人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

数ヶ月間、国民健康保険に加入していたのですが支払いが滞っていたので、区役所の保険係に電話で金額を確認した上で納付書を送ってもらい指定期限日に支払いました。
ですが、「差押事前通知書」というものが届いてびっくりしました。
納付指定期限日に支払ったとはいえ、それから4日後の日付の督促状(差押事前通知書)です。区役所の方は確認をしていないのでしょうか?こちらは「納付しました」といちいち電話連絡するべきなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

区役所の何かの手違いによるものでしょう。



対応は2通り有ります。

1.区役所に電話で支払い済みを連絡する。

2.そのままにしておき、差押えに来たら領収書を呈示する。

いずれにしても、その時になぜこのようになったのか聞きましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
面倒くさいのでそのままにしておこうと思います。
こんな文書が今まできたことがなかったので、なにかペナルティになるのか?と不安になっていましたが、領収書もあるので心配なさそうですね。

お礼日時:2004/01/10 19:47

市役所では、締め切った日現在の督促状や事前差押通知書を先に印刷しておき、そのまま送ってしまうケースが多いようです。



ですので、送ってしまう直前に保険料を納付したとしても、その前に締切日を経過していた場合は、締切日時点でのデータを生かし、督促状や事前差押通知書を送ってしまう場合があります。

今回のご質問の場合も、そのケースに当てはまるのではないでしょうか。

国民健康保険料は、すでに納付されていにもかかわらず、市役所が「差押通知書」を納付したにもかかわらず送ってしまっただけですから、とくに気にする必要はありません。

放っておいても問題ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
役所は準備はいいんですね。(確認したほうが郵便代など浮くと思うのになあ・・・)
面倒なのでそのままにしておこうと思います。

お礼日時:2004/01/12 00:44

金融機関で引き落としや窓口納付等を行った際、役場に納入済みの連絡があるのは、納付日の2日後です。

ですので納入日から2日経たないと、役場では納入を確認することができません。2日後というのは、平日での話ですので、土日が挟まると4日後に納入の消し込みをすることになります。ですから、金曜日に納入した場合は、4日後の火曜日にしか確認できません。その関係で、行き違いでの通知だったのではないでしょうか?
放っておいても、大丈夫だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ちなみに指定期限日(支払日)~通知書の日付までに土日ははさんでいませんが、まあ行き違いでしょうね。
面倒くさいのでそのままにしておきます。

お礼日時:2004/01/10 19:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じ月の保険料を二重払いしていた場合、どうなる?

国民健康保険料の支払いに関して、質問です。

今月、市役所に用事がありついでなので12月分の保険料を支払っていた際、職員の人から
11月分が未払いだといわれました。

その時は、10月分と一緒に支払いました。と言い、職員の人も「データが更新されていないかも」と言って家に帰りました。

数日後、11月分の納付書の督促状が届いたので、おかしいな?と思い調べてみました。

10月も仕事が忙しかったため、督促状が来てしまったので10月分は督促状の納付書で支払い、
その時に11月分も納付しました。その際は、あらかじめ頂いていた本来の納付書で支払いました。

しかし、調べてみると10月分の督促状の納付書と10月分の本来の納付書で支払っていたらしいのです。私はすっかり、11月分の納付書だと思っていたのが、10月分の納付書だったらしいです。

この場合、10月分は二重払いをしていることになりますが、保険料はどうなりますか?
返金(返還)してもらえるのでしょうか?
それとも、事情を市役所で話せば11月分として扱ってもらえるのでしょうか?

気づいたのが、督促状が届いた28日のため市役所も閉まっています。
心配なのでこちらで質問させていただきました。

このような場合の保険料に関して、知識をお持ちでしたら教えていただけないでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いします。

国民健康保険料の支払いに関して、質問です。

今月、市役所に用事がありついでなので12月分の保険料を支払っていた際、職員の人から
11月分が未払いだといわれました。

その時は、10月分と一緒に支払いました。と言い、職員の人も「データが更新されていないかも」と言って家に帰りました。

数日後、11月分の納付書の督促状が届いたので、おかしいな?と思い調べてみました。

10月も仕事が忙しかったため、督促状が来てしまったので10月分は督促状の納付書で支払い、
その時に11月分も納付しました。その際は...続きを読む

Aベストアンサー

貴方の保険料形態にも依りますが、通常の保険料ですと充当請求をすれば相殺されます。ただ、督促状に督促手数料40円が付く地域もあり、また1ヶ月で延滞金1000円に届く程高額の保険料ならば1000円払う必要があるかも。延滞金の計算をしてみて、1000円手前なら掛からないので年明け後早めに役所に出向きましょう。医療費は混みますが保険料は案外空いていたりします。

Qコンビニで公共料金を支払ったのに、不払い扱い

6月に水道料金をコンビニで支払いました。
領収印のある領収書も手元にあります。

ところが水道局から督促状が届き、問い合わせたところ未納になっているとのこと。

コンビニに問い合わせたところ、納入用紙をバーコードで読み込んだもののキャンセルされていて
入金はなされておらず、その状態では領収印を押してはいけないのにアルバイトが誤って領収印を押して渡してしまったとの説明とお詫びがありました。

要するに、私が支払ったと思い込んでいるだけで、実は勘違いだとしていると決め付けています。

私は利用するコンビニもまちまちですし、個々の支払いに関して明瞭な記憶があるわけではありません。
習慣として手元に領収書があれば支払い済み、支払い用紙に領収印がなくいものは未納というように分類しています。

この場合、私が支払った事実を証明しなければならないのでしょうか?
だとしたら方法が思いつきません。

どのような対応をしたらいいのか途方に暮れています。

具体的な対応方法をアドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「私が支払った事実を証明しなければならないのでしょうか?」・・・
必要ないと思いますよ、「領収印のある領収書」が手元にある、という事はお金を払ったという事。
コンビニ側のあきらかな過失です、どちらかと言えば「アルバイト」の方を疑うべき事でしょうね。
「水道局」に対しては、「領収印のある領収書」を提示して終わりでしょう、後は「コンビニ」側と「水道局」の問題でしょうね。
もしも、貴女が払っていないとしても「領収印のある領収書」が発行されている以上それが「証拠」になりますので・・・

Q国民健康保険料の支払いの重複分は返ってくるのでしょうか?

2年程前に職場の社会保険に入ったのですが、その時にそれまで入っていた国民健康保険の脱退をするのを忘れていました。父親も国民健康保険ですが私が脱退の手続きをしていなかった為にずっと父親が私の分も支払いをしていました。それを最近になって気づき私の国民健康保険の脱退の手続きをしました。父親の国民健康保険料も金額が下がった通知がきました。そこで、社会保険と重複していた分の私の国民健康保険料は返ってくるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>国民健康保険の脱退の手続きをしました
お住まいの市町村役場で「脱退の手続き可能で受付てくれた」という理解でいいですか?
なら「確実に戻ります」(「還付」と言います)

ただし、脱退が遅れる理由となった「あなたの職場からの保険証は?」(あなたの勤務先の交付忘れ?)
脱退したからには、「あなたが使う健康保険証があるはずです」当然ですが。
社会保険は「健康保険」部分と「年金」部分で成立してます。どちらも『国民皆保険』と政府(と実務担当の自治体=脱退受付してくれた窓口)が懸命です。
「父親の扶養」に入った状態で「国保(国民健康保険の略)」&「年金」を「父親の給与から引かれ」、かつ「手取り部分の給与は扶養家族の部分『控除』されてた=天引き税金が少なく、手取りが多かった」この相反する2つの状態は、結構あります。

自分もやってましたが、「課税担当の扶養家族情報」と「国保&年金担当の家族情報」は(東京都ですが)照会し比較し電話連絡などして初めて『訂正します』
(ただ2年はちょっと長すぎますね)

残る最大の疑問は「健康保険は支払い継続」も「国民年金の請求は来てませんでしたか?」(年金部分だけ切替済み?→厚生年金へ)現実問題として「保険証は病院で使用も気づかず状態」はあっても「年金は必ず請求が来ていて当然なはず」(年金は保険証と違い「将来受取る」まで「支払が先」ですからピンと来ないでしょうが20歳になれば即郵便で色々来ます。ましてや2年で「年金は時効=支払たくても役所が受取らない」のでハガキが来てるハズ。(ついでに言えば住民登録すればまず「国保」手続きを必ずされますが「年金」担当は「国保」情報との連携は蜜です)

結論:まず「あなた自身の健康保険証の確認と加入(扱いされてる)年金制度の確認」して下さい。(年金の納付書等来て無いなら「厚生年金」でしょうが「年金手帳」(無ければ再交付申請を)
ちなみに「国保の支払料金は個人の収入&自治体でバラバラ」も「国民年金は全国一律料金です」

(分かりにくく長文癖)ここであれこれ書いてもラチが空かないので上記を確認する事。
『国保の2重支払部分は戻ります。年金は不明ながらやはり2重払いなら「還付」されます。』(ちなみに還付に時効はありません)

よく推薦するベストHP「金融広報中央委員会(暮らしのマネー・金融経済情報)」
http://www.saveinfo.or.jp/index.html
本当に良く出来てます。国保&年金はここで十分。(蛇足ながら:父親の給与は「届出前後」で若干減ってるハズ。給与明細の比較で即確認可能!)扶養控除額を加味しても、戻り額の方が「多い」のが圧倒的に多いでしょう(収入によるので断言は不可能)
年金は特に早めにね!

では~♪♪♪

>国民健康保険の脱退の手続きをしました
お住まいの市町村役場で「脱退の手続き可能で受付てくれた」という理解でいいですか?
なら「確実に戻ります」(「還付」と言います)

ただし、脱退が遅れる理由となった「あなたの職場からの保険証は?」(あなたの勤務先の交付忘れ?)
脱退したからには、「あなたが使う健康保険証があるはずです」当然ですが。
社会保険は「健康保険」部分と「年金」部分で成立してます。どちらも『国民皆保険』と政府(と実務担当の自治体=脱退受付してくれた窓口)が懸命で...続きを読む

Q国民健康保険税の督促状が来た!

その様なわけで、【平成15年度第五期 国民健康保険税】の督促状が市役所から父宛(世帯主)来ました。
日付は平成16年5月、金額は約8000円。
第5期と書いてありましたが、第1期~4期まで払ったことはありません。

我が家は
父・・会社員(世帯主)
母・・公務員
私・・無職!(母の社会保険で扶養家族となっている)

の家族構成となっております。

もちろん住民税その他は父、母共に給与から天引きされております。
私は母の扶養家族となっておりますので健康保険料は支払っておりません。

もしかしたら私に対する税金なのだろうかと思いますが、【国民健康保険税】とは何に対する税金なのかが判りません。

私は今年の確定申告をしておりません。
税務署に訪ねたら
約100万程度の退職金と
約300万程度の満期の保険金の払い戻しと
失業保険なら税の対象にならないと言われたからです。


やさしい日本語で教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在失業保険をもらっているのですか?もらっているなら日額はいくらですか?

>税務署に訪ねたら
>約100万程度の退職金と
>約300万程度の満期の保険金の払い戻しと
>失業保険なら税の対象にならないと言われたからです。

これは「税法上の扶養」を考える上で収入と見なさいということでしょう。
税法上の扶養と健康保険の扶養はまったくの別物です。
税務署は税法上の扶養についてしか考えておりませんので、健康保険の扶養については税務署の話はあてになりません。

失業保険(失業給付金)は「税法上の扶養」を考える上では収入とみなされませんが、「健康保険の扶養」を考える上では収入とみなされます。
ですからある程度の失業保険があれば親の健康保険の扶養からはずれ、自分で国民健康保険に加入する必要があるのです。

ちなみに税法上の扶養は1月~12月の収入が103万円以下であれば扶養に入れます。

健康保険の扶養は向こう1年間の収入が130万円未満であれば扶養に入れます。具体的には月収10.8万円以下であれば扶養に入れます。この上限額には失業保険も含まれます。失業保険の日額が3561円以上でしたら無条件で健康保険の扶養からはずれます。

実は親の健康保険の扶養から外れてたにもかわらず、親の健康保険を使って診療していたとなると過去に遡って医療費を返金することになります。通常3割負担ですから、親の健康保険組合等に7割を返すことになります。


さて扶養に入る、入らないに関わらず、今のあなたは失業中ですので自分で国民年金を支払う義務があります。こちらの支払いはきちんとおこなってますか?

現在失業保険をもらっているのですか?もらっているなら日額はいくらですか?

>税務署に訪ねたら
>約100万程度の退職金と
>約300万程度の満期の保険金の払い戻しと
>失業保険なら税の対象にならないと言われたからです。

これは「税法上の扶養」を考える上で収入と見なさいということでしょう。
税法上の扶養と健康保険の扶養はまったくの別物です。
税務署は税法上の扶養についてしか考えておりませんので、健康保険の扶養については税務署の話はあてになりません。

失業保険(失業給付...続きを読む

Q国民健康保険料の滞納について

支払い期限を1ヶ月も過ぎるとすぐに督促状が来ます。
過去5ヵ月滞納した時は毎月滞納月分の督促状が来ました。
何度か役所の人間が支払いのお願いに来た事もあります。
最終的に支払いましたが、金利の加算や差し押さえはなかったです。
仮に1年とか2年とかそれ以上滞納するとどうなりますか?

知りたいのはアドバイスや法律の解釈ではなくて体験談です。

最終的に財産が差し押さえられるたのは何年何ヶ月目だったか。
何年目かで時効でチャラになったとか。
過去に時効になった事がありその後は不利益を被ったとか。
保険料の減免を受けたとか。
又、滞納期間中に保険証の有効期間がきた場合、
新規に保険証が発行されないか有効期限の短い保険証になるそうですが
その2つの違いや、過去に1ヶ月でも滞納があるとそうなるのか等。

たくさん聞いてしまいましたが、一つでも経験のある方、
又は体験者を知ってる方の話を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自治体の税金徴収を担当していたものです。滞納者サイドではなく、自治体サイドからの経験からお話いたします。

>仮に1年とか2年とかそれ以上滞納するとどうなりますか?

 自治体により対応は変わりますが、私が担当していた自治体では、1年以上滞納しますと、保険証更新時に窓口まで自分でとりに来るよう通知を出します。(ここで、大体は誓約書を書くか、納付します。保険証はどうしても必要なのです。)取りに来ないと、今度は保険証を持って、自宅に出向きます。そこで、支払があれば渡しますが、無い場合は渡さずに窓口に出向くよう話をして帰ります。どうしても必要な人は来ます。

>最終的に財産が差し押さえられるたのは何年何ヶ月目だったか。

 差押はタイミングと納付意思があるか無いかの判断です。要は滞納者でも納付(小額でも良い)をしていれば差押もしませんし、保険証も渡します。差押は1年以上納付も無く、うそ(誓約書を書いて、支払をしない、守らない、保険証は使う)をつく人間でしょう。手っ取り早いのは、給与口座を抑えてしまう事ですね。(徴収担当者は、銀行から3ヶ月程度の口座の動きを取り寄せますから、ピンポイントで押えます。何度も怒鳴り込まれましたけど、しっかりと頂きました。)

>何年目かで時効でチャラになったとか。
 チャラにしたことはありません。住所を残したまま居なくなる人間は、訪問で所在が確認できないと、回り近所の方に聞いて回ります。本当に居ないとなると、親御さんに連絡をします。それでも分からないと職権消除(強制的に住所の抹消)をしてしまいます。(これで、これ以降の税金は発生しないので滞納金額は増えない。)住所が無くなるということは住所不定ということですよ。

>又、滞納期間中に保険証の有効期間がきた場合、
新規に保険証が発行されないか有効期限の短い保険証になるそうですが

 はい、そのとおり。最短は1ヶ月更新もあります。(お金を持ってくれば、1ヶ月有効の保険証を渡す。)一月や二月の滞納では強硬な態度には出ません。三ヶ月目くらいからある程度目が付けられます。半年たつと結構厳しいものがあります。一年過ぎたら結構やばいですね。

 徴収担当も、人間です。相談に来たり、苦しいながら少しでも支払をする人間には、ある程度の猶予は見せますからご心配なく。
 私が一番嫌いなのはうそをつく人間。約束を守らない人間でしたね。

 これは取るほうの話です、取られる側話ではありません。ご参考になったでしょうか?
 

自治体の税金徴収を担当していたものです。滞納者サイドではなく、自治体サイドからの経験からお話いたします。

>仮に1年とか2年とかそれ以上滞納するとどうなりますか?

 自治体により対応は変わりますが、私が担当していた自治体では、1年以上滞納しますと、保険証更新時に窓口まで自分でとりに来るよう通知を出します。(ここで、大体は誓約書を書くか、納付します。保険証はどうしても必要なのです。)取りに来ないと、今度は保険証を持って、自宅に出向きます。そこで、支払があれば渡しますが、無...続きを読む

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q期限の過ぎた納付書での支払

国民健康保険の納付を毎回、コンビニでしていますが、11/30納付期日の分を払い忘れていました。

他の期限のものは大丈夫だったのですが、11/30納付期日の分はコンビニでは期限切れで支払えませんでした。2ヶ月以内ならコンビニでも払えるらしく、2ヶ月を過ぎているとダメみたいです。

(1)郵便局でこの納付書を使って支払えるか。支払う郵便局は住所地の郵便局でないと無理か。

(2)区役所に電話して納付書を再交付してもらえるか。
国民健康保険は母の分ですが、足が悪く付き添いがないと区役所やコンビニに行くのは困難で娘の私が代行しています。

また、仕事で区役所に行くのは無理です。

詳しい方ご回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
(1)郵便局では受付できると思います。住所地の郵便局でないと無理かどうかはわかりませんが、銀行で支払うことが可能であれば、住所地でなくでも支払いができます。ただしその場合、手数料がかかるかもしれません。
(2)再交付してもらえると思いますが、延滞金が発生しているかもしれないので、今お持ちの納付書の分の支払いはお急ぎになったほうがいいのかもしれません。自治体にもよるのかもしれませんが、延滞分だけの納付書があとで届く場合もあるとおもいます。

まずは、お近くの郵便局などでお聞きになって、支払いができるようであれば支払いして、そして区役所にお電話するのがいいのではないでしょうか?

Q過去の国民健康保険料の滞納について

6年前~4年前くらいまで、S市で国民健康保険料を滞納し、
途中分割払いにしてもらったのですが結局数ヶ月しか払えませんでした。
4年前T市に転入し、しばらくは(3年くらい前まで/郵便の転送期間かもしれません)
督促状が来ていましたが、いつしか来なくなりました。
現在は、さらにほかの市に引っ越しています。
ちなみに、3年前に会社の健康保険に加入しました。
国民健康保険料の時候は2年と聞きますが
督促が来ていると延長されると聞きます。
もし、引っ越しにより私の手元に届かなかっただけで
S市が最近でも私宛の督促状を発行しているとすれば
まだ時効になっていないということはありえますか?
お金ができれば今からでも支払いたいと思いますが
どうなのでしょうか?
S市に問い合わせるべきですか?

Aベストアンサー

前の方々が書かれているように、時効については、保険料なら2年、保険税なら5年となっています。

さらに時効の延長というか起算日の変更については、

(1)督促状の送付  送致後10日経過した日が時効起算日に再設定
(2)最終納付日  各期別ごとに最終納付日が時効起算日に再設定(同じ年でも納付期限が違えば別に考える)
(3)滞納額の確認を行った日  滞納額の確認し確認書に署名した日が時効起算日に再設定(分割納付誓約に添付される明細を確認して誓約書に記名した場合も同様)
(4)差押を行った日  差し押さえ日が時効起算日に再設定
※よく不動産の差押をしていると永久に時効が進まないと勘違いしている場合もありますが、その後時効期間は進みます。


あなたの場合、分割納付誓約をした時点と最終納付を行った日が時効起算日になります。つまり自分で納付した納期分は、最終納付日ですが、それ以外はは納付誓約を行った日からとなりますので、

保険料であれば、どちらのケースでもすでに時効成立しており、徴収権喪失により不能欠損処理されています。その場合、あなたが納めたいと申し出た場合も、納付することはできません。

保険税であれば、残っている納期によっては、時効成立⇒不能欠損しているものもありますが、それ以外については納付することができます。また納付可能な納期分について、S市に問い合わせた残額を確認した場合、再度時効5年が開始することになります。


初回の督促状は届いているみたいなので、(1)に該当して、時効の再計算が行われていますが、再度送付されたものは催告書としてのもので、法的な意味はありません。もちろん時効の延長も行われません。


前向きに保険料を支払うお気持ちがあるようですが、法的に納付義務が喪失しているものまで納付する必要はありませんので、これらの内容を確認してからS市にご相談ください。

※役所はほかの自治体に転居した場合も、転居先を調査することも可能ですので、未納があれば調査して通知を送ったり、場合によっては差し押さえなども行うはずなので、送られていない=時効成立と考えた方がいいかもしれませんね。

前の方々が書かれているように、時効については、保険料なら2年、保険税なら5年となっています。

さらに時効の延長というか起算日の変更については、

(1)督促状の送付  送致後10日経過した日が時効起算日に再設定
(2)最終納付日  各期別ごとに最終納付日が時効起算日に再設定(同じ年でも納付期限が違えば別に考える)
(3)滞納額の確認を行った日  滞納額の確認し確認書に署名した日が時効起算日に再設定(分割納付誓約に添付される明細を確認して誓約書に記名した場合も同様)
(4)差押を行った日  差し...続きを読む

Q国民年金1か月分のみ未払いの場合

29日に会社をやめ、4日後の翌2日に再就職しました。すると、1か月分の13300円の国民年金の支払い催促の手紙が頻繁に来ますが、これは払わないとどうなりますでしょうか?4日間だけのブランクのために1か月分も払わなければならないのでしょうか?もちろん現在では厚生年金を天引きされております。この1か月分を払わないと将来1年分年金がもらえなくなるとか聞いたこともありますが・・。実際1か月分を払わないと、将来いくら損するかも具体的にわかりません。将来13300円分損するなら、自業自得でしょうがないですが。

Aベストアンサー

年金と健康保険の仕組みを説明しますね。

社会保険の年金や健康保険の保険料は一月単位で支払うようになっています。
加入や脱退は一日単位ですが、保険料だけは一月単位なのです。
では、そのギャップをどう埋めるかというと、毎月の最終日に加入している保険・年金に保険料を支払うという仕組みになっています。
ではたとえば、7/29に今までの年金・保険(これをAとします)を脱退し、7/30に次の年金・保険(これをBとします)に加入した場合はどうなるかというと、

7/1~7/29の期間はAに加入していて、かつ健康保険などは利用していたとしても、7/1~29までの保険料は取られません。
その代わり次の7/30からの年金・保険のBに保険料を支払います。
つまりBにとっては数日で一月分の保険料をもらえるのですが、Aにとっては29日分の保険料は手に入らないと言うことです。

このようにして二重に保険料を支払わずにすむとともに、一月単位の保険料にすることで、事務が簡単になるのです。
(もし29日までの給料から一月分引かれていた場合は、それは前月の分の保険料です。会社によって多少異なりますが、基本はその月の保険料を翌月支払うという制度になっているためです)

ですから、ご質問者の場合、29日に会社を辞めたと言うことは、その月の保険料を支払っていないのです。
このまま国民年金・国民健康保険に加入せずに次の月の4日に次の会社の社会保険に加入すると、まるまる一月分の保険料が浮くという計算になります。
4日のブランクのために保険料を支払うのではなく一月分の為に支払うのです。

さて、年金については減額があることはご存じのようですね。金額的には1/480だけ少ない金額になります。(不支給になるのではなく毎月の受給額自体が減額されます)
損になる総額はご質問者が何歳まで生きるかによりますが、男性の平均寿命までいきると保険料の2倍以上損することになると思われます。

それほど巨額でありませんが、払える物なら払った方がよいですよ。
あと、健康保険も国民健康保険に加入しないと行けないのですが、もし30日~1日の間に病院に掛かっていないのであれば、そのまま放置してかまいません。
本当は加入しないと行けませんが、既に社会保険の健康保険に加入しているので、昔のことは昔と水に流してもらえます。

年金と健康保険の仕組みを説明しますね。

社会保険の年金や健康保険の保険料は一月単位で支払うようになっています。
加入や脱退は一日単位ですが、保険料だけは一月単位なのです。
では、そのギャップをどう埋めるかというと、毎月の最終日に加入している保険・年金に保険料を支払うという仕組みになっています。
ではたとえば、7/29に今までの年金・保険(これをAとします)を脱退し、7/30に次の年金・保険(これをBとします)に加入した場合はどうなるかというと、

7/1~7/29の期間...続きを読む

Q国民健康保険料、いくら払ってます??

30歳の夫婦で子供が一人増えまして
私は専業主婦です
お互い、独身のころから社会保険に加入することなく
結婚しました
私自身は今まで国民保険料って
5000円ぐらい支払いしてたとおもいます
たまに34万とかびっくりするような通知が
きてましたがその場合は相談したりしてたとおもいます

去年マイホームを購入しまして
その時、ローンを組むために所得金額を上げて申請しまして
その時のでしょうか?
保険料金額が40万近くあり、もちろん支払いは
分納という形をとりました
はっきりいって分納なんて借金しているよな感じでイヤですし、
国民健康保険の期間も短くてとても気持ち的にイヤです。

国民健康保険料って所得によって金額が変動する
らしいのですが、まともに所得を申請してたら
年間、かなりの金額を納めなければならないとおもいますが
みなさん本当そんなに収めているのでしょうか?

最近、窓口に相談に行くと
今期から月に18000円という金額になってました
家族三人、働いてるのは主人だけで
この金額は値するものなのでしょうか?
私は正直、高く感じています
国民保険や生命保険、学資保険、車両保険などいれると
月の支払い保険に関係するものだけで
5万円以上ありますがこんなものなんでしょうか?
来年にはもう一人子供が増える予定ですが
心配でなりません。

みなさんの家庭はどんな感じですか?
またなにかよいアドバイスありましたら回答おねがいします

これも主人の所得申請からきているものだと
いわれましたが、

30歳の夫婦で子供が一人増えまして
私は専業主婦です
お互い、独身のころから社会保険に加入することなく
結婚しました
私自身は今まで国民保険料って
5000円ぐらい支払いしてたとおもいます
たまに34万とかびっくりするような通知が
きてましたがその場合は相談したりしてたとおもいます

去年マイホームを購入しまして
その時、ローンを組むために所得金額を上げて申請しまして
その時のでしょうか?
保険料金額が40万近くあり、もちろん支払いは
分納という形をとりました
はっきりい...続きを読む

Aベストアンサー

御住まいの地方自治体のHPを参照してください。
保険料計算の内訳(税率等)が出ています。
No4様の回答にあるとおりですが、大体以下の金額になります
国民健康保険税
所得割:所得の3~8%
資産割:固定資産税の50%
平等割:1万~3万(1世帯に付き加算)
均等割:1万~3万*被保険者数
の合計が年額となります。
ですので家族が一人増えると1万~3万増えます。
保険料が跳ね上がったのは所得に比例した分と、固定資産が増えたからと解釈して差し支えないようです。

対して
社会保険(健康保険)料は
標準報酬月額(月給と考えて差し支えありません)と言うもので決まり、世帯の構成人数や資産により変化が起きません。単身者も妻帯者も給与が同じなら変わらないわけですね。更に労使折半が原則ですから半額以上は雇用側が負担します。

社会保険(健康保険)が有難がられるわけですね。
社会保険とは希望して加入するものではなく、社会保険適用事業所に正社員もしくは正社員の3/4相当の勤務実態があることにより加入の義務があります。バイトやパートも例外ではありません。
社会保険適用事業所は法人であること、もしくは個人事業主が5人以上の従業員を雇用している時点で義務が発生します。
適用事業所のはずなのに適用されていない企業もありますが基本的に違法行為です。社会保険事務所に訴えることで行政指導が入ります。指導が実を結ぶかどうかはケースバイケース(罰則がないため無視している)ですがやらないよりマシです。個人の権利ですから主張して当たり前なのですね。

御住まいの地方自治体のHPを参照してください。
保険料計算の内訳(税率等)が出ています。
No4様の回答にあるとおりですが、大体以下の金額になります
国民健康保険税
所得割:所得の3~8%
資産割:固定資産税の50%
平等割:1万~3万(1世帯に付き加算)
均等割:1万~3万*被保険者数
の合計が年額となります。
ですので家族が一人増えると1万~3万増えます。
保険料が跳ね上がったのは所得に比例した分と、固定資産が増えたからと解釈して差し支えないようです。

対して
社会保険...続きを読む


人気Q&Aランキング