マンガでよめる痔のこと・薬のこと

1年くらい前から室内でコーヒーの木を育てています。

木は細く小さく、高さも20cmないくらいです。

そのコーヒーの木の根付近の土(観葉植物用の木を粉にしたようなもの)の上に無数の卵のようなものがついているのを発見しました。

1mmないくらいのタラコをほぐして加熱して白くなったようなものです。

週に1回くらい水をあげていますが、土の表面はいつも湿っています。

似たような質問は見つけたのですが、同じものかどうか確認ができなかったので質問させてください。

これは虫の卵ですか?カビやきのこの一種ですか?

土の表面のみで、葉や茎にはついていませんでした。

卵のようなものの表面に毛や足のようなものはありませんでした。

分かりにくいですが画像を添付します。

よろしくお願いします。

「室内で育ててる観葉植物の根付近に小さい卵」の質問画像

A 回答 (2件)

>週に1回くらい水をあげていますが、土の表面はいつも湿っています



と、言う事なので考えられることは「カビ」ではないですか?

大抵の虫は幹や葉に産みつけるのでこういう状態で虫の卵が
散乱している事は考えにくいです

未発酵の油カスなど有機質の肥料を与えた場合コバエ等の
ウジが湧くことも有りますが写真を拝見した限りでは肥料を
与えているようにも見えないのでその可能性も無い!

とすれば後はカビかキノコの様な胞子が飛んで来て
芽を出した…と考えるのが自然です

ところで
植込み材が常に湿っているというのは植物にとっても
住んでいる人間にとっても良いことではありませんね

水やりは○日に1回――なんて決めてはだめですよ

植込み材の表面が白く乾いてから水をやる、と言うのが
水やりの基本です

この状態でよく一年間も生きていたなーと思います
普通は根腐れをおこして枯れてしまいますよ

室内で植物を育てる時に気を付けなければいけないことは
カビやキノコの胞子は部屋中に飛びますから知らないうちに
住んでいる人間が吸いこんでしまいます

体力が落ちている時にそういう胞子を吸いこんで
肺の中で芽を出してしまった事例も現実に起こっています

http://parasiteeve2.blog65.fc2.com/blog-entry-55 …

なので
早急に、1cmぐらいの深さまでの植込み材を取り除いて
処分し、鉢も風通しの良い場所に移したほうがいいともいます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

週に1回の水やりは、あげすぎだったのかもしれませんね。
乾いてからあげるようにします。

窓辺において時々窓をあけているので、菌や胞子がとんできたのかもしれません。

実はこの前水やりを忘れていて、いそいでたくさんあげてしまいました。

しょんぼりしてた葉っぱも元気になったのですがあげすぎちゃったかもです。

いろいろご指摘ありがとうございました。

これからも大切に育てたいと思います。

お礼日時:2012/05/11 12:08

部屋の中には虫が入り込むことが有りますか?


あるなら卵の可能性もありますがきのこのほうが妥当でしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

あまり部屋の中では虫はみません。
虫じゃないといいんですが。。。

写真だと潰れて見えますが、実際はほぼ真ん丸で土にはりついてる感じでした。

お礼日時:2012/05/09 16:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q謎の白い粒

ずっと、ベランダにあった植木鉢(土は入っていません。)に白い粒々が発生していました。
その正体は一体何なんでしょうか?
母に聞いたら、
やはり庭において置いた、土の入っていない鉢に、白い粒々がたくさんついていた。との事。

私は鉢を洗って「ハナミズキ」などを植えたのですが、数日後、土の上にその粒々が・・・
土も新品を使いました。
私が見ている限り「虫」が発生している様子もありません。

その正体をどうしても知りたいです。
また、それを防ぐ方法や駆除?の方法があれば、それも含めておしえてください。
お願いします。

Aベストアンサー

>鉢の種類は、陶器(中が素焼きになっているもの)と、プラスチックです。
>表面は、適度に湿っています。
より.「両方とも同じ物がついている」と読み取れます。
従って.可能性のある物は「白い何かが付着している」となります。
>湿っていま
より.多分.カビでしょう。風通しを良くして鉢の表面が常に乾くようにしてください。根ぐされとか.病気の原因になりますから。
生の有機系肥料が付着しているとも考えられます。根ぐされの原因になりますので.植木蜂の中で発酵させるような肥料の使い方(米のとぎ汁を水代わりに与える他)は避けてください。

Qプランターの土の中に白い卵のようなものが…

何も植えていない鉢に土、落ち葉、米ぬかを入れて堆肥を作っている
途中です(時々コーヒー滓や茶がらも入れています)
先日、土を切り返してみたら土の中に白い卵のようなものが
いくつか出てきました。大きさは直径3~4ミリぐらいで
指でつぶしてみるとプチッと弾けて透明な液体が出ます。
ハエの卵かなと思ったのですがかなり下の方からも出てきているので
ハエが入ってくるのはちょっと無理なような気もしますし…。
(鉢には蓋をしているので)
他の虫の卵でこのようなものがあるのでしょうか?

もし虫の卵だとしたらどのような処置をすればよいのでしょうか?
何の虫の卵なのか分からない状態でのアドバイスは難しいかと
思いますが、何かご意見を頂けると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

土の表面ではなく土中や、プランターの底あるいは裏側などに良く生み付けられるのがナメクジの卵です。卵のうちに全部取り去って、処分すれば解決しますが、それはナメクジが好む環境ということなので、またいずれ、卵が産み付けられるでしょう。
農薬を使うのはお嫌だと思いますので、季節の変わり目などに、できるだけ土を掘り返して、日光に当てるだけでも、かなり違いますよ。

Q土の中から、透明の丸い物体、、、

土の中から、透明の丸い物体、、、

木製プランターに、オキザリス、ミニバラ、ゼラニウムを植えていました。

突然、すべての植物が元気なくなり、抜いてみると、ちょうど株元のところで、フニャフニャになっていて、ミニバラもゼラニウムも土中は腐っていたというか、消滅していたというか、、、

で、プランターごとひっくり返してみたのですが、中には指くらいの太さの白い幼虫が10本くらい居て、驚きました。
この白い幼虫も、何の幼虫かわからないのですが、他に、透明の丸い物体が20個くらいの集合体なのですが、謎です。
何かの卵ですか?
1粒1粒はイクラよりもっともっと小さく、ビーズよりちょっと大きく、2ミリか3ミリくらいです。

幼虫が植物を枯らしたのでしょうが、卵もすごく気になります。
あいにく、気持ち悪すぎてすぐ捨ててしまい、画像が無いのでわかりづらいですが、分かる方知っている方おられましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

まず幼虫の方はコガネムシです。腐葉土を好みますのでプランターや鉢に卵(約1mm)を産みつけます。
次に卵の方はおそらくナメクジの卵でしょう。ナメクジの卵はビーズより大きい半透明の卵です。
家庭菜園の最大の天敵は「コガネムシの幼虫とナメクジ」です。『オルトラン粒剤』を散布するだけでも両者とも土の中のものは駆除できます。

カブトムシ・クワガタ・カナブンといった幼虫は家庭の庭にはまずいません。クワガタ・カナブンは雑木林の朽木・倒木やその地中などが主な生息地です。カブトムシの幼虫は堆肥などの中に多くいます。

コガネムシ(害虫)対策は
『オルトラン粒剤』や、『マルチング』『防除マット』が有効です。
http://kagoshima.travel.coocan.jp/vermin/chafer.html
http://www5a.biglobe.ne.jp/~unyako/koganemusi.htm
※ナメクジに卵を産まれないようにするにも同じく有効です。

コガネムシの幼虫は見つけたら捕殺。ナメクジは捕殺、駆除剤・ビールを受け皿に入れておけば夜中に取れています。

コガネムシ幼虫
http://livedoor.2.blogimg.jp/kajivi/imgs/d/4/d439faaf.jpg
http://onion.cocolog-nifty.com/homemade/images/P1050557.JPG
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/66/73/244ae07bf464fc40a3fe50db5bb5fb81.jpg

ナメクジの卵
http://blog.87note.net/archives/2006/04/03-0000.php
http://blog-imgs-31.fc2.com/m/a/t/matabola/DSCN2569.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/28/d9/a99ba2f56b69fc4902660bf1b82777a8.jpg

「庭・ベランダ・プランター・鉢」の害虫と薬剤
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/sodatekata/gaityuu/gaityuu.htm

まず幼虫の方はコガネムシです。腐葉土を好みますのでプランターや鉢に卵(約1mm)を産みつけます。
次に卵の方はおそらくナメクジの卵でしょう。ナメクジの卵はビーズより大きい半透明の卵です。
家庭菜園の最大の天敵は「コガネムシの幼虫とナメクジ」です。『オルトラン粒剤』を散布するだけでも両者とも土の中のものは駆除できます。

カブトムシ・クワガタ・カナブンといった幼虫は家庭の庭にはまずいません。クワガタ・カナブンは雑木林の朽木・倒木やその地中などが主な生息地です。カブトムシの幼虫は堆...続きを読む

Q植木鉢の土に白くて細かい虫がいっぱい!

植木鉢の土に白くて細かい虫がいっぱい!

室内に置いている植木鉢に水をあげると
土に無数の白くて細かい虫が湧いてきます。
しばらくすると土の中に入って見えなくなるのですが気持ち悪いです。
大きさは1ミリもないくらい小さく、アブラムシの形に似ています。
何という虫なんでしょうか?
退治するにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

トビムシ類でしょう。植木鉢に湧く小さい白い虫はその多くが「ツチトビムシ」をはじめとしたトビムシ類です。日本だけでも400種近くいるとされています。

体色は白色が多く、体長は0.5mm以下~2mm程度まで。植物の害虫ではなく堆肥や腐植土に発生し、腐植土の有機物質を食べています。ですので害はないです。とは言っても気になりますので、当面はオルトランの水和剤か、不快害虫用のエアゾール殺虫剤がいいでしょう。殺虫剤は何度も使用すると悪影響がありますから少量にとどめて下さい。

トビムシ類
http://www.bekkoame.ne.jp/~w.naoko/naoko_055.htm
http://www.wildsky.sakura.ne.jp/food/tobimusifood03.jpg
http://rika.el.tym.ed.jp/cms/751f7269/188abf7814/571f58cc52d57269/571f58cc52d57269753b50cf/30c830e030b703.jpg
ササラダニの仲間http://wkp.fresheye.com/ja/6/65/250px-Oribatida.jpg

<恒久対策>
(1)湿気が多いと発生しやすいです。日光に弱いですから日中の日差しの強い時間帯を除いて、風通しの良い場所に置き日光に当てる。水を与える間隔は少し空け、土の表面がが乾いたらタップリ。常に湿らせていると発生しやすいです。今よりは与える間隔を少し長めにするといいでしょう。

(2)排水性・通気性が悪く、腐葉土成分が多いと発生し易くなります。観葉植物でない普通の植物なら、来年春先に植え替える時には少し排水性・通気性を良くするために、「硬質赤玉土(小粒)5、腐葉土4、バーライト1」の割合の土に変えてみて下さい。●土の表面は腐葉土を少なくして下さい。

上記2つの対策でそのうち虫はいなくなりますよ。

類似の質問も有ります。参考に。
http://www.bloom-s.net/blog/data/13/13_63.html
http://okwave.jp/qa/q61541.html
http://okwave.jp/qa/q6066846.html

トビムシ類でしょう。植木鉢に湧く小さい白い虫はその多くが「ツチトビムシ」をはじめとしたトビムシ類です。日本だけでも400種近くいるとされています。

体色は白色が多く、体長は0.5mm以下~2mm程度まで。植物の害虫ではなく堆肥や腐植土に発生し、腐植土の有機物質を食べています。ですので害はないです。とは言っても気になりますので、当面はオルトランの水和剤か、不快害虫用のエアゾール殺虫剤がいいでしょう。殺虫剤は何度も使用すると悪影響がありますから少量にとどめて下さい。

トビムシ類
http://ww...続きを読む

Q観葉植物の土にカビが生えてしまいました。。

 3か月ほど前から観葉植物を初めて育てています。

 昨日、順調に育っていってると思っていた観葉植物の土に、カビ(?)を発見してしまいました。

 ひとつはストレリチア・ユンケア。約1メートルのもので土の上にバークチップが乗っていました。そのバークチップに黄色っぽい小さな粒々が集まった繭玉のようなカビ(?)が生えてしまいました。。

 鉢は明るい日差しが入る窓下に置いてあります。直射日光は当てていません。水は土の表面が乾いてから、一週間に1度くらいあげていました。植物自体は少しずつ成長していて元気なようです。

 もう一つはパキラ。約50センチくらいのものです。色艶も良く、新芽も元気に成長しています。
こちらも明るい部屋の中で、水は乾かし気味にあげていたつもりでした。
 
 土の表面上は何ともないのですが、株を持ち上げると鉢跡に沿ってグルっと白い綿のようなものが生えています。底にはストレリチアと同じような黄色い粒々もありました。

 恐らくカビだと思うのですが、その後の対処法が分かりません。。
その部分の土を取り除いておくくらいで大丈夫でしょうか?

 植物そのものはとても元気そうなので、返って植え替えなどはしない方がいいように思えるのですが...

 大事に育てたいと思っています!良きアドバイスをお願いいたします。

 3か月ほど前から観葉植物を初めて育てています。

 昨日、順調に育っていってると思っていた観葉植物の土に、カビ(?)を発見してしまいました。

 ひとつはストレリチア・ユンケア。約1メートルのもので土の上にバークチップが乗っていました。そのバークチップに黄色っぽい小さな粒々が集まった繭玉のようなカビ(?)が生えてしまいました。。

 鉢は明るい日差しが入る窓下に置いてあります。直射日光は当てていません。水は土の表面が乾いてから、一週間に1度くらいあげていました。植物自体は少しずつ成...続きを読む

Aベストアンサー

現物を見ていないのでカビなのかキノコなのか分かりませんが、原因は
水の与え過ぎや置き場所、用土不良などが考えられます。

ストレリチアにはバークチップが置かれているようですが、土の表面が
乾いたら与えていると言うのが理解出来ません。水遣りの際にはバーク
チップを撤去して与えているのでしょうか。
もしかして土ではなくバークチップが乾いてから与えているのではあり
ませんか。
それと「土が乾いてから、1週間に1度くらいで与えていた」と言うの
も分かりにくいですね。
ストレリチアの基本的な水遣りは、冬以外は鉢土の表面が白く乾いたら
与えますが、根が多肉質ですから与え過ぎると根腐れを起こします。
現在の置き場所は明るい日陰ですから、屋外の日当たりの良い場所や、
室内の日が差す場所とは違い、今の場所で1週間程度で土の表面が乾く
とは思えません。
バークチップに黄色い粒状の物が生えたのは、カビではなくキノコだと
思います。バークチップを取り除いても、用土にはキノコの菌が残って
いるので用土を替えないと発生は治まらないでしょうね。
バークチップは土を見えなくさせ、見た目を良くするために置かれてい
ますので、水遣りや施肥には邪魔な存在です。必要もない物を置く必要
はありませんので、今後はバークチップは置かないようにしましょう。
ストレリチアは耐陰性(日当たりが悪くても十分に耐えられる事)があ
るので明るい日陰でも生育は出来ます。しかし本来は日当たりの良い場
所を好むので、出来るだけ日当たりの良い場所に置く事です。
観葉植物の中でも寒さには強い方ですから、越冬させるために必要な温
度は他の観葉植物が5~7℃に対し、ストレリチアは3℃以上あれば十
分に越冬させる事が出来ます。キノコが生える原因の多くが鉢土が過湿
気味になっているからです。キノコは危険を知らせるシグナルと考えて
下さい。
植替えは5~9月の間に行えるので、観葉植物の土で植替えて下さい。

次にパキラですが、黄色い物はキノコで白い物はカビでしょうね。
パキラもストレリチアと同様に耐陰性があるので、明るい日陰で生育を
します。しかしストレリチアよりも強い光線を好みますので、春から秋
までは屋外か室内の窓際で、十分過ぎるほどの光線に当ててやります。
冬場は窓際に置き、出来る限り光線に当てるようにします。
水遣りは11~2月は鉢土が乾いたら与え、3~6月は鉢土の表面が白
く乾いたら与えます。7~8月は毎日与えるのが基本ですが、天候によ
って鉢土の乾きが違うので、天気の良い日には毎日与えます。今の時期
は水分を多く必要とするので、乾かし気味にすると水不足で枯れます。
9~10月は鉢土の表面が白くなったら与えます。
植替えは5~9月の間に行えるので、観葉植物の土で植替えて下さい。

何れも今の用土では上手く育ちませんから、朝方か夕方の涼しい時間帯
に植替えを行った方が良いと思います。カビやキノコは水分がある限り
発生しますから、乾かし気味にしても意味がありません。

とにかく植替えをし、日当たりの良い場所に置き、決められた方法で水
遣りを行い、風通しを良くする事が必要です。

現物を見ていないのでカビなのかキノコなのか分かりませんが、原因は
水の与え過ぎや置き場所、用土不良などが考えられます。

ストレリチアにはバークチップが置かれているようですが、土の表面が
乾いたら与えていると言うのが理解出来ません。水遣りの際にはバーク
チップを撤去して与えているのでしょうか。
もしかして土ではなくバークチップが乾いてから与えているのではあり
ませんか。
それと「土が乾いてから、1週間に1度くらいで与えていた」と言うの
も分かりにくいですね。
ストレリチアの基本的な...続きを読む

Q白カビ?のはえた土の対処法と水遣りの仕方

鉢にクロッカスを植えたところ土の表面が白っぽくなりました。カビでしょうか?
このような土になった場合、掘り返して別の土に植え替えたほうがいいでしょうか?
ここ何日か太陽にあてましたが変わらず、昨日の雨でよけいにひどくなりました。
本日は白くなる以外に黒いゼリーのようなものまで!!これも新手のカビでしょうか。。。

ほかにも鉢植えの球根をこの秋に植えてみましたが、だいたい水遣りは〝土の表面が乾くとたっぷりと〟という説明が多いです。表面は乾きつつあっても受け皿に水がまだたまっている場合はやらないほうがいいでしょうか?
そもそも受け皿があると根腐れおこりそうなんですがやはり受け皿はあったほうがいいでしょうか?

園芸初心者のため花たちは受難続きで申し訳なく思います。どうかご指南ください。

Aベストアンサー

種類は分かりませんが、カビの一種には間違いなさそうです。
これがクロッカスの生育に支障があるとも無いとも言えませんが、万が一の
事を考えて土の入替えをされた方が良いと思います。
クロッカスの植付け時期は10~11月ですから、時期的には可能ですから
植替えをされた方が無難かも知れません。ただ一度でも植付けた植物は根が
張っているでしょうから、出来るだけ根を痛めないように注意が必要です。

カビらしき物が生えたのは、使用している用土に問題がありそうです。カビ
が生えると言う事は、使用した用土が水持ちが良過ぎるからで、常に湿った
状態になっているからカビが生えるんです。
これを解消するには、花と野菜の培養土に市販の園芸用川砂やパーライト、
ボラ土等を2~3割ほど混ぜてやれば、今よりは水はけが良くなりカビが生
えなくなります。

鉢植えのようですが鉢底に防虫ネットを敷いてから、鉢底石を入れています
か。防虫ネットを敷いてから、直に用土を入れていませんか。
鉢底石は鉢底穴からの用土の流失を防ぐだけでなく、通気性や排水性を補助
する役目があります。鉢底には最低でも3cmは入れる必要があります。

完全に間違いを一つだけされています。鉢皿の上に鉢を乗せているのは正し
いのですが、鉢皿には絶対に水は溜めては駄目なんです。
鉢底穴が開いているのは排水性や通気性のためですが、根の呼吸も補助して
いる意味がありますので、その穴を水で塞いではいけないんです。
鉢皿に水が溜まりっぱなしになると、毛細管現象によって土が水を吸い上げ
てしまい、常に土が湿った状態になってしまいます。
カビが生えた原因は、鉢皿の水を溜めたままにしているため、土が乾きにく
くなったからです。
水遣りの際は鉢皿から鉢を外し、水遣りをして水が滴り落ちなくなってから
鉢皿に戻すのが基本です。

そんな面倒な事が出来るかと言われるなら、鉢皿をひっくり返してから鉢を
乗せて下さい。室内ではありませんので、鉢皿をひっくり返す事で地熱や冷
気が伝わりにくくなり、水も溜まりませんので面倒ならひっくり返して使用
して見て下さい。

種類は分かりませんが、カビの一種には間違いなさそうです。
これがクロッカスの生育に支障があるとも無いとも言えませんが、万が一の
事を考えて土の入替えをされた方が良いと思います。
クロッカスの植付け時期は10~11月ですから、時期的には可能ですから
植替えをされた方が無難かも知れません。ただ一度でも植付けた植物は根が
張っているでしょうから、出来るだけ根を痛めないように注意が必要です。

カビらしき物が生えたのは、使用している用土に問題がありそうです。カビ
が生えると言う事は、使用...続きを読む

Qエケベリアの鉢の中たまご?何のたまごでしょう?

先日、行きつけのショップで買ったエケベリアの鉢の中に、何やら白いたまごのようなものがあります。
大きさはけしつぶほど。色は白く、薄く綿をかぶったようでもあります。
土の上に結構な数があります。

室内においていて、ある日突然虫が大量発生しても困るので、あらかじめなんの卵か知っておきたく、お分かりになる方おられましたら、教えてください。

近く植え替えするつもりではいます。

Aベストアンサー

拡大して見ましたが、画像では良く見えませんが卵とは違うように感じます。

綿を被ったように見える物としてはカイガラムシが居ますが、カイガラムシの
卵は肉眼では見えません。また土の上にカイガラムシが発生する事はありま
せんから、カイガラムシでは無い事は間違いありません。

本当に卵であるなら、指で潰せば直ぐに分かります。

考えられる事とすれば、カビ、キノコ、肥料のカスの可能性があります。

気になるなら植替えをして土を入れ替える事です。植替え時期は少し遅いで
すが、急げば間に合います。現在は黒いビニールポットに植えられています
が、今のままでは越冬させる事は出来ません。黒いビニールポットは一時的
に使用する物で、鉢としては使用が出来ません。

ちなみにエケベリアは多肉植物ですから、植替えの際は根に付いている古い
土は間然に落とさない事です。最低でも半分は残しましょう。
白い物体は土の表面だけですから、主に土の表面の土を重点的に落とせば
後々に問題は生じないでしょう。

カビ、キノコを発生させない方法としてですが、使用する土に腐葉土等の有機
物を使わなければ発生は防げます。市販のサボテンと多肉植物の土や、培養
土を使わなければカビやキノコや害虫の発生は防げます。
赤玉土(小粒)6:バーミキュライト(小粒)2:軽石(小粒)2の割合で使用して見
て下さい。これだけで十分に育ちます。

とにかく急いで植替えましょう。植替え時期が既に過ぎています。

拡大して見ましたが、画像では良く見えませんが卵とは違うように感じます。

綿を被ったように見える物としてはカイガラムシが居ますが、カイガラムシの
卵は肉眼では見えません。また土の上にカイガラムシが発生する事はありま
せんから、カイガラムシでは無い事は間違いありません。

本当に卵であるなら、指で潰せば直ぐに分かります。

考えられる事とすれば、カビ、キノコ、肥料のカスの可能性があります。

気になるなら植替えをして土を入れ替える事です。植替え時期は少し遅いで
すが、急げば間に合います...続きを読む

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Q鉢植えの土の表面に生えたカビの除去方法とその後の防止

観葉植物の土の表面に白い綿のようなカビが生えてしまいました。除去する方法と、これから生えなくするような防止の方法を教えてください。薬や素材などがありましたら、具体的に名前を教えてくださると購入するときにわかりやすいので、助かります。

Aベストアンサー

私の場合、ハイドロカルチャーにそのカビが生えました。
除菌用アルコール(台所でまな板や包丁、冷蔵庫などを除菌するスプレー)を振りかけるとしばらくして、消えてなくなりました。植物には何の影響もありません。
一度お試しください。
生えなくするには太陽光線による殺菌が自然だと思いますが、室内だと、土が常に湿った状態であればカビがはえるのも仕方ないかも。
上記のような殺菌をこまめにすると良いのではないでしょうか?手軽だし。

Qモンステラが横に広がって成長し続ける・・・

添付する写真を見ていただければわかりやすいのですが
モンステラが横に広がるように成長し続けています・・・

鉢の右手のように(写真では見えにくいかもしれませんが)
土のない空中にまで根っこが伸びてきてしまいました。
こうなってしまったら、どうすればよいのでしょう。

1年半前にモンステラを買ってきたときはまだ小さく、
写真のように背の高い鉢だったため、土は鉢の上半分にしか入れず、
下半分には軽石のような肥料みたいなものを入れました。

かわいそうだけど、いったん鉢の外に出して、
鉢のもっと奥深くに植えるべきなのか、
それとも今よりもっと大きな鉢を買って植え替えるべきなのか、
・・・初心者すぎてわかりません。

どうかお知恵をお貸しください!!!

Aベストアンサー

モンステラは元々蔓性ですから、放任しておくとどうしても徒長します。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/others/monstera.htm
切り戻しというやり方もありますが、ヘゴ棒などを立てて長めのビニタイなどで結わえておくというやり方もあります。
http://www.rakuten.co.jp/kasamaf/625104/652798/#674490
こういった仕立て方ですね。
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/gg/S6509/index.html
これがヘゴ棒です。ホームセンターあたりで売っていると思います。

株が心なしか元気がないようです。多分もう根詰まりしているのではないかと思われます。ひと周りかふた周り新しい鉢や新しい土で植え替えてあげた方が良いでしょう。
ヘゴ棒仕立てにされるならば、立てた棒の安定性を考えて深めの鉢にします。長鉢や懸崖鉢ですね。
http://item.rakuten.co.jp/yusaido/c/0000000501/
株の大きさから言えば、8号長鉢あたりが適切でしょうか?。
軽石等の鉢底石も必ず高さ4cmぐらいは入れるようにします。

今の鉢から抜きにくいようでしたら、鉢底を何か柔らかい物に何度か打ちつけて株元を引っぱってみてましょう。側の土を幾らかほじくり出しておくのも抜き易くなります。それでもダメなら、今の鉢はハンマーなどで壊すしかありません。
古い土は半分ぐらいを目安に落とすようにします。根を傷つけないようにするには、水を張ったバケツに根を浸けて土を落とすやり方もあります。

土は市販の「観葉植物の土」で構いません。なるべく水はけの良さそうな土を使います。
上記した長鉢はプラ製ですが、似たような陶器鉢でも構いません。
鉢穴の大きさは陶器の8号鉢でしたら、10円玉ぐらいの大きさは欲しいところです。

植え方は深く植えないようにします。株の表面が新しい土でも、そこが表面となるようにします。なお5mmぐらい土が被さるのは構いません。
鉢底石を入れた鉢にヘゴ棒を立て、土を入れてゆきます。
株を据え付けたら根に土がよくゆき届くようにします。途中で土を入れつつ、鉢底を地面に軽くトントンと打ちつけましょう。これを何度か繰り返し、土を隙間なく詰めてゆきます。最後にトントンとやって、土を慣らして終了です。水を鉢底から流れ出るまでタップリと与えます。
あとは株をヘゴ棒にヒモなどで結わえてやります。

なお通常の水遣りもこのように行いましょう。コップ1杯ではダメです。水遣りというのは空気の入れ替え作業や老廃物の洗い流しの目的もあります。

置き場所はレースのカーテン越しなどの柔らかい日照のある所。
空中湿度を好みますから時々は、オールシーズン、霧吹きなどで葉、茎、ヘゴ、株元に水スプレー(葉水)してやりましょう。
肥料は置き肥と液肥をメインにします。(5月~9月まで施肥。)
置き肥は緩効性のものならなんでも構いませんが、室内でしたら無臭のものが良いでしょう。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00508.html
こういったものがお勧めです。
液肥はハイポネックス原液などの1000倍希釈で構いません。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/03/index.html
下の「微粉ハイポネックス」もカリ成分が多くお勧めです。
1~2週に1回施します。なお植え替え後、2週間経ってから施肥を行います。
通常の水遣りや液肥は、鉢土の表面1cmぐらいが乾いたら行うようにします。

冬期は耐寒温度5℃以上と寒さには強い方ですが、水遣りは生育期(5~9月)よりは控えめにし、鉢土はやや乾かし気味に保ちます。ここらあたりは室内温度と関係がありますが、一度越冬させておられるから大丈夫とは思います。
葉水は時々温かい時分に行いましょう。

モンステラは元々蔓性ですから、放任しておくとどうしても徒長します。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/others/monstera.htm
切り戻しというやり方もありますが、ヘゴ棒などを立てて長めのビニタイなどで結わえておくというやり方もあります。
http://www.rakuten.co.jp/kasamaf/625104/652798/#674490
こういった仕立て方ですね。
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/gg/S6509/index.html
これがヘゴ棒です。ホームセンターあたりで売っていると思います。

株が心なしか元気がないようです。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング