156,000円に、平成23年5月18日から平成24年7月31日までの年5分の割合による利息を足すと、どういう計算で、一体総額いくらになるのでしょうか?

A 回答 (3件)

5%が利息になりますから、


156,000×5%で7,800円
これを平成23年5月18日から平成24年7月31日まで
441日の利息が必要です。
7,800×441÷365=9,424.109・・・
9,424円が金利になります。
15,6000+9,424=165,424円が総額です。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ありがとうございました。わかりやすく、回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2012/07/15 19:40

金利(利息)計算には片端入れと両端入れの2種類があります。


両端入れは、初日(計算開始日)と最終日(計算終了日)の両方を日数に入れて計算することをいいます。
平成23年5月18日から平成24年7月31日まで441日
片端入れは、初日(計算開始日)または最終日(計算終了日)の一方のみを入れて計算することをいいます。
平成23年5月18日から平成24年7月31日まで440日
ローン利息は両端入れ、預金利息は預入日から払戻日の前日までの日数を数える片端入れです。
    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_杉浦恵祐

職業:ファイナンシャルプランナー

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

詳しくはこちら

専門家

野球のバッターの成績で耳にしたこと無いですか?


3割3分3厘とか。

コレは、詰まり0.333=33.3%のこと

故に、年五分とは年率5%という意味

156の5%(実際には1年と2ヶ月少々なので、5.8%ぐらい?)は九千円ぐらいかな~。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/15 19:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2010年6月18日から利息制限法が改定されますよね?そこで質問なんで

2010年6月18日から利息制限法が改定されますよね?そこで質問なんですが、

例えば、今月の支払い

2010年6月1日~6月30日までの1ヶ月ですが

この場合6月18日まで29,00%で

6月19日からが18,00%になるのですか?

それとも、6月18日になった時点で6月分の利息が

18%に変更されるのですか?

日割り計算なのか月額の利息なのかがわかりません。
詳しい方教えていただけませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 利息制限法が改定されますよね?
18年に改正されたものが、施行になります。

> 例えば、今月の支払い
今回の改正は、「貸金業規制法」の改正による矛盾を無くすためのもので、質問の状況には一切関係がありません。

> この場合6月18日まで29,00%で
貸金業規制法違反です。今年の6月1日から、施行となっています。
法律というのは遡及適応されないから、契約形態に異存はします。
が、普通のカードローンであれば、その業者を通報すれば、行政処分が下り、18%以下になるはずです。
闇金ということなら別ですが。

Q平成14年に消費者金融に50万ほど借り、平成19年まで少しずつ返済して

平成14年に消費者金融に50万ほど借り、平成19年まで少しずつ返済してました。少し返済が滞って、最初は催促の手紙などが来てましたが、最近(ここ2年位)手紙も電話も来てません…。なぜ毎月来ていた連絡が全く来なくなってしまったのでしょうか??

Aベストアンサー

>利息制限法はいつ変わったんでしょうか??

wikipediaのリンクから飛ぶと、「昭和29年5月15日法律第100号」と書かれていますが…。

>当時の金利は27.9%だったと思います。

利息制限法を越えています。

>借りたのはア○ムです。

「過払い」と一緒に検索すると……過払い返還請求をやった人達が見つかるかと。
ということで、返済が終わっているから催促が無いのでしょう。
ここで、27.9%の金利での催促の連絡をすると過払い返還請求されかねません。
やぶ蛇を叩きたくないのでしょう。
# 催促しなくても、「返済として振り込まれれば」受け取るんでしょうかねぇ?

過払い返還請求されるおつもりならば検索すると個人で行動された方の経緯やらが公開されていますので参考されればよいかと。

Q過払い金請求で完済後、年5%の利息の計算方法で困っています

平成12年8月15日から平成20年7月10日まで、211,696円と平成12年11月21日から平成20年7月10日まで、97,016円を年5%の利息を付けると、幾らになるか解る方いらっしゃいますか?計算式も教えていただけると、とても助かります。回答に自信の
ある方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

それはですね。
利息制限法計算ソフトをダウンロードして、エクセルで勝手にやってもらうのです。
はじめのは、8万3648円。
次のは、3万7031円。
ソフトは、名古屋消費者信用問題研究会ホームページよりダウンロードしました。
http://www.kabarai.net/

Q借金は5年で消える?利息も消滅する??

友達は10年前くらいだと思いますが借金があったそうです。
クレジットカードは、「飛んだからもう作れない」と言うんです。

借金について何気なく聞くと、「あぁ、昔ずっとブチってて返済してなかったら、月日が経ったある日急に『もう利息分はいらないから元金だけ返して下さい』って言われて。だから返して、もう終わった」と言います。

それ以外にも、「借金って時効があって、5年で消えるんだよ」って軽く言ってました。

なんか軽くごまかされてる気がします。利息が軽く消滅する事はないでしょうし。この人の言っている事は本当でしょうか?

Aベストアンサー

> この人の言っている事は本当でしょうか?
基本的に本当。

個人からの借金は10年。サラ金等の金融業者・クレジット会社や銀行などからの借金の時効は5年。
管轄の法律が違うから、年数が違う。
債務名義を取得すると、その時点からどちらも10年後になる。

以前は利息が40%弱で、5年程度で過払い状態になるので、そうなると裁判等を起こしても請求根拠が乏しくなる。
また、督促の手間も時間もかかるので、元金を返してもらえば損金が減るので、そのような和解を持ちかける事例も結構聞く。

Q利息制限法以上ので支払った利息を無効にして通常の利息で払うにはどうすれば?(国の機関などはありませんか)

こんにちは、みなさん!!

代筆投稿します。

【質問1】利息制限法以上の金利で支払っている過払い分の
     返済は可能でしょうか?

【質問2】通常の同法律以内での返済に変える事はできます
     でしょうか?

【質問3】弁護士に相談すればできるのは分かりますが、行
     政などで安くやってくれる機関はないでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【質問1】「過払い分の返済」?意味がわかりません
【質問2】できます。交渉次第です
【質問3】行政機関ではそのようなサービスはありません


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報