これからの季節に親子でハイキング! >>

家の木部が一部水漏れにより腐ってしまいました。

とりあえず腐った部分を削りとり、修復前に現在乾燥させているところです。

ところで木の吸湿に石灰を利用しようかと思ったら、生石灰は場合によりすごく発熱すると知りました。

そこで知りたいのですが、消石灰でも発熱したりするのでしょうか?
また木に少しまぶしておいたら乾燥効果などあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

生石灰は分子式CaOであらわされ、水と反応して消石灰Ca(OH)2を生じます。



つまり生石灰は水を吸収し消石灰に変化します。この際に発熱(エネルギーの放出)を行うため取り扱いには注意が必要とされているようです。(リンクサk先はWikipedia:生石灰)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96% …

つまり、消石灰には吸湿性はありません。
消石灰は漆喰などには含まれますが、これは空気中の二酸化炭素を吸うことで固まる性質を利用しているだけで、水を吸っているわけではないのです。

それどころか消石灰は水に溶けるとアルカリ性を示し、肌を侵しますのでまぶすのはお止めになるのがよろしいと思います。

ちなみに溶解熱といい、消石灰が水に溶けるときには微量の熱の出入りがありますから肌では感じませんが発熱します。

結果として、「消石灰をまぶしても効果なし」です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくお教えいただき助かりました。
ありがとうございました

お礼日時:2012/05/31 13:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消石灰について

生石灰を水につけると発熱いたしますが、消石灰は発熱しないと存じていたのですが、実際消石灰を水に着けたら60℃近くまでに発熱いたしました。事実はどうなのでしょうか?
また、酸化カルシュ-ムとアンモニア臭の関係も同時にお願い出来ますか?(ちょっと漠然すぎますが)

Aベストアンサー

ご指摘のとおり,消石灰(Ca(OH)2)の溶解度は,非常に小さく,溶解発熱がある仮定しても,60℃もの発熱は説明できません。したがって,水,あるいは消石灰に原因があるものと推測します。
・・・あくまでも推測ですから,あしからず・・・・

消石灰が,完全にCa(OH)2になっておらず,一部にCaO,が残っている場合,おっしゃるように水和熱が発生します。
これが,原因として非常に可能性が高いと推測します。

消石灰は一部水に溶けて強アルカリ性を示します。仮に,混ぜた水が酸性雨などのように酸性を示すものであったら,中和反応により発熱が起るはずです。

酸化カルシウムは,大気中で二酸化炭素と反応して,炭酸カルシウム(CaCO3)を生成します。ただし,CaOは一部,炭化カルシウム(CaC)が混ざっていることがあり,これが,空気中の水と反応してアセチレン臭を放つことがあります。
アンモニア臭ということですが,
・・・はっきりと原因はわかりません・・・
お役に立てず,ゴメンナサイ。

Q消石灰と熱について

消石灰を硝石灰と書くのは間違いでしょうか? また、生石灰と水が反応して熱を出したのちのものを消石灰と呼ぶようですが、消石灰も水と反応して発熱しませんか?先日、畑に消石灰を

Aベストアンサー

硝石灰とは書きませんね。

生石灰と水が反応して熱を出したのちのもの「が」消石灰です。
工場では、この方法で消石灰を製造しています。

消石灰に水をかけても発熱しません。

Q消石灰って、ムカデとか虫よけに使えますか?

 消石灰は虫よけにいいようですが、どういうものかがわかりません。どのように使うのですか。どこで購入できるのでしょうか?

Aベストアンサー

消石灰を簡単に言うと、
昔、学校の運動場に白いラインを引いていた粉のことです。
(現在は、消石灰を使用しているところと別のものを使用するところがあるようですけど)

虫は偏った土を好みます。
その土の偏りを中和させるのが石灰です。
日本の多くの土壌は酸性よりですが、石灰を加えることで中和できます。
中和させた土を使って、植物を育てます。
中和させていない土で植物を育てると、
土中には、根切り虫(蛾の幼虫など)などの害虫がよく居ますね。
植物は丈夫ではなく、虫が付きやすく、病気になりやすくなります。

ただ、消石灰そのものは使用の仕方で逆に危険です。
消石灰に水が加わることによって、強いアルカリになります。
それはたんぱく質を溶かすというものです。
間違って目に入ったりするととても危険です。
使用方法、量などを誤らないように気をつけてください。

そして、石灰でも「消石灰」と「生石灰」があります。
生石灰は、お菓子、海苔などの袋に入っている乾燥剤に使用されています。
乾燥剤には、シリカゲルと生石灰の2種類が主です。
乾燥剤の袋に「石灰」という文字があれば、「生石灰」です。

この生石灰ですが、湿気、水を含むことで高温になります。
火傷、火事などの原因になるので取り扱いは注意!
生石灰の乾燥剤を放置していたら、パンパンに膨れていたという現象は、空気中の湿気などを含んだから起こることです。
ただ、一度充分に湿気、水分が含むと消石灰になります。
取り扱い、保管方法を気をつけてからガーデニングに使用している方も多く居ます。

長くなりましたが、生石灰、消石灰、どちらにしても取り扱い、保管は気をつけてくださいね。
売られているのは、ホームセンターのガーデンニングコーナー(土売り場)、
100円ショップでは、小さな片手で持てるほどの大きさで売られています(同じくガーデニングコーナー)。
ホームセンターでは大袋で売られているので、お試しには不向きかもしれません。
でも、一度見に行ってみるといいですよ^^
そんなに高くなかったと記憶しています。

ムカデ、虫除けに石灰を使用するのはいいですが、気長なことかもしれないですね。
もう少し短い期間で、人害がないようにしたければ、木酢液(竹酢液)をお勧めします。
これもホームセンターのガーデニングコーナーで。
(液体で、農薬売り場、肥料売り場にあるでしょう)
詳細は、このサイトで「木酢液」で検索しても多くヒットすると思いますよ。

消石灰を簡単に言うと、
昔、学校の運動場に白いラインを引いていた粉のことです。
(現在は、消石灰を使用しているところと別のものを使用するところがあるようですけど)

虫は偏った土を好みます。
その土の偏りを中和させるのが石灰です。
日本の多くの土壌は酸性よりですが、石灰を加えることで中和できます。
中和させた土を使って、植物を育てます。
中和させていない土で植物を育てると、
土中には、根切り虫(蛾の幼虫など)などの害虫がよく居ますね。
植物は丈夫ではなく、虫が付きやすく、...続きを読む

Q石灰の発火について

石灰は水に濡れると発火すると聞いた事があります。苦土石灰も同じでしょうか。

Aベストアンサー

石灰が燃えるわけではありません。
生石灰(CaO)が水と反応するときに発熱するので、濡れた場合に
高温になって周りにあるものが発火する可能性が出てきます。

消石灰、石灰石(タンカル)、苦土石灰、などは濡れても発熱はしません。

Q消石灰 処分

土壌改良用に消石灰を購入したのですが、余ってしまい処分に困っています。処分方法を教えてください。

Aベストアンサー

湿気のない場所で保存しておけばいいです。
来年また使えます。
どうしても処分したいのなら何も植えてない所で土と半々に混ぜて積み上げて置けばいいです。
固まったら叩いて粉にして花壇に撒けばいいのです。
毒ではありませんが下水に流すと固まってパイプが詰まります。

Q貝殻焼成カルシウムと酸化カルシウムの違いについて

市販されている「ほたて貝殻焼成パウダー」「ホタテ貝焼成カルシウム」「貝殻焼成カルシウム」といった商品には、「除菌・抗菌作用、消臭効果」などがあると書かれ、洗濯や台所の除菌、商品によっては、水虫の治療にも効果があるそうなんですが、その主成分は、結局の所、酸化カルシウム(生石灰)とのことです。

貝殻焼成カルシウムのこういった除菌・抗菌作用、消臭効果は、普通の生石灰でもあるものなのか、それとも、貝殻焼成カルシウムには、何か微量な成分が入っていて、普通の生石灰とは異なるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

1.石灰は一番安価な強アルカリです。工業的には大量に使われているはずです。
また炭酸カルシウムはカルシウム化合物製造の場合のカルシウム源ですから反応の過程で石灰が出てくることが多いはずです。(ナトリウム化合物製造の場合のナトリウム源は食塩です。)
廃水処理の中和剤としての使用量はかなりの量になるだろうと思います。
現在日常で石灰を一番よく使う場面(工業的な用途を別にして)は畑にまくということでしょう。農協や園芸材料店では石灰が売られているはずです。多分20kg程の単位になった袋詰めでしょう。
運動場の線引きには最近は石灰ではなくて炭酸カルシウムが使われています。
漆喰を使うような建造物も最近はほとんどなくなったのではないでしょうか。

普通石灰と言えば消石灰です。作った直後のもの以外は消石灰と考えていいでしょう。生石灰が必要になれば消石灰を改めて焼くことになります。

生石灰と水との反応での発熱はかなりのものです。火事の原因になることもあるという記事を見ることもパリます。冬場に駅の売店で売られている弁当や日本酒の中にはこの熱を使って温める仕組みが組み込まれているものがあります。

2.私はそのように想像しています。アルカリ性を下げることもできますが燃料代の節約にもなります。

炭酸カルシウムは水に溶けにくいのでアルカリ性は弱いです。チョークの粉で考えて下さい。
チョーク(chalk)はもともとイギリスのドーバー海峡側の海岸にある白い崖の事です。崖を作る岩石の成分は炭酸カルシウムです。石灰石に直接対応する英語はlimestoneですがchalkが使われることもあるようです。

3.胡粉について詳しいい説明を見つけました。
http://www.nihon-kogeikai.com/SASAERU/SASAERU-103.html

#3に「貝殻を焼いて作る」と書いたのは誤りのようです。
畑にまく石灰は貝殻を焼いて作っていたというのと混同していました。

貝殻は表面に付着物があります。この付着物を取り除かないと顔料にはなりません。
上にあげたサイトの説明では10年寝かしたものを用いると書いてあります。


アサリやハマグリは普通、殻付きで売られています。ホタテや、カキはむき身にして売られています。産地には大量の殻が残ります。この殻の処分には困っているはずです。何とか利用する方法はないかと考えているはずです。チョークの材料にしているかもしれません。畑にまく石灰を作っているかもしれません。山から切りだした石灰石を焼くというのは個人需要の石灰ではやっていないかもしれません。焼くというのは燃料コストがかかります。二酸化炭素の排出というのも問題になります。炭酸カルシウムとしての売れ口があればそれの方がいいということにもなるでしょう。
乾燥剤の袋を見るとセメント製造で知られている場所が生産地として載っていることがあります。
この辺のからみは私にはよく分かりません。

1.石灰は一番安価な強アルカリです。工業的には大量に使われているはずです。
また炭酸カルシウムはカルシウム化合物製造の場合のカルシウム源ですから反応の過程で石灰が出てくることが多いはずです。(ナトリウム化合物製造の場合のナトリウム源は食塩です。)
廃水処理の中和剤としての使用量はかなりの量になるだろうと思います。
現在日常で石灰を一番よく使う場面(工業的な用途を別にして)は畑にまくということでしょう。農協や園芸材料店では石灰が売られているはずです。多分20kg程の単位になった...続きを読む

Q乾燥剤(生石灰)を水に濡らした場合の対処方法教えて下さい。

のりに入っていた乾燥剤の生石灰なのですが、子供が食事に後片付けをしてくれたときに、一緒に流しに放り込んでしまってびちゃびちゃになってしましました(><)
袋には、水濡れ厳禁と書かれてありますし、発火の危険があるということですが、ぬれてしまった場合どのようにすればよいでしょうか?
すぐに拭いて、今のところ発熱した感じもないのですがどのくらい時間がたてばゴミ箱にすてても大丈夫かおわかりの方いらっしゃいましたら、教えて下さい☆

よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

乾燥剤の袋は膨れてませんでしたか?
生石灰の乾燥剤は水分を吸うと消石灰に変化して体積が増えるのですヨ。
そのため,のりの缶なんかに入れている間に膨れ上がってしまうことがあります。
そうなっているものであれば,全く発熱もせずに終わってしまいます。
また,袋を開けずに処理されていると思いますが,乾燥剤を入れている袋自体は水を通しにくいものとなっているはずです。
ですから,基本的にはもう大丈夫でしょう。
気になるのであれば,流しの上にでも放置して置いてください。
或いは,少量の乾燥剤であれば大量の水の中にいれておいてもいいでしょうネ。
以上kawakawaでした

Qぬかるんだ土を固める方法

最近家の近くの沼に水が殆どなくなり、ぬかるみ状態になりました。そこを通れると田んぼまでが近いので、挑戦してみましたが、段々深くはまっていって長靴が抜けなくなりました。工事する程でもないので、なにか水でぬかるんだ土を固める方法があれば教えて下さい。距離にすると100~200mくらい歩ける幅だけ固めれたらよいのですが。

Aベストアンサー

>・・段々深くはまっていって長靴が抜けなくな りました。・・

 この程度の状態は人荷重の問題ですので玉石等を歩く範囲に敷くのがよろしいでしょう。 
 これにより地盤の支持力があがりますので歩いたときに沈下がおさまれば後はムシロとかゴザなどを敷いて回りからの土砂をムシロで遮断することができるのであとの管理が楽になります。
 上位の行為がある一定期間経過すると最後に問題になるのが雨天時に土壌がぬかるんでしまうという現象です。
 
 これは土の粒子が細かくなりすぎて水を排水できなくなってしまうのが原因ですので、これを改善するには昔人が経験からやっていた土壌改良法が適切です。
 それは三和土というものですが、「三和土」。正しくはたたき(叩き)といいます。
 本来たたきは赤土+砂利+石灰に苦塩(にがり)を適度に混合することで土を固める効果がでます。

 わたしは手抜きをして現地土壌+石灰だけでおわらせています。 これだけでも十分な効果があり、養生期間が経過すれば雨の時でも泥などクツに付くことなく歩行できます。 さらに土が団粒化構造になりますので水はけもたいへん良くなります。(我が家でこれを実行する一番の理由は雑草よけなんですが・・・。何年も草取り不要です。)
 実際、これって立派な工事になるんですが。最低1週間はかかりますね、人力では。

>・・段々深くはまっていって長靴が抜けなくな りました。・・

 この程度の状態は人荷重の問題ですので玉石等を歩く範囲に敷くのがよろしいでしょう。 
 これにより地盤の支持力があがりますので歩いたときに沈下がおさまれば後はムシロとかゴザなどを敷いて回りからの土砂をムシロで遮断することができるのであとの管理が楽になります。
 上位の行為がある一定期間経過すると最後に問題になるのが雨天時に土壌がぬかるんでしまうという現象です。
 
 これは土の粒子が細かくなりすぎて水を排水でき...続きを読む

Q石灰・・・ 生石灰 消石灰 について、 

石灰を水で固めて 硬くしたいのですが 


この場合 

 生石灰でしょうか、 消石灰でしょうか、

 
 また 
  石膏とは違うのでしょうか、、

 

Aベストアンサー

生石灰に水を加えたものが消石灰(激しく発熱します)。運動場のライン引きに入っているアレです。
消石灰は二酸化炭素と反応して固まる性質があります。
Ca(OH)2(消石灰)+CO2(二酸化炭素)⇒CaCO3(石灰石)+H2O(水:蒸発)
ただし、消石灰だけで固まるけれども、硬くはならず、脆いですね。

漆喰ってのは、扱いやすいように消石灰をにちょっぴり糊やツナギなどを混ぜたものです。
日本の土間である三和土(タタキ)も、消石灰を土と混ぜて、叩き締めて固めます。


石膏は石膏は硫酸カルシウム(二水石膏)CaSO4・2H20です。
別物です。

Q土に消臭効果を、または庭の臭いを消す方法(アイデア)。 

犬を飼ってます。
昼間は留守にしてるもので、庭で放し飼いです。
夜は家の中に入れますが、昼間はもちろん、庭でウンコ、オシッコし放題です。(放題てほど豪快じゃないけど)

このまま、何年もたったら、庭は犬臭くなるのかなぁと、ちょっと心配です。(ご近所の手前)

 考えすぎかな

モクセイを植えて生垣を作り始めました。(多少、花の香りでごまかせるようになるかなと。)

土を脱臭・消臭効果に改良する方法てありますでしょうか?

私のアイデア↓
コーヒー豆の抽出後の出し殻を生ごみに混ぜたり、下駄箱に入れると脱臭効果がある。

ということから、時々、コーヒーショップで出し殻をもらってきて、庭に撒く。

てのはどうでしょうか?良いと思うのですが。^^
(余計臭くなるかな?犬に良くないとか?)

庭の臭いを消す工夫て何かありますでしょうか?
どうぞ、教えてください。

Aベストアンサー

以前同じように犬のにおいでこちらに質問をしたことがあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=788327
この中の#3の方法で対応したところピタッ臭いはやみました。
土の質の改善だけでこうも違うかと実感しています。
根本的な改善をしない限り匂いはなくなりません。ごまかしても夏に向け高温多湿な状態になれば必ず臭いだすはずです。
いま、同じ場所で犬を飼い始めていますが臭いは全くありません。排泄も庭でしています(やはり昼は不在がちなので)。
手はかかりますが周りの方への不快を考えれば仕方のないことだと思います。
実際臭い家って見たことがありますが、感じが悪いと思いますから。
市販品に庭飼いの犬向けに消臭材(庭にまくタイプ)がありましたが高価な割に効果が薄くダメでした。http://www.rakuten.co.jp/doggyman/155218/141220

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=788327


人気Q&Aランキング