最新閲覧日:

よく「お茶目」とか「茶目っ気がある」といいますね。この語源は何なのでしょうか。語源辞典にも明解な説明がありませんでした。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

>この「茶」は


>「おどけること。いいかげんなことをいうこと。」の意味の茶です。
そういうことですね。
僕も昔、「ちゃんちゃらおかしい」の「ちゃんちゃら」ってなんだろう、と考えた結果、「茶利」という語に行き当たりました。浄瑠璃や歌舞伎での滑稽な場面という意味です。
この茶利は当て字になっています。しかし、茶にはもともと「風流。滑稽」の意味があります。茶番とか茶々とか、そうですね。
それでも、どうしてこの漢字にこういう意味がついたか、ということまで深く尋ねられると、多分答えられる人は少ないと思います。

余談ですが、「ちゃらんぽらん」はチャルメラの音の擬音なので、これは茶の字とは関係ありません。これに関連する東京語(死語)「ちゃらっぽこ」というのもそうだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なぜ、茶が「おどけること」を意味するのでしょうか。
語源はそのあたりにありそうですが、謎のままです。
茶番、茶々を入れる。なども同様です。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/02 14:46

「茶目」とは・・・


無邪気な面白いいたずらをすることや、
子どもっぽくふざけて、人を笑わせる様子。
また、その人やそうした性質の子どものこと
を言いますね。
この「茶」は
「おどけること。いいかげんなことをいうこと。」の意味の茶です。
「め」は「めかす」などの略、あるいは「やつめ」などの
接尾語「め」という説もあります。「目」は当て字です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ