出産前後の痔にはご注意!

家庭にある壁コンセント(普通2口?)からは、何ワット使ってもいいのでしょうか?

延長コードなどは、合計で1500wまでというのが多いですが・・。壁のコンセントから取る場合は、2口あれば、それぞれ1500wづつ使っても問題ないのでしょうか?

というのは、電動工具を使う場合、1200wクラスの工具を2個同時に使う時があります。 その場合、2口ある壁コンセントから、それぞれ1500wまで使ってもいいのか疑問に思ったのです。

もしダメなら、違う壁のコンセントから引かなければいけないので、ご存じの方、教えてください。

「壁コンセントからは、何ワット使ってもいい」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

大きな誤解があります。


 許容電流(ワット数ではない!!!)は、サーキットブレーカーの容量に従います。20Aのサーキットブレーカーの先に、コンセントがいくつあっても、そのトータルが20Aを越せば、ブレーカーが落ちます。電動工具電熱器を問わず、起動時には定格電流より過大な電流が流れます。電動工具の場合は負荷がかかって回転数が落ちた場合も定格より過大な電流が流れます。
 ワット数は、電圧×電流です。電流はワット数/電圧です。

 写真のコンセントは、旧式で、コンセント自体の許容電流は15Aですから、当時の一般的な設備とすれば、同一回路に接続されているすべてのコンセント,照明器具と合わせて15Aが最大許容電流だと推測できます。多分間違いないでしょう。
 通常コンセントひとつにブレーカーひとつと言うことは考えられませんので、その回路中でひとつのコンセントだけ使用する場合は、口数に関わらず15Aと考えます。

 コンセントの許容電流を越えるとブレーカーは落ちなくても、発熱出火の可能性があります。特に古いコンセントは注意してください。回路に使われている電線も当時は細いものです。
 天井裏で出火したら手が付けられません。

 配電盤でコンセント回路用のブレーカーがいくつあり、それぞれがどのコンセントに接続されているかは、ブレーカーをひとつずつ落としてみることで確認できますから、異なるブレーカーを使用している別回路から電源を取ってください。

 添付写真で見る限り、そのコンセントからはトータルで15A以上取り出せません。別系統の電源を見つけて、それから他の電源は取ってください。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

詳しい説明、いつも勉強になります。

古い家なので、どのブレイカーがどのコンセントを担っているのか、調べてみます。

お礼日時:2012/09/14 13:53

住宅のブレーカーはほとんどが20Aですので、20Aに110Vを掛けると2200Wとなります。

ですから、一つのコンセント回路が2200Wまで可能となります。従って、1500Wを2つ付けるとオーバーとなります。ブレーカーは飛ばないかもしれませんが、使わない方がいいでしょう。またほかのコンセントでも同じ回路であれば、オーバーをいうことになります。ふつう3~4のコンセントは同じ回路に入れますので、ご注意ください。
    • good
    • 11

専門家紹介

吉川正勝

職業:インテリアアドバイザー

店舗デザインを考える
_大阪の建築設計事務所

店舗設計・建築設計・医院設計・住宅設計・リフォームから商業診断まで、極め細やかな提案をいたします

詳しくはこちら

お問い合わせ先

06-6868-9836

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

1200W×2個=2400W



MCCB(配線用遮断器)が切れるでしょう。

そのコンセント系統は20AのMCCBが付いているはずなので、
別の系統のコンセントから取る必要があると思われます。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

勉強になりました。

お礼日時:2012/09/14 14:00

通常の家庭用では2口あっても合計で20Aを超えた電力の使用はできません。

また、一般家庭ではエアコン用などを除き一部屋に付きコンセントようとしてはひとつのブレーカーでまとめられている場合がほとんどですので、たとえば同一室内に2口コンセントが2箇所あった場合でもすべての合計で20Aを超えて使用するとブレーカーが切れます。

あえてWの表記を用いずAの表記を使ったのは前の方のおっしゃるとおりで、交流電源の場合電圧(V)×電流(A)で単純に電力(W)の計算が成り立たない場合が結構あるからです。モーターやトランスを使っているものではこの関係は単純には成り立ちません。まぁ、細かな計算はおいておくとして、1500Wの二口コンセントに1500Wの機器を2つつなぐことはできません。単純計算が成り立つ電球やヒーターのようなものでも、一箇所(一部屋)のコンセントから取れる電力は2000Wまでと考えてまず間違いないでしょう。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

何故ブレイカーの表記が、アンペアなのか分かったような気がします。 負荷がかかった時、電圧が落ちて、流れる電流が大きくなるということなんですね。

勉強になりました。

お礼日時:2012/09/14 13:56

要は、コンセントの樹脂製部分の耐久性の問題なのです。



>電動工具を使う場合、1200wクラスの工具を2個同時に使う時があります。

コンセントは、耐圧1500wまでというのが一般的で、1200wクラスの工具を2個同時に使う時があっても1200wを2台長時間使用でなければ、とりあえずは使えます。

ですが、そのような使い方を続けると樹脂製部分が少しずつ炭化して、端子がグラつき最悪ショートの可能性も高くなります。

それを考慮して、出来るだけ1箇所1500w以内を守るべきです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

勉強になりました。

お礼日時:2012/09/14 13:49

口の数に関係なくコンセント1個当たり1500Wです。


さらに、大抵の場合一部屋当たりのコンセントの合計で1500Wです。

エアコン用のコンセントがあれば、それは独立して1500W使う事が出来ます。
ただし、電圧が200Vの場合があるので注意してください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

勉強になりました。

お礼日時:2012/09/14 13:48

2口でも3口でもコンセントの最大供給容量は1500wまでです。


仮に1200w×2を使ったとしても瞬時にブレーカーが落ちます。

また、違う壁のコンセントからとっても、元のブレーカーが同じなら、
上と同じ原理で瞬時にブレーカーが落ちます。
実際にやってみて落ちるかどうかはお楽しみ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

コンセントの件、理解できました。お世話になりました。

お礼日時:2012/09/14 13:48

合計で1500wですから、2個で1500wです。



でも、同時に2個の工具は使わないでしょ?(使えない)手が4本あったら作業ができますが
(^_^;
    • good
    • 7

2口合計の数字になります。


大抵はアンペア(電流量)の合計ですが・・・
コンセントは一本で壁の中を這わせてコンセントの手前で2口分に分けます。
それぞれの部屋の電流量制限は配電盤(ブレーカー)に書いてあると思うのでそちらを見ましょう。

あとはその電動工具、2個「同時に」動かすんですか?器用ですね・・・。
インパクトドライバー右手で回しながら左手で電動丸のこ回すんですか?
つないでおいて動かすのはそれぞれのタイミングってことなら大丈夫ですよ?
待機電力と稼動時の電力は違いますので。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

コンセントの件、理解できました。

作業は、二人でやることもありますし、集じん機を使用すると、一人作業でも、1500wを軽く超えることがあります。

お礼日時:2012/09/14 13:46

壁コンセントは…


テーブルタップを壁の中を這わせたものと考えてください。

ですので2つ接続口があった場合、2つの合計が制限ワット数になります。

1,200Wの電動工具…電動工具と言うのであれば、
ポータブルのディーゼル発電機なんかを使ってはいかがでしょう。
30Aまで使用できる30m電工ドラムと併用すれば場所を選ばず
使用できるようになりますよ。
20,000W以上の供給能力がある物がほとんどですから
1,200W+1,200Wなんて問題にもならないと思います。
(排ガスが厳しいかも知れませんけどw)
レンタルするか、思い切って購入するとか…。

…どうでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

勉強になりました。 発電機の件、検討してみます。

お礼日時:2012/09/14 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通常の家庭のコンセントからは最大何アンペアまでとりだせるか?

こんにちは。

趣味でアマチュア無線をやっていますが、こんど送信出力の大きい
無線機を購入することになりました。
その無線機の消費電流が相当なもの30アンペア以上します。

私の家はごく普通の家ですが、1つのコンセントから最大何アンペア
まで取り出すことができるのでしょうか?
コンセントの差し込み口を見ると小さな文字で「15A125V」と
記載されています。
これだけ見ると15アンペアまで取り出せるということでしょうか?
それとも単なるコンセント自体の耐圧を示しているにすぎないの
でしょうか?

うちのコンセントからは何アンペアまで取り出せるか確実に調べる
方法はあるでしょうか?

ちなみにうちの電気契約は50Aで、分電盤の私の部屋への
配線のブレーカーを見ると20Aとなっています。

よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

15Aです ひとつの回路(ブレーカ)で20Aです

どこか 勘違いされていませんか

100Vで30A以上消費する機器は1アマの範疇です
1アマ以上の有資格者の質問とは思えません

30Aは 直流電流なのでは(DC12Vの) 良く確認してください
DC12V30Aであれば 消費電力5~600Wです 100Vの電流は 多くて7A程度です

ですが 4アマで扱える機器ですと 直流電流 4A程度です(多くても7A)
30Aの電源が必要な機器は 2アマ以上の資格が必要な機器です

電波法違反にならないよう 充分ご注意ください

Qコンセント(2つ口)1箇所につき 1500wまでで

コンセント(2つ口)1箇所につき 1500wまででしょうか?
部屋に2箇所コンセントあれば 別々に1500wづつ使えるでしょうか。
ブレーカーは大きめです。

Aベストアンサー

通常の分岐ブレーカーは20Aです。
電線も通常はVVFの2mmを使用します。
これ以上太い電線はそのままではコンセントに接続できません。
普通の住宅のコンセント2つで1ブレーカーは考えにくい。
ブレーカーを切りその回路を調べ、1回路で15A以下に抑えるべきです。
他の部屋のコンセントや照明など他にも同じ回路の負荷があるのではないでしょうか。
1500Wも使用するなら1回路増設してはいかがですか。

Qコンセントに接続する容量計算に関して

すいません。素人の質問でございます。
15A(1500W)までと書いてあるコンセントがあります。

これにいろいろつなぐのですが、
300Wのものは5台まで接続可能と考えてよいでしょうか。

それとも交流なので力率(0.8程度)を考慮して
1500W * 0.8 = 1200W ということで、4台までしか接続できない。
となるのでしょうか。
(5台接続はサポートされないとなるのでしょうか。)

個人的には、接続する機器側に300Wと書いてあるので、
それを足したのが15A(1500W)を超えなければいいんじゃないかと
思うのですが。

アドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

ありきたりに回答してみます(__)
容量計算は単純に消費電力(定格)、例えば300Wなら、最大で30(W)0×05(台)までと考えて結構です。

>交流なので力率(0.8程度)・・
電気に詳しい方なのですね。
この力率、私も昔、電気科を卒業のため・・いまは忘れましたが・・お気持ちわかります。
普通、この力率は、容量計算には使いません。
理由は目安としての計算方法なため。
ちなみに、常にMAXで使用はお勧めできません。
例えば、ケーブルが、熱をもつ等のことが、まれにあるからです。
以上、参考にならなかったら、ごめんね。

Qマルチタップ1500wとは?

マルチタップなどで最大1500wまでと書かれているのをみかけます。
1500wというと、いったいどのくらいになるのでしょうか?

パソコンとテレビとDVDレコーダーと扇風機で何wぐらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

使用する機器の合計W数が1500W以内で使用する事が重要です。
それぞれの機器の説明書に最大消費電力が記載されていますので、それらを合計して下さい。説明書がない場合は、本体のどこか(背面や底面)に必ず記載されていますので、そちらを参照して下さい。

エアコン用などの特殊な形状の物を除き、一般的なコンセントでは差込ひとつあたり15A(アンペア)までと企画で決まっていますので、100V(ボルト)で15Aですから1500Wまでということです。テーブルタップなどではコンセントと使われている配線の太さのいずれか容量の低いほうの容量まで使用できるということになります。

壁面のコンセントで複数のコンセントがある場合はコンセント一つあたり最大1500Wまですべてのコンセント合計で2000Wを超えてはいけません。また、配線に使用する器具の容量を超えてもいけません。

テーブルタップなどを使用する場合、よくやってしまいがちなことですが、コードを丸めたり束ねたりしたまま使ってしまいがちです。これはコードの発熱を招きますので避けなければなりません。また、ステープルなどの配線留めを用いて固定することも危険ですし違法になります。

使用する機器の合計W数が1500W以内で使用する事が重要です。
それぞれの機器の説明書に最大消費電力が記載されていますので、それらを合計して下さい。説明書がない場合は、本体のどこか(背面や底面)に必ず記載されていますので、そちらを参照して下さい。

エアコン用などの特殊な形状の物を除き、一般的なコンセントでは差込ひとつあたり15A(アンペア)までと企画で決まっていますので、100V(ボルト)で15Aですから1500Wまでということです。テーブルタップなどではコンセントと使われている配線の...続きを読む

Q20Aは何W使用できる?

ほんと簡単な質問だと思うんですが、件名の質問を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

♯3の補足の件ですが、
普通、低圧で建物に入ってくる電気は電灯と呼ばれる、単相3線式100/200v・・・電線3本で100Vと200Vが使える物と、動力といわれる3相3線式200Vが有ります。動力の方は3本線で、たとえば3本の線にA,B,Cと付けるとAとB,BとC,AとCの各電線の電圧を測るとどれも200Vになり、各々の相(サインカーブ)が、1/3周期ずれています。電灯の場合は同じように3本ですが、A-B.B-Cは100VでA-Cは200Vとなるようになっています。イメージとしては乾電池を2本直列にしているような感じ。
工場などの大きいモーターなどはほとんどが動力になっています。また、町工場などでもたくさん電気を使うところは6600Vで工場内へ引き込んで、工場内のトランスが有ります。大規模な工場などは22000Vで引き込んで、工場内に変電所が有ったりします。この場合も動力と同じ3相3線式になります。

Q電子レンジを延長コードで使用する際の注意点について

真ん中の所が空洞になっていて、電子レンジなどを置ける食器棚を購入したのですが、それを置くとコンセント差込口が完全に隠れてしまいます。

食器棚自体にもコンセント差込口は4つついているのですが、電子レンジと炊飯器は食器棚についているコンセントではなく、直接壁のコンセントに差し込んだほうがいいと聞きました。(電子レンジや炊飯器は高圧電流が流れる為、食器棚のコンセント差込口だと高圧電流に耐えれないというような説明だったと思うのですが、しっかり話を聞いていなかった為間違ってるかもしれません(笑))

ちなみに壁のコンセント差込口は4つあるので、食器棚のコンセント差込口を使用せずに、オーブントースター、炊飯器、レンジを全て直接壁の差込口にさしてもまだ余るぐらいなので、タコ足配線にする必要は全くありません。(せっかく壁のコンセントが4つあるので、出来れば有効に利用したいです)

さらに食器棚の背面には一応コンセントの配線を通す穴もあいていますので、電子レンジや炊飯器などの配線をその穴から通すことは出来るのですが、電子レンジや炊飯器の配線自体はそんなに長くないようなので、壁のコンセント穴まで届きそうにありません。
その為延長コードを使用してはどうかと考えたのですが、

(1)延長コードでは何か問題がありますでしょうか?

(2)延長コードを選ぶにあたって何か注意する点はありますでしょうか?

(3)延長コードと言っても差込口がいくつかあるものではなく、差込口が一つのものを3つ(繋ぎたい家電が3つの為)購入した方が良いのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

真ん中の所が空洞になっていて、電子レンジなどを置ける食器棚を購入したのですが、それを置くとコンセント差込口が完全に隠れてしまいます。

食器棚自体にもコンセント差込口は4つついているのですが、電子レンジと炊飯器は食器棚についているコンセントではなく、直接壁のコンセントに差し込んだほうがいいと聞きました。(電子レンジや炊飯器は高圧電流が流れる為、食器棚のコンセント差込口だと高圧電流に耐えれないというような説明だったと思うのですが、しっかり話を聞いていなかった為間違ってるかもしれ...続きを読む

Aベストアンサー

あなたは、いろいろ冷静に考えておいでのようですね。

考え方自体に、特に間違いはないと思います。

おそらく食器棚のコンセントは、容量が15A(アンペア)程度では?
これだと、オーブントースター、炊飯器、レンジのうち、
2つを同時に使うと、容量をオーバーして、
線が加熱したり、発火したりしかねませんから、注意してください。

では、壁のコンセントは大丈夫かといえば、
これも差し込み口の数にかかわらず、家庭用の場合は最大20Aです。
これをオーバーすると、自動的に電源が遮断されます。
3つを同時に使うと、おそらくギリギリくらいの容量です。
それぞれの器具の裏側に、「定格消費電力」として「○○W(ワット)」という
表示があると思います。だいたいですが、W数÷100≒A数です。
1000Wなら10A、500Wなら5Aの電流が流れていると考えてください。

最近の台所家電は皆、消費電力が大きいですから、
本来は、壁のコンセントに差せる様にレイアウトして、
しかも複数同時に使用しないようにすべきですが、
難しければ、おっしゃるように差し込み口が1つのコードを3本、
用意するのが良いと思います。
ただし、束ねたり丸めたりすると発熱・発火のおそれがありますから、
長さに余裕があり、かといって長すぎない、適度な長さを選んでください。

今は、ニュースにならないだけで、タコ足配線が原因の火災は多いですよ。
差し込み口の数が十分あるからといって、電気器具を同時に使うのは、
避けるようにしましょう。

あなたは、いろいろ冷静に考えておいでのようですね。

考え方自体に、特に間違いはないと思います。

おそらく食器棚のコンセントは、容量が15A(アンペア)程度では?
これだと、オーブントースター、炊飯器、レンジのうち、
2つを同時に使うと、容量をオーバーして、
線が加熱したり、発火したりしかねませんから、注意してください。

では、壁のコンセントは大丈夫かといえば、
これも差し込み口の数にかかわらず、家庭用の場合は最大20Aです。
これをオーバーすると、自動的に電源が遮断されます。
...続きを読む

Q冷蔵庫と電子レンジを同時に使うとブレーカーは落ちる?

引越で新しい賃貸のアパートになるのですが、
どうやらキッチンにコンセントが1箇所(冷蔵庫用)しかなさそうです。
電気ケトル、炊飯器は隣の部屋のコンセントを使おうと思いますが
冷蔵庫用のコンセントに電子レンジをつないで使っても
ブレーカーは落ちないものでしょうか?
冷蔵庫はファミリー用の大きさです。
現在の家では電子レンジ、電気ケトル、炊飯器を一つのコンセントに繋いでいたので、
そのうち2つを同時に使うとブレーカーが落ちてしまっていました。

Aベストアンサー

通常、分電盤(長方形でブレーカーがたくさん付いている物)には、親ブレーカーと子ブレーカーがあります。
親ブレーカー(一個)は契約により、20A、30A、40A~といろいろです。(アパートによる)
子ブレーカー(通常は、複数ある)は、通常20Aです。(古いと15Aの場合もあります)
ですから、質問者様の場合、冷蔵庫(おおむね200W前後)と、電子レンジ(おおむね1000W前後)ですので、子ブレカーは落ちないと思います。
でも、別の子ブレーカーの系統の電気ケトル(おおむね1000W前後)や、炊飯器(おおむね1000W前後)が作動している場合、親ブレーカーが20Aの場合、子ブレーカーが落ちなくても、親ブレーカーが落ちる場合もありますので、注意が必要です。
目安にする場合、1A=100W(20A=2,000W)で問題無いです。

Q同じコンセントに接続して良いのは 2000W? 15000W?

同じコンセントに接続して良いのは 2000W? 15000W?

賃貸マンションに住むため、IHを使えるか計算しています。
そこでよく分からなくて困っているのですが、1系統ごとのブレーカーには20Aとあり、100Vですので2000Wという事だと思います。契約アンペアはありません。(関西電力のため)
それぞれの系統ごとにキッチン1カ所、部屋2カ所、エアコン1カ所のコンセントに配線されているようです。
キッチンには1カ所コンセントがありこれが1系統につながっているようですが、ここにIHをつなげると1400Wですが、残り100Wなのか、600Wなのかがよく分かりません。
コンセントには15Aとあるので合計1500Wなのか、それとも2口あるということは1口で15A合計はブレーカーの20Aということでしょうか。
あるいは、
http://www.taroto.jp/item/2269.html
こういう形のコンセントでないと2000Wはフルには使えないと言うことなのか、少し混乱しています。

ブレーカーが20Aということは、配線も20Aだと思いますが、コンセントが制約になっているのか、1口単位の制限なのか、教えて頂けると幸いです。
また、制限になっている場合、20Aのコンセントと交換すれば、2000Wまで使用できるのでしょうか。
もちろん工事は許可を取ってから専門の方に依頼しますが、そもそも無理なことだったら無意味でしょうし。

教えて頂けますと幸いです。

同じコンセントに接続して良いのは 2000W? 15000W?

賃貸マンションに住むため、IHを使えるか計算しています。
そこでよく分からなくて困っているのですが、1系統ごとのブレーカーには20Aとあり、100Vですので2000Wという事だと思います。契約アンペアはありません。(関西電力のため)
それぞれの系統ごとにキッチン1カ所、部屋2カ所、エアコン1カ所のコンセントに配線されているようです。
キッチンには1カ所コンセントがありこれが1系統につながっているようですが、ここにIHをつなげると1400Wですが、残り...続きを読む

Aベストアンサー

>1系統ごとのブレーカーには20Aとあり

そうです、言っているようにこの系列には2000Wまでの機器を繋げられる計算になりますので、IHが1400Wならばその他で600Wまでの消費電力の機器を同時に使う事が出来る計算になります

その系統で2000Wまでの機器を使えると言っても配線が1500Wまでしか耐えられない性能の物を使っていれば1500W以上の負荷をかければ線が発熱し、最悪火災とかの災害になりかねませんから、系統で2000W容量があってもコンセントや電源線が15Aまでの物であるならば、接続する機器は1500Wまでの消費電力になるように接続すべきです

壁内の電源線はFケーブルと呼ばれる硬い電源線使っていると思いますので、ブレーカーに対応して20A用の線で配線はされていると思います

でもITで1400W使うなら電子レンジとかも有るので、台所に系統が1つでは不足するのではないかと思います
マンションオーナーに相談するなりして、もう1系統増やしてもらうなりした方が良いとは思います

関西電力の窓口に相談しても、どう解決したらいいか話してくれると思います
http://www.kepco.co.jp/siteinfo/inquiry/index.html

>1系統ごとのブレーカーには20Aとあり

そうです、言っているようにこの系列には2000Wまでの機器を繋げられる計算になりますので、IHが1400Wならばその他で600Wまでの消費電力の機器を同時に使う事が出来る計算になります

その系統で2000Wまでの機器を使えると言っても配線が1500Wまでしか耐えられない性能の物を使っていれば1500W以上の負荷をかければ線が発熱し、最悪火災とかの災害になりかねませんから、系統で2000W容量があってもコンセントや電源線が15Aまでの物であるならば、接続する機器は1500Wまでの...続きを読む

Qコンセントのタコ足の限界

部屋にコンセントの差込口が2個しかなくて、どこまでタコ足にしても大丈夫かどうか悩んでおります。

現在は、一つ目のコンセントに、4本タコ足付けて・テレビ・ビデオ
・電気石油温風ヒーター・ノートパソコンのインターネットの有線の分派機本体。

2つ目のコンセントに、6本タコ足付けて、さらにその内の一つに3本タコ足を付けてます。

6本の方は、・ノートパソコン・ノートパソコンのモニタ(画面が故障中なのでモニターを外付けの為)・ミニノートパソコン2台・3本タコ足・空き一個、です。

そこから、付けてる3本タコ足には、・ミニノートパソコン・携帯の充電器・ひげそりの充電器、付けております。

現在はこの状態で使っているのですが、さらにミニノートパソコンを3台増設したいのですが、大丈夫なものでしょうか?

工事は考えていないもので、つなぎ方等、タップ付のタコ足なら問題ないとかご意見お願いしたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、壁のコンセントがタコ足です。
もともと、家には電線が通常1組しかきてませんから。

最終的には
共通のコンセントに接続されている、動作中の電気製品の消費電力次第です。10ヶ接続されていても、電球1つならokですし、ドライヤーとほっとカーペットならば、多分outです。


壁のコンセント1箇所で1500Wまで可能です。部屋単位(分電盤の小さいブレーカ単位)では2000Wまで可能です。それ以上使うと、ブレーカーが落ちます。

それとは別に、電源コードの容量というのがあって、容量1000Wまで、1200Wまで、1500Wまでとか表示されています。
この記載された容量よりも多く使うと、コードが発熱して危険です。
ホットプレートを利用した時に、電源コードが熱くなっていたとか経験がありませんか?

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング