dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

先週火曜日に季節はずれの大雪が降り、
せっかく芽吹き始めたキンモクセイの新芽が
全部だめになってしまいました。
再度、新芽は出てくるのでしょうか?
また、何か手入れの必要があれば教えてください。

A 回答 (2件)

お住まいの地域がわかりませんが、新芽が枯れてしまったのならそのままつけておくより新芽の付け根から全部切り取ってしまうのが良いと思います。


このままにしておいても別のところから新芽が出てくるとは思いますが、あたらしい芽が出やすいように枯れた芽は付け根から1センチぐらいのところで全部切り取ってしまえば、また夏までにはまた新しい芽が出てきます。

しかし、残念ながら今年の秋には花は咲かないと思います。
金木犀は秋に花が咲いた後剪定して、春に出た新芽はそのままにしておけば秋に花が咲きます。
春に出た芽を切ってしまうと夏前にまた新しい葉が付きますが秋に花が咲きません。

私は毎年春に出た葉を5月末から6月はじめにはきれいに剪定してしまいます。
そのままにしておけば秋には花が咲きますが、木が大きくなってうっとうしいので剪定してしまいます。
6月ごろ剪定すると後から新しい芽が出てきますが、私の家の金木犀は秋に花が咲いたことがありません。

仮に今枯れた新芽を切り取ってしまっても、まだ季節が早いので新しく出てきた芽に花が咲くかもしれませんがはっきりはわかりません。

今、枯れた芽を切り取ってしまえば夏前に新しい芽がまた出てくることは間違いありません。
ただ今年の秋には花は咲かない可能性が高いと思います。
しかし来年の春にはまた新芽が出て、秋には花が咲くと思います。

金木犀には年に2回咲く2期咲きの種類もあるようですが、秋に一度だけ咲く種類を前提としてお答えいたしました。

また新しい芽が出てくるし気が枯れてしまうことはないのでそれほど心配することはないでしょう。
ただ今年は花が咲かないかもしれません。

我が家のブロック塀にはわせたツタも4月初めの遅霜で上面の新芽が枯れてしまいました。
側面は無事で青葉が伸びてきていますが霜にやられた上面は伸びてきません。
例年育ちすぎて困るので、「まーいいか」と様子を見てるところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sbsb3636さん、ありがとうございました。とても参考になりました。
枯れた新芽は多くて取り除くのが大変ですが、新たな新芽のために
少し手を加えてみます。
花が咲かないのは残念ですが、とにかく元気を取り戻してもらえればと思います。

お礼日時:2010/04/10 10:28

樹勢は強いのですが寒さには少し弱い性質があります。

新芽は大雪のため枯れたと思いますが、
これから活動を活発にするので、キンモクセイに回復しようとする力が残っていれば暫くすれば
新たに新芽が出るはずです。肥料は2月の寒肥えのみで与えますから、今の時期には与えないよ
うにして下さい。また本体は弱っている状態ですから、剪定も行わないようにして下さい。
現時点で出来る事はありませんから、暫くは何もしないで様子を見る事ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

cactus48さん、早々の回答ありがとうございます。
昨年引っ越してきた家の生垣のキンモクセイで、
楽しみにしていただけにがっかりしていました。
でも新たな新芽が出るとのことで安心しました。
しばらくは何も手を加えず様子を見てみることにします。

お礼日時:2010/04/07 08:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています