人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

ドアの開閉が固いです。
これをスムーズに開いたりしまったりするようにしたいです。

・・・どこから手を付けたら良いかわからないのですが、
(ドアの種類? 目の付け所?)
アドバイスをいただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず


開きにくい原因として、
2つあります
(1)   蝶番が錆などによって動きにくくなっている
(2)   家や、車等でも、傾いたり、ずれたりして、隙間があいている事も有ります
(1) に関してはちょうつがい等にCRC55-6やスプレー式の、グリスなどを塗って、数回動かすと、良くなる事も有ります
(2) に関しては、傾きを治さなければなりません
車ですと取り付け部分の調整で直りますが、家などですと、専門家に相談してょうが無難です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 なんというか、
 異常はないんだけれども、
 もともとそのような、仕様になってそうなんですよね・・・。
 
 ドアを閉めようにも、なかなか重たくてしまらず、
 お客様が帰るときに気まずい状況になったり…。
 
 大家さんにも、一度相談をしてみます。

 ご回答、どうもありがとうございました! 

お礼日時:2012/07/01 09:38

ドアとは住宅のドアでよろしいのですよね?(カテゴリーが住まいですので)



また、ドアの種類は開き戸なのか引き戸(横引き)なのかでも変わってきます。

簡単に直セルレベルであれば
 開き戸であれば蝶番部分にCRCなどのオイルをつけて何度か開け閉めをする
 引き戸であれば、吊り上げ式なら、同様に上部の部分にオイルをつけますし、下に溝ある古いタイプであればロウなどをつけると改善の可能性があります。

ちなみに新築であれば、施工した業者さんに相談するのがいいですよ。長年すまれていたりするのであれば、上記の方法を試してみて、だめなようなら業者さんに見てもらうのが一番ですが、知っている方がいないのであれば、近くの工務店などになってしまうと思いますね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 じつは、
 仕事場のドアです・・・ m(_ _)m
 
 開き戸です・・・が、なるほど、開き戸か、引き戸かといった区別も、大切ですよね。
 「あの症状」をなんと説明したものか、困ってもイタのですが、
 いろいろとアドバイスをいただきながら、
 だんだんと、形になってきました。
 
 ご回答、どうもありがとうございました! 

お礼日時:2012/07/01 09:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドアノブのラッチボルトの動きを良くしたい

ユニットバスのドアノブのラッチボルトですが、水あか(カルキ)などで動きが悪くなり、スムーズに戻らなく(外へ出なく)なってしまいました。そのため、ドアの閉まりが悪い状態です。どのようにすれば(どのような溶剤(シリコンスプレー等)をつかえば)、元にもどりますか?できれば、ドアノブは、変更したくありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。 誤解が多いようです。決してシリコーン潤滑剤は使ってはなりません。
 いちおうプロ(各社のサービス代行店ですので・・
 ※シリコン( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E7%B4%A0 )はケイ素(Si)の事です。シリコーン( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3 )です。
[理由]
・シリコーンオイルは揮発性があり、揮発して失われます。
 そのため一時的には動作しても将来的にかえって悪化します。
・耐荷重性がありません
 摺動部には大きな負荷がかかっているために磨耗したり、それで発する金属粉や
 極めてか硬い金属の酸化物が金属を磨耗させて動作不良の原因になっている。
・シリコーンスプレーには金属との密着性がなく、かつ表面張力が小さいため
 揮発して少なくなると玉状に水滴が発生して錆が発生します。

[対策]
 どうしても潤滑油を使用する場合は、高荷重に耐えられる潤滑剤を使用します。
 グリスでも良い。二硫化モリブデンや有機に硫化モリブデン配合の高荷重用が
 良いです。製品では、そのような潤滑剤が使用されている。
 メンテナンス用のメーカー支給品もリチウムグリスなどでシリコーンではありません。
  リチウムグリスなどの金属石鹸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%B1%9E%E7%9F%B3%E9%B9%B8 )のものは金属が置換されて潤滑性のないものに変化するので、浴室には、炭化水素系がよい。
 取扱説明書には、シリコーン潤滑剤は使用するなと記載されている。特に鍵穴
 (シリンダー)には禁忌です。CRC556は商品名まで名指しで禁止しているメーカー
 もある。

(代替品が見つからない場合)
 ケースを取り外して、可能なら分解して、スプレーグリスや高荷重用潤滑剤を塗布する。

★基本的には交換部品があるはずです。

No.2です。 誤解が多いようです。決してシリコーン潤滑剤は使ってはなりません。
 いちおうプロ(各社のサービス代行店ですので・・
 ※シリコン( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E7%B4%A0 )はケイ素(Si)の事です。シリコーン( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3 )です。
[理由]
・シリコーンオイルは揮発性があり、揮発して失われます。
 そのため一時的には動作しても将来的にかえって悪化します。
・耐荷重性がありません
 摺動部には大きな負...続きを読む

Q玄関ドワが重くて困ってます

先月新築し入居したのですが、片開きの玄関ドワ
が開けるのに重くて年寄り(85才)には大変です
メーカーに見てもらいましたら、標準ですとの事です
ドワの上に付いている器具等で軽くする事が出来ますか?
他に良い方法が有りましたら教えて下さい.

Aベストアンサー

 No.5のjanvierです。補足させて頂きます。ドアクローザの本体にはドアが閉じるスピードを調節する調整ネジがありますが、これらはすべてドアが自動的に閉じる際の速度を調整するもので、この調整ネジを回しても、ドアを人の手で押したり引いたりして開ける際の「軽さ」はご期待に沿うほどには大きくは変わりません。

 やや専門的に言いますと、もともとドアクローザのドアを閉じる力の強さは本体の中に仕組んだバネの反発力によって生じますが、それはそのまま人の手でドアを開閉する時に感じる重さとなって現れます。
 そのため、幾分かでもドアを開ける重さを軽減しようと、ドアクローザ本体に封入したオイルが、ドアを開ける際にだけバイパスを通すように設計してありますので、この弁を調整すれば幾分かはドアを開ける重さを減らすことばある程度可能ですが、その範囲はそう大きくないということです。

 むしろ、最近のドアクローザには閉じ始め・中間域・最後に閉じる強さなどと複雑に調整ができるように複数の調整ネジがついていますし、この調整はとても微妙なものですので、もし自信がないとお思いでしたら、できれば触れないで頂いた方がいいかと思います。

 というわけで、これまでご説明した内容について、ご自身で出来ないとお感じでしたら、ここはやはり専門家の方に依頼して頂くことをお勧めします。

 No.5のjanvierです。補足させて頂きます。ドアクローザの本体にはドアが閉じるスピードを調節する調整ネジがありますが、これらはすべてドアが自動的に閉じる際の速度を調整するもので、この調整ネジを回しても、ドアを人の手で押したり引いたりして開ける際の「軽さ」はご期待に沿うほどには大きくは変わりません。

 やや専門的に言いますと、もともとドアクローザのドアを閉じる力の強さは本体の中に仕組んだバネの反発力によって生じますが、それはそのまま人の手でドアを開閉する時に感じる重さとな...続きを読む

Q玄関のドアが開きにくい

家はかなり年季の入った古いアパートなのですが、もう3年程前から
玄関のドアが開きにくくて困っています。
たまにドアノブをかちゃかちゃしたり、ドアのノブ側側面の上のほうから出ている
突起物を何度か押したりすると、一時的にドアの開きが良くなるのですが、
しばらくするとまた開きにくくなってしまいます。

何か対処法があれば教えてください。

Aベストアンサー

立て付けが悪いという意味でしょうか?
それともノブをひねっても開かないor閉まり難いなのでしょうか?

立て付けだと手軽に何とかというわけにはいきませんが、それ以外はCRC-556などのような浸透性のスプレー油を吹き付けて何度かガチャガチャやっていれば大体解消します。

余談ですが、鍵穴の鍵の抜き差しが調子悪い場合も鍵穴に556吹き付ければ解消することが多いです。但し、油が多すぎると埃を吸い寄せてしまうので、鍵穴に関しては鉛筆の芯の粉を使ったほうが良いかもしれません。

Q玄関ドアが閉まりにくい

家の玄関ドアですが、もとは、開けてから手を離すと自然に閉まるものでした。
それがちょっと前から、閉じて、がちゃんと閉まる時に引っかかるようになり、最近では、力を加えて引っ張らないと閉まらなくなりました。ラッチボルトの動きが悪いようなので、速乾潤滑スプレーをかけてみましたが、変わりませんでした。
どうすれば、もとのように静かにカチャリと閉まるようになるでしょうか。

Aベストアンサー

どの位置まで自動で閉まるのでしょうかね。
錠のラッチが削れている場合、それが枠(ストライク)に当たった時点で止まります。ガムテープなどでラッチを引っ込めておいて、それでは閉まるようなら、(潤滑剤をかけてもなおらないようなので)ラッチやストライクをペーパーでならすか、いっそ交換となります。

引っ込めても止まらないようなら、建て付けの可能性が高いでしょう。まず、丁番のビスを締めなおしましょう。調整付丁番であれば、その調整を。場合によっては丁番の管同士が摩擦で磨耗していることがありますので、その場合は新品に交換となります。

それでも無理なら、ドアのどこかが枠や床にこすってる可能性があります。ドアを閉めた状態で、ドアと枠の隙間(外開きであれば外から)に名刺やテレカなどを差し込んでぐるーっとスライドさせてみます。途中でひっかかって動かなくなった場合は、そこがせっているということ。削るとか、叩いてならす必要があり、DIYの範疇を超える場合が多くなります。
ともかく、ドアのどこらへんが枠に当たっている、もしくは床にこすっているかを確認しないと始まりません。(どんな材質で、どんな建物なんでしょうね)

ドアクローザーの勢いを早くすることは、お勧めしません。現状があまりにゆっくりしか閉まらないのならスピードのせいですが、そうでない場合あまり早くすると、はさんで危険ですし、根本原因が解決しません。早晩にまた変調します。
MIWAのDCは基本的にドライバーで調整できるはずです。攻めてる穴が違うのではないでしょうか。もしくはドライバーの径が太いとか、以前の調整時に山を潰してしまったとか。型式とかわかりませんか?

どの位置まで自動で閉まるのでしょうかね。
錠のラッチが削れている場合、それが枠(ストライク)に当たった時点で止まります。ガムテープなどでラッチを引っ込めておいて、それでは閉まるようなら、(潤滑剤をかけてもなおらないようなので)ラッチやストライクをペーパーでならすか、いっそ交換となります。

引っ込めても止まらないようなら、建て付けの可能性が高いでしょう。まず、丁番のビスを締めなおしましょう。調整付丁番であれば、その調整を。場合によっては丁番の管同士が摩擦で磨耗していること...続きを読む

Qトイレの扉、開きにくいのを直したい。

こんにちは、
トイレの扉が開きにくくなりました。ドアが引っかかるで紙やすりでドアと接触する枠の箇所(下側)を紙やすりで削りました。引っ掛かりがなくなりましたが、またすぐに引っかかるようになりました。
削ればいいのかもしれませんが、またすぐに引っかかりができるのではと思うので、もう少し抜本的なところを直したいと考えています。

何かお分かりの方がいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

蝶番のネジが緩んでいませんか?
ネジが緩むとドアが下がります。

Q室内のドアが開かない

納戸の(木製の)扉がレバーハンドル式のドアになっており
ドアノブを回してもラッチボルトが動かず(ドア側に収納されず)
ドアが開かなくなってしまいました。

とりあえず、レバーハンドルを外し、ドアについている金具を外して
みたのですが、軸棒が飛び出しているだけで、ドライバーが差し込める
ネジ穴などもなく困っています。

なお、その扉には鍵はついていません。
また、ドアは閉まっている状態なので、プレート(ドア厚みの方向から
見てラッチボルトをカバーしている金属板)を覗くことは出来ません。

専門業者に頼むべきか、自分でまだ治せる余地があるのか
自分で治せる場合はどのような方法があるのかを
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レバーとラッチの連動が外れてます。いわゆる、壊れてるって状態。交換するしかないでしょう。
軸棒ってのがレバーの軸芯なら、取れないはずはない。取れないと、ドアからはずず事もできない。また、直接ドライバーであおったからって、状況はかわらない。

外開きなら、定規かテレフォンカードか何かで、ラッチを直接押し込めば、開けます。内開きだと、隙間からラッチが見えないので厄介ですが、方法論的には同様で可能です。その場合は、テレカのほうがやりやすい。業者に頼んでも、同じようなことするだけですから。あとは技術論。

Q鍵が回りにくい

鍵が固く回りにくいので困っています。

http://www.h7.dion.ne.jp/~ssbouhan/samutan/newpage2.htm
こちらの一番上の写真の形状です。

内側からつまみを回して開け閉めしているのですが、(外から鍵を差して開閉することはありません。)このつまみが固く回りにくいです。

潤滑剤(油でないもの)は手元にあるので差そうかと思いましたが、差すならどのあたりに差せばいいでしょうか。(意味ないでしょうか・・・)

最悪交換しなければとは思いつつ、数が多いため二の足を踏んでいます。とりあえず何かできることがあったら教えてください。

Aベストアンサー

考えられるのは、カギのピンが摩耗してしまって合いにくくなっている。これは、カギの交換しかありません。 あとは、錠の中にゴミ、ほこりが溜まってしまってい場合です。これなら何とかなる可能性もあります。 以下、それについて記述します。

ホームセンターにパーツクリーナーというスプレー(¥200~¥400位)が売っています。それをカギ穴から大量に入れて下さい。それで汚れを洗い流すのです。 パーツクリーナーは、油で汚れたボルトやネジ、部品の汚れ落として使われています。 揮発性で、しばらくすると蒸発してしまいますし、そのあとに、油は残りません。 汚れが原因で、その汚れが洗い流されたなら、この時点で軽く回るようになるはずです。

そのあとに、カギ用のスプレーをしてください。 これも揮発性のスプレーで、あとには、白いパウダーの粉が残るだけです。 これが滑りを助ける役目をします。質問者さんが持っているスプレーも同様なような気がしますが、メーカーに確認することをお勧めします。

残念ながら、上記のやり方では、綺麗にゴミを取り除けないことがあります。カギの一番奥にゴミがたまるんです。 そのときは、カギを分解してシリンダーを取り出してパーツクリーナーを吹きかけて、汚れを洗い流します。 これは、ちょっとハードルがあがりますね。それほど、難しいということはないんですが・・・。

パーツクリーナーを使っての、徹底清掃はやってみる価値があります。 カギの掃除だけを頼んでも、地域やショップにもよると思いますが、¥4000から¥5000はかかるでしょう。普通は、交換を勧められるでしょうし(¥15000~\30000)、駄目もとでトライしてみて下さい。

考えられるのは、カギのピンが摩耗してしまって合いにくくなっている。これは、カギの交換しかありません。 あとは、錠の中にゴミ、ほこりが溜まってしまってい場合です。これなら何とかなる可能性もあります。 以下、それについて記述します。

ホームセンターにパーツクリーナーというスプレー(¥200~¥400位)が売っています。それをカギ穴から大量に入れて下さい。それで汚れを洗い流すのです。 パーツクリーナーは、油で汚れたボルトやネジ、部品の汚れ落として使われています。 揮発性で、しば...続きを読む

Q玄関のレバーハンドルが戻らない

MIWA社製のLSPという物を
玄関に使っております。 
このような感じのものです
http://www.ne.jp/asahi/homare/lock/sirinndakesu.htm
レバーハンドルを下げドアを開けると、
今まではちゃんと水平に戻ったのですが、
下がったままです。
鍵が閉まるデッドボルトは問題はなさそうで、
いまのとこ防犯上問題が出ているわけではありま
せんが、下がったまままだと見栄えが悪いので
直したいと考えいます。
ラッチボルトがダメになって戻らない気がしますが
そうでしょうか。
どこをどう交換すればよいのか、また
ケースごと交換の場合素人がドアから引っ張り
だして簡単に交換できるものなのか。
シリンダーやドアハンドル程度はホームセンター
にもあると思いますが、ラッチやケースごとは
やはり取り寄せですかね。
御助力をお願いします。
シリンダー程度は以前交換しまし、
多少の日曜大工はできます

Aベストアンサー

 レバーハンドルが常時は、あるいは手で戻せば、水平位置にあるという風に理解できますが、もしそうであれば、この場合は錠ケースの中にあってレバーハンドルを支え複座させるスプリングの折損とは考えらません。 
 おそらくレバーハンドルの軸の中心が錠ケースの軸穴のセンターとほんの少しだけズレているだけだと思います。もしスプリングが折損しているならレバーハンドルは下がった位置でガタガタブラブラと軽く手ごたえのない動きをしますが。

 美和ロックのLSPはじめ、ほとんどのレバーハンドル錠では屋内側のエスカチオンと呼ばれる台座か、あるいは丸座の側から、屋外側のエスカチオンや丸座をネジ(ビス)で呼び込んで取り付けているものです。この呼び込みネジが緩んだり、扉自体(ことに厚み)が太ったり痩せてきたりしますと、軸心が狂い、その結果レバーハンドルやノブの回転が不調になります。このような現象は大変多いものです。

 こうしたトラブルを調整するには、まず最初に、レバーハンドルが下がったままの状態でもいいですから、レバーハンドルを手の平を使って上下左右に叩いてみてください。手だけなら、必要ならかなり力を込めても大丈夫です。多くはただこれだけで中心が整い、レバーハンドルは正常に元の位置に戻るようになります。できれば軽いミシン油などを差しておいて下さい。

 それでもダメな場合、あるいはエスカチオンや丸座が緩んでいたり締め過ぎに見えるといった場合には、屋内側のエスカチオンや丸座の側からねじ込んだネジ(ビス)を一旦緩め、ふたたび締めなおします。この際にも、ネジを軽く締めこんだ状態の時にレバーハンドルが最もスムーズに動く位置を手の平で叩いて調整して下さい。中心が整ったと思えましたら最後にしっかりと増し締めをして完了となります。

 エスカチオンや、ことに丸座の場合、こうした呼び込みネジが隠されていて見えないものも少なくありません。しかし、呼び込みネジは間違いなく屋内側にありますからよく観察してみて下さい。
 ことにレバーハンドルの場合には、見えている丸座は実は化粧座(飾り座)で、呼び込みネジがあるのは化粧座の中にある下座の部分であることが多いものです。この場合は化粧座を外して下座にあるネジを締め付けなくてはなりませんから、まずは一旦レバーハンドルも抜き取らなくてはなりません。

 レバーハンドルもまた、屋外側レバーハンドルから突き抜けた四角な軸を屋内側のレバーハンドルが受ける構造になっていて、固定ネジも屋内側のレバーハンドルの首の部分にあるはずです。この固定ネジを緩めると屋内外のレバーハンドルは互いに抜けます。
 レバーハンドルを外したら、次いで化粧座を外します。化粧座は左回りで緩むネジ式のものと、マイナスドライバーなどでコジ起して外すタイプのものがありますからよく観察して確かめてください。
 化粧座が外れたら、下座に頭がのぞいている呼び込みネジを調整します。この調整方法は前述の通りです。
 すべて調整が終わったらまた化粧座とレバーハンドルを組み付け直します。この際によく失敗するのが、レバーハンドルの軸部に嵌められている樹脂リングを紛失したり嵌め忘れたりすることですのでご注意下さい。

 以上はこうして書きますと大変ややこしく感じられますが、実際にはとても簡単なことで、日曜大工がご趣味の方ならちょっと観察して頂いた程度ですべてをご理解頂けるものと思います。

 なお、レバーハンドルの動きが不調であることと、錠ケースの中のラッチの機構の故障とは多くの場合直接の関係はありませんし、近年では錠ケース内部の部品の故障というものはきわめて少ないものですが、もしさうであるなら、錠ケースを交換するのも、日曜大工をなさる方には大変簡単なものですし、部品価格だけでしたらたいして高価なものではありません。

 また、お書きのようにレバーハンドルからラッチボルトに至る「空締り機構」と、シリンダーやサムターンからデッドボルトに至る「本締り機構」の2つの締り機構には、一部の自動施錠タイプの錠やホテルロックを除いては、まったく関連はありませんし、レバーハンドルの動きの不調がそのままデッドボルトによる戸締りの不確かさに関係するものでもありませんのでご安心下さい。

 ご説明は以上です。わたくしがご質問の内容から想像した範囲ではドライバー一本と、できれば潤滑油さえあればすぐに元通りになる程度のトラブルだと思いますが、美和ロックでは全国にサービス代行店をネットしておりますので、なにかお問合せなどありましたら下のURLをご参照下さい。
 

参考URL:http://www.miwa-lock.co.jp/

 レバーハンドルが常時は、あるいは手で戻せば、水平位置にあるという風に理解できますが、もしそうであれば、この場合は錠ケースの中にあってレバーハンドルを支え複座させるスプリングの折損とは考えらません。 
 おそらくレバーハンドルの軸の中心が錠ケースの軸穴のセンターとほんの少しだけズレているだけだと思います。もしスプリングが折損しているならレバーハンドルは下がった位置でガタガタブラブラと軽く手ごたえのない動きをしますが。

 美和ロックのLSPはじめ、ほとんどのレバーハンドル...続きを読む

Qドアが下がって閉まりません!!

これまで10年ほどどうもなかったのに、数日前から、突然廊下からリビングへのドアがしっかり閉まらなくなってしまいました。

ドアの突起?閉まるとカッチンってなる、柱とかみ合うところ?が、完全に柱側の穴に入りきっていないようで、ドアの取ってを上に持ち上げながら閉めるとしっかり閉まります。

調べると、蝶番のネジを緩めたり締めたりすることで調節できるそうなのですが、具体的にどこを閉めて、どのくらい緩めればばいいのか分かりません。

自分なりに試してみましたが、やはり閉まりませんでした。(やり方が悪いのかもしれません)

蝶番は3つ付いています。

Aベストアンサー

室内用の軽量扉用旗蝶番ですね。

一見してわかるのは、かなりの粉が吹いてるとこ。
ガラス入りの扉では?
粉の正体は、丁番の本体が削れたもの。鉄の粉でしょう。
結局、扉重量に対してヒンジのスペックが低すぎたので、摩滅し、扉が下がったのでしょう。

と、すれば、話は簡単。
ヒンジを新しいものに取り替えればいいだけです。
ネジ穴位置の規格はほぼ同じはずなので、サイズ等確認して探せば、いくらでも手に入りますよ。
入手出来れば、あとはドライバーがあればいい。

Q玄関のノブがひっかっかります!!

玄関のドアの開閉がうまくいかなくて困っています。家の中からは横棒を下に下げて外に押し出すと玄関が開きます。外からは鍵の下のレバーを下げて手前に引くと開きます。中からは問題無く開くのですが、外からの場合が数回行わないと開かないのです。未だ、鍵やドアノブの分解・掃除は行っていませんが行って良いものか、その場合どこを掃除・油差し?をすればよいか分かりません。あまりに堅くてドア毎外れないか毎日心配です。子供はは非常に厳しいドアです。詳しい方、どなたか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 これまでのご回答の整理も兼ねて、もう一度最初から考え直してみましょう。

 一般的に住宅用の錠前には次の2つの機能(機構=メカ)が組み込まれています。
 1.ひとつは本締り機能(機構)、つまり、キー(鍵)を使ってデッドボルトと呼ばれる四角なカンヌキを錠本体から突き出させて本格的な戸締りをする機能(機構)で、屋内からはサムターンというツマミでも施錠や開錠ができます。

 2.もうひとつは空締り機能(機構)、丸いノブや棒状のレバーハンドルといった取っ手を握って回すことによってラッチボルトと呼ばれる三角の爪を引込めるとドアが開けられるという機能(機構)です。

 ただし、一般的な住宅用の錠前ではこの2つの機能の間にはなんの連携も連動もありません。そして、このご質問の場合は1.のキーやデッドボルトによる本格的な施錠の機能(機構)にはまったく関係がなさそうです。
 問題は2.の、ノブやレバーハンドルなど取っ手を握って回すことによってラッチボルトと呼ばれる三角の爪を引込めるとドアが開けられるという機能・・・こちらの方の不調ということになります。

 このご質問の場合、レバーハンドルが、内側からの操作ではなんら問題ないのに、外側からの操作では数回のトライが必要といったトラブルという意味に受け止められますが、これは、市販品の錠前ではあまり例が見られないとても不思議なトラブルと言わざるを得ません。

 #6様がかなり詳しくお書きですが、中でも「レバーハンドルを下げてもラッチボトルの頭が(錠本体の中に)引っ込みきらないためと思われます」とお書きですが、結果的にこれがまさしくドアが開かない最終的な原因だと言えるかと思います。
 では、なぜ、内側のレバーハンドルならうまく行くのに、外側のレバーハンドルだけが数回も空回りしてしまって、ラッチボトルの頭を引っ込められないのでしょうか。

 ここで市販されている一般的なレバーハンドル錠を見て見ますと、そのほとんどが、内外のレバーハンドルが一本の角軸(四角な断面の棒のような軸)でつながれていて、内外どちらのレバーハンドルを操作しても、他方のレバーハンドルも同時に同じ動きをするものです。
 このあたり、もうすこし詳しく書きますと、外側のレバーハンドルに埋め込まれた角軸がドアと錠前本体を貫通して屋内側に出っ張りますが、この出っ張った軸に内側のレバーハンドルをはめ込んで、そのままでは抜けてしまいますから、内側のレバーハンドルの首のところにあるネジで角軸に強く締め付ける仕組みになっているのです。
 つまり、内外一体になったレバーハンドルですから、本来は内外どちらのレバーハンドルを操作しても、その結果としての「三角状のラッチボルトが錠の中に引込まれ、その間ドアがフリーになる」という状態は変わらないはずなのです。

 ということは、#6様のご回答の場合の「内外のレバーハンドルをつなぐ四角い心棒が何度も開閉するうちにすり減って丸くなってきたか、内部の四角い穴が磨り減って丸くなり遊びが出たため」ということはちょっと考え難いところがあります。なぜなら、外側のレバーハンドルと「四角い心棒(角軸のことです)」はもとから一体になったもので磨耗などで空転が生じることは考えられませんが、内側のレバーハンドルなら、たしかに磨耗による空転は生じ得ます。しかし、この場合は、内側のレバーハンドルにはなん異常もないのですから。
 しかも、錠本体にある角軸が通る四角な穴・・・が丸く磨耗したら内側のレバーハンドルもまた空転するはずですし。

 その意味で大変珍しいトラブルではありますが、ただし、考えられる可能性はとりあえず2つあります。たぶん、もっと答えはあると思いますが、ご質問に書かれている範囲の情報だけで考えた場合はとりあえずこれだけという意味です。

 そのひとつ、かなりあり得ない状況ではありますが、内外のレバーハンドルが内外逆に取り付けられている可能性です。この場合、誤って外側に取り付けられた内側用のレバーハンドルの首のところにあるネジが緩んでいますと、内側レバーハンドルは滑って空転することは十分あり得ると思われます。#6様がお考えになった磨耗なども、こうした状況であれば無いとは言えません。これを確かめるには、レバーハンドルの首のところにあるネジをさがしてみることです。それが内外どちらにあるか、そして緩んでいるかいないかを・・・。

 もうひとつは、このご質問の場合のドアそのものがどちらかのサッシメーカーかドアメーカーが製造した「アルミ製のドア」ではないかという疑問です。
 こうしたメーカーのドアには、そのドア専用に設計されデザインされた錠前が取り付けられていることが大変多いものです。こうした錠前の場合、その例は少ないものの、内外のレバーハンドルの軸がそれぞれ独立した構造(メカ)になっているというものがあります。

 この場合、内外のレバーハンドルのどちらかを操作してみても、他方は動かないのですぐ分ります。もしこのような錠前であったなら、外側のレバーハンドルを取り付けた台座自体のネジが緩んでいるか、あるいは内部構造のどこかに磨耗や欠損が生じている可能性が考えられます。

 錠前は沢山のネジで組みつけられていますが、ことに台座やレバーハンドルのネジの緩みはとても多いものです。そしてそれがトラブルの原因になることもまた大変多いものです。
 なんとなく隙間があったり、ガタガタしているといった場合は間違いなくネジの緩みですから、取り付けネジを見つけてまず適度に締め付けてみてください。出来れば締め付ける間に台座やレバーハンドルを軽く上下左右に叩いて中心を合わせるとなおいいのですが・・・。

 また、どうやらネジの緩みではなさそう、おそらく内部構造のトラブルらしい・・・となった場合、一般的にこうしたサッシメーカーやドアメーカーで製品に取り付けて出荷している錠前は市販されていませんし、専用の部分については街のカギ屋さんでも手に入れることができない流通システムになっています。
 なので、もし、この場合のドアや錠前がサッシメーカーやドアメーカーが製造したアルミ製ドアのものである場合には、修理や交換はドアのメーカーにまずお問合せいただくしかありません。

 余談ですが、こうした軸が内外独立したレバーハンドルの例は少ないものの、知っている範囲では、正面から見て内外のレバーハンドルの高さが違っているといったものがあります。一度ドアを開けて正面からこうした段違いがあるかどうかを見ていただければと思います。

 なお、ネジの緩みはご自身でも締め付けられることと思いますし、シリンダー(キーを差し込む精密な部分)の鍵穴の中以外はミシン油やクレのシリコンオイルなどでしたらどこにでも使ってかまいません。また、拙筆ではありますし、失礼な言い方にもなりますが、わたくしがここで書いたことがご理解いただけますなら、分解に進んでもかまわないものと思います。

 このご質問の場合、まだまだ聞きたいことがありますし、それによってかなり原因を絞り込むことも、そしてその対策についてのもっと詳しいご回答ができるのにと残念な気が致します。できれば町のカギ屋さんに一度ご相談になってみて欲しいというのが今の実感です。
 

 これまでのご回答の整理も兼ねて、もう一度最初から考え直してみましょう。

 一般的に住宅用の錠前には次の2つの機能(機構=メカ)が組み込まれています。
 1.ひとつは本締り機能(機構)、つまり、キー(鍵)を使ってデッドボルトと呼ばれる四角なカンヌキを錠本体から突き出させて本格的な戸締りをする機能(機構)で、屋内からはサムターンというツマミでも施錠や開錠ができます。

 2.もうひとつは空締り機能(機構)、丸いノブや棒状のレバーハンドルといった取っ手を握って回すことによって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング