腹の脂肪(内臓脂肪)がなかなか落ちません。

内臓脂肪を落とすには有酸素運動を朝やるといいと聞いたことがあります。

なんでも、狩猟の時代は男は内臓脂肪のエネルギーを使って狩りに出かけていたからということですが、そんなこともあるのかなぁ~と半信半疑です。

朝というか、運動するために効果的な時間というのはあるものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

低強度の有酸素運動を食前か食後という点については、大した意味がない事をごく最近も触れました。

食前・食間に行うのが良いというのなら、その理由としっかりした最新の情報源を示してほしいものです。恐らく「おじいちゃんの遺言です」といった類の話ではないでしょうか!

腹部皮下脂肪は頑固な脂肪と云われますが、“血管のネットワーク密度が低く”、“血管分布度合いが内臓脂肪に比べて門脈より離れている”ので、脂肪の動員(分解→脂肪酸として血中に放出)が難しいことが理由として一般的に挙げられています。御如才なきこととは思いますが、だからと云って内臓脂肪を減らすことは簡単と考えるのは妥当ではないでしょう。

内臓脂肪を減らすには、カーディオとレジスタンスエクササイズが大切なことは言うまでもありませんが、クランチやシットアップの腹筋運動は、腹部深部の腸間膜の内臓脂肪を取り除くには不十分です。カーディオでは、少なくとも1時間程度の高強度のランニング/サイクリングやインターバルトレーニングをeach day (not every days)する必要があると云われています。国際的な科学ジャーナル"International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism“によれば、低中程度のエクササイズ量では内臓脂肪を減少させる有意な効果は無いとのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても知的で分かりやすいご回答をありがとうございました。

やはりそうなんですね。
有酸素や筋トレという減量の王道でも低中程度のエクササイズ量では内臓脂肪は落ちにくい訳ですね。
空腹時も想像していたように意味がなさそうですね。

私の場合、ダイエットの最初の頃は気持ちよく内臓脂肪が落ちましたが、次第に落ちにくくなってしまいました。皮下脂肪率は一定水準で落ちています。負荷の比較的高い筋トレをやっていることもあって筋肉量も落ちてはいません。問題は内臓脂肪率(見た目も)だけでした。

ダッシュをするテニスを真剣にやればいいかな?と今ふっと思いました。
どちらにしても早朝の運動とかあまり意味はなさそうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/30 11:42

内臓脂肪に限らず皮下脂肪や中性脂肪等血中の脂肪を落とすにも有酸素運動は効果的です、初めて行う場合はウォーキングから始めると良いです。



時間帯は何時でも良いですが、ある程度空腹時(食前や食間)に行うとトレーニング直後から脂肪が燃焼されるので効率的と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は最初ウォーキングをしていましたが、ジョギング+筋トレにしたら減量の効果が非常にスピードアップしました。今ではウォーキングはほとんどしていません。

空腹時のトレーニングが効果があるようには経験的には感じられません。
実際問題として、私の減量の方法はジョギング+筋トレ+食事制限の王道です。体重減ということでは成功しているのですが、内臓脂肪の落ち方が鈍化しているので質問させていただいた訳です。

お礼日時:2012/06/30 11:31

No.4で回答した者です。



先に回答した通り、体脂肪には、落ちる順番があって、内臓脂肪から落ち始めて、その後、皮下脂肪が落ちて行きます。

そのため皮下脂肪が落ちづらいことをいいことに、美容業界ではセルライトなどという、用語を使ったりして商売のネタに使っていますが、結局は皮下脂肪のことです。

話がずれてしましたが、内臓脂肪を落とすには炭水化物カットは有効ですよ。

正確には糖質カットになります。

但し、完全にカットしてしまうと、脳に栄養が行かず、思考能力が落ちたり、イライラの原因になりますけどね。

有酸素運動で、体脂肪を減らすには、朝かどうかは別として、空腹時の方が有効というのは一理あると思います。ただ、トータルで考えると大差ないような気もします。

結局、どのような生活や食事をしているかによって、違ってくるので、それ自体が有効であっても、他で体重増に繋がるような生活をしていれば、目に見える結果も得られないってことです。

理解して貰えたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、内臓脂肪は付きやすく取れやすいと言われていますが、私の場合、確かにダイエットの最初はぐんぐんと内臓脂肪が落ちました。その後、皮下脂肪も落ちだして嬉しくなったものの、内臓脂肪の落ち方が鈍化してしまいました。今は皮下脂肪は標準の中央値ですが、内臓脂肪が標準の最大値になっていて見た目もそういう感じです。

空腹時の運動が効果的だとも思っていません。1日でトータルの摂取と消費の差がポイントだと思いますが、内臓脂肪を効果的に落とす方法があればと思って質問させていただいた訳です。

お礼日時:2012/06/30 11:26

はじめまして、ダイエット経験者の男性です。



どのような方法で内臓脂肪を計っているのでしょうか?

簡易の計測器(体重計など)であれば、間違っている可能性が高いと思います。

脂肪は、内臓脂肪から減り始めて、その後、皮下脂肪が減って行くのが普通です。

もし内臓脂肪が本当に多いのでしたら、減らすのは難しくないですよ。

炭水化物を減らした食事をすれば、内臓脂肪は減っていきます。

その際、運動の必要もありません。

女性の場合、炭水化物ダイエットの効果が低いのは、皮下脂肪の割合が高く、内臓脂肪が少ないためです。

正確に内臓脂肪を計りたいのであれば、病院(CTなど)での検査が必要になります。

体脂肪計は、目安にはなりますが、数値を信用してはいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えっと、質問のポイントは内臓脂肪を落とす運動は朝やると効果があるかどうかということで、内臓脂肪そのものの定義ではありません。

内臓脂肪率はオムロンの体組成系で計っています。それとジムのBOCAという機械でも計っています。

炭水化物を減らすと内臓脂肪が減るのでしょうか?
炭水化物の量はとても難しいと感じていますが、あまり減らしてもいけないと聞きましたので、なかなか迷っている感じです。

お礼日時:2012/06/29 19:32

もし運動しているのに腹の脂肪が落ちないなあと思うのなら、その原因は運動時間にあるのではありません。


運動するとカロリー消費しますね。その結果お腹が空きます。だって身体からしてみれば運動してカロリー消費したら痩せちゃいますから。太古の昔から人間はいつ来るか分からない食糧難に備えて太っておこうとするのです。
そうやって運動すると食欲増進します。何を食べても美味しく感じるし運動して頑張っている自分にご褒美もあげたくなってついつい食べ過ぎます。

だから痩せないんですよ。

朝いくら気持ちよく、あるいは眠い目こすって運動したところで、その後食べちゃったら腹の脂肪は減りませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいえ、体重も体脂肪率も下がっています。
食事も気を付けています。
腹回りや内臓脂肪率もそれなりに下がっています。
それでも、体脂肪率や皮下脂肪率は順調に下がっていますが、内臓脂肪率の減り方が少ない感じです。

お礼日時:2012/06/28 13:04

初めのうちは眠いでしょうが、通常よりも1時間早く起きて、早朝に60分間のウォーキングをすると良いですよ。



朝日を全身に浴びる事で、体が活性化して体内リズムを一定に保ちやすくなり、非常に健康的です。

またウォーキング開始の30分を超えたあたりから、体内のグリコーゲンの消費から体内脂肪の燃焼比率が高くなってくるので、60分のウォーキングはとても良い有酸素運動になります。

ですが、即効性はありませんので最低でも3か月は続けないと目に見える様な、お腹の脂肪の変化はないでしょう。
ですが、リバウンドしにくいし、ランニングと違って膝や腰への負担も少ないので持続しやすい有酸素運動ですよ。

私も毎朝のように、MP3プレーヤーで好きな音楽を聞きながら60分のウォーキングをしています。
半年で7~8キロの減量、ウェストはマイナス6cmです。

お試しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はウォーキングじゃなくて減量はジョギングでやっています。
最初はウォーキングでしたが、ジョギング+筋トレの方がウォーキングよりかなり効果的であると分かりました。

それはそれとして、朝の太陽とか朝の気分的なことで内臓脂肪が減るのでしょうか?
そこらが半信半疑なんです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/28 09:53

そうね。


体がエネルギーを使うとき、
まず、筋肉内のグリコーゲンを使い、その次に血中のブドウ糖を使い、
血糖が少し減ってきた段階で脂肪酸を使い始める。
なんで、脂肪の燃焼には20分以上の有酸素運動を続ける必要があるといわれているわけだし、
血糖が少ない時間(朝食前)のほうが効果的であるといわれている。

ま、体は自然に蓄えようとするから、内臓脂肪を落とすためには
運動をすることも大切ですが、オーバーカロリーにならないようにすることも同じくらい大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

朝食前は血糖値が少ないんですね。

でも、1日のトータルの摂取カロリーが同じなら、まわりまわって運動で内臓脂肪が減ったり増えたりするのは1日で考えれば同じような気がします。

そこんとこがよく分からないので質問させていただきました。

迅速なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/28 09:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング