ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

糖尿病による網膜症で眼科からレーザーによる治療を勧められました。
1年位前に受診した眼科では1回目の治療費が2万円弱かかりましたが、2回目以降はそんなにかかりませんでした。また、飲み薬も処方されました。
今回別の眼科にかかったのですが、左右3回づつのレーザー治療が必要で毎回2万円位かかると言われました。
どういうことなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

糖尿病網膜症のレーザー治療費は、診療保険点数が17900点ですので、2割負担でこの点数を2倍、3割負担で3倍にしたのが負担額となります。


しかし、これも1眼の費用です。ですので、両眼となると、この倍は掛かります。
ですが、処置後半年間はレーザーの追加が必要となっても無料で施行されます。しかし、診療費は別計算になります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました。

お礼日時:2004/01/15 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖尿病による網膜症のレーザー治療費について

糖尿病により網膜症の治療をしています。
治療を始めたのは昨年の12月からでした。右目は終了、左目の治療途中で通院を中断してしまい、先日久しぶりに病院へ行きました。
時間が経っていたので再度、造影検査が必要とのことだったのですが、治療が必要な場合、治療費については前回分はキャンセルされ、新たに払う必要があると言われました。
網膜症の治療費は初めに払うとあとはかからないと聞いています。有効期限等も聞いていません。
病院の言うことが正しいのでしょうか?(国のルールでそうなるみたいな曖昧なことを言われました。)正しいとしても払わなければならない理由がわかりません。
高額医療であり、理由が不明確なまま再度治療費を払う訳にもいきません。どなたか、詳しい方がいればご説明ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医師により技術は異なります。

待ち時間の長さや事務的な対応は本当に疲れますね。
そういった点個人病院の方が親切なところは多いかもしれません。

個人病院の医師は、大学病院や総合病院で経験を積んでいる人が多いので、技術的に問題がある事は少ないかと思います。

ただ、最新のレーザー機器を置いていない所や、最新の医学の進歩を学習していない医師もいるかと思いますので、良くお調べになった方がいいかと思います。
(私見では、総合病院の部長クラスの医師が最近開業されたところが狙い目かと思いますが…)

過去の検査結果や治療経過については、お罹りになっていた総合病院で、紹介状を書いてもらい、過去の検査結果の貸出あるいはコピー(実費要)を貰えます。
しかしレーザーをお受けになられるのでしたら、現在の網膜の異常血管の位置を知るために(そこにレーザーを照射する為にどうしても必要)再度血管造影をする事になるかと思います。
(それについては現在お罹りの総合病院でも同じ事です)

納得のできる病院で良い治療をお受けになり、健康を回復される事を願っています。

医師により技術は異なります。

待ち時間の長さや事務的な対応は本当に疲れますね。
そういった点個人病院の方が親切なところは多いかもしれません。

個人病院の医師は、大学病院や総合病院で経験を積んでいる人が多いので、技術的に問題がある事は少ないかと思います。

ただ、最新のレーザー機器を置いていない所や、最新の医学の進歩を学習していない医師もいるかと思いますので、良くお調べになった方がいいかと思います。
(私見では、総合病院の部長クラスの医師が最近開業されたところが狙い目か...続きを読む

Q糖尿病網膜症のレーザー治療について

本人の状態にもよると思うのですが糖尿病網膜症のレーザー治療ってどれくらいの頻度で受けるものなのでしょうか? また、処置後半年間はレーザーの追加が必要となっても無料で施行されるという記事を読んだのですが本当ですか?

Aベストアンサー

まず、ご存じとは思いますが糖尿病網膜症のレーザー治療の目的は、網膜の間引きと血管の処置の2つが主なものです。
網膜の間引きですが、その時点で網膜の毛細血管はかなり閉塞しており、言ってみれば網膜は栄養不足、酸素不足の状態です。これを解消するために眼の中で血管増殖因子が増えて新しい毛細血管をはやそうとします。これがいわゆる新生血管で、とても脆く出血しやすい他に、増殖膜の原因にもなる非常に厄介な代物です。そこで、閉塞した血管の先にある網膜をレーザーで焼いてしまい、間引きをすることで新しい血管を生やそうとする動きを抑える(沈静化)事を狙います。
もう一つ、既に新生血管がうじゃうじゃ生えていて出血を起こしていると、網膜、特に黄斑の浮腫(むくみ)を招いたり、出血が呼び水となって更に新たな血管が生えてきます。ですので悪い血管を焼いて出血を抑えることが必要になります。

という訳で、一度や二度ではとても処置しきれないので片目につき数回ずつレーザーを入れていく必要があります。程度の差はありますが、片目だけなんて事は少なく、まず両目が対象になる事が多いと思います。私の場合、1週間おきに左右にそれぞれ3回~4回ずつレーザーを撃ちました。

ここで料金の話ですが、半年後も無料で施術というのはたとえ話の類であって、実際は次の通りになります。網膜をレーザーで処置するのは網膜光凝固術と言いますが、これは当初の目的を達するまで一連の処置を丸ごと含んで一つの治療とみなします。つまり、今の眼の状況に必要な網膜の間引きや新生血管の処置が「一通り」完了するまでを含んだ費用が初回にドンと乗ってきます。しかし、次回診察以降は、「一通り」の治療中な訳ですので、網膜光凝固術についての費用は発生しません。診察台と薬代ぐらいです。ただ、この処置は半年も引っ張るほどのんびり治療はしないとは思いますが。

さて、一連の処置が終わったとして、通常はこれで経過観察です。増殖膜や新生血管の活動が沈静化していれば、そのまま治療を続けながら経過観察が続きますが、活動が抑えられない場合や、既に増殖膜がかなりひどく、網膜裂孔や網膜剥離を起こしている(起こす危険がある)場合には、次の段階の治療である硝子体手術を視野に入れなければなりません。ただ、硝子体手術を受けるにしても、予め網膜のレーザー処置を済ませている場合と、やってない場合とでは治療成績に差が出るという調査結果を目にしたことがあります。勿論、レーザーを撃って間引きしておいた方が、手術後の視力の結果はよく保たれることが多いです。

ということで、私も両目とも硝子体手術を受けて、糖尿の治療と合わせて管理を続けながら、今は普通に仕事を続けています。途中で治療を放置すると失明一直線なので、ぜひ頑張って治療に取り組んでいただきたいと思います。

まず、ご存じとは思いますが糖尿病網膜症のレーザー治療の目的は、網膜の間引きと血管の処置の2つが主なものです。
網膜の間引きですが、その時点で網膜の毛細血管はかなり閉塞しており、言ってみれば網膜は栄養不足、酸素不足の状態です。これを解消するために眼の中で血管増殖因子が増えて新しい毛細血管をはやそうとします。これがいわゆる新生血管で、とても脆く出血しやすい他に、増殖膜の原因にもなる非常に厄介な代物です。そこで、閉塞した血管の先にある網膜をレーザーで焼いてしまい、間引きをすること...続きを読む

Q網膜裂孔でレーザー手術をしました

2週間前に、右目を網膜裂孔のためレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。その後、手術前にしっかり見えていた距離がボヤけてしまいます。仕事で、30cmから60cmくらいの距離で100分の1mmの調整をしているような仕事なのですが、ほんの一瞬だけ焦点が合うのですがすぐにボヤけてしまいます。その影響で頭痛・こめかみの痛みもひどいです。医師に伝えたのですが、「手術によって視力に影響はない。仕事による眼精疲労」との返事でした。どなたか、私の視力の低下は一時的なものなのでしょうか?また、本当に眼精疲労なのでしょうか?手術前と後でこんなに眼精疲労とは変わるものだのでしょうか、、、。ご教授頂きたく存じます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になれば、よろしいのですが・・・ (*^。^*)

私も2週間前の、6月6日にレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。

そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。


   網膜光凝固について

・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網膜を焼き固める必要があります。
 網膜裂孔は、放置すると網膜剥離という疾患を引き起こし入院しての手術治療が必要になることがあります。網膜剥離がまだ起きていなかったり小さな範囲である場合は、裂孔周囲を光凝固して瘢痕化させることで網膜剥離の進行を防ぐことができます。

・網膜光凝固は、病気そのものを治して視力を回復させるような効果はありません。あくまでも疾患の進行をくいとめるのが目的です。

・短所として、光凝固をしたところは網膜機能が減弱しますので光凝固施工後は暗く感じるようになります。たいていは数ヶ月すると徐々に暗いのが軽くなります。

参考になれば、よろしいのですが・・・ (*^。^*)

私も2週間前の、6月6日にレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。

そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。


   網膜光凝固について

・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。

 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網...続きを読む

Q硝子体手術後の見え方について

4月5日に糖尿性網膜症で、硝子体手術をしました。
術後2週間経ちますが、ほとんど視力が戻りません。
主治医の話では、ガスが抜けてくると徐々に見えてくると言われましたが、まだ見える気配がないです。
一般的に手術でガスを入れた場合、どの様にガスが抜けて、視力が戻ってくるのでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

両目に同じ手術を受けました。

術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。

さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同時に気体は血液などに吸収されていきます。
水は眼の底からたまっていきますが、網膜の見え方はご存じの通り上下左右が逆ですので、上の方から水の線が降りてくるように見えます。眼の中の水が60%から70%近くなったら、水の線がちょうど視界の半分くらいにくるイメージです。水が90%位になると、水の線はほぼ消えて、今度は気体の残りが黒い丸の形となって見えます。(泡のようなものです)黒い泡は徐々に小さくなり、数日で気づかないうちに消滅します。

さて、視力の戻りですが、これは症状によって様々です。
単に網膜剥離での手術の場合だと、満水になってガーゼを取り、退院許可が出る時点で結構クリアに見えることが多いです。
ただし、あなたや私のように網膜症で手術を受けた場合、少量ながらも新生血管からの出血が完全には止まっていないことが多いです。従って、満水になっても白く曇った感じで濁りがあることがままあり、その場合視界がクリアとはいかないこともあります。この時は出血が引いて濁った水が置き換わるにつれて徐々に視界はクリアになっていきますが、期間は数週間から1、2ヶ月程度と様々ですので一般的なことはいえません。

もう一つ、硝子体手術が必要なほどの網膜症なので、手術中にたくさんレーザーを打たれたと思います。これはさらなる悪化を防ぐためにどうしても必要な措置ですのでしょうがないのですが、術前と同じ視力が出るとはあまり期待しない方が良いです。また、術後の視力が安定するには数ヶ月から1年ほど見ておいた方が良いです(これは説明を受けたはずです)

今はうつぶせや横向きを指定されている時期だと思いますが、しっかり指示を守って気体を網膜に押し当てるようにがんばってください。

両目に同じ手術を受けました。

術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。

さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同...続きを読む

Q眼底出血の治療費

昨年12月に右目の視力が一部欠けていることに気付き眼科に行ったところ、眼底出血をしていると診断されました。その際「レーザーを使っての治療をしなければならないが、レーザーは保険が利かないので4万円かかります。但し2度目以降のレーザー治療は費用がかかりません」と先生から説明され、レーザー治療を受けました。先日保険組合からかかった医療費の明細が届き、その中でその眼科に組合から16万円が支払われていることが分かりました。ということは保険が利いているということになるのではないですか?同じように眼底出血でレーザーを使って治療をされた方で、大まかで結構ですのでかかった(レーザーのみ)治療費と、保険が利いたか、利かなかったか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かって私も同じ治療を東京と名古屋(転勤で)で受けました。

両病院で保険がきかないと言われたことはありません。

いくらかはもう記憶してませんが・・・。

話しの内容から見ると保険がきかないは変ですね。

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Q眼底出血があったのですが。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
というのは、気がすすみません。
なぜかというと、造影剤の検査は、ネットで調べた結果
「医療事故」があったとのことなのです。

医者に聞けば、「造影剤」の検査をしなさいと言われるのは
分かりきっているのてすが。

症状がないなら、ほっておいてもいいですか?
それともやはり造影剤の検査をうけるべきでしょうか。
造影剤によるリスクというのはどの程度のものでしょうか。
よいアドバイスがありましたらお願いします。

ちなみに健康診断をうけたばかりですが
高血圧や糖尿病はありません。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
...続きを読む

Aベストアンサー

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機能を調べたり、アレルギーテストをしていますので、最近はまず報告を聞きません。

私も眼科医になってもう20年経ちますが、その間もう何百人の患者さんにこの検査をしたか数えられないほどです。
たまに空腹時や、逆に食事した直後に検査に来られた為に、検査中に気分が悪くなり吐いてしまった患者さんを経験してますが、意識をなくすようなショックを起こした人は皆無です。

また検査後は、しばらく注射した蛍光色素が尿中に排泄する為に、尿の色が赤ッぽく見えたり、顔色が黄色ぽく見えたりすることは誰にでもありますが一過性で心配ありません。

では、これで何が判るかというと、私たち医師が見ることの出来る網膜の下にある、医師からは見ることの出来ない”脈絡膜”という網膜を栄養している大切な組織の血液の流れがわかるのです。
まだ網膜に現れていない病気や今後起こりうるだろう出血の予想、さらには必要に応じてレーザー光線で治療する光凝固術には欠かせない検査です。

でも現在特に視力に不自由していらっしゃらないのなら、今無理に受ける必要はないでしょう。
もし万一再び眼底出血を起こした時は、ぜひ心配せずに受けてくださいね。

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機...続きを読む

Q糖尿病網膜剥離による手術の費用

父は糖尿病網膜剥離の悪化で硝子体の手術をうけることになりました。
 度重なる入院のため、お金が恥ずかしい話ですがありません。入院も含めてどのくらいかかるか教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

主人は糖尿病性網膜症でですが、両眼とも硝子体手術を受けました。
片眼ずつでしたので、2回入院しました。(2回ともガスは入れずにすみました)
ただ、同じ手術を受けられた方でも、人によって症状は様々ですし、期間も費用も
それぞれ違ってきますので、あくまでも「参考程度」として読んでくださいね。

1回目・・・入院期間14日間で約235,000円
2回目・・・入院期間10日間で約213,000円

高額医療費控除で、差額分は戻ってきます。

度重なる入院、お父様もご家族の方も精神的な面は勿論、金銭的にも大変ですよね。
♯1の方も書かれているように、病院のソーシャルワーカーに相談されましたら
高額医療貸費控除や貸付制度について詳しく教えていただけると思います。
私達も相談にいきましたし、他にもたくさんの方がこられていました。

お父様の手術の成功を祈っています。
どうぞお大事になさってくださいね。

Q糖尿病(重症)で緊急入院?

個人病院の内科で血液検査をしたところ糖尿病、かなり重症と診断され、大学病院への紹介状を頂きました。薬で治す数値ではないとの事で(血糖325)緊急入院になるだろう、と言われました。
2週間は入院するとかインスリン代が高い、というのをよく聞くのですが、実際どの位かかりますか?月、何万もかかるのでしょうか?
生命保険に加入してないのですが、どちらにしても保険はおりないのでしょうか?
詳しく教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

糖尿病を発症して6年目の者です。9月の初めに具合が悪くなり糖尿病の専門の個人病院に行ったところ緊急入院しないと命の保障ができないからと、すぐに大学病院に連絡してもらって救急車で、入院しました。点滴やレントゲン検査やエコー検査、眼底検査、採血は30回ぐらいして今はインスリンの自己注射しています。一週間で退院できましたが、健康保険適用の請求が、包括診療で8万2000円ぐらいでした。ちなみに診断名は、糖尿病ケトアシドーシスでした。
医療保険は入ってないのでわかりませんが、私の入ってる生命保険からは、4日目から給付してもらえるそうです。

Q飛蚊症によるレーザー手術について

母が飛蚊症となり眼科でレーザー手術を受けました。
大きな黒い斑点が視界に入り邪魔な状態でした。

手術後、しばらくは視界がぼんやりしていましたが、
約2時間半後、視界がクリアになった時、
まだ小さな斑点が残っていることに気づき、
すぐに眼科に電話をしました。

保険適用でも、36,000円も支払って治っていないなんてどういうことだと思ったからです。
飛蚊症が完治していないことにかなりショックを受けていましたし。

当日に電話しないと、新たに飛蚊症に罹ったと言われかねないと思ったので、
すぐに眼科へ問合せるよう母に促しました。

-------------------------------------------------------------

電話した内容は下記です。

1)まだ飛蚊症が治っていません(という報告)

2)再度、レーザー手術となったら、手術代36,000円をまた支払うのか?

--------------------------------------------------------------

窓口の女性に伝えた後、かなり待って手術を担当した先生が電話に出ました。
すると、逆ギレ風に
・そんなに慌てないでください。
・何が言いたいんですか?
・手術費用はまたかかります。 と言われたようです。


私は腑に落ちないのです。

レーザー手術後、ちゃんとレーザーで除去できたかチェックしたの?
先生の確認不足なんじゃないんですか?

それを何の謝罪もなく、ふてぶてしい態度にて、
「慌てるな」とか「また手術代かかる」とかよく言えたもんだなと思っています。


手術代は医療保険で給付される予定なのですが、
そうは言っても、一旦、自腹で支払う訳です。

レーザーによる目の負担だってありますし、そんなに何度も何度も
手術したくないという患者の気持ちはまるで考えず、
上から目線の眼科医の態度に疑問を感じてます。


そこで、下記について質問させてください!

--------------------------------------------------------------
(1)母は以前、もう片方の目の飛蚊症でレーザー手術を受けましたが、
  1度で完治しました。

  ですが、飛蚊症によるレーザー治療というのは、
  1回のレーザー手術で完治しないケースもあるのですか?


(2)手術して2時間後、まだ飛蚊症が完治していない場合でも、
  レーザー治療費を2回支払わなくてはならないのでしょうか?

----------------------------------------------------------------

まさかこんなことになるとは思わず、眼科医の態度を心から残念に思います。


母は、もう片方の目の検査のため、
1週間後に再度その眼科に診察へ行く予定です。
完治しなかった目の検査も再度することになるでしょう。
現在も視界が遮られる状態ですから.....


レーザー治療をすすめられても、お金がかかるので、
治療をせずに帰ってくると言っています。


質問内容についてご存知の方、教えて頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

母が飛蚊症となり眼科でレーザー手術を受けました。
大きな黒い斑点が視界に入り邪魔な状態でした。

手術後、しばらくは視界がぼんやりしていましたが、
約2時間半後、視界がクリアになった時、
まだ小さな斑点が残っていることに気づき、
すぐに眼科に電話をしました。

保険適用でも、36,000円も支払って治っていないなんてどういうことだと思ったからです。
飛蚊症が完治していないことにかなりショックを受けていましたし。

当日に電話しないと、新たに飛蚊症に罹ったと言われかねないと思ったので、
すぐ...続きを読む

Aベストアンサー

飛蚊症のレーザー治療と言うのは、
飛蚊症の原因になっている硝子体の中の「ゴミ」に
レーザーを照射して、細かく分解して、目立たなくする
だけのことで、「ゴミ」がなくなるわけではない。
つまり、ゴミを「除去」する手術ではないのですよ。

どの程度のゴミが残っているのかわかりませんが、
小さすぎると、レーザーが上手くゴミに当たらずに、
網膜に当たってしまう危険もあります。

なので、ある程度、気にならなくなったのならば、
それで治療完了、という手術です。

不満足というのならば、医師と相談してください。
2回目の治療費がかかるかどうかは、
どの程度の大きなゴミが残っているかどうか
という問題とも絡んできます。


人気Q&Aランキング