では勝利の可能性がありました。
一番の敗因は錦旗を西軍が手にしたことだと思います。
錦旗が立つということは、西軍は皇軍と認められたことであり、それに歯向かうことは帝(天子)に歯向かうことになります。
天子に歯向かえば楠木正成の例ではないですが、何百年に渡り逆賊として歴史に名を残すこととなり、これを恐れいくつかの藩は寝返り、会津藩でさえも躊躇せざるえを得ないこととなりました。
大樹も逆賊として名...続きを読む

Q鎧兜

平安末期から鎌倉にかけて武士の鎧兜は劇的に変わります。それ以前はどんな格好をしていたのでしょうか。

Aベストアンサー

鎧、兜の歴史は多くの本に書かれていますが、最近のものとして  
 ベスト新書 「図解武器の日本史」 戸部民夫著  がよいでしょう。

Q織田信長の鎧兜

五月人形で、織田信長と徳川家康が着ていた、鎧兜が売っていましたが、実際にその実物の鎧は発見されたのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の意図がようやく分かりました。
信長公の着用した具足と家康公が着用した具足それぞれではなくて、信長公と家康公が「共用した(あるいは信長公が着用した具足を下賜した)具足」だったんですね。

でしたら「おそらく存在しない」でしょう。

一つには信長公と家康公の関係は「一応は同盟関係」なので、主従関係の様に「褒美として具足を与える」なんて事は失礼だからです。もちろん「贈り物」としてどちらかがどちらかに具足を贈る事はあり得ます。ただし、その場合は「自分のお古ではなくて新品を誂える」でしょう。お古が喜ばれるのは主人が家臣に授ける場合だけです。

その点で主従関係にない信長公と家康公が「同じ鎧を使う事」は相当に考え難い事です。
特に戦国時代以降、よほど貧乏な武士でもなければ、基本的には自分の具足は自分で誂え、よほどの謂れでもなければ代々受け継ぐなんて事はありません。ましてや家康公は信長公の御家中でもありませんから、まず、考えられないかと思います。

件の鎧と前回の回答で三番目にご紹介した「鎧」と同じ型式ならば、まず「家康公も信長公もどちらも着用してはいないだろう」と言えます。時代が違いすぎるので。
一番目の物と二番目の物は「南蛮胴具足」と言う型式ですが三番目の物は「大鎧具足」とでも言うべき物で、江戸時代中期以降にしか見られない型式です。

ご質問の意図がようやく分かりました。
信長公の着用した具足と家康公が着用した具足それぞれではなくて、信長公と家康公が「共用した(あるいは信長公が着用した具足を下賜した)具足」だったんですね。

でしたら「おそらく存在しない」でしょう。

一つには信長公と家康公の関係は「一応は同盟関係」なので、主従関係の様に「褒美として具足を与える」なんて事は失礼だからです。もちろん「贈り物」としてどちらかがどちらかに具足を贈る事はあり得ます。ただし、その場合は「自分のお古ではなくて新品を...続きを読む

Q戊辰戦争で、なぜ東海道では戦闘がなかったのか?

こんにちは。

戊辰戦争といえば、鳥羽伏見に始まり、東山道での甲州勝沼、北陸~東北での長岡や会津、それに函館の戦いが有名なところです。

一方、東海道では、戦いがなく、いきなり江戸城開城に至ったかのような印象があります。
尾張は徳川御三家のひとつであり、駿府は駿府城代が治める幕府直轄領なのに、なぜ戦闘がなかったのか、不思議で仕方ありません。

いろいろ調べるうち、第一次長州征伐の総大将(参謀は西郷)であり、藩内佐幕派を処罰(青松葉事件)したりした、尾張藩主の徳川慶勝という人物がキーパーソンのように思えました。次の将軍を誰にするかのゴタゴタで幕府中央に嫌悪感があったのか、鳥羽伏見の直後に逃げた慶喜への怒りなのか・・・?
それとも、東海道軍にいた西郷の外交手腕で戦闘が回避されたのか・・・?
・・・わかりません。

なぜ東海道では戦闘がなかったのか、ご存知の方おられましたら、ぜひご教示下さい。
また、参考になる書籍やウェブサイトを教えてくだされば幸いです。
どうぞよろしくお願いします。


*wikipedia 戊辰戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%8A%E8%BE%B0%E6%88%A6%E4%BA%89

*wikipedia 徳川慶勝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E6%85%B6%E5%8B%9D

こんにちは。

戊辰戦争といえば、鳥羽伏見に始まり、東山道での甲州勝沼、北陸~東北での長岡や会津、それに函館の戦いが有名なところです。

一方、東海道では、戦いがなく、いきなり江戸城開城に至ったかのような印象があります。
尾張は徳川御三家のひとつであり、駿府は駿府城代が治める幕府直轄領なのに、なぜ戦闘がなかったのか、不思議で仕方ありません。

いろいろ調べるうち、第一次長州征伐の総大将(参謀は西郷)であり、藩内佐幕派を処罰(青松葉事件)したりした、尾張藩主の徳川慶勝という...続きを読む

Aベストアンサー

軍事的に抵抗力があるか?というのと、藩主の意図という点から考えてみた。
軍事的抵抗力というのは、ある程度の兵力=藩士数=領国を持っているかということです。どんなに薩長側に反対しようと、実際の軍事力がなければ、恭順しか選択肢はありません。実際に奥羽越列藩同盟でも小藩は仙台藩や会津藩の意向に最初従い、会津が落城してからはさっさと薩長に恭順しています。奥羽越列藩同盟に逆らったのは、秋田・久保田藩20万石とかになります。力がなければ大勢順応になるということです。

この点で、抵抗力を持ち得るのは、だいたい5万石以上の石高でないと実質的な軍事力となり得ないと思われます。戦国末期~江戸初期で、10万石ないと「備」という軍事単位が成立しないということから、まぁ幕末は半分くらいでOKかなという、ざっくりとした見込みです。また、だいたい5万石以上ないと本格的な城を築くことができなかったので、防衛力が変わってきます。

で、東海道筋で抵抗力があるのは、尾張藩より東では
岡崎藩、吉田藩、浜松藩、田中藩、掛川藩、沼津藩、小田原藩。
薩長側からみれば、上記の城を一つずつ潰していくことが、東上作戦となります。
で、上記の幕末の藩主をみてみた・・・
これが全員が譜代・親藩であるがゆえに、「慶喜政権の内閣」とでもいうべき面々。つまり藩主の視点で考えると、慶喜が鳥羽伏見の戦いの後、大坂城で「朝廷恭順」と唱えたならば、右に従えとなるほかない。

※ これの逆の構造が、ふと思うに、小山会議のあとの、関ヶ原の戦いまでの構造。秀吉は子飼いの福島正則を20万石余りで鍵となる尾張に起き、三河から箱根までの東海道筋には、最小抵抗力を持てるように、10万石以下の小大名をばらばらと配置していた。ところが、小山会議で鍵となる尾張の福島が徳川につき、東海道筋の大名は右倣えして徳川方に開城。

軍事的に抵抗力があるか?というのと、藩主の意図という点から考えてみた。
軍事的抵抗力というのは、ある程度の兵力=藩士数=領国を持っているかということです。どんなに薩長側に反対しようと、実際の軍事力がなければ、恭順しか選択肢はありません。実際に奥羽越列藩同盟でも小藩は仙台藩や会津藩の意向に最初従い、会津が落城してからはさっさと薩長に恭順しています。奥羽越列藩同盟に逆らったのは、秋田・久保田藩20万石とかになります。力がなければ大勢順応になるということです。

この点で、抵抗力...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報