痔になりやすい生活習慣とは?

そーゆー法律があるなんて知りませんでした。
「とりあえず今回は厳重注意ということにしておくから」
と警察にいわれたんですが、腑に落ちなかったのでネットで検索しました。

ちなみに、はいていたサンダルは
http://www.kupu2.net/shop/asian/aks_011/
このような鼻緒があり、かかとが固定されていないタイプのサンダルです。

さて、検索結果ですが道路交通法では細かい事は書いてなく、道路交通規則というものに明記されているようです。
で、つかまった場所の東京都の道路交通規則を調べてみました。


http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/ag1 …
第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。
(2) 木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。」

どうやら木製サンダルとげたは運転に支障が出る事が確実なようです。
しかし、今回履いていたのは合成樹脂っぽいもので出来たサンダルです。
しかも、乗っていたのはスクーターだったので運転操作に足は使用しません。
(自動車やマニュアルのバイクの場合、足の運転操作があるのでまだ理解できます)

つまり、何で厳重注意されたのかよく分からないです。
むしろ、厳重注意が間違いだったんじゃないかと思っています。
サンダルでスクーターに乗った時の運転操作に支障を及ぼす可能性の具体例、厳重注意を受けた理由などを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

警官が過剰反応です。



厳重注意にしたのは、反則切符を切れないと悟ったからでしょう。それでも一旦止めた以上は「これこれの理由で止めたので以後注意するように!」と謝りたくないわけです。

東京の警官はこういうの多いですね。私は東京と隣接県を仕事で走り回っていますが、東京の警官が一番不遜で、上から目線に感じます。

こういうときは警官につっこんで謝罪させるべき内容だと思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

過剰反応ですか。

>こういうときは警官につっこんで謝罪させるべき内容だと思いますよ。
知ってたら突っ込んだんですが知らなかったので。

お礼日時:2012/09/07 10:15

>道路交通規則で「かかとのついていない靴等運転操作に支障を及ぼすおそれのある... でない理由


かかとのない靴 で検索すると、ヒールの高さゼロの靴(たとえば運動靴)が多量ヒットします。たとえば、
http://mp.moshimo.com/article/499551
一方、極端なハイヒールは、「かかとのある靴だが運転しにくい靴」です。
ゆえに、例として不適切。
せめて、「かかとが固定されない靴」でないと。それでも、ハイヒールはokになりますが、それでいいのかな?


あと、道路交通法に「スクーター」という車種は無いので、自動2輪、原付、軽車両のいずれかの法律が適用されるはずです。そして、スクーターの例外規定が存在しないから、足の操作があるものとみなされてしまうのでは?
※キックスクーターは人間動力なので軽車両。あ、これは、たとえ脱げ易くてもok、なのか?

この回答への補足

>せめて、「かかとが固定されない靴」でないと。それでも、ハイヒールはokになりますが、それでいいのかな?

あなたの解釈ですと、元々の法律ですら極端なハイヒールがOKになりますよね?
おそらく極端なハイヒールは「運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物」に該当するのではないでしょうか?

>そして、スクーターの例外規定が存在しないから、足の操作があるものとみなされてしまうのでは?
足の操作があるものとみなされたとしても、「運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物」なのかどうかはそれぞれの車両の特性によるのではないでしょうか?

補足日時:2012/09/07 11:22
    • good
    • 4

>スクーターだったので運転操作に足は使用しません。


この部分が違うと思います。
走行中は、確かに足を使わないけれど、停止したときには足を地面について支えます。
この状態から発進したときにサンダルが脱げたらマズイから脱げ易いはきものはダメ。
    • good
    • 5

>だったら道路交通規則で「かかとのついていない靴等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。

)を運転しないこと。」等となっていないのは何故でしょう?

法律や規則というモノは、そういう風に書くというしきたりだから。

そもそも「踵の無い靴」って存在しない。
それに例えばその様に書いたとしたら、今度はつま先の無いのはどうだ?とか
踵の部分が何センチ以上ならオーケーなのかとか、かえって話がややこしくなる。

法律の書きっぷりというのは、まず1つとか2つぐらい例示をして、法律や規則の制定から時間が経過して状況などが変化した場合にも対応出来るように『等』を散りばめて、解釈に余裕を持たせるようにするのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

解釈に余裕を持たせる必要があるのは分かりました。

>それに例えばその様に書いたとしたら、今度はつま先の無いのはどうだ?とか
>踵の部分が何センチ以上ならオーケーなのかとか、かえって話がややこしくなる。
これって解釈に余裕を持たせる範囲の事にはならないのですか?

お礼日時:2012/09/05 22:53

「木製サンダル、げた等」とありますね。


「等」がついていることが重要です。
つまり、対象となるのは「木製サンダルとげた」だけではありません。
従って、「合成樹脂っぽいもので出来たサンダル」もダメということになります。
解釈としては、足と一体とならない履き物はダメということです。

サンダルでスクーターの運転操作に支障を来すかどうかの問題ですが、サンダルと踵のついている靴とではどちらが脱げやすいでしょうか。
踵がついている靴でもぶかぶかならば脱げやすいという反論はあるでしょうが、サイズが適正ならば、一般的にはサンダルの方が脱げやすいと言えます。
ということは、サンダルでスクーターを運転中に、何かの拍子で、例えばギャップやちょっとした段差などで、サンダルがずれた、あるいは脱げたということが、踵のついている靴より起こりやすいということになります。
その時、それに気を取られていると、運転への注意が散漫になり、その時点で運転操作に支障を及ぼすことになり、事故につながりやすいということになります。

従って、木製サンダル、げた等は、踵のついている靴より事故に繋がりやすいということからダメになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>その時、それに気を取られていると、運転への注意が散漫になり、その時点で運転操作に支障を及ぼすことになり、事故につながりやすいということになります。
なるほど。注意力が散漫になる事はありえますね。

>ということは、サンダルでスクーターを運転中に、何かの拍子で、例えばギャップやちょっとした段差などで、サンダルがずれた、あるいは脱げたということが、踵のついている靴より起こりやすいということになります。
ちょっと気になるのですが、この書き方だと「かかとのついている靴以外は認められない」わけですよね?
だったら道路交通規則で「かかとのついていない靴等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。」等となっていないのは何故でしょう?

お礼日時:2012/09/05 21:16

 古い法規が元になっており、木製サンダル以外がなかった時代を引きずって「サンダル」全般を指すととらえられることが考えられる。

故に、樹脂製か木製かは、材料によって滑りやすさなどを確かめているとは思えず、あくまでもサンダルという範疇で法は考えていると言うこと。法が裁判に裁量を任せるところであり、負ける可能性が高い。つまり、あくまでも黒に近いグレーに文句を言っていることになる。
 昔の法に今の基準を当てはめていないというのもおかしいが、これが今のこの法の基本と言うしかない。これを覆すには、君が木製と樹脂製の違いを証明するしかない。
 従って、厳重注意で済ませてくれた警官は、かなり優しいと考える。

この回答への補足

>古い法規が元になっており、木製サンダル以外がなかった時代を引きずって「サンダル」全般を指すととらえられることが考えられる。
それはおかしくないですか?
他の素材のサンダルがあるからこそ、わざわざ「木製」サンダルと書いていると思います。
つまり、この規則が出来た時には既に木製以外のサンダルがあったはずだと思います。


>昔の法に今の基準を当てはめていないというのもおかしいが、これが今のこの法の基本と言うしかない。これを覆すには、君が木製と樹脂製の違いを証明するしかない。

岩手県の道路交通規則の原文は以下となっています。
(1) 運転の妨げとなるような服装をし、又は下駄(た)その他運転の妨げとなるような履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

岩手県の警察ではこのように解釈しているようです。
http://www.pref.iwate.jp/~hp0802/oshirase/jyohou …

(3) 運転の妨げとなるような履物
「運転の妨げとなるような履物」には、スリッパ、木製サンダル、下駄等の運転
者の足に対して固着性を欠く履物、底の厚い靴のほか、サンダル等ペダルを踏みそ
こね、引っかけ、又は足の裏の感覚が伝わりにくい履物等、ペダルの適正な操作に
影響を及ぼすおそれのあるものが該当する。
なお、ゴム草履は、著しい薄底以外のものは、足に対する固着性を欠く等の問題
もないことから「運転の妨げとなるような履物」には該当しない。



東京都とは違うので解釈の仕方も違うとは思いますが、「ペダルの適正な操作に影響を及ぼすおそれのあるものが該当する。」です。
スクーターにペダルの操作はありません。
(ちなみに、ゴム草履とは何者?と思ったら、ビーチサンダルの事の様です)

補足日時:2012/09/05 20:54
    • good
    • 0

補足を拝見いたしました。



ご質問は、「サンダルでスクーターに乗った時の運転操作に支障を及ぼす可能性の具体例」ということでしたので、このような可能性が考えられますよという意味で申し上げただけです。サンダルで運転しても平気なんじゃないのか、というご質問ではありませんでしたのでこのような回答となりました。

ちなみに、木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物、という例示については、多分この規則が出来た当初の時代背景を勘案したものだと思われますので、木製サンダル、げた、という例示にこだわらずに、運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物、という文言の方が重要視されるのではないかと思います。

実際に、サンダルが運転に支障を及ぼすおそれのあるはき物に該当するかどうかは私は知りません。確かにスクーターを運転するにあたってはあまり支障は無いような気がしますがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>木製サンダル、げた、という例示にこだわらずに、運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物、という文言の方が重要視されるのではないかと思います。

俺もそう思ったので、運転操作にどう支障を及ぼすのかが気になりました。

お礼日時:2012/09/05 20:21

サンダルでスクーターに乗った時の運転操作に支障を及ぼす可能性の具体例



スクーターなどの2輪車は、停車時に足を路面につけて車体を支持します。この時に路面が不正地であったり、舗装路面でも炎天下などでで路面が高温になっている場合や雨天時など路面が滑りやすい状況下で、脱げ易いサンダルで路面に足を着いた場合には、何かのきっかけでサンダルが脱げた場合に路面に足を着くことが困難になり、結果として車体の支持が困難になり、場合によっては転倒の危険性もあります。

厳重注意を受けた理由

規定がある以上、違反者には罰則等があるのは当然のことです。今回は悪質性が認められなかったので厳重注意で済んだのでしょう。

この回答への補足

ありがとうございます。

ちょっと強引過ぎる気がします。
立ちごけがどれほど危険だと言うのでしょう?
そんなこと言い出したら二輪車は砂利道・路面が傾いてる道路等を走行したら駄目ですよね?
どのような靴を履いていても立ちごけの可能性があります。
ちなみに濡れたマンホールはものすごく危険です。
立ちごけ対策でサンダルを規制するよりも、マンホールに滑り止め対策をした方がよっぽど「道路における危険を防止」できると思います。

そもそも道路交通規則の例で出ているのは木製サンダルとげたです。
両者とも足裏の感覚が鈍くなる履物です。
脱げ易い事が問題ならば木製サンダルを例に挙げるのはありえないと思います。
わざわざ木製サンダルを例に挙げているのですから、そのような足裏の感覚が鈍くなる履物で足で運転操作すると支障を及ぼすおそれがあるということかと思います。

補足日時:2012/09/05 19:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスクーターに乗るさいのサンダルのオススメは

スクーター(シグナスX)用に良いサンダルを探しています。

いま、クロックスのニセモノをかかとひっかけて乗ってますけど、
もう少しちゃんとしたものが欲しくて何かオススメはありませんか?

スクーターに適していて、膝に優しいやつがいいです。

アラサー♂ですが、
学生でして通学に使います。

Aベストアンサー

スクーターと言えどバイクですので、サンダルよりは靴の方が安全です(サンダルは適さない)。服装も長袖長ズボンが基本ですが、暑いからといって短パンTシャツなんて人も結構多いですね。でも、二輪はこけることがありますので、やはり肌は極力露出しない方が良いですよ。これで一度こけてみれば、結果がどうなるか分るかと。

それでもサンダルと言うなら出来るだけ露出の少ないものにし、踵もホールド出来て簡単には脱げないようにしておきましょう。少なく、ともつま先は保護されている必要があると思いますよ(指の骨折や爪の剥離対策には有利)。

例えば、KEENのNEWPORT H2とか。
http://www.keenfootwear.com/jp/ja/wall/shoes/men/na/16,492

ところで、膝にやさしいって?

Qビーチサンダルで車の運転は道交法違反ですか?

ビーチサンダルで車の運転は道交法違反ですか?私の記憶では、鼻緒があれば違反ではなかったように思えるのですが・・・・
県によって違うかもしれませんが愛知県ではどうなんでしょうか?
どなたか分かる方教えてください?

Aベストアンサー

 都道府県により若干の違いがあるにせよ、「公安委員会遵守事項違反」に該当し、道交法違反になります。
 鼻緒があっても下駄履きでは違反になりますし、サンダルでもかかとが固定された物では違反になりません。
 要は運転に支障をきたす恐れのあるものが禁止されているのです。
 自分で判断できない時は、地元の警察に電話をすれば、教えてくれるはずです。
 安全運転をするための質問を、回答しないはずは無いですから。
 もしそれでも判断できない時や、聞くのが何らかの事情で嫌だというならば、履物を脱げば、絶対に違反にはなりませんので、車を運転している間だけ裸足になれば問題ありません。
 バイクの時はそうもいかないでしょうけど…。

 ちなみに和服を着て運転すること自体が(地方によって違いがあるかもしれないけど)「公安委員会遵守事項違反」に該当するので、要注意です。

Qクルマの運転時に履いてはいけない履物

よろしくお願いします。

自動車を運転するとき、履いてはいけない履物はあるのでしょうか?
あるいは、事故になったとき、どんな履物を履いていると、交渉で不利になるでしょうか?

裸足、下駄、草履、長靴、ハイヒール、つっかけ、・・・

Aベストアンサー

都道府県によって異なりますが、概ね全国共通です。ご参考までに大阪の例を紹介しますhttp://www.police.pref.osaka.jp/01sogo/law/images/kotsu/62kotsu_1670.pdf

この度、大阪府道路交通規則(昭和35年公委規則第9号)の運用等について見直しを行い、次のとおり平成12年6月9日から実施することとしたので、誤りのないようにされたい。

2 運転者の遵守事項(第13条関係)
(1) 第4号は、げた及び運転を誤るおそれのあるスリッパ等の履物を履いて自動車等を運転することを禁止したものである。ここにいう「スリッパ」は、かかとをとめる装置がなく運転中足に定着しないため脱落しやすいことから運転を誤るおそれがあると認められるものであるが、通常、運転を誤るおそれがあると認められる履物には、このスリッパのほか、サンダル(わらじ式のものを除く。)、つっかけ草履等があり、いずれも足に対して定(密)着性を欠き、その形状、性能から運転操作の過程において脱落等の不安定な状態が起こり、運転を誤るおそれがあると認められる。しかし、どの履物がこれに当たるかは、当該車両と履物について個別に判断しなければならない。
なお、草履等については、鼻緒があり、底が比較的薄く平らで、柔軟性があって足に定着し、しかも形態も特異なものでなく、運転操作の過程で脱落する等運転の妨げとなるおそれがないものであれば、これに含まれないものとする。

都道府県によって異なりますが、概ね全国共通です。ご参考までに大阪の例を紹介しますhttp://www.police.pref.osaka.jp/01sogo/law/images/kotsu/62kotsu_1670.pdf

この度、大阪府道路交通規則(昭和35年公委規則第9号)の運用等について見直しを行い、次のとおり平成12年6月9日から実施することとしたので、誤りのないようにされたい。

2 運転者の遵守事項(第13条関係)
(1) 第4号は、げた及び運転を誤るおそれのあるスリッパ等の履物を履いて自動車等を運転することを禁止したものである。ここに...続きを読む

Q原付はサンダルで乗っても大丈夫?

おバカな質問ですみません。
原付に乗るとき、サンダルやヘップみたいな
はだしに履くタイプの靴でも構わないのでしょうか?

Aベストアンサー

道路交通法第71条にて、

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

とあり、第6号には、

前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

と定めています。

で、サンダルなどについては、大抵は都道府県市町村単位で、公安委員会が条例(道路交通法施行細則など)などにより禁止していることが多いです。つまり違反になります。

Q原付に乗る格好。これは減点になる??

最近、彼がビーサンで原付に乗っています。

それを見た私の母が、見つかったら減点になるよ!!
と、言っていました(>_<)
私は何の免許も持っていなくてわからないので教えて下さい_(._.)_
ビーサンで原付に乗ると減点の対象になるのでしょうか…

Aベストアンサー

道路交通法の運転者の尊守事項と、地域ごとの規則によります。

道路交通法
| (運転者の遵守事項)
| 第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
| 六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

その内容は、東京都の場合ですと、

東京都道路交通規則
| 第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。

| (2) 木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。

この場合だと、ビーサンは微妙かも。
条文がどういう支障や危険を想定してるのか不明瞭なので、判断しにくいです。

スクーターなら、運転に支障は無いって気がするし。
軽車両の自転車も危ない気もしますが、除かれてるし。
自動車の運転中に脱げてブレーキペダルの下に硬い履物がってのは危ないですが、ビーサンやかかと踏んだ靴とかはどうか微妙だし。

地域によって、表記や対象の車種は違うかもしれないので、条例確認すれば明記されてるかも。

道路交通法の運転者の尊守事項と、地域ごとの規則によります。

道路交通法
| (運転者の遵守事項)
| 第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
| 六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

その内容は、東京都の場合ですと、

東京都道路交通規則
| 第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない...続きを読む

Q原付での履物について教えてください

自分でも調べたのですが、ところにより違うようなので
質問させてください。

私は大阪在住です。
いつもは靴を履いて乗っているのですが、
夏になると、近所(片道10分程度)に行くのに
わざわざ靴下を履いて靴を履く動作が
邪魔く感じています。

ふと、トングなら鼻緒タイプでいいかも?と思いついたのです。
サンダルはやはりバックストラップのあるものでないと
いけないのでしょうか?

トングは違反になるのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

県細則14条は
『法71条第6号の規定により車両の運転者が守らなければならない事項は、次の各号に掲げるとおりとする。(略)
(4)げた、スリッパその他運転操作を妨げるおそれのある履物を履いて車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。(以下略)』と規定されています。

参考判例

昭和38年1月1日六日町簡裁では
『下駄はもちろん、脱しやすいサンダル又はツッカケと称する種類の「はきもの」はその形状、性能からして、自動車の運転操作の妨げとなるような履物に当たる。しかし、「ぞうり」はこれに含まない。』(同趣旨、昭和39年6月29日東京高裁)

昭和42年11月15日小倉簡裁では
『ビニール製サンダル(アーチ型にベルトがついている)は、運転操作を妨げる「はきもの」に該当する。』


>サンダルはやはりバックストラップのあるものでないといけないのでしょうか?

バックストラップがないと、げた、スリッパ同様に足に対して固着性を欠き、運転操作の過程において離脱などの不安な状態を作り出すおそれのある履物と解され、「運転操作を妨げるおそれのある履物」になります。

>トングは違反になるのか教えてください。

「ぞうり」同様に足に対して固着性があると考えられているので「妨げとなる履物」に当たらないと解されます。

>もし捕まった場合減点・罰金の規定はご存知ですか?

「公安委員会遵守事項違反」で原付の場合は5千円の反則金になります。

こんにちは

県細則14条は
『法71条第6号の規定により車両の運転者が守らなければならない事項は、次の各号に掲げるとおりとする。(略)
(4)げた、スリッパその他運転操作を妨げるおそれのある履物を履いて車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。(以下略)』と規定されています。

参考判例

昭和38年1月1日六日町簡裁では
『下駄はもちろん、脱しやすいサンダル又はツッカケと称する種類の「はきもの」はその形状、性能からして、自動車の運転操作の妨げとなるような履物に当たる。しかし、「ぞ...続きを読む

Q運転のサンダル履き

運転の時は普通靴ですが、サンダル履きは法令違反になるのでしょうか?
裸足なら問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

道路交通法の運転者の尊守事項と、地域ごとの規則によります。

道路交通法
| (運転者の遵守事項)
| 第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
| 六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

その内容は、東京都の場合ですと、

東京都道路交通規則
| 第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。

| (2) 木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。


サンダルは微妙です。
静岡県では「運転操作に支障をおよぼすおそれのある衣服又は下駄、スリッパ、その他のはきものを着用して車両を運転しないこと。」ってなってますが、「鼻緒の無いサンダル」(どういうのか不明?)で自動車を運転していて捕まった(正確には速度違反の検挙の際に)例があったとか。

> 裸足なら問題ないのでしょうか?

運転に支障が無ければ問題ないハズ。
自分も眠気覚ましに裸足で運転する事あります。

道路交通法の運転者の尊守事項と、地域ごとの規則によります。

道路交通法
| (運転者の遵守事項)
| 第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
| 六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

その内容は、東京都の場合ですと、

東京都道路交通規則
| 第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならな...続きを読む

Q原付の右折方法について教えてください

こんにちは。

原付に乗る事になりました。
基本的な事かもしれませんが教えてください。


(1)原付で片側1車線の道路の左端を走行していたとします。

そこで右前方にある脇道に入りたいが、対向車が来てる為
待たなければいけない時、原付はどこで待っていれば良い
のでしょうか?


そのまま道の左端に寄せて止まり、渡れるまで待つべきなのか
それとも車線に寄って停止し、対向車が無くなるのを待つべきなのでしょうか?

道の真ん中で停止してるのも怖い気がします。


(2)また同じように、片側一車線の【二段階右折】が不要な交差点を
右折する場合、信号待ちは左端で待機するべきか、又は車線に寄って
待機するべきか?

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

車線の右によって右折待ち。
センターラインがなければ、
車線の中央で右折待ち。

車線の右による際には、
後方の安全確認、
右ウインカー点灯、
3秒後に右側へ移動。

交差点であるなら、
交差点の30m手前で、
右側によっていなければなりません。

右折が終了したらウインカーを消す。

道路交通法で右折の場合(二段階右折を除く)、
車線の右(中央)によって右折する。
交差点の中央直近内側を通行することが明記されています。

エンジンの搭載されていない軽車両は、
車線の左端に沿って二段階右折ですが、
原付は軽車両ではありませんので二段階右折は違反です。
二段階右折を指示されている場所ではその限りではない。

原付で後方確認をせずに右に出てくるバカが多いです。
二輪を運転する上では、左右に移動する場合、
後方から接近してくる車両が無いか確認して、
3秒前に合図を出してから左右に移動してください。

Q運転靴とおしゃれ靴(車で移動することが多い女性の方へ質問)

こんにちは。
自分で運転するときに、おしゃれな靴(ミュール、ハイヒール、ブーツetc.)を履きたい場合、皆様はどうしてらっしゃいますか?

わたしは運転用の靴で運転して、目的地に着いたら履きかえるようにしてるんですが、車の中に靴を置いておくのがなんとなく嫌なのと、履きかえるときにもたついてカッコ悪いので(特にブーツのとき!)、いつも「これでいいのかなあ?」って思ってしまいます。
さらに、履きかえるそぶりもなくヒールを履いて運転席から降りてくる女性を時々見かけるので、「ヒールで運転してるの???」って、それもすごく疑問です。

というわけで、皆様の靴対策と、「こんな風にしてるよ」っていうアイディアなんかを教えて頂けると助かります^-^。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去形ですが、経験者でした。

車の中にドライビングシューズを入れておき、はきかえて運転もしてました。私の知り合いも、普段は平気でどんな靴でも運転してたんですけど、マロノブラニクとか、高い靴をはいてる時は必ずローヒールにはきかえてましたね。(安全性というか、かかとが汚れるのがイヤだったのでしょう)

ジャマではありますが、運転席のペダルから離れたスペースか、助手席の足下に靴をおいておいてはきかえたり、駐車場におりて空きスペースで(優雅を装って)はきかえたりしてました。
でも面倒くさい時とかは、平気で7cmヒール(9cmはさすがに怖かった)で運転してましたし(ミュールは殆どはかないのでかかとがくっついているもののみ)、ブーツの時は面倒くさいのでそのままでしたし、着物の時はバリバリ草履で運転してました。
やっぱり気をつける度合いが変わってきますが...。平気で100km/hはいけました。

あとは履き替えるのが面倒くさいので、車通勤の時はパンツとドライビングシューズとか、ローヒールとかのスタイルも多かった気がします。
知り合いの奥さんは裸足で運転してましたが、私は絶対イヤだし、抵抗がある人も多いと思うので、ちょっと履き替えは大変だし、良いアイディアもないけど...履き替え作業に慣れるしかないんじゃないでしょうか。

参考にならずにスイマセン。

過去形ですが、経験者でした。

車の中にドライビングシューズを入れておき、はきかえて運転もしてました。私の知り合いも、普段は平気でどんな靴でも運転してたんですけど、マロノブラニクとか、高い靴をはいてる時は必ずローヒールにはきかえてましたね。(安全性というか、かかとが汚れるのがイヤだったのでしょう)

ジャマではありますが、運転席のペダルから離れたスペースか、助手席の足下に靴をおいておいてはきかえたり、駐車場におりて空きスペースで(優雅を装って)はきかえたりしてました。
で...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む


人気Q&Aランキング