ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

所得税の控除の中に医療費控除があり、電車やバス代も含められると聞いていますが、次のケースは医療費に含められる交通費がどうか教えて下さい。
今年に入り近県に転勤となり、通常は赴任先の住居より通勤し週末のみ自宅に帰っています。
以前より月1回通院しています病院があり、転勤後も病院は変えていません。
その為金曜日の夜自宅に帰り、土曜日曜を自宅で過した後月曜日に病院に診察に行き、当日赴任先の住居に戻ります。
この場合赴任先の住居から自宅までの電車代やバス代は、医療費に含められる交通費となるのでしょうか。教えて下さい、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的な考え方


病気になったことで、財布の中身が軽くなった人に「病気治療のために支払った額は税金をかけないようにする」制度。
ただし病気治療費の医療費控除を全額認めていてはきりがないので、総所得の5%と10万円のいずれか低い額を超えた部分を医療費控除の対象にする。

これを踏まえて。

病気治療のための通院費用で公共機関を利用したものは医療費とします。治療のために必要な出費だからです。
ただし自家用車の使用は控除対象額にはなりません。
出産など公共機関を乗り継いでる場合ではないことがあります。これは医療費控除対象額です。
タクシーに乗って産院に飛んでいったという場合には領収書など受け取ってる暇はありませんので、領収書なしでも例えばメモ書きされてる額で充分通用します。

つまり「その病気の治療のために支払ってるかどうか」がポイントになるわけです。
およそその病気になってないなら、その出費は要らないという額が対象になるといってもいいでしょう。

ですから、以下のとおりです。
赴任先から自宅の交通費     一般の交通費
自宅から通院先への交通費    医療費
通院先から赴任先への交通費  一般の交通費

あなたは病気だから週末に自宅に帰ってるのではないからです。
移動と通院日の調整結果、月曜日に通院先によってから赴任地に向かうというだけです。
赴任先と自宅の交通費を控除額に加算できるかどうかを税務署員に尋ねる手もありますが、自宅と通院先間の交通費まで「できません」と云われてしまうという「ヤブヘビ」になる可能性もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
やはり止めた方が良さそうですね。病院や薬局に支払った分のみ申告する事にします。税務署に一度呼ばれたら、還付される税金より行き帰りの交通費の方が何倍もかかってしまいます。

お礼日時:2012/08/16 10:24

医療費控除で認められる交通費は、「居所から病院までの区間」のようです。


つまり、質問者さんの場合、「自宅から病院まで」「病院から、次の場所に行くまで」が交通費の対象になる、と思っていた方がいいです。「病院から、次の場所に行くまで」とは、病院から赴任先住居に行くのなら、そこまでの交通費はOKかもしれません……病院から赴任先会社に行くなら、そこまでの交通費……このへんは、税務署で要確認です。

いずれにしても、「赴任先の住居から、自宅までの電車代・バス代」は、医療費控除に含められる交通費にはなりません。
根拠は、「里帰り出産の場合、自宅から実家までの交通費(飛行機代など)は認められない、実家から参院までの交通費は認められる」というのがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
やはり現実的には難しい様ですね。

お礼日時:2012/08/16 08:14

>赴任先の住居から自宅までの電車代やバス代は、医療費に含められる交通費と…



どちらが主でどちらが従かの話になるでしょう。

あくまでも家族と団らんのひとときを過ごすための帰宅であり、ついでに病院によるだけなら、その交通費までは無理です。

一方、もし、あなたにその病気がなければ、週末に帰宅しませんか。
あくまでも通院目的に帰宅するのだと強弁できるなら、医療費に含められる交通費と言えなくもないでしょう。

しかも、遠距離の交通費を医療費だと主張するには、地元 (赴任先) の医療機関では受診できず、遠隔地 (自宅付近) に通わなければならない合理的理由が必用です。

これらで税務署員を納得させるだけの話術に自信があるなら、どうぞ申告してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
正直微妙な所があります。申告時は税務署の職員に相談の上、認められる部分のみ申告したいと思います。

お礼日時:2012/08/15 12:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除の通院に係る交通費、こんなことは可能ですか?

医療費控除の通院に係る交通費で、JRやバスは領収書をもらえないと思います。

実際は(1)会社の最寄駅から病院の最寄駅までの交通費を請求(添付)すべきであるのに、(2)自宅の最寄駅から病院の最寄駅までの交通費で虚偽の請求(添付)するなんていうことは可能なのでしょうか??

ちなみに交通費の額は(1)<(2)という場合です。

Aベストアンサー

 私の場合はそれほど高額ではなかったからなのかもしれませんが
きちんと書類がそろっていれば、そんなに厳しくチェックされることはないと思います。
もちろん電車移動でしたから領収書なしです。
後段で述べましたように、私も途中駅までは会社から交通費が出ていて定期利用だったので
1年目は請求せず、2年目ではじめて請求したのですが
その食い違いさえ問題にされませんでした。
ですから、いきなり受付窓口にいかずに、
先に用紙をもらってきて、すべて記入していくとスムーズにすみますよ。
別に悪いことをするからではなくて、税務署の方も助かるのです。
大半の人は、レシートやら領収書持参でやってきて、
どうやって申告したらいいんですか?ということから始めるようなのです。
だから申告に時間がかかるとぼやく人が多いのです。
問題がなければ5分程度で終わります。
そこでいろいろ受け答えしている間にもろもろの事情がばれるかもしれませんが
na0hさんがどこにお勤めで、会社から定期券が支給されていることなどは
記入用紙からはわかりません。
少なくとも定期のことは自分で言わない限りばれません。
第一、自宅から通院するのが一般的ではないでしょうか。
私鉄を利用すればもう少し安くなるにもかかわらずJR利用をしたという申告でしたら
それは疑われると思いますけど。

 ちょっと会社と病院と自宅の位置関係がわからないのですが
会社から病院に通院した後は自宅に帰るのではないのですか?
だったら、自宅から通院していると言い切ってしまっても不思議ではありませんね。
会社から病院へ、そして会社に戻って、その後どこに帰るのでしょうか?
会社から自宅への距離はどうなっているのでしょうか?
遠いので、会社の近くに部屋を借りて住んでいるとでも?

 はっきり言うと、使ってもいない金額を申告して余分にポケットに入れようという企みですから
決しておすすめしていいことではないと思いますが
できるかできないかということでしたら
堂々と受け答えをしていれば認められると思いますよ。
その後のことは皆さんおっしゃるように良心の問題ですから。

 私の場合はそれほど高額ではなかったからなのかもしれませんが
きちんと書類がそろっていれば、そんなに厳しくチェックされることはないと思います。
もちろん電車移動でしたから領収書なしです。
後段で述べましたように、私も途中駅までは会社から交通費が出ていて定期利用だったので
1年目は請求せず、2年目ではじめて請求したのですが
その食い違いさえ問題にされませんでした。
ですから、いきなり受付窓口にいかずに、
先に用紙をもらってきて、すべて記入していくとスムーズにすみますよ。
別...続きを読む

Q医療費控除の交通費、新幹線代は・・・

医療費控除の交通費、新幹線代は・・・

インプラント治療で大阪まで新幹線で通院しています。

なぜそんな遠くの病院に行ったかというと。。。
私が住んでいるのは田舎で、医師のインプラントに対する認識も技術の水準も低く、
地元で通っている歯医者さんには「骨を移植しないとインプラントができない」と診断されたのですが、
大阪の有名なインプラント専門医に診てもらったところ、移植なしでインプラント可能と診断されたので
そちらで手術を受けることになったのです。

インプラントの診察から手術、手術後の治療、治療完了後も年に数回のメンテナンスで、
新幹線で日帰り通院する予定です。

1、私の場合、新幹線も医療費控除の交通費としてみなされますか?
2、可能な場合、新幹線代の領収書を添付するだけでよいですか?

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本は大丈夫なはずです。
ですが、私も以前、飛行機を使うか新幹線を使うかの遠距離の鍼灸院に1度だけ治療に行った時、結局、そこは相当な田舎だったので空港や最寄駅から、タクシーでも使わないと行けなさそうな(バスが2時間に1本とか)場所だったので、主人に車で連れてってもらいました。1泊しないといけない距離でした。
で、治療費は医療費控除だしましたが、交通費は計上しませんでした。
そりゃ、自家用車なので計上できないと言えば、これが正しいのですが、高額な高速代とガソリン代の一部も計上できないんです。
仮に隣町の病院へマイカーで通院しても、公共交通機関があれば運賃を計上して、税務署ではねのけられることはないのですから、マイカーとはいえウン万円も交通費がかかってるのですから、10キロナンボとかで計算し計上させてほしいくらいです。
ですが、私は、まっ正直に治療費だけしか計上できませんでした。
で、「たとえ、これが飛行機で行ってた場合はどうなんですか?」って税務署に聞きましたら、「計上できますよ」でした。無論、領収書は必要でしょう。
ただし、近隣にも、同じ診療科があったり、おなじような病院があった場合は、質問を受けたら「どうしてわざわざ遠方まで通院しなくてはならない必要があるのか?」をきちんと説明できないとなりません。
>インプラントに対する認識も技術の水準も低く、
だけでは、どの値を基準に低いとか高いとかを判定するのかがあやふやですので、だめです。
なになにの設備のある歯医者が、一番近くにあるのが大阪の歯医者だ!とかでないと。
要は、「必要があるかどうか?」です。
あなたがそこの歯医者でないといけない理由がきちんと説明できれば、ヨシと思います。

新幹線料金でも、例えばグリーン車代金まで計上できるかどうかも、医師から指示があったなどの必要性があったかどうかが問題になります。

うちの年寄りの医療費控除の付き添いで経験したのですが、実際する時に、対応してくれる税理士さん、税理士さん、ひとりひとりでサジ加減が違うことがありました。

間違いない回答を得たければ、税務署へ問い合わせするのが、一番いいと思いますよ。

基本は大丈夫なはずです。
ですが、私も以前、飛行機を使うか新幹線を使うかの遠距離の鍼灸院に1度だけ治療に行った時、結局、そこは相当な田舎だったので空港や最寄駅から、タクシーでも使わないと行けなさそうな(バスが2時間に1本とか)場所だったので、主人に車で連れてってもらいました。1泊しないといけない距離でした。
で、治療費は医療費控除だしましたが、交通費は計上しませんでした。
そりゃ、自家用車なので計上できないと言えば、これが正しいのですが、高額な高速代とガソリン代の一部も計上で...続きを読む

Q医療費控除の交通費の証明方法

今年、すでに高額の医療費を支払っているため、次回の確定申告では医療費控除の申告をする予定です。

ところで、通院に係る交通費(私の場合電車賃)も医療費として申告できるらしいですが、電車の切符を自動改札機に通してしまった場合、交通費の領収書に相当する物がなくなってしまいます。

この場合、交通費がいくらかかったかを税務署に分かるように自分で適宜様式を作成のうえ添付の上申告すればよいと聞きましたが、それにしても様式に記載すべき項目などがさっぱり分かりません。

自分で適宜作成する交通費の様式とは、どういった様式の物なのか教えてください。

Aベストアンサー

特別な決まった様式はありません。
また、切符などを保存する必要もありません。

例えば、医者の領収証の裏に、乗車区間と料金を書き添えておくだけでよろしいですよ。

または適宜の便せんなどの別紙に、日付、病院名、乗車区間、乗車料金を一覧形式で書いて頂いても結構です。

Q医療費控除(コンタクト・めがね)

はじめまして。医療費控除をしようと考えています。友人から、コンタクトやコンタクトケア用品、めがねなども医療費控除に請求できると聞きました。今年はコンタクトもめがねも作りました。請求できれば入れたいのですが。。。それと、インフルエンザの予防接種はどうなのでしょうか?ご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 一般的にはコンタクトレンズ等は医療費控除の対象にならないとされています。但し、治療の一環として必要性がある場合などは対象となるケースもあるようですが、具体的には個々に税務署へ相談される方がよろしいでしょう。
 また、予防接種は疾病を治療する行為とは異なり、これも医療費控除の対象にならないとされています。

Q確定申告 医療費控除の交通費の書き方について

昨年の医療費が10万円を越えたので、はじめて確定申告で医療費控除の申請をする者です。

医療費の明細書の作成にあたり、通院にかかった交通費はどこに記入するのでしょうか?
また、交通手段、経路も記入する必要があるのでしょうか?

私の場合、通院した回数がかなり多いので、医療費の明細書には書ききれず、別途作成する必要があります。
その際、自分で作成する明細書に、交通費の欄を別途作った方が良いのでしょうか?

アドバイスをどうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

近年は医療費控除・・・毎年やっています。

指定の封筒状の明細書には確かに交通費の欄はありません。
書ききれない場合は、別に一覧を作って添付・・・とありましたので
私は同じ形式で作成した明細書に、通院と交通費の関係が解る様に、
交通費欄を追加して記述し・提出しています。

公共交通機関を利用している場合は、領収書は無くても可。
特別な場合のタクシー(時間外や、救急時等)も
領収書無しでOKでした。

主だった医療機関については、住所を書く欄がありますので、
経路を書く必要はないかと思いますが、もし丁寧に記述するなら、
最寄り駅を書き足したら良いと思います。

Q確定申告の医療費控除(交通費)ついて

今、確定申告書を作成しているのですが、医療費控除についてお聞きします。妊娠中の公費負担で診察料が無料になって領収書などはないのですが、交通費のみかかりました。その場合、交通費に控除は適用されるのでしょうか?
また、近くに公共交通がなく、タクシーでしかいけない場合はタクシー代は控除の適用になるのでしょうか?

Aベストアンサー

公費負担があって、診察費の自己負担額が0円でも、交通費は大丈夫ですよ。
また、常識的な理由があれば、タクシー代は大丈夫です。「深夜早朝のため、公共交通機関が動いていない」「足を骨折していて、徒歩が困難」「陣痛が始まっていて、入院荷物を持って、病院に行かなければいけない」「生後1週間の新生児と、産後1週間の産褥婦が、退院するんですけど」もそうですが、公共交通機関によるルートが無く、徒歩でいける距離でもなく、でもその病院に行く必要性があるなら、大丈夫ではないかと。

Q10万円未満でも医療費控除の申請をすれば住民税が安くなりますか?

1年間の医療費が10万円(もしくは所得の5%以上)を超えたら医療費控除の対象になる事は知っています。しかし10万円を超えなくても(還付金がなくても)、申請をしておけば、住民税が安くなると言う事を聞いた事があります。
(1)実際にそれは本当でしょうか?

(2)どれくらい医療費がかかれば住民税に影響があるのでしょうか?

(3)昨年は年間で25000円くらい医療費がかかりました。
この場合は申告すれば多少なりとも住民税が安くなりますか?
またその場合、いくらぐらい安くなるものでしょうか?

(4)昨年住宅を購入したので今年は確定申告をしに税務署に行くのですが、医療費控除の場合も同じく税務署でいいのでしょうか?
それとも区役所に医療費控除を申請してから、税務署で住宅ローン控除の申請をするのでしょうか?
(住宅ローン控除1年目と医療費控除が重なった場合、どこにどの順番で行ったらいいのでしょうか?)

ご存知の方がいらっしゃれば教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

10万円、または所得の5%、のどちらか安い方を差し引いた金額が「控除額」になります。
そのどちらか安い方を超えていない場合は、10万円または所得の5%を差し引いた結果、控除額が0円になってしまうため、「医療費控除、控除額0円」という申告になってしまうので、意味がありません。

「所得税の還付金が無くても、住民税が安くなる(ことがある)」というのは、たとえば住宅ローン控除をした結果、所得税の負担が0円になってしまっていても、住民税の計算の時は住宅ローン控除は差し引かないため、もし医療費控除の控除金額がある場合は(ここが重要)、所得税の還付金が無くても確定申告しておけば、その医療費控除が住民税の軽減に反映されるということです。

また、住宅ローン控除が無い場合でも、基礎控除や配偶者控除・扶養控除の金額が、住民税の計算時は(所得税の計算時に比べて)少なめなので、所得税は0円でも住民税の所得割が発生するケースがあります。
こういう時も、医療費控除をすることで、住民税の負担を減らすことができます。

しかしながら、くどいようで申し訳ありませんが、あくまでも「医療費控除の控除額がある場合」の話です。10万円または所得の5%を超えていない場合、つまり控除額が根本的に無いのに、控除金額が発生しない程度の医療費の金額を申告しても、何の意味もありません。

医療費控除は、もともと、確定申告で所得税の負担を軽減させることができます。負担が軽減された上で、住宅ローン控除の控除可能額がある場合は、その範囲で軽減されます。
税金の計算の仕組みとしては、「医療費控除をした後の金額から、住宅ローン控除を差し引く」のですが、申告の手続きとしては、医療費控除も所得税の確定申告に適用されるものなので、1回の確定申告で医療費控除も住宅ローン控除も行います……質問者さんの場合、所得の5%が25000円より少なければ、医療費控除の控除額が発生しないので、医療費控除の必要はありませんが。

10万円、または所得の5%、のどちらか安い方を差し引いた金額が「控除額」になります。
そのどちらか安い方を超えていない場合は、10万円または所得の5%を差し引いた結果、控除額が0円になってしまうため、「医療費控除、控除額0円」という申告になってしまうので、意味がありません。

「所得税の還付金が無くても、住民税が安くなる(ことがある)」というのは、たとえば住宅ローン控除をした結果、所得税の負担が0円になってしまっていても、住民税の計算の時は住宅ローン控除は差し引かないため...続きを読む

Q医療費控除 遠方の病院への交通費について

私は今大阪に住んでいます。
子宮筋腫の手術を7月に控えているのですが、その為に4月5月6月7月と月一回病院に通わなければいけませんが、このたび主人の仕事の転勤により急に3月から広島へ引っ越すこととなりました。
しかし、先生の腕の良さ、治療の途中ということもあり、是非大阪の病院で引き続き治療・手術を受けたいなと考えている次第です。

ところで、その為の広島⇔大阪への交通費が医療費控除に含まれるかどうかという問題についてお伺いしたいのですが、
本日税務署の担当の方に聞いたところ、『広島でも同等の手術ができると一般的に考えられる手術がほとんどなのでよっぽどそこの病院でしかできない手術じゃない限り認められない。広島の病院をその先生に探してもらえばいい』と言われました。

私にはその理屈がどうも納得できません。おかしくありませんか?
その辺の病院へ行く為のちょっとしたバス代は、OKですよね??
もしかしたらもっと近くにその治療が受けられる病院があるかもしれないのに。それは認められるのになんで広島だと、『近くを探せ』なんですか????

次回に病院に行く日も当分先なので、先生に相談もできずモヤモヤしています。
どなたか私の疑問をわかりやすく教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

私は今大阪に住んでいます。
子宮筋腫の手術を7月に控えているのですが、その為に4月5月6月7月と月一回病院に通わなければいけませんが、このたび主人の仕事の転勤により急に3月から広島へ引っ越すこととなりました。
しかし、先生の腕の良さ、治療の途中ということもあり、是非大阪の病院で引き続き治療・手術を受けたいなと考えている次第です。

ところで、その為の広島⇔大阪への交通費が医療費控除に含まれるかどうかという問題についてお伺いしたいのですが、
本日税務署の担当の方に聞いたところ...続きを読む

Aベストアンサー

私は子宮筋腫の手術費用の本人負担額が重要と思います。これが十分高額であって、広島-大阪間の交通費が全部合計しても治療費総額もしくは本人負担治療費額の10%とか20%程度、譲って30%程度?であれば、経費として認めてくれると思います。

この逆の場合、つまりたとえば本人負担額より交通費の方が大きくなるとかほぼ等しくなる場合は、税務署の理くつは皆さんのおっしゃるとおり合理的でしょう。

税法の運用上は「経費率」という考えがあります。経費率が妥当であれば領収書を添付すればだいたいOKです。逆に正当な領収書があっても経費率が妥当でなくなると、その支出は経費として認められなくなるのです。本件治療費の本人負担額が具体的に幾らかまったく議論されていないので、直観的には交通費の額が本人負担額に比べ極めて多額になると誰でも考えます。

しかし、大阪であろうと広島であろうと交通費の割合が小さければ税務署にとってはどうでも良いことになります。社会通念上もこう言う場合は、質問者さんは病院を選ぶ権利が尊重され、かつ税法上も不利な扱いを受けるべきでないでしょう。

たとえば私は、原稿料とか講演料をもらって雑所得の申告をした経験がありますが、妥当な経費率であれば大体経費として認めてくれています。書籍購入費とか実地調査の旅費交通費などは、どの範囲まで認めるべきかすべて細かく聞き取りしていては税務署もくたびれてしまうからです。上記割合はこのときの経験からの類推です。

従って、本件は予想される治療費総額とその本人負担額、交通費計算額を明確にされ、これでも大阪での手術の場合は交通費は経費とならないかもういちど税務署と掛け合ってみてはどうでしょう。

私は子宮筋腫の手術費用の本人負担額が重要と思います。これが十分高額であって、広島-大阪間の交通費が全部合計しても治療費総額もしくは本人負担治療費額の10%とか20%程度、譲って30%程度?であれば、経費として認めてくれると思います。

この逆の場合、つまりたとえば本人負担額より交通費の方が大きくなるとかほぼ等しくなる場合は、税務署の理くつは皆さんのおっしゃるとおり合理的でしょう。

税法の運用上は「経費率」という考えがあります。経費率が妥当であれば領収書を添付すればだいたい...続きを読む

Q確定申告の医療費控除(交通費)について

確定申告の医療費控除について教えてください。

控除される医療費の中には、電車やバス等の交通費も含んでOKと聞きました。
そこで教えていただきたいのですが、自宅と勤務先が離れているとして、

 (1)勤務先近くの病院に行った時
 (2)自宅から勤務先の中間地点の病院に行った時

これらの場合、勤務先から交通費(定期券)が支給されているとみなされ、
控除の対象にはならない…という事になるのでしょうか?

こういう場合の交通費をどうすればいいのか、分からずに困っています。
どうかご教授ください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>勤務先から交通費(定期券)が支給されているとみなされ、控除の対象にはならない…

みなされる、みなされないの問題ではありません。
その病院に行くために、実際に払った分が控除材料になるだけです。

定期があるのに切符を買ったかのような、うその申告をしてはいけません。

会社から定期の支給はなく毎日切符を買って通勤していて、その日は一日欠勤して病院だけ行ったのなら、自宅からの全区間分を申告してかまいません。

>こういう場合の交通費をどうすればいいのか…

なにも難しく考えることはありません。
自分の財布から出した分だけを申告すれば良いのです。

Q医療費控除と生命保険と確定申告

去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが
生命保険が降りて、少しプラスになりました。
去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
聞いた話しだと、医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
ですが・・・他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
貰えるものは貰いたいと思うのですが
生命保険は、個人でかけてる事だしと思いまして・・・
すいません、わからないので、どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。
(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったということは、
その他の費用が、15万円ということです。
この15万円は、医療費控除の申告ができます。
(もちろん、申告が認められる内容ならば、という条件付きです)

(Q)医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
(A)15万円(上の計算)-10万円=5万円。
所得税率が10%ならば、5000円が戻ってきます。

(Q)他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
(A)生命保険の入院給付金などは非課税なので、
申告したら、不足分を指摘されて、追加の税金を取られる
ということはありません。

(Q)税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
(A)税務署が保険会社に問い合わせをすれば、すぐに答えてくれます。
毎年の生命保険料控除を申請していれば、税務署は
どこの生命保険会社と契約しているのか、すぐにわかります。

ついでに言えば、死亡保険金・解約払戻金・満期保険金などは、
100万円を超えると、保険会社は税務署に支払調書の提出義務が
生じます。(法律で、提出義務が決められている)
なので、このようなお金は、税務署は何もしなくても、把握できる。
このような面では、保険会社と税務署は、仲良しと思って良いです。

(Q)こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
(A)上記の通り、
85万円の入院費用に対して、それ以上の給付金が出ているならば、
この分は申告できません。
総額100万円-85万円(入院費)=15万円
について、保険会社からの給付がないのならば、
この15万円については、医療費控除の申請を出せます。
計算は、上記の通り。

ついでですが、
「税務署には、どうしてわかるのですか?」
という発想をしないでください。
税務署には、すべてわかると考えた方が良い。
日本の税務は、納税者の申告制です。
つまり、税務署は、納税者が正しく申告するということを前提にして
仕事をしています。
だから、正しくないことをしたときは、厳しいです。

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。
(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったと...続きを読む


人気Q&Aランキング